2012/01/16

メモ「コルドバ司教のUNESCO陰謀論」

[AURORA MUÑOZ LARA: "Abortion a bigger problem than joblessness, says Catholic Church" (2012/01/01) on ELPAIS]

The Spanish Catholic Church is also concerned about homosexuality. During his Boxing Day sermon, the Bishop of Córdoba, Demetrio Fernández, said there was a conspiracy by the United Nations. "The Minister for Family of the Papal Government, Cardinal Antonelli, told me a few days ago in Zaragoza that UNESCO has a program for the next 20 years to make half the world population homosexual. To do this they have distinct programs, and will continue to implant the ideology that is already present in our schools."

スペインのカトリック教会は、同性愛を懸念している。コルドバ司教Demetrio Fernándezは、ボクイングデイ[クリスマスの翌日]の説教で国連の陰謀があると述べた。「教皇庁のAntonelli枢機卿が数日前Zaragozaで私に、今後20年で世界人口の半数をホモセクシュアルにする計画がUNESCOにあると言った。これを実現するために、彼らは別個の計画を持っており、既に我々の学校にあるイデオロギーを注入し続ける。」

[ALFONSO ALBA CÓRDOBA: "El obispo de Córdoba dice que "algunas escuelas de Secundaria" incitan a sus alumnos "a la fornicación"" (2012/01/12) on ABCes]

El prelado cordobés insiste en su misiva dirigida a los fieles cordobeses en que “la incitación a la fornicación es continua en los medios de comunicación, en el cine, en la televisión, incluso en algunas escuelas de Secundaria”. Eso sí, se sobreentiende que los colegios católicos están al margen, por eso usa el término “algunas”.

コルドバ司教は信仰あるコルドバへの手紙で、高位聖職者たちに対して「淫乱への煽動がメディア・映画・テレビ、そして一部の高校で続けれている」と主張している。もちろん、カトリック学校はこれにはあたらないので「一部の」と述べている。
posted by Kumicit at 2012/01/16 06:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/10/09

Guy ConsolmagnoとDr. Jason Rosenhouse

米国アリゾナ州にあるヴァチカン観測所の Guy Consolmagnoを取り上げ、キリスト教が進化論について少々よろめきつつも科学の擁護者であるという記事がカナダの雑誌に掲載された。

==>Dan Falk: "The Glad Scientist -- A Vatican astronomer explains why science and religion are a match made in heaven" (2009/10) on The Walrus

Guy Consolmagnoは、カトリックの中でも、強くインテリジェントデザインに対抗し、むしろDr. Kenneth Millerよりも理神論よりの有神論的進化論のポジションをとっている...


しかし、このThe Walrusの記事に注目した、James Madison Universityで数学の準教授をつとめるDr. Jason Rosenhouseは、あっさり斬っている:
[Jason Rosenhouse: "Do ID Folks Suffer From Weak Faith?" (2009/10/05) on Evolution Blog]

Via Andrew Sullivan I came across this article, from the Canadian magazine The Walrus, on the subject of science and religion. The article's focus is on Guy Consolmagno, a Jesuit astronomer. It was the article's conclusion that really caught my eye:

Andrew Sullivan経由で、カナダの雑誌The Walrusに掲載された科学と宗教についての記事を読んだ。この記事はイエズス会の天文学者Guy Consolmagnoを取り上げたものだ。この記事の結論で注目したのはこれ:
Consolmagno has little patience for intelligent design. “Science cannot prove God, or disprove Him. He has to be assumed. If people have no other reason to believe in God than that they can't imagine how the human eye could have evolved by itself, then their faith is very weak.” Rather than seeking affirmation of his own faith in the heavens, he explains that religion is what gives him the courage and desire to be a scientist. “Seeing the universe as God's creation means that getting to play in the universe - which is really what a scientist does -- is a way of playing with the Creator,” he says. “It's a religious act. And it's a very joyous act.”

Consolmagnoにはインテリジェントデザインに対する寛容さはほとんどない。「科学は神を証明も否定もできない。神は仮定されなければならないものだ。人々が、人間の眼が進化した方法を思いつかない以外に神を信じる理由を持たないのであれば、彼らの信仰は非常に弱いものだ。」 彼自身の信仰を天上で確認を求めるよりも、彼は宗教が科学者であること勇気づけ、科学者でありたいと思わせるものだと説明した。「宇宙を神の被造物として見ることは、宇宙で遊ぶことを意味する。それはまさに科学者のしていることで、創造主と遊ぶ方法だ。それは宗教行為だ。そしてとても楽しい」と彼は言う。
And if people have no other reason for doing science than the dubious belief that they are playing with God then their commitment to rational inquiry is very weak.

神と遊ぶという怪しい信仰以外に科学する理由がないなら、合理的探究を行う理由はとても弱い。

Consolmagno is welcome to assume whatever he wishes, of course. Why, though, this admiration for a strong faith, based on an evidence-free assumption that God exists, as contrasted with a weak faith, based on a rational contemplation of the world? Does that not seem backward to you?

もちろん、Consolmagnoは望むものを仮定してよい。しかし、神が存在するという証拠なき仮定に基づく、強い信仰への賞賛と、世界への合理的な観察に基づく弱い信仰を対比するのか? それは自分にもどっているようだが。

I do not think most ID folks believe in God solely because of the complexity of the eye. Rather, it is that a contemplation of nature reinforces a belief in God already held for other reasons. They are taking seriously Romans 1:20:

私はインテリジェントデザイン支持者の大半が、目の複雑さだけが理由で神を信じてるとは考えていない。むしろ、自然の観察が、他の理由ですでに持っている神への信仰を強化している。インテリジェントデザイン支持者は本気でローマ人への手紙1章20節を受け取っている:
For since the creation of the world God's invisible qualities--his eternal power and divine nature--have been clearly seen, being understood from what has been made, so that men are without excuse. (NIV)

世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。
It is all well and good to say that science can not prove God, but Romans is telling us that contemplating nature makes His existence so obvious that men are without excuse for non-belief.

科学が神を証明できないというのは正しいが、ローマ人への手紙は我々に、自然を観察されば神の存在は明らかであって、神が存在しないという言い訳は存在しないと言っている。

The reality, though, is that nature puts up one roadblack after another to faith. Christianity tells us that humans are the primary reason for the Creation, but evolution tells us we are just an afterthought of an evolutionary process that did not have us in mind. Christianity tells us that God's nature is one of love and justice, but science tells us that we are the result of billions of years of savage and wasteful evolution by bloodsport.

しかし、現実は次々の自然は信仰へ障害物を積み上げていく。キリスト教は人間が創造の主たる理由だと言うが、進化論は我々は我々を想定しない進化過程の結果だという。キリスト教は神の性質は愛と正義だと言うが、科学は我々は野蛮で浪費的な数十億年の進化の結果だという。

A lot of clever people with advanced degrees in philosophy and theology, writing at book length, have devised ingenious arguments for why these seeming contradictions may not be fatal to Christianity. The fact remains that having to work so hard just to establish that Christianity is still possible is a far cry from leaving men without excuse.

哲学と信仰の上級の学位を持つ賢明な多くの人々が、長い本を書いて、矛盾に見えるこれらがキリスト教にとって致命的ではない理由について独創的な論を考案してきた。しかし、残された事実は、キリスト教はまだ有効だと確認するための大仕事の必要性だということは、"弁解の余地がありません"まで程遠いということだ。

[Jason Rosenhouse: "Do ID Folks Suffer From Weak Faith?" (2009/10/05) on Evolution Blog]
インテリジェントデザイン支持者の立場はDr. Jason Rosenhouseの指摘するとおりで、眼の複雑さや細菌の鞭毛は信仰強化のネタであっても、中核ではない。また、確かにインテリジェントデザインの父たる法学者Phillip E. Johnsonはローマ人への手紙1章20節をまじめに語っている:
Because in our universal experience unintelligent material processes do not create life, Christian theists know that Romans 1:20 is also true: “Ever since the creation of the world [God’s] eternal power and divine nature, invisible though they are, have been understood and seen through the things that are made.” In other words, there is absolutely no mystery about why living organisms appear to be the products of intelligent creation, and why scientific naturalists have to work so hard to keep themselves from perceiving the obvious. The reason living things give that appearance is that they actually are what they appear to be, and this fact is evident to all who do not cloud their minds with naturalistic philosophy or some comparable drug. The rest of the passage (Romans 1:20-23) is also true: “So they are without excuse; for though they knew God, they did not honor him as God or give thanks to him, but they became futile in their thinking, and their senseless minds were darkened. Claiming to be wise, they became fools; and they exchanged the glory of the immortal God for images resembling a mortal human being or birds or four-footed animals or reptiles.” What these words plainly mean is that those who turn away from God and toward naturalistic philosophy give up their minds in the process and end up endorsing sophisticated nonsense and nature worship. (p.108)

普遍的な経験から我々は知性なき物質過程が生命を創造しないことがわかっているので、キリスト教有神論者はローマ人への手紙1章20節も本当であることを知っている。「神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、」言い換えるなら、何故、生物が知的創造の産物であることが明らかなのか、そして何故、科学的自然主義者が明らかなことを認識しないように全力を挙げているのかは、謎ではない。生物の外観がそうである理由は、かくあるべきだからであり、自然主義哲学やそれと同等の薬物によって心が曇っていないかいぎり、この事実は誰にとっても明らかだ。
「彼らに弁解の余地はないのです。というのは、彼らは、神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからです。彼らは、自分では知者であると言いながら、愚かな者となり、不滅の神の御栄えを、滅ぶべき人間や、鳥、獣、はうもののかたちに似た物と代えてしまいました。」
これらの言葉が明らかに意味することは、神に顔を背け、自然主義的哲学に向かう者は、知性を捨て、洗練されたナンセンスと自然崇拝となって終わるのだ。

[Phillip E. Johnson: "Reason in the Balance"]
インテリジェントデザインがキリスト教信仰であることを、ことあるごとに述べているインテリジェントデザインの父としては普通の記述である。そしてGuy Consolmagnoは、このようなインテリジェントデザインや創造論を「自然現象の原因たる"自然神"」という異教だというポジションをとっている。

しかし、その後、キリスト教信仰と科学を調停しようとするGuy Consolmagnoの主張は「哲学と信仰の上級の学位を持つ賢明な多くの人々が、長い本を書いて、矛盾に見えるこれらがキリスト教にとって致命的ではない理由について独創的な論」というDr. Jason Rosenhouseの指摘するものに該当することも、また正しいだろう。

posted by Kumicit at 2009/10/09 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/05/20

死への恐れの前に敗北する神

1885年、モントリオールでローマカトリックは組織的に近代医学と敵対し、敗北した。「予防接種は、天然痘という神が下す鉄槌を避けるという、神への反逆」という、あえて死をも受け入れることを信者に要求したものの、予防接種を受け入れたプロテスタントと歴然たる死者の数の差の前に、撤退を余儀なくされたという出来事だ:

==>忘却からの帰還: "ワクチン否定論メモ: 予防接種と麻酔に抵抗したキリスト教" (2009/02/06)
But in 1885 a record was made by their theology. In that year the smallpox broke out with great virulence in Montreal. The Protestant population escaped almost entirely by vaccination; but multitudes of their Catholic fellow-citizens, under some vague survival of the old orthodox ideas, refused vaccination; and suffered fearfully. When at last the plague became so serious that travel and trade fell off greatly and quarantine began to be established in neighbouring cities, an effort was made to enforce compulsory vaccination. The result was, that large numbers of the Catholic working population resisted and even threatened bloodshed. The clergy at first tolerated and even encouraged this conduct: the Abbe Filiatrault, priest of St. James's Church, declared in a sermon that, "if we are afflicted with smallpox, it is because we had a carnival last winter, feasting the flesh, which has offended the Lord; it is to punish our pride that God has sent us smallpox." The clerical press went further: the _Etendard_ exhorted the faithful to take up arms rather than submit to vaccination, and at least one of the secular papers was forced to pander to the same sentiment. The Board of Health struggled against this superstition, and addressed a circular to the Catholic clergy, imploring them to recommend vaccination; but, though two or three complied with this request, the great majority were either silent or openly hostile. The Oblate Fathers, whose church was situated in the very heart of the infected district, continued to denounce vaccination; the faithful were exhorted to rely on devotional exercises of various sorts; under the sanction of the hierarchy a great procession was ordered with a solemn appeal to the Virgin, and the use of the rosary was carefully specified.

Meantime, the disease, which had nearly died out among the Protestants, raged with ever-increasing virulence among the Catholics; and, the truth becoming more and more clear, even to the most devout, proper measures were at last enforced and the plague was stayed, though not until there had been a fearful waste of life among these simple-hearted believers, and germs of scepticism planted in the hearts of their children which will bear fruit for generations to come.[[61]]

しかし、1885年には神学が勝った。その年、モントリオールで天然痘が大流行した。プロテスタントの人々はほぼ全員が予防接種をして、難を逃れた。しかし、カトリックに従う人々は古い漠然とした正統的な考えが残っていて、予防接種を拒否した。そして恐れ苦しんだ。遂には旅行と交易が激減するところまで疫病が重大な状況となり、近隣都市で隔離が確立され始め、強制的な予防接種が実行されようとした。これに対して、多数のカトリックの人々が抵抗し、流血沙汰で脅かした。この行いを、聖職者たちは大目に見ていて、奨励さえした。St. James's Churchの聖職者bbe Filiatraultは説教で「我々が天然痘に罹るのは、昨冬に我々がカーニバルをして、肉をふるまって、我らが主を怒らせたからだ。我々の奢りを罰するために、神は天然痘を送ったのだ」と述べた。聖職者の出版物はもっとすごかった。"Etendard"は忠実な信者たちに、予防接種よりも武器をとることを奨めた。そして、少なくとも一つの世俗新聞がこれに同調するように強要された。医療委員会はこの迷信と戦い、予防接種を推奨することを要請する回覧をカトリックの聖職者に送った。数名が要請に応じたが、大多数は沈黙するか、公然と敵対した。感染地域の中心部に教会があった修道神父たちは、予防接種を非難し続けた。忠実な信者たちは様々な信仰療法を奨められた。権威者から聖母マリアに訴える行列祈祷が命じられ、ロザリオの使用方法が慎重に指示された。

その間も疫病は、プロテスタントの間では消えかけていたが、カトリックでは猛威をふるっていた。そして真実は次第に明らかになり、もっとも信心深い者たちにも、適切な治療が実施され、流行は制圧された。しかし、それには純真な信者たちの生命の浪費があった。

[Andrew Dickson White [1832-1928]: "A History of the Warfare of Science with Theology in Christendom"(1896) -- Chapter XIII From Miracles to Medicine -- X Theological Opposition to Inoculation, Vaccination, and the use of Anaesthetics (予防接種と麻酔の使用に対する神学上の反対論)]
この事件で注目すべきは、「猛威をふるう天然痘」という事実の前に、「何を以って正しいとするか」の基準たる神学が敗北したこと。


姑息なコンドーム禁止



「死をも受け入れよ」という主張では勝利できなくなって久しい現在、HIV感染予防手段としてのコンドーム使用に反対するカトリックは、コンドームではHIV感染を防げないと主張する。
In the speech, the pope made a diagnosis: condoms increase sexual immorality, and sexual immorality increases the spread of AIDS. The logical treatment for sexual immorality is Christian marriage, fidelity and chastity. Cardinal Javier Lozano Barragan, president of the Vatican’s Council for Pastoral Assistance to Health Care Workers, had reached a similar conclusion in his Message for World AIDS Day (Dec. 1, 2003): “We have to present this [lifestyles emphasizing marriage, fidelity, and chastity] as the main way for the effective prevention of infection and spread of HIV/AIDS, since the phenomenon of AIDS is a pathology of the spirit.”

その演説で、教皇は次のような判断を示した。すなわち、コンドームは性的不道徳を増やし、性的不道徳はAIDSの拡大を加速する。そして、性的不道徳に対する論理的な治療法はキリスト教の結婚と貞節である、と。Vaticanの Council for Pastoral Assistance to Health Care Workersの議長であるJavier Lozano Barragan枢機卿は、2003年12月1日のWorld AIDS Dayのメッセージで、「AIDSは精神の病理なので、HIV/AIDSの感染拡大の有効な防止策はこれ[結婚と貞節を強調したライフスタイル]であることを示さなければならない」という結論に到達している。

[Marcella Alsan: Catholic Church condom prohibition comes face to face with reality of AIDS in Africa" (2006/04/24) on Commonweal Magazine: A Review of Religion, Politics and Culture]
しかし、事態は"貞節"を以って感染抑止できる段階を超えてしまっている:
The typical patient is a young woman between 18 and 30 years of age. She is wheeled into the examining room in a hospital chair or dragged in, supported by her sister, aunt, or brother. She is frequently delirious; her face is gaunt; her limbs look like desiccated twigs. Surprisingly, the young woman is already a mother many times over, yet she will not live to see her children grow up. More shocking still, she is married; her husband infected her with the deadly virus.

典型的な患者は18〜30歳の若い女性である。彼女は、姉妹や叔母か兄弟に支えられて診察室に連れてこられる。彼女はしばしば狂乱状態であり、顔はやつれていて、四肢は枯れ枝のように見える。驚くべきことに、その若い女性は既に何人もの子供を産んでいて、その子供たちの成長を見届けることはない。さらに衝撃的なことに、彼女は結婚していて、彼女の夫が彼女にHIVを感染させていた。

[Marcella Alsan: Catholic Church condom prohibition comes face to face with reality of AIDS in Africa" (2006/04/24) on Commonweal Magazine: A Review of Religion, Politics and Culture]
「感染リスクを高めることになっても、コンドームを使うな」と言えば、ある意味で誠実であるが、それができないカトリックである。

教皇の発言だとこれくらいの穏健さにとどまっているが、辺境の聖職者ともなると、このありさま:
"Condoms are not sure because I know that there are two countries in Europe, they are making condoms with the virus on purpose," he alleged, refusing to name the countries.

「コンドームは確実ではない。何故なら、私は欧州の2か国が、故意にウィルスを感染させたコンドームを製造していることを知っているからだ」と大司教は主張したが、2か国の名前を明らかにすることを拒否した。

"They want to finish with the African people. This is the programme. They want to colonise until up to now. If we are not careful we will finish in one century's time."

「彼らはアフリカ人を滅ぼしたいのだ。これは計画である。彼らは今に至るも、植民地をつくりたいのだ。もし、我々が注意深くなければ、一世紀のうちに我々は滅びるだろう。」
[Shock at archbishop condom claim (2007/09/26) on BBC]
ここまでくると「死への恐れ」の前に「神の教え」が敗北することを既定の事実として踏まえた上で、陰謀論を持ち出している可能性もある。


posted by Kumicit at 2009/05/20 00:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/03/19

ヴァチカンはインテリジェントデザインを科学とはみなさない

Catholic News ServiceがヴァチカンのRaniero Cantalamessa神父の発言として、あらためて教皇庁がインテリジェントデザインを科学ではないとみなしていることを報道した:
Capuchin Father Raniero Cantalamessa, offering a Lenten meditation to Pope Benedict XVI and top Vatican officials March 13, said the controversy that has arisen between scientists supporting evolution and religious believers promoting creationism or intelligent design is due mainly to a confusion between scientific theory and the truths of faith.

...

The arguments, Father Cantalamessa said, are due to the fact that, "in my opinion, there is not a clear enough distinction between intelligent design as a scientific theory and intelligent design as a truth of faith."

While science and evolution can explain part of the history of creation and how life exists, they cannot explain why, he said.

"Even those who eliminate the idea of God from the horizon don't eliminate the mystery," the preacher said.

"We know everything about the world, except how it started. The believer is convinced that the Bible furnishes precisely this missing first page. There, as on the title page of every book, is the name of the author and the title of the work," he said.

2009年3月13日に教皇ベネディクト16世とヴァチカン上層部に対して、四旬節の黙想会を行う、カプチン修道会士Raniero Cantalamessa神父は次のように述べた。「科学者が支持する進化論と、宗教信者が推進する創造論やインテリジェントデザインの論争は、主として科学理論と信仰の真理を混同することによって起きている。私の意見では、科学理論としてのインテリジェントデザインと信仰の真理としてのインテリジェントデザインを明確に区別できていないことによる論争である。

科学と進化論は創造の歴史部分と生命がいかに存在することになったかを説明できるが、何故かは説明できない。神という考えを排除する人々も、神秘を排除できない。我々は世界の始まり以外について世界についてすべてを知っている。信者は、聖書が、この失われた第1ページを正確に埋めるものだと納得している。聖書の各記の最初のページには著者と作品名が書かれている。」

[Cindy Wooden: "Papal preacher says intelligent design is truth of faith, not science" (2009/03/13) on Catholic News Service]
ここまでは、通常通り。この後、特に米国で強い温暖化否定論を意識したと思われる発言を報じている。
Father Cantalamessa's Lenten reflection focused on a verse from St. Paul's Letter to the Romans: "All creation is groaning in labor pains even until now."

The text, he said, is an indication that St. Paul believes that the entire cosmos -- not just humanity -- is waiting to be saved and restored to its original beauty by Christ.

The suffering of the cosmos "is not closed and definitive. There is hope for creation, not because creation is able to hope subjectively, but because God has a redemption in mind for it."

Cantalamessa神父の四旬節のは、パウロのローマ人への手紙8章22節「被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっていることを、わたしたちは知っています。」にフォーカスしている。

Cantalamessa神父は「この聖書の記述は、人間だけではなく宇宙全体がキリストによって救われ、元の美しき姿への回帰するのを待っているのだと、パウロが信じていたことを示すものである。宇宙の苦しみは、最終的な状態ではない。創造への希望がある。それは、創造が本来的に希望なのではなく、神がその心の中に約束をしているからである。」と述べた。

Christians contribute to keeping hope alive by respecting and defending nature, he said.

"For the Christian believer, environmentalism is not only a practical necessity for survival or a problem that is only political or economic; it has a theological foundation. Creation is the work of the Holy Spirit," he said.

Christians have an obligation to recognize that the moans of creation described by St. Paul "today are mixed with the cry of agony and death" because of "human sin and selfishness," he said.

「キリスト教徒は、自然界をリスペクトし、守り続けることで、希望を生かし続ける。キリスト教徒にとって、環境保護は、生存のために実利的に必要なこと、あるいは政治や経済の問題というにとどまらない。環境保護には神学的基盤がる。創造は聖霊の仕事である。『人間の罪と利己主義により、今は苦痛の叫びと死に満ちている。』とパウロが記述した創造の苦痛を、キリスト教徒は認識する義務がある。」

[Cindy Wooden: "Papal preacher says intelligent design is truth of faith, not science" (2009/03/13) on Catholic News Service]
米国では、これまでの多くの反進化論州法案が生物進化・化学進化とともに、地球温暖化を対象としてきた。たとえば、2008年に成立したルイジアナ州反進化論州法Act473などは「生物進化・化学進化・地球温暖化・ヒトクローン」を対象としている。

これは、福音主義キリスト教(南部バプテスト)が創造論支持であり、聖書創世記の記述により温暖化が起きない(少なくとも海面は上昇しない)と信じていることによる。実際のところは、創造論者の中にも、温暖化対策を支持する者もいるが、南部バプテスト連盟レベルでは温暖化否定サイドにとどまっている。
記事後半は、カトリックとしては、福音主義キリスト教のような聖書の字義通りの解釈に基づく温暖化否定論の立場をとらないことを明示したものと思われる。
posted by Kumicit at 2009/03/19 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/03/05

William Levada枢機卿曰く「ヴァチカンは科学の障害物ではない」

The Associated Press配信ニュースによれば、インテリジェトデザイン支持者と無神論者を呼ばない、ヴァチカン主催のチャールズ・ダーウィン生誕200年と"種の起源"出版150周年を記念する会議が2009年3月3日から5日間の予定で開かれた。
ROME (AP) — The Vatican sought Tuesday to show that it isn't opposed to science and evolutionary theory, hosting a conference on Charles Darwin and trying to debunk the idea that it embraces creationism or intelligent design.

Some of the world's top biologists, paleontologists and molecular geneticists joined theologians and philosophers for the five-day seminar marking the 150th anniversary of Darwin's "The Origin of Species."

ヴァチカンは火曜日(2009/03/03)に科学や進化論に反対ではないことを示すために、チャールズ・ダーウィンについての会議を開催し、創造論やインテリジェントデザインを受け入れるという考えをデバンクしようとした。

世界の最高の生物学者たちと古生物学者たちと分子遺伝学者たちが、神学者たちと哲学者たちとともに、ダーウィンの"種の起源"出版150周年を記念する5日間のセミナーに参加した。
[NICOLE WINFIELD: "Cardinal says atheist's theories absurd" (2009/03/03) by The Associated Press hosted on Google]
そこで、進化論に関して、ヴァチカン教理省の長であるWilliam Levada枢機卿は次のように述べた:
Cardinal William Levada, head of the Vatican's Congregation for the Doctrine of the Faith, said the Catholic Church doesn't stand in the way of scientific realities like evolution, saying there was a "wide spectrum of room" for belief in both the scientific basis for evolution and faith in God the creator.

"We believe that however creation has come about and evolved, ultimately God is the creator of all things," he said on the sidelines of the conference.

ヴァチカン教理省の長であるWilliam Levada枢機卿は「カトリック教会は進化論のような科学的リアリティの妨害をしない。進化論の科学的基礎と創造主たる神への信仰の両方に広い範囲の余地がある・我々は創造が起きて、進化したが、神は究極的にはすべての創造主であると考えている」と述べた。

But while the Vatican did not exclude any area of science, it did reject as "absurd" the atheist notion of biologist and author Richard Dawkins and others that evolution proves there is no God, he said.

"Of course we think that's absurd and not at all proven," he said. "But other than that ... the Vatican has recognized that it doesn't stand in the way of scientific realities."

「ヴァチカンはいかなる科学分野も除外しないが、生物学者で著述家であるRichard Dawkinsなどの進化論が神の不在を証明するという無神論者の主張を不合理として拒否する。もちろん、我々はそれを不合理であり、まったく証明されていないと考えている。しかし、それ以外については、ヴァチカンは科学的リアリティの妨害していないと考えている。」とWilliam Levada枢機卿は述べた。

...
[NICOLE WINFIELD: "Cardinal says atheist's theories absurd" (2009/03/03) by The Associated Press hosted on Google]
進化論を含む科学を妨害しないが、「進化論が神の不在を証明する」という主張を拒否するという、ごくまっとうなヴァチカンの立場を改めて確認している。


posted by Kumicit at 2009/03/05 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/02/13

id理論を文化的イデオロギーとして批判的に検討する予定のVatican国際会議

2009年2月10日に、Catholic News ServiceThe Associated Pressが「3月に開かれる、ヴァチカンが後援する進化論について会議で、インテリジェントデザインを文化イデオロギーとして批判的に検討する」と会議の主催者が述べたと報じた:
Vatican conference will give intelligent design critical study
ヴァチカン会議は、インテリジェントデザインに批判的な検討を行う

VATICAN CITY (CNS) -- An upcoming Vatican-sponsored conference on evolution will include critical study of the theory of intelligent design, which, organizers said, represents poor theology and science.

While proponents of intelligent design were not invited to give presentations at the March 3-7 international conference, organizers agreed to discuss how it appeared and developed as a cultural ideology, not as science.

A number of presentations will discuss intelligent design's "long and complex genesis" in a historical context and its impact on society and culture because it is "certainly not discussable in the scientific, philosophic and theological fields," said Saverio Forestiero, professor of zoology at Rome's Tor Vergata University and a member of the conference's organizing committee.

Forestiero was one of the speakers at a Vatican press conference Feb. 10 presenting the March event, titled "Biological Evolution: Facts and Theories."

ヴァチカンが後援する進化論についての来るべき会議は、インテリジェントデザイン理論をダメな神学とダメな科学として批判的に検討すると、主催者が述べた。

3月3〜7日の国際会議にインテリジェントデザイン支持者は招かれなかったが、インテリジェントデザインが科学ではなく文化的イデオロギーとして、どのように出現して、どのように発展してきたか論じることのに主催者は同意した。

ローマのor Vergata Universityの動物学の教授であり、会議の組織委員会の委員であるSaverio Forestieroは「多くの講演が、歴史的コンテキストでのインテリジェントデザインの長く複雑な出自と、社会と文化への影響を論じることになる。というのは、インテリジェントデザインは、科学・哲学・神学として論じられなのは明らかだからである」と述べた。

Saverio Forestiero教授は、3月のイベント「生物進化:事実と理論」についての2月10日のヴァチカンの記者会見の講演者のひとりである。


The Pontifical Council for Culture, Rome's Pontifical Gregorian University and the University of Notre Dame in Indiana are organizing the international conference to mark the 150th anniversary of the publication of Charles Darwin's "The Origin of Species" and the 200th anniversary of his birth.

Jesuit Father Marc Leclerc, a philosophy professor at the Gregorian, said the conference was in no way a "celebration in honor of the English scientist." He said it would be an occasion to critically assess an event that permanently altered the history of science and changed the way people understand humanity.

教皇文化評議会とローマのPontifical Gregorian UniversityとインディアナのUniversity of Notre Dameは、チャールズ・ダーウィンの"種の起源"の出版150周年と、チャールズ・ダーウィン生誕200年を記念した国際会議を主催する。

Pontifical Gregorian Universityの哲学教授である、Marc Leclercイエズス会神父は「会議は、英国の科学者を讃えるだけのものではない。科学史を永久に変え、人々が人類を理解する方法を変えたイベントを批判的に評価する機会となるだろう。」と述べた。

However, too often people opposed to Darwinian theories confused his scientific work on evolution with the various social and political ideologies that were based on Darwin's findings in nature, said Father Leclerc.

The mistaken belief that Darwinian evolution was totally incompatible with religion and faith in God could be part of the reason for the emergence of intelligent design, he said.

Intelligent design refers to a view that opposes the evolutionary position of chance and randomness as the process for the development of life and, for some, it also means a kind of "designer God" has intervened at particular points in natural development.

The Jesuit priest said intelligent design as an alternative theory to evolution is "far from scientific discussion," but its role or impact on philosophy and theology should be examined.

「しかし、人々はあまりにも頻繁に、進化についてのダーウィンの科学的成果と、自然界でのダーウィンの発見に基づく様々な社会的・政治的イデオロギーを混同し、ダーウィンの理論に反対する。ダーウィンの進化論と宗教や神への信仰は両立しないという誤った信念が、インテリジェントデザインの出現の理由の一つである。インテリジェントデザインは、生命の発展の過程としての偶然性についての進化論の立場に反対する見方をとり、有る人々にとっては、デザイナー神の一種が自然観の発展の特定時点で介入したことを意味する。進化論の代替理論としてのインテリジェントデザインは全然、科学的議論ではない。インテリジェントデザインの、哲学および神学についての役割および影響を論じる必要がある。」とMarc Leclerc神父は述べた。

Father Giuseppe Tanzella-Nitti, a professor of theology at the Pontifical University of the Holy Cross in Rome, said, "No evolutionary mechanism is opposed to the affirmation that God wanted and, therefore, created humankind."

"Basically, evolution is the way in which God created" the cosmos, he added.

ローマのPontifical University of the Holy Crossの神学教授であるGiuseppe Tanzella-Nitti神父は、「神が望み、人間を創造したという確認と、進化メカニズムは対立しない。基本的には、進化は神が宇宙を創造した方法である。」と述べた。

The conference will look at "a correct exegesis" of biblical accounts of creation, said Father Leclerc.

「国際会議は創造についての聖書の記述の正しい解釈を見ることになる」とMarc Leclerc神父は述べた。

Archbishop Gianfranco Ravasi, head of the Pontifical Council for Culture, said the author of Genesis was not trying to explain the scientific origins of nature, but rather to respond to the theological question "What meaning does mankind have in the cosmos?"

教皇文化評議会議長であるGianfranco Ravasi大司教は「創世記の著者は、自然界の科学的な起源について説明しようとはしていない。むしろ、宇宙における人類の意味という神学的問いに応えようとしたものだ。」と述べた。

Father Leclerc said that "people of faith, even philosophers, can see God's presence" in the world and recognize he has a plan for humanity.

He said, "We believe God intervenes, but he doesn't come like a 'deus ex machina,'" -- referring to the device in ancient Greek and Roman drama of a god descending to miraculously save the day.

One cannot say God intervenes to fill in the gaps in scientific theories, because that would be to confuse two separate disciplines -- religion and science -- which "is, in my opinion, totally unacceptable," said the Jesuit.

「信仰の人々は、哲学者であっても、世界の中に神の存在を見ることができ、人類のために神が立てた計画を認識できる。我々は神の介入を信じているが、しかし、神が奇跡的に救うというギリシャやローマの演劇装置たるデウスエクスマキナのようには神は顕現しないと考えている。科学の隙間を埋めるように神が介入するとは誰も言えない。というのは、それは宗教と科学という2つの分たれた分野を混同するものだからである。そのような混同は私としては認められない。」とMarc Leclerc神父は述べた。

Father Tanzella-Nitti criticized intelligent design's method of using empirical data or evidence to prove the existence or intentions of an intelligent creator.

"When the Christian theology of creation says an intelligent creator exists and this creator has an intelligent plan for the world, it is simply saying that people of faith share the belief that the essential and ultimate meaning of the world is the creative intention of an intelligent creator," he said.

神学教授Giuseppe Tanzella-Nitti神父は、経験的データや証拠を用いてインテリジェントな創造主の存在や意図を証明しようとする、インテリジェントデザインの方法論を批判した。「創造についてのキリスト教神学が『インテリジェントな創造主が存在して、この創造主が世界についてのインテリジェントな計画を持っている』と言うのは、『信仰の人々が世界の不可欠かつ究極の意味がインテリジェントな創造主の創造的意図であるという信念を共有している』ということを言っているのだ。」と述べた。

[Carol Glatz: "Vatican conference will give intelligent design critical study" (2009/02/10) on Catholic News Service]
インテリジェントデザイン運動の主張のひとつに「Critical Analysis of Evolution(進化論を批判的に分析)」というのがある。だったら、当然、「critical study of the theory of intelligent design(インテリジェントデザインの批判的検討)」も歓迎すべきもののはず....なのだが、2009年2月12日時点での、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Institute公式ブログは反応していない。
タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/02/13 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/09/20

バチカン後援の、来年3月の"種の起源"出版150周年イベントの国際会議に、創造論者とID理論支持者は招かれない

The Associated Pressによれば、教皇ベネディクト16世は、聖書の字義どおりの解釈を行う原理主義者を批判した:
[Vatican, ally defend legitimacy of evolution (2008/09/16) by The Associated Press on International Herald Tribune]

VATICAN CITY: A professor at a Vatican-sponsored university expressed dismay Tuesday that some Christian groups reject the theory of evolution — implicitly criticizing the literal interpretation of the Bible.

バチカンが後援する大学の教授が火曜日に、一部のキリスト教徒グループが進化論を否定すること対して、愕然たる思いを表明し、間接的に、聖書の字義通りの解釈を批判した。

Further emphasizing the official Catholic stance, a Vatican official restated the Church position that evolution is not incompatible with faith.

さらに、バチカン当局者、カトリックの公式スタンスを強調し、進化論が信仰と相いれないものではないという教会の見解を述べた。

Both men spoke at a press conference ahead of a March event aimed at fostering dialogue between religion and science, and appraising evolution 150 years after Charles Darwin's landmark "On the Origin of Species."

教授とバチカン当局者は、宗教と科学の間の対話を促進し、チャールズ・ダーウィンの画期的な「種の起源」の出版150周年に進化論を評価することを目的とする3月のイベントについて、記者会見で話した」

...

Pope Benedict XVI warned last week against fundamentalists' literal interpretations of the Bible. The pontiff told a gathering of intellectuals and academics in Paris that the structure of the Bible "excludes by its nature everything that today is known as fundamentalism. In effect, the word of God can never simply be equated with the letter of the text," Benedict said.

教皇ベネディクト16世は、先週、原理主義者の字義どおりの聖書解釈に対して警告した。パリでの知識人と研究者たちの会議で教皇は「聖書の構造がもともと、今日に原理主義として知られるものすべてを排除している。実質的には、神の言葉は文字通りの手紙と同一視できない」と述べた。
しかし、そのポジションは微妙であり、進化論を完全に容認していないようでもある:
Benedict, in a book published last year, praised scientific progress, but cautioned that evolution raises philosophical questions that science alone cannot answer. In the book, he stopped short of endorsing what is known as "intelligent design."

教皇ベネディクトは昨年出版された本で、科学の進歩を称賛したが、進化論が科学だけでは答えられない哲学的問題を挙げていると警告している。その本で、教皇はインテリジェントデザインとして知られるものを支持するには至らなかった。

...

Vienna Cardinal Christoph Schoenborn, an influential cardinal considered close to Benedict, has condemned a U.S. federal court decision that barred a Pennsylvania school district from teaching intelligent design in biology class.

教皇ベネディクトに近いと考えられるウィーン枢機卿Christoph Schoenbornは、米国Pennsylvania学区の生物学の授業でインテリジェントデザインを教えることを禁じた米国連邦地方裁判所判決を批判した。

Schoenborn has said he wants to correct what he says is a widespread misconception that the Catholic Church has given blanket endorsement to Darwin's theories.

Christoph Schoenborn枢機卿は、カトリック教会がダーウィンの理論に包括的な支持を与えたという広範囲にわたる誤解を訂正したかったのだと述べた。
以上を反映し、来年3月の教皇庁後援の"種の起源"出版150周年イベントな会議には、創造論者もインテリジェントデザイン支持者も呼ばれることはない:
[Carol Glatz: "EVOLUTION-CONGRESS -- Vatican evolution congress to exclude creationism, intelligent design" (2008/09/16) on Catholic News Service]

VATICAN CITY (CNS) -- Speakers invited to attend a Vatican-sponsored congress on the evolution debate will not include proponents of creationism and intelligent design, organizers said.

進化論争に関するバチカンが後援する会議に招待される講演者に、創造論者とインテリジェントデザイン支持者は含まれないと会議のオーガナイザーは述べた。

The Pontifical Council for Culture, Rome's Pontifical Gregorian University and the University of Notre Dame in Indiana are organizing an international conference in Rome March 3-7 as one of a series of events marking the 150th anniversary of the publication of Charles Darwin's "The Origin of Species."

教皇庁文化評議会とローマのPontifical Gregorian UniversityとインディアナのUniversity of Notre Dameは、チャールズ・ダーウィンの"種の起源"の出版150周年の記念するイベントのひとつとして、3月3-7日にローマで国際会議を開催する。

Jesuit Father Marc Leclerc, a philosophy professor at the Gregorian, told Catholic News Service Sept. 16 that organizers "wanted to create a conference that was strictly scientific" and that discussed rational philosophy and theology along with the latest scientific discoveries.

Pontifical Gregorian Universityの哲学教授であるイエズス会Marc Leclerc神父は、9月16日にCatholic News Serviceに対して「オーガナイザーたちは厳格に科学な会議を開催し、最新の科学的発見とともに論理的哲学と神学を議論したい」と述べた。

He said arguments "that cannot be critically defined as being science, or philosophy or theology did not seem feasible to include in a dialogue at this level and, therefore, for this reason we did not think to invite" supporters of creationism and intelligent design.

科学あるいは哲学あるいは神学として批判的に定義できない議論は会議には不適切であり、従って、この理由により創造論やインテリジェントデザインの支持者を会議に招こうとは考えていないとMarc Leclerc神父は述べた。

...
創造論とインテリジェントデザインは科学でも哲学でも神学でもないという理由で会議には招かれない。と同時に、進化論を以ってカトリックの教義を否定する人々も会議に招かれない:
Archbishop Gianfranco Ravasi, president of the Pontifical Council for Culture, said the other extreme of the evolution debate -- proponents of an overly scientific conception of evolution and natural selection -- also were not invited.

教皇庁文化評議会議長であるGianfranco Ravasi大司教は、「進化論争のもう一方の極端である、進化論の科学的概念と自然選択の過度な支持者も招かれない」と述べた。

He reiterated that evolutionary theory "is not incompatible with the teachings of the Catholic Church or the Bible's message."

Gianfranco Ravasi大司教は「進化論がカトリック教会の教義や聖書のメッセージと相いれないことはない」と繰り返した。
これは当然と言えば当然かも。

なお、バチカンと英国国教会の立場の違いを英国Times紙が報道している:
[Catholic Church to hold debate on God and evolution (2008/09/16) on Times Online]

The day after the Church of England issued an “apology” for having “misunderstood” the work of Charles Darwin, the Vatican has announced that it will organise a debate on the thorny question of Christian belief and the theory of evolution.

英国国教会がチャールズ・ダーウィンの成果を「誤解した」ことについて「謝罪」した翌日、バチカンはキリスト教信仰の厄介な問題と進化論について議論する会議の開催を発表した。

...

The organisers said today that the Roman Catholic Church had never condemned either evolution or Charles Darwin. Monsignor Gianfranco Ravasi, head of the Pontifical Council for Culture, said that evolution was not “a priori incompatible with the teachings of the Catholic Church, with the message of the Bible”. He added that On the Origin of the Species had never featured on the “index”, a list of books once banned by the Roman Catholic Church as it was considered that their contents could endanger the morals of believers.

今日、会議の主催者は、ローマカトリック教会が進化論やチャールズ・ダーウィンをこれまで非難しなかったと述べた。教皇庁文化評議会議長であるMonsignor Gianfranco Ravasiは「進化論はアプリオリにはカトリック教会の教義や聖書のメッセージと相容れないものではない」と述べた。Monsignor Gianfranco Ravasiは、内容がそれを信じたものの倫理を損なうと考えられるものとして、ローマカトリック教会が禁じた本のリストである"index"に、"種の起源"が載ったことはないと述べた。

...
posted by Kumicit at 2008/09/20 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/05/15

異星人の存在を信じることは、カトリックの教義に反しないと、バチカン観測所長は言った

2008年5月13日付のCatholic News AgencyAsscoiated Pressなどの報道によれば、バチカン観測所長José Gabriel Funes神父が「地球外生命の存在を信じることは、カトリックの教義に反しない」と述べた:
Vatican City, May 13, 2008 / 01:59 pm (CNA).- The Director of the Vatican's Observatory, Fr. José Gabriel Funes, said in an interview with the Vatican daily, L'Osservatore Romano, that believing in the possible existence of extraterrestrial life is not opposed to Catholic doctrine.

バチカン観測所長José Gabriel Funes神父は、バチカン日刊紙L'Osservatore Romanoとのインタビューで、地球外生命の存在を信じることは、カトリックの教義に反しないと述べた。

...

Regarding the beginning of the universe, Fr. Funes says that he personally believes that the "big bang" theory seems to him the most plausible, and that it does not contradict the Bible. "We cannot ask the Bible for a scientific answer here. At the same time, we don't know if in a near future the 'Big Bang' theory will be superseded by a more complete and precise explanation of the origin of the universe."

José Gabriel Funes神父は、「宇宙の始まりについて、個人的にはビッグバン理論がもっとも尤もらしいと思われる。そして、それは聖書に反しない。聖書に科学的な答えは求められない。同時に、近い未来に、ビッグバン理論や宇宙の起源について、より複雑かつ正確な説明に取って代わられるかどうか、わからない。」と述べた。

...

Asked is he sees a contradiction between the Catholic faith and believing in aliens, he said, "I think there isn't (a contradiction). Just as there is a multiplicity of creatures over the earth, so there could be other beings, even intelligent (beings), created by God. This is not in contradiction with our faith, because we cannot establish limits to God's creative freedom. To say it with St. Francis, if we can consider some earthly creatures as 'brothers' or 'sisters', why could we not speak of a 'brother alien'? He would also belong to the creation."

カトリック信仰と異星人を信じることが背反すると思うかと問われて「矛盾はない。地球上に多くの生物がいるように、神によって創造された他の存在、知的生命すら存在するかもしれない。これは我々の信仰と矛盾しない。というのは、我々は、神の創造の自由に枠をはめることはできないからだ。聖Francisの言うように、我々が地上の生物を兄弟や姉妹と考えることができるように、兄弟たる異星人と言えないわけがないだろう。彼らもまた創造された存在かもしれないのだ。」

[Believing in aliens not opposed to Christianity, Vatican’s top astronomer says (2008/05/13) Catholic News Agency]
創造論者やインテリジェントデザイン支持者たちは、異星人の存在を否定したがる。

==> 忘却からの帰還:火星に生命がいるかどうかが信仰の問題になるのかな? (2007/08/28)


インテリジェントデザインを批判する前所長Dr. George Coyneの退任を喜んだインテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteのBruce Chapman所長だったが...

==>忘却からの帰還:バチカン観測所長の交替を喜ぶDiscovery Institute所長 (2006/08/24)

再び怒ることになるかも。
タグ:vatican
posted by Kumicit at 2008/05/15 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/01/24

ひきつづき Ratzinger 1990

前回とりあげた、現ベネディクト16世(当時Ratzinger枢機卿)の1990年のガリレオについての記述(英訳版)のつづき。

Ratzinger枢機卿(当時)の記述は、引用のみによって構成されており、明確に本人の主張という形をとっていなくて、斬り込みにくいものだった。なので、中途半端なコメントでエントリを終わりにした:
Feyerabendに絡んだ記述については、これはこれでひとつの見識で、そこにケチをつける必要はないと思う。ただし、C.F. Von Weizsackerを引用する形で、福音主義者たちの「Darwin to Hilter」と変わらない「Galileo to Atomic Bomb」という主張もあるという言及をしていることは気がかり。

[メモ「Ratzinger 1990」 (2008/01/23)]
他の人々がどう見ているのか、scienceblogs.comの巡回先を見回してみたが、取り上げているのはJohn S. Wilkinsだけだった:
In the speech, Ratzinger quoted an Austrian philosopher who said the ruling was "rational and just".
Said philosopher was Paul K Feyerabend, and this has been systematically misrepresented. Here is my reading:

講演でRatzingerはオーストラリアの哲学者が判決を「合理的で正当である」と引用した。その哲学者はPaul K. Feyerabendであり、系統的に歪曲して提示している。私が読んだところでは:

Feyerabend was playing out a reductio ad absurdum against rationalists in the philosophy of science. These folk argue that science is all about the application, rationally, of the scientific method. But there's a problem - there is no such eternal beast, only the standards of rationality that apply at the time. According to the rationalists, Cardinal Bellarmine, who prosecuted Galileo, was actually right, said Feyerabend. Galileo, on the other hand, was being "irrational", in that, in the absence of evidence or predictive power that was better than the existing Ptolemaic astronomic system, and without a physics to back him up, he should, if the rationalist view of science were right, have backed down.

科学哲学においてFeyerabendは合理主義者に対する背理法を最後まで続けていた。これらの人々は、理性的に科学は適用についての科学的研究法のすべてであると主張する。しかし、その時点だけに適用できる合理性の基準という永遠の獣は存在しないという問題がある。「合理主義者に従えば、ガリレオを訴追したBellarmine枢機卿は実際に正しい」とFeyerabendは言った。一方、ガリレオは"非合理的"であり、既存のプトレマイオス天動説よりも証拠がなく、予測力もなく、支持する物理もなかった。もし合理主義的な科学観が正しいとするならば、ガリレオは引き下がるべきだった。

He didn't, of course, and in the process started a whole new program of science, especially of physics, which lead to Newton. And that is Feyerabend's point: Bellarmine was being rational, but he was wrong. Galileo was not following the rules, and he turned out to be more right than the rationalists of his day.

もちろん、ガリレオは引き下がらず、新たな科学プログラム、特にニュートン力学につながる物理学を創始した。そして、Feyerabendの指摘するのは次の点である。Bellarmine枢機卿は合理的だが間違っている。ガリレオはルールに従っていないが、当時の合理主義者よりもガリレオは正しかったのだ。

Now what use Ratzinger made of Feyerabend I can only guess. If he was appealing to Feyerabend's authority as a secular philosopher, then he has systematically misread Feyerabend (something that is easy to do), but if he was simply pointing out that standards of rational inference are occasionally broken to good effect, and therefore that one need not be bound by modern rationality in all cases, he is actually quite right. And so one need not condemn the Pope just in virtue of that one claim (I am sure there are one or two other claims under attack). To do that would be ahistorical, unfair, and ill-informed.

RatzingerによるFeyerabendの利用目的は、私の推測に過ぎない。もし、Ratzingerが世俗の哲学者としてのFeyerabendの権威に訴えているのであれば、系統的にFeyerabendを(ありがちな)誤読していることになる。しかし、もしRatzingerが、「合理的推論の基準が時には有効に破られるので、すべてのケースで現在の合理性に束縛される必要があるというわけではない」と指摘しているだけなら、まったく間違っていない。従って、ただひとつの主張のみ(他に1個か2個の主張が非難されていることは知っているが)を以って、教皇を非難する必要はない。非難することは、歴史無視であり、不公平であり、情報不足である。

[John S. Wilkins :"A plea for the pope" (2008/01/17) on Evolving Thoughts]
Feyerabendの引用については、非難の必要があるとは考えないというのがJohn S. Wilkns(University of Queenslandでポスドク中)の意見。

ガリレオは証拠・予測力・物理学など不足により合理的ではなかったが、それでもなお進んでニュートン力学への道を拓いていて正当であるというのが、Feyerabendのフリーダムすぐる科学哲学である。Kumicitも、その引用および論だけを以って、ただちに非難すべきとは思わない。

しかし、C.F. Von Weizsackerを引用した「“very direct path” that leads from Galileo to the atomic bomb.」は問題かもしれない。この点について、John S. Wilknsはコメント欄で、非難するに値すると述べている:
Then it sounds like the Cardinal was in fact playing a number of rhetorical games here:
だとするなら、枢機卿は実際にレトリックをもてあそんでいる:

1. Guilt by association - from Galileo to the atomic bomb? Ergo we should not learn physics?
連座:ガリレオから原子爆弾? それ故に、我々は物理学を学んではいけないのだろうか?

2. Argument from authority: the Church is not anti-knowledge, it's anti-Frankenstein. Sure. Like Bellarmine could foresee any of that.
権威からの論:教会は反知性ではなく、反フランケンシュタインであると。そうBellarmine枢機卿がそれを予知することができたように。

3. False dichotomy: there's scientific reason and there's the higher rationality of the Church.
誤った二分法:科学的合理性があり、教会には高次の合理性がある。

All of that is pretty crappy and deserves to be attacked, but on that one point about Feyerabend, the objection is misplaced.
これらはすべて、くだらないし、非難に値する。しかし、Feyerabendについては、批判するのは誤りだ。

Posted by: John S. Wilkins | January 17, 2008 4:50 AM


ただし、今回、問題になったのは、あくまでもFeyerabnedの引用がらみの部分。

それから2年後のVaticanの公式見解たるヨハネ・パウロ2世のガリレオ裁判に対するメッセージには、それらしい記述がみられる:
... In the first place, like most of his adversaries, Galileo made no distinction between the scientific approach to natural phenomena and a reflection on nature, of the philosophical order, which that approach generally calls for. That is why he rejected the suggestion made to him to present the Copernican system as a hypothesis, inasmuch as it had not been confirmed by irrefutable proof. Such therefore, was an exigency of the experimental method of which he was the inspired founder.

第1に、ガリレオは自らの敵対者のほとんどと同じく、自然現象への科学的アプローチと、一般的に求められる哲学的規範の自然界への反映というアプローチを区別しなかった。なので、ガリレオは、「反駁できない証明によって確かめられていないからコペルニクス説を仮説として提示すべき」という助言を拒否した。従って、ガリレオは啓示を受けて基礎を形成した実験的方法の確立が緊急の課題だった。

Secondly, the geocentric representation of the world was commonly admitted in the culture of the time as fully agreeing with the teaching of the Bible of which certain expressions, taken literally seemed to affirm geocentrism. The problem posed by theologians of that age was, therefore, that of the compatibility between heliocentrism and Scripture.

第2に、地球中心説は当時の文化において、聖書の教えと完全に合致するものとして認められていた。そして文字通り読めば、聖書は地球中心説を確認しているようだった。従って、当時の神学者たちが立ち止った問題は、太陽中心説と聖書の互換性であった。

[L'Osservatore Romano, 4 Nov 1992 (quoted)]
Feyerabendの主張のそったような記述「ガリレオは、反駁できない証明によって確かめられていないからコペルニクス説を仮説として提示すべきという助言を拒否した」は、Ratzinger枢機卿(当時)の"意見"の反映のようにも見える。

そして、その後はRatzinger枢機卿としても、教皇ベネディクト16世としても、ガリレオ裁判に言及していないようである。であるとするなら、ヨハネ・パウロ2世の声明を継承していると形式上みなす他ないだろう。

ということで、いまひとつ、明確にどうだと言えない話...

posted by Kumicit at 2008/01/24 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/01/23

メモ「Ratzinger 1990」

とりあえず、Joseph Ratzinger枢機卿の1990年の記述を見てみる。といっても、Kumicitはイタリア語は無理なので、National Catholic Reporterの英訳版だけど。

==>John L Allen:Ratzinger's 1990 remarks on Galileo (2008/01/14) on National Catholic Reporter

Cardinal Joseph Ratzinger: "The Crisis of Faith in Science" 1990/03/15 Parma

(Extracts taken from A Turning Point for Europe?" The Church and Modernity in the Europe of Upheavals, Paoline Editions, 1992, pp. 76-79. English translation by NCR.)

In the last decade, creation’s resistance to allowing itself to be manipulated by humanity has emerged as a new element in the overall cultural situation. The question of the limits of science, and the criteria which it must observe, has become unavoidable.

この10年で、人類によって操作されることを許してきた創造の抵抗が、文化状況全体における新たな要素として浮上してきました。科学の限界の問いと、観察すべき基準は避けられなくなってきました。

Particularly emblematic of this change of intellectual climate, it seems to me, is the different way in which the Galileo case is seen.

この知的風潮の変化の特に特徴的だと私に思えることは、ガリレオについての異なる見方が見られるようになってきたことです。


This episode, which was little considered in the 18th century, was elevated to a myth of the Enlightenment in the century that followed. Galileo appeared as a victim of that medieval obscurantism that endures in the Church. Good and evil were sharply distinguished. On the one hand, we find the Inquisition: a power that incarnates superstition, the adversary of freedom and conscience. On the other, there’s natural science represented by Galileo: the force of progress and liberation of humanity from the chains of ignorance that kept it impotent in the face of nature. The star of modernity shines in the dark night of medieval obscurity.

18世紀にはほとんど顧みられることがなかったガリレオのエピソードは、19世紀には啓蒙の神話へ引き上げられました。ガリレオは教会に残る中世の反啓蒙主義の犠牲者として登場した。善と悪は明確に分たれました。一方は、自由と良心の敵である迷信を具体化する力である宗教裁判所。もう一方は、進歩の力と自然の前に無力だった無知の束縛からの人類の解放たるガリレオのような自然科学。近代の星は中世の夜の闇を照らすと。

Today, things have changed.
今日、状況は変わりました。

According to [Ernst] Bloch, the heliocentric system – just like the geocentric – is based upon presuppositions that can’t be empirically demonstrated. Among these, an important role is played by the affirmation of the existence of an absolute space; that’s an opinion that, in any event, has been cancelled by the Theory of Relativity. Bloch writes, in his own words: “From the moment that, with the abolition of the presupposition of an empty and immobile space, movement is no longer produced towards something, but there’s only a relative movement of bodies among themselves, and therefore the measurement of that [movement] depends to a great extent on the choice of a body to serve as a point of reference, in this case is it not merely the complexity of calculations that renders the [geocentric] hypothesis impractical? Then as now, one can suppose the earth to be fixed and the sun as mobile.”

エルンスト・ブロッホによれば、太陽中心説は地球中心説とまったく同様に、経験的に証明できない前提に基づいています。ここでは、絶対空間の存在の肯定が重要な役割を担っています。それは、いずれにせよ、相対性理論によって棄却されました。ブロッホは自らの言葉で次のように記しました。「このとき、真空で不動の空間という前提が否定され、運動は何かに向かうものではなく、物体間の相対運動にすぎなくなった。運動の測定は、参照座標系として働く物体の選択に大きく依存することになった。この場合、地球中心説を非実用的なものにしているのは、計算の複雑さにすぎないのではないか?とすれば、地球が静止していて、太陽が動いていると考えることも可能である。」

Curiously, it was precisely Bloch, with his Romantic Marxism, who was among the first to openly oppose the [Galileo] myth, offering a new interpretation of what happened: The advantage of the heliocentric system over the geocentric, he suggested, does not consist in a greater correspondence to objective truth, but solely in the fact that it offers us greater ease of calculation. To this point, Bloch follows solely a modern conception of natural science. What is surprising, however, is the conclusion he draws: “Once the relativity of movement is taken for granted, an ancient human and Christian system of reference has no right to interference in astronomic calculations and their heliocentric simplification; however, it has the right to remain faithful to its method of preserving the earth in relation to human dignity, and to order the world with regard to what will happen and what has happened in the world.”

奇妙なことに、ロマンティックなマルキシズムのブロッホその人が、最初にガリレオ神話に公然と反対しました。そして、何が起きたかについて新たな解釈を提示しました。太陽中心説の長所は、客観的真理への大なる貢献ではなく、計算の手間を大きく削減することだったと、ブロッホは示唆しました。この点について、ブロッホは自然科学の現代の概念にのみ基づいています。しかし、驚くべきは彼が描き出す結論です:「ひとたび、運動の相対性が当然のことと考えられるようなると、古代人たちやキリスト教の参照座標系は、天文学の計算や、その太陽中心の単純化に対して、干渉する権利はない。しかし、人間の尊厳に関して地球を維持する方法についての信仰を守り、世界にこれから何が起き、かつて何が起きたかについて、世界を秩序立てる権利を持っている。」

If both the spheres of conscience are once again clearly distinguished among themselves under their respective methodological profiles, recognizing both their limits and their respective rights, then the synthetic judgment of the agnostic-skeptic philosopher P. Feyerabend appears much more drastic. He writes: “The church at the time of Galileo was much more faithful to reason than Galileo himself, and also took into consideration the ethical and social consequences of Galileo’s doctrine. Its verdict against Gaileo was rational and just, and revisionism can be legitimized solely for motives of political opportunism.”

両者の限界と両者の権利を認めて、両者の方法論的な性格のもとで、善悪判断の両面をあらためて見直すと、不可知論的懐疑論的哲学者ファイヤーアーベントの総合的判断はずっと鮮烈に見えてきます。ファイヤーアーベントは次のように書いています:「ガリレオの時代の教会は、ガリレオ自身よりもはるかに理性に対して誠実であり、さらにガリレオの教義の倫理的および社会的帰結を考慮していた。ガリレオに対する評決は合理的で正しく、その見直しは、ただひとえに政治的日和見主義によってのみ正当化される」

From the point of view of the concrete consequences of the turning point Galileo represents, however, C.F. Von Weizsacker takes another step forward, when he identifies a “very direct path” that leads from Galileo to the atomic bomb.

ガリレオが提示した転回点の具体的な結果の観点から、しかし、C.F. Von Weizsackerは、ガリレオから原子爆弾に至る直接的なつながりを特定したとき、さらに一歩前進しました。

To my great surprise, in a recent interview on the Galileo case, I was not asked a question like, ‘Why did the Church try to get in the way of the development of modern science?’, but rather exactly the opposite, that is: ‘Why didn’t the church take a more clear position against the disasters that would inevitably follow, once Galileo had opened Pandora’s box?’

私にとっておどろきは、ガリレオ裁判についての最近のインタビューで、「なぜ、教会は近代科学の発展の邪魔をしようとしたのか」と問われずに、むしろまったく逆に「ガリレオがひとたび開けてしまったパンドラの箱の不可避の帰結としての災厄に反対する明確な立場を、なぜ教会はとらなかったのか」と問われたことです。

It would be absurd, on the basis of these affirmations, to construct a hurried apologetics. The faith does not grow from resentment and the rejection of rationality, but from its fundamental affirmation and from being inscribed in a still greater form of reason ...

これらの確認から、あわてて論を構成するのは不合理でしょう。信仰は憤慨と合理性の否定によって大きくなるのではありません。根本的な確認とより理性のより大きな形での記述から大きくなるのです。

Here, I wished to recall a symptomatic case that illustrates the extent to which modernity’s doubts about itself have grown today in science and technology.

ここで、私は、科学技術における今日の発展自体に対する現代の疑問を例示する。徴候的な事例を思い起こしたかったのです。
ファイヤーアーベントに絡んだ記述については、これはこれでひとつの見識で、そこにケチをつける必要はないと思う。ただし、C.F. Von Weizsackerを引用する形で、福音主義者たちの「Darwin to Hilter」[ie CoralRidge]と変わらない「Galileo to Atomic Bomb」という主張もあるという言及をしていることは気がかり。

posted by Kumicit at 2008/01/23 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/12/18

「教皇は温暖化否定論サイドにつく」という捏造報道をした英国DailyMail紙

教皇ベネディクト16世は温暖化否定論サイドについたと報じるDailyMail

2007年12月8日に教皇ベネディクト16世は2008年1月1日の新年メッセージを出した。このメッセージで教皇ベネディクト16世は、国際的な環境保護政策において貧困国への配慮を求めている。

しかし、このメッセージを、英国の大衆紙DailyMailが2007年12月13日最終更新の「The Pope condemns the climate change prophets of doom(教皇は気候変動運命予言者を批判する)」という記事で取り上げ、教皇が温暖化否定論サイドについたように報道した。
Pope Benedict XVI has launched a surprise attack on climate change prophets of doom, warning them that any solutions to global warming must be based on firm evidence and not on dubious ideology.
教皇ベネディクト16世は気候変動運命予言者に対して奇襲攻撃を開始した。そして、いかなる地球温暖化対策も疑わしいイデオロギーではなく、確固たる証拠に基づいてなされなければならないと警告した。

The leader of more than a billion Roman Catholics suggested that fears over man-made emissions melting the ice caps and causing a wave of unprecedented disasters were nothing more than scare-mongering.
10億の信者を持つローマカトリックの指導者は、人類による温室効果ガス排出が極冠を溶かしていることと、これに伴う災害への恐怖は、デマ以外の何物でもないと示唆した。

The German-born Pontiff said that while some concerns may be valid it was vital that the international community based its policies on science rather than the dogma of the environmentalist movement.
教皇ベネディクト16世は、懸念の一部には有効なものもあるかもしれないが、国際社会が観葉保護主義者のドグマではなく科学に、政策の基礎をおくことが不可欠だったと述べた。

His remarks will be made in his annual message for World Peace Day on January 1, but they were released as delegates from all over the world convened on the Indonesian holiday island of Bali for UN climate change talks.
教皇の発言は、1月1日の年次メッセージにおいて為される予定だったが、インドネシアのバリでの国連の気候変動会議に合わせって公表された。
....

His remarks reveal that while the Pope acknowledges that problems may be associated with unbridled development and climate change, he believes the case against global warming to be over-hyped.
教皇の意見は、制約なき成長と気候変動に関連があるかもしれないと認めるものの、地球温暖化が過度に強調されていることがあると信じていることを明らかにしている。

これに対して、ブログ「No More Mister」がこれの報道が嘘つきであることを指摘した。この指摘してがって見ていくと、まずメッセージ本文。

この教皇のメッセージのVaticanによる英訳版の該当部分にそのような記述はない。そもそもインドネシアでの国連が主催する気候変動会議にも触れていないと指摘。実際に該当部分を見ると(DailyMailによる引用部分を強調表示 by Kuicit):
MESSAGE OF HIS HOLINESS
POPE BENEDICT XVI
FOR THE CELEBRATION OF THE WORLD DAY OF PEACE
1 JANUARY 2008


...
The family, the human community and the environment
家族と人類社会と環境


7. The family needs a home, a fit environment in which to develop its proper relationships. For the human family, this home is the earth, the environment that God the Creator has given us to inhabit with creativity and responsibility. We need to care for the environment: it has been entrusted to men and women to be protected and cultivated with responsible freedom, with the good of all as a constant guiding criterion. Human beings, obviously, are of supreme worth vis-à-vis creation as a whole. Respecting the environment does not mean considering material or animal nature more important than man. Rather, it means not selfishly considering nature to be at the complete disposal of our own interests, for future generations also have the right to reap its benefits and to exhibit towards nature the same responsible freedom that we claim for ourselves. Nor must we overlook the poor, who are excluded in many cases from the goods of creation destined for all. Humanity today is rightly concerned about the ecological balance of tomorrow. It is important for assessments in this regard to be carried out prudently, in dialogue with experts and people of wisdom, uninhibited by ideological pressure to draw hasty conclusions, and above all with the aim of reaching agreement on a model of sustainable development capable of ensuring the well-being of all while respecting environmental balances. If the protection of the environment involves costs, they should be justly distributed, taking due account of the different levels of development of various countries and the need for solidarity with future generations. Prudence does not mean failing to accept responsibilities and postponing decisions; it means being committed to making joint decisions after pondering responsibly the road to be taken, decisions aimed at strengthening that covenant between human beings and the environment, which should mirror the creative love of God, from whom we come and towards whom we are journeying.

家族には、家族の関係を進めることができる適切な環境としての家庭が必要です。人類にとって、この家庭は、創造主たる神が創造力と責任で私たちに与えてくれた地球です。私たちは環境をケアしなければなりません。変わらない指針としての、すべての幸福について、責任ある自由によって保護され育まれた男性と女性に委ねられています。すべての創造において、人間は明らかに最高の存在です。環境への配慮は、物質や動物が人間より重要だとは意味しません。むしろ、自然からの利益を得て、我々が自らに対して主張するのと同じ責任ある自由を自然に対して示す権利を将来の世代が持っていることに対して、自然を我々自身の都合でなんとでもできると利己的に考えることを意味しません。すべての人々が受け取るべき創造の産物から除外された貧しき者たちを見過ごしてはなりません。人類は今日、明日の生態系バランスを、正しく懸念しています。この観点で環境評価は、専門家や識者との対話のもとで、性急な結論を求めるイデオロギー的圧力に拘束されることなく、環境バランスを考慮しつつ、すべての人々の幸福を保証できる持続的発展と矛盾しない方法を目指して、慎重に行われることが重要です。環境保護に費用がかかるなら、各国の発展状態を考慮し、将来の世代との連帯に必要な水準に応じて、正当に分担されなければなりません。思慮分別は、責任放棄や決定の延期を意味するのではありません。一方的な決定ではなく、責任をもって取るべき道を、我々が来て、我々が向かう神の愛の反映であるべき、人類と環境の聖約を強化することを目指す判断を熟慮してから、共同での決定をすべきだということを意味します。

8. In this regard, it is essential to “sense” that the earth is “our common home” and, in our stewardship and service to all, to choose the path of dialogue rather than the path of unilateral decisions. Further international agencies may need to be established in order to confront together the stewardship of this “home” of ours; more important, however, is the need for ever greater conviction about the need for responsible cooperation. The problems looming on the horizon are complex and time is short. In order to face this situation effectively, there is a need to act in harmony. One area where there is a particular need to intensify dialogue between nations is that of the stewardship of the earth's energy resources. The technologically advanced countries are facing two pressing needs in this regard: on the one hand, to reassess the high levels of consumption due to the present model of development, and on the other hand to invest sufficient resources in the search for alternative sources of energy and for greater energy efficiency. The emerging counties are hungry for energy, but at times this hunger is met in a way harmful to poor countries which, due to their insufficient infrastructures, including their technological infrastructures, are forced to undersell the energy resources they do possess. At times, their very political freedom is compromised by forms of protectorate or, in any case, by forms of conditioning which appear clearly humiliating.

この点について、地球が我々の共通の家庭であると感じて、我々の責務において、一方的決定ではなく対話を選ぶことが、重要です。さらに、国際機関はこの我々の家庭についての責務をともに果たすために、設立されるべきものかもしれません。しかし、信頼できる協力の必要性について、これまで以上に納得が必要です。差し迫った問題は複雑で、対処するための時間はわずかです。この状況に効果的に対処するために、協調して行動する必要があります。国家間で対話を推進する必要のある分野は、地球のエネルギー資源の管理です。これについて、技術先進国は2つの緊急の必要性に直面しています:一方で、現在の成長モデルによる高い消費水準を再考しつつ、他方で、代替エネルギー資源の探索と高いエネルギー効率の実現に十分な投資をすることです。新興国はエネルギーを渇望していますが、この渇望は同時に、貧弱な技術その他のインフラの故に貧困である国々は、その所有する資源を価値よりも安く売ることを強制させるという悪い方向に働きます。まさしく政治的自由が、時には保護という形で、そしてどんな場合にも明白に屈辱的な条件によって危うくされます。
...
To all my best wishes for a joyful New Year!
From the Vatican, 8 December 2007
BENEDICTUS PP. XVI
ここには、DailyMailが報道したような内容は見られない。「環境への配慮は、物質や動物が人間より重要だとは意味しません。」だけを引いて「自然からの利益を得て、我々が自らに対して主張するのと同じ責任ある自由を自然に対して示す権利を将来の世代が持っていることに対して、自然を我々自身の都合でなんとでもできると利己的に考えることを意味しません」を落とすことで、温暖化否定論的な言いまわして見せている。さらに「すべての人々が受け取るべき創造の産物から除外された貧しき者たちを見過ごしてはなりません」という貧困者・貧困国への配慮という主張も落とされている。

さらに「我々が来て、我々が向かう神の愛の反映であるべき、人類と環境の聖約を強化することを目指す判断を熟慮してから」を落としているが、これは「自然環境の世話をするという神から与えられた責務」を強調するものであり、温暖化否定論に組しない福音主義キリスト教や創造論者たちの主張とも近いものである。

そしてメッセージ後半の貧困国への配慮を完全に無視した報道となっている。このため、教皇が異を唱えているのが「性急な決定による貧困国無視」ではなくなっている。となると、異を唱えた対象は自動的に「温暖化」そのものとなる。これだと、捏造記事という他ない。

さらに、2007年9月22日付で英国Independent紙が、教皇の気候変動への警告を訴える演説の予定を報じていた:
The Pope is expected to use his first address to the United Nations to deliver a powerful warning over climate change in a move to adopt protection of the environment as a "moral" cause for the Catholic Church and its billion-strong following
教皇は国連での初めての演説において、カトリック教会と10億の信者の道徳的理由として環境保護へ動きの中で、気候変動に対する強力な警告を加えることになっている。

The New York speech is likely to contain an appeal for sustainable development, and it will follow an unprecedented Encyclical (a message to the wider church) on the subject, senior diplomatic sources have told The Independent.
ニューヨークでの演説には、持続可能な成長への訴えが含まれ、それはカトリック教会へのメッセージに沿ったものになるだろうと、上部外交筋がIndependent紙に語った。

It will act as the centrepiece of a US visit scheduled for next April -- the first by Benedict XVI, and the first Papal visit since 1999 -- and round off an environmental blitz at the Vatican, in which the Pope has personally led moves to emphasise green issues based on the belief that climate change is affecting the poorest people on the planet, and the principle that believers have a duty to "protect creation".

[Pope to make climate action a moral obligation
(2007/09/22) on Independent
via WHY IS BRITAIN'S DAILY MAIL LYING ABOUT THE POPE'S ENVIRONMENTALISM? (2007/12/11)]
ソースが"senior diplomatic sources"と弱いIndependent紙の報道だが、公表された教皇の2008年新年のメッセージと合致している。

さらに、教皇のメッセージについてのReutersの報道にはそのようなトーンはないと指摘:
Pope urges prudence in environmental decisions
教皇は環境政策決定に思慮分別を求める


VATICAN CITY (Reuters) - International decisions on the impact of environmental change should be made prudently, avoiding hasty conclusions, ideological pressures and unilateral stands, Pope Benedict said in a peace message on Tuesday.
環境変化の影響について国際的決定は、慎重になされるべきで、性急な結論やイデオロギー的圧力や一方的立場を避けるべきだと教皇は火曜日のメッセージで述べた。
...
The environment took up much of the message and although its release coincided with the U.N. climate talks in Bali, aimed at launching talks on a global pact to succeed the 1997 Kyoto Protocol, the Pope did not mention them.
教皇のメッセージは環境について多く触れ、1997年の京都議定書に代わる国際協定についての交渉開始を目的としたバリでの国連の気候会議と同時期に発表されることになったが、それについて教皇は触れていない。

"Humanity today is rightly concerned about the ecological balance of tomorrow," he said. But environmental assessments must be "carried out prudently" and "uninhibited by ideological pressure to draw hasty conclusions."
「人類は今日、明日の生態系バランスを、正しく懸念している。しかし、環境の評価は慎重に行わねばならず、性急な結論を求めるイデオロギー的圧力に拘束されてはならない。」と教皇は述べている。

Efforts to protect the environment should seek "agreement on a model of sustainable development capable of ensuring the well-being of all while respecting environmental balances."
「環境保護活動は、環境バランスを考慮しつつ、すべての人々の幸福を保証できる持続的発展と矛盾しない方法を模索すべきである。」

"Prudence does not mean failing to accept responsibilities and postponing decisions," but a commitment to making joint rather than unilateral decisions, he added.
「思慮分別は、責任放棄や決定の延期を意味するのではない。一方的な決定ではなく、共同での決定をすべきだということを意味する。」

[Philip Pullella: "Pope urges prudence in environmental decisions" (2007/12/11) on Reuters]
またAFPの報道でも同様に:

Environmental policies must respect needs of the poor: pope
環境政策は貧困国のニーズを尊重しなければならないと教皇は言った。


VATICAN CITY (AFP) — Pope Benedict XVI on Tuesday called for environmental policies to take account of the needs of poorer countries, as the UN-sponsored global climate change conference continued in Indonesia.
教皇ベネディクト16世は火曜日に、インドネシアで開催されている国連による気候変動会議について、環境政策は貧困国のニーズを考慮するようにと要請した。
...

"Respecting the environment does not mean considering material or animal nature more important than man," said the pope in his message.
"Rather, it means not selfishly considering nature to be at the complete disposal of our own interests, for future generations also have the right to reap its benefits and to exhibit towards nature the same responsible freedom that we claim for ourselves.
教皇はメッセージで「環境への配慮は、物質や動物が人間より重要だとは意味しない。むしろ、自然からの利益を得て、我々が自らに対して主張するのと同じ責任ある自由を自然に対して示す権利を将来の世代が持っていることに対して、自然を我々自身の都合でなんとでもできると利己的に考えることを意味しない。」
...
"If the protection of the environment involves costs, they should be justly distributed, taking due account of the different levels of development of various countries and the need for solidarity with future generations," he added.
「環境保護に費用がかかるなら、各国の発展状態を考慮し、将来の世代との連帯に必要な水準に応じて、正当に分担されるべきである。」
[Environmental policies must respect needs of the poor: pope]
と教皇ベネディクト16世が温暖化否定論サイドについたという報道をしていない。

これらの報道と比べて、DailyMailの報道は異様に狂ったものである。


DailyMailの前科

教皇ベネディクト16世が右旋回するというDailyMailによる報道は、これが初めてではない。DailyMailは2006年8月に、教皇ベネディクト16世がインテリジェントデザイン支持方向だと報道していた:
Pope Benedict XVI has sacked his chief astronomer after a series of public clashes over the theory of evolution.
教皇ベネディクト16世は、進化論との公的な衝突の後に、バチカン観測所長を解任した。

He has removed Father George Coyne from his position as director of the Vatican Observatory after the American Jesuit priest repeatedly contradicted the Holy See's endorsement of "intelligent design" theory, which essentially backs the "Adam and Eve" theory of creation.
教皇は、アダムとイブの創造理論を背景とするインテリジェントデザイン理論をバチカン使徒座が推奨することに対立していたGeorge Coyne神父をバチカン観測所長から解任した。

Benedict favours intelligent design, which says God directs the process of evolution, over Charles Darwin’s original theory which holds that species evolve through the random, unplanned processes of genetic mutation and the survival of the fittest.
教皇ベネディクト16世は、ランダムで無計画な遺伝子突然変異と適者生存によって種が進化するというチャールズ・ダーウィンの理論に対して、進化過程を神が指示するというインテリジェントデザイン理論を好んでいる。

[Pope sacks astronomer over evolution debate (2006/08/23) on DailyMail]
バチカン観測所長Coyne神父の退任について、「進化論関連発言に起因する解任」をバチカンは否定している:また、教皇ベネディクト16世は進化論についてのポジションを変更していない。

DailyMailは「教皇ベネディクト16世が、反進化論と温暖化否定論という保守的キリスト教のポジションをとるはずだ」というラインで報道をしているようだ。
posted by Kumicit at 2007/12/18 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/12/03

無神論を批判する教皇ベネディクト

2007年11月30日のReutersの報道によれば、教皇ベネディクトは同日にリリースした"Spe Salvi"という文書で、無神論を「最も強烈な形の残酷さと、正義の侵犯につながるもの」として攻撃した。

Papal encyclical attacks atheism, lauds hope
By Philip Pullella

VATICAN CITY (Reuters) - Pope Benedict, in an encyclical released on Friday, said atheism was responsible for some of the "greatest forms of cruelty and violations of justice" in history.
この報道だと、創造論者の主張「CA006.1: Adolf Hitler exploited the racist ideas of Darwinism to justify genocide. (アドルフヒットラーは、大量虐殺を正当化するために、ダーウィニズムの人種差別的な考えを利用した)」レベルに聞こえるが、実際はかなり重厚な表現である:

http://www.catholic.org/international/international_story.php?id=26060&page=17

In the modern era, the idea of the Last Judgement has faded into the background: Christian faith has been individualized and primarily oriented towards the salvation of the believer's own soul, while reflection on world history is largely dominated by the idea of progress. The fundamental content of awaiting a final Judgement, however, has not disappeared: it has simply taken on a totally different form. The atheism of the nineteenth and twentieth centuries is -- in its origins and aims -- a type of moralism: a protest against the injustices of the world and of world history. A world marked by so much injustice, innocent suffering, and cynicism of power cannot be the work of a good God. A God with responsibility for such a world would not be a just God, much less a good God. It is for the sake of morality that this God has to be contested. Since there is no God to create justice, it seems man himself is now called to establish justice. If in the face of this world's suffering, protest against God is understandable, the claim that humanity can and must do what no God actually does or is able to do is both presumptuous and intrinsically false. It is no accident that this idea has led to the greatest forms of cruelty and violations of justice; rather, it is grounded in the intrinsic falsity of the claim. A world which has to create its own justice is a world without hope. No one and nothing can answer for centuries of suffering. No one and nothing can guarantee that the cynicism of power -- whatever beguiling ideological mask it adopts -- will cease to dominate the world. This is why the great thinkers of the Frankfurt School, Max Horkheimer and Theodor W. Adorno, were equally critical of atheism and theism. Horkheimer radically excluded the possibility of ever finding a this-worldly substitute for God, while at the same time he rejected the image of a good and just God. In an extreme radicalization of the Old Testament prohibition of images, he speaks of a “longing for the totally Other” that remains inaccessible -- a cry of yearning directed at world history. Adorno also firmly upheld this total rejection of images, which naturally meant the exclusion of any “image” of a loving God. On the other hand, he also constantly emphasized this “negative” dialectic and asserted that justice -- true justice -- would require a world “where not only present suffering would be wiped out, but also that which is irrevocably past would be undone.” This, would mean, however -- to express it with positive and hence, for him, inadequate symbols -- that there can be no justice without a resurrection of the dead. Yet this would have to involve “the resurrection of the flesh, something that is totally foreign to idealism and the realm of Absolute spirit.”

現代では、最後の審判という考えは影が薄くなりました。キリスト教徒の信仰は個人のものとなり、主として信者自身の魂の救済へと向かいました。一方で、世界史についての省察は進歩という考えに大きく支配されるようになりました。しかし、最後の審判の待ち受ける基本的な内容は消えていません。それは、まったく違う形になりました。

19世紀と20世紀の無神論は、その起源と目的において、世界と世界史の不正義に対する抗議という、一種の倫理主義です。世界は、あまりの不正義と罪なき者の苦しみと、力のシニシズムによって特徴づけられていて、良き神の被造物ではありえません。そのような世界を創造した神は、正当な神ではなく、良き神とはとても言えない神かもしれません。神への異論が唱えられるのは、倫理のためです。正義を創れる神がいないなら、人間自身が正義を確立しなければならないのです。

この世界の苦しみに直面するなら、神への抗議は理解できます。しかし、神が実際に為さない、あるいは為しえないことを、人間が可能であり、かつ人間が為さねばならないという主張は、厚かましく、かつ本質的に間違っています。この考え方が、最も強烈な形の残酷さと、正義の侵犯につながったことは偶然ではありません。それは主張の本質的な誤りに基づいています。自身が正義を創らなければならない世界は、希望のない世界です。誰も何も幾世紀の苦しみに答えを出せません。誰も何も、いかなるイデオロギーの仮面を纏うものであれ、力のシニシズムが世界支配をやめることを保証できません。

そういうわけで、フランクフルト学派の偉大なる思想家であるマックス・ホルクハイマーとテオドール・アドルノは、無神論と有神論に等しく批判的でした。ホルクハイマーは、良き正当なる神のイメージを拒絶するとともに、神の代用品を見出す可能性も排除しました。旧約聖書の偶像禁止の極端な過激主義において、彼は、世界史に向けた切望の叫びとも言える、近づくことのできない、まったく違う何かへの憧憬について話しました。

アドルノも、通常は愛する神の偶像を排除することを意味する、偶像の拒絶を固く支持しました。他方で、アドルノは絶えず、この否定的な弁証法を強調し、真の正義とは、世界から現在の苦しみが一掃されるだけでなく、取り返しのつかない過去をなかったことにすることを要件とすると主張していました。ポジティブすなわち彼にとって不適切な象徴で表現するなら、これは死者の復活なしに正義はありえないことを意味しています。そして、これは肉体の復活という、理想主義と絶対的精神の領域とはまったく合致しない何かを、含んでいます。

...

This innocent sufferer has attained the certitude of hope: there is a God, and God can create justice in a way that we cannot conceive, yet we can begin to grasp it through faith. Yes, there is a resurrection of the flesh. There is justice. There is an “undoing” of past suffering, a reparation that sets things aright. For this reason, faith in the Last Judgement is first and foremost hope -- the need for which was made abundantly clear in the upheavals of recent centuries

この罪なくして苦しむ人々が、希望の確信を得るのです。神がいて、神は我々の理解できない方法で正義を実現し、それを我々は信仰を通してつかむことができます。そうです。肉体の復活があります。正義があります。過去の苦しみをなかったことにできます。物事をただす補償なのです。この理由により、最後の審判を信じることは、何よりも希望なのです。ここ数世紀の大変動で明らかにされた必要性なのです。

...
おそらく、Richard Dawkinsの"The God Delusion"(神は妄想である)や、Christopher Hitchensの"God is Not Great"を想定した文章だろう。

そして、現実世界において神は正義を実現しておらず、未来においても実現しないだろうことを認めた上で、そのような神の代用品としての無神論(明言されていないが、共産主義を指すものと思われる)が歴史上「最も強烈な形の残酷さと、正義の侵犯」に必然的につながったと批判する。

この流れでフランクフルト学派のMax Horkheimerを引用して、過去をも改変できなければ真の正義は実現したことにならないと言う。そして、過去の改変の代用品として、「最後の審判」における死者の復活を挙げる。それこそ、神のみに実現可能な真の正義なのだと。


この論理だと、現実世界については絶望的である。続きを読む
タグ:教皇
posted by Kumicit at 2007/12/03 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/10/03

Vaticanは科学を恐れない

BBCによれば、VaticanはDisc Galaxyをテーマに200名以上の天文学者を集めたコンファレンスを7年ぶりに開催する。これに関してBBCによれば、Vatican観測所のGuy Consolmagnoが「教会は科学の発見を恐れていないことを世界に知ってほしい」と開催の理由を説明した。
For the second time in seven years the Vatican is hosting a scientific conference for astronomers.
7年ぶりにVaticanは天文学者を集めたコンファレンスを開催する。

More than 200 scientists from 26 countries including the United States, Britain, Italy, Germany, Russia, and Japan have gathered in Rome for a five-day meeting on disc galaxies.
米英伊独露日を含む26カ国から200人以上の科学者がローマに集まり、5日間にわたり円盤銀河について論じる。

....

Father Jose Funes, the head of the Vatican Observatory, said exciting new discoveries have been made with the help of space telescopes since the Holy See's last meeting on galaxies in 2000.

Vatican観測所長Jose Funes神父は、「前回2000年の銀河についてのコンファレンス以降に、宇宙望遠鏡によりエキサイティングな新発見があった。円盤銀河がホットトピックである。」と述べた。

...

Jesuit Brother Guy Consolmagno, a member of Father Funes's team and curator of one of the world's most important collections of meteorites, kept at Castelgandolfo (the Pope's summer residence), explains.
"They want the world to know that the Church isn't afraid of science," he said.
"This is our way of seeing how God created the universe and they want to make as strong a statement as possible that truth doesn't contradict truth; that if you have faith, then you're never going to be afraid of what science is going to come up with.
"Because it's true."

Funes神父のチームめメンバーであり、教皇の夏の離宮Castelgandolfoにあるメテオライトの世界的に重要なコレクションの学芸員でもあるGuy Consolmagnoは次にように説明する。
「彼らは教会が科学を恐れていないことを世界に知ってほしいのです。これは神がいかに宇宙を創造したかを見る我々の方法なのです。そして、真理は真理と矛盾しないという強い意見表明をしたいのです。もし信仰心があるなら、科学が見出すものを恐れることはまったくありません。何故なら、それは真理でからです。」

[David Willey: "Papal stargazers reach for heaven" ( 2007/10/01) on BBC2]
ローマカトリックは「真理の擁護者」というポジションを押し出そうとしているのかもしれない。

posted by Kumicit at 2007/10/03 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/09/20

今年も教皇ベネディクト16世はかつての学生たちと進化と創造を議論する

Castel Gandolfo, Sep. 18, 2007 (CWNews.com) - Pope Benedict XVI (bio - news) met on September 16 with a group of about 40 former theology students, at his summer residence in Castel Gandolfo.

教皇ベネディクト16世は9月16日に、40人のかつての神学生たちと、Castel Gandolfoの夏の別荘で会った。

...

This year some of the Pope's former students-- again including Cardinal Schönborn-- pursued the discussion of evolution and creation. The sessions were held behind closed doors.

今年は、Schönborn枢機卿を含む、教皇のかつての学生たちが、進化と創造について議論を深める。議論は非公開で行われる。
[Pope's former students renew annual discussion (2007/09/18) on Catholic World News]
posted by Kumicit at 2007/09/20 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/07/28

教皇ベネディクト16世は進化論についてのポジションを変更せず

MSNBCの報道によれば400名の聖職者との質疑応答において、教皇ベネディクト16世は進化論について以下のように述べた。
Pope Benedict XVI said the debate raging in some countries — particularly the United States and his native Germany — between creationism and evolution was an “absurdity,” saying that evolution can coexist with faith.
教皇ベネディクト16世は、特に米国や教皇の故郷であるドイツにいて荒れ狂っている創造論と進化論の間の論争は、馬鹿げたものであり、進化論は信仰と共存できると述べた。

The pontiff, speaking as he was concluding his holiday in northern Italy, also said that while there is much scientific proof to support evolution, the theory could not exclude a role by God.
教皇は北イタリアでの休暇における結論として、進化論を支持する科学的証明は多いが、神の役割を排除できるものではないと述べた。

“They are presented as alternatives that exclude each other,” the pope said. “This clash is an absurdity because on one hand there is much scientific proof in favor of evolution, which appears as a reality that we must see and which enriches our understanding of life and being as such.”
「それら(進化論と創造論)は互いに背反する代替論として提示されている。この意見の衝突は馬鹿げたものである。というのは進化論を支持する科学的証拠は多く、それらは我々が直視すべき現実として示されており、それらは我々の生命についての理解を深めるものである。」と教皇は言った。

He said evolution did not answer all the questions: “Above all it does not answer the great philosophical question, ‘Where does everything come from?’”
教皇は進化論はすべての問いに答えてはおらず、「すべてはどこから来たのかという大いなる哲学的問いに答えるものではない」と言った。

[Pope - Creation vs. evolution clash an ‘absurdity’ (2007/07/25) on MSNBC News Services]
自然については科学に、哲学的問いについては宗教という形の共存をベネディクト16世は提示している。これは従来よりの見解を繰り返したものであり、ローマカトリックの進化論についてのポジションに変更がないことを明示したものと思われる。

教皇との質疑応答の速記録が教皇庁のサイトにアップされている。イタリア語なので、altavistaの「Italian to English」自動翻訳をたよりに該当部分を読んでみると..
Lei mi sembra che abbia dato una precisa descrizione di una vita nella quale Dio non appare.
それは神が現れない生命についての正確な記述をしたようです。

In un primo momento sembra che non abbiamo bisogno di Dio, anzi che, senza Dio saremmo più liberi e il mondo sarebbe più ampio.
最初は、私たちは神が必要ではないと思う。実際、神がいなければ、私たちはより自由で、世界はもっと広いかもしれないと思う。

Ma dopo un certo tempo, nelle nostre nuove generazioni, si vede cosa succede, quando Dio scompare.
神が消えて、時がたった、新たな世代において、何を見るのでしょうか?

Come Nietzsche ha detto "La grande luce si è spenta, il sole si è spento".
ニーチェが言ったように「偉大なる光は消えた。太陽は消えた。」

La vita allora è una cosa occasionale, diventa una cosa e devo cercare di fare il meglio con questa cosa e usare la vita come fosse una cosa per una felicità immediata, toccabile e realizzabile.
生命は泡沫のものであり、直近の手の届く実現可能な幸福のためのものあって、そのために最大限にその生命を使おうとしなければなりません。

Ma il grande problema è che se Dio non c’è e non è il Creatore anche della mia vita, in realtà la vita è un semplice pezzo dell’evoluzione, nient’altro, non ha senso di per sé stessa.
しかし、大きな問題は、神がいなくて、神が私の生命の創造主でなければ、生命は進化のひとつの断片にすぎず、それ以外の意味を持たないことになります。

Ma io devo invece cercare di mettere senso in questo pezzo di essere.
しかし、私はその断片に意味を持たせようとしなければなりません。

Vedo attualmente in Germania, ma anche negli Stati Uniti, un dibattito abbastanza accanito tra il cosiddetto creazionismo e l’evoluzionismo, presentati come fossero alternative che si escludono: chi crede nel Creatore non potrebbe pensare all’evoluzione e chi invece afferma l’evoluzione dovrebbe escludere Dio.
私は今ドイツで見ていますが、米国でも同様で、いわゆる創造論対進化論の燃え上がった論争は、互いに背反する代替理論として提示されています。すなわち、創造主を信じる者は進化論をまったく考えることができず、進化論は神を除外するものだと。

Questa contrapposizione è un’assurdità, perché da una parte ci sono tante prove scientifiche in favore di un’evoluzione che appare come una realtà che dobbiamo vedere e che arricchisce la nostra conoscenza della vita e dell’essere come tale.
この意見の衝突は馬鹿げたものです。というのは進化論を支持する科学的証拠は多く、それらは我々が直視すべき現実として示されており、それらは我々の生命についての理解を深めるものだからです。

Ma la dottrina dell’evoluzione non risponde a tutti i quesiti e non risponde soprattutto al grande quesito filosofico: da dove viene tutto? e come il tutto prende un cammino che arriva finalmente all’uomo?
しかし、進化論はすべての問いに答えるものではなく、あらゆる問いの上にある大いなる哲学的問いに答えません。すなわち、すべてはどこから来たのか?そして、最終的に人間へと到達したのか?
....
ということで、MSNBCの報道は特に作為的な切り取りをしていないことはわかった。

で、ここに示された教皇ベネディクト16世の回答について、特にKumicitには異論はない。進化生物学にせよ、インフレーション宇宙にせよ、自然科学によって神の不在が証明されることはない。そして、自然科学は意味や目的といった概念を取り扱わない。このポジションをとる限り、信仰と進化に対立点はありえない。

posted by Kumicit at 2007/07/28 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/04/17

教皇はインテリジェントデザイン支持 by Dembski & Chapman

神と進化について、次の2つの立場は、科学の版図から見れば、決定的に違う:

  1. 神様が、自然法則と初期値を練りに練って、生命が誕生し、人類に進化するようにした
  2. 神様が進化の過程に介入した。あるいは神様が新種を順次配備した。

1.は、科学の手が神様に及ばない。すなわち検証可能な範囲たる科学の版図内では「たまたまそうなっていただけ」と識別する方法がない。なので、オッカムの剃刀の原則により、神様はその存否を問うことなく、科学の版図外へ追い出される。その結果、神様への信仰と、科学はまったく無矛盾になる。

2.は科学の版図内に神様を配置する立場。ただし、"God of the gaps"論すなわち、「科学で説明がついていないことを、神様の介入の証拠とする」ほかに検証する方法がない。インテリジェントデザインはこの立場をとる。

でもって、Reutersの配信記事によれば、教皇ベネディクトは、この"God of the gaps"論の立場をとらないと言っている:
He also denied using a "God-of-the-gaps" argument that sees divine intervention whenever science cannot explain something.
"It's not as if I wanted to stuff the dear God into these gaps - he is too great to fit into such gaps," he said


これに対して、インテリジェントデザインよりに見えるAssociated Pressの記事とほぼ同様のトーンで書かれた英国Timesonline2007年4月13日付の記事を引用して、喜んでいるのがインテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiである:
William Dembski: "The Pope Circling Around ID" (2007/04/13) on Uncommon Descent

It will be interesting to see where this debate is in the Roman Catholic Church by the time we get to Darwin’s bicentennial in 2009.

Pope puts his faith in the Book of Genesis, not Darwin
といっても、記事の表題「教皇はダーウィンではなく創世記を信頼する」だけで喜んでいて、あとはどうでもいいらしい。

逆に、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteの設立者であり、現所長であるBruce Chapmanは、Discovery Institute公式ブログ2007年4月12日付のエントリで、教皇がインテリジェントデザインを支持しないというReutersの記事は愚かな誤りだと主張した:
The media, of course, wanted to know what the pontiff and others had said about intelligent design, but ID was not the topic of the meeting. Philosophy, rather, was the focus. Hence, the breathless report by Reuters now that the paper by the pope fails to back ID is, well, silly.
その理由説明として、シニアフェローであるJay Wesley Richardsの主張を載せている。なお、このJay Wesley Richardsは、Princeton Theological Seminaryから哲学神学の名誉PhDを授与され、現在は宗教指導者とビジネスエグゼクティブの教育を目的とするActon Instituteのリサーチフェローである。
In reading all the buzz about the pope’s recent statements on the nature of science and religion (see "Pope says science too narrow to explain creation," Reuters, April 11 2007), I suspect there's a translation problem here. Reading between the lines, it looked like Benedict said some pretty strong things. Of course he's challenging scientism and calling for a broader concept of reason than is contained in experimental science. That's easy for classically informed philosophers to understand. But you can be sure that exactly 0% of reporters and 1% of readers will understand that. What every reporter will take away is that all this talk about God, purpose, and design are private, since in modern parlance, only ‘science’ constitutes public knowledge. Thus the story ends:

科学と宗教の性質についての教皇の最近の声明についてのすべての噂を読んでみて、翻訳の問題があるように思えてきた。行間を読むと、ベネディクトはもっと強いことを言っているようだ。もちろん、教皇は科学主義に疑問を呈していて、実験科学に含まれるものよりも広い論理概念を求めている。これは古典的な情報に通じた哲学者にとって理解することは容易だろう。しかし、記者の0%と読者の1%しか、これを理解できなかったことは確かだ。すべての記者たちが取るのは、神と目的とデザインについての話はプライベートなものであり、現代用語においては、科学だけが公の知識を構成するというものだ。従って、ストーリーは次のように終わる:
This ... inevitably leads to a question that goes beyond science ... where did this rationality come from?’ he asked. Answering his own question, he said it came from the ‘creative reason’ of God.’

これは必然的に、合理性はどこか来たのかという問いは、科学を超えたものに至る。教皇自身の問いに答えて、教皇はそれは神の創造の理由から来たと言う。

...
The reader is thus left to vaguely believe something that I'm sure is not true: that the Pope endorses a two-truths view, according to which Darwinism works as ‘science’ (narrowly defined) but theological types get to talk about God as long as they call it philosophy and promise not to make trouble for the Darwinists.

読者は、私が真実ではないと確信するものを、あいまいに信じ込まされる。それは、ダーウィニズムは狭義の科学として働くが、ダーウィニストをこまらせない哲学を呼び出す限り神学タイプのダーウィニズムは神について話すという、2つの真理という見方を、教皇が推奨したというものだ。
「記事は完全に誤解に基づくもので、その行間から真実を見るなら...」という根拠なき妄想を書いただけ。

posted by Kumicit at 2007/04/17 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/04/15

教皇の新刊本についてのPanda's Thumb方面の反応

一昨日の教皇の新刊本の続きで、進化論サイドに立つ人々の反応から...

Panda's ThumbではWesley R. Elsberryが2007年4月11日付のエントリ「Pope Benedict, Theistic Evolutionist」で、Reutersの配信記事を基にして、ローマカトリックの方針に変化がないことを淡々と記載している:
would the Pope, leader of the Catholic church, throw in with them, joining them in the “intelligent design” big tent? The answer, at least according to this news report, is “No”. Pope Benedict is reported to adopt theistic evolution, the idea that God’s method of creation is what science has discovered concerning evolutionary biology. And we know from William Dembski that “intelligent design theorists” are no friends of theistic evolution.

ローマカトリックの指導者たる教皇は、インテリジェントデザインのビッグテントに参加するのだろうか?その答えは報道を見る限り、ノーである。報道によれば、教皇ベネディクトは、かみがの創造の方法は科学が進化生物学で発見したものだという有神論的進化論を受け入れている。そして、William Demsbkiによればインテリジェントデザインは有神論的進化論とお友達ではない。


同じPanda's Thumbの執筆者でも、PZ Myers准教授は、Associated Pressの記事を基に、2007年4月12日付のエントリ「The Pope is not our friend: he is the friend of irrationalism, dogma, and superstition, so treat him appropriately」で、教皇がインテリジェントデザインを否定するからといって、科学の側に立つわけではなく、非合理と教義と迷信のお友達だと批判した:
Here is a criticism of evolutionary biology:
ここは進化生物学の批判である。
…it is also true that the theory of evolution is not a complete, scientifically proven theory … We cannot haul 10,000 generations into the laboratory.
進化論は完全には科学的に証明されていないことは真実である。我々は1万世代を実験室で再現できない。
If a Bill Dembski or a Michael Egnor or a Ken Ham had said this — and it is exactly the kind of thing they would say — we'd be throwing rotten fruit at them and mocking their ignorance of how science works.

これをDembskiがEgnoerかKen Hamが言っていれば、実際にもこのようなことを言っているが、そのとき我々は、いかに科学の探求の方法を彼らが知らないかを徹底してたたくだろう。
ヴィルスとかだったら1万世代の実験も可能なので、正しい指摘ではある。さらに:
The critic, who if you haven't figured it out yet is Pope Benedict XVI, goes on to make more assertions.

それでもわからなければ、教皇ベネディクト16世は、さらに多くの根拠なき主張を続ける。
The question is not to either make a decision for a creationism that fundamentally excludes science, or for an evolutionary theory that covers over its own gaps and does not want to see the questions that reach beyond the methodological possibilities of natural science.

問題は、創造論が根本的に科学を排除するか、進化論が隙間をすべて覆い尽くして、自然科学方法論の限界を超えた問題を見ないようにするかではない。
Those words could have come out of the mouth of Phillip Johnson.
これはPhillip Johnsonが言っても不思議ではない。

Of course our understanding of the world has gaps; science is a successful strategy for closing them, not a complete description of the state of the cosmos. It's a pointless platitude to whine that there are possibilities beyond methodological naturalism when you can't provide any.

もちろん、世界についての我々の理解には隙間がある。科学はこの隙間を埋める、うまい戦略であるが、宇宙の状態をすべてを完全に記述しない。答えがないときに、方法論的自然主義を超える可能性があるというのは、無意味な決まり文句である。

It doesn't matter whether it is in defense of Intelligent Design creationism or Catholicism — those are philosophies that have failed to provide any insight into the machineries of the universe, and it's contemptible and pathetic for advocates of supernaturalism to only look at the triumph of scientific thought to find the questions we're still asking, and treat that as a weakness.

それがインテリジェントデザイン創造論を擁護するのか、カトリックを擁護するのかは問題ではない。それらは、宇宙のメカニズムについて、いかなる洞察も提示できなかった哲学である。科学が答えを出していない問題を見つけて、それを弱さとみなすのは、超自然を主張する者たちの卑劣と感傷にすぎない。
Associated Pressの記事だけ見ると、このPZ Myers准教授の主張は正しいように見える。しかし、Reutersの配信記事には、"God of the gaps"論を否定する記述がある:
He also denied using a "God-of-the-gaps" argument that sees divine intervention whenever science cannot explain something.
"It's not as if I wanted to stuff the dear God into these gaps - he is too great to fit into such gaps," he said
[Reutersの配信記事]
この記載からすると、そこまで批判するには、あたらないと思われる。


同じくAssociated Pressの記事を参照しているNational Center for Science Educationニュースリリースが伝えるEugenie Scott代表の意見では:
NCSE's executive director Eugenie C. Scott commented, "The Pope giveth and the Pope taketh away." It was gratifying, she explained, that there were no signs of the Pope's embracing creationism in any form, and that he expressed such a high view of science. "But it is disquieting," she added, "that his reported comments manifest a misunderstanding of the scientific status of evolution. No scientific theory is 'complete' and 'scientifically proven', but scientists accept theories when the evidence is strong enough -- and the evidence for evolution is overwhelming."

「教皇は与え、教皇は奪う。教皇が、いかなる形の創造論も受け入れる徴候がなく、科学を高く評価したことは喜ばしいことです。しかし、報道された、進化論の科学における地位を誤解している教皇のコメントには懸念があります。そもそも、いかなる科学理論も、完全でもなければ、科学的に証明されることもありません。しかし、科学者たちは証拠が十分に強ければ理論を受け入れるものであり、進化の証拠は圧倒的です」とNCSE代表Eugenie C. Scottはコメントしました。

Similarly, Scott said that the Pope's reported criticism of evolution as not being replicable reflected a common misunderstanding of the nature of science: "Science is not limited just to the laboratory. Biology, like astronomy and geology, is largely a historical science, but it is no less a science for that." (She added, mischievously, that microbiologists like Richard Lenski would be surprised to hear that 10,000 generations can't be hauled into the laboratory.) Scott emphasized that her reaction was based on reports from the press, and that she looked forward to reading the Pope's contribution to Schoepfung und Evolution to understand his view more completely.

さらに「報道された教皇の、再現不可能だという進化論への批判は、科学というものについての一般的な誤解を反映したものです。科学は実験室に限定されるものではありません。生物学は天文学や地質学と同じく、主として歴史の科学ですが、まさに歴史のための科学です。Richard Lenskiのような微生物学者は1万世代の実験が実験室で出来ないと聞けば、驚くことでしょう」とEugenie C. Scottと湖面しました。なお。このコメントは報道に基づくものであり、教皇の見解をよく知るために、教皇の"Schoepfung und Evolution"の出版を心待ちにしていると強調した。
さすがに、理科教育をめぐる戦闘の最前線に立つEugenie C. Scottの適切なコメントというところだろうか。


一方、Reutersの配信記事を参照した、カンザスのRed State Rabbleは、教皇が有神論的進化論のポジションを維持し、インテリジェントデザインを受け入れなかったことをa href="http://redstaterabble.blogspot.com/2007/04/pope-benedict-god-created-life-through.html">歓迎している。

ということで、かなりトーンの違うReutersの配信記事Associated Pressの記事のどっちを見たかで反応が違っているもよう。

posted by Kumicit at 2007/04/15 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/04/13

おそらく教皇ベネディクトは新刊本でも、ローマカトリックの進化論についての見方を変えない

まずはReutersの宗教担当エディタTom Heneghanの2007年4月11日付の記事「Pope says science too narrow to explain creation」から引用。論点は3つ:

第1点は、進化論は完全には証明できないこと:
The Pope also says the Darwinist theory of evolution is not completely provable because mutations over hundreds of thousands of years cannot be reproduced in a laboratory.
But Benedict, whose remarks were published on Wednesday in Germany in the book "Schoepfung und Evolution" (Creation and Evolution), praised scientific progress and did not endorse creationist or "intelligent design" views about life's origins.

「幾十万年の突然変異を実験室で再現できないから、ダーウィニストの進化理論は完全には証明できない」と教皇は言った。しかし、「創造と進化」という本をドイツで水曜に出版する教皇ベネディクトは、その本で、科学の発展を賞賛し、生命の起源についての創造論者やインテリジェントデザインの見方を支持しなかった。
これは当然であって、科学とは完全に証明できるものではない。と同時に、それを以って創造論やインテリジェントデザインの証拠としないとしたことも、科学の原則そのものである。

第2は有神論的進化論の立場をとり、"God of the gaps"論を否定したこと:
In the book, Benedict defended what is known as "theistic evolution," the view held by Roman Catholic, Orthodox and mainline Protestant churches that God created life through evolution and religion and science need not clash over this.
"I would not depend on faith alone to explain the whole picture," he remarked during the discussion held at the papal summer palace in Castel Gandolfo outside Rome.

この本で、教皇ベネディクトはローマカトリックやメインラインプロテスタントが支持する「神が進化を通して生命を創造し、宗教と科学はこれについて衝突する必要がない」という有神論的進化論と呼ばれる見方を擁護した。「私は全宇宙の説明について宗教だけに頼ろうとは思わない」とローマ郊外のCastel Gandolfoにある教皇の夏の離宮でのディスカッションで述べた。

He also denied using a "God-of-the-gaps" argument that sees divine intervention whenever science cannot explain something.
"It's not as if I wanted to stuff the dear God into these gaps - he is too great to fit into such gaps," he said in the book that publisher Sankt Ulrich Verlag in Augsburg said would later be translated into other languages.

教皇はまた、科学が何かを説明できなければ、そこに神の介入を見出す"God of the gaps"論を使うことを否定した。「私が親愛なる神を、これらの隙間に詰め込みたくはない。神は、そのような隙間に適合するにはあまりに偉大である」と、教皇は出版社Sankt Ulrich Verlagから出版され、各国語に翻訳予定の本で述べた。
インテリジェントデザインは"God of the gaps"論の形で実装されているので、これにより教皇はインテリジェントデザインを拒否したことになる。


そして、第3点は宗教としての立場で:
Both popular and scientific texts about evolution often say that 'nature' or 'evolution' has done this or that," Benedict said in the book which included lectures from theologian Schoenborn, two philosophers and a chemistry professor.
"Just who is this 'nature' or 'evolution' as (an active) subject? It doesn't exist at all!" the Pope said.

Benedict argued that evolution had a rationality that the theory of purely random selection could not explain.
"The process itself is rational despite the mistakes and confusion as it goes through a narrow corridor choosing a few positive mutations and using low probability," he said.

"This ... inevitably leads to a question that goes beyond science ... where did this rationality come from?" he asked. Answering his own question, he said it came from the "creative reason" of God.

以上を見る限り、有神論的進化論のポジションを維持し、インテリジェントデザインと創造論を否定し、科学の原則的な立場(完全な証明の不可能性)を述べた本を出版したというニュース。特にローマカトリックの方針転換などは見られない。


これに対して、The Associated Pressが配信したニュース記事は、第1点を強調した形になっている[Pope says evolution can‘t be proven ]
BERLIN (AP) - Pope Benedict, in his first extended reflections on evolution published as pontiff, said Charles Darwin's theory cannot be finally proven and science has unnecessarily narrowed humanity's view of creation.

教皇ベネディクトは、教皇として進化論についての最初の反応として、「チャールズ・ダーウィンの理論は最終的に証明できるものではなく、科学は不必要に人間の創造についての見方を狭めている」と述べた。

In a new book, "Creation and Evolution," published Wednesday in German, the Pope praised progress gained by science but cautioned evolution raises philosophical questions science alone cannot answer.

水曜日にドイツで出版される「創造と進化」において、教皇は科学の発展を賞賛したが、進化論が科学だけでは答えられない哲学的問題を挙げていると注意した。

"The question is not to either make a decision for a creationism that fundamentally excludes science, or for an evolutionary theory that covers over its own gaps and does not want to see the questions that reach beyond the methodological possibilities of natural science," the Pope said.

「問題は、創造論が根本的に科学を排除するか、進化論が隙間をすべて覆い尽くして、自然科学方法論の限界を超えた問題を見ないようにするかではない」と教皇は言った。

He stopped short of endorsing intelligent design but said scientific and philosophical reason must work together in a way that does not exclude faith.

教皇はインテリジェントデザインを支持しなかったが、科学及び哲学はともに宗教を排除し形でともに探求を進めるべきだと述べた。
"God of the gaps"論について言及しない記事になっているため、インテリジェントデザインに理解を示したような印象を受ける。どうも、The Associated Pressの記事の方が、印象操作をしているように見える。

とはいえ、英語版が出たら買って読んでみないと明言できないが。というか、両社共同で、教皇の本の販促活動か?
posted by Kumicit at 2007/04/13 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007/01/05

これまでの教皇"声明 on 進化論"メモ

wikipedia: Evolution and the Roman Catholic Church(進化論とローマカトリック教会)から、教皇ピウス12世と教皇ヨハネパウロ2世と現教皇ベネディクト16世の進化論にまつわる声明をメモ:

まずは、進化論に敵対しないことを明言したピウス12世から:
Pope Pius XII

The Church, beginning in 1950 with Pope Pius XII's encyclical Humani Generis, took up a neutral position with regard to evolution:
カトリック教会は19050年始めに教皇ピウス12世の"Humani Generis"回勅により、進化論について中立的なポジションをとった。

"The Church does not forbid that...research and discussions, on the part of men experienced in both fields, take place with regard to the doctrine of evolution, in as far as it inquires into the origin of the human body as coming from pre-existent and living matter." (Pius XII, encyclical Humani Generis)

人間の肉体の起源が先行する存在に由来することについて探求する限り、進化論についての、人間が両分野で経験する研究と議論を、教会は禁じない。


Pope Pius XII's teaching can be summarized as follows:
教皇ピウス12世の教えは次のように要約できる:


  • The question of the origin of man's body from pre-existing and living matter is a legitimate matter of inquiry for natural science. Catholics are free to form their own opinions, but they should do so cautiously; they should not confuse fact with conjecture, and they should respect the Church's right to define matters touching on Revelation.
    人間の肉体が先行する存在を起源とすることを問うことは自然科学の領分である。カトリックは自身の意見を形成してかまわないが、用心深くなければならない。事実と推測を混同すべきではない。黙示録に触れる問題を定める教会権限を尊重しなければならない。

  • Catholics must believe, however, that the human soul was created immediately by God. Since the soul is a spiritual substance it is not brought into being through transformation of matter, but directly by God, whence the special uniqueness of each person.
    カトリックは神よって人間の魂が創造されたと信じなければならない。魂が精神的な存在であり、物質の転換によって生じることはなく、直接に神によって、各人に特別に創られる。

  • All men have descended from an individual, Adam, who has transmitted original sin to all mankind. Catholics may not, therefore, believe in "polygenism," the scientific hypothesis that mankind descended from a group of original humans (that there were many Adams and Eves).
    すべての人間はアダムの末裔であり、原罪を背負っている。したがって、カトリックは、複数のアダムとイブがいたという、人類が人間の起源集団の末裔であるという科学的仮説たる"polygenism"を信じてはいけない。


Some theologians believe Pius XII explicitly excludes belief in polygenism as licit. The relevant sentence is this:
一部の神学者はピウス12世が文字通り、直に"polygenism"を信じることを排除したと考えている。該当する記述は:
"Now it is in no way apparent how such an opinion (polygenism) can be reconciled with that which the sources of revealed truth and the documents of the Teaching Authority of the Church propose with regard to original sin, which proceeds from a sin actually committed by an individual Adam and which, through generation, is passed on to all and is in everyone as his own." (Pius XII, Humani Generis, 37 and footnote refers to Romans 5:12-19; Council of Trent, Session V, Canons 1-4)

アダムその人によって実際に犯された罪から生じ、その人のものとして世代を超えて引き継がれる原罪について、明らかにされた真理と教理省の文書が提示するものと、"Polygenism"のような意見を一致させる方法は、決して明らかではない。
これは、魂を別枠扱いとすることで、進化論を容認したもの。

続いて、進化論は仮説以上のものとなったと認めたヨハネパウロ2世:
Pope John Paul II

In an October 22, 1996, address to the Pontifical Academy of Sciences, Pope John Paul II updated the Church's position to accept evolution of the human body:
1996年10月22日に、教皇科学アカデミーに対し、教皇ヨハネパウロ2世は人間の肉体について進化論を受け入れるよう教会のポジションを変更した。

"In his encyclical Humani Generis (1950), my predecessor Pius XII has already affirmed that there is no conflict between evolution and the doctrine of the faith regarding man and his vocation, provided that we do not lose sight of certain fixed points....Today, more than a half-century after the appearance of that encyclical, some new findings lead us toward the recognition of evolution as more than an hypothesis. In fact it is remarkable that this theory has had progressively greater influence on the spirit of researchers, following a series of discoveries in different scholarly disciplines. The convergence in the results of these independent studies -- which was neither planned nor sought -- constitutes in itself a significant argument in favor of the theory." (John Paul II, Message to the Pontifical Academy of Sciences on Evolution)

私の先任者であるピウス12世は、1950年の"Humani Generis"回勅において、進化論と人間とその使命についての教義について矛盾がないと断言し、特定のポイントを見失わないよう定めた。そして今日、回勅が出されたから半世紀以上がが経過し、新たな発見により、進化論を仮説以上のものとして認めさせるようになった。事実、この理論は研究者たちの精神に次第に大きな影響を与えるようになり、異なる学術分野でも一連の発見が続いたことは注目に値する。これらの独立した研究の結果は収斂は、意図されたものでも、探られたものでもなかったが、それ自体が、この理論についての重要な議論を構成する。

In the same address, Pope John Paul II rejected any theory of evolution that provides a materialistic explanation for the human soul:
同じ声明にといて、教皇ヨハネパウロ2世は、人間の魂について唯物論的説明をする、いかなる進化論も拒絶した。
"Theories of evolution which, because of the philosophies which inspire them, regard the spirit either as emerging from the forces of living matter, or as a simple epiphenomenon of that matter, are incompatible with the truth about man."

インスパイヤする哲学の故に、魂を生物の力によって生じるか、物質に伴う現象だと見なす進化論は、人間についての真理と相容れない。
ここでも魂を別枠扱いとすることで、人間の進化をも認めている。

オーストリアの枢機卿の発言などで、いささかポジションのよろめきを懸念あるいは期待される現教皇ベネディクト16世:
Pope Benedict XVI

Because of recent statements by Cardinal Schonborn, confusion has arisen over the Church's stance on the compatibility between evolution and Catholic dogma.

Shonborn枢機卿の声明により、進化論とカトリックの教義の整合性についての教会のスタンスについて混乱が起きた。

The Church has always agreed with scientists on matters such as the age of the earth and the authenticity of the fossil record. Papal pronouncements, along with commentaries by cardinals, have accepted the findings of scientists on the gradual appearance of life. In fact, the International Theological Commission in a July 2004 statement endorsed by Cardinal Ratzinger, then president of the Commission and head of the Congregation for the Doctrine of the Faith, now Pope Benedict XVI, includes this paragraph:

教会は地球の年齢や化石の正当性について科学者と常に同意してきた。教皇の声明は、枢機卿による解説とともに、生命の漸進的出現についての科学者の発見を受け入れたものだ。事実、2004年7月の"International Theological Commission"の声明は、Comissionの議長であり、教義省の長官でもあったRatzinger枢機卿(現教皇ベネディクト16世)によって支持され、次のパラグラフを含んでいる:
"According to the widely accepted scientific account, the universe erupted 15 billion years ago in an explosion called the 'Big Bang' and has been expanding and cooling ever since. Later there gradually emerged the conditions necessary for the formation of atoms, still later the condensation of galaxies and stars, and about 10 billion years later the formation of planets. In our own solar system and on earth (formed about 4.5 billion years ago), the conditions have been favorable to the emergence of life. While there is little consensus among scientists about how the origin of this first microscopic life is to be explained, there is general agreement among them that the first organism dwelt on this planet about 3.5 - 4 billion years ago. Since it has been demonstrated that all living organisms on earth are genetically related, it is virtually certain that all living organisms have descended from this first organism. Converging evidence from many studies in the physical and biological sciences furnishes mounting support for some theory of evolution to account for the development and diversification of life on earth, while controversy continues over the pace and mechanisms of evolution. While the story of human origins is complex and subject to revision, physical anthropology and molecular biology combine to make a convincing case for the origin of the human species in Africa about 150,000 years ago in a humanoid population of common genetic lineage. However it is to be explained, the decisive factor in human origins was a continually increasing brain size, culminating in that of homo sapiens. With the development of the human brain, the nature and rate of evolution were permanently altered: with the introduction of the uniquely human factors of consciousness, intentionality, freedom and creativity, biological evolution was recast as social and cultural evolution."

広く認められた科学的説明によれば、宇宙はビッグバンと呼ばれる150億年前の爆発によって誕生し、それ以後、膨張と冷却を続けている。その後、次第に原子形成に必要な条件が整い、さらに後に、銀河と星が形成され、100億年の後に惑星が形成された。我々の太陽系では、45億年前に形成された地球において、生命の出現に適した条件が整った。いかに最初の微視的生命の起源について説明するかについての科学者たちのコンセンサスはほとんどないが、35〜40億年前に最初の生命がこの惑星に生まれたことは広く同意されている。地球上の全生命は遺伝的に関係があることが示されているので、全生命は事実上、最初の生命の末裔である。進化のメカニズムと速度について論争が続いているものの、物理および生物学の多くの研究の証拠の収斂は、地球上の生命の発展と多様性について説明する進化論はある程度の支持を与えている。人間の起源についてのストーリーは複雑で、改訂されているが、形質人類学と分子生物学は、人間の起源が約15万年前のアフリカの共通の遺伝的血脈の人類集団であることを納得させるものとなっている。人間の起源の決定的要因は、現生人類たるホモサピエンスに到達する、絶えず増加し続けた脳の大きさとして説明される。人間の脳の発展により、進化の性質と速さはまったく違うものになった。唯一人間が持つ意識と意図と自由と創造力という要素の登場は、生物学的進化を社会と文化に進化に転換するものであった。

[paragraph 63, from "Communion and Stewardship: Human Persons Created in the Image of God," plenary sessions held in Rome 2000-2002, published July 2004]


The Church's stance is that this gradual appearance has been guided in some way by God, but the Church has thus far declined to define in what way that may be. Commentators tend to interpret the Church's position in the way most favorable to their own arguments. The International Theological Commission statement includes these paragraphs on evolution, the providence of God, and "intelligent design":

漸進的な生命の出現に対する教会のスタンスは、それが何らかの形で神に導かれたというものだが、教会はそれがどのような方法であるかを定めない。論評者たちは教会のポジションを自分たちの都合のよいように解釈する傾向がある。"International Theological Commission"の生命は、進化論と神の摂理とインテリジェントデザインについて次のパラグラフを含む:
"In freely willing to create and conserve the universe, God wills to activate and to sustain in act all those secondary causes whose activity contributes to the unfolding of the natural order which he intends to produce. Through the activity of natural causes, God causes to arise those conditions required for the emergence and support of living organisms, and, furthermore, for their reproduction and differentiation. Although there is scientific debate about the degree of purposiveness or design operative and empirically observable in these developments, they have de facto favored the emergence and flourishing of life. Catholic theologians can see in such reasoning support for the affirmation entailed by faith in divine creation and divine providence. In the providential design of creation, the triune God intended not only to make a place for human beings in the universe but also, and ultimately, to make room for them in his own trinitarian life. Furthermore, operating as real, though secondary causes, human beings contribute to the reshaping and transformation of the universe."

自由意志で宇宙を創造し維持する際に、神が創造しようと意図した自然の秩序を展開することに、その活動が寄与する第二原因のすべての働きを起動し維持することを、神は成し遂げる。自然因の活動を通して、神は生物の出現と生存と、さらに繁殖と分化に必要な条件を整える。これらの発展において実効的で経験的に観測可能な目的性あるいはデザインの度合いについて科学的論争があるが、それらは生命の出現と発展に事実上支持する。カトリック神学者は、そのような推論の支持において、が神の創造と神の摂理に対する信仰に伴われる確認を見て取れるだろう。神の創造のデザインにおいて、三位一体の神は、宇宙に人間の生存圏を作るだけでなく、人間のために自らの三位一体の生命を置く場所を作ろうと意図した。さらに、事実として、第二原因として、人間は再構築と変化に寄与する。

(paragraph 68)
AND
及び
"A growing body of scientific critics of neo-Darwinism point to evidence of design (e.g., biological structures that exhibit specified complexity) that, in their view, cannot be explained in terms of a purely contingent process and that neo-Darwinians have ignored or misinterpreted. The nub of this currently lively disagreement involves scientific observation and generalization concerning whether the available data support inferences of design or chance, and cannot be settled by theology. But it is important to note that, according to the Catholic understanding of divine causality, true contingency in the created order is not incompatible with a purposeful divine providence. Divine causality and created causality radically differ in kind and not only in degree. Thus, even the outcome of a truly contingent natural process can nonetheless fall within God’s providential plan for creation."

ネオダーウィニズムの増加する科学的批判者は、彼らの見方に従えば、純粋に偶発的過程では説明できず、ネオダーウィニアンが無視するか、誤解している、例えば指定された複雑さを示す生物学構造のようなデザインの証拠を指摘する。利用可能なデータがデザインの推論か偶然かどちらを支持するかについての、科学的観察と一般化を含む現在の意見の相違の核心は、神学によって決着できない。しかし、注意すべき重要な点は、神の因果律に対するカトリックの理解によれば、創られた秩序における真の偶発性は、目的性のある神の摂理と背反しないことである。神の因果律と創造された因果律は、程度だけでなく種類がまったく異なる。従って、真に偶発的な自然の過程の結果であっても、神の創造の摂理の計画にもとにある。
(paragraph 69)
Ratzinger枢機卿として関与した声明では、インテリジェントデザインを否定していないが、ネオダーウィニズムがカトリックの教義と背反しないことを表明している。

In a commentary on Genesis authored as Cardinal Ratzinger titled In the Beginning... Benedict XVI spoke of "the inner unity of creation and evolution and of faith and reason" and that these two realms of knowledge are complementary, not contradictory:

Ratzinger枢機卿として書いた創世記の解説書"In the begenning"において、教皇ベネディクト16世は、創造と進化および信仰と論理の内的統一性について、これら2つの知識の領域が、背反ではなく相補的であると書いている:

"We cannot say: creation or evolution, inasmuch as these two things respond to two different realities. The story of the dust of the earth and the breath of God, which we just heard, does not in fact explain how human persons come to be but rather what they are. It explains their inmost origin and casts light on the project that they are. And, vice versa, the theory of evolution seeks to understand and describe biological developments. But in so doing it cannot explain where the 'project' of human persons comes from, nor their inner origin, nor their particular nature. To that extent we are faced here with two complementary -- rather than mutually exclusive -- realities."

創造か進化か、どちらだと我々は言えない。何故なら、これら二者は異なる現実に対応するものだから。我々が聞いた、大地の塵と神の息の物語は、事実、人間がいかにして生まれたかを説明するものではなく、むしろ人間が何たるかを説明するものだ。これは、人間の最深奥の起源を説明し、その背後にあるプロジェクトに光をあてるものだ。これに対して、進化論は生物学的発展いついて理解し記述しようとするものだ。しかし、それは、人間のプロジェクトがどこからきたかも、最深奥の起源も、そしてその特性も説明できない。この範囲において、我々は2つの排他的ではなく、相補的な現実に直面する。

(Cardinal Ratzinger, In the Beginning: A Catholic Understanding of the Story of Creation and the Fall [Eerdmans, 1986, 1995], see especially pages 41-58)


On September 2-3, 2006 at Castel Gandolfo, Pope Benedict XVI conducted a seminar examining the theory of evolution and its impact on Catholicism's teaching of Creation. The seminar is the latest edition of the annual "Schulerkreis" or student circle, a meeting Benedict has held with his former Ph.D. students since the 1970s. [3] It was reported that no new major statement was made at the meeting. [Benedict's Schulerkreis]

Castel Gandolfoで2006年9月2〜3日に、教皇ベネディクト16世は、進化論とそのカトリックの創造の教義へ影響を論じるセミナーを開催した。このセミナーは1970年代以来、ベネディクトのかつての博士課程院生との年次の集まりの最新回である。報道では、新たな声明は出されていない。
posted by Kumicit at 2007/01/05 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006/09/07

Vaticanはインテリジェントデザインを受け入れない

Reutersの宗教担当エディタTom Heneghanによる2006年9月4日付けの記事「Pope's debate group to publish evolution talks」によれば:
PARIS (Reuters) - Pope Benedict and his former doctoral students plan to publish the proceedings of their weekend seminar on evolution to promote a dialogue between faith and science on the origins of life, participants said.

教皇ベネディクトと博士学位を有する彼の元学生たちは、生命の起源についての信仰と科学の対話を促進するために、進化論についての彼らの週末セミナーの議事録を公表する予定だと、参加者が言った。

The minutes, to be issued later this year, will show how Catholic theologians see no contradiction between their belief in divine creation and the scientific theory of evolution, they said after the annual closed-door meeting ended on Sunday.

今年の後半に発行される議事録は、カトリックの神学者たちがいかに、彼らの神の創造についての信仰と、進化の科学理論の間に矛盾がないことを示すだろうと、年次非公開会議が終わった日曜日に彼らが言った。

The theory of evolution has long been controversial in the United States, where conservative Christians oppose teaching it in public schools and promote rival views such as "intelligent design" that scientists reject as religion in disguise.

進化論は長きにわたって米国では論争の的だった。米国では、公立学校で進化論を教えることに反対する保守的キリスト教徒たちが、科学者たちが宗教の偽装だと拒絶する"インテリジェントデザイン"のような対立する見方を広めている。

Benedict and some aides have joined the debate in the past year, arguing for evolution as a scientific theory but against "evolutionism" -- which he calls a "fundamental philosophy ... intended to explain the whole of reality" without God.

ベネディクトと一部の側近たちは昨年、科学理論としての進化論について、そして神のなしに現実全体を説明しようとする基礎哲学と彼が呼ぶ"進化論イズム"に反対する論についての論争に加わった。

"He said this meeting could be an impulse to revive the discussion between theologians and evolutionists," said Father Stephan Horn, who organizes the sessions for top students the then Professor Joseph Ratzinger mentored in the 1960s and 1970s.

「この会議が神学者と進化論者の間の議論を復活させる衝撃となりうるだろうと彼が言った」と1960年代と1970年代にJoseph Ratzinger教授が指導した最高の学生たちのセッションを組織したStephan Hornは語った。

"He's been concerned for a long time, and especially now that he is pope, about fostering a discussion between faith and reason," Horn said by telephone from Rome.

「彼が法王である今、彼に長い間、そして、特に関しました、信頼と理由の間で議論を促進することについて」と、ホーンがローマから電話で言いました。

"He probably believes there is not enough public discussion about this, so that's why he wants to revive it."

「彼は多分、これに関する十分な一般の議論がないと思っているでしょうので、そういうわけで、彼はそれを復活させたいです。」

PHILOSOPHY, NOT SCIENCE (哲学、しかし科学ではない)

Vienna Cardinal Christoph Schoenborn, the papal associate most active in presenting the Catholic view of evolution in public, said the proceedings could be published in November.

公に進化論に対するカトリックの見方を提示する素も活発な教皇の同僚であるウィーンの枢機卿Christoph Schoenbornは、議事録が11月に公表できるだろうと言った。

"It was an important meeting at the highest academic level," Schoenborn, who addressed the gathering at the papal summer residence of Castel Gandolfo, told Austria's Kathpress agency.

「それは最高にアカデミックなレベルの重要な会議だった」と、Castel Gandolfoの夏の教皇離宮の集まりで講演したSchoenbornは、オーストラリアのKathpress agencyに話した。

Advance media speculation had said the debate might shift Vatican policy to embrace "intelligent design," which claims to prove scientifically that life could not have simply evolved, or the "creationist" view that God created the world in six days.

論争はVaticanのポリシーをシフトして、生物は単純には進化できないと科学的に証明すると主張した"インテリジェントデザイン"あるいは神が世界を6日間で創造したという創造論者の見方を受け入れかもしれないと、事前のメディアの推測では言われていた。

"It wasn't that at all," Father Joseph Fessio S.J., provost of Ave Maria University in Florida, told Reuters.

「そんなことはまったくなかった」とフロリダのAve Maria Universityの事務長であるJoseph Fessio S.J.,神父がReutersに語った。

The Pope's session with 39 former students was "a meeting of friends with some scholars to discuss an interesting theme".

39人のかつての学生たちと教皇のセッションは"興味あるテーマを論じる学者たちと友達の集まり"だった。

Unlike creationists who oppose the theory of evolution, the Catholic Church does not read literally the Biblical account of God creating the world in six days.

進化の理論に反対する創造論者とは異なり、カトリック教会は文字通り、6日で世界を構築している神の聖書の報告を読みません。

Benedict and Schoenborn have said several times over the past year that intelligence in the form of God's will played a part in creation and that neo-Darwinists who deny God any role are drawing an ideological conclusion not proven by the theory.

ベネディクトとSchoenbornは、神の形の知性が創造に何らかの役割を果たしたことと、神のいかなる役割も否定するネオダーウィニストは理論的に証明されないイデオロギー的結論を出すことについて、何回か話した。

They say they use philosophical reasoning to conclude that God created the world, not arguments which intelligent design supporters claim can be proven scientifically.

神が世界を創造したと結論するために哲学的論理を使うが、インテリジェントデザイン支持者が主張する論は科学的に証明できないと、彼らは言う。

"There's a controversy in the United States because there is a lack of awareness of a thing called philosophy," said Fessio, whose Ignatius Press publishes Benedict's books in English.

「哲学と呼ばれているものについて認識の欠如のために、米国では論争がある」と彼のIgnatius Pressがベネディクトの本を英語で出版するFessioが言った。

"Evangelicals and creationists generally lack it and Catholics have it," he said.

"When you look at the world and see what appears to be order and design, the conclusion that there is a designer is not a scientific conclusion, it's a philosophical one."

「福音主義者と創造論者は一般にそれを欠いているが、カトリックはそれを持っている」と彼が言った。

「世界を見て、秩序とデザインと見えるものを見て、デザイナーが存在するという結論は科学的結論ではなく、哲学的結論である。」



インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Institute所長のBruce Chapmanは、カトリックがインテリジェントデザインを受け入れると2006年8月31日に大喜びだった[The Pope's Parlay: Vatican Officials Gather to Discuss Evolution]。しかし、それはヌカ喜びに終わってしまうようだ。

なお、同様の内容が2006年9月5日付のCatholic News Serviceの記事「Participant: Pope's closed seminar didn't focus on intelligent design」で報じられている。
posted by Kumicit at 2006/09/07 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする