2008/03/14

2007年の南部バプテスト連盟の地球温暖化についての決議

昨日のエントリで、「2007年の南部バプテスト連盟の決議は温暖化否定論サイドに立つものである」と書いたのの続き。

ということで、2007年の南部バプテスト連盟の決議が普通に温暖化否定論のポジションをとっていることを確認しておこう。
SBC Resolutions (南部バプテスト連盟決議)
5. On Global Warming (地球温暖化に関して)
June 2007 (2007年6月)

WHEREAS, God is not a distant bystander with respect to human affairs, but judges all people and holds them accountable for their thoughts and actions (Psalm 24:1; Isaiah 45:5-8; Hebrews 4:12-13); and

WHEREAS, Christians are called by God to exercise caring stewardship and dominion over the earth and environment (Genesis 1:28; Psalm 8); and

WHEREAS, We share God’s concern that the poor should not be abused, taken advantage of, nor overburdened (Psalm 140:12; Proverbs 14:31; 29:7; Isaiah 25:4; Ezekiel 22:29, 31; Matthew 25:40; John 14:15); and
ここまではどうでもよくて...
WHEREAS, The record shows that global temperature has risen and fallen cyclically throughout geologic history, with some periods warmer and others cooler than the present; and

WHEREAS, The global temperature has generally risen since 1850 as it recovers from the “Little Ice Age” (1550-1850 A.D.); and

WHEREAS, The ten warmest years since 1850 have occurred in the last fifteen years; and

全地球の気温は地質学的年代を通して周期的に上昇と下降を繰り返してきた。現在よりも温暖な時期や寒冷な時期があった。

西暦1550年〜1850年の小氷期からの回復につれて、1850年以降は全地球の気温は上昇してきた。

1850年以降の上位10位の高温は過去15年に記録された。
ここまでは事実確認で、特に主張はない。気になるとすれば「throughout geologic history」って、6000年以上前も"あり"なのかどうか? 氷河期と間氷期の繰り返しなら50万年以上の時間が経過していることになるのだが。

それはさておき、次は科学者たちが地球温暖化についてコンセンサスを形成していないと主張する部分...
WHEREAS, The scientific community is divided regarding the extent to which humans are responsible for recent global warming; and

最近の地球温暖化の責任がどこまで人類にあるかについて科学界は意見が分かれている。

WHEREAS, Many scientists reject the idea of catastrophic human-induced global warming; and

多くの科学者は、人類に起因する破滅的な地球温暖化という考えを否定している。

WHEREAS, Sixty international experts in climate and related sciences signed an open letter on April 6, 2006, to Canadian Prime Minister Stephen Harper stating that scientific evidence does not support the computer models of catastrophic human-induced global warming; and

気候および関連分野の世界的専門家60名が、カナダのStephen Harper首相あての2006年4月6日の公開書簡で、科学的証拠は人類に起因する破滅的な地球温暖化のコンピュータモデルを支持しないと述べた。
このあたりは温暖化否定論と基本。

そして、さらに続けて
WHEREAS, The United Nations’ Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC), while remaining politically active in warning of catastrophic human-induced global warming, has recently altered many of its previous statements, reducing its projections of the magnitude of global warming and its impacts on the world; and

国連の気候変動政府間パネルは政治的に人類に起因する破滅的地球温暖化を警告し続けているが、最近これまでの多くの主張を変更し、地球温暖化の度合の予測と影響を小さくした。

WHEREAS, Many scientists argue that natural causes such as El Niño, alterations in solar energy, solar wind output, cycles of cosmic ray influx, precipitation microphysics, and changes in cloud forcing—along with human-land-use conversion for cities and agricultural use and deforestation—are much more significant in climate change than CO2 emissions; and

多くの科学者たちは、CO2排出よりも、エルニーニョや太陽エネルギーや太陽風や宇宙線の変動や降水ミクロ物理や雲の変動が、都市化や農業利用などの陸地の利用の変化などとともに、気候変動に大きく影響していると論じている。

WHEREAS, Certain areas of the world, where some say warming is most pronounced, were actually much warmer than they are today, like Greenland, which was extensively farmed by the Vikings from around 1000 to 1300 A.D., before colder temperatures made farming virtually impossible for them; and

ある科学者たちが最も温暖化が進行するというグリーンランドのような地域は、実際に過去には現在よりもはるかに温暖だった。グリーンランドは西暦1000年から1300年にかけてバイキングたちによって耕作された。そして、寒冷化し、事実上、耕作不可能となった。
ここも特に独創的な記述はなく、平均的な温暖化否定論の言説。

この手の主張は、Dr. S. Fred Singer翁のPBSのインタビュー番組での発言でほぼすべてカバーされている:

==>Dr. S Fred Singerの温暖化否定論[]

このあとは京都議定書関連への言及で、これも、ジャンクマン・ミロイなどと特別に違うことを言っているわけではない。

==>JunkScience.Com by Steven Milloy

WHEREAS, Measures to curb global warming, such as those contained in the United Nations-sponsored Kyoto Protocol, are estimated to only reduce the likely rise in the average global temperature by 10 percent or less, from an increase of 2.0o C to 1.9o C by 2100, for example; and

国連がスポンサーである京都議定書に含まれる地球温暖化対策では、2100年までの全地球平均の推定気温上昇2.0℃を10%削減して1.9℃にするものである。

WHEREAS, Some estimate that compliance with Kyoto would cost the global economy from about $200 billion to $1 trillion each year without a policy that would allow for global carbon emissions trading and $75 billion each year even with a worldwide trading scheme; and

京都議定書を遵守するには世界経済に年間2000億ドルから1兆ドルの負担をかけ、世界規模の排出権取引をしたとしても年間750億ドルの取引しかないと推定している者もいる。

WHEREAS, Large developing countries such as China, India, and Brazil are currently exempt from Kyoto; and

大きな発展途上国である中国やインドやブラジルは京都議定書を免除されている。

WHEREAS, Exempting emerging economies like China, India, and Brazil from CO2 and other greenhouse gas emissions reductions would significantly undermine the minute effect on average global temperature gained through reductions by developed nations; and

中国やインドやブラジルのようなエマージングエコノミーからのCO2などの温室効果ガス排出規制から除外されているので、先進国による排出削減による全地球平均気温への効果は大きく減殺されるだろう。

WHEREAS, Forcing developing countries to comply with Kyoto will significantly inhibit their economic development and the development of the international economy; and

発展途上国に京都議定書を遵守させることは、それらの国々の経済発展と国際経済成長を多大に阻害するだろう。

WHEREAS, Proposed carbon offset programs will have little impact on reducing rising temperatures if human activity is not a significant cause of recent global warming; and

人類の活動が最近の地球温暖化の有意な原因でないのであれば、提案されているカーボンオフセットプログラムは気温上昇の抑制の効果はほとんどない。

WHEREAS, Some are proposing that a maximum acceptable global temperature increase should serve as the guideline for determining reductions in CO2 and other greenhouse gas emissions; and

全地球気温上昇の許容最大限度を、CO2などの温室効果ガス排出の削減量決定のガイドラインとすべきだと提唱する者もいる。

WHEREAS, Businesses and municipalities will likely pass along the cost of emissions reduction programs to consumers, driving up the cost of goods and services; and

企業と自治体は排出削減プログラムのコストを消費者に転嫁するので、商品とサービスのコストは上昇する。

WHEREAS, Poor people and underdeveloped regions of the world will be impacted the most severely by higher costs; and

貧しい人々と発展途上地域は、このコスト高の影響を大きく受ける。

WHEREAS, The poor and most vulnerable people around the world are faced with many more quantifiable, immediate, devastating problems; now, therefore, be it

世界中の貧しい人々や弱者たちは、もっと定量化可能かつ差し迫った、破壊的な問題に直面している。
ここまで南部バプテスト連盟決議における"事実認識"である。特に目新しい、あるいは独創的な記述が必要な部分でもなく、普通に温暖化否定論な言説の列挙となっている。

そして、ここからが決議部分:
RESOLVED, That the messengers to the Southern Baptist Convention meeting in San Antonio, Texas, June 12-13, 2007, urge Southern Baptists to proceed cautiously in the human-induced global warming debate in light of conflicting scientific research; and be it further

2007年6月12-13日のテキサス州San Antonioでの南部バプテスト連盟へのメッセンジャーは、南部バプテストに対して、相矛盾する科学研究という観点から人類に起因する地球温暖化論争について慎重に続行するように要請する。

RESOLVED, That we consider proposals to regulate CO2 and other greenhouse gas emissions based on a maximum acceptable global temperature goal to be very dangerous, since attempts to meet the goal could lead to a succession of mandates of deeper cuts in emissions, which may have no appreciable effect if humans are not the principal cause of global warming, and could lead to major economic hardships on a worldwide scale; and be it further

全地球気温の最大許容限度に基づくCO2などの温室効果ガス排出規制は、目標順守のために大きく排出量を削減することを義務付けることになるが、人類が地球温暖化の主たる原因でないなら、そのような削減は効果がなく、世界規模の経済的困難につながるものであり、非常に危険であると、我々は考える。

RESOLVED, That we urge Congress and the president to only support cost-effective measures to reduce CO2 and other greenhouse gas emissions and to reject government-mandated reductions in greenhouse gas emissions; and be it further

我々は議会および大統領に対して、費用効果の良いCO2などの温室効果ガス排出削減対策のみを支持し、政府による温室効果ガス排出規制に反対するように要請する。

RESOLVED, That we urge governments to begin to take steps to help protect vulnerable communities and regions from the effects of the inevitable continued cycles of warming and cooling that have occurred throughout geologic history; and be it further

地質学的年代を通して起きてきた温暖化と寒冷化の不可避なサイクルの影響に対して脆弱なコミュニティおよび地域に対する保護支援を始めるように、我々は政府に要請する。

RESOLVED, That we strongly request that all public policy decision makers ensure an appropriate balance between care for the environment, effects on economies, and impacts on the poor when considering programs to reduce CO2 and other greenhouse gas emissions; and be it further

CO2などの温室効果ガス排出削減計画を考えるにあたり、すべての公共政策決定者たちに対して、環境対策と経済への影響および貧しい人々へ影響の適切なバランスを保証するように、強く要請する。
決議後半は、人類に起因する地球温暖化を否定し、温室効果ガス排出対策に反対する声明となっている。特筆すべき記述はないが、これが現在も堅持されている、南部バプテスト連盟の地球温暖化に対するポジション、すなわち温暖化否定論ということになる。

この後は他にやることがあるだろうというライン:
RESOLVED, That we support the development of environmental public policy that will improve the stewardship of the earth’s resources without resulting in significant negative consequences not only on the United States and other developed economies, but also, and most importantly, on the poor and on developing economies; and be it further

米国など先進国経済そして、より重要だが、貧しい国々や発展途上国の経済へのネガティブな影響が重大とならないような、地球資源管理を進展させる環境政策の前進を、我々は支持する。

RESOLVED, That we support public policy that helps provide immediate assistance to the poor and most vulnerable people around the world, including access to clean drinking water and electricity, AIDS care and prevention, vaccinations, malaria eradication, and education programs; and be it finally

世界中の貧しい人々や多くの弱者たちに対して、清潔な飲み水や電気や、AIDS治療および予防や、予防接種やマラリア根絶や教育プログラムを含む、即時の援助を行う公共政策を、我々は支持する。

RESOLVED, That we continually reaffirm our God-given responsibility to care for the earth by remaining environmentally conscious and taking individual and collective efforts to reduce pollution, decrease waste, and improve the environment in tangible and effective ways.

San Antonio, TX
この決議の示すところは、南部バプテストは「地球温暖化について発言しない」というポジションは取れず、「温暖化否定論」を主張する状態にあるということである。




関連エントリ



posted by Kumicit at 2008/03/14 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック