2008/03/12

Science For All American -- Chap. 15 [15-24 .. 30]

Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 15: NEXT STEPSを後ろから行きます。今日は[15-24 .. 30]

校正履歴

  • 2008/03/25: [15-30] 最後の一文を黒影さん指摘で追記 「必要とされていることは、共通の目標に向けての国を挙げての取り組み、決断、協力である。我々は、"すべてのアメリカ人のための科学"がそれらのゴールを明確にすると信じている。」


[15-24]

Instructional Materials
教材

For teachers to be able to bring all students to the level of understanding and skill proposed in this report, they will need a new generation of books and other instructional tools. As in other complex undertakings, reaching demanding goals in education requires having access to appropriate technologies. Textbooks and other teaching materials in current use are—to put it starkly—simply not up to the job; and the potential of computers and other modern technologies has yet to be realized. Because this report is intended to add new dimensions to what teaching is supposed to achieve, and therefore to what kinds of materials will be needed, Project 2061 recommends that

教師たちは、このレポートが提案する理解度とスキルをすべての生徒たちに身につけさせるようにするため、新世代の本と教育機器が必要とするだろう。他の複雑な仕事の場合と同じく、教育におけるこの大変な目標を達成するには、適切なテクノロジーの利用が必要となる。現行の教科書やその他の教材は、このままでは、まったく役に立たない。コンピュータやその他の現代テクノロジーの潜在力はまだ現実のものとなっていない。教育において実現すべきこと及びそのために必要となるだろう教材について、このレポートは新たな局面を加えようと意図しているので、Project 2061は以下を推奨する:

[15-25]


  • Textbook publishers convene a national meeting of senior science, mathematics, and technology editors to explore the substance of this report and discuss its implications for the future of the industry; and individually consider the report's recommendations and monitor the developing Phase II curriculum models as they plan future editions of existing books and decide which new ones they should begin to develop.

    教科書出版社は、科学・数学・テクノロジー分野の指導的な編集者の全米会議を開いて、このレポートの内容を精査し、将来の産業における意味合いを議論すること。各社は既存教科書の次の版を計画し、どれから新版に手をつけるか判断するために、個別にレポートの推奨を考慮し、フェーズIIカリキュラムモデルの開発状況を絶えずウォッチすること。

  • Companies engaged in the production and sale of audiovisual educational materials for school, home, and library use this report as a guide in developing new products.

    学校・家庭・図書館向けに視聴覚教材の生産・販売に携わる会社は、新製品開発の手引きとして、このレポートを使うこと。

  • The National Science Foundation again take the lead in supporting research and development on the use of computers and advanced interactive systems for teaching and learning, and significantly increase its budget for that purpose.

    全米科学財団(NSF)は、教育や学習へのコンピュータや先進的インタラクティブシステムの利用についての研究開発の支援を主導し、この目的の予算を大幅に拡充すること。

  • The National Science Teachers Association, the National Council of Teachers of Mathematics, the National Council for Social Studies, and the International Technology Education Association cooperate in discussing with the developers of computer software what kinds of software teachers will need to teach the ideas and skills recommended in this report.

    全米科学教育者協会、全米数学教育者協議会、全国社会教育協議会、国際テクノロジー教育協会は協力して、このレポートが推奨する考え及びスキルを教育するのに教師が必要とするソフトウェアがいかなるものかを、コンピュータソフトウェア開発者と議論すること。

  • The producers of educational achievement tests review this report with an eye to how the content and style of their instruments would need to be modified so that they could become incentives for purposeful learning of the kind presented here; and invest more heavily than in the past in developing new kinds of tests to provide practical alternatives to tests that reward only the memorization of bits of information.

    ここに提示した種類の、意図的学習に対するインセンティブとなるように、テストの内容と形式をどのように修正していく必要があるかを考えるために、学力テストの製作者はこのレポートをレビューすること。情報の欠片を記憶することのみを賞賛するようなテストに代わる実用的な新しい種類のテストの開発に、これまで以上に投資すること。


[15-26]

Research
研究

Finally, it ought to be understood that too little is known about how different kinds of children learn and about how to organize instruction for optimal effectiveness for anyone to be able to prescribe how best to achieve the goals presented in this report. For that reason, it is recommended that

そして、最後になるが、様々の子供たちがどう学習していくのか、そして、このレポートが提示する目標を最大限に実現するために、誰にも推奨できる最適に効果的な指示をいかに構成するかについて、我々はほとんど知らないということを、理解すべきだ。この理由から、以下を推奨する。

[15-27]

  • Both the Department of Education and the National Science Foundation dramatically increase their support of research related to the learning and teaching of science, mathematics, and technology; increase the proportion of research funding devoted to the support of research teams composed of outstanding natural and social scientists, mathematicians, engineers, cognitive and developmental psychologists, and educators to enable them to pursue productive lines of investigation over an extended period of time; and base their research agendas in part on the vision of scientific literacy presented in this report.

    教育省と全米科学財団(NSF)が、科学・数学・テクノロジーの学習および教育に関連する研究への支援を大幅に強化すること。優れた自然科学者・社会科学者・数学者・エンジニア・認識心理学者・発達心理学者・教育者からなる研究チームへの支援に充当する研究資金の比率を増やして、彼らが長期にわたる生産的研究を実行できるようにすること。そして、このレポートで提示した科学リテラシーのビジョンを、彼らの研究課題の基礎の一つとすること。

  • The Department of Education make it possible for a few major cities with large populations of disadvantaged youth to redesign and reorganize their school systems radically, completely, and quickly as a large-scale, closely monitored national experiment to determine what is possible when the nation treats school reform with the same intensity, urgency, and application of resources that it applies to other national problems of great consequence

    教育省は、恵まれない境遇にいる若者が多くいる幾つかの主要都市に対して、大規模かつ詳細にモニターされる国家的実験として、何が可能であり、大きな影響を及ぼす他の全米的問題に対応するのと同じ強さ・緊急性・資源の投入による学校改革に国家がいつあたれるのかを判断するために、学校組織をラディカルかつ完全かつ迅速に再設計・再編するできるようにすること。


[15-28]
THE FUTURE
将来

What will this all add up to? Where will the nation be in a few years, as Phase II comes to an end? Certainly none of our major educational problems will have been completely solved. Most students will still not be emerging from our schools well educated in science, mathematics, and technology. The nation's curricula will not be very different from what they are now. Nor will the textbooks, tests, and the rest of the components of education have been radically changed. And yet the need for scientifically literate citizens will surely be greater than ever by then.

これはどういう結果に至るのだろうか。数年後にフェーズIIが終了したとき、米国はどこにいるだろうか。我々がかかえる主たる教育問題は、どれも完全には解決していないことは確かだろう。ほとんどの生徒たちは、科学・数学・テクノロジーについてちゃんと教育を受けないまま、我々の学校を卒業しているだろう。教科書も試験も教育のその他の要素も、大きくは違っていないだろう。そして、科学リテラシーを身につけた市民の必要性は、より一層、大きくなっていることだろう。

[15-29]

But progress will have been made if in a few years,
しかし、数年でも進展はあるだろう。


  • The nation is still paying attention to educational reform in science, mathematics, and technology.
    米国は科学・数学・テクノロジーの教育改革に注意を払い続ける。

  • Our national leaders are speaking out regularly and forcefully about the need for everyone to continue to pull together in the pursuit of scientific literacy.
    米国の指導者たちは、全米市民が科学リテラシーの向上をともに続ける必要があることを、常に力強く述べ続ける。

  • We have made up our minds about what we want to achieve in science, mathematics, and technology education - an end to which this report is intended to contribute.
    このレポートが貢献しようと意図している目的に向かって、科学・数学・テクノロジー教育において実現したいことについて、我々は決意を固めている。

  • Educators and education policymakers have begun to develop a strong consensus on what it will take to restructure the school system so that all students -- including especially those it has failed in the past -- will emerge well educated in science, mathematics, and technology.
    教育者と教育政策担当者は、すべての生徒たちが、特に過去においてそれに実現できなかった生徒たちが、科学・数学・テクノロジーについて適切に教育されて卒業できるように、学校組織を改革する方法について、強力なコンセンサスを形成し始めている。

  • We find that a large number of educators and scientists are actually collaborating in reform activities in school systems across the land and that their numbers are rapidly increasing.
    非常に多くの教育者と科学者が、全米で学校組織の改革活動に実際に参加しており、その数は急速に増加している。

  • Scientists, educators, parents, and citizens have paid enough attention to this report to have identified its shortcomings and have taken the trouble to advise Project 2061 and other users on how to overcome them as we work together to improve the science, mathematics, and technology education of all Americans.
    科学者・教育者・保護者そして市民たちが、このレポートに注意を払い、問題点を認識し、Projec 2061に助言する労をとり、他の人々がともに全米市民の科学・数学・テクノロジー教育の改善のために働けるように助言している。


[15-30]

There are no valid reasons -- intellectual, social, or economic -- why the United States cannot transform its schools to make scientific literacy possible for all students. What is required is national commitment, determination, and a willingness to work together toward common goals. We trust that Science for All Americans clarifies those goals.

米国が、すべての生徒に科学リテラシーを身につけさせられるように学校を改革できない、知的・社会的・経済的な理由はない。必要とされていることは、共通の目標に向けての国を挙げての取り組み、決断、協力である。我々は、"すべてのアメリカ人のための科学"がそれらのゴールを明確にすると信じている。

posted by Kumicit at 2008/03/12 00:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、黒影です。
15章の翻訳ありがとうございました。
今訳をまとめていて気がついたのですが、段落15-30の、最後の一文が抜けていませんか?
What is required 〜という部分です。
Posted by 黒影 at 2008/03/24 23:22
とりあえず、抜けている部分を以下のような訳文で補っておきました
「必要とされていることは、共通の目標に向けての国を挙げての取り組み、決断、協力である。我々は、"すべてのアメリカ人のための科学"がそれらのゴールを明確にすると信じている。」
Posted by 黒影 at 2008/03/25 00:02
おっと、最後の一文で力尽きてましたね。ご指摘どおり本文を直しておきました。
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2008/03/25 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89212772
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック