2008/05/17

研究しないインテリジェントデザイン運動 Biologic

これまでも、インテリジェントデザイン運動は研究しないという話を取り上げてきた。


で、このたび、Discovery Institute公式ブログ(2008/04/23)が、インテリジェントデザインを"研究"するBilogic Instituteの開設をアナウンスした...のだが、やっぱり研究しそうにない。構成員が9名という少数だというのも理由だが...

NewScientistのCeleste Bieverによれば、


When I visited, I was told the reason for the secrecy was that Biologic's scientists were simply not ready to discuss their science. But now Biologic has a whole list of papers that they claim contain evidence for ID. Some are dated 2008 and 2007, others are much older.

...

I imagine that almost all scientists will continue to be highly sceptical of the idea that ID can be proved in the lab. For a start, the list of papers reminds me of at least two papers written by Douglas Axe, the director of the Biologic Institute, in 2000 and 2004. Those papers were peer-reviewed, made no mention of ID but were subsequently quoted as being "evidence for ID" by ID proponents. Other biologists have since said that this is most certainly not what the papers showed.

私が訪れたとき、秘密にしているのはBiologicの科学者が、科学的議論をする準備ができていないからだと告げられた。しかし、今や、Biologicはインテリジェントデザインの証拠だと主張する論文リストを持っている。幾つかは2008年および2007年の文献だが、他はもっと古い。
...
大多数の科学者は、インテリジェントデザインが実験室で証明できるという考えには、非常に懐疑的だと思う。論文リストを見ると、Biologic Institute所長であるDouglas Axeの2000年と2004年の論文2を思いだす。これらの論文は査読つきで、インテリジェントデザインに言及していないが、インテリジェントデザイン支持者によって、インテリジェントデザインの証拠として引用されている。生物学者たちは、そのような引用は、これらの論文が示したことではないと言っている。

[Celeste Biever: "God seekers go public" (2008/05/12) on Short Sharp Science -- NewScientist blogs]


25本の論文のうち、Gozalezの7本は宇宙関連で、Marksの3本が情報数理系で、Axeの4本とKellerの5本とvon Sternbergの4本、他2本が生物系。

2008 .. 1: Gonzalez (1)
2007 .. 4: Gonzalez (1) Marks(3)
2006 .. 3: Gonzalez (3)
2005 .. 4: Gonzalez (1) von Sternberg(2) Keller(1)
2004 .. 2: Axe DD (1) Keller(1)
2003 .. 2: von Sternberg(1) Keller(1)
2002 .. 0
2001 .. 3: Gonzalez (1) Keller(1) D’Andrea-Winslow(1)
2000 .. 3: Axe DD (1) Keller(1) von Sternberg(1)
1998 .. 1: Axe DD (1)
1996 .. 1: Axe DD (1)
1993 .. 1: Gauger (1)

これらがインテリジェントデザインかというと無関係なものが多そう。たとえば...
Gonzalez G (2008) Parent stars of extrasolar planets - IX. Lithium abundances. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Online Early Articles doi:10.1111/j.1365-2966.2008.13067.x [URL]

We compare the Li abundances of a sample of stars with planets discovered with the Doppler method to a sample of stars without detected planets. We prepared the samples by combining the Li abundances reported in several recent studies in a consistent way. Our results confirm recent claims that the Li abundances of stars with planets are smaller than those of stars without planets near the solar temperature. We also find that the vsini and R'HK anomalies correlate with the Li abundance anomalies. These results suggest that planet formation processes have altered the rotation and Li abundances of stars that host Doppler-detected planets. We encourage others to test these findings with additional observations of Li in stars with temperatures between 5600 and 6200 K.
どう解釈すれば宇宙版インテリジェントデザインになるのかわからない。

Habitable Zone関連が2本あるが、それもインテリジェントデザインでは全然ない:
Gonzalez G (2005) Habitable zones in the universe. Origins of Life and Evolution of Biospheres 35: 555-606. doi:10.1007/s11084-005-5010-8 [URL]

Abstract Habitability varies dramatically with location and time in the universe. This was recognized centuries ago, but it was only in the last few decades that astronomers began to systematize the study of habitability. The introduction of the concept of the habitable zone was key to progress in this area. The habitable zone concept was first applied to the space around a star, now called the Circumstellar Habitable Zone. Recently, other, vastly broader, habitable zones have been proposed. We review the historical development of the concept of habitable zones and the present state of the research. We also suggest ways to make progress on each of the habitable zones and to unify them into a single concept encompassing the entire universe.

また、リストにある論文のうち、Discovery Instituteの査読文献リストにあるのはAxe DDの2本のみ。つまり、23本は無関係ということになる。

そして、この2本は、Celeste Bieverによれば、

Building a case

While researching protein structure at various institutes in the UK, Douglas Axe, now at the Biologic Institute in Redmond, Washington, published two peer-reviewed papers that are cited by anti-evolutionists as evidence that intelligent design is backed by serious science.

かつて英国の様々な研究所でタンパク質構造を研究していて、今はWachington州RedmondのBiologic InsituteにいるDouglas Azeは2本の査読つき論文を出しており、それらはインテリジェントデザインが真剣な科学であることを証拠として反進化論者たちによって引用されている。

"Extreme functional sensitivity to conservative amino acid changes on enzyme exteriors" Journal of Molecular Biology, vol 301, p 585. [Axe DD, 2000]

What it reports Inducing multiple mutations in a bacterial enzyme causes it to lose its ability to perform its role as an antibiotic disabler.

レポートしたことは: 細菌の酵素における複数の突然変異は、抗菌機能を担う能力を喪失させた。

How ID proponents use it Because such mutations destroy "the possibility of any functioning" in the enzyme, it could not have arisen via "Darwinian pathways" (William Dembski, from Debating Design: From Darwin to DNA, Cambridge University Press, p 327).

これをインテリジェントデザイン支持者はどう使ったか: そのような突然変異は酵素における「いかなる機能の能力」も破壊するので、Darwinの経路では出現し得ない。

What scientists say: Major modifications can be made to proteins without destroying function. Also, making many mutations at once is different to gradual evolution, where dud mutations get weeded out.

科学者が言うこと: 機能を破壊することなくタンパク質にメジャーな変化を加えることは可能。さらに、役に立たない突然変異は除去されるので、同時に多くの突然変異を起こすことは、漸進進化とは異なる。

"Estimating the prevalence of protein sequences adopting functional enzyme folds" Journal of Molecular Biology, vol 341, p 1295. (「機能的酵素フォールドをタンパク質配列がとる確率を推定する)[Axe DD 2004]

What it reports: Calculates the probability that a random sequence of amino acids will result in the folded shape that a protein needs to function as an enzyme.

どうレポートしたか。アミノ酸のランダム配列が、タンパク質が酵素として機能するフォールド形状を偶然にとる確率を計算する。

How ID proponents use it: The probability of creating a functioning protein fold "at random" is very low, making "appeals to chance absurd, even granting the duration of the entire universe" (Stephen Meyer, Proceedings of the Biological Society of Washington, vol 117, p 213).

これをインテリジェントデザイン支持者がどう使ったか。機能的タンパク質フォールドを"偶然"に創られる確率は非常に小さく、宇宙全体の持続時間を考えても偶然ではありえないと[Stephen Meyer]。

What scientists say the vast majority of protein folds probably evolved via alteration of other smaller functional amino acid chains.

科学者たちが言っているのは、大多数のタンパク質フォールドは他の小さな機能的アミノ酸鎖の変化によって進化しただろうということである。


[Celeste Biever: "Intelligent design: The God Lab" (2006/12/15) on NewScientist]
結局のところ、Celeste Bieverの指摘するように、インテリジェントデザイン運動はインテリジェントデザインを研究しない:
All of this points to the conclusion that, rather than having new evidence for ID, Biologic is far more likely to simply be interpreting scientific papers, and whatever other science its researchers have been doing since it opened in 2005, not in the way most mainstream scientists would, but to fit with the ID agenda.

以上の点から、2005年の開設以来、Biologicは新たなインテリジェントデザインの証拠があるのではなく、科学論文を解釈しているにすぎないというべきである。それも、いかなる分野であれ、主流の科学者が解釈する方法ではなく、インテリジェントデザインに合うように解釈している。

[Celeste Biever: "God seekers go public" (2008/05/12) on Short Sharp Science -- NewScientist blogs]

タグ:id理論
posted by Kumicit at 2008/05/17 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック