2008/03/20

Science For All American -- Chap. 15 [15-14 .. 17]

Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 15: NEXT STEPSを後ろから行きます。今日は[15-14 .. 17]



[15-14]
Promoting Reform
改革の促進

During Phase II, various steps will be taken to foster discussion of the need for reform in science, mathematics, and technology education and of what has to be done to achieve it. These steps will include the widespread dissemination of Science for All Americans; articles in professional and popular journals; workshops and seminars at professional meetings; the dissemination of the blueprint-for-action reports to educators, scientists, and the media; and the preparation of a series of papers directed to the attention of particular audiences, such as primary grade teachers, middle school principals, high school social studies teachers, or school board members.

フェーズII期間中には、科学・数学・テクノロジー教育の改革の必要性および、改革を実現するために何がなされるべきかについて、議論を促進するための多くの段階が踏まれることになる。これらの段階には、"すべてのアメリカ人のための科学"の広範囲な普及や、専門誌および一般誌の記事、専門家の会合でのワークショップやセミナー、教育者と科学者とメディアへの行動計画レポートの普及、小学校教師・中学校長・高校社会科教師・学区教育委員といった特定聴衆の注目を狙った文書群の準備などが含まれる。


[15-15]
AN AGENDA FOR ACTION
行動計画

The following comments are meant to provoke action and debate. The greater the number of individuals, institutions, and organizations that become engaged in discussing what they can do to contribute to the reform of science education -- and then follow up their plans with action -- the sooner the nation will begin to make progress.

以下のコメントは、行動と議論を引き起こすことになる。理科教育の改革に貢献するのに何ができるかという議論に、より多くの個人と組織が参加することにより、そして、計画を行動でフォローアップすることで、より早く米国は進展を始められるだろう。

[15-16]

Public Support
一般からの支持

Truly fundamental reform in science, mathematics, and technology education is possible only if there is widespread public support for it. This report can be used to help secure such support and to cast it in the context of desired goals rather than particular mechanisms. To that end, Project 2061 recommends that

科学・数学・テクノロジー教育の、真に根本的な改革は、幅広い一般からの支持がなければ実現しない。このレポートは一般からの支持を確保し、その支持を、特定の仕組みではなく、目指すべき目標というコンテキストに位置づけるためにも使える。そのために、Project 2061は以下を推奨する:

[15-17]


  • The President of the United States use this report, along with others, as a basis for speaking forcefully to the American people on the need for scientific literacy; establish scientific literacy as a national goal; and periodically reinforce the priority of the goal.

    アメリカ合衆国大統領は、科学リテラシーの必要性について米国民に力強く語りかけるための基礎として、他に加えて、このレポートを使うこと。そして、科学リテラシーの向上を国家目標として確立すること。そして、定期的に目標の優先順位を再強化すること。

  • The U.S. secretary of education publicly support and elaborate the theme of scientific literacy; encourage the development of techniques for sampling and measuring meaningful learning that will allow monitoring progress toward scientific literacy; and announce that progress toward scientific literacy will become part of the nation's annual "Report Card."

    米国教育長官は、公的に科学リテラシーのテーマを支持し、詳細を述べること。そして、科学リテラシー向上に向けたモニタリングの発展を可能とする、意味ある学習のサンプリングおよび計測技術の開発を促進すること。そして、科学リテラシー向上の報告を、年次報告(Report Card)の一部とすること。

  • Congress pass a joint resolution indicating to the public its own concern over the weak state of science, mathematics, and technology education in this country; and conduct hearings to identify what steps it might take to help the nation reach the goals of this report.

    議会は、米国の科学・数学・テクノロジー教育の脆弱な状態についての懸念を一般人に知らしめるための合同決議を行うこと。そして、このレポートの目標に米国が到達するのを推進するためにどんな段階があるかを特定するために公聴会を実施すること。

  • The governors of all of the states issue public statements establishing scientific literacy as a priority and signaling their intention to press for needed reforms; and use the National Governors' Association and the Education Commission of the States to place this report on their agendas for debate.

    全州知事は、科学リテラシーを優先順位の高い問題として確立し、改革の必要性を迫るという意図を明確にする公的声明を出すこと。そして、全米知事連合会と州教育長会議はこのレポートの議論のアジェンダに使うこと。

  • Business and labor leaders of the nation speak out individually and through their organizations on the urgent need for all Americans to have the knowledge and skills set out in this report, and pledge their support of efforts to reform science education.

    全米の企業と労組の指導者たちは各個に自身の組織で、全米国人がこのレポートに記載された知識とスキルを持つことが切迫して必要だという点について、意見を述べること。そして、理科教育改革の活動への支持を誓約すること。

  • The news media bring the recommendations of this report to the attention of the public by having leading scientists, educators, business and labor executives, military officers, elected officials, and social commentators discuss and debate them on radio and television and in newspapers and popular magazines.

    ニュースメディアは、このレポートの推奨事項を一般の注目をあびるようにするために、指導的な科学者・教育者・企業経営陣・労組幹部・軍士官・選挙で選出された公職者やコメンテータによるラジオやテレビや新聞や一般誌で議論・ディベートを実施すること。


posted by Kumicit at 2008/03/20 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90028625
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック