2008/06/09

創造論者の主張「進化論も宗教だ」

アーカンソー州における進化論と創造科学を同一時間教えることを義務付ける州法を違憲とした1982年のMcLean v. Arkansas Board of Educationや、同様のルイジアナ州法を違憲とした1987年のEdwards v. Aguillard最高裁判決。「進化論も宗教だ」という主張は、これらの裁判で創造論が宗教だという認定に対抗したもの。

「進化論も宗教だ」は、形式的な対抗議論であるため、特に有意味な主張ではない。でも、毎度おなじみMark Isaakの創造論者の主張はきっちりと反論している。

  • CA610. 価値観と究極的意味をもたらすので進化論は宗教である
  • CA612. 進化は観察されたことがないので、進化論は創造論と同じく信仰心を必要とする
  • CA602.2. 科学者は神を不要にしようとしている


形式的議論での基本ラインで、創造科学からインテリジェントデザインに引き継がれて、今もあるのはこれだけ:

  • 創造論サイド: 進化論は[形而上学的]自然主義で、無神論である。
  • 進化論サイド:「超自然への言及をしない」という、科学の原則たる方法論的自然主義にしたがい、進化論は神の存在を肯定も否定もしない。
形式的には創造論サイドの主張は間違いだが、実際的にもKenneth Millerなどの進化生物学者に敬虔なキリスト教徒がいることで創造論サイドの主張は否定される。ちなみに、インテリジェントデザイン宣伝映画Expelledでは、そのような敬虔なキリスト教徒である進化生物学者はいないことになっている。


以下、創造論者の主張の訳:


Claim CA610:

Evolution is a religion because it encompasses views of values and ultimate meanings.

価値観と究極的意味をもたらすので進化論は宗教である。

Source:
Morris, Henry M. 1985. Scientific Creationism. Green Forest, AR: Master Books, pp. 196-200.

Response:

  1. Evolution merely describes part of nature. The fact that that part of nature is important to many people does not make evolution a religion. Consider some attributes of religion and how evolution compares:

    進化論は自然の一部を記述するにすぎない。自然の一部が多くの人々にとって重要だという事実によって、進化論が宗教だということにはならない。宗教の性質を考えて、進化論と比べてみよう:

    • Religions explain ultimate reality. Evolution stops with the development of life (it does not even include the origins of life).

      宗教は究極の本質を説明する。進化は生命の発展にとどまる。進化論は生命の起源も含まない。

    • Religions describe the place and role of humans within ultimate reality. Evolution describes only our biological background relative to present and recent human environments.

      宗教は究極の本質における、人間の地位と役割を記述する。進化論は、現在と最近の人間の環境の生物学的背景を記述するにすぎない。

    • Religions almost always include reverence for and/or belief in a supernatural power or powers. Evolution does not.

      宗教はほぼ常に、超自然の力への崇拝もしくは信仰を含んでいる。進化論はそうではない。

    • Religions have a social structure built around their beliefs. Although science as a whole has a social structure, no such structure is particular to evolutionary biologists, and one does not have to participate in that structure to be a scientist.

      宗教は信仰のまわりに社会構造を構築している。科学全体として社会構造を持っているが、進化生物学者に特化した構造はなく、その社会構造に参加しなくても、科学者たりえる。

    • Religions impose moral prescriptions on their members. Evolution does not. Evolution has been used (and misused) as a basis for morals and values by some people, such as Thomas Henry Huxley, Herbert Spencer, and E. O. Wilson (Ruse 2000), but their view, although based on evolution, is not the science of evolution; it goes beyond that.

      宗教は信者に対して道徳律を課す。進化論はそうではない。進化論が倫理あるいは価値の根拠としてThomas Henry HuxleyやHerbert SpencerやE. O. Wilsonによって(誤って)使われたことがある[Ruse 2000]が、彼らの見方は進化論に基づいているが、進化論ではない。進化論を乗り越えている。

    • Religions include rituals and sacraments. With the possible exception of college graduation ceremonies, there is nothing comparable in evolutionary studies.

      宗教は儀式や洗礼を行う。進化論の勉学においては、大学卒業式以外にそれらしいものはない。

    • Religious ideas are highly static; they change primarily by splitting off new religions. Ideas in evolutionary biology change rapidly as new evidence is found.

      宗教の考えは非常に固定的である。その変化は、基本的には新宗教への分裂によって起きる。進化生物学上の考えは、新たな証拠が見つかればすぐに変化する。


  2. How can a religion not have any adherents? When asked their religion, many, perhaps most, people who believe in evolution will call themselves members of mainstream religions, such as Christianity, Buddhism, and Hinduism. None identify their religion as evolution. If evolution is a religion, it is the only religion that is rejected by all its members.

    信者のいない宗教がありうるだろうか? どの宗教を信じているか問えば、進化論を信じる人々のおそらく大半は主流宗教たるキリスト教とか仏教とかヒンズー教と答えるだろう。誰も進化論を宗教として挙げない。進化論が宗教なら、唯一誰もが拒否する宗教だろう。

  3. Evolution may be considered a religion under the metaphorical definition of something pursued with zeal or conscientious devotion. This, however, could also apply to stamp collecting, watering plants, or practically any other activity. Calling evolution a religion makes religion effectively meaningless.

    進化論は、熱意または誠実な献身で追求される何かの比喩的な定義のもとでは宗教と考えられるかもしれない。しかし、これは切手収集や植物への水撒きや、その他の行動のすべてにあてはまる。進化論を宗教と呼ぶことは何の意味も持たない。

  4. Evolutionary theory has been used as a basis for studying and speculating about the biological basis for morals and religious attitudes (Sober and Wilson 1998). Studying religion, though, does not make the study a religion. Using evolution to study the origins of religious attitudes does not make evolution a religion any more than using archaeology to study the origins of biblical texts makes archaeology a religion.

    進化論は、倫理や宗教的態度についての生物学的基礎を研究・推測する根拠として使われる[Sober and Wilson 1998]。しかし、宗教を研究することは、宗教を作ることではない。宗教的態度の起源の研究に進化論を使うと、進化論が宗教になるわけではない。これは、考古学を使って聖書の記述の起源を研究することが、考古学を宗教にするわけではないのと同様である。

  5. Evolution as religion has been rejected by the courts:

    進化論が宗教だという主張は裁判で否定されている:
    Assuming for the purposes of argument, however, that evolution is a religion or religious tenet, the remedy is to stop the teaching of evolution, not establish another religion in opposition to it. Yet it is clearly established in the case law, and perhaps also in common sense, that evolution is not a religion and that teaching evolution does not violate the Establishment Clause.

    The court cases Epperson v. Arkansas, Willoughby v. Stever, and Wright v. Houston Indep. School Dist. are cited as precedent (McLean v. Arkansas Board of Education 1982).


Links:

  1. VonRoeschlaub, Warren Kurt. 1998. God and evolution. http://www.talkorigins.org/faqs/faq-god.html


References:

  1. McLean v. Arkansas Board of Education. 1982. http://www.talkorigins.org/faqs/mclean-v-arkansas.html
  2. Ruse, Michael. 2000. Creationists correct?: Darwinians wrongly mix science with morality, politics. National Post, 13 May 2000. http://www.members.shaw.ca/mschindler/A/eyring_2_2.htm
  3. Sober, Elliott and David Sloan Wilson. 1998. Unto Others: The evolution and psychology of unselfish behavior. Cambridge, MA: Harvard University Press.




Claim CA612:

Because evolution has never been observed, the theory of evolution requires as much faith as creationism does.

進化は観察されたことがないので、進化論は創造論と同じく信仰心を必要とする。

Source:
Morris, Henry M. 1985. Scientific Creationism. Green Forest, AR: Master Books, p. 4.

Response:

  1. The theory of evolution is based on evidence that has been observed. There is a great amount of this evidence. When evidence is found to contradict previous conclusions, those conclusions are abandoned, and new beliefs based on the new evidence take their place. This "seeing is believing" basis for the theory is exactly the opposite of the sort of faith implied by the claim.

    進化論は観察された証拠に基づく。この証拠は大量にある。これまでの結論に反する証拠が見つかれば、それらの結論は破棄され、新たな証拠に基づく新たな確信に置き換えられる。"seeing is believing"ベースの理論は、この創造論者の主張が意味する信仰の類とは真逆である。

  2. The claim implicitly equates faith with believing things without any basis for the belief. Such faith is better known as gullibility. Equating this sort of belief with faith places faith in God on exactly the same level as belief in UFOs, Bigfoot, and modern Elvis sightings.

    この創造論者の主張は、信仰を、確信に至る根拠なく何かを信じること等価とみなしている。そのような信仰は、だまされやすさと呼ぶべきものである。このようなだまされやすさと信仰を等価とみなすなら、神への信仰をUFOやビッグフットや妖精などの目撃を信じるのと同レベルとみなすことになる。

  3. A truly meaningful faith is not simply about belief. Belief alone does not mean anything. A true faith implies acceptance and trust; it is the feeling that whatever happens, things will somehow be okay. Such faith is not compatible with most creationism. Creationism usually demands that God acts according to peoples' set beliefs, and anything else is simply wrong (e.g., ICR 2000). It cannot accept that whatever God has done is okay.

    真に信仰が意味するところは、ただ信じることではない。信じること自体はなにも意味しない。真の信仰は受容と信頼である。それは、何が起ころうとも揺らぐことがないという感情である。そのような信仰とは大半の創造論と合致しない。創造論はふつう、神が人々の信じるところに従って働くことを必要としており、ただの間違いである。創造論は神が何を為したとしても揺らぐことがないものではない。


References:

  1. ICR. 2000. ICR tenets of creationism: http://www.icr.org/article/168/






Claim CA602.2:

The goal of many scientists, especially evolutionists and cosmologists, is to explain the universe without God. They want to make God unnecessary.

多くの科学者、特に進化生物学者と宇宙論学者の目標は、神なしに宇宙を説明することである。彼らは神を不要にしたがっている。

Source:

Morris, Henry M. 2003. The bounds of the dominion mandate. Back To Genesis 175 (July), b.

Response:

  1. The goal of scientists is to explain the universe, period. If that could best be done by including God in the equations, it would be. However, God is inscrutable, even according to creationists, so God is useless as an explanation.

    科学者の目標は、宇宙を説明することである。神を方程式に加えた方がいいなら、そうするだろう。しかし、創造論者にとっても神は不可知であり、従って神は宇宙の説明には役に立たない。

  2. Explaining things without God does not make God unnecessary. Many people believe that God is necessary in their personal lives, regardless of his scientific implications. Morris's claim, in contrast, implies that God has no value as a personal God.

    神なしに何かを説明することは、神を不要にするわけではない。多くの人々は、科学的意味とは無関係に、個人の生活にとって神は必要だと信じている。これに対して、Morrisの主張は神は個人的な神としては無価値だと言っているに等しい。

  3. Many scientists are firmly committed to God. Many interpret their findings as glorifying God (Campagna 2002; Livingstone 1984).

    多くの科学者は神に対する態度を明言している。多くの科学者は自らの研究成果を神を賛美するものと解釈している。



References:

  1. Campagna, Tony. 2002. Bob Bakker on creationism. http://www.prehistoricplanet.com/features/articles/bakker/index.htm
  2. Livingstone, D. N. 1984. (see below)


Further Reading:

Livingstone, David N. 1984. Darwin's Forgotten Defenders: The Encounter Between Evangelical Theology and Evolutionary Thought. Vancouver, BC: Regent College Publishing.




posted by Kumicit at 2008/06/09 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック