2008/04/24

Quote MiningをするBen Stein

インテリジェントデザイン宣伝映画で、Ben Steinは創造論者のよくやるQuote Miningを行っていた:
Toward the end, Stein reads the following quote from the book Descent of Man: “With savages, the weak in body or mind are soon eliminated. We civilized men, on the other hand, do our utmost to check the process of elimination. We build asylums for the imbecile, the maimed and the sick. Thus the weak members of civilized societies propagate their kind. No one who has attended to the breeding of domestic animals will doubt that this must be highly injurious to the race of man. Hardly anyone is so ignorant as to allow his worst animals to breed.”

エンディングに向かって、Steinは"Descent of man"から次の一節を読み上げる「野生では、肉体や精神の弱い者はすぐに除去される。一方、文明化された人間である我々は、除去過程を阻止するために、できる限りのことをする。精神薄弱者や傷害者や病気の人々のための保護施設をつくる。従って、文明化された社会の弱者たちは広がってゆく。家畜の繁殖に関わった人なら誰でも、人間という種にとって非常に有害であることを疑わない。誰も、最悪の動物が繁殖するのを容認するほど無知ではない」

That’s the end of the quote. And when he finishes reading the quote, Ben Stein intones the guilty verdict by naming the source: Charles Darwin. Oh my, it sounds like Darwin actually did provide a rationale to the horrific practices of the Nazis.

ここで引用は終わっている。Ben Steinは引用を読み終えると、引用元の名を挙げて、有罪の評決をくだす。チャールズ・ダーウィンと。これだと、ダーウィンが実際に正当性をナチス悪行に提供したようにみえる。
[Never You Mine: Ben Stein's Selective Quoting of Darwin (2008/04/18) on Scientific American]
みごとな切断という他ない。このあとDarwinの記述はこうなっている:
So here’s Charles Darwin again, from Descent of Man: “The aid which we feel impelled to give to the helpless is mainly an incidental result of the instinct of sympathy, which was originally acquired as part of the social instincts, but subsequently rendered, in the manner previously indicated, more tender and more widely diffused. Nor could we check our sympathy, even at the urging of hard reason, without deterioration in the noblest part of our nature. The surgeon may harden himself whilst performing an operation, for he knows that he is acting for the good of his patient; but if we were intentionally to neglect the weak and helpless, it could only be for a contingent benefit, with an overwhelming present evil.”

チャールズ・ダーウィンの"Descent of Man"の引用の続きはこうなっている:「我々が体が不自由な人々を援助したいと感じるのは、主として同情の本能の付帯的な結果である。そして、当初それは社会的本能と一部として獲得されたが、前述のように、より優しく、より広まった。我々の性格の最も高貴な部分を退廃させることなしには、より困難な理由があっても、我々は自身の同情心を抑制できない。外科医は手術中には自分自身に対して厳しい。それは、外科医が患者のための行動していることを知っているからだ。しかし、もし我々が意図的に弱者や身体が不自由な人々を無視できるなら、それによりえられるのは、圧倒的な悪の存在と付随的な利益があるだけだ。

Leads to kind of the very opposite impression of Darwin that the filmmakers want you to take away. Mind you, none of this has anything to do with whether or not Darwin’s scientific findings were correct. They were. But Ben Stein and his cronies, in their selective use of passages written by a great man merely showed themselves to be so very small.

映画製作者は、Darwinについてまったく逆の印象を与えようとしている。ただし、これらはDarwinの科学的発見が正しいかどうかとは何の関係もない。しかし、Ben Steinと仲間たちは、偉大な人物の書いた記述を選択的に使うことで、自らの矮小さを示して見せた。

[Never You Mine: Ben Stein's Selective Quoting of Darwin (2008/04/18) on Scientific American]
切断して、まったく逆の印象を与えようとしたBen Steinを、インテリジェントデザイン支持者たちは高く評価している[ie Uncommon Descent]。当然といえば当然。

しかし、何故か、Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentのDavescotは、Expelled批判を行っている:[via The Austringer]

DaveScotは上記の内容の引用を提示した上で..
If there’s any real case to be made for Darwin and the holocaust it’s the opposite of what’s messaged in Expelled. The holocaust resulted from a failure to heed Darwin’s warning that eugenics could only be practiced by sacrificing the noblest part of our nature, the very part and only part that separates us from other animals. Those responsible for the holocaust, beginning with the eugenics movement in America, were the true animals. Those opposed were nobler than the animals.

ダーウィンとホロコーストに本当に関係があるとするなら、それはExpelledで語られたものとは正反対のものである。優生学は我々の性格の最も高貴な部分を犠牲にしなければ実行できないというDarwinの警告を無視したことから、ホロコーストは起きたのだ。米国の優生運動に始まるホロコーストの責任は、真の動物たちにある。反対者は動物よりも高貴だった。

[DaveScot: "A complete Darwin quote with a brief translation" (2008/04/20) on Uncommon Descent]
さて、何が起きているのやら。


タグ:UCD
posted by Kumicit at 2008/04/24 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック