2008/05/18

サウスカロライナに反進化論州法案登場

National Center for Science Educationなどによれば、サウスカロライナ州上院に反進化論州法案S. 1386が登場した。ただし、田舎なのか、流行の「進化論に対する学問の自由」じゃなくて、周回遅れの「strengths and weaknesses of biological and chemical evolution」という記述である:
"Section 59-29-240. The State Board of Education, superintendents of public school districts, and public school administrators may not prohibit a teacher in a public school of this State from helping his students understand, analyze, critique, and review the scientific strengths and weaknesses of biological and chemical evolution in an objective manner. This act does not condone the promotion of religious or nonreligious doctrine, the promotion of discrimination for or against a particular set of religious beliefs or nonreligious beliefs, or the promotion of discrimination for or against religion or nonreligion. By no later than September 1, 2008, the State Department of Education shall notify district superintendents of the provisions of this act, and each superintendent shall then disseminate to all employees within his district a copy of the provisions of this act."


州教育委員会および公立学区管理者と公立学校管理者は、教師が生徒に生物進化および化学進化の理論の長所と短所を理解・分析・批判・レビューするのを助けることを禁じてはならない。この州法は、宗教教義あるいは非宗教教義の推進、宗教信条あるいは非宗教信条を推進、および宗教あるいは非宗教に賛成あるいは反対することを推進することを認めない。遅くとも2008年9月1日までに、州教育庁は学区管理者にこの州法の規定を周知し、学区管理者は学区の教職員に対し、この州法規定を周知させること。

[S. 1386]


これにより、進撃中の反進化論州法案の残りは4州5法案:

posted by Kumicit at 2008/05/18 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック