2008/06/07

サウスカロライナ州の反進化論州法案が廃案に

National Center for Science Educationによれば、サウスカロライナ州の反進化論州法案が会期切れで廃案になった:
When the South Carolina legislature adjourned on June 5, 2008, Senate Bill 1386 died in committee. If enacted, the bill would have amended the state's education code to provide: "The State Board of Education, superintendents of public school districts, and public school administrators may not prohibit a teacher in a public school of this State from helping his students understand, analyze, critique, and review the scientific strengths and weaknesses of biological and chemical evolution in an objective manner."

サウスカロライナ州議会が2008年6月5日に会期終了し、SB1386が委員会で廃案になった。成立していれば、教育関連州法を修正し「州教育委員会と公立学区管理者と公立学校管理者は、州公立学校で生徒が客観的な方法で生物進化および化学進化の科学的な強さと弱点を理解して、分析して、批評して、チェックするのを支援することを教師に対して禁止してはならない」とすることになっていた。

[Antievolution legislation in South Carolina dies (2008/06/05) on National Center for Science Education]

これにより、残存する反進化論州法案は以下の2つになった:

posted by Kumicit at 2008/06/07 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99598342
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック