2007/11/26

創造論者の主張「小進化と大進化は別物シリーズ」

ひきつづき、毎度おなじみMark Isaakの創造論者の主張から「小進化と大進化は別物」シリーズを紹介する。

  • CB902. 小進化と大進化は別である。
  • CB902.1. 大きな変化に対する障害がある。
  • CB902.2. 小さな変化は、大きな変化を意味しない。


Claim CB902:
Microevolution is distinct from macroevolution.
小進化と大進化は別である。

Source:
Wallace, Timothy, 2002. Five major evolutionist misconceptions about evolution. http://www.trueorigins.org/isakrbtl.asp

Response:

  1. Microevolution and macroevolution are different things, but they involve mostly the same processes. Microevolution is defined as the change of allele frequencies (that is, genetic variation due to processes such as selection, mutation, genetic drift, or even migration) within a population. There is no argument that microevolution happens (although some creationists, such as Wallace, deny that mutations happen). Macroevolution is defined as evolutionary change at the species level or higher, that is, the formation of new species, new genera, and so forth. Speciation has also been observed.
    小進化と大進化は別物だが、それらほとんど同じ過程を含んでいる。小進化は、集団内の対立遺伝子頻度(選択、突然変異、遺伝的浮動または移動などの過程による遺伝的変異)の変化と定義される。小進化が起こることに異論はない(Wallaceのような一部の創造論者は突然変異が起こることを否定するが)。大進化は、種レベルかそれ以上の進化的変化、すなわち、新しい種・属などの形成と定義される。種形成は観察されている。

    Creationists have created another category for which they use the word "macroevolution." They have no technical definition of it, but in practice they use it to mean evolution to an extent great enough that it has not been observed yet. (Some creationists talk about macroevolution being the emergence of new features, but it is not clear what they mean by this. Taking it literally, gradually changing a feature from fish fin to tetrapod limb to bird wing would not be macroevolution, but a mole on your skin which neither of your parents have would be.) I will call this category supermacroevolution to avoid confusing it with real macroevolution.
    創造論者は「大進化」という単語を使うために、新たなカテゴリを創った。創造論者たちはテクニカルな定義をしていないが、用途からすると、観測できないくらいに十分に大きな進化という意味で使っている。ある創造論者は大進化を新しい形質の出現を指して使っているが、その意味するところは不明確である。それを字義どおりにとらえるなら、魚類のヒレから四足歩行動物の手足への漸進変化や、さらに鳥類の翼への漸進変化は大進化ではないことになる。逆に、両親のどちらにもない皮膚のホクロは大進化にあたることになる。このカテゴリを本当の大進化と混同しないために、超大進化を呼ぶことにする。

    Speciation is distinct from microevolution in that speciation usually requires an isolating factor to keep the new species distinct. The isolating factor need not be biological; a new mountain range or the changed course of a river can qualify. Other than that, speciation requires no processes other than microevolution. Some processes such as disruptive selection (natural selection that drives two states of the same feature further apart) and polyploidy (a mutation that creates copies of the entire genome), may be involved more often in speciation, but they are not substantively different from microevolution.
    種分化(種形成)は小進化とは異なる。種分化は新しい種を別物にするために隔離要因を必要とする。隔離要因は生物学的である必要はない。新しい山脈や川の流れの変化でもよい。これ以外に種分化が必要とするものは、小進化だけである。分断性選択(二つ以上の最適値があるときの自然選択)や倍数化(ゲノム全体のコピーを創る突然変異)も種分化に関与しているかもしれない。しかし、それは本質的に小進化と違わない。

    Supermacroevolution is harder to observe directly. However, there is not the slightest bit of evidence that it requires anything but microevolution. Sudden large changes probably do occur rarely, but they are not the only source of large change. There is no reason to think that small changes over time cannot add up to large changes, and every reason to believe they can. Creationists claim that microevolution and supermacroevolution are distinct, but they have never provided an iota of evidence to support their claim.
    超大進化は、直接観察するのがより困難である。それが、小進化以外に何か必要だという証拠はまったくない。突然の大きな変化はまず起きないだろう。しかし、そのような突然の大変化だけが、大きな違いの原因ではない。小さな変化が時間とともに蓄積して大きな変化になることがないという理由はなく、それが可能だという理由がある。創造論者は小進化と超大進化が別物だと主張するが、その主張を支持する証拠をまったく提示しない。

  2. There is evidence for supermacroevolution in the form of progressive changes in the fossil record and in the pattern of similarities among living things showing an absence of distinct "kinds." This evidence caused evolution in some form to be accepted even before Darwin proposed his theory.

    化石に記録された漸進的変化および、"種類(kind)"の区別がないことを示す現存する生物間の類似という超大進化の証拠がある。ダーウィンが進化論を提唱する以前から、この証拠は、何らかの形での生物進化が受け入れられた理由でもある。


Further Reading:
Wilkins, John, 1997. Macroevolution. http://www.talkorigins.org/faqs/macroevolution.html


Claim CB902.1:
Evolutionists claim that biological evolution is extrapolated from the minor variations we observe. They ignore that there are barriers to large change.
進化論者は生物学的進化が、観察されるマイナーな変化から外挿できると主張する。進化論者は大きな変化に対する障壁の存在を無視している。

Source:
Morris, John D., 2003. Dating Niagara Falls. Impact 359 (May), p. iv.

Response:

  1. What barriers? The only barrier that anyone has ever proposed is time, and the hundreds of millions of years available for evolution show that time is not a real barrier.
    障壁とは何か?障壁として提唱されたものは時間だけであり、進化に使える数億年の時間は、時間が真の障壁でないことを示している。

  2. Evolution is not just extrapolated from observed microevolution; it is also interpolated from observed changes in the fossil record and from the pattern of observed similarities and differences between present species.
    進化は観察された小進化の単なる外挿ではない。化石記録の観察されて変化や、観察される類似パターンや現生種の違いの内挿でもある。


Claim CB902.2:
Creationists recognize that small microevolutionary changes occur, but small changes do not imply large changes, so the theory of macroevolution is unjustified.
創造論者は、小さな小進化的変化が起きることは認識しているが、小さな変化は大きな変化を意味しない。従って、大進化の理論は正当化されない。

Response:

  1. This claim falsely assumes that the conclusion of macroevolution is based solely on the observation of microevolution. In fact, microevolution is just one piece of the evidence that demonstrates evolution as a whole. Other evidence includes the fossil record, patterns of similarities and differences between living species, and genetic comparisons (Darwin 1872; Theobald 2004).
    この主張は、大進化の結論が小進化の観察のみから為されたと誤った仮定に上になされている。事実、小進化は進化が起きたことを示す証拠全体のひとつのピースである。化石記録や現生種の類似パターンや、現生種のの違いや、遺伝子比較など、他にも証拠はある[Darwin 1872; Theobald 2004]。

  2. Small changes do imply large changes under some common circumstances. If there is some selective pressure for the changes to go in one direction, the changes will add up. Such a condition can happen, for example, under a gradual climate change or in evolutionary arms races. Even if there is no selective pressure at all, the changes will tend to diverge further and further from the starting point. Small changes will not lead to large changes only
    小さな変化は、ある一般的な条件のもとでは、大きな変化を意味する。ひとつの方向への変化に対する選択圧があれば、変化は累積する。そのような条件は起きうる。たとえば、漸進的な気候変動や、進化的軍拡競争など。まったく選択圧がなくても、スタート地点から違いは大きくなっていける。小さな変化が大きな変化につながらないのは、以下の条件下だけである:

    • if there is stabilizing selection for organisms to remain as they are, or
      生物がそのままの形態でいるような安定化選択があるか
    • if there is too little time for much to happen, or
      あまりに時間が短すぎるか
    • if there are genetic mechanisms limiting change.
      遺伝的なメカニズムが変化を限定しているか

    Stabilizing selection occurs sometimes but is far from universal. We know that the earth, and life on it, is very old. And there is no hint of a mechanism to limit variation. Therefore, we expect large changes based on basic principles.
    安定化選択はときどき起きるが、一般的なものではない。我々は地球と生命がとても古いことを知っている。そこに変化を限定するメカニズムの兆候はない。従って、我々は基本原則のもと大きな変化が起きると期待できる。


Links:
Theobald, Douglas, 2004. 29+ Evidences for macroevolution: The scientific case for common descent. http://www.talkorigins.org/faqs/comdesc/

References:
Darwin, C. 1872. (see below)
Theobald, D. 2004. (see above)

Further Reading:
Darwin, Charles. 1872. The Origin of Species, 1st Edition. London: Senate. http://www.talkorigins.org/faqs/origin.html
posted by Kumicit at 2007/11/26 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック