2007/12/21

「AIDS感染予防はシャワー」なJacob Zumaが事実上、次期南アフリカ共和国大統領に

Associated Pressの報道によれば、火曜日(2007/12/18)に開かれた、南アフリカ共和国の与党ANCの党大会で、Jacob Zumaが現職のThabo Mbeki大統領を2329対1505で破り、党首に選出された。大統領選挙は2009年の予定だが、事実上、Jacob Zumaが次期大統領に決まったことになる。

さて、Thabo Mbeki大統領は「HIVはAIDSの原因ではない」というHIV否定論者であり、その盟友にして厚生相Tshabalala-Msimangも「レモンとガーリックでAIDSが防げる」と主張するHIV否定論者である。やっと、Thabo Mbekiの退場が決まったことになるのだが、これがちっともめでたくない。

NPRの報道によれば、Jacob Zumaはかつて副大統領だったが、強姦の罪で裁判にかけられ、2006年に合意の上でのセックスであることが法廷で明らかにされて無罪となった件でThabo Mbekiに解任されている。しかも、この裁判でJacob Zumaは「AIDS感染防止のためのとった行動が、シャワーを浴びることだけだった」と証言している。これだとAIDS対策は改善されそうにない。

また、英国Gurdianの報道によれば、Thabo Mbekiがインテリであるのに対して、Jacob Zumaは正規の教育を受けたことがない。民族衣装を着ることがほとんどなかったMbekiに対して、Zumaはヒョウ皮を身につけることもある。Associated Pressの報道によれば、Zumaには複数の妻がおり、子供の数は言わない、あるいは言えない。

余計悪くなりそうな予感が...


関連エントリ


ニセ科学「AIDS再評価運動」〜南アフリカの場合〜 (2007/08/15)
HIVはAIDSの原因ではないという南アフリカ大統領は一歩も引かない (2007/08/24)
Thabo Mbeki大統領の伝記 (2007/11/08)
南アフリカの与党ANCの党首選の対立候補Zumaもまた... (2007/12/09)
ニセ科学「AIDS再評価運動」について専門家向けに語るDr. Tara C Smith (1) (2007/09/01)
ニセ科学「AIDS再評価運動」について専門家向けに語るDr. Tara C Smith (2) (2007/09/01)
ニセ科学「AIDS再評価運動」について専門家向けに語るDr. Tara C Smith (3) (2007/09/02)
ニセ科学「AIDS再評価運動」とID理論 (2007/07/05)

タグ:HIV denialism
posted by Kumicit at 2007/12/21 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック