2008/04/07

あらためてWedge Documentを見ると

Discovery InstituteBruce Chapman所長などのインテリジェントデザイン運動の指導者たちは、創世記の記述はもとより、神による人類創造すら信じていないかもしれない。少なくとも、それが事実かどうかは大した問題ではないと考えているのではないかという疑いがある。

その根拠は、インテリジェントデザイン運動の方針を記述した"The Wedge Document"[]のIntroductionにある。

"The Wedge Document"は、まず「西洋の偉大な業績を生み出す元となった人間が神の形に似せて創られたという命題を、現代科学の発見者たちによって攻撃された」と述べる:
The proposition that human beings are created in the image of God is one of the bedrock principles on which Western civilization was built. Its influence can be detected in most, if not all, of the West's greatest achievements, including representative democracy, human rights, free enterprise, and progress in the arts and sciences.

人間が神の形に似せて創られたという命題は、西洋文明が構築された基盤原則のひとつである。その影響は、そのすべてでないにせよ、代議制民主主義、人権、企業活動の自由や芸術および科学の発展を含む西洋の偉大な業績の多くに見られる。

Yet a little over a century ago, this cardinal idea came under wholesale attack by intellectuals drawing on the discoveries of modern science. Debunking the traditional conceptions of both God and man, thinkers such as Charles Darwin, Karl Marx, and Sigmund Freud portrayed humans not as moral and spiritual beings, but as animals or machines who inhabited a universe ruled by purely impersonal forces and whose behavior and very thoughts were dictated by the unbending forces of biology, chemistry, and environment. This materialistic conception of reality eventually infected virtually every area of our culture, from politics and economics to literature and art.

一世紀少し前に、この基本的な考え方は、現代科学の発見に近づく知識人による大規模の攻撃を受けた。伝統的な神と人間の概念の両方をデバンクし、チャールス・ダーウィンやカール・マルクスおよびジーグムント・フロイトのような思想家は、人間をモラルと精神的な存在ではなく、純粋に非人格な力によって規定された宇宙に居住する動物や機械であって、その挙動とまさに思考が確固たる生物学と化学と環境に支配されていると描写した。現実に対するこの唯物論的考え方は結局、政治家や経済から文学や芸術まで我々の文化の事実上すべてに感染した。
インテリジェントデザイン運動の関心が、「自然科学上の理論の確からしさ」とは無縁であり、「西洋文明が構築された基盤原則」にあることを、最初に宣言している。

そして、続いて、唯物論と呼ぶ現代科学の破壊的影響を述べる:
The cultural consequences of this triumph of materialism were devastating. Materialists denied the existence of objective moral standards, claiming that environment dictates our behavior and beliefs. Such moral relativism was uncritically adopted by much of the social sciences, and it still undergirds much of modern economics, political science, psychology and sociology.

この唯物論の勝利の文化的影響は破滅的であった。唯物論者は客観的な道徳規準の存在を否定し、我々の挙動と信念を環境が支配すると主張した。そのような道徳の相対主義は、社会科学の多くの分野で無批判に採用され、現代の経済学や政治学や心理学や社会学の多くの基盤となっている。

Materialists also undermined personal responsibility by asserting that human thoughts and behaviors are dictated by our biology and environment. The results can be seen in modern approaches to criminal justice, product liability, and welfare. In the materialist scheme of things, everyone is a victim and no one can be held accountable for his or her actions.

唯物論者はさらに、人間の思考と挙動は生物学と環境に支配されると主張することで、個人の責任感を蝕んだ。その結果は、刑事裁判や製造物責任や福祉の現代的アプローチに見て取れる。唯物論者のスキームにおいては、誰もが犠牲者であり、誰もが自らの行動に責任を持てない。
西洋社会の根幹たる「個人の責任感」の破壊者として、"唯物論者"たちを糾弾する。そして、この「個人の責任感を蝕んだ」という記述は、「P(を信じること)は悪い結果につながる。(Pが間違っていることと、悪い結果は無関係だが)従って、Pは間違っている」という詭弁"Appeal to Consequences"[]による進化論否定ではないように見える。

むしろ、「P(を信じること)は悪い結果につながる。悪い結果を阻止するために、Pが正しか間違っているかとは無関係に、Pを否定する」という論に見える。そうであるなら、進化論を批判(あるいは破壊)できればいいので、インテリジェントデザインそのものに実体は必要ない。Discovery InstituteのGeorge Gilderは「インテリジェントデザイン自体に中味はない」とまで言っている:
"I'm not pushing to have [ID] taught as an 'alternative' to Darwin, and neither are they," he says in response to one question about Discovery's agenda. "What's being pushed is to have Darwinism critiqued, to teach there's a controversy. Intelligent design itself does not have any content."

Discovery Instituteの方針について問われたとき、彼(George Gilder)は「私はダーウィンの代替としてインテリジェントデザインを教えることを推進していない。そして彼らもだ。推進しているのはダーウィニズムを批判することであり、論争があることを教えることだ。インテリジェントデザイン自体に中味はない」と答えた。

[The evolution of George Gilder (Boston.com 2005/07/27)]

かつて、Discovery InstituteのBruce ChapmanとGeorge Gilderは若き日に共和党の反知性・反科学的傾向を批判する本"The Party That Lost Its Head (1966)を書いている[via Mooney 2005]。
Chapman and Gilder advanced their "progressive" Republican campaign in their 1966 polemic book The Party That Lost Its Head. The book critiqued Barry Goldwater’s 1964 presidential candidacy and dismissed the GOP’s embrace of rising star Ronald Reagan as the party's hope to "usurp reality with the fading world of the class-B movie." The Party That Lost Its Head denounced Goldwater’s conservative backers for their "rampant" and "paranoid distrust" of intellectuals. The book labeled the Goldwater campaign a "brute assault on the entire intellectual world," and places the blame for this development on what they viewed as a wrong political tactic; "In recent years the Republicans as a party have been alienating intellectuals deliberately, as a matter of taste and strategy."

ChapmanとGilderは彼らの"進歩的"共和党キャンペーンを1966年の批判本"The Party That Lost Its Head"で進めた。この本はBarry Goldwaterの1964の大統領選挙運動を批判し、党のホープとして登場したRonald ReaganをB級映画の色あせた世界で現実を強奪するものとして退けた。"The Party That Lost Its Head"は、Goldwater候補の保守支持層を、知識への激情と妄想的な疑念を持つものとして批判した。この本は、Goldwaterの選挙運動をすべての知的世界に対する野蛮な攻撃と評し、誤った政治戦略「共和党は、好みと戦略問題として、党として知識人を故意に疎遠にしていた」の上に築かれたと批判した。

[wikipedia:Discovery Institute]
ここから右旋回して、
我々の未来を守るために葬り去らねばならない知識があると言うDr. Zaiusを気取っているのだろうか:
LUCIUS: Dr Zaius, this is inexcusable! Why must knowledge stand still? What about the future?

ZAIUS: I may just have saved it for you.

LUSIUS: What will he find out there, doctor?

ZAIUS: His destiny.

[Planet of the Apes (1968)]




タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2008/04/07 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック