2006/09/06

英国ガーディアン紙が教皇のセミナーについてのKenneth Millerの記事を掲載

英国の新聞Guardianが著名な進化生物学者であるKenneth Miller教授の署名記事「 A design for life」を2006年9月1日付けで計算した。ローマ教皇ベネディクト16世がインテリジェントデザインを受け入れるのではないかという記事を出すなど、インテリジェントデザインや創造論が英国へ侵入することへの警戒感を隠さないGuardian紙が、Kenneth Millerの署名記事の掲載という形で、旗幟を鮮明にしたというべきだろうか。

で、記事は:
Pope Benedict should embrace evolution and call for Catholics to reject intelligent design.
Kenneth Miller

Advocates of American-style "intelligent design" (ID) have had a tough year. Their anti-evolution arguments have been soundly rejected by the scientific community, they lost spectacularly in a highly-publicised federal trial on the issue of ID in schools, and most recently the voters in Kansas rejected ID school board candidates in a statewide election. So they may surely be forgiven for hoping that Pope Benedict's discussions on evolution this month with his former students could bring some rare good news.

アメリカンスタイルの"インテリジェントデザイン"の支持者たちには厳しい年だった。彼らの反進化論は正しく科学界に拒絶され、学校におけるインテリジェントデザイン問題で、広く知れわたった裁判で敗北した。そして、つい最近、カンザスの有権者は州の選挙で、インテリジェントデザインな教育委員候補を拒絶した。それで、教皇ベネディクトの進化論について、かつての学生との今月の討論が、彼らにグッドニューズをもたらすと期待することは許されよう。

Indeed, Seattle's Discovery Institute, which orchestrated a prominent cardinal's pro-ID op-ed piece in the New York Times last year, is abuzz with speculation that the Catholic Church is about to take an ID-friendly position rejecting Darwinian evolution. I won't venture a prediction on what the Holy Father will ultimately decide, but it should be pointed out that the Church's real problems are not with evolution itself, but with nihilistic philosophies that enlist evolution to claim that existence is without meaning or purpose. Such claims are rightly regarded as antithetical to Christian values - but they also go well beyond evolutionary science itself.

昨年、著名な枢機卿のインテリジェントデザインを支持する署名記事をNew York Timesに載せたシアトルのDiscoery Instituteは、カトリックがダーウィンの進化論を拒絶して、インテリジェントデザインに友好的な立場をとろうとしているという推測で騒然としている。私は教皇が最終的にどんな決定をするのか予測するつもりはない。しかし、教会の問題が進化論そのものではなく、存在に意味や目的がないと主張するために進化論を持ち出す虚無主義哲学であることを指摘しなければならない。そのような主張はキリスト教の価値観と相容れないと正しく見なされる。しかし、そのような主張は進化科学自体をも超えてしまっている。

The most effective way to address these anti-religious views wouldn't be to throw the baby out with the bathwater by rejecting evolution, as ID would have us do, but to break the false connection between these philosophies and evolution itself. The notion that evolution deprives human life of meaning and robs us of our special place in the cosmos is simply not true.

このような反宗教的な見方を指摘する最も効果的な方法は、インテリジェントデザインが我々に求めるような、進化論を拒絶させることで大事なものといらないものをいっしょに捨てさせるのではなくて、これらの哲学と進化論自体の間違った結合を切断することである。進化論が人間の生命から意味を奪い、宇宙における我々の特別な場所を奪うというのはまったく真実ではない。

What modern science actually tells us is that we live in a remarkable and dynamic universe, in which the genuine miracle is its remarkable embrace of life and change. We find ourselves in the midst of a continuing creation, in which the physical properties of matter itself drive the formation of new stars and galaxies, and make possible the emergence and evolution of life in all its splendor.

現代科学が我々に告げるものは、我々が注目に値するダイナミックな宇宙に住んでいるということであり、そこにある本当の奇跡は生命と変化の注目に値する抱擁である。我々は継続している創造の中に我々を見出す。そこにおいて、物質自体の物理特性は新たな恒星と銀河の形成を駆動して、すべてのみごとさで、生命の出現と進化を可能にする。

Ultimately, evolution's analysis of life and its history reinforces, rather than undermines, the lessons of Scripture, which tell us that we were formed out of the dust of the earth. We were indeed.

最後に、進化論の生命とその歴史の分析は、大地の塵から我々を形作ったという聖書の教えを強化することはあっても、蝕むことはない。我々は実際にそうなのだ。

Just two years ago, the Vatican's International Theological Commission, under the direction of then-Cardinal Joseph Ratzinger, pondered evolution and its implications for the faith. While their report was uncompromising on the place of God in our lives, it made a telling point with respect to the issue of evolution, one that the advocates of ID would do well to keep in mind. Citing St Thomas Aquinas, they wrote:

ちょうと2年前、当時のJoseph Ratzinger枢機卿の指示によるバチカンのInternational Theological Commissionは、進化論とその信仰に対する意味を考えた。彼らの報告は、我々の生命において神の場で妥協することないとともに、進化論の問題について効果的な主張を証明した。これは、うまくやりたいインテリジェントデザイン支持者が心に留めるべきものだ。聖トーマス・アキナスを引用して彼らはつぎのように書いた:

"But it is important to note that, according to the Catholic understanding of divine causality, true contingency in the created order is not incompatible with a purposeful divine providence. Divine causality and created causality radically differ in kind and not only in degree. Thus, even the outcome of a truly contingent natural process can nonetheless fall within God's providential plan for creation." (International Theological Commission, 2004)

「カトリックの神の因果律についての理解によれば、創造された秩序における真なる偶発性は目的ある神の摂理と矛盾しないということを、銘記することは重要だ。神の因果律と創造された因果律は程度だけではなく、種類がまったく違う。従って、真に偶発的な自然の過程からの結果であっても、創造についての神の摂理の計画の中にある。」

Exactly right. As Aquinas had recognised nearly 800 years ago, finding a natural cause (even a "truly contingent" one such as evolution) for a phenomenon doesn't take God out of the picture. In fact, to people of faith, scientific explanations of nature only increase our admiration for His work.

まったく正しい。アキナスが800年近く前に認識していたように、現象の自然の原因(進化のような真に偶発的なものであっても)を見つけることは、神を無関係にするものではない。実際、信仰ある人々にっては、自然についての科学的説明は、主の仕事に対する我々の賞賛を増すだけである。

The same applies to evolution. Far from reducing humanity to the random result of pointless molecular collisions, evolution unites us with every living being in a fabric of life and change in which our emergence, and the continuing creative power of our universe, is the product of the Creator's will and love. There is indeed a design to life - and the name of that design is evolution. Look deeply enough, and I am sure that the Holy Father and his students will come to the same conclusion

同じことは、進化にあてはまる。人間を無意味な分子衝突のランダムな結果に落とすのではなく、進化は我々を創造主の意志と愛の産物である我々の出現したところにある生命と変化の織り成す中のすべての生命そして宇宙の継続している創造の力を結合する。本当に生命へのデザインがある。そのデザインの名は進化である、十分に深く見れば、私は教皇とその学生たちが同じ結論に至りつくと確信している。



補足しておくと、科学の原則に方法論的自然主義がある。これは「一般に超自然とされる現象や仮説が必ずしも存在しないあるいは間違っていると主張しない。超自然が、自然現象や仮説と本質的に異ならず、あらゆる現象や仮説が同一の方法によって研究できると主張する。探求や調査のいかなる方法あるいは知識を得るいかなる方法であっても、それを自然と物理と物質的アプローチと説明に限定するものを、自然主義と呼ぶ。」 この原則に従って、科学は超越的な神の存在を肯定も否定もしない。

自然哲学から目的論を切り離して成立している自然科学は、もちろん目的や価値や意義といった概念についても何も言及しない。それらはすべて宗教の領域にある、

これに対して神や超自然は存在しないという立場は、形而上学的自然主義もしくは"唯物論"と呼ばれる。科学では証明も反証もできない超越的な神の存在について言及する立場なので、科学ではなく哲学あるいは神学あるいは宗教の範疇に属する。

これらについては以下参照:

そして、機械仕掛けの宇宙を自然法則で記述しようと言う機械論は、そもそも、そのような見事な機械を創った神を賛美することを意図していたものだったことも忘れるべきではないだろ。
posted by Kumicit at 2006/09/06 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006/09/05

NY Timesが教皇の週末の集まりについて、報じる

New York TimesのIan Fisherによる2006年9月2日付の記事「Professor-Turned-Pope Leads a Seminar on Evolution(教皇となった教授が進化論のセミナーをリードする)」によれば:
ROME, Sept. 1 — They meet every year, the eminent German professor and his old doctoral students, for a weekend of high-minded talk on a chosen topic. For years it was nothing more than that.

But now the professor, once called Joseph Ratzinger, has become Pope Benedict XVI. And this year, for three days beginning Friday, the topic on the table is evolution, an issue perched on the ever more contentious front between science and belief.
...
There is no way to know immediately, though many church experts believe that the pope has fewer problems with the science of evolution than with its use to wipe God more cleanly from a secular world. No document will be published afterward, no news conference given.

選ばれた話題についての高潔な話の週末のために、著名なドイツの教授[University of BonnおよびUniversity of Münsterなどの神学系]は、かつての博士課程の学生たちと会う。これまではそれだけのことだった。

かつてJoseph Ratzingerと呼ばれた教授は教皇ベネディクト16世となった。そして、今年は、金曜日からの3日間の話題は進化論である。科学と信仰の間でこれまでも議論のある問題をすえる。
...
すぐに結果を知る方法はないが、多くの教会関係者は世俗世界から神が一掃されることに使われることに比べれば、科学としての進化論については大した問題はかかえていないと信じている。いかなる文書も公開予定はなく、記者会見も行われない。



というこで、周辺情報から、インテリジェントデザインに傾くのどうかについて、New York Timesは報じている。まずは、インテリジェントデザインに傾くこと示唆する情報として:
In his book “Truth and Tolerance” (Ignatius Press, 2004), written when he was Cardinal Ratzinger, he wrote of what he called an effort to turn evolution into a “universal philosophy” that explained all of life.

“This evolutionary ethic that inevitably takes as its key concept the model of selectivity, that is, the struggle for survival, the victory of the fittest, successful adaptation, has little comfort to offer,” he wrote. “Even when people try to make it more attractive in various ways, it ultimately remains a bloodthirsty ethic.”

彼がRatzinger枢機卿だったとき書いた本「真実とTolerance」[2004]で、進化論を、生命のすべてを説明する"万物哲学"へ変える動きと呼ぶものについて書いている。「進化倫理がキーコンセプトとして採る選択モデルすなわち生存競争や適者生存や適応は、心地よいものをほとんど提示しない。人々が様々な方法で魅力的にしようとしても、進化倫理は最終的に血に飢えた倫理にとどまる」

...

some students of the pope say his doubts go deeper into the science of evolutionary theory. In his writings he has echoed the questions of anti-Darwinians about how evolution can transform one species into another.

The pope “does not accept at face value the scientific theory,” said Dominique Tassot, director of the French group, the Center for Studies and Prospectives on Science. “He wants to make people reconsider the question.”

ローマ教皇の学生たちの中には、教皇の進化論の科学についての疑いが深いと言う者もいる。彼は執筆物で、進化論では種から種へとどのように変化したのかと反ダーウィニストの問いをそのまま繰り返している。

「教皇は字義通りの科学理論を受け入れていない。教皇は人々にこの問題を再考してほしいと考えている。」と、フランスのグループCenter for Studies and Prospectives on Scienceの長であるDominique Tassotは語った。

何やら創造論というより、インテリジェントデザイン運動に近い著述だが。

さらに:
“I suspect they will try to avoid it,” said the Rev. Joseph Fessio, an American priest and former student of the pope’s, who is taking part in the meeting, “because intelligent design has been represented either as a religion, which it is not, or as a science, which I think is indefensible.”

But Father Fessio and others say the pope, based on his statements and writings, remains deeply concerned specifically about the contention among some supporters of modern evolution that the theory refutes any role of God in creation.

この集まりに参加している、教皇のかつての学生であり、米国の聖職者であるoseph Fessio師は「インテリジェントデザインは宗教として提示されようが、科学として提示されようが、私はそれは擁護できないと思うので、私は彼らがそれを避けようとすると思う。

しかし、Fessio神父や他の人々は、ローマ教皇が彼の声明および執筆物に基づいて、現代進化論の支持者の中にある、理論が創造における神の役割を論破するという主張について、特に深い懸念を残していると言う。

...

After John Paul died in April 2005, Benedict signaled a similar concern in his homily at the Mass in which he was formally installed as pope.

“We are not some casual and meaningless product of evolution,” he said. “Each of us is the result of a thought of God. Each of us is willed, each of us is loved, each of us is necessary.”

ヨハネ・パウロが2005年4月に死んだ後に、ベネディクトは彼が教皇に正式に就任したミサでの説教で、似たような懸念を示した。「我々は進化のありきたりの意味なき産物ではない。我々はひとりひとりが神の思考の結果である。我々はひとりひとりが望まれ、愛され、必然性を持っている。」

それを決めるのは教皇の仕事であって、進化論を含む科学の仕事ではないのだが...というツッコミは横へおくとして。

英国ガーディアン紙が、ローマ教皇がインテリジェントデザインを受け入れる準備をしていると報道[
これ
]はこのあたりの周辺情報からの判断かもしれない。

セミナーそのものについてわかってるのは、講演者くらいか:
As might be expected from a German professor, all sides of the evolution question will get a hearing, though with an emphasis on skepticism. The seminar on Friday reportedly began with a presentation by Peter Schuster, an eminent molecular biologist, president of the Austrian Academy of Sciences and a defender of evolution.

ドイツの教授[教皇]からの期待に従って、懐疑論の強調であっても、進化論についてのどの立場でも、聴きとどけられる。金曜日のセミナーは報じられたところによると、著名な分子生物学者であり、Austrian Academy of Sciencesの代表であり、進化論の擁護者であるPeter Schusterの講演で始まった。

There will be three other speakers to the study group, most notably Cardinal Christoph Schönborn of Vienna, who sparked a contentious debate last year after he wrote an Op-Ed article for The New York Times questioning evolution. The article was submitted by the same public relations firm used by the Discovery Institute.

研究グループには他に3名の講演者がいる。最も有名なのはウィーンのChristoph Schönborn枢機卿であり、彼は、昨年New York timesに進化論に疑う署名記事を書いた後、議論をまきおこした。その記事はDiscovery Instituteによって使われる広報会社から出された。

The two other speakers are Professor Robert Spaemann, a German philosopher who has criticized evolution as a full philosophical theory; and the Rev. Paul Elbrich, a Jesuit priest and scientist whose work on proteins questions whether chance alone could play the decisive role in evolution.

残りの2名は、完全な哲学理論として進化論を批判したドイツの哲学者Robert Spaemann教授と、進化において偶然だけが決定的な役割を演じたのかを問う、タンパク質についての研究をしている科学者であり、イエズス会聖職者であるPaul Elbrich師である。





なお、United Press Internationalは独自ネタがないようで、New York Timesの記事の引用という形で2006年9月2日付けで「Pope considers evolution at seminar(教皇はセミナーで進化論を考える)」という記事を配信している。
posted by Kumicit at 2006/09/05 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006/08/31

アリゾナ州のローカル新聞はCoyne解任説を否定する記事を掲載

バチカン観測所の施設があるアリゾナ州のローカル新聞arizona daily starのDan Sorensonによる2006年8月29日付けの記事「Observatory exit not about evolution 」によれば:
The new director of the Vatican Observatory says the retirement of his predecessor after 28 years is simply that, and has nothing to do with the outgoing executive's public statements in support of evolution.

バチカン観測所の新所長は、前任者が28年の在任後に退任したのは、進化論支持の声明によるものでは、まったくないと語った。

A recent story in an English tabloid proclaimed that Coyne had been fired for his public criticism of Intelligent Design.

最近、英国のタブロイド紙がCoyneはインテリジェントデザイン批判により首になったと報じた。

In an e-mail statement sent to "friends" on an Internet mailing list, Funes said the rumors that Coyne was replaced because of his stance on Intelligent Design were "absolutely false." He said Coyne requested in May that church officials in Rome replace him.

Funesは友人たちのメーリングリストで、Coyneの交代がインテリジェントデザインが理由だというのはまったくの誤りだと書いた。Funesは、Coyneが5月にローマの教会に対して交代を要請していたと、言った。


さて、英国DailyMailとGurdianは、事象の連続からのCoyne解任を推測という形で記事を書き、これに対して米国の一部の新聞から、Funesの発言を基にこれを否定する記事が出ているという状況。
posted by Kumicit at 2006/08/31 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006/08/30

英国ガーディアン紙が、ローマ教皇がインテリジェントデザインを受け入れる準備をしていると報道

2006年8月24日に米国ワシントンを本拠地とするCatholic News Serviceは、バチカン観測所長Coyne神父の退任について、新所長Funes神父の発言という形で、インテリジェントデザイン運動を批判する強いコメントを理由にCoyne神父が解任されたという憶測を否定した[記事]。

同日イタリアの新聞ansa.itは「Coyne神父は、大腸癌のための化学療法を受けているCoyneは、評価の高い、米国アリゾナを含む世界各地に施設を持つ天文学研究機関の仕事のプレッシャーのために辞職せざるをえなかった」と報じた。

一方、英国のDailyMailは2006年8月23日に「Pope sacks astronomer over evolution debate(教皇は進化論争の上で天文学者をくびにした)」と報じた。

さらに、英国の新聞Guardainは2006年8月28日付けの記事「Pope prepares to embrace theory of intelligent design (教皇はインテリジェントデザイン理論を受け入れる準備をする)」で:
Philosophers, scientists and other intellectuals close to Pope Benedict will gather at his summer palace outside Rome this week for intensive discussions that could herald a fundamental shift in the Vatican's view of evolution.

教皇ベネディクトに近い哲学者と科学者と他のインテリたちが今週、進化論いついてのバチカンの見方を基本的なシフトを告知する突っ込んだ議論のために、ローマ外の教皇の夏の離宮に集まる。
...
There have been growing signs the Pope is considering aligning his church more closely with the theory of "intelligent design" taught in some US states.

教皇は自らの教会を、米国の幾つかの州で教えられてインテリジェントデザイン理論により接近する方向に考えていることを示す兆候が増加していた。
...
A prominent anti-evolutionist and Roman Catholic scientist, Dominique Tassot, told the US National Catholic Reporter that this week's meeting was "to give a broader extension to the debate. Even if [the Pope] knows where he wants to go, and I believe he does, it will take time.

著名な反進化論者であり、カトリックの科学者であるDominique TassotはUS National Catholic Reporterに対して、今週の会議は論争の範囲を拡大するものだであり、教皇は自らが進みたいところを知っているがが、それには時間がかかると語った。
...
The Pope also raised the issue in the inaugural sermon of his pontificate, saying: "We are not the accidental product, without meaning, of evolution."

教皇はまた「我々は進化論の意味なき偶然の産物ではない」と就任の際に言って、問題を提起した。


英国方面でも創造論支持が拡大しており[BBC]、敏感に反応しているようだ。ただ、Guardainはまだ明確な根拠は得ていないようだ。また記事のトーン全体は反インテリジェントデザイン・反創造論である。

警告記事なのか、それも既に何かをつかんでいるのか?...

posted by Kumicit at 2006/08/30 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006/08/28

バチカン観測所新所長Funes神父の発言は..

Catholic News ServiceのJohn Thavisによる2006年8月24日付けの記事
Vatican Observatory's new director discusses faith, science, planets」が、バチカン観測所長を退任するCoyne神父の後任であるJose Funes神父が「it's important to distinguish between the scientific study of natural causes and the religious beliefs of faith(自然の原因の科学的研究と信仰との区別が重要である)」という発言を報じた。

まず、Coyne神父の退任について:
Father Funes dismissed speculation that Father Coyne had been forced out of the job because of his strong comments in support of evolution and criticism of the "intelligent design" movement.

進化論を支持し、インテリジェントデザイン運動を批判する強いコメントを理由にCoyne神父が解任されたという憶測を、Funes神父は否定した。

"It's simply not true that this was the reason he left," Father Funes said. He said the appointment was a natural development after Father Coyne's long tenure and one of many personnel changes being made at the Vatican under the new pope.

「これが彼が退任する理由だというのはまったく真実ではない。後任指名は、Coyne神父の長い在任期間[1978〜2006]のあとの自然な流れであり、新しいローマ教皇のもとでの多くの人事異動のひとつである」とFunes神父は言った。

...

He said Father Coyne would remain as head of the Vatican Observatory Foundation, which raises funds for the Vatican's Mount Graham International Observatory in Arizona. The Arizona research facility relies on donors and is always looking for more of them, Father Funes said.

Funes神父は「Coyne神父は、アリゾナにあるバチカンのMount Graham International Observatoryの資金を確保するためのバチカン観測所財団の長として留任する。アリゾナの研究施設は資金提供者に依存しており、常に新たな資金提供者をさがしている」と言った。
また、インテリジェントデザインについては言明を避けた:
As for his own views on evolution, Father Funes emphasized that he was an astronomer specializing in galaxies, not a biologist, and so did not plan to make statements about Darwinism and intelligent design.

進化論についての見方として、Funes神父は、彼は銀河系を専門とする天文学者であって、生物学者ではなく、従ってダーウィニズムとインテリジェントデザインについて声明を出す予定はないと言った。


このあたりは、インテリジェントデザイン絡みの人事を疑わせるところだが、その後で、宇宙版IDを否定するような発言をしている:
Father Funes' specific field is nearby galaxies, which he described as galaxies "only" 50 million or so light years from Earth. It's part of an exciting area of astronomy, he said.

Funes神父の専門分野は近傍の銀河である。彼は「たった5000万光年ほどしか離れていない銀河である。それは天文学の刺激的な研究領域のひとつである」と言った。

...

The discoveries about the universe certainly raise the possibility of life on other planets, he said.
"Even in our own galaxy, the Milky Way, we have 100 billion stars. It's possible some stars have planets similar to Earth, and that life could develop, could evolve -- it's OK with me to use the word 'evolution,'" he said.

「宇宙についての発見は、確かに他の惑星に生命が存在する可能性を上げる」と彼は言った。
「我々の銀河で天の川にも、1000億の星々がある。いくつかの星には地球に似た惑星があって生命が発展し、進化できかもしれない。そう"進化"という単語をつかうことはOKだ」と彼は言った。

The idea of discovering intelligent life elsewhere in the universe does not trouble Father Funes from a faith perspective.

宇宙にどこかに知的生命が見つかるという考えは、信仰の見方からFunes神父を悩ませない。

"I don't see that this would pose a problem to theology or to our faith, because these creatures, or beings, or 'ETs' if you want, could also be creatures of God," he said.
"It would fit perfectly, I would say, in the scheme of creation," he said.

「これが神学や我々の信仰の問題を起こすとは思わない。何故なら、これらの生物あるいは存在あるいは呼びたければ"ET"もまた、神の創造物だからだ。それは、完全に創造の計画に適合すると言えるだろう。」と彼は言った。

このあたりは、インテリジェントデザイン運動の宇宙版が主張するタイプの"ファインチューニング論"と相反する主張であり、Coyne: The Dance of the Fertile Universe(肥沃な宇宙と踊る)と変わらぬ主張である。

なお、以上の新所長Funes神父の発言を2006年8月21日の記事が伝えた:

  • バチカン観測所George V. Coyne所長(73歳)が退任するが、観測所にはとどまる
  • George V. Coyne神父は1年間のサバティカルに入る
  • George V. Coyne神父は休暇中でコメントがとれなかった

そして、2006年8月24日の記事が伝えたオーストリアのSchonborn枢機卿の発言:

  • インテリジェントデザインな"teach controversy"にシンパシーを示し
  • (超自然の説明に持ち出さず、超越的神の存在を取り扱い対象外とする方法論的自然主義ではなく)神様は存在しないとする形而上学的自然主義を批判し
  • 反進化論を唱えず
  • 創造科学を教会は支持しない
  • 批判すべきは経済学と結合した観念論的ダーウィニズム
とあわせて見ても、Discovery InstituteのBruce Chapman所長の言うインテリジェントデザイン絡みの解任という説を裏付けるとは考えにくい。



追記...
posted by Kumicit at 2006/08/28 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。