2011/09/15

1992年にDembskiは言っていた。惑星形成理論は...

1992年頃、インテリジェントデザイン理論家(数学・神学)Dr. William Dembskiはこんなことを言っていた。
William Dembski on the Origin of Life
QUOTED BY PAUL NELSON IN, "THINKING ABOUT THE THEORY OF DESIGN". A REPORT ON THE SYMPOSIUM "CAN THERE BE A SCIENTIFIC THEORY OF INTELLIGENT DESIGN?" (PRESENTED BY THE AMERICAN SCIENTIFIC AFFILIATION IN 1993)

Dawkins, to explain LIFE apart from a designer, not only gives himself all the time Darwin ever wanted, but also helps himself to all the conceivable planets there might be in the observable universe (note that these are planets he must posit, since no planets outside our solar system have been observed, nor is there currently any compelling theory of planetary formation which guarantees that the observable universe is populated with planets).

Dawkinsはデザイナーによらない生命を説明するために、Darwinが求めた時間のすべてを捧げるだけでなく、観測可能な宇宙にあるかもしれない考えうる惑星について捧げてきた。(我々の太陽系外に惑星が観測されたことはなく、観測可能な宇宙に多くの惑星が存在することを保証する惑星形成の理論もないので、Dawkinsは惑星の存在を事実と仮定しなければならない。)
1992年時点で「観測可能な宇宙に惑星が存在することを保証する惑星形成理論がない」と断言するDembskiの大言壮語だが、これについて...
Certainly, when Dawkins published “the Blind Watchmaker” in 1986, there was a compelling theory of planetary formation, along with astromomical observations which guaranteed that there would be planets around other suns. When Dembski wrote his words in 1992, astronomers were busy designing the very instruments that would reap a harvest of extrasolar planets just a few years later. ...

Based on the Kepler data of 2010, we can say that around 50% of Sun-like stars have planets, and there may be at least one million Earth-like planets in habitable zones in the Milky-Way alone. And that is probably an underestimate. Some good resources are the Exoplanet encyclopaedia, Exoplanet.org (with the exoplanet data plotter) and the Habitable Zone as well as my posts on exoplanets.

確かに、Dawkinsが1986年に"盲目の時計職人"を出版したとき、惑星形成の有力な理論がり、他の太陽の周りの惑星が存在することを保証する天文学の観察があった。Dembskiが1992年に書いたとき、天文学者はわずか数年後に太陽系外惑星を観測開始する観測装置の設計に追われていた。 ...

2010年のKeplerのデータに基づいて、我々は太陽のような恒星の約50%が惑星を持っていると言える。そして、我々の銀河系だけでも居住可能ゾーンに地球のような惑星が少なくとも100万個存在するかもいれない。そして、おそらく、これは過小評価である。これらについての良い情報は、Exoplanet encyclopaediaやExoplanet.org (exoplanet data plotter)やHabitable Zoneや私の太陽系外惑星についてのエントリにある。

Ian Musgrave: "The Discovery Institute Fails at Exoplanets" (2011/09/14) on Panda's Thumb (also on Astroblog by Ian Mugrave]
Dembskiの大言壮語は進化論についての予言などハズレだったりする。毎度おなじみの光景。
タグ:Dembki id理論
posted by Kumicit at 2011/09/15 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/10/31

YECイベントの宣伝をしたUncommon DescentのMario A. Lopez

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescnetのMario A. Lopezが、うれしそうに、反進化論イベントへのリンクを貼り付けた:
[Mario A. Lopez: "The Scientific Impossibility of Evolution" (2009/10/29) on Uncommon Descnet]

November 9, 2009 9:30 a.m. to 5:00 p.m. St. Pius V University (Rome)
In Response to Pope Benedict XVI’s Call for Both Sides to be Heard
リンク先はこれ:
[Scientific Conference Refuting Evolution Theory on RemnantNewsPaper.Com]

Scientific Conference Refuting Evolution Theory to be held in Rome, Italy
November 9, 2009 9:30 a.m. to 5:00 p.m. St. Pius V University (Rome)
...

しかし、そこからプログラムにとぶと...
[Abstract(sites.google.com)]

“The Scientific Impossibility of Evolution”
November 9, 2009
Libera Università degli Studi San Pio V
Via Cristoforo Colombo, No. 200
Rome

1 “The Scientific Impossibility of Evolution”
2 Experiments in Stratification Do Not Support the Theory of Evolution
3 The Second Law of Thermodynamics Excludes Evolution
4 Are Radio-dating Methods Reliable?
5 Did Megafauna and Dinosaurs Live at the Same Time?
6 Impact of Race Formation and Mutations on the Theory of Evolution

なんと、「熱力学第2法則は進化を禁ずる」やら「放射性同位元素による年代測定は誤りだ」やらが並ぶ、"若い地球の創造論"イベントだった。

Uncommon Descentのコメンタたちは、Mario A. Lopezを攻撃し始める。そもそも開催場所からあやしいと...
[1 DiEb 10/29/2009 11:01 am]

The three faculties of the Libera Università degli Studi “San Pio V” are:

Libera Università degli Studiには3つ学部がある:

1. Faculty of Economics
2. Faculty of Foreign Languages and Literature
3. Faculty of Political Sciences

経済学部と外国語文学部と政治科学部だ。

I assume that this institute rented out its rooms to a group of individuals (including Maciej Giertych) who are trying to answer a rhetorical question…

レトリカルな質問に答えようとする個人の集まりに部屋を貸しただけでは。

[2 Nakashima 10/29/2009 11:49 am]

Mr Lopez,

Do you have any information about the venue? I can’t find any information through Google about a Pope/St Pius V University in Rome. Google just finds this press release. Any help appreciated, thanks.

現地について何か知らないか? "Pope/St Pius V University"についての情報をGoogleでは見つけられない。Googleで引っかかるのは、このプレスリリースだけ。
そして、"若い地球の創造論(YEC)"イベントであることについて:
6 tyke 10/29/2009 3:58 pm

So ID is endorsing YEC now?

それで、インテリジェントデザインはYECを支持するのか?

Seriously, what benefit does the ID community gain from accommodating young-Earth creationist theories? It can only serve to confirm suspicions that ID is tied irrevocably to religious tenets and beliefs.

若地球の創造論と組んで、インテリジェントデザインのコミュニティが得られる利益は何だ? インテリジェントデザインが取り返しのつかぬほどに宗教的な信条に拘束されるという疑いを確かめるのに役立つだけだ。
そして、Mario A. Lopezは仕方なく...
8 Mario A. Lopez 10/29/2009 4:53 pm

Come on tyke. This is not YEC propaganda, this is simply a news worthy event. For the record, I am not a YEC,

これはYECのプロパンガンダではなく、ただ知っておくべきイベントなだけだ。私はYECではない。
たぶん、Mario A. Lopezは中味を読まずに、リンクしたのだろう。

posted by Kumicit at 2009/10/31 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/10/30

フロイトをめぐるUncommon DescentのSteve Fullerの主張

インテイジェントデザイン運動は、Darwinを打倒する政治運動である:
Yet a little over a century ago, this cardinal idea came under wholesale attack by intellectuals drawing on the discoveries of modern science. Debunking the traditional conceptions of both God and man, thinkers such as Charles Darwin, Karl Marx, and Sigmund Freud portrayed humans not as moral and spiritual beings, but as animals or machines who inhabited a universe ruled by purely impersonal forces and whose behavior and very thoughts were dictated by the unbending forces of biology, chemistry, and environment. This materialistic conception of reality eventually infected virtually every area of our culture, from politics and economics to literature and art

一世紀少し前に、この基本的な考え方は、現代科学の発見に近づく知識人による大規模の攻撃を受けた。伝統的な神と人間の概念の両方をデバンクし、チャールス・ダーウィンやカール・マルクスおよびジーグムント・フロイトのような思想家は、人間をモラルと精神的な存在ではなく、純粋に非人格な力によって規定された宇宙に居住する動物や機械であって、その挙動とまさに思考が確固たる生物学と化学と環境に支配されていると描写した。現実に対するこの唯物論的考え方は結局、政治家や経済から文学や芸術まで我々の文化の事実上すべてに感染した。

[The Wedge Document (全訳)]
彼らはDarwinをFreudとMarxと併置し、既に打倒されたFreudとMarxに続いて、Darwinを打倒するのだと主張している。

しかし、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentのSteve Fullerは、DarwinとFreudの違いを正しくわかっているようだ:
Although Freud had top-notch academic credentials, his career was always that of an outsider, whose main constituency was in the larger public intellectual culture and well-educated middle class people who were his client base. (Freud’s books won literary prizes, not scientific ones.) One way you can see Freud’s outsider status is that he was never granted a professorship even though he tried several times. While his theories were somewhat embraced by medical schools (peaking in the US in the 1950s), experimental psychologists, while of course familiar with his claims, generally kept their distance. In fact, Freud’s fall from grace has been really from psychiatry, which is the only field within striking distance of natural science in which he was ever held in grace.

Freudは超一流の学歴を持っていたが、その経歴は常にアウトサイダーであり、主たる支持者は大規模な一般の知的文化と、彼のクライアントである、教育を受けたミドルクラスだった。Freudの本は文学の賞をとったが、科学の賞をとったことはない。Freudがアウトサイダーの位置にいたことは、彼が何度か挑戦しても教授職を得られなかったことからもわかる。彼の理論は、特に米国で1950年代に、医学者からの支持をそこそこ集めたが、彼の主張に精通していた実験心理学者たちは彼から距離を置いていた。実際、Freudの失墜は精神医学からだった。精神医学は、自然科学の範疇内で、彼が賞賛された唯一の分野である。

However, it’s only been since the 1970s that Freud has been shunned specifically because his theories and treatments don’t work. Before that time, he was shunned because of what we would now regard as the interdisciplinary character of his work: He borrowed things from a lot of disciplines, and so it was always hard to test anything he said. For example, already in the 1920s Karl Popper was talking about psychoanalysis as ‘unfalsifiable’ rather than simply false. Nowadays people are more comfortable saying Freud is false.

しかし、特に彼の理論と治療法が役に立たないことから、Freudが避けられるようになったのは1970年代からである。それまでFreudが避けられていたのは今では学際的とみなされる彼の研究の特性からだった。彼は多くの学術分野から色々と借りてきたので、彼の言ったことはどれも検証が困難だった。たとえば、1920年代には既に、Karl Popperが精神分析について、間違う前に、反証不可能だと語っている。そして、今では、人々は、あっさりFreudは間違っていたと言う。

[Steve Fuller: "Freud and Darwin II" (2009/10/16) on Uncommon Descent]
特に問題のない記述である。実際、心理学の大物EysenckがFreud粉砕な本を書いたのは1985年だったし...

==>Hans Jürgen Eysenck: "Decline and fall of the Freudian empire"(1985) [訳本]

もちろん、このあとはインテリジェントデザイン支持者らしい話で「反進化論の高まりは、社会生物学と"selfish gene"」からだと主張する:..
The people originally behind the Neo-Darwinian synthesis in the 1930s, whatever their (typically pro-) views about eugenics, downplayed, if not outright denied, Darwinism’s significance for explaining human behaviour. In fact, this strategy worked well for about 40 years – until E.O. Wilson published Sociobiology and Richard Dawkins published The Selfish Gene. Not surprisingly, Darwinism has come to attract an increasing amount suspicion and scepticism, once its implications for the human condition have become clearer. In contrast, Freud could never hide that his theory was about the human condition, and so accordingly it has always been under a cloud.

当初1930年代のネオダーウィニズ総合説を支持する人々は、一般に優生支持だが、その見方がどうであれ、人間の行動の説明についてのダーウィニズムの重要性を否定しないにせよ、重視しなかった。実際、この戦略は約40年間うまくいあった。そして、EO Wilsonが社会生物学を発表した。そして、Richard DawkinsがSelfish Geneを出版した。もっともなことだが、ダーウィニズムの人間に対する意味が明らかになると、ダーウィニズムへの疑いと懐疑が増大した。これに対してFreudは、その理論が人間の状態についてのものだったために隠れるところがなかく、常に疑いを持たれていた。

[Steve Fuller: "Freud and Darwin II" (2009/10/16) on Uncommon Descent]
「進化論は間違っていないが、人間にかかわると敵対勢力が増大する」と言っているのか、「進化論は間違っているが、それは人間にかかわらないとばれない」と言っているのか、不明瞭な記述である。

それはさておき、"selfish gene"については、よくある誤解にはまっているようだ:
Similarly the term 'selfish' in Dawkins's concept selfish gene is not meant to be taken literally. Quite oviously gene cannot behave selfishly because selfishness is a moral property and it is likely that only humans can possess it. Dawkins is as well aware of this as anybody else. His point is an analogical one: gene behave (in the mathematician's sens, of course) as if they were selfish,as if they only looked after their own interests. In fact, of course, they do nothing at all: they are simply inert bit of DNA whose only functional capacity is to produce copies of themselves. But the processes of Darwinian natural selection act on genes in such a way that the effective with which they are able to replicate themselves in the next generation looks like active choice. Dawksin is simply pointing out that when we ask about the evolution of behaviour (or anything else), we have to adopt a gene's eye view. His point is a purely cautionary one, a reminder that in evolutionary studies the accounting has to be done in terms of the number of copies of a given gene that appear in the next generation.

ドーキンスの「利己的遺伝子」という概念における「利己的」という語は、文字どおりとってもらおうというものではない。遺伝子が利己的にふるまうことができないのは当然のことだ。利己的というのは道徳的な特性であり、それはおそらく人間だけが所有するものだろう。ドーキンスもこのことは誰よりもよく知っている。彼が言いたいことは、アナロジーによるものだ。遺伝子はそれが利己的であるかのように、遺伝子は自分の利益だけを気にしているかのようにふるまっている(もちろん数学的な意味で)ということである。実は、もちろん、遺伝子が何かするわけではない。遺伝子は単なる無力なDNAによる小片で、その唯一の機能的能力は、自らの複製を作るということだけである。しかし、ダーウィン的自然選択の過程は、遺伝子が次の世代の自分を複製できる効率が能動的な選択に見えるように、遺伝子に作用する。ドーキンスは、我々が行動(あるいは他の何でも)の進化について問うときには、遺伝子の側から見なければならないということを指摘しているだけである。この論点は訓示的なもので、進化論研究においては、与えられた遺伝子の次の世代に現れる複製の数という観点から説明されなければならないということを意識させるものだ。

[Robin Dumber:「科学がきらわれる理由」p213 鏡の国の科学 メタファーの問題]
それに順序としても変。"Selfish Gene"の初版は1976年だが、創造論の盛り上がりは1961年のThe Genesis Flood出版あたりから。

なお、Steve Fullerの主張のうち、社会生物学をめぐる戦いがあったこと自体は事実である。ただし、Religious RightではなくAcademic Leftが主たる敵だったが。

タグ:UCD id理論
posted by Kumicit at 2009/10/30 02:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/10/13

Dembskiの情報保存則 Revisited

情報量保存則



インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiは、その後に忘れ去ってしまうのだが、旧世紀末には情報量保存則を提唱していた。それは...
To see that natural causes cannot account for CSI is straightforward. Natural causes comprise chance and necessity (cf. Jacques Monod's book by that title). Because information presupposes contingency, necessity is by definition incapable of producing information, much less complex specified information. For there to be information there must be a multiplicity of live possibilities, one of which is actualized, and the rest of which are excluded. This is contingency. But if some outcome B is necessary given antecedent conditions A, then the probability of B given A is one, and the information in B given A is zero. If B is necessary given A, Formula (*) reduces to I(A&B) = I(A), which is to say that B contributes no new information to A. It follows that necessity is incapable of generating new information. Observe that what Eigen calls "algorithms" and "natural laws" fall under necessity.

CSI を自然の原因で説明できないことをわかるのは簡単だ。自然の原因は(Jacque Monodの本の表題である)偶然と必然から構成される。情報は偶発性を前提とするので、必然は情報の、言うまでもなく"複雑な指定された情報"の、生産を定義上できない。そこに情報があるためには、複数の有効な可能性のうち、一方が現実化され、それ以外が除外されなければならない。これは偶発性だ。しかし、もしある結果Bが前提条件Aによって必然的に与えられるなら、Aが与えられたときのBの確率は1であり、Aが与えられたときのBの情報量はゼロである。もしBがAから必然的に与えられるなら、公式はI(A&B)=I(A)に還元される。すなわちBは新しい情報をAに与えない。Manfred Eigenが"アルゴリズム"と"自然法則"と呼ぶものは"必然"に帰着することがわかる。

[William A Dembski: "Intelligent Design as a Theory of Information" (1997)]
というもので、整理すると:

  • Aが起きたら、必ずBが起きるなら、Bは新しい情報ではない。
  • 自然法則による必然とは「Aが起きたら、必ずBが起きる」というものである
  • よって、自然法則による必然からは、新しい情報は生み出されない
  • 従って、情報は"偶発性"(contingency)からしか生み出されない

これは、時間発展の数値シミュレーションとしてはまったく正しい。初期値(初期乱数)が同一であれば、途中で乱数を参照しないプログラムであれば、シミュレーションを繰り返しても結果は同一である。その場合、数値シミュレーションは、「プログラムとして実装されたルール(自然法則)と初期値」という圧縮された情報を、解凍する過程ということになる。シミュレーション結果に違いがあるとしたら、時間発展過程で乱数を参照するプログラムな場合。

ただ、ここで注意すべきは「情報」とは何かである。Dembskiの言っている世界は、まさに数値シミュレーションとして解釈される宇宙である。その場合の「情報」とは、クォークやレプトンの下位にどれくらいの階層が存在するのかわからないが、その最下層の状態(質量・運動量・エネルギー・確率分布など)以外のものではない。

すりかわる「情報」



このあと、Dembskiは「情報」をDembski用語「CSI = Complex Specified Information」として定義する。

そして、シミュレーション開始後に取り込む乱数について、Dembskiは"偶発性(contingency)"と"自然法則に従う偶然(chance)"に分けて、偶然(Chance)からCSIが生み出せないと言う:
Since information presupposes contingency, let us take a closer look at contingency. Contingency can assume only one of two forms. Either the contingency is a blind, purposeless contingency--which is chance; or it is a guided, purposeful contingency--which is intelligent causation. Since we already know that intelligent causation is capable of generating CSI (cf. section 4), let us next consider whether chance might also be capable of generating CSI. First notice that pure chance, entirely unsupplemented and left to its own devices, is incapable of generating CSI. Chance can generate complex unspecified information, and chance can generate non-complex specified information. What chance cannot generate is information that is jointly complex and specified.

情報が偶発性を前提とするので、偶然のより詳細な観察をしよう。偶発性には2つの形式の1つしか仮定できない。ひとつは、盲目の目的のない偶発性すなわち偶然。もうひとつは指導された目的のある偶発性、すなわちインテリジェントな原因である。既に、インテリジェントな原因がCSIを生産可能であることがわかっているので、"偶然"がCSIを生産できるか考えてみよう。何も補給されなずに、それ自身で勝手に働くように放置された純粋の偶然は、CSIを生産できない。"偶然"は複雑な指定されない情報と、複雑でない指定された情報を生産できる。偶然が生産できないのは、複雑かつ指定された情報である。
ここでDembskiが語る「情報」は最初に想定された、数値シミュレーションな宇宙を記述する「情報」とは別物になっている。

最初の論にしたがえば、人間を超自然な魂がコントロールするという形で、自然界の外側からの作用をとりこまない限り、人間が小説を書いても(Dembskiの最初の定義上の)情報量は増加しない。というのは...
  • 宇宙が決定論的であれば、初期値から同じ結果が再現可能
  • 量子力学レベルの乱数を使っていたところで、Dembski定義ではそれは情報量ゼロ



でも、Dembskiはこれらを組み合わせて...
Natural causes are therefore incapable of generating CSI. This broad conclusion I call the Law of Conservation of Information, or LCI for short. LCI has profound implications for science. Among its corollaries are the following: (1) The CSI in a closed system of natural causes remains constant or decreases. (2) CSI cannot be generated spontaneously, originate endogenously, or organize itself (as these terms are used in origins-of-life research). (3) The CSI in a closed system of natural causes either has been in the system eternally or was at some point added exogenously (implying that the system though now closed was not always closed). (4) In particular, any closed system of natural causes that is also of finite duration received whatever CSI it contains before it became a closed system.

従って、自然の原因ではCSIを生み出せない。この明白な結論は私が情報量保存則あるいは略してLCIと呼ぶものだ。LCIは科学に深い影響を与える。以下は当然の帰結である:

  1. 自然に起因する閉鎖系では、CSIは、一定のままであるか、減少する
  2. CSIは自発的に発生することができないか、内生的に起因しないか、(生命の起源の研究で使われる用語である)自己組織化できない。
  3. 自然に起因する閉鎖系のCSIは、永続して系にあるか、ある時点で外因的に加えられたか(系は現在は閉じているが、常に閉じていたわけではない)である
  4. 特に、有限の期間存在する、自然に起因する閉鎖系は、その系が閉鎖系になる前に受け取ったCSIを含む

....
CSI demands an intelligent cause. Natural causes will not do.
CSIにはインテリジェントな原因が必要である。自然の原因では創られえない。
ということで、こいつは証明されないが、これまでの論理とは無関係に、言葉の定義上は正しい。というのは、CSIの定義が...
  • 自然法則でも偶然でも説明できないもの
だから。

「進化不可能な生物が存在したら、それは超自然の介入」と言うのは正しいわけで、つまるところ、情報量保存則は、それを数学のように見せているだけ。


情報理論を知らない



かつても、そして今も、創造論者は熱力学第2法則が大好きだ。しかし、彼らにとっての熱力学第2法則は熱力学や統計力学とは何の関係もない「秩序は無秩序から生まれないので、生物は進化できない」というものである。

同様に、Dembskiの情報保存則も「進化不可能な生物が存在したら、それは超自然の介入」をエレガントに表現しようとしたもの。実際には"インテリジェントデザイン情報理論"であっても、"情報理論"ではない。

最近も、Jeffrey Shallitによれば、統一教会信者Dr. Jonathan Wellsが"インテリジェントデザイン情報理論"な主張をしている:
Intelligent design creationists love to talk about information theory, but unfortunately they rarely understand it. Jonathan Wells is the latest ID creationist to demonstrate this.

In a recent post at “Evolution News & Views” describing an event at the University of Oklahoma, Wells said,

インテリジェントデザイン創造論者は情報理論について話すのが好きだが、残念ながら、それをほとんど理解していない。それを示した最新のインテリジェントデザイン創造論者は、Jonathan Wellである。

University of Oklahomaでのイベントを書いた、"Evolution News & Views"(Discovery Institute公式ブログ)での最近のエントリで、Jonathan Wellsはこう言っている:
I replied that duplicating a gene doesn’t increase information content any more than photocopying a paper increases its information content.

遺伝子重複は、紙のコピー以上に、情報を増やさないと言っておこう。

[Jonathan Wells: "Storming the Beaches of Norman" (2009/10/03)]


Wells is wrong. I frequently give this as an exercise in my classes at the University of Waterloo: Prove that if x is a string of symbols, then the Kolmogorov information in xx is greater than that in x for infinitely many strings x. Most of my students can do this one, but it looks like information expert Jonathan Wells can’t.

Jonathan Wellsは間違っている。これを私はよく、University of Waterlooの授業の演習に使っている。「xが文字列であれば、無限長文字列xに対して、xxのKolmogorov情報量は、xの情報量よりも多いことを証明せよ」 私が教えている学生たちの大半はこれに正解を出せる。しかし、情報理論の専門家Jonathan Wellsには無理なようだ。

[Jeffrey Shallit: "Jonathan Wells: Another ID Creationist Who Doesn’t Understand Information Theory" (2009/10/04) on Panda's Thumb]
インテリジェントデザイン支持者にとっての"情報理論"は、創造論者にとっての"熱力学第2法則"と同じで、実際の情報理論とは何の関係もない。

もっとも、インテリジェントデザイン支持者たちは、創造論者でもあるため、"熱力学第2法則"も好きだが....

タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/10/13 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/06/11

イミフなアナロジーを持ち出すUncommon DescentのGilDodgen

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentのGilDodgenがアナロジーで反進化論を語った:
I’m still trying to figure out how the circulatory avian lung evolved in a step-by-tiny-step fashion from the reptilian bellows lung, without encountering DLL hell, and how the hypothesized intermediates did not die of asphyxia at the moment of birth (or hatching), without the chance to reproduce.

爬虫類の肺が、小さなステップバイステップの方法で、鳥類の気嚢と肺管の肺へ、DLL hellに遭遇することなく、進化できたか、そして出生時点で死亡して子孫が残せなくなることがないような仮説的中間形態を考えている。

Of course, we all know that this kind of challenge — no matter how obvious or compelling — presents no problem for the D-Fundies (Darwinian Fundamentalists), who are true believers in the clearly impossible, based on materialistic assumptions in which design could not possibly have played a role.

もちろん、知っての通り、このようなチャレンジは、デザインが何の役割を持ちえないという唯物論的仮定に基づいく、明らかに不可能なことを信じるダーウィン原理主義者には、どれだけ明らかであっても、問題ではない。

[GilDodgen: "DLL Hell, Software Interdependencies, and Darwinian Evolution" (2009/06/06) onUncommon Descent]
このネタはけっこう以前から研究されていて...
S. F. Perry and H. -R. Duncker:"Interrelationship of static mechanical factors and anatomical structure in lung evolution ", Journal of Comparative Physiology B: Biochemical, Systemic, and Environmental Physiology, 138(4), 321-334, 1980
James W. Hicks, and Colleen G. Farmer: "Gas exchange potential in reptilian lungs: implications for the dinosaur–avian connection", Respiration Physiology, 117(2-3), 73-83, 1999.
今もえんえんと続いている。

なので、"若い地球の創造論"ミニストリCreation Ministries International(旧Answers in Genesis, Australia)のJonathan Sarfatiなどがネタにしている。

それはさておき、DLL hellを持ち出したGilDodgenだけど、このアナロジーは何の意味も持たない。

DLL hellはユーザから見れば、同じDLLの別バージョンに依存した複数のアプリケーションを1台のPCにインストールしたときに起きる問題。あえていうなら、鳥類の肺の出現によって、強制的に恐竜の肺が鳥類の肺に置き換えられて、恐竜がバッタリ絶滅したという状況だろうか。
タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/06/11 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/05/15

まだまだDembski情報量保存則

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiはあいもかわらず、自家製の情報量保存則を掲げて進化ないと力説している。

==>LIFE’S CONSERVATION LAW

基本的には「遺伝的アルゴリズムが最適解を見つけるのかかるステップの期待値は、ランダム探索を超えない」という定理を使って、「遺伝的アルゴリズム」と「進化」のアナロジーにより、進化で情報が増えないという論となっている。

アナロジーが成り立っていないので机上の空論なのだが、そんなことはDr. William Dembskiはまったく気にしない。そんなDr. William DembskiにMark C. Chu-Carrollが丁寧にケリを入れている。

ただ、Dembskiの情報量保存則は"保存則"たりえていないという根本的問題があるので、結局、結末はこうなる:
So why is that not a "conservation of information" law?

何故、それが情報保存則でないのか?

Because there's no conserved quantity. In a real conservation law, you have a measured quantity that you start with, and throughout any series of actions or events, you can prove that that quantity never changes. For example, you can look at a physical system in a particular frame of reference and measure the total momentum in the system. Then throughout any series of interactions, you can show that the momentum never changes.

それは保存量がないからだ。本物の保存則では、最初に計測された物理量が、連続した運動あるいは事象を経ても変化しないことを示せる。たとえば、特定の座標系で、系の全運動量を測定する。いかなる相互作用を経ても、運動量が変化しないことを示せる。

In Dembski's system, can you measure the total information in the system? No. Can you show that the amount of information in the system is the same before and after a search? Not in any meaningful way, no. Can you look at a search function, and ask how much information it encodes from a particular landscape? Not in any meaningful way, no.

Dembskiの系では、系の全情報量を測定できるだろうか?ノーだ。探索前後で系の情報量が等しいことを示せるだろうか? 有意味な方法ではノーだ。探索関数を見て、特定のランドスケープがどれだけの情報量をエンコードしているか問えるだろうか? 有意味な方法ではノーだ。

[Mark C. Chu-Carroll:"Dembski Responds" (2009/05/11) on Good Math, Bad Math]
ちょっと遊んでみれば、"情報量"がイミフであることがわかる。たとえば...

  • 系には2人のDembskiに相当する元素が一様に漂っているとする。このときの情報量を0とする。
  • この材料を使って、硬直したDembskiを一人だけつる。このときの情報量をDembski本体100と位置・運動量・向き・角運動量の12の合計112とする。
  • もうひとり硬直状態のDembskiをつくる。

    1. この系の状態を記述するには、少なくとも2人目のDembskiの位置・運動量・向き・角運動量が必要なので、情報量124だろうか?
    2. それとも情報量100のDembskiが2人だから、情報量は200?
    3. 遺伝情報という意味では、同一のDembskiが2人いても情報量は100?


タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/05/15 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/01/15

神義論を語るUncommon DescentのSteve Fuller

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescemtのSteve Fullerが、2009年1月20日から、Oxford Centre for Christianity and Cultureで自然神学についての連続講義をするらしい。そこでのネタをUncommon Descemtで少し語ってる。それによると、Steve Fullerは、神義論(神は慈悲深いのに、創造された世界にあるがある理由)を扱うらしい:
Here is a dialogue between a theodicist and a sceptic, 18th century style. We might today replace T with ‘ID theorist’ and S with ‘Darwinist’, at least if they’re speaking frankly.

以下は、神義論者と懐疑論者の18世紀スタイルの対話である。これは今日であれば、フランクに話しているとするなら、Tをインテリジェントデザイン理論家、Sをダーウィニストに置き換えられるだろう。
T: I see design in nature
私は自然界にデザインを見ている。

S: Oh yeah? How do you know that it’s not an illusion?
  それが、幻想でないとどうやって知ったのかな?

T: Well, because I’ve been designed to detect design and, more importantly, to design things myself. And nature looks like the sort of thing I could have designed if I were super-smart. Indeed, if I thought nature had no design, or was designed by an intelligence radically different in kind from my own, I wouldn’t bother to do science at all.

私がデザインを検出できるように、そしてもっと重要なことは、私自身がものをデザインできるように、デザインされているからだ。そして自然界は、私がもし超賢ければ、デザイン可能なように見える。実際、自然界にデザインがないか、自分自身とは異質なインテリジェンスによってデザインされたとしたら、私は科学などやらなかっただろう。

S: But unfortunately, things aren’t so well-designed, if you look closely. (And presumably that’s one of the things you’re doing, when you do science.) They could have been better designed, so maybe you’re just imagining the design after all - making the best of a bad situation through some psychological tricks you’re playing on yourself. This in turn would suggest that you’re not so well-designed either.

しかし、残念ながら、ものは、よくみれば、それほど良くはデザインされていない。科学するときに、おそらく、やっていることの一つであろう。もっと、うまくデザインできたかもしれないが、キミはキミ自身に対して心理学的トリックを仕掛けて、最悪状態の最善をつくり、結局はデザインをイメージする。これは、キミがうまくデザインされていないことを示唆している。

T: Hey, but who says that a well-designed world has to be well-designed in all its parts? It may be that the best possible world would be full of suboptimal parts that nevertheless, when put together, function better than any other possible combination would.

しかし、うまくデザインされた世界が、世界の全パーツがうまくデザインされているはずだと、誰が言ったか? いっしょにすれば、どんな可能か組み合わせよりも、うまく機能する部分最適なパーツで満ちている実現可能な最善の世界かもしれない。

S: Oh, and I suppose you believe that this is such a world?

では、キミはここがそのような世界と信じていると考えてよい?

T: I do - though this is not to say that we have quite figured out how all of nature fits together to constitute an intelligible whole. But then who says science has completed its inquiries? And even if you’re right that the world’s design could be better realized, could we not be the beings exactly created to get the job done?

私はそう考えている。ただし、いかにして自然界全体が知性によってのみ理解されるように構成されているかを、我々が描ききっているとは言わない。しかし、科学の問がすべて解決したわけではない。たとえ、キミが正しくて、世界がもっとうまくデザインできたかもしれないとしても、我々は世界をもっとうまくデザインするために創造された存在かもしれない。

[Steve Fuller: "ID and the Science of God: Part II" (2009/01/10) on Uncommon Descemt]
「いっしょにすれば、どんな可能か組み合わせよりも、うまく機能する部分最適なパーツで満ちている実現可能な最善の世界かもしれない」は、Leibnizの主張に近い。JH.ブルックによれば、Gottfried Wilhelm Leibniz (1646-1716)は、次のようなポジションをとっていた:
ライプニッツが喝破したように、神が自らの創造の欠陥を補修しなければならないとすれば、職人としての技量が問われるからである。(p.164)

ライプニッツの神学では、神の被造物があらゆる「可能な」世界のなかの最善であることが示されれば神を賛美する根拠になった。そのような世界はニュートン、ベントリー、クラークが頻りに説いた宇宙の建て直しを必要としないはずである。奇跡とはしかるべき恩寵を満たすことなのであり、二流の時計仕掛けを修繕することではないと、ライプニッツは主張した。(p.180)

ライプニッツは予定調和に訴えた。天体の運動が定まり、生物が創造された後に続いたのは「純粋に」自然で、「まったく」機械論的なことである。(p.181)

[J.H. ブルック:"科学と宗教"]
このポジションをとると、自然界への神による超自然的介入を排除してしまい、理神論と受け取られることがある。

Steve Fullerはこの後で、デザインの検出と、この世界が不完全である理由を次のように書いている:
In this dialogue, I am drawing attention to two crucial features of theodicy that are relevant to ID:

この対話は、私がインテリジェントデザインに関連する自然神学の重要な2つの特徴に注目するように書いたものある:

  1. Evidence for the intelligence behind nature’s intelligent design can be inferred from the nature of our own creative intelligence, which means examining how our own minds work.

    自然界のインテリジェントデザインの背後にインテリジェンスが存在する証拠は、我々自身の創造的インテリジェンスの性質から、すなわち我々の心がどう働くかを調べることによって、推論できる。

  2. There is no reason to think that if nature is intelligently designed, the design has been already fully realized - it may still be for us to discover and/or complete nature’s intelligent design.

    自然界がインテリジェントにデザインされているとするなら、デザインが完全に実現していると考える理由はない。我々にはまだ、自然界のインテリジェントデザインを発見し完成させる仕事が残っているかもしれない。


[Steve Fuller: "ID and the Science of God: Part II" (2009/01/10) on Uncommon Descemt]
Steve Fullerの神義論は、「世界は未完成であり、人間は世界を完成させるために創造されており、これから完全にしていく」というもののようだ。ただし、これだと、神による自然界への超自然的介入を排除しないにしても、積極的に肯定することにはならない。

「自然界のインテリジェントデザインの背後にインテリジェンスが存在する」という表現も弱め。神による超自然的介入によるデザインの配備をしたかどうか特定していない。

まさに、「神による超自然的介入」の有無が、有神論的進化論とインテリジェントデザインを分かつものなのだが、そこがあいまいな話。意図的にあいまいにしたのかな?


関連エントリ



posted by Kumicit at 2009/01/15 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/01/03

説明フィルタを捨てた?Dembski

インテリジェントデザイン"理論"の基本パーツのひとつが"Dembskiは説明フィルタ"である。これは以下のように、「自然法則(必然)でも偶然でも説明できないもので、それらしいものはデザインだ」という明瞭な"God of the gaps"詭弁の形をとっている:
Dembski notes that intelligent agents can choose from one of many competing possibilities. If the choice made is unlikely to occur and sufficiently complex, then we can attribute that choice to design. This comes from our understanding of how intelligent agents operate--not from a negative argument against evolution. In The Design Inference, Dembski lays out a three-part "user-friendly" explanatory filter which we can use to detect intelligent design:

Dembskiはインテリジェントエージェントは多くの競合する可能性から一つを選択する能力を持っていると書いている。為された選択が起きそうにないものであり、十分に複雑であるなら、我々はその選択をデザインによるものだと考えられる。これはインテリジェントエージェントがいかに働くかについての我々の理解によるものであって、進化論に対するnegative argumentによるものではない。"The Design Inference"で、Dembskiは、インテリジェントデザインを検出するための、3ステップの使いやすい説明フィルタを提示している。
explanatoryfilter.gif
[FAQ: How do we Detect Design? on IDEA Center]
これの提唱者であるDr.William Dembskiが、何を思ったか、2008年11月にこれを放棄するようなことを書いている:

(1) I’ve pretty much dispensed with the EF. It suggests that chance, necessity, and design are mutually exclusive. They are not. Straight CSI is clearer as a criterion for design detection.

私は説明フィルタを多く適用してきた。この説明フィルタは、偶然と必然とデザインが排他的であることを示唆している。しかし、これらはそうではない。ストレートCSI(複雑で指定された情報)がデザイン検出規準として、より明確である。

(2) The challenge for determining whether a biological structure exhibits CSI is to find one that’s simple enough on which the probability calculation can be convincingly performed but complex enough so that it does indeed exhibit CSI. The example in NFL ch. 5 doesn’t fit the bill. The example from Doug Axe in ch. 7 of THE DESIGN OF LIFE (www.thedesignoflife.net) is much stronger.

生物学的構造がCSIを表しているのか否かを決定する挑戦は、十分に単純であって十分に納得できる確率計算ができるか、複雑すぎるか、いずれにせよCSIを表しているのかどうかがわかればよい。"No Free Lunch"[Dembskiの著書]の第5章の例は、これには適合していない。"The Design of life"の第7書言うのDoug Axeの例の方が、ずっと強い。

[William Dembski: Comment (2008/12/03) on Uncommon Descent
via EvolutionBlog]
「偶然と必然とデザイン」が排他的でないなら、「偶然か必然かデザインか識別できないもの」や「偶然でも必然でもデザインでもないもの」があるかもしれない。となれば、「偶然でも必然でもなければ、デザインだ」という"God of the gaps"形式の論は成り立たない。

そのかわりにDembskiが持ち出してきたのは「確率が計算できて、ありえない確率であるか、確率が計算できないほど複雑なら、デザインだ」というもの。

これは、Dembskiにとって、とても都合のよい定義である。というのは、「59は素数ではない」という「ジョーク」でもネタにされているように、実際に確率を計算した例がほとんどないから。
"My critics think that perhaps I just slipped up," said Dembski with a grin. "As usual, they have not tracked my argument and are in any case too ignorant of mathematics to be considered credible. I said that the specification for the bit string I published was the unary encoding of prime numbers up to 89 in sequence and 59 isn't in there, is it? If 59 were prime, then what I said would not be a specification, and this one of three examples that I've done the probability calculation for in the past six years would be down the drain. That's two years of work. I wouldn't make that kind of mistake."

「私の批判者は、おそらく私が書き落としたのだと思うだろう」とDembskiはニヤリとして言った。「いつもと同じで、彼らは私の議論をたどらず、いずれにせよ、彼らは信頼できると間がえらる数学をあまり知らない。私が出版したビット列についての仕様は、89までの素数列をひとつにコード化したものだと言った。そこに59はなかっただろう? 59が素数なら、私が言ったものは仕様ではなくなる。これまでの6年間に提示した確率計算の3つの例のうちのひとつがゴミ箱行きになる。それは2年の成果だ。私はそのような類の誤りを犯さない。」
つまり、「Dembskiが計算できないのだから、複雑なのさ」ってことになるから。

タグ:Dembski id理論
posted by Kumicit at 2009/01/03 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/09/22

英国国教会の"Darwinへの謝罪"に対するUncommon Descentの反応

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentのLord Ickenhamが、英国国教会のDarwinに対する謝罪について、反応した:
As someone who has had an ongoing struggle with the Anglican Communion his entire adult life, and to whom the current, obvious, and slow-motion destruction of the entire historical Anglican Church brings no joy, I have a few comments on the anticipated apology of the Church of England, led by the Archbishop of Canterbury, Rowan Williams, to Charles Darwin. Despite indications to the contrary, this clearly has had some thought put into it, as evidenced by the Darwin section of the Church of England and website:

全世界聖公会との戦いに生涯をかけている身として、現在の明らかな緩慢に進行する英国国教会の全歴史の破壊には何の楽しみもないが、私は、カンタベリー大主教Rowan Williamsに指導されたチャールス・ダーウィンに対する予期される謝罪についてコメントしておきたい。反対意見にもかかわらず、英国国教会のダーウィンのセクションに示されるように、明会ある種の考えが注ぎ込まれている:
“Charles Darwin: 200 years from your birth, the Church of England owes you an apology for misunderstanding you and, by getting our first reaction wrong, encouraging others to misunderstand you still. “

チャールズ・ダーウィン: 誕生から200年が経ち、英国国教会は、貴君に対する誤解し、最初の誤った対処により、他の者たちに貴君を誤解させてしまったことに、に対し謝罪する。
As perceptive observers have already pointed out, there is no historical reason for the Church of England to make an apology to Charles Darwin – please remember that he was awarded an honorary degree from Cambridge, and is buried at Westminster Abbey. There was no persecution, no censure, only debates. Thus the apology for “misunderstanding”.

洞察力のある者たちが既に指摘しているが、英国国教会がチャールス・ダーウィンに対して謝罪する歴史的理由がない。彼はCambridgeから名誉学位を授与されており、ウェストミンスター寺院に葬られている。迫害も非難もなく、論争だけがあった。従って、謝罪は誤解に対するもの。

This fact then begs the question: What on earth is going on?

この事実は、それらの論点を回避している。いったい何が起きているのか?

The answer is that this move attempts to accomplish three things. First, as is explicitly stated, it makes a condemnation of those wrong-thinking people that are under the impression there is a conflict between Christian teaching and Darwinian theory by “apologizing”, rather than make the statement directly. Second, it attempts to put the Anglican Communion on par with the Roman Catholic Church in regard to the Galileo affair. Third, the well-written meat of the website by Revd Dr Malcolm Brown gives coaching on how to be a Christian and a Darwinist. To his credit, he also discusses the `dark side’ of Darwin, concluding “his [Darwin’s] theory … has been inflated into a general theory of everything – which is not only erroneous but dangerous.”

その答えは、この謝罪の動きが次の3点を実現しようとしていることである。第1に、直接に表明されているように、直接な声明を出すのではなく、謝罪することで、キリスト教の教義とダーウィンの理論が相いれないという印象を持っている、誤った考えを持つ人々を批判することである。第2に、ガリレオ事件に対するローマカトリックと同じ位置に、全世界聖公会を置こうとするものである。そして、第3は、Dr. Malcolm Brown師にようWebサイトのうまく描かれた要点が、キリスト教徒かつダーウィニストになるための方法をコーチすることである。彼の信用のために言うなら、彼はダーウィンのダークサイドについても論じており「ダーウィンの理論は...万物理論へと拡大したが、それは間違っているだけでなく、危険でもある」と結論している。

The bigger question is why Rowan Williams and other senior figures in the C of E feel that they need to make the apology. After studying the actions of this man after he became archbishop of Canterbury, my answer to this question is the same to the motives of numerous other inexplicable actions he has made: It makes no sense and I cannot discern any thoughtful leadership. The only straw I can grasp is that the idea sounds good to a certain mindset, that it puts the C of E in the news, and gives him praise from some in positions of secular authority (though evidently the opposite has happened). Perhaps he was thinking there has been a constant stream of bad news about the Anglican Communion in the press, and this would be a nice break. What he doesn’t seem to appreciate is that it is precisely this kind of ridiculous statement (regardless of your views on theology or science) that is a symptom of the larger detachment from reality within the majority of the Anglican church of England, the US, and Canada.

より大きな疑問は、Rowan Williamsなどの英国国教会の高位聖職者たちが、何故に謝罪の必要性を感じたかだ。この男(Rowan Williams)がカンタベリー大主教職についてからの行動を見ていくと、この疑問に対する私の答えは、これまでの彼の不可解な行動の数々と同じ動機によるものだ。それらは何の意味もなく、私には、いかなる思慮の跡も見出せない。私に考えられることは、ある種の考えを持つ人々に好感を持たれ、英国国教会をニュース報道に載せて、世俗的権威からの賞賛を受けるというものだ(実際には逆のことが起きたが)。おそらく彼は報道に常時、全世界聖公会について悪いニュースが流れていると思っていて、これが素晴らしい転換点になると思っているようだ。この種のバカげた声明は、神学観あるいは科学観がいかなるものであれ、英国国教会および米国とカナダの聖公会の多数派の現実からは、大きくかけ離れたものであることを彼はわかっていない。

The C of E has apologized for misunderstanding Darwin. Considering the website quotation from Bishop Rayfield, “Theology and science each have much to contribute in the assertion of the Psalmist that we are ‘fearfully and wonderfully made’”, I suspect that most Darwinian biologists would comment that the C of E misunderstands Darwin even today.

英国国教会はダーウィンを誤解していたことを謝罪した。Rayfield主教を引用したWebsiteの内容「我々は『恐ろしい力によって/驚くべきものに造り上げられている』[詩篇139章14節]という詩篇の主張において、神学と科学は互いに大いに寄与している」を考えれば、あらゆるダーウィンな生物学者たちは英国国教会が今なおダーウィンを誤解しているとコメントするだろうと思える。

Lord Ickenham: "The Church of England apologizes to Darwin" (2008/09/15) on Uncommon Descent]
例によって、まずQuote Miningの確認から...

ひとつめは「his [Darwin’s] theory … has been inflated into a general theory of everything – which is not only erroneous but dangerous. (ダーウィンの理論は...万物理論へと拡大したが、それは間違っているだけでなく、危険でもある)」の確認。原文では次のようになっているのだが...
Natural selection, as a way of understanding physical evolutionary processes over thousands of years, makes sense. Translate that into a half-understood notion of 'the survival of the fittest' and imagine the processes working on a day-to-day basis, and evolution gets mixed up with a social theory in which the weak perish – the very opposite of the Christian vision in the Magnificat (Luke 1:46–55). This 'Social Darwinism', in which the strong flourish and losers go to the wall is, moreover, the complete converse of what Darwin himself believed about human relationships. From this social misapplication of Darwin’s theories has sprung insidious forms of racism and other forms of discrimination which are more horribly potent for having the appearance of scientific “truth” behind them. Darwin’s immense achievement was to develop a big theory which went a long way to explaining aspects of the world around us. But to treat it as an all-embracing theory of everything is to travesty Darwin’s work. The difficulty is that his theory of natural selection has been so effective within the scientific community, and so easily understood in outline by everybody, that it has been inflated into a general theory of everything – which is not only erroneous but dangerous.

幾千年の物理的進化過程を理解する方法としての自然選択は道理にかなっている。自然選択を「適者生存」についての生半可な理解の説明に変換し、日々に働く過程としてイメージし、進化論を、賛歌[ルカによる福音書1章46-55節]のキリスト教観とは真逆に、その中で弱者が滅ぼされるような社会理論の混合する。強者が繁栄し、敗者が壁際に追いやられるという社会的ダーウィニズムは、さらに、ダーウィンが人間関係について信じていたこととはまったく逆のものである。ダーウィンの理論の社会学的な誤った応用から、知らない間に作用する人種差別と、背後に科学的"真理"を持つ恐るべき危険性のある差別が生まれる。ダーウィンの大きな成果は、我々のまわりの世界の特徴を説明していく大枠の理論を発展させたことである。それを万物理論として扱うことは、ダーウィンの成果を曲解するものである。問題点は彼の自然選択の理論が、科学界の中で非常に有用であり、その概要が誰にでも理解できるために、それが万物理論へと拡大したが、それは間違っているだけでなく、危険でもある。

[Rev Dr Malcolm Brown: "Good religion needs good science"]
Lord Ickenhamは、社会的ダーウィニズムに言及している部分を削除して引用することで、進化論そのものに危険性があると言ったかのような印象を与えている。

「Theology and science each have much to contribute in the assertion of the Psalmist that we are ‘fearfully and wonderfully made' (我々は『恐ろしい力によって/驚くべきものに造り上げられている』[詩篇139章14節]という詩篇の主張において、神学と科学は互いに大いに寄与している)」はというと...普通の引用

話を戻すと、、Lord Ickenhamの主張は、「今回の謝罪は、英国国教会を率いるカンタベリー大主教Rowan Williamsが、世俗からの評価を上げるために、キリスト教とダーウィニズムは両立するという教育をしようとしたため」というものである。他に理由がないという以上の根拠もなく、Lord Ickenhamはそう主張している。

これは、現状では進化論について「カトリックと英国国教会とメインラインバプティスト vs 福音主義バプティスト」という構図になっていることへの不満あるいは対抗意見の表明のように見える。

これまでにも、英国国教会Rowan Williamsカンタベリー大主教とスコットランドのキリスト教指導者たちが「創造論を教えるべきではない」と発言するなど、創造論とインテリジェントデザインが英国で勢力を拡大することに対抗する動きがある。

==>忘却からの帰還: 英国のキリスト教指導者たちが創造論を教えるべきではないと発言 (2006/03/26)

また、バチカンは前世紀から進化論を否定しておらず、有神論的進化論を妥協点に置いている。米国内では、政教分離原則を掲げてインテリジェントデザインの理科教育阻止をはかっている米国人連盟(AU)を率いているのが、メインラインバプティストのBarry W. Lynn師である。

このカトリックと英国国教会とメインラインバプティスト vs 福音主義バプティスト」という構図を容認してしまうと、「キリスト教 vs 進化論」という戦いの構図が消滅してしまう。なので、インテリジェントデザイン支持者としては、英国国教会の動きを止めることはできないにしても、過てる指導者のせいだということにしておきたい...というところだろうか?


タグ:UCD id理論
posted by Kumicit at 2008/09/22 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/08/06

Dembskiに統一教会信者Jonathan Wellsを切るように求めるインテリジェントデザイン支持サイト

わりと冷静なインテリジェントデザイン支持サイトTelicThoughtに、Jonathan Wellsが統一教会信者であることを問題にするエントリがポストされた:
Dear Prof. Dembski,

I'm writing this letter out of a sincere concern that I have had for some time. I haven't written it up until now, because I didn't think it was quite suitable material for TelicThoughts. We usually try to focus on science and the question of intelligent design, and this is more about religion. Specifically, about Jonathan Wells' religion. A number of years ago, way back at ARN, it was revealed that Dr. Wells was a member of the Unification Church. This meant that he believed that the Reverend Sun Myung Moon was the second coming of Jesus Christ. I was shocked to learn it at the time. But I figured, what the heck? We all have our quirky idiosyncratic beliefs. Why shouldn't he?

私は、しばらく前から持っている重大な懸念から、この手紙を書いています。これまで書かなかったのは、これがTelicThoughtにそぐわない話題だからです。私たちは、インテリジェントデザインの科学と問題についてフォーカスしてきており、それに対して、これは宗教の問題だからです。特に、Jonathan Welsの宗教についての。数年前、ARNでDr. Jonathan Wellsが統一教会の信者であることが明らかにされました。これは彼が、文鮮明師をイエス・キリストの再臨であると考えていることを意味します。それを知ったとき、私はショックを受けました。しかし、考え直しました。それがどうだって言うんだ。私たちはみんな、勝手な信仰を持っている。彼だって。

But I've become more concerned by a few recent events. First, you co-authored a recent book with Dr. Wells. Second, Dr. Wells had a role in the recent movie, Expelled, where he offered a definition of evolution that would be acceptable to any Young Earth Creationist. Third, you recently had a thread at your own blog where you accused Darwin of purposely trying to be the messiah of a secular religion. Fourth, I've recently been told that we should hold fellow Christians to a higher standard than we do non-Christians.

しかし、私は最近にいくつかの出来事で懸念を深くしました。最初はあなた(Dembski)がDr. Jonathan Wellsと共著で本を書いたことです。続いて、Dr. Jonathan Wellsが最近の映画Expelledで、どんな"若い地球の創造論者"にも受け入れられる進化の定義を提示したことです。第3は、あなたが自身のブログで、ダーウィンを意図的に世俗宗教の救世主になろうとしてと糾弾したことです。そして第4は、非キリスト教徒よりも、自分たちの仲間たるキリスト教徒に対して高い水準を求めるべきだと言われてことです。

So I'm asking that you distance yourself from Dr. Wells' religion, and publicly declare that the Reverend Moon is a false messiah. If you are willing to make such a declaration against Darwin (a view that many Christians would dispute), you should at the very least make an equally strong declaration against the Reverend Moon. If you refuse to do this, I will suspect that either you also believe in the Reverend Moon, or that either you or the Discovery Institute might suffer monetary loss by making such a declaration.

そこでは私は、あなた(Dembski)が、Dr. Joanathan Wellsが距離をとって、文鮮明師がインチキ救世主であると公に断言することを求めます。(多くのキリスト教徒が異議を唱える見解たる)ダーウィンに対してそのような宣告をするのであれば、文鮮明師がに対して、同様に強い宣告をしなければならないでしょう。そうしないのであれば、あなたも文鮮明師を信じているか、そのような主張により、あなたかDiscovery Instituteは損害を被るでしょう。
...

[Bilbo: "Open Letter to Professor William Dembski" (2008/08/02) on TelicThought]
Dr. William Dembskiのダブスタを責める文面だが、BilboがDembskiに求めているのは、ダーウィンに対する記述を改めることではなく、統一教会信者Jonathan Wellsとの関係を切ることだろう。

敬虔なキリスト教徒であれば、当然、言いたくもなる内容だが、TelicThoughtのコメンタたちは至って冷静で...
neddy Says:
...

Both Dembski and Wells are my e-mail friends, we don't agree in many points on ID, evolution and other subjects, but we get along pretty well. Berlinski is an agnostic Jew, and also a friend.

DembskiとWellsはメル友で、我々はインテリジェントデザインや進化論やその他の多くの話題で意見が合わないが、うまくやっている。Berlinskiは不可知論のユダヤ人だが、同じく友人だ。

So, what is wrong in having Wells as a friend? His YEC position is not my position nor the other IDists that I know.

Wellを友として何が問題だろうか。彼の"若い地球の創造論者"のポジションは私のポジションでもなければ、私の知るインテリジェントデザイン支持者とも違うが。
...
今のところ、Dr. William DembskiあるいはUncommon Descentは反応していない。反応するとしても、基本的にはneddyのようなものになりそうだが...

タグ:id理論 UCD
posted by Kumicit at 2008/08/06 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/23

有進論的進化を論じて、フロントローディングを許容してしまうUncommon DescnetのThomas Cudworth

有神論的進化論とは以下のようなポジションを指し、自然科学と両立する。ただし、人によって主張には差異がある:

  • 神は存在する
  • 神は、知的生命が存在できるような物理定数を定めて、140億年前に宇宙を創造した。
  • 地球は45億年前に、神がつくったプロセスに従って、生まれた。
  • 小進化は事実
  • 大進化は、すべての生物は進化過程(ネオダーウィニズムを含む)により出現できるように神が定数や自然法則を定めたことによる。進化は神が人間を創るために使った。
このポジションを、インテリジェントデザイン運動は非常に嫌っている。

あらためて、その理由を、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentThomas Cudworthが書いた
This has a theological consequence. If evolution is out of God’s control, it is incompatible with the notion of providence – the notion that God provides for the future needs of the earth and its inhabitants. God can hardly, for example, provide for the need of Hagar in the desert, if he can’t even guarantee that the human race, of which Hagar is a member, will ever emerge from the primordial seas. (The radical contingency of the Darwinian mechanism is captured well by Darwinist Stephen Jay Gould, when he wrote that if the tape of evolution were rewound and played again, the results would be entirely different. Once God sets a truly Darwinian process in motion, he has no control over whether it will produce Adam and Eve, a race of pointy-eared Vulcans, or just an ocean full of bacteria.)

これには神学的帰結がある。進化が神の制御のもとにないなら、神が地球とその上の居住者のために将来必要なものを与えるという、摂理の概念とは相いれない。たとえば、神はハガル[創世記16章: Abrahamとの間にIshmaelをもうけた女性]が構成員である人類が原始の海から出現することすら保証できないので、ハガルが砂漠で必要とするものを準備できない。(ダーウィンのメカニズムの根源的な偶発性はダーウィニストSteven J. Gouldによてうまく表現されている。彼は進化のテープが巻き戻されて、再生されるなら、結果はまったく違うものになるだろうと書いている。神がひとたびAdamとEveを生み出す過程を起動したら、AdamとEveが生み出されるか、尖った耳のバルカン人が生み出されるのか、あるいは細菌に満ちた海が生み出されるのか、神は制御できない。)

A non-providential God is clearly not an orthodox Christian God, and it therefore appears that theistic evolutionism generates heretical Christianity. As I see it, the only way for theistic evolutionists to escape this consequence is to argue that mutations seem like chance events from the human perspective, but from God’s perspective are foreordained. But in that case, “evolution” is really just the actualization of a foreseen design over a very long time frame; the “purely natural causes” spoken of by the TEs are really just the unrecognized fingertips of the very long arm of God. This view, which we might call “apparent Darwinism,” fails to get God out of the process of natural causation, which was (as Cornelius Hunter has argued) Darwinism’s historical raison d’être.

摂理なき神は明らかに正統的キリスト教の神ではない。したがって、有神論的進化論は異端的キリスト教を生み出すようだ。私の見たところ、有神論的進化論がこの帰結を逃れるには、人類から見ると突然変異は偶然に見えるが、神の視点からは定められた運命と論じるしかない。しかし、この場合は、「進化」はまさに、はるかな時間フレームの中で予め予定されたものを現実化するものになる。有神論的進化論者が「純自然原因」というとき、それは神の長き腕の見えない指先を意味する。我々が「見かけのダーウィニズム」とでも呼ぶべき、この見方は、(Cornelius Hunterが言うところの)歴史的レゾンデートルたる「自然の因果律から神を排除」を実現できていない。

Thomas Cudworth: "Theistic Evolutionists, Your Position Is Incoherent — But We Can Help You!" (2008/06/21) on Uncommon Descent]
Thomas Cudworthの主張は神学についてはそれらしいが、有神論的進化論の意義として「自然の因果律から神を排除」を述べたところで、おそらく意図的に間違えている。

有神論的進化論とインテリジェントデザインを分かつのは、フロントローディング(Front loading)と介入(Intervention)である。超越的が、自然法則と初期値という形で宇宙(あるいはインフレーション宇宙の群れでも、高エネルギーの真空でもいけど)を実装しているのか、それとも宇宙誕生後に超自然的に宇宙へ介入したかである。そして、有神論的進化論は、「因果律から神を排除」するのではなく「神の介入を排除」する。

あまり正確ではないが、あえて言うと、この世界がモンテカルロシミュレーションとするなら、

  • この世界は、ある乱数系列のもとでは人類は出現するようになっているというのが有神論的進化論。
  • この世界は、乱数系列をどう選択しても人類は登場しないので、「デバッガをアタッチして、変数の値を書き換える」のがインテリジェントデザイン。

これをあいまいにしたまま論を進めるThomas Cudworthは、インテリジェントデザインを意味のない主張に変えてしまう。Thomas Cudworthは有神論的進化論者に対して:
You can keep evolution (understood as common descent) and all its evidences, including the fossil record, Darwin’s arguments about biogeographical distribution, and a 4.5-billion-year-old earth. We don’t even ask you to pledge allegiance to intelligent design; we just ask you to abandon your a priori prejudice that design in nature can’t possibly be detectable, and to join us in investigating the question.

共通祖先として理解される進化論と、化石やダーウィンによる生物学的地理分布や45億年の地球などを含む証拠全てをそのまま維持できる。インテリジェントデザインを認める必要すらない。自然界にあるデザインが検出不可能だという偏見を捨てて、この問の探求に加わってほしい。

[Thomas Cudworth: "Theistic Evolutionists, Your Position Is Incoherent — But We Can Help You!" (2008/06/21) on Uncommon Descent]
Thomas Cudworthは、フロントローディング(Front loading)と介入(Intervention)を判別すること、すなわち生物および生物器官はデザインのように見えるが、それが誰かが直接実装したのか、進化過程によって出現したかの議論を棚上げしようとしている。

それを棚上げしたら、インテリジェントデザインの主張は何も残らない。インテリジェントデザイン運動が好んで使う「進化論はunguided, undirected, purposelss」という論点を棚上げしたことになるからだ。
タグ:UCD
posted by Kumicit at 2008/06/23 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/02/22

同じ反進化論記事の転載を続ける数学者Granville Sewell

2007年09月23日に取り上げた、反進化論なポエムを書く数学者Granville Sewell教授。

==>ふたたび数学者Sewellがポエムな反進化を語る (2007/09/23) on 忘却からの帰還

これの元ネタは:
==>Granville Sewell: "My Failed Simulation" on Granville Sewell' Page on University of Texas El Paso
で、これはUncommon Descentに転載されている。
==>Granville Sewell: "My Failed Simulation" (2007/09/22) on Uncommon Descent

あれから半年近くが経過した2008年2月15日に、Granville Sewell先生は、こんどは保守系な雑誌Human Eventsに転載した[via Uncommon Descent]。

==>Granville Sewell: "Failed Simulation on Creation (2008/02/15) on Human Events

Granville Sewell先生自らUncommon Descentに書いた転載お知らせによれば、ちょと変更あり:

  • タイトルに"on Creation"追加。ただし、これは編集部によるもので、先生のお好みではない
  • "friend"の前に"imaginary"をつけて、架空の話であることを明記


Human Eventsには幾つかコメントが付いていた。Uncommon Descentと違って、敵対コメントは削除されないので、こんなのも:
This is an incredibly weak, verging on pedantic, assault on natural selection. To start with, there is *no way* a computer, unless it was powerful enough to draw the scrutiny of the Pentagon, the CIA, and the Secret Army of Microsoft, could handle all the variables involved in a simulation as hugely ambitious as this one.

これは、自然選択に対する、信じれれないくらい弱い、衒学な攻撃だ。そもそも、ペンタゴンとCIAとMicorosfot秘密部隊の詳細な調査を招くようなコンピュータでないと、こんな壮大に野心的なシミュレーションの全変数を扱えない。

The premise of this article is laughable. Try some real science and get back to us.
この記事の前提はアフォすぎる。顔を洗って出直して来い。

Donovan, Washington, DCFeb 15, 2008 @ 03:16 AM


My deepest apologies. In my previous post I referred to the methodology of this article as "pedantic". I retract that statement. The word I meant to use was "pedomorphic".

深く謝罪。さっきのコメントで、この記事の方法論について「pedantic(衒学的・学者ぶる)」と書いた。その表現を撤回する。使おうとした単語は「pedomorphic(少年の特徴が大人になっても残っている)」だった。

Donovan, Washington, DCFeb 15, 2008 @ 03:36 AM

タグ:id理論 UCD
posted by Kumicit at 2008/02/22 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/02/12

ブーメランなDembski

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiが、仲間たちとのブログUncommon Descentで、何故か、万能理論"形態場"を唱えるDr. Rupert Sheldrakeの記述を引用した。

これについて、Panda's ThumbのPvMがツッコミを入れている:
Dembski, somewhat ironically, quotes from January 13th 2008 - Sheldrake exposes Dawkins as a fundamentalist pseudoskeptic which references a blog article by Rupert Sheldrake

Dembskiが、Rupert Sheldrakeのブログ記事を参照した記事を皮肉にも引用している。
Dawkins has of course every right to promote his religious views- in this case, the religious views of atheistic materialism, which considers evidence for presumably transcendental phenomena a mortal threat to its belief system. However, when Dawkins and people like him promote their views in the name of science, they commit labeling fraud. Dawkins may be a scientist by trade, but when he acts and argues as a fundamentalist believer in materialism, ignoring evidence that challenges his belief system, then he commands no more credibility and scientific authority than any other kind of religious believer.

Dawkinsには、もちろん、超自然現象の証拠と思われるものは、Dawkinの宗教信念に破滅的脅威を与えるものと考えるという、無神論の唯物論という宗教的観点を推進する権利がある。
しかし、Dawkinsたちが自らの見方を科学の名のもとに宣伝するなら、詐欺になるだろう、Dawkinsの職業は科学者だろうが、彼は唯物論の原理主義的信者として、振る舞い論じ、彼の信仰に反する証拠を無視するとき、彼はもはやいかなる宗教信者以上に、信憑性も科学的権威もない。


....

I doubt if Dembski appreciated the double edge sword.
おっとブーメラン。

[PvM:"The double edge sword" (2008/02/06) on Panda's Thumb]
みごとなブーメランな記述を引用するDembskiである。

そして、もうひとつの皮肉は、引用元の執筆者であるSheldrakeの万能理論"形態場"が、まさに万能理論であるが故に、インテリジェントデザイン理論の代替理論にもなっていること。「空間距離に依存せずの情報を伝達する」という「万能な場」である形態場が、多宇宙に働けば、どんな現象だった説明してしまう。無数の宇宙の間で、「進化の成果」を交換できれば、突如として、「進化の隙間」を超えた生物が出現するのも当然。そして、その証拠は、インテリジェントデザインとまったく同一、すなわち「進化論で説明できないものは、多宇宙形態場のせいだ」。

タグ:id理論 Dembski UCD
posted by Kumicit at 2008/02/12 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/02/07

デザインチャレンジに対するUncommon Descentのアフォな反応

2月4日のエントリで取り上げた「Ian Musgrave出題のデザインの検出」

==>Ian Musgrave: "Take the Intelligent Design Challenge!" (2008/01/31) on Panda's Thumb

について、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentのDaveScotが反応をした。

==>DaveScot:"“Intelligent Design Challenge” Challenge" (2008/02/01 03:18) on Uncommon Descent

The sequences provided code for 80 amino acids. That’s almost certainly not a whole protein and not enough information to determine design/non-design. Indeed, none of the six sequences begin with a start codon

シーケンスは80アミノ酸である。ほぼ確実に、タンパク質全体ではないし、デザインか否かを判断するには十分な情報ではない。実際、6つのシーケンスはスタートコドンから始まっていない。
十分な情報じゃないというDaveScotの記事は2/1 03:18付けである。DaveScot

タイムゾーンにもよるが、Panda's ThumbのコメンタたちがBLASTを起動して、結果を出して、コメントしたのが、それから3時間後くらい:

http://pandasthumb.org/archives/2008/01/take-the-intell.html#comment-141753
Comment #141753 on February 1, 2008 6:36 AM

http://pandasthumb.org/archives/2008/01/take-the-intell.html#comment-141757
Comment #141757 on February 1, 2008 7:05 AM

人間によるデザインか否かの答えはあっさり出ていた。DaveScotはバイオ系ではないようで、BLASTとか知らなかったみたいだ。

そして、「デザイン」とは何かを語ってくれる。いかに役に立たない概念であるかを明瞭に示す形で:
We’d compare the suspect gene to a full genome sequence of the closest relatives we could find in the genome database. We’d then take the closest matching gene, apply the principles Mike Behe described in “The Edge of Evolution”, and from the sequence deviations find if the suspect gene goes beyond the edge of evolution or not.

我々は、判定対象のゲノムを、ゲノムデータベースにある最近縁の生物のゲノムシーケンス全体と比較する。もっとも近縁だとマッチしたゲノムに対して、Michael Beheの"The Edge of Evolution"に書かれた基準を適用し、The Edge of Evolution(進化の限界)を超えているか判定する。

Determining the functionality of a gene from its sequence isn’t within the scope of ID so that’s a red herring.

シーケンスからゲノムの機能を判定することは、インテリジェントデザインの対象外である。それができないことはインテリジェントデザインの欠点ではない。
普通に解釈すると「BLASTで類似品が見つからなかったらデザインだ」ってとこかな。

有意味なことのいえないDaveScotだが、コメント欄はもう少し面白い。
14 dgosse 02/01/2008 5:26 pm

It occurs to me that DNA is one of the “irreducably complex” artifacts that are evidence of design. It sounds to me as if Mr. Musgrave is challenging you to detect a 2nd level of design hidden in the (obvious) design of DNA.

DNAは還元不可能に複雑な被造物であってデザインの証拠だと思う。Musgraveの挑戦は、明確なデザインであるDNAに隠れたレベル2のデザインを検出しようというものである。

Certainly it is his opinion that the 2nd level information that was inserted by an intelligent agent is indistiguishable from the 1st level information allegedly inserted by random chemical events.

インテリジェントエージェントによって挿入されたレベル2情報は、ランダムな化学現象で挿入されたと主張されるレベル1情報と区別がつかないというのが、彼の意見。
Ian Musgraveの仕掛けに見事にはまったコメント。インテリジェントデザイン理論では、インテリジェントデザイナーによる生物デザインと人間によるデザインは識別できないと言っている。すなわち、インテリジェントデザイン理論的にはIan Musgrageの出題に対する答えは「全部デザイン」になる。

タグ:UCD id理論
posted by Kumicit at 2008/02/07 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/02/06

エントリ削除で「論争を教えたくない」ことを示したUncommon Descent

Panda's ThumbのPvMによれば、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon Descentがまたエントリ削除した。

Google Cacheに残されたエントリ本体は:

http://www.uncommondescent.com/intelligent-design/dr-geoff-simmons-vs-pz-myers-debate-link-to-listen-to-it/

31 January 2008
Dr. Geoff Simmons vs PZ Myers Debate (link to listen to it)

DaveScot

Click here to listen live at 3PM Central Standard Time today: Dr. Geoff Simmons vs PZ Myers Debate
進化生物学のPZ Myers準教授とインテリジェントデザイン運動側(Discovery Instituteのフェロー)Dr.Geoff Simmonsのディベート番組紹介エントリで、番組についてのコメントがこれにつけられていた。

Panda's ThumbのPvMによれば、エントリ削除の理由は、「がっかり」なものだったから:
In a recent posting on Uncommon Descent, ID proponents showed their disappointment with Discovery Institute’s Senior Fellow Simmons performance in his much touted debate (
click to download MP3 file
) with PZ Myers. Soon thereafter, the link was deleted, showing how Intelligent Design is not truly interested in teaching the controversies, when said controversies make ID look foolish.

Uncommon Descentの最新ポストで、インテリジェントデザイン支持者は、Discovery InstituteのシニアフェローSimmonsの、PZ Myersとの対決でのパフォーマンスにがっかりだった。既にポストは削除されている。このことは、インテリジェントデザインがアホにみえるような論争を教えることに、インテリジェントデザイン運動が本当に興味がないことを示している。

Luckily the comments were saved by antievolution.org
ラッキーなことにコメントがここに残っている。

Some of the comments:


I’m with you bFast, I was disappointed by Dr. Simmons’ arguments and performance and think PZ easily won the debate.

Dr.Simmonsの論とパフォーマンスにはがっかりだ。PZ は簡単に勝ったと思う。

BTW, I’ve not listened to the debate yet…probably will. But, after reading this thread, it appears that I can look forward to becoming phyically ill afterward.

まだディベートを聞いていないんだが... たぶん聞くかな。でも、このスレを読んだので、聞いた後で、肉体的に気分悪くなりそう。

“PZ mentions specific “intermediate” whale fossils, SIM is unaware of the names of the 5 to 10 transitionals that is claimed — shame! Frustrating ”

PZはクジラの中間化石に言及したが、SIMは5〜10の中間段階とされるものの名前を知らなかった。カッコワル。


[PvM: "Teach the controversy? Or when ID expells… A case of missing links" (2008/02/01) on Panda's Thumb]
以上のコメントは確かにGoogle Cacheにも残されている。

コメント欄はその後、自発的雪辱戦な状況になっていたのだが、それでは不十分だったのか、そもそも惨敗がいやだったのか、エントリ削除となっている。

でも、削除したところで、「"Teach the controversy"(進化論についての論争も教えろ)と主張するインテリジェントデザイン運動だが、その論争にはインテリジェントデザインの惨敗は含まれない」ことを示す証拠になってしまうことになる。負けよりも問題なのだが、そんなことはインテリジェントデザイン運動は気にしないようだ。



タグ:UCD id理論
posted by Kumicit at 2008/02/06 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/01/27

古い地球を認めるインテリジェントデザイン支持者が"若い地球の創造論"を容認する理由

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon Descentの執筆者のひとりでモデレータでもあるDenyse O'Learyは、カトリックであり、"若い地球の創造論者"のような聖書解釈をしていない。福音主義キリスト教徒であるDr. William Dembski自身も"若い地球の創造論"のポジションをとっていないとされている。インテリジェントデザイン理論家でカトリックのDr. Michael Beheも同様

であるなら、"Big Tent"構想を捨てて、"若い地球の創造論"を粉砕しつつ、通常科学における地質学・古生物学の時系列のもとで、インテリジェントデザインを実装しなおすという選択肢があってもよさそうだ。が、実際にそのような選択肢はない。

その理由をDenyse O'Learyは2つ挙げている。そのひとつは、そんなことをしても、インテリジェントデザインが科学界に受け入れられるようにはならないこと:
That said, I don't agree that ID would be better accepted if the ID guys blew off the YEC guys.
To a materialist, ID would be "anti-science" if YEC had never existed, because a materialist understands science as applied materialism.

インテリジェントデザイン支持者が"若い地球の創造論者"を粉砕すれば、インテリジェントデザインはより受け入れられるようになると言うかもしれない。しかし、それに私は同意しない。
"若い地球の創造論者"が存在しないなら、唯物論者にとって、インテリジェントデザインが反科学になる。というのは、唯物論者は科学を応用唯物論と考えているからだ。
...

I'm not even an ID supporter in the conventional sense. That is, I am not sure that current ID hypotheses are the correct way to understand the large amount of information in life forms that is obviously not adequately accounted for by Darwinian fairy tales. So I describe myself as a post-Darwinist. ... My main stake in this controversy is to promote a more responsible debate, less dependent on the US culture wars.

私はふつうの感覚ではインテリジェントデザイン支持者ですらない。私は、「インテリジェントデザインが、ダーウィンのおとぎ話では適切に説明できないことが明らかな、生物における大量の情報を理解する正しい方法」なのか確信していない。それで私は自らをポスとダーウィニストと称している。... この論争における私の主たる役割は、米国の文化戦争にあまりかかわらない、より信頼できる議論の促進である。

But if you think for a moment that I am less likely to be attacked by materialists, Darwoids, et cetera, on that account, well, google my name and see what you come up with.

しかし、それで、唯物論者が私をあまり攻撃していないと思うなら、私の名前をぐぐってほしい。
[Should the ID guys dump the young earth creationists? Participate in studies? (2007/03/28) on O'Leary個人ブログ]
そして、二つめの理由として、非唯物論という点で共通していることを挙げている:
the reality is that all non-materialists have something in common that they do not share with materialists. I think that ID types of whatever flavour would do well to keep that in mind.

すべての非唯物論者は共通して、唯物論者と共有しない何かを持っていることである。私はいかなるタイプのインテリジェントデザインも、そのことを覚えておくことが賢明であると思う。

[Should the ID guys dump the young earth creationists? Participate in studies? (2007/03/28) on O'Leary個人ブログ]
インテリジェントデザイン運動では、「科学の原則たる方法論的自然主義=超自然に言及しない」と「形而上学的自然主義=唯物論=超自然は存在しない」を同一視する。「超自然=超越的神をも科学の対象とする」という科学の再定義を支持するという点で、"若い地球の創造論"と一致しているというのがO'Learyが、"若い地球の創造論"を粉砕しない第2の理由ということらしい。

しかし、それは、「たとえ、"間違った科学"であっても、叩いても自陣営に有益でなく、むしろ共通点があるなら容認する」と言っているに等しい。それでは、「超自然もあり」という科学の再定義を行ったとしても、なおインテリジェントデザインは反科学であり続けることになる。
posted by Kumicit at 2008/01/27 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/01/20

DembskiブログのSalvador Cordovaは「光速は過去にはもっと速かった」と言う"若い地球の創造論者"

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon Descentの執筆者のひとりSalvador Cordovaは"若い地球の創造論者"である。

==>
"若い地球の創造論者"として発信するSalvador Cordovaの個人サイトYoung Cosmos

そこのブログで、Salvador Cordovaは「宇宙も地球も6000歳なのに、遠くの星が見える理由」について論じたエントリをポストした。
But there have been observations that the speed of light may not be constant. In 2002, the prestigious scientific journal Nature reported on the work of Paul Davies and variable speed of light. The controversy still remains.

しかし、光速が定数ではないかもしれないという観測がある。2002年に一流の科学誌NatureがPaul Davisの成果と光速の変化について報告した。論争はまだ残っている。
...

A variable speed of light also leads to solving problems in radiometric dating. It can be shown that radioactive processes are tied to the speed of light. It stands to reason that radioactive decay may not have been constant over time, thus our estimates of based on age might have to be adjusted if the speed of light were faster in the past.

光速が変数であることは、放射性同位元素による年代測定の問題も解決する。放射性同位元素の崩壊過程は光速によって拘束されることを示せる。放射性同位元素の崩壊速度は一定ではなく、したがって過去に光速が現在より速ければ、年代測定を補正する必要が出てくるかもしれない。

[The two fundamental unsolved problems for the Young Cosmos hypothesis (2008/01/03) on Young Cosmos]
ということで、光速変化説をとるらしい。でも、これ創造6日間は1兆倍くらい速くないといけないし、それだけ速いと、放射性同位元素の崩壊も思いっきり加速して、地球が溶けちまうだろう....ということがわかっていて、既に"若い地球の創造論"ミニストリAnswers in Genesis/Creation Ministries Internationalなどが放棄したネタ[ie. Hartnett 2003]なのだが。

これからすると、Salvador Cordovaは"若い地球の創造論"の動向には疎いようだ。

でも、最近流行のネタはちゃんと追っていた。同じエントリで「創造論者の主張 -- Maxwellは創造論者」を使っていた:
The speed of light has been assumed to be constant according to the creationist Maxwell’s celebrated equations of electrodynamics. The irony therefore is that creationism’s most celebrated physicist (next only to Isaac Newton) also wrote a set of equations that convincingly argue the world is old!!!

[The two fundamental unsolved problems for the Young Cosmos hypothesis (2008/01/03) on Young Cosmos]
これは以下のようなJames Maxwellの記述を証拠として主張された「Maxwellは創造論者」という創造論者の主張で、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteのDr. Micahel Egnorなども「Maxwellは科学に神のデザインを見た」と主張している。
No theory of evolution can be formed to account for the similarity of molecules, for evolution necessarily implies continuous change, and the molecule is incapable of growth or decay, of generation or destruction. None of the processes of Nature, since the time when Nature began, have produced the slightest difference in the properties of any molecule. We are therefore unable to ascribe either the existence of the molecules or the identity of their properties to any of the causes which we call natural.

分子の類似性を説明するために、いかなる進化の理論も形成できない。何故なら、進化は必然的に連続的な変化を意味するが、分子は成長や崩壊もすることがなく、生成も破壊もされてない。自然界が存在したときから、いかなる自然界の過程も分子の性質にわずかな違いさえも創らなかった。従って、我々は分子の存在あるいは分子の性質が自然と呼べる原因によるものだと言えない。

[James Clerk Maxwell: "Discourse on Molecules" via Lewis Campbell and William Garnett: The life of James Clerk Maxwell"]
この引用を証拠として初めて提示したConservapediaの「James Maxwell」である。そこでは「生物学はMaxwellの専門分野ではなく、Maxwellがコメントした当時は、科学分野として進化論はまだ発展していなかったことに注意」とした上で、「These quotations may be offered up in support of the idea that Maxwell was opposed to the theory of evolution」とまで弱めた表現で紹介している。

それを素直に「creationist Maxwell」と書くSalvador Cordovaは、やはり"若い地球の創造論者"そのものなのである。

関連エントリ

posted by Kumicit at 2008/01/20 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/01/15

O'Learyの期待に反して?あさっての方向へ走るUcDのコメンターたち

The Avalon Explosionを、さっそくDr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentのO'Learyがうれしそうに取り上げた:
Contrary to popular misconceptions, the history of life shows no steady Darwinian march of progress, and the recent discovery about the Avalon explosion is yet another blow to an idea that is kept alive only by ideology, not evidence ...

広まっている誤解に反して、生命の歴史はダーウィンの安定的発展をしておらず、Avalon Explosionのような最近の発見は、証拠ではなくイデオロギーによって維持されている考えに対する新たな打撃になるだろう...

[Today at Design of Life: The Avalon explosion: Another intricate, Darwin-busting puzzle (2008/01/11) on Uncommon Descent]
しかし、意に反してコメンターたちは、あさっての方向へ走って行った(コメント欄はもデレートされているので敵対コメントは掲載されないが、"あさっての方向"は許容したもよう)。

1 Mapou 2008/01/11 13:09

It sounds almost as if some intelligence was conducting an experiment. Or maybe just having a little fun.
あるインテリジェンスが実験をしているみたいだ。あるいは楽しんでいるだけか。


4 Mapou 2008/01/11 15:34

Yes. I have also entertained the idea that these early explosions of lifeforms followed by extinction were a form of terraforming, so to speak. IOW, the intelligent designer (or deity, if you wish) may have been preparing the ecosystem for the more interesting species to come later.

初期の生命形態の爆発と滅亡は、テラフォーミングだという考えを楽しませてもらった。要は、インテリジェントデザイナーあるいは神が、後のもっと興味深い種のための生態系の準備をしたかもしれない。


10 SCheesman 2008/01/11 16:57

There may be a more pragmatic reason; the Ediacarans might have possessed a certain metabolism specially designed to produce conditions necessary for the subsequent survival and flourishing of the cambrian explosion life forms, such as the production of essential nutrients and soils. Purpose completed, they were programmed to extinguish themselves to make room for what followed. ...

もっと実用的な理由があったかもしれない。エディアカラ生物群は、カンブリア爆発の生命形態が全盛となるのに必要な条件、たとえば重要な栄養分と土壌をつくるために特別にデザインされた代謝系を持っていたかもしれない。目的が完了したら、後続の生物の生活の場を与えるために自滅するようにプログラムされていたかもしれない。
なにやらSF調になってきた。さらにコメンターたちはSFへと踏み込んでいく:
12 leo stotch 2008/01/11 17:34

Or perhaps their purpose was, as someone suggested here a while back, to exist solely to become the precursor material to the vast oil reserves that power man’s industrial society.

あるいは、おそらく、彼らの存在の目的は、誰かが指摘したように、人間の産業の原動力となる膨大な石油備蓄のための材料となるためだったかもしれない。
そこまで言うかい?

15 Mapou 2008/01/11 20:46

Wow! This has got to be one of the most original hypotheses yet on the possible cause of the extinction of the dinosaurs. I love it. Has this idea been around or did you just come up with it? It’s beautiful. It could be used as part of the plot for a sci-fi novel or screenplay, you know. Not necessarily about the earth but some other planet in some distant galaxy. Just a thought.

おおおっと、これは恐竜絶滅の原因仮説として最もオリジナルなものだろう。うん、いいよこれ。これまで、そんな考えがあったかい? すばらしい。SF小説かSF映画のプロットに使えるかもしれないぞ。別に地球でなくても、どこか遠くの銀河の惑星でもいい。
こういう話の流れをO'Learyは期待していなかっただろう。

もしかすると、このコメンターたちは、創造論も福音主義な神も踏みつぶして、SF世界へと踏み込んでしまっているのかもしれない。

タグ:id理論 UCD
posted by Kumicit at 2008/01/15 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/01/08

あいかわらずマルチバース vs デザインを語ってみるUncommon DescentのDLH

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログのDLHがマルチバースについて簡単なエントリをポスとした。基本的な主張は、かなり昔からあるもので...

「ファインチューニング」==(観測者選択効果)==>「マルチバース」
「ファインチューニング」==>「創造主」

Making Space for Time - Physicists meet to puzzle out why time flows one way. Scott Dodd. Scientific American, January 2008 p 26,27,28.
時間のための空間を作る -- 物理学者は時間が何故に一方向に流れるかという謎に直面する

This article cites physicists invoking multiverses to explain high order in the early cosmos – and that less order would have prevented universes from surviving or evolving to support intelligent life.
This sounds like evidence for Intelligent Design - and efforts to explain it away. This calls for brilliant astrophysicists and mathematicians to address this controversial evidence from an ID perspective.

この記事は、初期宇宙の高い秩序を説明するためにマルチバースを召喚する物理学者を引用する。そして、秩序の宇宙は存続できないか、知的生命を維持できるように進化しないと。
これはインテリジェントデザインの証拠のように思える。その説明の方法も。これは、インテリジェントデザインの観点から論争対象の証拠について才能ある宇宙物理学者と数学者を必要とする。
[DLH: "“Making Space for Time” - Is cosmic order evidence for ID?" (2007/12/28) on Uncommon Descent]
特に目新しいこともなく、ネタがないだけのDLHかな?

まあ、この設定そのものが間違っていて

「ファインチューニング」==(観測者選択効果)==>「マルチバース」==>「創造主」

という経路もありなんだけどね。
posted by Kumicit at 2008/01/08 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/01/02

Uncommon Descentのジョークエントリ「悪魔の進化」

インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembksiと仲間たちのブログUncommon Descentのジョークエントリから:
Theistic evolutionists disagree. Debate at TheBRITES.org.

Is there evolution in hell? There is disagreement among theistic evolutionists.
地獄に進化はあるだろうか?これについて有神論的進化論者の間に合意はないだろう。
EvoDevo_Devil.jpg
[Galapagos Finch: "Is There Evolution in Hell?" (2007/12/29) on Uncommon Descent]
これに対するコメント1番が:
WinglesS 12/29/2007 5:17 am

This might be a joke, but it raises some interesting question for Theistic Evolutionists: Were angels and demons designed or evolved? Is evolution limited to the material plane?
これはジョークなんだが、有神論的進化論者に対する面白い問題を提起しているな。天使と悪魔はデザインされたか進化したか? 進化は物質世界に限られるのか?

1. If they were designed, why can’t it be the same for things in the material world?
もし、天使と悪魔がデザインされたものなら、同じことが物質世界にあってもいいのではないか?

2. If they were evolved, how is this possible considering angel and demons possibly don’t engage in sex.
もし、天使と悪魔が進化したなら、おそらくセックスしない天使と悪魔についてどう考えればいいだろうか?

Well I admittedly don’t really know the way Theistic Evolutionists think. Perhaps they can be Christian and yet disbelieve in angels.
有神論的進化論者がどう考えるかわからないが。おそらく彼らは天使を信じなくて、キリスト教徒でありうるのだろう。
おっと、これは珍しく面白い問題。

でも、別に有神論的進化論に限らず、"若い地球の創造論"・"古い地球の創造論"・インテリジェントデザインなどにも、天使や悪魔の居場所がない。

"若い地球の創造論"における宇宙の創造・地球の創造・人類の創造に、天使も悪魔も登場しない。Answers in GenesisInstitute for Creation Researchを探し回っても、創造6日間に天使と悪魔の出番が見つからない。そして、"古い地球の創造論"のReasons to BelieveGod and Scienceを探し回っても、生物種の創造に天使と悪魔の出番が見つからない。インテリジェントデザインではデザイナーの人数・属性・能力やデザインの方法・実装方法などについて言及しないことになっている。従って、インテリジェントデザインにも天使と悪魔の出番がない。

タグ:UCD id理論
posted by Kumicit at 2008/01/02 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする