2008/03/15

創世記を動機として温暖化否定論を主張するバプテストたち

創世記が温暖化否定論の動機である例を示しておこう。

まずはNorthbridge Baptist Churchから直球:
Certainly an “Inconvenient Truth” (II) on Northbridge Baptist Church

“This is the sign of the covenant I am making between me and you and EVERY LIVING CREATURE with you ... NEVER AGAIN will the waters BECOME A FLOOD to destroy all life.” Genesis 9:12-15

「あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。...水が洪水となって、肉なるものをすべて滅ぼすことは決してない。」創世記9章12-15節

...

So, hopefully, this clarifies for you the basic problem and suggested “fixes” of Global Warming that we hear so much about. Next week we will look into the IPCC’s findings to see if they really are “unbiased” and “based” on irrefutable science. We will also review the “real” motives behind the IPCC’s recommendations to solve this “proclaimed” problem.

うまくいけば、これは基本的な問題を明確にし、我々が何度も聞かされている地球温暖化についての理解を示せる。来週、我々は彼らが本当に「公平で」、反駁できない科学に「基づくか」どうか見るために、IPCCの調査結果を精査する。我々は、この「宣言された」問題を解決するために、IPCCの推薦を支持する「本当の」動機も概説する。

Until then, keep in mind that a Christian should NEVER TRUST a person or a group that suggests that the world could be destroyed by floods again (Gen 9:12-15). Also, we should never join up with anyone who recommends supporting a ONE WORLD GOVERNMENTAL AGENCY, nor a plan to solve a problem through HUMAN MEANS ALONE! For Jesus clearly has said: “... apart from ME, you can do NOTHING.” (John 15:5c) - Pastor Louis

それまで、キリスト教徒は洪水よって世界が再び破壊されると主張する人物あるいは団体を決して信じてはならない(創世記9章12-15節)。同じく、世界統一政府機関を支持するように言う者たちや、人間だけの手段によって問題を解決する計画を提唱する者たちを、歩みを共にしてはならない。イエスは明確に言われた「わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」(ヨハネによる福音書15章5節C)
なお、省略した部分は、普通の温暖化否定論がえんえんと書かれているだけ。

続いて、Thomas Road Baptist Churchから:
Thomas Road Baptist Church: THE MYTH OF GLOBAL WARMING (2007/02/25)

While the debate over global warming should be based solely on science, it has in fact become little more than a political time bomb. In this message, I will deal with both the scientific and the political aspects of the issue… but I will take it to a higher level… the Biblical perspective.

地球温暖化についての論争は科学のみに基づいて行われるべきだが、実際いは政治的時限爆弾以上のものではない。このメッセージで、私はこの問題について科学及び政治面から取り組むが、それを私は聖書の見方という高次のレベルに引き上げる。

What does the Bible say about a global warming catastrophe that will melt the glaciers, raise the sea levels to horrific destructive heights and eliminate the four seasons beyond any recognizable difference.

氷河が融け、海面が上昇して脅威な高さとなり、季節の区別がなくなるような破滅的地球温暖化について聖書が述べていること:

Psalm 24:1-2, “The earth is the LORD's, and the fulness thereof; the world, and they that dwell therein. 2 For he hath founded it upon the seas, and established it upon the floods.”

詩編24編1-2節「地とそこに満ちるもの/世界とそこに住むものは、主のもの。 主は、大海の上に地の基を置き/潮の流れの上に世界を築かれた。」

Genesis 8:22, “While the earth remaineth, seedtime and harvest, and cold and heat, and summer and winter, and day and night shall not cease.”

創世記8章22節「地の続くかぎり、種蒔きも刈り入れも/寒さも暑さも、夏も冬も/昼も夜も、やむことはない。」

In recent years, since Al Gore invented the internet and helped invent global warming, our world has been in turmoil. The internet turned out to be “a very good thing” and, when used properly, is a great asset to humanity.

近年、Al Goreがインターネットを発明し、地球温暖化を発明するのを手伝った時から、我々の世界は混乱の中にあった。インターネットは「非常に良いもの」であることがわかり、きちんと使われれば、人類にとっての非常に有益である。

The endless hysteria and alarmism over alleged global warming has increasingly become a national and international nuisance and loses credibility with every passing day. The entire myth has little to do with science and much to do with politics.

根拠なく主張される地球温暖化についての終りのないヒステリーと騒ぎは、国内的にも国際的にも次第に迷惑なものになり、その信憑性を失ってきている。すべての神話は科学とは関わりがなく、政治的なものである。





関連エントリ



posted by Kumicit at 2008/03/15 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。