2008/02/11

自然主義の誤謬の派生品

Oliver Curryは、Humeの倫理自然主義(の進化論バージョン)は自然主義の誤謬には該当しないと論じた論文Curry[2006]で、自然主義の誤謬のお友達をリストアップしている。論文の本題はさておき、このリストがよくできているので、見ておくことにする。

で、Curryが挙げたのは以下の8つ;

  1. Moving from is to ought (Hume’s fallacy). ("である"から"べき"へ)
  2. Moving from facts to values. (事実から価値へ)
  3. Identifying good with its object (Moore’s fallacy).
  4. Claiming that good is a natural property. 
  5. Going ‘in the direction of evolution’.(進化の方向へ向かって進め)
  6. Assuming that what is natural is good. (自然なものは良いと仮定)
  7. Assuming that what currently exists ought to exist. (現に存在するものは、存在すべきと仮定)
  8. Substituting explanation for justification.


このなかでも面白いのが5〜7で:
In his critique of Spencer, Moore argued that: the direction of evolution is not necessarily good (5); and that the moral worth of something is not decided by its being natural (6). Perhaps as a spin-off of fallacy number five, some people have also claimed that it is a fallacy to argue that what currently exists (perhaps because it is ‘natural’) ought to exist (7).

Spencerに対する批判において、Mooreは次のように論じた。進化の方向は"必然的に良い"ということではない(5)。倫理的価値はそれが自然であることによって決定されない(6)。そして(5)の派生で、「現に存在しているものは(自然なものであるから)、存在すべきである」という詭弁があると論じる人もいる(7)。

Under this view, statements such as “evolution is a progressive force, and we ought to help it on its way – and prevent humankind from becoming ‘less evolved’ – by practicing various forms of eugenics”; “males are naturally more promiscuous than females, and therefore it is morally acceptable for them to be more promiscuous”; or “males have always been more promiscuous than females, therefore one ought not to change the natural order of things”, are taken to be examples of fallacious or invalid arguments.

この観点では、「進化は発展的な力なので、あらゆる優生学的な方法で、我々は進化の方向へ進むことを助けるべきであり、人類が進化しない方向に進むのを抑止すべきである」とか「男性は女性よりも自然では乱交なので、男性の乱交は倫理的に容認可能だ」とか「男性は女性よりも自然では乱交であり、自然の秩序を変えるべきでない」といったものが例として挙げられる。
ここで「進化の方向は"必然的に良い"ということではない」は「良いこともあれば悪いこともある」という意味ではなく、「倫理的価値は進化の方向によって決定されない」という意味である。

ちなみに、Oliver Curryは、論文の本題であるヒューム=ダーウィン的倫理論について、これらの誤謬にあたらないと論じている:
The question here is whether any of these objections constitute arguments against the Humean-Darwinian meta-ethical thesis that “moral values are the products of certain natural human passions”. And again, the answer is: no. First, according to the orthodox evolutionary theory on which the Humean-Darwinian thesis is based, evolution has no direction. And so the notions of ‘moving in the direction of evolution’ or of being 'more or
less evolved' have no content, and play no role in the thesis. Second, the Humean-Darwinian thesis argues that ‘all moral values are natural phenomena’, but it does not argue, and nor does it follow, that ‘all natural phenomena are moral’ or even ‘all natural values are moral’.

「倫理価値は自然な人間のパッションの産物である」というヒューム=ダーウィン的メタ倫理論が、これらの自然主義の誤謬に該当するかである。そして、答えはNOである。まず、ヒューム=ダーウィン的メタ倫理論が基礎を置く正統な進化理論では、進化に方向性はない。従って、「進化の方向へ進む」や「よし進化した・より進化していない」といった主張は存在しない。さらに、ヒューム=ダーウィン的メタ倫理論は「すべての倫理価値が自然現象だ」と論じるが、「すべての自然現象が倫理的だ」とか「すべての自然の価値は倫理的である」とは論じない。


それはさておき、これら(5)(6)(7)はわりと、ありがちな詭弁である。

たとえば、「適応的行動として獲得されたと思われる行動」が「適応的行動として獲得された」という理由で「善」だと論じる、あるいは「その行動が悪だから」という理由で「適応的行動として獲得されたはずがない」と論じることはよくある。

その典型例のひとつは強制交尾:
強制交尾は、昆虫から霊長類まで広く見られるオスの適応行動だ。人間の男性の攻撃的な性行動も、文化的に条件づけられた権力行使の歪みとしてではなく、動物一般の繁殖戦略と見なさねばなるまい。社会生物学は、そして著者はそう主張する。
 この種の言説は危険というか、性犯罪者の免罪に利用されはしないだろうか。なにしろ男のレイプ衝動は「自然な性質」だとのお墨付きを与えているのだから。
 著者は「否」と断言する。何かが「自然である」とは、「善である」という意味ではない。両者を混同する「自然主義の誤謬」から、フェミニズムなどの見当違いのイデオロギーが生ずるというのである。
 現代社会という環境では、独特の適応戦略が求められる。セクハラ男は原始時代の適者にすぎず、文明社会では敗者なのだ。進化論を正しく理解すれば、なるほど社会生物学は危険でもなんでもなかろう。

[三浦俊彦: (書評)ジョン・オルコック『社会生物学の勝利』(新曜社) 『読売新聞』2004年4月18日掲載]


創造論者の主張にも、自然主義の誤謬形式の主張が収録されている。

Claim CA008:
Evolutionary theory promotes the concepts of promiscuity and lust, pointing out that the quest to produce many offspring is a main goal of organisms under Darwinism.

ダーウィニズムのもとでは、子孫を多く作ることが生物の目的であると指摘して、
進化論は乱交と性欲のコンセプトを奨励する。

Source:
Morris, Henry M. 2000. Evil-ution. Back to Genesis 140 (Aug).: a-c. http://www.icr.org/index.php?module=articles&action=view&ID=877

Response:

  1. Description does not imply promotion. Mistaking "is" for "ought" is the naturalistic fallacy. The theory of evolution no more promotes promiscuity and lust than germ theory promotes getting infectious diseases.

    記述することは奨励を意味しない。「である」と「べき」を取り違えるのは自然主義の誤謬である。微生物学が伝染病を奨励しないように、進化論は乱交と性欲を奨励しない。

  2. Solving a problem works best if you first understand the source of the problem. Creationists, by denying sources of behavior, are less likely to deal with behavioral problems effectively.

    問題の解決をうまくいくようにするには、その原因を理解することである。行動の起源を否定する創造論者は、行動問題に効果的に対処できないだろう。


Further Reading:
Wright, Robert. 1994. The Moral Animal: The New Science of Evolutionary Psychology. New York: Pantheon.
とか、
Claim CA002:
Survival of the fittest implies that "might makes right" is a proper guide to behavior.
適者生存は「勝者の正義」が行動指針となる。

Source:
Keyes, Alan, 7 July 2001. Survival of the fittest? WorldNetDaily, http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=23533

Response:

  1. This claim exemplifies the naturalistic fallacy by arguing that the way things are implies how they ought to be. It is like saying that if someone's arm is broken, it should stay broken. But "is" does not imply "ought." Evolution is descriptive. It tells how things are, not how they should be.

    この主張は、「現にあること」が「いかにあるべきか」を意味すると論じる自然主義の誤謬の例である。それは、誰かが腕を折ったら、折るべきだというようなものである。しかし、「である」は「べき」を意味しない。進化論は記述である。それは、いかの物事が働いているかを語るが、いかにあるべきかを語らない。

  2. Humans, being social, improve their fitness through cooperation with other people. Even if survival of the fittest were taken as a basis for morals, it would imply treating other people well.

    人間は社会的であり、他の人間と協調することで適応性を増加させている。適者生存が倫理の基礎であるとしても、それは他の人々に良く対応することを意味するかもしれない。


Links:
Wilkins, John, 1997. Evolution and philosophy: Does evolution make might right? http://www.talkorigins.org/faqs/evolphil/social.html

Further Reading:
Hume, David, (1779) 1947. Dialogues Concerning Natural Religion, N.K. Smith, ed., Indianapolis: Bobbs-Merrill. http://www.anselm.edu/homepage/dbanach/dnr.htm
など。

posted by Kumicit at 2008/02/11 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック