2014/08/22

オハイオ州下院に季節外れの反科学州法案HB597登場

季節外れだが、米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、オハイオ州下院に反科学州法案が提案された。
[Ohio's House Bill 597, introduced in the House of Representatives on July 28, 2014, would, if enacted, require the state's science standards to "prohibit political or religious interpretation of scientific facts in favor of another" − and a sponsor of the bill told a newspaper that it would allow local school districts to teach creationism alongside evolution and global warming denial alongside climate science.

Andy Thompson (R-District 95), who along with Matt Huffman (R-District 4) introduced HB 597, which is primarily aimed at repealing Common Core, told the Cleveland Plain Dealer (August 19, 2014) that the clause in question (in the newspaper's words) "prevents teachers and schools from only presenting one side of a political and scientific debate − global warming, for example, without presenting the other side."

2014年7月28日にオハイオ州下院に提案されたHB597は成立すれば、州理科教育基準に対して「別の側を選好して、科学的事実を政治的あるいは宗教的に解釈することを禁じる」 州法案の提案者は新聞に、この州法案により学区は進化論とともに創造論、気候科学とともに温暖化否定論を教えることができるようになると述べた。

共和党District95選出Andy Thompson州下院議員は、共和党District4選出Matt Huffman州下院議員はHB597を提案し、"Common Core"の撤回を狙っている。彼らはCleveland Plain dealer紙(2014/08/19)に対して、「地球温暖化などについて政治的及び科学的議論の一方側だけを提示し、もう一方を提示しないことを教師及び学校に禁じている」と述べた(言い間違えた)。

...

According to the Columbus Dispatch (August 19, 2014), HB 597 was assigned not to the House Education Committee but to the House Rules and Reference Committee, "which is run by top House GOP leaders and rarely hears bills." Huffman told the Dispatch that "he plans to hold six hearings over three weeks. The plan is to vote it out of committee to set up a full House vote soon after the November election."

Columbus Dispatch紙(2014/08/18)によれば、HB597は州下院教育委員会ではなく、「州下院共和党指導者たちが運営し、州法案について公聴会を開くことがあまりない」州下院議事運営委員会に送られた。Huffman州下院議員はDispatch紙に「3週間で6回の公聴会を開く計画だ。11月の議会選挙後にすぐくに、委員会をとばして、州下院本会議で議決することを狙っている」と述べた。

[Antiscience legislation in Ohio (2014/08/19) on NCSE]

Hearings on the bill are already taking place, according to the legislative website.

州議会サイトによれば、既に公聴会が開かれている。

[Update on Ohio's antiscience bill (2014/08/02) on NCSE]
多くの反進化論州法案は委員会審議で放置されて会期切れを迎える。これを避けて、本会議での議決にたどりつきたいようだ。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:




2015年度に向けた反進化論州法案は以下の通り:

  • オハイオ州下院に季節外れの反科学州法案HB597登場 (2014/08/22)


2014年の反進化論州法案はすべて廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/08/22 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/05/25

ミズーリ州下院の2つの反進化論州法案HB1587とHB1472が時間切れ廃案

ミズーリ州下院の反進化論州法案HB1587HB1472は、米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、2014年5月16日のミズーリ州議会会期切れで廃案になった。
House Bill 1472 would have, if enacted, required school districts to allow parents to have their children excused from learning about evolution: "Any school district or charter school which provides instruction relating to the theory of evolution by natural selection" would have to have "a policy on parental notification and a mechanism where a parent can choose to remove the student from any part of the district's or school's instruction on evolution." Parents and guardians would receive a notification containing "[t]he basic content of the district's or school's evolution instruction to be provided to the student" and "[t]he parent's right to remove the student from any part of the district's or school's evolution instruction." Interviewed by the Kansas City Star (February 6, 2014), the bill's sponsor Rick Brattin (R-District 55) described evolution as "just as much faith and, you know, just as much pulled out of the air as, say, any religion." HB 1472 was passed by the House Committee on Elementary and Secondary Education on March 12, 2014, but subsequently died in the House Rules Committee.

HB1472は成立していれば、子供たちが進化論を学ばないことを両親が容認することを、学区に認めることを義務付ける。「自然選択による進化理論に関する教育を行う、学区及びチャータースクールは、進化論についての教育から子供たちを除外することが可能であることを両親・保護者に通知しなければならない。」両親・保護者は「生徒たちに提供される学区あるいは学校の進化論教育の基本内容」及び「学区あるいは学校の進化論教育のいかなる部分からも子供を除外できる権利がある」という通知を受け取れれる。Kansas City Startのインタビューで、州法案の提案者Rick Brattin(共和党District 55)は、進化論を「いかなる空気、いわば州j教から引き出せるようなものでしかない」と述べていあ。HB1472は州下院初等中等教育委員会を2014年3月12日に通過したが、州下院議事運営委員会で廃案となった。

House Bill 1587 would have, if enacted, deprived administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," specifically citing "the theory of biological and hypotheses of chemical evolution" as controversial. HB 1587 would have required state and local educational authorities to "assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies and permit teachers "to help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of the theory of biological and hypotheses of chemical evolution"; it would have prevented such authorities from "prohibit[ing] any teacher in a public school system of this state from helping students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of biological or chemical evolution whenever these subjects are taught." The bill was referred to the House Committee on Elementary and Secondary Education, where it died without a hearing.

HB1587は成立していれば、特に「生物進化の理論及び生命の化学起源の仮説」についての「科学的論争」について教師が生徒に誤った教育をするのを、学校管理者が阻止することを禁じる。HB1587は州および地域教育当局に対して、「科学的論争に関する理科カリキュラムの効果的提示方法の、教師による探究を支援する」ことを義務付け、「生徒が生物進化の理論及び生命の化学起源の仮説の強いところと弱いところについての科学的論争について、理解・分析・批判・客観的にレビューできるよう支援する」ことを義務付ける。この州法案は州下院初等中等教育委員会に送られ、公聴会を開くことなく廃案となった。

[Antievolution bills die in Missouri (2014/05/16) on NCSE]
ミズーリ州下院にも反進化論州法案審議につきあっている暇はなかったようで、放置されたまま廃案となった。これにより、2014年の反進化論州法案はすべて廃案・先送り・棚上げとなった。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:




2014年の反進化論州法案はすべて廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/05/25 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/05/14

ルイジアナ州理科教育州法廃止は2014年も失敗

米国の進化論教育及び気象教育を守るルイジアナ州理科教育州法を廃止する州法案は廃案となった。
Louisiana's Senate Bill 175 (PDF) was tabled on a 3-1 vote in the Senate Education Committee on April 24, 2014, which effectively kills the bill in committee, according to the Baton Rouge Advocate (April 24, 2014). The bill, introduced by Karen Carter Peterson (D-District 5), would, if enacted, repeal Louisiana Revised Statutes 17:285.1, which implemented the so-called Louisiana Science Education Act, passed and enacted in 2008, and thus opened the door for scientifically unwarranted criticisms of evolution and climate science to be taught in the state's public schools. It was the fourth bill of its kind, following SB 26 in 2013, SB 374 in 2012, SB 70 in 2011.

[Repeal effort fails again in Louisiana(2914/04/24) on NCSE]
ルイジアナ州理科教育州法は2008年に成立後、実際には活用されていない。2011年以降毎年、廃止州法案が提案されているが、会期切れで廃案となっている。

このルイジアナ州には連邦最高裁で違憲判決を受けて失効したルイジアナ州進化論創造論均等取扱州法が、失効状態のまま残されている。連邦最高裁の判例が変わったら再利用する想定らしい。そのような州なので、活用されなくてもルイジアナ州理科教育州法を廃止する州法が成立する見込みはあまりない。


posted by Kumicit at 2014/05/14 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウスカロライナの「創造6日間にウーリーマンモスが創造された」州法案は「創造6日」への言及を削除で決着方向

米国の進化論教育及び気象教育を守るHB4482に創造論な修正を加えたが、州両院協議会で創造論な文言がない修正案が作られて州下院を通過し、州上院に送られた。
The Columbian mammoth is on track to become the official state fossil of South Carolina, with no mention of its appearance on the Sixth Day of Creation.

As NCSE previously reported, after the South Carolina House passed House Bill 4482 in February 2014, the Senate amended it to add "as created on the Sixth Day with the other beasts of the field" after each instance of "mammoth."

When the House rejected the Senate's amendment in April 2014, the bill proceeded to a conference committee, whose six members included four legislators who already voted for the "Sixth Day" version of the bill.

Yet the committee prepared a new version of the bill that omits any reference to the Sixth Day of Creation, ...

2014年4月に、州下院が州上院の修正案を否決して、「創造6日間に他の動物とともに創造された」修正に賛成した4名を含む6名に両院協議会に送られた。しかし、両院協議会は創造6日間を削除した修正案を用意した。

The amended version of HB 4482 was passed on a 98-0 vote in the House on May 13, 2014; it now presumably returns to the Senate for its approval.

HB4482の修正案は98-0で2014年5月13日に州下院を通過し、州上院へ送られた。

[A mammoth victory in South Carolina?"]
この後、サウスカロライナ州上院で再度審議されることになるが、創造6日に賛成した議員が過半数だった両院協議会で、創造6日を削除しているので、このまま着地しそう。
posted by Kumicit at 2014/05/14 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/04/06

サウスカロライナ州の「ウーリーマンモスに創造された」州法案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、サウスカロライナ州上院が、ウーリーマンモスの化石を州公式化石に指定する州下院提案のHB4482に創造論な修正を加えた。
HB 4482, as introduced in the House on January 14, 2014, designated the woolly mammoth as the official state fossil of South Carolina. According to The State (April 2, 2014), the proposal was due to eight-year-old paleontology enthusiast Olivia McConnell, in part because "its teeth were one of the first vertebra[t]e fossils found in North America, dug up by slaves on a South Carolina plantation in 1725."

Amended to specify that the Columbian mammoth (Mammuthus columbi) would be the official state fossil, HB 4482 passed the House on a 94-3 vote on February 19, 2014, and proceeded to the Senate. The Senate Committee on Judiciary tinkered slightly with the language of the bill, but reported it favorably to the Senate. When the bill reached the Senate floor in late March 2014, however, controversy ensued.

2014年1月14日に、サウスカロライナ州下院に提案されたHB4482はウーリーマンモスの化石を州公式化石に指定する。TheStateの報道によれば、提案は8歳の化石ファンOlivia McConnellによるもので、「その歯は北米で最初に発見された脊椎動物の化石で、1725年にサウスカロライナ州のプランテーションで奴隷によって掘り当てらてた」ことも理由である。

Columbian mammothを州公式化石に指定するように修正されて、HB4482は2014年2月19日に94-3で州下院本会議を通過し、州上院に送られた。州上院司法委員会は州法案の記述を少し修正して、支持意見を付けて州上院本会議へ送った。2014年3月遅くに州法案が州上院本会議に到達して、問題が起きた。

On March 25, 2014, while HB 4482 was under discussion, Kevin L. Bryant (R-District 3) sought to amend the bill to designate Genesis 1:24-25, which describes the sixth day of creation, as the official state passage from an ancient historical text. His amendment was ruled out of order as introducing "new and independent matter." NPR (April 2, 2014) reported that Bryant explained on his website, "I attempted to recognize the creator."

2014年3月25日のHB4482の審議で、共和党District3のKevin L. Bryant州上院議員が、6日間の創造を記述した創世記1章24-25節を古文書記述の州公式記述に指定しようとした。彼の修正案は「新規かつ独立な事項」として除外された。NPRの報道によれば、Bryant州上院議員は自分のサイトで「私は創造主を認識させようとした」と説明した。

Regrouping, Bryant sought to amend the bill to add "as created on the Sixth Day with the other beasts of the field" after each instance of "mammoth." He told the Greenville News (April 1, 2014), "Since we're dealing with the fossil of the woolly mammoth then this amendment would deal with the beginning of the woolly mammoth." He also suggested that the bill would survive constitutional scrutiny "because it doesn't point to a single religion."

The bill with Bryant's amendment, along with a further amendment establishing "a moratorium on the enactment of legislation establishing official state symbols and emblems," proposed by a senator who told The State, "It's past time for the state of South Carolina to recognize we have enough state official whatevers," was passed by the Senate on a 35-0 vote on April 2, 2014. 

考え直したBryant州上院議員は「マンモス」に「他の獣とともに創造の6日間に創造された」と加える修正を試みた。彼はGreenville Newsに対して、「我々はウーリーマンモスについて論じており、この修正はウーリーマンモスの起源に関するものだ。一つの宗教を指定したものではないので、憲法問題にはあたらない」と述べた。

Bryant州上院議員による修正と、「州公式が多くなりすぎたことに気付くべきときだ」とTheStateに語った別の州上院議員による「州公式シンボルとエンブレムを制定する州法を一時停止」させる修正が35-0で州上院本会議を2014年4月2日に通過した。

[A mammoth debate in South Carolina(2014/04/04) on NCSE]
事実上、公式化石指定を無力化する修正と、無力化されなければ意味を持つ創造論な修正という何がしたいのかわからない州上院修正が通過。州下院がこの修正を可決しなければ、州上下両院の調整が行われる。

Bryant州上院議員による修正は憲法修正第1条を回避できているとは考えにくい。また、州下院が審議し、州上下両院の調整を行うスケジュールが確保されない限り、州法案自体が成立しない。このまま行くと、HB4482は立ち消えそうだが。


posted by Kumicit at 2014/04/06 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/04/05

オクラホマ州下院の反科学州法案HB1674-2013が時間切れ廃案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、オクラホマ州下院の反科学州法案HB1674-2013が州上院委員会通過期限を過ぎたため廃案になった。
Oklahoma's House Bill 1674 , which would, if enacted, have deprived administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," died in the Senate Education Committee on April 3, 2014, when a deadline for House bills to be passed by their Senate committees expired. HB 1674 previously passed the Oklahoma House of Representatives on a 70-6 vote on March 3, 2014.

As < a href="http://webserver1.lsb.state.ok.us/cf_pdf/2013-14%20INT/hB/HB1674%20INT.PDF">introduced in February 2013, HB 1674 specifically mentioned "biological evolution, the chemical origins of life, global warming, and human cloning" as subjects which "some teachers may be unsure" about how to teach. Later, in February 2014, Gus Blackwell (R-District 61), a sponsor of HB 1674 along with Sally Kern (R-District 81), Arthur Hulbert (R-District 14), and Josh Brecheen in the Senate (R-District 61), amended the bill to omit the specific details.

成立すれば、「科学的論争」について教師が生徒に誤った教育をするのを管理者が阻止できなくなるオクラホマ州下院のHB1674が、州下院提案法案の州上院委員会通過期限を過ぎたため、2014年4月3日に州上院教育委員会で廃案になった。HB1674がは2014年3月3日に70-6で州下院本会議を通過していた。

2013年2月に提案された時は、特に「生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローン」を「一部の教師が教え方について不確か」である単元として挙げられていた。2014年2月に提案者Gus Blackwell (共和党District 61)が、Sally Kern (共和党District 81),やArthur Hulbert (共和党District 14)や州上院のJosh Brecheen(共和党District 61)が、単元の例示を削除する修正を行っていた。

[Two down in Oklahoma (2014/04/04) on NCSE]
オクラホマ州下院には反科学州法案を審議する時間があったが、州上院は暇ではなかったようで、SB1765と同じく、Hb1764も放置して時間切れ廃案に。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは2個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の4個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/04/05 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/22

ミズーリ州下院の反進化論州法案HB1472が委員会通過

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ミズーリ州下院の2つの反進化論州法案のひとつHB1472が州下院初等中等教育委員会を通過した。
Missouri's House Bill 1472, which would require school districts to allow parents to have their children excused from learning about evolution, was passed by the House Committee on Elementary and Secondary Education on March 12, 2014, after having a public hearing on February 13, 2014. The bill is not yet on the House calendar.

親が子供に進化論を学ばせなくてもよくすることを学区に対して義務付けるミズーリ州下院HB1472が、2014/2/13の公聴会を経て、2014/3/12に州下院初等中等教育委員会を通過した。今のところ、本法案は審議日程に載っていない。

As NCSE previously reported, the bill's sponsor Rick Brattin (R-District 55) told the Kansas City Star (February 6, 2014) that requiring students to study evolution is "an absolute infringement on people's rights" and that evolution is "just as much faith and, you know, just as much pulled out of the air as, say, any religion."

NCSEが既に報告したように、提案者である共和党District55のRick Brattin州下院議員はKansas City Star に「生徒たちに進化論を学ぶことを義務付けることは全くの人権侵害である。進化論は信仰であり、いかなる宗教と同じく、宙空より引き出されたものだ」と語っている。
...
A separate antievolution bill in Missouri, House Bill 1587, which would deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies" around evolution, is still with the House Committee on Elementary and Secondary Education, where no hearing for it is yet scheduled.

進化論についての科学的論争について誤った教育を生徒に行う教師を阻止する権限を管理者から奪う、ミズーリ州下院のもう一つの反進化論州法案HB1587は州下院初等中等教育委員会にあって、公聴会などはスケジュールされていない。

[Missouri antievolution bill advances (2014/03/19) on NCSE]






現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/03/22 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/15

メモ「Ignorance led to ...」

Brigham and Women’s Hospital (Harvard Medical School)の麻酔科長をつとめるCharles Vacanti, MDはStem Cell研究界の人ではない。2014年2月2日のBoston Globeの報道によれば...
His discovery is a reminder that as specialized as science is, sometimes, a little ignorance may be a virtue. A stem-cell expert would probably never have even bothered to try the experiment Vacanti has been pursuing, on and off, since the late 1990s.

”In science, the prevailing opinion is called dogma. And dogma is often right, and often wrong,” said Arnold Caplan, a biology professor at Case Western Reserve University and friend who has acted as a sounding board for some of Vacanti’s ideas.

“He tests them out on me and if I think they’re totally stupid, I tell him, since I’m not known to be subtle,'’ Caplan said. “Most of the time, I’m encouraging, because every time we think we know something, we don’t know it exactly.”

Sitting in his office a day after he shook up the stem cell world, Vacanti was unguarded and modest.

“I know I’m wrong a lot of times, but do you know how happy I am when I’m right once in awhile?” he said. “That’s what I live for.”

彼の発見は、ちょっとした無知が時には美徳になるという、科学にありがちなことを思い起こさせる。1990年代後半から時折、Vacantiが追求してきたような実験を、普通のStem Cell専門家なら、おそらくやろうとはしないだろう。

Case Western Reserve Universityの生物教授で、Vacantiの考えを試す役割をしている友人でもあるArnold Caplanは言う「科学では有力な意見は定説と呼ばれる。定説は多くの場合正しいが、多くの場合間違っている。彼は私を使ってアイデアを試す。私は繊細ではないので、それが完全に愚かだと思えば、私はそう告げる。しかし、多くの場合、私は彼を応援する。我々は何かを知っていると思ったとき、いつも我々は正確には知らないのだから。」

Stem Cell研究界を大きく揺るがした翌日、Vacantiは無防備に控えめにオフィスにすわって、言う。「私は何度も間違ってきた。しかし、ひとたび正しければ、とてもハッピーだ。そのために私は生きている」と。

[Carolyn Y. Johnson: "Ignorance led to invention of stem cell technique -- Discoverer was freed by what he didn’t know (2014/02/02) on BostonGlobe]
Stem Cellの普通の研究者が手を出さないようなアフォネタを繰り出して、ひたすら間違えてきた人らしい。こういう人は当たるとデカイが、なかなか当たりにめぐりあわない。そこで博士課程を過ごす場合、Stem Cellネタをやったら、成果が出せずに学位を取り損ねそう。

posted by Kumicit at 2014/03/15 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/05

オクラホマ州下院に反科学州法案HB1674-2013が州下院本会議を通過

2013年にオクラホマ州下院に提案され、審議期限切れで廃案になった反進化論州法案HB1674が、再度審議日程に載り、2014年2月18日に案文が修正された。提案時点では....
The Oklahoma Legislature finds that an important purpose of science education is to inform students about scientific evidence and to help students develop critical thinking skills they need in order to become intelligent, productive, and scientifically informed citizens. The Legislature further finds that the teaching of some scientific concepts including but not limited to premises in the areas of biology, chemistry, meteorology, bioethics and physics can cause controversy, and that some teachers may be unsure of the expectations concerning how they should present information on some subjects such as, but not limited to, biological evolution, the chemical origins of life, global warming, and human cloning.

オクラホマ州議会議員は理科教育の目的は、生徒たちに科学的証拠についての情報を与え、知的で生産的で科学的に情報を与えられた市民となるために必要な批判的思考スキルを生徒たちが身につけるのを助けることであるとわかった。さらに、オクラホマ州議会議員は、生物学や化学や気象学や生命倫理や物理学の分野の命題を含むが、これらに限らず科学概念の教育が論争を引き起こし、生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローンを含むがこれらに限らず、いくつかの単元についての情報提示をいかにすべきか確信を持っていない教師がいることを知った。

[HB1674 Original]
という形で、「生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローン」という、いつもの例を挙げていたが、HB1674 Amendment]では削除された。

この修正で明示的な反進化論州法案から、もわっとした反科学州法案になったせいなのか、米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、オクラホマ州下院本会議を通過した。
Oklahoma's House Bill 1674, which would, if enacted, deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," passed the Oklahoma House of Representatives on a 79-6 vote on March 3, 2014. 

HB 1674 would, if enacted, require state and local educational authorities to "assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies" and permit teachers to "help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of existing scientific theories pertinent to the course being taught," prohibiting administrators from interfering.

成立すれば「科学的論争」について教師が生徒に誤ったことを教えるのを、教育当局が阻止できなくなるオクラホマ州HB1674が州下院を79-6で、2014/03/03に通過した。

[Antiscience bill passes the Oklahoma House (2014/03/04) on NCSE]
この後、HB1674は州上院教育委員会に送られる。審議期限の2014年4月24日までに可決されない場合は廃案となる。州上院は同様の進化論や温暖化を明示しない反科学州法案を放置モードで期限切れ廃案にしている。州上院が、このHB1674を審議日程に載せるかどうかはわからない。

ただし、共和党72名・民主党29名の州下院を79-6の圧倒的多数で通過しているので、共和党36名・民主党12名の州上院議員たちが方向を変えることもあるかもしれない。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/03/05 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/26

オクラホマ州上院の反科学州法案SB1765が時間切れ廃案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、オクラホマ州上院の反科学州法案SB1765が審議期限切れで廃案となった。
Oklahoma's Senate Bill 1765 (PDF), which would, if enacted, have deprived administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," died in the Senate Education Committee on February 24, 2014, when a deadline for senate bills to pass committee expired.
...
Still alive in the Oklahoma legislature is the similar House Bill 1674 (PDF), sponsored by Gus Blackwell (R-District 61) and Sally Kern (R-District 84); Josh Brecheen is listed as its sponsor in the Senate.

オクラホマ州上院SB1765は、成立すれば、「科学的論争」について誤った教育を生徒に行う教師を阻止する権限を損なうものだったが、2014年2月24日に、州上院教育委員会で、州上院提案法なの委員会通過期限を超えたため廃案となった。... 共和党District61選出Gus Blackwell州下院議員と共和党District84選出Sally Kern州下院議員が提案しているオクラホマ州議会にはHB1674が残っている。Josh Brecheen州上院議員がこの州法案の州上院の提案者となっている。

[One down in Oklahoma (2014/02/25)]
州上院教育委員会は、この州法案を審議するほど暇なわけもなく、州法案は放置モードのまま終了した。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは3個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の3個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/26 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/19

オクラホマ州下院に反進化論州法案HB1674-2013修正

昨日取り上げたオクラホマ州下院の反進化論州法案HB1674だが、2014年2月18日に案文が修正された。提案時点では....
The Oklahoma Legislature finds that an important purpose of science education is to inform students about scientific evidence and to help students develop critical thinking skills they need in order to become intelligent, productive, and scientifically informed citizens. The Legislature further finds that the teaching of some scientific concepts including but not limited to premises in the areas of biology, chemistry, meteorology, bioethics and physics can cause controversy, and that some teachers may be unsure of the expectations concerning how they should present information on some subjects such as, but not limited to, biological evolution, the chemical origins of life, global warming, and human cloning.

オクラホマ州議会議員は理科教育の目的は、生徒たちに科学的証拠についての情報を与え、知的で生産的で科学的に情報を与えられた市民となるために必要な批判的思考スキルを生徒たちが身につけるのを助けることであるとわかった。さらに、オクラホマ州議会議員は、生物学や化学や気象学や生命倫理や物理学の分野の命題を含むが、これらに限らず科学概念の教育が論争を引き起こし、生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローンを含むがこれらに限らず、いくつかの単元についての情報提示をいかにすべきか確信を持っていない教師がいることを知った。

[HB1674 Original]
という形で、「生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローン」という、いつもの例を挙げていた。しかし、修正後はその部分がなくなっている。
The Oklahoma Legislature finds that an important purpose of science education is to inform students about scientific evidence and to help students develop critical thinking skills they need in order to become intelligent, productive, and scientifically informed citizens.

オクラホマ州議会議員は理科教育の目的は、生徒たちに科学的証拠についての情報を与え、知的で生産的で科学的に情報を与えられた市民となるために必要な批判的思考スキルを生徒たちが身につけるのを助けることであるとわかった。
[HB1674 Amendment]
「生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローン」という例を挙げないのが、最近の流行のようで、提案者のBlackwell州下院議員はそれに合わせたようだ。

なお、この州法案HB1674がこの後に審議されていくかはわからない。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/19 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/18

オクラホマ州下院に反進化論州法案HB1674-2013復活?

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、昨年(2013)に廃案になったオクラホマ州下院の反進化論州法案HB1674-2013が復活した。
A bill in Oklahoma that would, if enacted, deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies" is back from the dead. House Bill 1674, styled the Scientific Education and Academic Freedom Act, was supposed to have died in the Oklahoma House of Representatives on March 14, 2013, when a deadline for bills to have their third reading in their house of origin passed. But it is now listed as available for consideration on the House floor in the afternoon of February 18, 2014. The first antiscience bill in Oklahoma for 2014, Senate Bill 1765, sponsored by Josh Brecheen (R-District 6), is currently before the Senate Education Committee.

House Bill 1674, would, if enacted, require state and local educational authorities to "assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies" and permit teachers to "help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of existing scientific theories pertinent to the course being taught," prohibiting administrators from interfering. As introduced, the bill specifically mentions "biological evolution, the chemical origins of life, global warming, and human cloning" as subjects which "some teachers may be unsure" about how to teach.

成立すれば教師が科学的論争について生徒に対して誤った教育を教師が行うのを当局が阻止するのを禁じるオクラホマ州下院の州法案が廃案から復活した。学問の自由形式の州法案であるHB1674は、2013年3月14日に州下院提案の第3読会の期限切れで廃案になったとみられていた。しかし、今や2014年2月18日午後の州下院本会議で審議対象リストに挙がっている。オクラホマ州の2014年の一つめの反科学州法案SB1765はJosh Brecheen州下院議員(共和党District-6)の提案であり、州上院教育委員会の前にある。

HB1674は成立すれば、州および地域教育当局に「科学論争に関する理科カリキュラムを有効に提示する方法を教師が探求するのを支援する」ことを義務付け、教師が「生徒が、教程にある既存科学理論の強いところと弱いところ客観的方法で理解・分析・批判・レビューするのを助ける」ことを許可することを義務付け、これを妨害することを学校管理者に禁じる。既に紹介したように、この州法案は特に「生物進化と生命の化学起源と地球温暖化とヒトクローン」を教師が教育方法について確信をもっていないかもしれない主題として挙げている。

[A second antiscience bill in Oklahoma(2014/02/17) on NCSE]
2014/2/18の15:32からのセッションに22本の州法案が積み上げられているので、実際にアクションがあるかはわからない。とりあえず模様眺め。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/18 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/12

ヴァージニア州下院の反科学州法案HB207が時間切れで廃案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ヴァージニア州下院の反科学集法案が、州下院教育委員会と州下院司法委員会の間を迷走したあと、時間切れで廃案になった。
Virginia's House Bill 207 died in the House Education Committee on February 11, 2014, when a deadline for bills to pass their house of origin passed. The bill, which would have deprived administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," was previously referred by the House Education Committee to the House Committee of Courts on Justice. Unusually, the latter committee refused to accept the
bill, so it returned to the former committee, which failed to consider it again before the passage of the deadline.

ヴァージニア州下院のHB207が、州下院提案法案の委員会通過期限の2014年2月11日に廃案になった。この州法案は、教師が生徒に「科学的論争」について誤った教育を行うのを、学区管理者が阻止することを禁じるもので、州下院教育委員会から州下院司法委員会に送られていた。通常と異なり、州下院司法委員会は州法案の受理を拒否し、州下院教育委員会に差し戻した。そして、委員会通過期限までに再審議されなかった。

[Antiscience bill in Virginia dies(2014/02/11) on NCSE]
ヴァージニア州下院議員たちで、この反科学州法案を相手にしようとしたのは、極少数だったようで、ゴミ箱行きに。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは3個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/12 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/08

サウスダコタ州上院のインテリジェントデザイン教育州法案SB112が提案者の要請で廃案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、サウスダコタ州上院のインテリジェントデザイン教育州法案SB112が廃案になった。
South Dakota's Senate Bill 112, which would, if enacted, provide that "[n]o school board or school administrator may prohibit a teacher in public or nonpublic school from providing instruction on intelligent design or other related topics," was killed in the Senate Education Committee on February 6, 2014, according to the Rapid City Journal (February 6, 2014).

The bill was killed at the request of its primary sponsor, Jeff Monroe (R-District 24), who told the Associated Press (February 6, 2014) that he decided that it was poorly written: "Some [members of the Senate Education Committee] agreed with the bill, but they would have had to vote against it, based on the fact that it was written poorly."

成立すれば「公立及び私立学校の教師がインテリジェントデザインあるいは関連するトピックの授業を行うことを、学区委員会あるいは学校管理者が禁じることを、禁じる」サウスダコタ州上院のSB112が、Rapid City Journalの2014年2月6日付の報道によれば、州上院教育委員会で廃案になった。

州法案は主提案者Jeff Monroe(共和党District24)の要請によるもので、彼はAssociated Press(2014/02/06)に対して「州法案文には欠陥があると判断した。州上院教育委員会の中には州法案に賛成してくれた委員もいたが、彼らは、案文に欠陥があることを理由に反対票を投じざるをえなかった。」と語った。

Monroe told the Sioux Falls Argus Leader (February 6) that the bill "was getting too big for the amount of benefit that would come of it. ... I think there are better ways to do this that don't scare the daylights out of school boards and get everybody riled up." He also told the newspaper that he thought that students should be allowed to "see both sides."

Monroe州上院議員はSioux Falls Argus Leader(2014/02/06)に対して「州法案はその利点に比して大きくなりすぎていた。同じことを実現するのに、学区教育委員会を怖がらせず、誰も怒らせない、より良い方法があると考えている」と述べた。彼は新聞に対して、生徒たちは「両論を見る」のを許されるべきだと考えていると語った。

[South Dakota "intelligent design" bill killed (2014/02/06) on ncse]
インテリジェントデザインを可能とする条文は、Kitzmiller et al v. Dover Area School District et al(2005)裁判の判例により違憲であるため、成立したとしても裁判で勝ち抜けないことは明らかだった。提案者であるMonroe州上院議員は、それに後から気が付いたのかわからないが、審議日程を浪費するわけにはいかず、審議を断念した模様。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の1個:

  • サウスダコタ州上院のインテリジェントデザイン教育州法案SB112が提案者の要請で廃案 (2014/02/08)





2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/08 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/05

ヴァージニア州下院の反科学州法案HB207が迷走中

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ヴァージニア州下院の反科学州法案が迷走している。
Virginia's House Bill 207, which would deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," is in search of a home. On February 3, 2014, the House Committee on Education referred the bill to the House Committee on Courts of Justice on a 14-8 vote. But, unusually, the latter committee refused to accept the bill, so it returns to the former committee, which is expected to consider it again at its February 5, 2014, meeting.

The referral was recommended by the House Subcommittee for Elementary and Secondary Education, which voted 4-3 for it at its January 30, 2014, meeting, according to the Washington Post (January 31, 2014). The bill's sponsor Richard P. "Dickie" Bell (R-District 20), who chairs the subcommittee, was one of the three voting against the referral, so the vote is regarded as a setback for the bill.

「科学的論争」について生徒たちに教師が誤った教育を行うことを、阻止する権限を教育当局から奪うことになるヴァージニア州下院のHB207が審議先を求めて彷徨っている。2014年2月3日に、州下院教育委員会は14:8で、州法案を州下院司法委員会に送った。しかし、異例なことに、司法委員会は受け取りを拒否したため。州下院教育委員会に差し戻された。その後、2014年2月5日の委員会で再審議されることになる。

Washington Postによれば、司法委員会への送付は、2014年1月30日に、州下院初等中等教育小委員会で4:3で推奨されたものである。州法案の提案者Richard P. "Dickie" Bell (共和党District20)は、この小委員会委員長であり、司法委員会への送付に対する反対票3票のうちの一人である。したがって、この採決は州法案を後退させるものだと見なされている。

[Mixed news from Virginia (2014/02/03) on ncse]
何やらゴミを押し付けあっているような状況だが、審議日程の都合により立消えるかもしれず、もうちょっと生き延びるかもしれず。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは5個:



2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/05 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/01

サウスダコタ州にインテリジェントデザイン教育州法案SB112が登場

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、サウスダコタ州上院に、インテリジェントデザイン授業を可能とする州法案が登場した。
Senate Bill 112, introduced in the South Dakota Senate and referred to the Senate Education Committee on January 29, 2014, would, if enacted, provide that "[n]o school board or school administrator may prohibit a teacher in public or nonpublic school from providing instruction on intelligent design or other related topics."

"A federal court already ruled in 2005 that teaching 'intelligent design' in the public schools is unconstitutional," commented NCSE's executive director Ann Reid. "So SB 112 is a recipe for disaster. If enacted, school districts are going to find themselves caught between a rock and a hard place − and they'll wind up in court."

The fifth antiscience bill of 2014, after Virginia's HB 207, Missouri's HB 1472 and 1587, and Oklahoma's SB 1765, SB 112 was introduced by Jeff Monroe (R-District 24), Phil Jensen (R-District 33), Dan Lederman (R-District 16), Ernie Otten (R-District 6), Bruce E. Rampelberg (R-District 30), and Bill Van Gerpen (R-District 19).

Seven members of the House of Representatives − Brock L. Greenfield (R-District 2), Scott W. Craig (R-District 33), Don Haggar (R-District 10), Jenna Haggar (R-District 10), Kyle Schoenfish (R-District 19), Manny Steele (R-District 12), and Hal G. Wick (R-District 12) − are also listed as sponsors, although there is no House equivalent of the bill.

2014年1月29日にサウスダコタ州上院に提案され、州上院教育委員会に送られたSB112は正立すれば、「学区教育委員会及び学校管理者に対して、公立及び私立の学校でインテリジェントデザイン及び関連の授業を行うことを禁じることを禁じる。」

「インテリジェントデザインを公立学校で教えることは違憲であると2005年に連邦法廷が判決している。したがって、SB112は災厄をもたらすことになる。成立すれば、学区は板挟みとなり、法廷闘争に巻き込まれるだろう。」とNCSEのExecutive DirectorであるAnn Reidはコメントした。

この州法案は、ヴァージニア州のHB207とミズーリ州のHb1472及びHB1587とオクラホマ州SB1765に続く、2014年5番目の反科学州法案であり、Jeff Monroe(共和党District24)とPhil Jensen(共和党District33)とDan Lenderman(共和党District16)とErnie Otten(共和党District6)とBruce E. Rampelberg(共和党District30)とBill Van Gerpen(共和党District19)州上院議員により提案された。

州下院の7名、Brock L. Greenfield (共和党District 2)とScott W. Craig (共和党District 33)とDon Haggar (共和党District 10)とJenna Haggar (共和党District 10)とKyle Schoenfish (共和党District 19)とManny Steele (共和党District 12)とHal G. Wick (共和党District 12) が提案者として挙がっているが、同等の州下院法案は登場していない。

["Intelligent design" bill in South Dakota (2014/01/30) on ncse]
明示的にインテリジェントデザイン教育を可能とする記述は珍しい。既に、連邦法廷で公立学校でのインテリジェントデザイン教育が違憲判断されているので、成立したとしても、実際に教師が権利行使すれば、裁判&違憲判決による州法の無効化に進むことになる。




現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/01 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/01/30

メモ「驚くべき数の大学生たちが満足な食事を得るのに苦闘している」

Smithsonian Magazineによれば...
[Rachel Nuwer: A Surprising Number of College Students Struggle to Find Enough Food (2014/01/29) on Smithsonian Magazine]

驚くべき数の大学生たちが満足な食事を得るのに苦闘している。

Food insecurity, a problem normally associated with poverty, also plagues college campuses
食料不安は、通常は貧困に関連する問題だが、これが大学のキャンパスをも悩ませている

Food insecurity, defined as the "limited or uncertain availability of nutritionally adequate and safe foods, and limited or uncertain ability to acquire acceptable foods in socially acceptable ways," is a problem normally associated with economic hardship. In 2011, around 15 percent of all U.S. households suffered from food insecurity, many of which also fell well below the poverty line.

According to new research, however, this problem might also impact another cohort of people: college students. In a study conducted at Western Oregon University, scientists found that 59 percent of around 350 surveyed students reported conditions qualifying them as food insecure during at least one point in the last year. In a statement, the researchers said they expected to find some degree of food insecurity on the campus, but that the actual prevalence revealed by the study was "shocking."

Increasing cost of tuition, rent, books, supplies and other higher education-related expenses may be drying up funds that students would otherwise use to feed themselves and maintain a healthy diet, the researchers hypothesize. Lacking in nutrients, the researchers say, might also impact a student's ability to perform well cognitively and excel at school.

While the study was confined to a single university, the team speculates that the results would likely apply to other campuses across the country.

栄養的に十分かつ安全な食料を手に入れることが限定的あるいは不確実であり、社会的に容認された方法で、許容できる食料を獲得する能力が限定的あるいは不確実であること」と定義される食料不安は、通常は経済的困難に官れする問題である。2011年には、米国の全世帯の15%が食料不安の状態にあり、それらの多くが貧困ライン以下だった。

新たな調査によれば、しかし、この問題は別なコホートの人々、すなわち大学生にも及んでいる。Western Oregon Universityの研究によれば、科学者たちは、調査対象の約350名の大学生の59%が、昨年1年間に少なくとも1回は食料不安の状態に陥っていたと回答した。ステートメントの中で、研究者たちはある程度の食料不安が見つかることは予期していたが、研究によって明らかになった実際の数値は「衝撃的」だと述べている。

授業料、家賃、書籍代、消耗品代、その他高等教育関連費用などの増加するコストは、本来は大学生が食料を調達し、健康的な食生活を維持するために使うべき資金を枯渇させたと、研究者たちは仮説を立てている。栄養不足は、適切な認知を行い、学業に秀でるための能力に影響を及ぼす可能性があると、研究者たちは言う。

この研究は、ひとつの大学に限定されたものだが、研究チームは、この結果が全米のキャンパスでも同様に起きていると推測している。

posted by Kumicit at 2014/01/30 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理科の授業で創造論を教えた小学校教師が訴えられた

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、理科の授業で創造論を教えた小学校教師が訴えられた。
A sixth-grade teacher's advocacy of creationism is at the center of the complaint in a lawsuit filed in the U.S. District Court for the Western District of Louisiana on January 22, 2014. The lawsuit was filed by the American Civil Liberties Union and the ACLU of Louisiana on behalf of Scott Lane, Sharon Lane, and their three children, including their son, C. C., a Buddhist of Thai heritage. Documents from the case, Lane et al. v. Sabine Parish School Board et al., are available from the ACLU's website.

2014年1月22日に合衆国ルイジアナ州西部地裁が受理した訴状によれば、訴えの中心は6学年担当教師の創造論の宣伝にある。訴訟はScott LaneとSharon Laneと、 タイ仏教徒であるC.Cを含む3人の子供たちに代って、ACLU(米国自由人権協会)及びルイジアナ州ACLUが行ったものである。Lane et al. v. Sabine Parish学区裁判の訴状は、ACLUのサイトで読める

According to the complaint (PDF), C. C.'s former sixth-grade teacher "treats the Bible as scientific fact, telling students that the Big Bang never happened and that evolution is a 'stupid' theory that 'stupid people made up because they don’t want to believe in God.'” She tells her students that "if evolution were real, it would still be happening: Apes would still be turning into humans today." She "repeatedly instructed students that evolution is not valid as a scientific theory and that God made the world 6,000 years ago." She skipped the chapter on evolution in the science textbook. In addition, she includes religious material on her science tests. On one examination, students were expected to fill in the blank in the sentence "ISN'T IT AMAZING WHAT THE __________ MADE!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!" C. C. was penalized for not supplying the word "LORD." The teacher similarly grants extra credit for writing "Isn't it amazing what the Lord has made" on assignments and examinations.

訴状によれば、C.C.の元担任教師は「聖書を科学的事実として扱い、生徒たちにビッグバンは起きておらず、進化論は髪を信じない愚かな人々によって創られたアフォな理論であると教えた。」担任教師は生徒たちに「もし進化が正しければ、今も起きているはずで、猿は人間になっているはずだ」と言った。担任教師は「繰り返し生徒たちに進化論は科学理論として有効ではなく、神が世界を6000年前に創造したと語った。」担任教師は理科教科書の進化論の部分をスキップした。さらに、理科の試験では宗教素材を使った。ある試験では生徒たちは「___が創造したものは驚くべきものではないか?」の穴埋めを求められ、C.C.は「主」と書かなかったのでペナルティを受けた。担任教師は「主」と答えた生徒を評価した。
...

[Creationism in Louisiana lawsuit (2014/01/28) on ncse]
ここまで露骨な例は多くないかもしれないが、似たような例は他にもある。これを機に、ACLUとしてはルイジアナは進化論州法Act473に対しても影響を及ぼしたいところだが...



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:
posted by Kumicit at 2014/01/30 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/01/28

ミズーリ州下院に2個目の反進化論州法案HB1587登場

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ミズーリ州下院に2個目の反進化論法案が登場した。
Missouri's House Bill 1587, introduced and given its first reading in the Missouri House of Representatives on January 23, 2014, is the fourth antiscience bill of the year and the second in the state. As is increasingly common with antiscience legislation, HB 1587 would, if enacted, in effect encourage science teachers with idiosyncratic opinions to teach anything they pleased − proponents of creationism and climate change denial are the usual intended beneficiaries of such bills − and discourage responsible educational authorities from intervening. The bill specifically cites "the theory of biological and hypotheses of chemical evolution" as controversial.

ミズーリ州のHB1587は、2014年1月23日にミズーリ州下院に提案され、第1読会が行われた。これは今年4個目の、ミズーリ州2個目の反進化論州法案である。反科学州法案に共通するものとなってきたように、HB1587は成立すれば、特異な考えを持つ教師に、自分が望むものを教えることを奨励する。創造論支持者や気候変動否定論者がこの州法案から便益を得られるように意図されている。そして、責任ある教育当局がこれを阻止することを禁じられる。この州法案は論争対象となっているものとして、特に「生物進化理論と生物の化学起源仮説」を挙げている。

HB 1587 would require state and local educational authorities to "assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies and permit teachers "to help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of the theory of biological and hypotheses of chemical evolution"; it would prevent such authorities from "prohibit[ing] any teacher in a public school system of this state from helping students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of biological or chemical evolution whenever these subjects are taught."

HB1587は、州及び地域の教育当局に対して、「教師が、科学的論争にについての理科カリキュラムをより効果的に提示する方法を見出すのを支援する」ことを求め、「生徒が生物進化理論と化学進化仮説の強いところと弱いところを、理解・分析・批判・客観的にレビューするのを、教師が支援する」のを許可することを義務付けている。そして、州及び地域の教育当局に対して、「生徒が生物進化理論と化学進化仮説の強いところと弱いところを、理解・分析・批判・客観的にレビューするのを、州内の学校の教師が支援するのを禁じる」ことを禁じている。

The sponsor of HB 1587 is Andrew Koenig (R-District 99); its cosponsors are Rick Brattin (R-District 55), Donna Lichtenegger (R-District 146), Kurt Bahr (R-District 102), Galen Higdon (R-District 11), Sandy Crawford (R-District 129), and Paul Wieland (R-District 112). Koenig was the sponsor of a string of similar bills: HB 179 in 2013, HB 1276 in 2012, and HB 195 in 2011. All failed. Koenig is also a cosponsor of House Bill 1472 in 2014, a bill that would require equal time for "intelligent design" in Missouri's public schools, including introductory courses at colleges and universities. He cosponsored the similar HB 291 in 2013 and HB 1227 in 2012; both failed.

[A second antievolution bill in Missouri  (2014/01/27) on ncse]
ミズーリ州1個目の反進化論州法案HB1472の提案者Rick Brattinは、これの共同提案者となっている。HB1472が親に対して子供に進化論教育を受けさせないようにする権利を与えるのに対して、このHB1587はよくある「強いところと弱いところ」州法案である。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/01/28 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/01/19

ミズーリ州下院に反進化論州法案HB1472登場

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ミズーリ州下院に反進化論法案が登場した。
Missouri's House Bill 1472, introduced in the House of Representatives on January 16, 2014, is the third antiscience bill of the year, following Virginia's HB 207 and Oklahoma's SB 1765. If enacted, the bill would require "[a]ny school district or charter school which provides instruction relating to the theory of evolution by natural selection" to have "a policy on parental notification and a mechanism where a parent can choose to remove the student from any part of the district's or school's instruction on evolution." Parents and guardians would receive a notification containing "[t]he basic content of the district's or school's evolution instruction to be provided to the student" and "[t]he parent's right to remove the student from any part of the district's or school's evolution instruction."
...
The sponsors of HB 1472 are Rick Brattin (R-District 55) and Andy Koenig (R-District 99). Both have a history of sponsoring antievolution legislation in Missouri. In 2012, Koenig sponsored and Brattin cosponsored House Bill 1276, a "strengths and weaknesses" bill, and Brattin sponsored and Koenig cosponsored House Bill 1227, which would have required equal time for "intelligent design" in public schools, including introductory courses at colleges and universities. In 2013, Koenig sponsored and Brattin cosponsored House Bill 179, a "strengths and weaknesses" bill, and Brattin sponsored and Koenig cosponsored House Bill 291, which would have required equal time for "intelligent design" in public schools, including introductory courses at colleges and universities. All died.

ミズーリ州下院に2014年1月16日に提案されたHB1472は、ヴァ―ジニ州下院HB207及びオクラホマ州上院SB1765に続く、今年3つめの反科学州法案である。成立すれば、「自然選択による進化論に関する授業を行う、いかなる学区あるいはチャータースクール(公設民営学校)」に対して「両親への通知ポリシーと進化論ついての学区あるいは学校の授業から生徒を除外できるメカニズム」を持つことを義務付ける。そして、両親及び保護者は「生徒たちに提供される学区あるいは学校の進化論について授業の基本内容」について書かれた通知を受け取り、「学区あるいは学校の進化論について授業から生徒を除外する権利」を持つ。
...
HB1472に提案者は、Disctrict-55選出の共和党Rich Brattin州下院議員と、District-99選出の共和党Andy Koenig州下院議員である。彼らはいずれも、これまでにもミズーリ州で反進化論州法案を提案してきた。2012年には、Koenigが提案者、Brattinが共同提案者として、「強いところと弱いところ」なHB1276を、Brattinが提案者、Koenigが共同提案者として、「公立学校及び大学の入門コースでのインテリジェントデザイン等時間教育」なHB1277を提案した。2013年には、Koeningが提案者として、Brattinが共同提案者として、「強いところと弱いところ」なHB179を、Brattinが提案者として、Koeningが共同提案者として、「公立学校及び大学の入門コースでのインテリジェントデザイン等時間教育」なHB291を提案した。いずれも廃案になっている。

[Antievolution legislation in Missouri (2014/01/17) on ncse]
オクラホマ州上院のSB1765ヴァージニア州下院のHB207とちがって、進化論教育を受けさせない権利を親に与える形の州法案となっている。これまでの「進化論の強いところと弱いところ」や「インテリジェントデザイン等時間」がうまくいかなかったので、案文を変えてみたようだ。

ああ

現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは2個:



2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/01/19 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする