2007/12/25

キリン6種....とAFPの変な記事

BBCの報道(2007/12/21)によれば、キリンは6種だった。

これについての公表論文は

  • David M. Brown, Rick A. Brenneman, Klaus-Peter Koepfli, John P. Pollinger, Borja Milá, Nicholas J. Georgiadis, Edward E. Louis Jr., Gregory F. Grether, David K Jacobs and Robert K. Wayne. Extensive population genetic structure in the giraffe. (2007) Journal of Biology [free PDF] (data figures)
  • Luciano B. Beheregaray and Adalgisa Caccone. MiniReview: Cryptic biodiversity in a changing world. (2007) Journal of Biology 6:9 | doi:10.1186/jbiol60 [free PDF]. (further reading).


grrlscientistによる概説(via pharyngula)によれば...

  • これまで、キリンは1種(Giraffa camelopardalis)9亜種だと考えられてきた
  • David Brown率いるUCLAの研究チームが、9つの亜種のうち6つについて、mtDNA(ミトコンドリアDNA)と核の マイクロサテライト領域DNAを調べて、分岐した年代を推定

    • ケニア北部のアミメキリンとケニア南部のマサイキリンは50〜150万年前
    • アフリカ北部のキリン(ナイジェリア・ウガンダ・アミメ)とアフリカ南部のキリオン(マサイ・アンゴラ・ケープ)は54〜164万年前
    • アミメキリンとナイジェリア&ウガンダキリンは18〜54万年前
    • ナイジェリアキリンとウガンダキリンは16〜46万年前
    • マサイキリンとケープキリンは13〜37万年前

    Brown_2007_Fig1a.png

    Approximate geographic ranges, pelage patterns, and phylogenetic relationships between giraffe subspecies based on mtDNA sequences. Colored dots on the map represent sampling localities. The phylogenetic tree is a maximum-likelihood phylogram based on 1,707 base pairs of mtDNA sequence (1,143 nt of cytochrome b, 429 nt control region and 135 nt of tRNA) from 266 giraffes. Asterisks along branches correspond to node-support values of > 90% bootstrap support. Stars at branch tips identify paraphyletic haplotypes found in Masai and reticulated giraffes. [larger].

    地理的領域, 毛皮のパターン, mtDNAシーケンスに基づく亜種系統関係。地図上の点はサンプル採取地点。系統樹は、266頭のキリンから採取したmtDNAシーケンスの1707塩基対(1143ntのシトクロムbと、429ntのコントロール領域と135ntのtRNA)に基づく最尤推定。*は分岐のbootstrap support value 90%以上を示す。★はマサイキリオンとアミメキリンの側系統ハプロタイプを示す。

    赤:アンゴラキリン Angolan giraffe (G. c. angolensis)
    青:ナイジェリアキリン West African giraffe (G. c. peralta)
    緑:ウガンダキリン Rothschild's giraffe (G. c. rothschildi)
    黄:アミメキリン reticulated giraffe (G. c. reticulata)
    橙:マサイキリン Masai giraffe (G. c. tippelskirchi)
    桃:ケープキリン South African giraffe (G. c. giraffa)

    Brown_2007_Fig1b.png
    Minimum-spanning network of control region haplotypes using the molecular-variance parsimony algorithm, where circles represent haplotypes, numbers within them correspond to haplotype designations, and circle sizes are proportional to the haplotype's frequency in the population. Branches represent a single nucleotide change and black squares represent multiple changes (indicated by adjacent numbers). Colors are coded as in Figure 1A (above).

    molecular-variance parsimony法を使ってコントロール領域ハプロタイプのMinimum-spanning networkを表示。円の大きさは集団の大きさ(ハプロタイプの頻度)、円の色は亜種、円内の数字はハプロタイプ番号、円と円の間の■の数字は円と円の間のヌクレオチドの変化数(■がないのは変化数1)。


  • キリンの行動範囲および地形から、地理的隔離はない。
  • キリンは動物園では亜種の間で交配可能
  • にもかかわらず、生殖隔離されている(〜分岐年代)
  • 生殖隔離の要因として考えられるのは

    • 性選択
    • 行動の隔離(特に繁殖時期の違い)
    • 局所的な生息環境の違い



交配可能で地理的隔離されてないのに、少なくとも10万年以上にわたって生殖隔離されているという6つのグループが存在するというのがDavid Brown率いるUCLAの研究チームの成果。生殖隔離されているので、Biological/Isolation speciesな定義[ie wikipedia:species]では別種とみなされる。

BBCの報道では、この研究の意味するところという居続けで「この研究で別種とみなすべきとなった亜種6つのうち、ナイジェリアキリンは160頭、ウガンダキリンは数百頭と絶滅危惧状態」で報じている。


そこそこの報道をする主要メディア

もっとも詳しい報道は、BBCの報道である。それでも、mtDNAの分析によることが記載されておらず、"Using molecular techniques"とだけ記載されている:
"Using molecular techniques we found that giraffes can be classified into six groups that are reproductively isolated and not interbreeding," David Brown, the lead author of the study and a geneticist at the University of California Los Angeles (UCLA), told BBC News.


他の主要メディアはBBCよりも、はるかに簡潔になっているが、「遺伝情報研究から少なくとも6種であること」と「そのうち一部の種が数百頭レベルになっていて絶滅危惧状態」について記載されている。

Fox News
A genetic study suggests there are six or more species in a region of Africa thought to have one.

"Some of these giraffe populations number only a few hundred individuals and need immediate protection," said study leader David Brown, a geneticist at UCLA and an associate with the Wildlife Conservation Society. "Lumping all giraffes into one species obscures the reality that some kinds of giraffe are on the very brink."
....

Reuters 2007/12/22
African giraffes are endangered - study

NAIROBI, Dec 22 (Reuters) - At least six distinct species of giraffe, the world's tallest land animal, may be in existence and some of them are critically endangered, scientists in the United States and Kenya have found.
....

UPI 2007/12/22
Study: Giraffes are more than one species

A new study suggests there may be at least six species of giraffe in Africa, rather than one as they are currently classified.

"Lumping all giraffes into one species obscures the reality that some kinds of giraffe are on the brink" of extinction, said David Brown, a geneticist and the study's lead author. "Some of these populations number only a few hundred individuals and need immediate protection."
....



イミフなAFP日本語版

ところが、AFP日本語版の記事(魚拓)がとても変。


  • 発表したのはUCLAの[Brown et al. 2007]であって、自然保護団体ではない。また亜種に分化しているのは既知。絶滅危惧はそのうち2種なのだが:
    米国に拠点を置く自然保護団体、野生生物保護協会(Wildlife Conservation Society、WCS)は22日、生物学の専門誌「BMCバイオロジー(BMC Biology)」に論文を発表し、従来1つの種と考えられていたアフリカのキリンは実は複数の亜種に分化しており、うち少なくとも6種が人為的な原因や自然環境の変化により、保護しないかぎり絶滅する恐れがあると警告した。[英語バージョンでも同様]

  • 9つの亜種であるのは既知で、うち6種のmtRNAなどの調査から、生殖隔離が起きていることが確認されたという研究のはずだが:
    WCSの支援で共同研究を行ったケニアと米国の生物学者らによると、アフリカのサバンナ全域にわたり約11万頭が生息していたキリンは、当初単一種だと思われていたが、複数の亜種に分化していた。こうした特定の遺伝的な特徴を共有するグループのなかには乾燥気候やさまざまな種類の人為的原因により個体数が激減したものがある。


  • 「報告書」ではなくPaperだが。「西アフリカキリン」と言ったり、「ナイジェリアキリン」と言ったりして、訳語が一定しない...と思ったけど、英文バージョンでも"West African giraffe"と言ったり、"Nigerian giraffe"と言ったり。
    「密猟やソマリア、エチオピア、ケニアなどおける紛争の影響で、アミメキリン(reticulated giraffes)は1990年代の約2万7000頭から3000頭まで激減している」と同報告書は警鐘を鳴らす。「以前は存在を認識されていなかった亜種のいくつかが深刻な絶滅の危機にある。例えば、西アフリカキリンは現在ニジェールの特定の地域に約100頭が残っているだけだ」という。

  • ここは正しい:
    ナイジェリアキリン(Giraffa camelopardalis peralta)は西アフリカおよび中央アフリカで少なくとも160頭が、ロスチャイルドキリン(Giraffa camelopardalis rothschildi)は200〜300頭がケニアやウガンダの自然保護区で確認されている。

  • ここはまあいいか:
    「キリンは単一種と考えられるという前提」が障害となり、国際自然保護連合(World Conservation Union、IUCN)の絶滅リストでさえも、キリンの絶滅リスクは低いと位置づけているため、こうした亜種の絶滅は現実問題だと科学者たちは警告する。

  • 「単一種理論」(single-species theory)だって?
    「BMCバイオロジー」に掲載されたキリンの遺伝子構造に関する研究は、単一種理論が矛盾することを示し、このことを自然保護関係者が正しく認識しなければ、特定の亜種の激減や絶滅の恐れがでてくるため、亜種ごとに保護活動を行うことが必要だと訴えた。

あちこち変な記述になっている。「交配可能で地理的隔離されてないのに、生殖隔離されている」という発見そのものはどうでもよいらしい。

気になって、英語バージョンの執筆者Bogonko Bosireの記事をあさってみた。

Kenya, Alcatel Lucent sign 82-mln-dollar undersea telecom link (2007/12/11)

NAIROBI (AFP) - French-US telecom group Alcatel-Lucent signed Tuesday an 82-million-dollar deal with a Kenyan-led consortium to build a fibre optic cable linking East Africa to the Gulf.
...

US, EU condemn pre-election violence in Kenya (2007/12/21)

NAIROBI (AFP) - The US and EU on Friday condemned violence in Kenya that has killed dozens and displaced tens of thousands ahead of December 27 elections, while renewed clashes left a man dead in the country's west.
...

Kenya anti-terror squad allow visit to detained British national (2007/12/18)

NAIROBI (AFP) - Kenya's anti-terrorism police allowed Tuesday a first visit to a British national detained in connection with a cache of illegal weapons seized last week, officials said.
...
Bogonko BosireはAFPのNairobi駐在みたいで、どんな記事も書くようだ。科学記事は不得意で記事が変になったみたいだ。

この記事を何もナイロビ発で書くこともないのだが、パリはクリスマス休暇中だったか?
posted by Kumicit at 2007/12/25 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック