2010/08/07

創造論教育を模索するLivingston Parish学区教育委員会に反応するDiscovery Institute所長

民主党Ben Neversルイジアナ州上院議員が提案した、Discovery Instituteのモデル州法案をベースとする反進化論州法Act473が成立してから2年が経過した。

==>ルイジアナ州の反進化論州法SB733/Act473成立 (2008/06/28)

そして、この州法に基づいて、理科の授業で"若い地球の創造論"を教えることを検討し始めたのが、Livingston Parish学区教育委員会:

==>ルイジアナ州Livingston Parish学区が創造論教育へ歩みだす (2010/08/03)

結局は、今年度の導入は見送り、理科の授業で創造論を教えるのは、来年度以降になった。

で、この件に関して、先送りの報道が出る前に、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteのBruce Chapman所長が、あわてて、「この州法では創造論教育は不可能」&「この州法の支持者全体はそのようなことは考えていない」という記事を書いた。
Louisiana Governor Bobby Jindal signed into law last year an act that sets parameters for teachers who introduce scientific supplements on Darwinian evolution, global warming, human cloning and other controversial subjects. The state's Science Education Act encourages "open and objective discussion of scientific theories being studied." It specifically prohibits religious instruction or interpretations (or irreligious interpretations, for that matter). The law is simple, reasonable and avoids constitutional and scientific mistakes that afflicted earlier laws in Louisiana and elsewhere.

昨年、ルイジアナ州知事Bobby Jindalは、ダーウィン進化論と地球温暖化とヒトクローンとその他の主題について科学的副教材を使用する教師に対する規定を定めて州法に署名した。この州の科学教育州法は、科学理論についてのオープンかつ客観的な議論の学習を推奨する。この州法は特に、宗教教育あるいは宗教的解釈(あるいは、その問題についての非宗教的解釈)を禁じている。この州法は単純で合理的で、ルイジアナ州などのかつての州法にあった、憲法問題および科学的誤りを回避する。

But in Livingston Parish, east of Baton Rouge, some enthusiasts for a literal Biblical account of creation decided that the new law gives them authority to teach creationism -- the account from Genesis. That view clearly violates the law and also the U.S. Constitution as it long has been interpreted. Reported statements from Livingston school board member David Tate were so fallacious and confrontational that they could have been scripted by his supposed adversaries if they were looking for ways to make him look bad.

しかし、Baton Rougeの東にあるLivingston Parishの、聖書の創造の字義通りの解釈を求める者たちが、この州法のもとで、創造論すなわち創世記の記述を教えることができると判断した。この見方は明らかに州法および、長きにわたっての解釈のとおり、合衆国憲法違反である。Livingstone学区教育委員会のDavid Tate委員の報道された声明は、あまりに虚偽的かつ敵対的であり、彼の仮想的が彼を悪く見せようとして書いた可能性がある。

"We just sit up here and let them teach evolution," Tate orated, "and not take a stand about creationism. To me, how come we don't look into this as people who are strong Christians and see what we can do to teach creationism in schools. We sit back and let the government tell us what to do. We don't pray to the ACLU and all them people: we pray to God."

David Tate教育委員は「我々は学校に子供たちに進化論を教えさせている。しかし、この学区教育員会の全員が創造論を信じていると私は考えている。宗教信仰持つ者に創造論を教えさせられないわけがない。我々は政府に為すべきことを告げる時だ。我々はACLUなどには祈らない。我々は神に祈るのだ」と述べた。

Tate's fulminations are not characteristic of the educators and legislators who passed the new Louisiana law, but you can be sure that the Darwinist opponents of the law will try to make them sound representative. The same thing happened in Dover, Pennsylvania, in 2005 when school board members decided to grab onto the phrase (not the reality) of "intelligent design" to promote religious doctrine.

Tate委員の激しい非難は、ルイジアナ州法を成立させた教育者や州議会議員たちの特徴ではない。それは州法に反対するダーウィニストたちが、それを代表的なものだと思わせようとしているのだ。同じことが、2005年のペンシルバニア州Dover学区でも起きた。学区教育委員たちは宗教教義を宣伝するために「インテリジェントデザイン」という用語を使うことに決めた。

[Bruce Chapman:"A Classic Evolution Policy Blunder" (2010/08/04) on The American Spectator]
そもそも、公立学校で創造論も教えるべきという人が半数を超える米国で、その声を背景としている州議会議員や各レベルの教育委員たちが、あえて求めるものがあるなら、それは創造論教育。
Pew Research Center for the People & the Press and Pew Forum on Religion & Public Life survey conducted by Schulman, Ronca & Bucuvalas (SRBI). July 6-19, 2006. N=996 adults nationwide. MoE ± 3.5.

"Would you generally favor or oppose teaching creationism along with evolution in public schools?"

Favor Oppose Unsure
% % %
7/6-19/06 58 35 7



CBS News/New York Times Poll. Nov. 18-21, 2004. N=885 adults nationwide. MoE ± 3.

"Would you generally favor or oppose teaching creation along with evolution in public schools?"

Favor Oppose Unsure
% % %
11/2004 65 29 6

[Polling Report -- Science and Nature]
2006年にカリフォルニア州Frazier Mountain高校のSharon Lemburg先生が哲学の授業で教えたインテリジェントデザインは「地球も宇宙も6000歳な若い地球の創造論」だった。もちろん、インテリジェントデザインは創造論ではないと主張してきたDiscovery InstituteのCasey Luskinはあわてて、授業中止を求める書簡を出したけどね。

にもかかわらず、Bruce Chapman所長は、反進化論州法およびインテリジェントデザインを擁護して次のように述べている:
The board members, as in Livingston, Louisiana, were as ignorant of the limits of the scientific case against strict Darwinism as they were of the content of intelligent design theory.

ルイジアナ州Livingstoneと同じく、Doverの教育委員たちも、厳密なダーウィニズムに反する科学的事例の限界も、インテリジェントデザイン理論の内容の限界も知らない。
実際のところ、知らなくて当然。Discovery Instituteの方針について問われたとき、George Gilderは「私はダーウィンの代替としてインテリジェントデザインを教えることを推進していない。そして彼らもだ。推進しているのはダーウィニズムを批判することであり、論争があることを教えることだ。インテリジェントデザイン自体に中味はない」と答えている。

==>復習インテリジェントデザイン

posted by Kumicit at 2010/08/07 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/06/08

間違い続けるインテリジェントデザイン支持者

University of Torontoの生科学のLarry Moran教授が、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteの公式ブログのRichard Sternbergの間違いにツッコミを入れた:
Richard Sternberg thinks that introns are important. He has to think that way because he's an Intelligent Design Creationist and the idea that introns could be mostly junk and not have a function isn't part of his faith

Richard Sternbergはイントロンが重要だと考えている。彼がそう考えなければならないのは、彼がインテリジェントデザイン創造論者であり、「イントロンの大半がジャンクで機能を持っていないこと:が、彼の信仰にないからだ。
So let’s do the math. At least ninety percent of gene transcripts undergo alternative splicing, and there are at least 190,000 introns in the human genome. That means we have at least 0.90 x 190,000 = 171,000 introns that participate in the alternative-splicing pathway(s) available to a cell.

では数学だ。遺伝子転写の少なくとも90%は選択的スプライシングを経験する。人間のゲノムには少なくとも19万個のイントロンがある。これは、細胞で使える選択的スプライシング経路の関与するイントロンが少なくとも 0.90 × 190,000 = 171,000個あることを意味している。

[Richard Sternberg: "Matheson’s Intron Fairy Tale" (2010/06/03)].
It's up to you, dear readers, to figure out all the things wrong with this explanation. You can start with the math. Arithmetic isn't one of their strong points. Or maybe it's an understanding of biology that's the real weak point?

では、読者諸君。間違いを指摘してみよう。数学から始めてもいい。でも、算数は重要じゃない。たぶん生物の理解がないことが弱点かな?

[Larry Moran: "Creationists, Introns, and Fairly Tales" (2010/06/03) on Sandwalk via PZ Myers]
イントロンは遺伝子コーディング(エクソン)を分断している機能があまりわかっていないDNA断片で、通常の遺伝子の一部として転写されるが、機能するmRNAへの転写ではスプライシングによって削除されていて、存在しない。イントロンをスプライシングする方法は多様であり、結果として一つの遺伝子から異なるmRNAとタンパク質が作られる。

インテリジェントデザイン支持者Richard Sternbergは色々間違っているが、明らかに国語の問題として間違っているのは「遺伝子転写の少なくとも90%は選択的スプライシングを経験する」から「細胞で使える選択的スプライシング経路の関与するイントロンが少なくとも 0.90 × 190,000 = 171,000個ある」という点。遺伝子転写の90%と言いながら、計算はイントロンの数。

これに対して、Richard Sternbergは修正したが、やっぱり間違っていて、Larry Moran教授が再度、ツッコミを入れた。
Imagine my surprise when Sternberg responded with a "correction"!

おっとびっくり。Sternbergが修正したぜい。
So let’s do the math. Again. I will make the task easy for everyone―even Moran and Matheson:

Step 1. There are ~25,000 protein-coding genes in the human genome.
Step 2. There are 190,000 introns/25,000 protein-coding genes = 7.6 introns/gene on average.
Step 3. Ninety percent (possibly more) of gene transcripts undergo alternative splicing. Hence, 0.9 x 25,000 = 22,500 genes (actually, their RNAs) undergo alternative splicing.

Therefore, 22,500 genes x 7.6 introns/gene = 171,000 introns involved in alternative splicing.

数学のやり直しだ。こんどは誰にでもわかるように書いてみた。
  1. 25000個の遺伝子コーディングが人間のゲノムにある
  2. 19000イントロン/25000タンパク質コーディング遺伝子=7.8個/遺伝子
  3. 90%(おそらくそれ以上)の遺伝子転写は選択的スプライシングを経験する。したがって、0.9 x 25000 = 22500個の遺伝子(実際はRNDAだが)が選択的スプライシングを経験する。

    したがって、22500遺伝子/7.6イントロン 171000個のイントロンが選択的スプライシングに関与予定しているr。

    [Richard Sternberg : "Let's Do the Math Again" (2010/06/04)]
We could quibble about the number of introns―I think it's closer to 150,000. We could quibble about the number of protein encoding genes―the most accurate number is 20,500. We could quibble about how many genes exhibit alternative splicing―I think it's about 5%, not 95%. You can't be expected to know the facts and the controversies since this is way outside your area of expertise.

まずはイントロンの数だが、私は150,000くらいだと思うが。それからタンパク質を円コーディングしている遺伝子の個数だが、より正しくは20500個だ。どれくらいの遺伝子が選択的スプライシングうしているかについても、私は95%ではなく、5%だと思うが。これはキミの専門外のことで、事実や論争について知っていなくいても仕方ない。

So, let's assume your facts are correct. If 90% of genes exhibit alternative splicing then this means 22,500 genes. You got that calculation right. The minimum number of introns that must be involved in alternative splicing is one (1) per gene. That means at least 22,500 introns involved in alternative splicing. You made the mistaken (and stupid) assumption that every intron in a gene had to be alternatively spliced.

てことで、キミの事実が正しいとしよう。90%の遺伝子が選択的スプライシングを経験するので、22500個の遺伝子が選択的スプライシングを経験することになる。遺伝子あたり、選択的スプライシングに関わるイントロンの数は最低1個だ。したがって、少なくとも22500個のイントロンが選択的スプライシングに関わることになる。キミは遺伝子の全イントロンが選択的スプライシングに関わると間違って、アフォにも仮定した。

The fact that you repeated this false assumption, even after being warned, does not enhance your credibility. I conclude that you don't understand RNA processing or alternative splicing. In spite of your ignorance you wrote up a posting attacking Steve Matheson and defending your colleague Steve Meyer. That's why we call you IDiots.

私が言ってうの二、またキミは間違いを繰り返した。これではキミの信用は高まらない。キミはRNAプロセシングあるいは選択的スプライシングがわかっていない。無知なのに、キミはSteve Mathesonを攻撃し、キミの同僚Steve Meyerを擁護する記事を欠いた。だからキミはアフォなのだ。

[Larry Moran: "IDiots Do Arithmetic a Second Time - Same Result" (2010/06/04) on Sandwalk via PZ Myers]


タグ:id理論
posted by Kumicit at 2010/06/08 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/01

John G Westの"Dehumanized in the Name of Science" (7/7) まとめ

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのインテリジェントデザイン部門であるCenter for Science and Cultureの副センター長であり、シニアフェローである社会学者Dr. John G. Westが、自著"Darwin Day in Americaをダイジェストした"The Abolition of Man?"を読むシリーズ
ながながしいので、まとめて振り返っておくことにする。

John G Westの第1の主張は、科学に対する"シビリアンコントロール"である:
テクノクラシー

科学的知識は特定分野では良き公共政策のために必要かもしれないが、それだけでは十分ではない。政治課題は非常に道徳的な問題であり、科学者がモラリストとして機能するには能力が不十分である。CS Lewisはテクノクラシーの欠点について1950年代に警告した。「私は権力を持つ専門家を恐れる。彼らは専門分野の外側について語るスペシャリストだからだ。科学者には科学を語らせよう。しかし、政府は人間と正義と、どの物がどれくらい価値を持つのが良いのかについては政府の仕事だ。これらについては科学的訓練は人間の意見に何の付加価値も与えない。

たとえば、野生生物学者は、政策担当者に絶滅の危険にある種についての情報を提供できる場合がある。おそらく、彼らは生物多様性に対する種の絶滅のコストを予測できるだろう。しかし、彼らには、特定種と、それを絶滅から救うことによって失われる仕事のどちらが大事かを判断する権限は他の誰以上にない。政治とは主として、競合する商品にランク付けて調停することである。しかし、商品のランク付けには正義と道徳の問題が含まれている。これらの問題について「科学的訓練は人間の意見に何の付加価値も与えない」とCS Lewisが指摘するように。
情報を出すのは科学の仕事で、それに基づきどう対処するかは政治の仕事だというのは、まっとうな主張。

ただし、以下のような主張を許容するものではないはずだ:
[Edward Parson: "Protecting the ozone layer: science and strategy", p.135]

Base on a leak of DPC[the cabinet-level Domestic Policy Council] meeting, the Washington Post on May 29 [,1987] reported that in lieu of CFC controls, [Interior] Secretary [Donald] Hodel had advocated a "personal protection plan", which would encourage citizens to preotect themselves from UV radiation with hats, sunglasses, and sunscreen. ...

閣僚レベルの内政評議会の会合のリークに基づき、Washington Postは1987年5月29日に、「Donald Hodel国務長官はCFCを規制する代わりに、市民が紫外線から身を守るために帽子やサングラスや日焼止めを使うことを推奨する"Personal Protect Plan"を主張した」と報道した。
こういった冗談を許容していては、軍事音痴な政治家によるシビリアンコントロールが機能しないのと同じことになる。

John G Westは第2の主張とあわせて、宗教保守が科学に勝ることを示唆する:
テクノクラシー

テクノクラシーには更なる問題がある。人間の理性に限界があるために、ときには専門家がひどく誤ることがある。政治における科学的唯物論の歴史が何かを示すとしたら、それは科学の専門家たちは、他と人々と同様に間違うことがあることだ。彼らは自らの偏見によって盲目になり、彼らが選好する政策を推進するために証拠を超えてしまう。

ユートピア的理想主義

70年前、優生学はより良い育種によって米国の社会問題を解決することを約束した。今日、精神衛生改革運動家たちは、あらゆる児童を精神病の有無でスクリーニングし、数百万の児童に向精神薬を投与することで、米国の子供の行動問題を解決すると約束する。前世紀の優生改革運動のように、向精神薬を投与する子供の数を大きく増やすことで、行動問題を純粋の唯物原因へと還元する。優生改革運動のように、実際の科学を大きく超えた壮大な主張がついて回る。
...
科学的唯物論の高まりに対して、米国の政治的な文化の断固たる現実主義・反ユートピア理想主義の意見は、改革派の理想主義とユートピア的理想主義に対してカウンターバランスをとった。米国の建国者たちは理想主義とともに、人間の欠点について強い現実主義をとっていた。「人間が天使なら、政府は必要ないだろう」とJames Madisonは"Federalist"に書いた。
John G Westは優生をめぐる歴史を修正しつつ、それに対抗するものとして「現実主義・反ユートピア理想主義」を挙げる。実際の歴史では、宗教もまた優生になだれこんでいったのだが。

==>福音主義と優生と (2008/05/23)

それはさておき、福音主義キリスト教の教義に反する自然科学の知識すべてに対して異議申し立てをすればどうなるか。自然科学の研究は間違うこともあるので、異議申し立ての幾つかは正解になるだろう。でも、予め、その異議申し立てが正解かどうかはわからない。自然科学の研究の進行によって結果として正解か否かが明らかになるだけ。

John G Westの第3の主張「人間性喪失」は、「刑法の責任能力」への異議申し立てである。
人間性喪失

公共政策に対する科学的唯物論の第3の影響は人間性喪失だった。支持者たちは科学的唯物論が社会問題を解決し、人間の尊厳を高めるものだと見ていたが、歴史を見れば人類全体を侮辱する例が多くみられる。男と女は物理容器と物理入力に還元可能だという主張は、深く人間性を奪っていることが明らかになった。

司法では、ある教科書に書かれているように、「人間が意図して犯罪を犯すことは、花が赤色になったり、芳香を出したりする以上に責任がない」と考えるなら、場合によっては人道にかなった処置につながるが、自らの選択を問われる合理的存在として扱われる尊厳を犯罪者から奪うことにもなる。同時に多くの例で、懲罰としてなら決して許されない、科学的リハビリテーションの恐るべき形態に扉を開くことになる。
「神経伝達物質を新陳代謝させる酵素モノアミンオキシダーゼA(MAOA)をコード化している遺伝子の機能的な多形性が、虐待の影響を緩和する」という研究に基づいて、"MAO-A"が少なくなる遺伝子型を理由に刑が軽くなるという判決が実際にあった。

==>MAOAな裁判 (2009/11/03)

それが不適切だという主張はまっとうなもの。ただし、修正すべきは、心神喪失や心神耗弱の認定を含む刑法の責任能力についての考え方や法規定であって、科学ではない。

John G Westの第4の主張「相対主義」は、自然主義の誤謬を前提とするもの:
相対主義

ダーウィン理論と相対主義の関係はアナロジーだけではない。"The Descent of Man"において、ダーウィンは倫理を自然選択による進化の産物として描写した。倫理は、神あるいは自然によって認定された、時間を超越した真理の反映ではなく、生存のために自然選択によって進化したものである。生存条件が変われば、種の倫理も変わる。ある状況では、母性愛が倫理であるが、別の状況では幼児殺しが倫理になるかもしれない。ある状況では、親切が倫理になり、別の状況では虐待が倫理になるかもしれない。
...
ダーウィン自信の個人的な倫理選択がどうであれ、倫理の発達についてのダーウィンの還元的な説明は、客観的にひとつの社会の倫理性を、他の社会の倫理性に対して、選好する余地をほとんど残さない。各社会の倫理規範はおそらく、その社会の生存にとって有利なように発展してきたので、各社会の倫理規範は等しく"自然"だと考えられる。
これは、Curry[2006]が挙げる自然主義の誤謬の派生品に該当する

  1. Moving from is to ought (Hume’s fallacy). ("である"から"べき"へ)
  2. Moving from facts to values. (事実から価値へ)
  3. Identifying good with its object (Moore’s fallacy).
  4. Claiming that good is a natural property. 
  5. Going ‘in the direction of evolution’.(進化の方向へ向かって進め)
  6. Assuming that what is natural is good. (自然なものは良いと仮定)
  7. Assuming that what currently exists ought to exist. (現に存在するものは、存在すべきと仮定)
  8. Substituting explanation for justification.

ただすべきは科学ではなく、自然主義の誤謬に基づく主張。

John G Westの第5の主張「息苦しい言論の自由」は、民主的に科学を「修正」できないことへの不満:
息苦しい言論の自由

ダーウィンの理論を公教育で教えることをめぐる論争について、報道者たちはダーウィンの理論の批判者の想定宗教信条に関心をはらう一方で、進化論の擁護者たちの持つ反宗教的信条について調べることがない。なぜなのか? 動機は政治論争の両側にある。あるいは、どちらにも関係がない。無批判にダーウィニストのアジェンダを受け入れようとする報道者たちは、報道の倫理の重大な違反を犯しているばかりか、市民への重大な損害をもたらしている。公共政策の科学的唯物論の問題のある遺産があるからこそ、必要なことは、政治における科学的唯物論の批判的な調査である。

自由社会の一員として、地球温暖化や子供へのリタリンの過剰投与や性教育の内容やダーウィニズムとインテリジェントデザインの論争について、素人や現在の科学的コンセンサスに異議を唱える科学者の権利を積極的に擁護する意志を持つべきである。.... 科学の名においてなされた主張についての公的な詳細な調査は、一部の者たちが言うのとは逆に「科学に対する戦争」を構成しない。実際には、科学の過剰から科学を守ることになるかもしれない。
「現在の科学的コンセンサスに異議を唱える科学者」という表現は、「科学が好きな米国人」が対象だから。

==>否定論・科学・宗教 in 米国 (2010/01/23)

それはさておき、John G Westの主張はその額面を乗り越えていくことになる。公共政策には理科教育の内容が含まれるため、当然のことながら民主的にインテリジェントデザインを公教育のカリキュラムに組み入れることも"あり"にしてしまう(もちろん、それがインテリジェントデザイン運動家たるJohn G Westの目標のひとつだが)。

以上、John G Westの主張は、法規定や法理論の問題だったり、自然主義の誤謬だったり、民主的に科学を修正したいという希望だったりである。いかにも米国なのは、自分たちの主張が「科学に対する戦争」だと言われたくないという部分。日本だと、「科学に対する戦争」という表現は、それほどネガティブな印象を持って受け止められないかもしれない。



posted by Kumicit at 2010/02/01 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/13

フロントローディングについて「何か」言ってみたインテリジェントデザイン支持者Jay Richards

「何かがデザインされた」と主張し、その何かへの進化経路が見るかると、「進化するようにデザインされた」と言ってデザインという主張を守ろうとするインテリジェントデザイン支持者たち。しかし、それは介入をフロントローディングに変えてしまう。

==>フロントローディングをめぐって on 忘却からの帰還ATWIKI

そして、最終的には「自然法則と初期値の形で、情報を宇宙に持ち込んだ神」という有神論的進化論に帰着して、科学と矛盾しなくなる。それは、もちろん、インテリジェントデザイン支持者たちが最も忌み嫌う事態だ。ある意味、インテリジェントデザイン運動にとって、「フロントローディングは滅ぼすべき敵」である。

このフロントローディングについて、インテリジェントデザイン支持者で、Discovery InstituteのフェローであるJay RichardsがエントリをDiscovery Institute公式ブログにポストした。

で、Jay Richardsは、まず、フロントローディングでもデザインは検出できるという:
First, taken seriously, this is quite obviously a theistic form of design that simply tries to locate all the designing activity at the beginning--in the cosmic fine-tuning and initial conditions. The design does real work, and there's no reason that the effects of that design would not be empirically detectable (as long as we have an open-minded, nonpositivist view of science). As a simple analogy, think of front-loading this way. If I shoot a gun at a target and hit it, I've intentionally aimed the bullet at the beginning, even though the bullet's trajectory follows the rules of gravity, momentum, etc. In God's case, of course, he would also establish the law-like rules and superintend them. All I can do when I shoot a gun is take them into account.

最初に、まじめに受け取ると、これは有神論のデザインを宇宙の最初のデザイン行動に置く、すなわち宇宙の微調整と初期条件とするものであることは明らかである。デザインは本当に働き、そしてデザインの効果を経験的に検出できない理由はない(オープンマインドで、少なくとも科学に楽観的でなければ)。簡単なアナロジーで、フロントローデングを考えてみよう。私が銃で的を撃って当たったとすると、たとえ弾丸の軌道が重力と運動量などの法則にしたがっているとしても、私は意図的に最初に弾丸で狙っている。神の例では、もちろん、法則名ルールを確立して、これを監督する。私が銃を撃つときにできるのは、それらの法則を考慮することだ。
検出できるのは自然法則と初期値であって、それを神の意図と解釈するかどうかは哲学問題。科学の版図内では、そんなことは知ったことではない。

で、続いて、Jay Richardsはインテリジェントデザイン部門長たるStephen Meyerの論とフロントローディングが矛盾しないという。まあ、それは当然で、神が自然法則と初期値の形で宇宙を実装し切ってしまわない限り、インテリジェントデザインと矛盾しない。
Second, some front-loading and fine-tuning is not only compatible with but necessary for Steve's argument. But I think the argument that everything can be explained this way doesn't capture the details of Steve's argument about information at the origin of life.

第2に、何らかのフロントローディングや微調整はStephen Meyerの論と矛盾せず、必要ですらある。しかし、私はフロントローディングと微調整だけですべてが説明できるというのは、Stephen Meyerの生命の起源における情報についての論を捕えていないと思う。
そして、神の介入の必要性を語り始めるJay Richardsは...
Third, even if it's possible for God to frontload things in this way, it hardly follows that this is a better explanation than the one Steve proposes, which is (at least implicitly) (1) that matter shows degrees of freedom inconsistent with such complete front-loading and (2) that intelligence plays an active and detectable role within cosmic history, and probably is not limited in the way proposed (or suggested) by Conway Morris and others.

第3に、神がこのような形でフロントロードできるとそいても、これがStephen Meyerの過程[神の介入]よりも良い説明になりそうにないことだ。少なくとも間接的に、(1) 物質が示す自由度と、そのような完全なフロントローディングは整合しない。(2) インテリジェンスが能動的かつ検出可能な役割を宇宙の歴史において果たしていて、おそらくそれはConway Morrisたちが提唱する方法(フロントローディング)に限定されない。
フロントローディングがあっても、神の介入はあるのだと言ってみただけのようだ。

ときどき、フロントローディングに対して何か言っておく必要があるが、それはまさに「何か」でよいと感がているのかも。
タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2010/01/13 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/11

John G Westの"Dehumanized in the Name of Science" (6/7) 息苦しい言論の自由

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのインテリジェントデザイン部門であるCenter for Science and Cultureの副センター長であり、シニアフェローである社会学者Dr. John G. Westが、自著"Darwin Day in Americaをダイジェストした"The Abolition of Man?"を読むシリーズ

本文の残りで、Dr. John G Westは2つのことを述べている。その一つ目は、"創造論者"の理科教育に対する意見も、等しく取り扱われるべきだというもの。主張の本体である:
Stifling Free Speech

A final influence of scientific materialism on public policy has been the suppressing of free speech and debate over the public policy implications of science. This is surely one of the most striking ironies of the effort to enlist scientific materialism to reform society.

公共政策に対する科学的唯物論の第5の影響は、言論の自由および科学の公共政策に対する意味についての論争の抑圧である。これは、社会改革に科学的唯物論を助けを借りようとする努力の、もっとも著しい皮肉の一つである。

In their own minds, proponents of scientific materialism were the defenders of enlightenment against superstition and rational debate against unreasoning dogmatism, but the rhetoric they employed against their opponents is often far from conducive to open debate. The repeated insistence that scientists know best and, thus, politicians and the public should blindly accept the policy views of scientists did not encourage critical scrutiny of scientific claims made in politics.

科学的唯物論支持者たちは、その心のうちでは、迷信に対する啓蒙と、不合理な教義に対する理性的論争の擁護者だが、彼らが敵対者に使うレトリックは率直な議論の助けにはならなかった。科学者はベストを知っていて、政治家と市民は盲目に科学者の政策についての見方を受け入れるべきで、政治においてなされた科学的主張の批判的調査は歓迎されないと繰り返し主張されてきた。

Even less conducive to genuine debate was the frequent playing of the religion card in policy disputes involving science. With the help of sympathetic journalists, proponents of scientific materialism portrayed every policy dispute as a battle pitting the enlightened forces of science against bigoted religious extremists. Promoters of eugenics heaped scorn on Catholic and fundamentalist critics of forced sterilization. Advocates of Kinsey-style sex education demonized parents who raised objections as Bible-thumpers who were conspiring against democracy. Today, defenders of a Darwin-only biology curriculum similarly accuse their opponents of trying to insert the Biblical creation story into science classes, even when such claims are inaccurate.

科学に関連する政策論争において宗教カードを頻繁に使うことは、より本物の議論をするのに助けにならなかった。同調するジャーナリストの助けを借りて、科学的唯物論の支持者たちは、あらゆる政策論争において、科学の啓蒙的力による、偏屈な宗教過激派との戦いであるかのように描写してきた。優生学の推進者たちは、カトリックおよび原理主義の強制断種批判者を軽蔑してきた。Kinseyスタイルの性教育の支持者たちは、異議を唱える両親を、民主主義に陰謀を企てる福音伝道者だと悪魔化した。今日、ダーウィンのみの生物学カリキュラムは同様に、聖書創造論の物語を持ち込もうとする者だと反対者を批難する。たとえ、その主張が間違っていても。

Perhaps the most disturbing aspect of these attempts to frame policy disputes in terms of religion versus science is the attempt to shift the focus from the content of the debates to the supposed motives of those who oppose any claim made in the name of science. Instead of addressing the policy arguments raised by critics of sex education or Darwin-only science education, defenders of scientific materialism try to make the religious beliefs of their opponents the central issue, arguing that critics' real or perceived religious motivations somehow disqualify them from being active participants in the public square.

おそらく、宗教対科学の言葉で政策論争をフレームしようとする試みの最も不穏な面は、科学の名でなされる主張が何であれ、これに反対する人々の想定動機へと論点を移すことにある。性教育やダーウィンのみの理科教育に対する批判者による政策論争に対抗するのではなく、科学的唯物論者たちは、敵の宗教信条を論争の中心にしようとする。そして、批判者の真のあるいは読みとられた宗教的動機のゆえに、公的な場での論争参加者としての資格がないと論じる。

America is a deeply religious country, and no doubt many critics of the agenda of scientific materialism are motivated in part by their religious beliefs. So what? Many opponents of slavery were motivated by their religious beliefs, and many leaders of the civil rights movement were even members of the clergy. All of them had an equal right with other citizens to raise their voices in public debates. So long as religious persons in politics offer secular justifications for their policy proposals, they have every right to demand that their ideas be heard on the merits regardless of their private religious views.

米国は深い宗教国家であり、科学的唯物論のアジェンダの批判者の多くは疑いようもなく、その宗教信条に部分的に動機づけられている。それがどうだというのだ。多くの奴隷制度の反対者は宗教信条に動機づけられていて、公民権運動の多くの指導者たちには聖職者たちもいた。彼らはすべて、公的議論に声を挙げた他の市民たちと同等の権利を持っていた。政治に置いて宗教的人間が政策提案について世俗的正当性を提案する限り、その個人の宗教観によらず、そのメリットについて考えを聞いてもらえる権利を持っている。

In the controversy over the teaching of Darwinian theory in public education, reporters often note the supposed religious beliefs of critics of Darwin's theory, but they almost never investigate the anti-religious beliefs of many of the leading defenders of evolutionary theory. Why? Motives are either relevant for both sides of a political dispute, or they are irrelevant to either side. The willingness of some reporters to embrace uncritically the agenda of Darwinists represents a grave disservice to the public as well as a serious breach of journalistic ethics. Given the troubled legacy of scientific materialism in public policy, what is needed is greater critical scrutiny of scientific materialism in politics, not less.

ダーウィンの理論を公教育で教えることをめぐる論争について、報道者たちはダーウィンの理論の批判者の想定宗教信条に関心をはらう一方で、進化論の擁護者たちの持つ反宗教的信条について調べることがない。なぜなのか? 動機は政治論争の両側にある。あるいは、どちらにも関係がない。無批判にダーウィニストのアジェンダを受け入れようとする報道者たちは、報道の倫理の重大な違反を犯しているばかりか、市民への重大な損害をもたらしている。公共政策の科学的唯物論の問題のある遺産があるからこそ、必要なことは、政治における科学的唯物論の批判的な調査である。
自分の信仰と科学を分けていれば別に問題などないのだが...

また、宗教ではないネタで論文を書いて、学術誌に掲載されている創造論者もいるわけで...
==>CA325: 創造論者は科学学術誌への論文掲載を阻止される

でもって、2つ目は、少なくとも公共政策に関連する科学理論について、"民主的"に葬り去ることを可能にしようというもの。ただし公立学校の理科教育の内容は公共政策に含まれるので、理科教育カリキュラムに含まれるネタはすべて対象となる:
Conservatives who are uncomfortable with current debates over science and public policy need to realize that the debates are not going to go away, because scientific materialism raises fundamental challenges to the traditional Western understanding of human nature and the universe. Scientific materialism is central to arguments over moral relativism, personal responsibility, limited government, and scientific utopianism.

科学と公共政策についての現在の論争について不快だとおもう保守は、科学的唯物論が伝統的西洋の人間性と宇宙についての理解に対する根本的な挑戦を行っているので、論争が消えることがないことを認識する必要がある。科学的唯物論は倫理相対主義や個人の責任や政府の限定や科学的ユートピア理想主義についての議論の中心にある。

Moreover, these debates are not going away because many of America's most influential scientists are avowed materialists, and it is nearly impossible for them to separate their materialism from their policy recommendations. Nearly 95 percent of biologists in the National Academy of Sciences, for example, identify themselves as either atheists or agnostics. We are not supposed to wonder how their materialism influences their application of scientific expertise to public affairs?

さらに、米国の最有力な科学者たちの多くが唯物論者であることを自認しているので、これらの議論は終わらない。そして、彼らが自ら唯物論と推奨する政策を切り離すことは不可能だ。米国科学アカデミーの生物学者のほぼ95パーセントは、無神論者または不可知論者だと回答している。我々は科学的専門知識の公共問題への適用に、彼らの唯物論が影響しているか疑問に思っていないのではないか?

As members of a free society, we should be willing to defend vigorously the right of laypeople and scientists to voice dissent from the current scientific consensus, whether the issue is global warming, the over-prescription of Ritalin for children, the content of sex education, or even the debate over Darwinism and intelligent design.

自由社会の一員として、地球温暖化や子供へのリタリンの過剰投与や性教育の内容やダーウィニズムとインテリジェントデザインの論争について、素人や現在の科学的コンセンサスに異議を唱える科学者の権利を積極的に擁護する意志を持つべきである。

We do not always have to agree with dissenters in order to defend their right to present their views free from harassment and intimidation. But if we are unwilling to defend their right to debate scientific issues implicating public policy, we have no grounds for complaint when the agenda of the scientific elites leads to coercive utopianism or when every attempt to raise a different point of view is smeared as an attack on science.

嫌がらせと脅迫されることなく見解を提示する権利を守るために、我々は異議を唱える者たちに常に同意する必要はない。しかし、公共政策に影響する科学的問題についての論争を行う権利を擁護する意志を持たないなら、科学的エリートが強制的なユートピア的理想主義へと導こうとしたときや、異なる見解の提示を科学への攻撃だとみなされるときに、我々は文句を言うための基盤を持てなくなる。

Contrary to the assertions of some, robust public scrutiny of claims made in the name of science does not constitute a "war against science." Indeed, it may be the very thing that saves science from its own excesses.

科学の名においてなされた主張についての公的な詳細な調査は、一部の者たちが言うのとは逆に「科学に対する戦争」を構成しない。実際には、科学の過剰から科学を守ることになるかもしれない。
地球温暖化だと幾つかミドルグラウンドはあるけどね。専門外の人々が否定論を一般書やらWebサイトで主張して科学な答えが出ていないことにするのではなく、たとえば

  • メリットデメリットを検討の上で、温室効果ガス排出規制をせず、変動する気候に対応したインフラ・産業構造をつくることを優先する
  • 政治として「全権限と全責任において」対策先送りによる損害を想定した上で、いかなる対策もしない
など。

John G Westは、進化論については、「科学の世界においてインテリジェントデザインはゴミでも、公共政策たる理科教育の内容では進化論と対等な対抗理論として教える」ということを求めているようだ。
これは、おそらく、次のような状況でもない限り、論外な話だ。
LUCIUS: Dr Zaius, this is inexcusable! Why must knowledge stand still? What about the future?
ZAIUS: I may just have saved it for you.
LUSIUS: What will he find out there, doctor?
ZAIUS: His destiny.
[src]
タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2010/01/11 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/09

John G Westの"Dehumanized in the Name of Science" (5/7) 相対主義

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのインテリジェントデザイン部門であるCenter for Science and Cultureの副センター長であり、シニアフェローである社会学者Dr. John G. Westが、自著"Darwin Day in Americaをダイジェストした"The Abolition of Man?"を読むシリーズ

今回は"Relativism"であるが、通常の意味の"相対主義"ではない。
Relativism

A fourth influence of scientific materialism on public policy has been relativism. Darwinian theory in particular has supplied a powerful justification for evolving standards in politics and morality. Part of the justification is by way of analogy: If evolution is the normal state of the natural world, why should it not be regarded as the normal state of politics?

公共政策に対する科学的唯物論の第4の影響は、相対主義だった。ダーウィンの理論は特に、政治と倫理における進化する標準を強力に正当化した。正当化の一部はアナロジーだった。進化が自然界の普通な状態ならば、政治においても普通の状態ではないのか?

The preeminent achievement of applying the evolutionary paradigm to politics was the doctrine of the evolving Constitution championed by Woodrow Wilson and other Progressives. No longer would American government be hamstrung by a static understanding of human nature or human rights. It must adapt and evolve to meet the challenges of new conditions. In the words of Wilson:

進化的パラダイムの政治への適用の大いなる業績はWoodrow Wilsonなどの進歩主義者たちによるものだった。もはや米国政府は人間性や人間の権利について静的な理解に煩わされない。新たな条件の調整に合うように、適応し進化しなければならない。Wilsonは次のように述べている:

[L]iving political constitutions must be Darwinian in structure and in practice. Society is a living organism and must obey the laws of Life.... [A]ll that progressives ask or desire is permission...to interpret the Constitution according to the Darwinian principle.[20]

生ける政治機構は構造及び実践においてダーウィン的でなければならない。社会は生きた組織であり、生命の法則に従わなければならない。進歩的問いかけと欲求は、ダーウィンの原則に従って憲法を解釈を可能にする。

[20]Woodrow Wilson, The New Freedom: A Call for the Emancipation of the Generous Energies of a People, with an introduction and notes by William Leuchtenburg (Englewood Cliffs, N.J.: Prentice-Hall, Inc., 1961), pp. 41-42.
Dr. John G WestはこのWoodrow Wilsonの記述にどういう違和感を感じているのだろか。

その前後を見れば、Woodrow Wilsonは特に感銘を受けるようなことを言っているように見えない:
The trouble with the theory is that government is not a machine, but a living thing. It falls, not under the theory of the universe, but under the theory of organic life. It is accountable to Darwin, not to Newton. It is modified by its environment, necessitated by its tasks, shaped to its functions by the sheer pressure of life. No living thing can have its organs offset against each other, as checks, and live. On the contrary, its life is dependent upon their quick co-operation, their ready response to the commands of instinct or intelligence, their amicable community of purpose. Government is not a body of blind forces; it is a body of men, with highly differentiated functions, no doubt, in our modern day, of specialization, with a common task and purpose. Their co-operation is indispensable, their warfare fatal. There can be no successful government without the intimate, instinctive co-ordination of the organs of life and action. This is not theory, but fact, and displays its force as fact, whatever theories may be thrown across its track. Living political constitutions must be Darwinian in structure and in practice. Society is a living organism and must obey the laws of life, not of mechanics; it must develop.

問題は、政府が機械ではなく、生ける存在であることにある。政府は宇宙の法則ではなく、生物の理論のもとにある。ニュートンではなく、ダーウィンに対して説明の要がある。政府は環境によって修正され、為すべき仕事によって必要とされ、生命の絶対的圧力によって機能に合うように形作られる。生物は一個体では生きてはいけない。生物は、速やかな協力と、本能あるいは知性の命令に対する準備された反応と、友好的コミュニティに依存している。政府は盲目の力をもつ存在ではない。我々の時代においては、疑いようもなく、政府は、一般的仕事と目的により専門化された高度に特別の機能を持つ、人間の集合体である。協力は不可欠であり、戦争は致命的である。生物と行動の親密な本能的調停なくして、政府は成功しえない。いかなる理論が掲げられようとも、これは理論ではなく事実であり、事実としてその力を発揮する。生ける政治的構造は構造及び実践においてダーウィン的でなければならない。社会は生きた組織であり、機械(力学)ではなく、生命の法則に従わなければならない。進歩的問いかけと欲求は、ダーウィンの原則に従って憲法を解釈を可能にする。政府は発展していかなければならない。

All that progressives ask or desire is permission -- in an era when "development," "evolution," is the scientific word -- to interpret the Constitution according to the Darwinian principle; all they ask is recognition of the fact that a nation is a living thing and not a machine.

"発展"、科学用語でいえば"進化"の時代にいおいては、進歩的問いかけと欲求は、ダーウィンの原則に従って憲法を解釈を可能にする。彼らが問うのは、国家は生ける存在であって機械ではないという事実の認識である。

Some citizens of this country have never got beyond the Declaration of Independence, signed in Philadelphia, July 4th, 1776. Their bosoms swell against George III, but they have no consciousness of the war for freedom that is going on today.

米国の批判者の一部は、1776年7月4日にフィラデルフィアで署名された独立宣言を超えたことがない。彼らはGeorge IIIへの敵愾心はあっても、今日において進行中の自由を求める戦争を意識していない。

[Woodrow Wilson: "The New Freedom: A Call for the Emancipation of the Generous Energies of a People", 1912]
Dr. John G Westの引用はかなりアクロバチックだ。「機械ではなく生けるもの」という表現だったのを、「法則に従う生物機械」という意味合いにしている。そこまでしても、Woodrow Wilsonの記述に違和感は感じられない。どうも、Dr. John G Westは、"Darwin"という単語そのものを問題にしているとしか考えられない。また、"相対主義"らしきものも見当たらない。

で、よくわからないWoodrow Wilsonの引用のあとに、Dr. John G Westは次のように続ける:
But the link between Darwinian theory and relativism is not merely analogical. In The Descent of Man, Darwin depicted morality as the evolving product of natural selection. Rather than reflecting timeless standards of truth sanctioned by God or nature, moral codes evolved by natural selection to promote survival. As the conditions for survival changed, so did what was moral for any species. In one situation, maternal love might be moral; in another situation, infanticide. In one situation, kindness might be moral; in another situation, cruelty.

しかし、ダーウィン理論と相対主義の関係はアナロジーだけではない。"The Descent of Man"において、ダーウィンは倫理を自然選択による進化の産物として描写した。倫理は、神あるいは自然によって認定された、時間を超越した真理の反映ではなく、生存のために自然選択によって進化したものである。生存条件が変われば、種の倫理も変わる。ある状況では、母性愛が倫理であるが、別の状況では幼児殺しが倫理になるかもしれない。ある状況では、親切が倫理になり、別の状況では虐待が倫理になるかもしれない。

While Darwin surely hoped that traditional virtues were biologically beneficial in 19th century Britain, if circumstances changed and those virtues no longer promoted survival, he would have to grant that they would no longer be virtues. Darwin himself admitted as much in a particularly startling passage:

ダーウィンはきっと伝統的美徳が19世紀の英国で生物学的に有利になると思っていた。しかし、状況が変わって、それらの美徳が生存に有利にならなくなれば、ダーウィンはこれらが美徳ではないと認めなければならなくなるだろう。ダーウィン自信が、ほぼそれだけの驚くべき記述をしている:

If...men were reared under precisely the same conditions as hive-bees, there can hardly be a doubt that our unmarried females would, like the worker-bees, think it a sacred duty to kill their brothers, and mothers would strive to kill their fertile daughters; and no one would think of interfering.[21]

もし、ミツバチとまったく同じ条件のもとで育てられれば、未婚の女性が働きバチのように兄弟を殺すことを神聖な義務と考えることに疑いをさしはさまないだろう。そして、母親は妊娠可能な娘を殺すにようにと詰める。そして誰もそれを調停しようとはしない。

[21]Charles Darwin, The Descent of Man, and Selection in Relation to Sex (Princeton, N.J.: Princeton University Press, 1981), Vol. 1, p. 73. This is a reprint of the first edition, which was published in 1871.
インテリジェントデザイン支持者によるダーウィンの引用は、ほぼ確実にQuote Miningになっている。原文はこんなかんじ...
It may be well first to premise that I do not wish to maintain that any strictly social animal, if its intellectual faculties were to become as active and as highly developed as in man, would acquire exactly the same moral sense as ours. In the same manner as various animals have some sense of beauty, though they admire widely-different objects, so they might have a sense of right and wrong, though led by it to follow widely different lines of conduct. If, for instance, to take an extreme case, men were reared under precisely the same conditions as hive-bees, there can hardly be a doubt that our unmarried females would, like the worker-bees, think it a sacred duty to kill their brothers, and mothers would strive to kill their fertile daughters; and no one would think of interfering.

人間のように知的能力を行動的で高度に発展させた厳格に社会的な動物が、我々とまったく同じ倫理感を獲得するという主張をするつもりがないことを、最初に明らかにしておこう。多くの動物が何らかの美意識を持っているだろうが、まったく違ったものを称賛するだろう。何らかの善悪感情を持っているかもだろうが、我々とは全く違うものかもしれない。たとえば、極端な例として、もし、ミツバチとまったく同じ条件のもとで育てられれば、未婚の女性が働きバチのように兄弟を殺すことを神聖な義務と考えることに疑いをさしはさまないだろう。そして、母親は妊娠可能な娘を殺すにようにと詰める。そして誰もそれを調停しようとはしないだろう。

[Charles Darwin: "The Descent of Man"]
何も驚くべき記述などない。

また、「幼児殺」について人間は矛盾するような反応を示す。そして、それを追認するかのような教義がカトリックに存在していた。

==>Discovery Instituteフェローの歴史学者Richard WeikartのQuote Mining (1) Steven Pinker (2008/09/07)

で、Dr. John G Westは次第に自然主義の誤謬の派生品へと近づいていく:
Whatever his own personal moral preferences, Darwin's reductionistic account of the development of morality left little room for objectively preferring one society's morality over another's. Each society's moral code presumably developed to promote the survival of that society, and so each society's moral code could be considered equally "natural."

ダーウィン自信の個人的な倫理選択がどうであれ、倫理の発達についてのダーウィンの還元的な説明は、客観的にひとつの社会の倫理性を、他の社会の倫理性に対して、選好する余地をほとんど残さない。各社会の倫理規範はおそらく、その社会の生存にとって有利なように発展してきたので、各社会の倫理規範は等しく"自然"だと考えられる。

Darwin's evolutionary explanation of the origin of the family was just as relativistic. It was clear from his account that there was no right form of marriage or family life for every time and place. Sexual standards differed sharply across societies and human history, and each form of family life was adapted to meet the biological and environmental requirements of its particular situation. In Darwin's framework, everything that regularly occurred in nature must be regarded as normal almost by definition.

同様に、家族の起源についてのダーウィンの進化論的説明も相対主義である。あらゆる時間、あらゆる場所に通用する正しい結婚形態あるいは家族形態が存在しないのは、彼の説明から明らかである。性のスタンダードはシャイにより、そして人間の歴史を通じて、様々に大きく違っている。これらの家族形態は、特定の条件における生物学的および環境上の必要性に合わせて適応したものである。ダーウィンのフレームワークにおいては、常に自然に起きたことは、定義上、普通だとみなされる。
やっと、Dr. John G Westの主張がここで明確になる。すなわち、Dr. John G Westは自然主義の誤謬の派生品を自明として語っている。

ここで、自然主義の誤謬の派生品とはOliver Curryが列挙したもので、以下の8つ。

  • Moving from is to ought (Hume’s fallacy). ("である"から"べき"へ)
  • Moving from facts to values. (事実から価値へ)
  • Identifying good with its object (Moore’s fallacy).
  • Claiming that good is a natural property. 
  • Going ‘in the direction of evolution’.(進化の方向へ向かって進め)
  • Assuming that what is natural is good. (自然なものは良いと仮定)
  • Assuming that what currently exists ought to exist. (現に存在するものは、存在すべきと仮定)
  • Substituting explanation for justification.

==>自然主義の誤謬の派生品 (2008/02/11)

で、フィニッシュは...
While for the most part Darwin did not press his relativistic analysis of morality to its logical conclusion, he laid the groundwork for others who came after him. The ultimate result of Darwinian moral relativism can be seen in the sex research of zoologist Alfred Kinsey and the moral pluralism embraced by sex education reformers from the 1960s to today. Their efforts to convince the public that all variations of sexual behavior are "normal"--including, according to some of them, adult-child sex and even incest--were a logical culmination of the approach Darwin pursued in The Descent of Man.

ほとんどの場合、ダーウィンは倫理に関する相対主義的な分析を論理的帰結につなげていないが、後から来る者たちの基礎を築いた。ダーウィン的倫理相対主義の究極の結果は、動物学者Alfred Kinseyの性研究や1960年代から今日に至る性教育改革者たちが主張した倫理多元論に見られる。彼らの努力は人々に対して、あらゆる種類の性行動が"普通"なものであり、一部の者たちにおれば、大人と子供の間のセックスや近親相姦さえもが、ダーウィンが"The Descent of Man"で追求したアプローチの論理的到達点だと納得させた。
Dr. John G Westの言う"相対主義"とは、自然主義の誤謬の派生品を指しているようだ。ただ、宗教右翼あるいは福音主義キリスト教の教義に「自然主義の誤謬の派生品」がビルトインされているのか、その存在に気づいていない。

もっとも、自然選択を容認できないなど、左翼側にも同類はいるけどね。

==>自然選択を嫌うLeftistたち (2007/03/07)

posted by Kumicit at 2010/01/09 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/08

John G Westの"Dehumanized in the Name of Science" (4/7) 人間性喪失

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのインテリジェントデザイン部門であるCenter for Science and Cultureの副センター長であり、シニアフェローである社会学者Dr. John G. Westが、自著"Darwin Day in Americaをダイジェストした"The Abolition of Man?"を読むシリーズ

Dehumanization

A third influence of scientific materialism on public policy has been dehumanization. Although its supporters saw scientific materialism as a way to solve social problems and advance human dignity, the historical record shows that it often denigrated entire classes of humanity. The claim that men and women could be reduced to their physical capacities plus their material inputs turned out to be profoundly dehumanizing.

公共政策に対する科学的唯物論の第3の影響は人間性喪失だった。支持者たちは科学的唯物論が社会問題を解決し、人間の尊厳を高めるものだと見ていたが、歴史を見れば人類全体を侮辱する例が多くみられる。男と女は物理容器と物理入力に還元可能だという主張は、深く人間性を奪っていることが明らかになった。

In criminal justice, the belief that a person was, in the words of one textbook, "no more 'responsible' for becoming wilful and committing a crime than the flower for becoming red and fragrant"[16] may have led to more humane treatment in some cases, but it also robbed the criminal offender of the dignity of being treated as a rational being whose choices matter. At the same time, in many other cases it opened the door to horrific forms of "scientific" rehabilitation that never would have been allowed if they had been imposed as punishments.

司法では、ある教科書に書かれているように、「人間が意図して犯罪を犯すことは、花が赤色になったり、芳香を出したりする以上に責任がない」と考えるなら、場合によっては人道にかなった処置につながるが、自らの選択を問われる合理的存在として扱われる尊厳を犯罪者から奪うことにもなる。同時に多くの例で、懲罰としてなら決して許されない、科学的リハビリテーションの恐るべき形態に扉を開くことになる。

[16]Nathaniel Cantor, Crime, Criminals and Criminal Justice (New York: Henry Holt and Co., 1932), p. 265.
この部分は、刑法における責任能力という概念と、生物学の衝突を指しているようにも見える。あるいは「刑法における責任能力という概念」そのものに戦いを挑んでいるのかもしれない。

なお、[16]Nathaniel Cantorの本は入手できそうにないが、確かに引用された一文が存在することはbooks.googleで確認できた。ただし、この引用部分が19世紀のLudwig Buchnerという人物の執筆物として引用されているが見れられる。

で、続けて...
In sex education, the depiction of human sexuality as little more than mammalian behavior reduced human beings to the level of animals and drained human relationships of the moral and spiritual context that gave them their deepest meaning.

性教育では、人間の性を哺乳類の行動と大差ないものとして描写したことは、人間を動物のレベルに引き下げ、人間に深い意味を与えている倫理およびスピリチュアルなコンテキストと人間の関係を吸い出した。

In the corporate world, scientific materialism fed eugenic employment policies and the use of advertising to manipulate consumers scientifically into purchasing products.

企業の世界では、科学的唯物論は、優生学的な雇用方針と、商品を購入するように消費者を科学的に操作する広告の使用を推進した。
このあたりは、もはや勢いだけの定例文なので、読み流して、福祉制度への異議に進む。
In the welfare system, the quest to identify the biological roots of poverty paved the way for forced sterilization, anti-immigrant hysteria, and the demonization of anyone who was regarded as physically or mentally imperfect.

福祉制度において、貧困の生物学的根源を特定しようという探求は、強制断種と反移民ヒステリーと身体的あるいは精神的にに不完全とみなされる者の悪魔化への道を拓いた。

The impact of scientific materialism on welfare policy is especially worth noting because it directly challenged the guiding principles of the existing social-welfare system. Charity in the traditional view was premised on the idea that all human beings are created in the image of God and therefore worthy of assistance, mercy, and redemption. Eugenic welfare reformers denounced such humanitarian views as false and dangerous. Harvard biologist Edward East attacked the idea that "man is created in the image of God" as unscientific and suggested that the claim that all human beings have equal worth is ludicrous.[17] Margaret Sanger warned of the "dangers inherent in the very idea of humanitarianism and altruism, dangers which have today produced their full harvest of human waste, of inequality and inefficiency."[18]

福祉政策に対する科学的唯物論の影響は、それが特に既存の社会福祉制度を導いている原理に直接に疑問を呈した点に注意する価値がある。伝統的な見方における慈善は、人間は神の似姿に創られ、したがって、援助と慈悲と贖罪に値するものだという考えを前提としていた。優生学的福祉改革者たちは、そのような人道的な見方が誤っていて危険なものだと非難した。Harvardの生物学者Edward Eastは「人間が神の似姿に創造された」という考え方を非科学的だと攻撃し、すべての人間が同じ価値を持つという主張が奇妙なものだと示唆した。[17] Margaret Sangerは「人道主義と利他主義について、まさしくその考えの点が、不平等と非効率性の危険性、今日、人間の廃棄物を完全に収穫する危険性」を警告した。[18]

[17]Edward M. East, Heredity and Human Affairs (New York: Charles Scribner's Sons, 1927), p. 29.

[18]Margaret Sanger in Michael W. Perry, ed., The Pivot of Civilization in Historical Perspective (Seattle, Wash.: Inkling Books, 2001), p. 214.
ここは、マーガレット・サンガーに関する「子供をいかにして、何時産むかを女性自身が決定する権利」をめぐる戦いで、攻撃側の宗教右翼サイドの典型的な引用と批判である。勢いで列挙されたネタのひとつだろう。

そして、ようやく"Darwin-to-Hitler"に...
America's experience with the dehumanizing effects of scientific materialism was far from exceptional. The three regimes of the 20th century best known for being founded explicitly on the principles of scientific materialism--Soviet Russia, Nazi Germany, and Communist China--are most remembered for their horrific brutality rather than any advancement of human dignity. In Germany, the connection between scientific materialism and Nazi crimes against humanity is unmistakable, as historian Richard Weikart has ably demonstrated in his recent book on the influence of Darwinian ethics in Germany.[19]

科学的唯物論の人間性喪失の影響に接した米国の経験は特別なものではない。科学的唯物論の原則に直接に基づいて建国されたことが知られている20世紀の3つの体制たる、ソビエトロシアとナチスドイツと共産中国は、いかなる人間の尊厳の発展よりも、恐るべき残忍さによって記憶されている。歴史家Richard Weikartがドイツにおけるダーウィン倫理の影響を明らかにした最近の著書で、ドイツにおける科学的唯物論とナチの人道に対する犯罪の関係が紛れもないことを示した。[19]

[19]Richard Weikart, From Darwin to Hitler: Evolutionary Ethics, Eugenics, and Racism in Germany (New York: Palgrave Macmillan, 2004).
Richard Weikartはインテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのフェローである。インテリジェントデザインが査読論文が皆無に等しいように、"Darwin to Hitler"という彼の主張も同様である。

==>歴史学でも査読回避するインテリジェントデザイン運動 (2009/11/13)

で、このセクションのフィニッシュへ進むと...
The dehumanizing effects of scientific materialism remain a live issue for public policy today, espcially in so-called right-to-die cases. Efforts to redefine mentally and physically disabled infants and adults as already dead, the widespread careless diagnosis of the "persistent vegetative state," and the demeaning rhetoric of bioethicists such as Peter Singer all raise, chillingly, the ghosts of evils past.

科学的唯物論の人間性喪失の影響は、今日の公共政策において、特に死ぬ権利をめぐって、問題でありつづけている。精神的および肉体的な障害胎児と成人を既に死んでいるものと再定義しようとする努力と、「持続的な植物状態」の広範囲にわたる不注意な診断と、Peter Singerにような生物倫理学者による品位を落とすレトリックは、凍りつくような過去の悪しき幻影を呼び覚ます。
Dr. John G Westは脳死と移植について述べている。脳死による移植手術の状況を考えれば、この部分だけは、間違いなく米国よりも日本に多くの支持者を見つけるだろう。

あまり、まとまりのない、悪口の連続になっている。標的が広すぎるのかもしれない。
タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2010/01/08 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/06

John G Westの"Dehumanized in the Name of Science" (3/7) ユートピア的理想主義

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのインテリジェントデザイン部門であるCenter for Science and Cultureの副センター長であり、シニアフェローである社会学者Dr. John G. Westが、自著"Darwin Day in Americaをダイジェストした"The Abolition of Man?"を読むシリーズ

Utomianism

A second influence of scientific materialism on public policy has been the cultivation of a vigorous form of utopianism. Believing they possessed the key to understanding and ultimately controlling human behavior, defenders of scientific materialism over the past century were supremely confident that science could usher in heaven on earth if experts were only permitted to implement its teachings without obstruction.

Their heady optimism is not difficult to understand. By the late 19th century, science had produced marvelous advances in medicine, agriculture, sanitation, and transportation. Why could the triumphs of the scientific method over the natural world not be extended to the social sphere? If science could prevent the spread of physical diseases like smallpox, why could it not also prevent out breaks of social diseases like crime and poverty? If science could breed better strains of cattle and corn, why could it not breed better kinds of people?

公共政策に対する科学的唯物論の第2の影響は、ユートピア理想主義の強い形態の培養である。過去一世紀の科学的唯物論の擁護者たちは、人間の行動を理解し、最終的に人間の行動を制御する鍵を握っていると信じて、専門家が妨害なく、その教えを実装することが許されるなら、科学は地上の天国の到来を告げることができると、最高に確信していた。

彼らの目がくらむ楽観主義を、理解するのは難しいことではない。19世紀後半までに、科学は医療、農業、公衆衛生と交通手段において、素晴らしい進歩を実現した。どうして、自然界についての科学的研究法の勝利を、社会分野にまで広げられないのか? 科学が天然痘のような身体の病気の拡散を防ぐことができるなら、犯罪や貧困のような社会的病気の拡散を防げないわけがない。科学が牛やコーンの良い品種を生み出せるのであれば、良い種類の人々を育成できない理由があるだろうか?


Addressing the American Breeders Association in 1913, U.S. Secretary of Agriculture James Wilson acknowledged that the wholesale replacement of "inferior" human stocks with "the best part of the human race...at first seems like an Utopian vision" but then quickly added: "Why should it not come? Must science stop in its beneficence with the plant and the animal? Is not man, after all, the architect of his own racial destiny?"[9]

1913年にAmerican Breeders Associationで演説した米国農務長官James Wilsonは「劣った」人間の在庫を「人類の最良の部分」で卸の段階で置き換えることは「初めは夢想的に思える」が、「何故、そうならないのだろうか? 科学の効用を植物と動物で止めるべきだろうか? 結局は、人間は自らの種の運命の開拓者ではないのか?」と述べた。

Wilson's rosy rhetoric revealed the startling naivete at the heart of the scientific materialist agenda. Scientists and policymakers who were readily skeptical of claims made by religion or tradition turned out to be supremely credulous when it came to claims made in the name of science. They accepted at face value the purported benefits of such procedures as lobotomies, psychosurgery, and forced sterilization. They made grand promises about how science could solve intractable social problems such as crime and poverty. They showed little appreciation for the fact that science, like all human endeavors, could be misused, especially when allied with political power.

Wilsonのバラ色のレトリックは、科学的唯物論のアジェンダの中心に驚くべき純真さがあることを明らかにした。宗教や伝統による主張には懐疑的な科学者と政策担当者は、科学の名においてなされる主張に関しては最高に信じやすいことがわかった。彼らはロボトミーや精神外科や胸腺断種の効用を額面通りに受け取る。彼らは犯罪や貧困のような困難な社会的問題を科学が解決する方法について、壮大な約束をした。彼らは科学が、他の人間の行動と同様に、特に権力と結びついた時に悪用されうるのだという事実をほとんど考慮しなかった。

[9]James Wilson, "Presidential Address," American Breeders Magazine Vol. 4, No.1 (First Quarter, 1913), p. 56.
この部分のDr. John G WestによるJames Wilson農務長官の演説の引用は、かなりアクロバチックである。原文をみると...
A new line of public service has recently developed which promises more far-reaching results than those relating to improvements through breeding: The work of our agricultural research institutions has demonstrated that we can slowly but surely and very economically increase production by finding those best families, strains, varieties, breeds, and sub-breeds which yield the largest net profits per acre or per farm, and multiply them so that they will supplant all inferior forms. To so educate, place in position of advantage, and reward the best part of the human race that they will rapidly multiply and become the great improved body of people which can best utilize the opportunities of this beautiful earth at first seems like an Utopian vision. Like world peace, however, it may come; and may we not all ask: Why should it not come? Must science stop in its beneficence with the plant and animal? Is not man, after all, the architect of his own racial destiny? Cannot the best people of the best races be wise enough to multiply and become dominant in numbers as well as in efficiency and goodness?

育種による改善に関するものよりも、さらに広範にわたる結果を約束する、新たな公共事業が開発された。我々の農業研究機関は、単位面積当たり、あるいは農場当たりの純利益を実現し、劣った形態に置き換わるように繁殖する、最良の科・株・変種・品種・亜品種を見つけることで、我々がゆっくりだが、確実に経済的に生産を増加させられることを示した。そのように教育することで、有利な立場におき、人類の最良の部分に報酬を与えることで、この美しい地球の可能性を最も利用することができる人々の大きな改善された集団とする。初めは夢想的に思えるかもしれない。しかし、それは世界平和のように実現するかもしれない。我々はこう問うてはいけないのだろうか:何故、そうならないのだろうか? 科学の効用を植物と動物で止めるべきだろうか? 結局は、人間は自らの種の運命の開拓者ではないのか? 最良人種の最良の人々は効率や長所のみならず、繁殖して数でも支配的になるに、十分に賢明なはずではないのか?

[source]
"単語とフレーズの組み合わせで、Wilsonの主張を作っていて、なんとなく、元の意味を反映していなくもない"というDr. John G Westの"引用"である。原文に"replacement"がなくて、これを補うことで、かなり強い優生な主張に見せている。

続いて、優生について例を挙げるDr. John G West:
Eugenist Herbert Walter sanguinely predicted that nothing like "the Spanish Inquisition or...the Salem witchcraft persecution" would take place in an age of modern science. Only two decades before the Nazis ascended to power in Germany, Walter predicted that "it is unlikely that the world will ever see another great religious inquisition, or that in applying to man the newly found laws of heredity there will ever be undertaken an equally deplorable eugenic inquisition."[10] Eugenist Harry Laughlin similarly asserted with confidence that no one-- not even one person--had been wrongly sterilized in America.[11]

優生学者Herbert Walterは「スペインの宗教裁判所やセイラムの魔女迫害」のようなことは現代科学の時代には起きないと楽観的に予測した。ナチがドイツで政権をとる、わずか20年前にWalterは「世界が新たに大規模な宗教的な徹底調査あるいは、新発見の遺伝法則を人間に適用しようとして、等しく嘆かわしい優生学的徹底的な調査がなされることは、ありそうにない。」と予測した。[10]  優生学者Harry Laughlinは同様に自信をもって、ただの1人も、米国で誤って断種手術を受けた者はいないと主張した。[11]

[10]Herbert Walter, "Human Conservation," in Horatio Hackett Newman, Evolution, Genetics and Eugenics, 3rd ed. (Chicago: University of Chicago Press, 1932), p. 531. The essay was reprinted from a book published by Walter in 1913.

[11]Harry Hamilton Laughlin et al., Legal Status of Eugenical Sterilization (Chicago: Fred J. Ringley Co., 1930), p. 79.
これらの"簡潔な"引用についても、原文を確認しておこう:
[Herbert Eugene Walter: "Genetics: an introduction to the study of heredity" (1922), P334-335]

Dr. C. V. Chapin recently said with reference to the eugenic regulation of marriage by physician's certificate: "The causes of heredity are many and very conflicting. The subject is a difficult one, and I for one would hesitate to say, in a great many cases where I have a pretty good knowledge of the family, where marriage would, or would not, be desirable."

Dr. C.V. Chapinは医者の証明書による結婚の優生規制に関して「遺伝要因は多くて非常に矛盾している。この問題は困難なものであり、結婚が望ましいものか否かについて、家族についての非常に適切な知識を持っていると言うのを躊躇するケースが大多数である。」と述べている。

Desirability and undesirability must always be regarded as relative terms more or less undefinable. In attempting to define them, it makes a great difference whether the interested party holds to a puritan or a cavalier standard. To show how far human judgment may err as well as how radically human opinion changes, there were in England, as recently as 1819, 233 crimes punishable by death according to law.

"望ましい"と"望ましくない"は常に、定義しにくい相対的な表現だとみなさなければならない。これらを定義しようとする、対象とする集団が厳格な人々なのか、無頓着な人々かによって大きな違いが出てくる。1819年には英国で法により死刑となる犯罪が233件あったことは、人間の判断がどれほど誤るものなのか、そして急進的な人間の意見がいかに変わるものかを示している。

One needs only to recall the days of the Spanish Inquisition or of the Salem witchcraft persecution to realize what fearful blunders human judgment is capable of, but it is unlikely that the world will ever see another great religious inquisition, or that in applying to man the newly found laws of heredity there will ever be undertaken an equally deplorable eugenic inquisition.

人間の判断が、いかに恐ろしい大失敗をもたらしうるかを理解するのには、スペインの宗教裁判所やセイラムの魔女迫害を思い起こすだけ十分だ。しかし、世界が新たに大規模な宗教的な徹底調査あるいは、新発見の遺伝法則を人間に適用しようとして、等しく嘆かわしい優生学的徹底的な調査がなされることは、ありそうにない。

It is quite apparent, finally, that although great caution and broadness of vision must be exercised in bringing about the fulfillment of the highest eugenic ideals, nevertheless in this direction lies the future path of human achievement.

最高の優生の理想を達成するにあたり、非常な注意と幅広い視野が必要だが、この方向に人類の業績の将来の道筋があることは、明白である。
Herbert Eugene Walterの記述は控えめなものだ。遺伝的要因で単純に人間を判断できないことがわかっているので、宗教裁判のような形にはなりそうにないと言っている。また、ナチ政権の出現と行動を予測できなかったことを甘いというDr. John G Westの主張は、優生思想にのってしまったメインラインバプテストなどにもあてはまることである。

続いて、Harry Hamilton Laughlinも:
[Harry Hamilton Laughlin et al., Legal Status of Eugenical Sterilization (1930), p.79]

The problem of hereditary inadequacy is a major one. The states have thus far used eugenical sterilization very cautiously, and only in extreme cases, but such work has served to acquaint the American people with the usefulness of the experiment, and has paved the way for a more extensive application in full accord with a most conservative program. Sexual sterilization of degenerates is not a cure-all for the problem; it will not uproot degeneracy forthwith, but it is one of the most effective instruments which the several American states can now use legally in promoting race betterment on its negative side, that is, by preventing reproduction by its most degenerate families.

遺伝的不適切の問題は大きなものである。したがって、政府は優生学的断種を非常に注意深く、かつ極端なケースに限ってきた。しかし、そうすることで、実験の有用性を米国人に知らしめ、最も保守的なプログラムと合致する、より広範囲な適用への道を固めることにつながった。劣った者たち断種は問題に対する万能薬ではない。そうしても劣った者たちを根絶できない。しかし、最も劣った家族の繁殖を抑止することで、ネガティブ側での人種改良を進めるために、米国のいくつかの州で使える最も有効な手段のひとつである。

It is of especial value to note that, of the 8515 operations which have been performed up to January 1, 1928, under several sterilization laws of the different states, no one has yet suggested that in a single instance has the state made an eugenical error; that is, that it has by legalized sterilization prevented reproduction by an individual whose offspring would, by any token of biology or statistics, probably have been a credit to the state.

複数の州の断種法のもとで、1928年1月1日まで実行された8515件の手術で、州政府が優生学的誤りをしたと指摘された例は1件もない。すなわち、生物学あるいは統計から、価値あると思われる人が子孫を残すのを法的断種によって阻止された例はないと。
「自信をもって、ただの1人も、米国で誤って(wrongly)断種手術を受けた者はいないと主張した」というDr. John G Westの記述は"だいたいあってる"が、Harry Hamilton Laughlinの原文は"優生学的誤り(eugenical error)"よりは強い意味になっている。

そして、さらに続けて...
AAAS president Charles Eliot at least acknowledged the prospect that physical and chemical science could be enlisted "as means of destruction and death." But even he thought the application of biology to society posed no danger: "Biological science has great advantage in this respect over physical and chemical [science]. It can not so frequently or easily be applied to evil ends."[12] Eliot wrote those words in 1915 as the eugenics movement was well on its way to forcing the sterilization of thousands of people across America.

AAAS理事長のCharles Eliotは少なくとも、物理と化学が「破壊と死の手段」となりうることを認めていた。しかし、彼は生物学の社会への適用にには危険性はないと考えていた:「生物化学は、この点で物理や化学より大きな利点がある」[12] Eliotは優生運動として全米で数千の強制断種が進行中の1915年にこの言葉を書いた。

This is not intended to imply that scientific materialism was the only source of utopianism in America. There were elements of utopianism in religious reform movements of the 1800s and early 1900s, as well as in various expressions of secular populism. But scientific materialism was one of the most powerful sources of utopianism because it eroded previous obstacles to the spread of utopianism.

科学的唯物論が米国のユートピア的理想主義の唯一の源泉だったというつもりはない。1800年代と1900年代初頭の宗教改革運動や多くの世俗のポピュリズムにもユートピア的理想主義の要素があった。しかし、科学的唯物論は、これらの中で最もパワフルなもののひとつであった。というのは、かつてあったユートピア的理想主義の広まりへの障害を侵蝕したからである。

[12]Eliot, "The Fruits, Prospects and Lessons of Recent Biological Science," p. 928.
Dr. John G Westは微妙にバランスをとりつつも、"科学的唯物論"を"ユートピア的理想主義"という誤った考えの源泉だと批難する。

そして"ユートピア的理想主義"について...
Prior to the rise of scientific materialism, a strong realist, anti-utopian sentiment in American political culture counterbalanced the idealism and utopianism of reformers. America's Founders, in addition to their idealism, displayed a keen realism about the imperfections of human nature. "If men were angels, no government would be necessary," James Madison wrote in The Federalist.[13] "The best Institutions may be abused by human depravity.... [T]hey may even...be made subservient to the vilest of purposes," echoed George Washington.[14]

科学的唯物論の高まりに対して、米国の政治的な文化の断固たる現実主義・反ユートピア理想主義の意見は、改革派の理想主義とユートピア的理想主義に対してカウンターバランスをとった。米国の建国者たちは理想主義とともに、人間の欠点について強い現実主義をとっていた。「人間が天使なら、政府は必要ないだろう」とJames Madisonは"Federalist"に書いた。[13] 「最良の機関は人間の堕落によって悪用される。さらには最悪の目的のために利用されるかもしれない」とGeorge Washingtonは述べた。[14]

[13]James Madison, Federalist Paper No. 51 in Alexander Hamilton, James Madison, and John Jay, The Federalist Papers (New York: New American Library, 1961), p. 322.

[14]George Washington, "[Proposed Address to Congress]," in John C. Fitzpatrick, ed., The Writings of George Washington from the Original Manuscript Sources, 1745-1799 (Washington, D.C.: United States George Washington Bicentennial Commission), Vol. 30, pp. 301-302.
ここはまさに正しい。George Washingtonの引用も正しい。


さらに、Dr. John G Westは続ける:
The anti-utopian undercurrent in American culture continued during the 19th century when writers such as Nathaniel Hawthorne satirized the overblown hopes of contemporary reformers. In his short story "Earth's Holocaust" (1844), Hawthorne described how militant do-gooders planned to cleanse the earth of imperfection by creating a giant bonfire out on the western prairies on which they could throw every conceivable cause of social evil.[15] The great conflagration burned for days and consumed everything thrown into it, but the fire still did not produce the perfect society. Hawthorne's punch line was that the reformers failed because they could not reach the ultimate cause of human misery: the human heart. Social conditions might wax and wane, but sinful human nature was unchangeable this side of heaven.

米国文化の反ユートピア理想主義の底流は、Nathaniel Hawthorneのような著作家が現代改革派の度が過ぎた希望を諷刺した19世紀には続いていた。彼の短編"Earth's Holocaust"(1844)で、社会的悪の原因と考えられるすべてを投げ込める焚火を西部大草原に発生させて、地球の欠点を浄化しようとする好戦的なお節介を描いた。[15] 大火は幾日も燃えて、投げ込まれるものすべてを焼き尽くしたが、炎は完全な社会を作れなかった。Howthorneの聞かせどころは、改革者たちが人間の惨めさの第一原因、すなわち人間の心へと到達できなかったために失敗したのだという点だった。社会状況は盛衰するが、積み深き人間の性質は変わらない。

[15]Nathaniel Hawthorne, "Earth's Holocaust," at www.eldritchpress.org/nh/holo.html
このあたりは、特に異論はないだろう。

Scientific materialism tried to refute this kind of political realism. According to its adherents, human nature was not fixed; it could be remade through the methods of modern science. Men may not be angels now, but under the right biological and environmental conditioning, they might become angelic. Scientific breeding and medical treatment could usher in a new age only dreamt of by previous reformers. Scientific materialism undermined the very premises of American political realism.

科学的唯物論は、この種の政治的な現実主義を論破しようとした。その支持者によれば、人間性は完成しておらず、現代科学の方法によって修正可能だ。人間は今は天使ではないかもしれないが、正しい生物学的および環境的条件をととのえれば、人間は天使のようになれるかもしれない。科学的育種と医学的治療は、かつての改革派が夢見た新時代の到来を告げるかもしれない。科学的唯物論は、米国の政治的な現実主義のまさしく基盤を崩している。
進化心理学はそんな麗しい未来を約束してはいない。が、そのような幻想は存在しているかもしれない。

そして、結論へ...
One would like to believe that Americans have learned from the excesses of scientific utopianism, but current political controversies inspire no confidence in this regard. The miracle cures may be different today, but the utopian rhetoric is remarkably similar.

米国人は科学的ユートピア的理想主義の過剰から学んだと思いたいかもしれない。しかし、現在の政治論争を見れば、自信がなくなる。奇跡の治療法はかつてと別物かもしれないが、ユートピア的理想主義のレトリックは似たようなものだ。

Seventy years ago, eugenics promised to cure America's social problems through better breeding. Today, mental-health crusaders promise to eliminate behavioral problems among America's children by screening every schoolchild for mental illness and putting millions of them on psychoactive drugs. Like the eugenics crusade of the last century, the current push to increase dramatically the number of children on psychoactive drugs reduces behavioral problems to a purely material cause. Like the eugenics crusade, it is accompanied by grandiose claims that go far beyond the actual science. Like the eugenics crusade, it is justified in humanitarian terms even while it raises serious issues about civil liberties and human dignity. How many people will be harmed before this latest crusade runs out of steam?

70年前、優生学はより良い育種によって米国の社会問題を解決することを約束した。今日、精神衛生改革運動家たちは、あらゆる児童を精神病の有無でスクリーニングし、数百万の児童に向精神薬を投与することで、米国の子供の行動問題を解決すると約束する。前世紀の優生改革運動のように、向精神薬を投与する子供の数を大きく増やすことで、行動問題を純粋の唯物原因へと還元する。優生改革運動のように、実際の科学を大きく超えた壮大な主張がついて回る。優生改革運動のように、市民の自由と人間の尊厳に関して重大な問題を起こすとしても、人道主義の言葉で正当化される。この最新の改革運動が息切れする前に、何人が傷つけられるだろうか?
ここで、Dr. John G Westは意図したのかわからないが「実際の科学を大きく超えた壮大な主張」と「科学的唯物論」をリンクさせている。しかし、何を以って「実際の科学を大きく超えた壮大な主張」とするかはそもそも「科学」を以ってするしかない。

なので、「科学」ではなく「優生学とのアナロジー」によって、「精神衛生改革運動家」を批難するという論を例として挙げるDr. John G Westは、何か別なる手段を以って「実際の科学を大きく超えた壮大な主張」か否かを判断するつもりだろう。
タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2010/01/06 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/02

魂を橋頭保とするインテリジェントデザインのEgnor

細菌の鞭毛や血液凝固系など「還元不可能に複雑だ」と主張したものの分解が進み、魚類と両生類の中間形態が多段階に見つかっていく中で、創造論者たちが次の防衛ラインとしているのが、「脳・心・魂」である。

ということで、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteの公式ブログ執筆陣のひとMichael Egnorは魂の存在を主張する
"confusing the question of how the brain causes mind with the question of does the brain cause mind"

「いかに脳が心をつくるかと、脳が心をつくるか否か、を取り違えること」

Dr. Novella elides the central problem with strict materialism in the mind-brain problem. The first question isn’t "how the brain causes the mind" or "does the brain cause the mind." The primary question is this:

Dr. Novellaは、心と脳の問題の、厳格な唯物論の中心的問題を無視している。最初の問題は、「いかに、脳は心をつくるか」ではない。あるいは、「脳は心をつくっているか」でもない。最初の問題はこれである。

can the brain cause the mind?

「脳は心をつくれるか?」

In order to subject a theory to empirical test, it must first be logically coherent. Materialism fails as logic. What does it mean to say, "The brain causes subjective experience"? There is nothing about the physical scientific description of the brain that invokes subjectivity. The salient qualities of the mind — free will, restricted access and incorrigibility, qualia, intentionality, persistence of self over time, and unity of consciousness — are not properties of matter. Subjectivity is imputed by materialists to neural function, without coherent explanation or logical law-like dependence. The materialist assertion that the brain is the entire cause of the mind is merely an act of faith appended to the science.

理論を経験的に検証するには、まず、論理的にに筋が通っていなければならない。唯物論は論理として失敗している。「脳は主観的な経験をつくれるか」とは何を意味するのか? 主観を含む脳についての物理的科学的な記述はない。心の顕著な特性である自由意志・制限されたアクセス[私の思考を私が経験する]・頑固さ[論破不可能な知識・赤い色とか]・クオリア[主観的経験]・意図[自分の外にあるものに言及する能力・意味付け]・自己の持続性[脳を構成する物質が入れ替わっても同一人物]・意識の統一は物質の属性ではない。主観は、首尾一貫した説明または論理的法則依存性なしに、唯物論者によって神経機能によるものだとされる。脳が心のすべてであるという唯物論的断定は、科学に付加される信仰の成せるわざにすぎない。

[Michael Egnor:"It’s Time for Me to Unshatter My Three Pillars of Neuroscience Denial..." (2009/01/08) on Discovery Institute公式ブログ]
論の形式は"God of the gaps"と同じで、「科学的に説明がつかないから」を論拠としている。

ただ、"魂"は"超越的な神"ほどは簡単じゃない。というのは...

  • 魂それ自体は、超自然の存在で、科学的に検出できないという仕様でもかまわない
  • 魂が自然界を観測する方法は、人間の神経系を経由しても、直接に外界を観測してもよく、それを科学的に検出されないという仕様でもかまわない
  • ただし、魂が脳に干渉しない限り、魂が思ったことを、人間の肉体は表現できない。
  • 魂による脳への干渉は、科学的に検出できないという仕様でもかまわない
  • ただし、干渉前と干渉後で脳の状態は違っていなければならない。それは科学的に検出できなければならない。脳が思ってないけど、魂が思ったことを文字に書くためには、魂が脳にその"思い"を何らかの形で残さないといけない。脳そのものを観測していて、自然界の外側からの干渉の"結果"を見つけられないなら、何も魂は脳に作用していないことになる。
で、検出できないなら...
  • 現在の技術では検出不可能
  • あるいは、魂は存在するかもしれないが、脳には干渉していない
のいずれか。

インテリジェントデザイン支持者たちはもちろん、「現在の技術では検出不可能」と言っておくのが楽なので、本気で魂を見つけに行くことはないだろう。下手に探しに行って、見つからないと、限りなく「コントローラを握りしめてFPSをプレイしているつもりが、コントローラはゲームマシンにはつながっていなかった」に近づいていくことになる。それはさらに歓迎したくない状況。
タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2010/01/02 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/12/29

John G Westの"Dehumanized in the Name of Science" (2/7) テクノクラシー

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのインテリジェントデザイン部門であるCenter for Science and Cultureの副センター長であり、シニアフェローである社会学者Dr. John G. Westが、自著"Darwin Day in Americaをダイジェストした"The Abolition of Man?"を読むシリーズ2回目はテクノクラシー。
Technocracy

One influence of scientific materialism on American public policy has been the elevation of technocracy -- rule by scientific experts -- over democracy. Since science was supposed to be the only true source of objective information about the world, proponents of scientific materialism logically concluded that scientists -- not the general public or their elected representatives -- should be the ultimate arbiters of public policy.

米国の公共政策に対する科学的唯物論の影響の一つは、デモクラシーに対するテクノクラシーすなわち科学的専門家による支配の優越である。科学は世界についての唯一本当の客観的情報源であると思われたので、科学的唯物論の支持者たちは、一般大衆や大衆が選出した政治家ではなく、科学者が公共政策の最終的な最高権威であるべきだと論理的に結論した。

At its core, this message was profoundly anti-egalitarian and anti-democratic. Speaking before the Second International Congress of Eugenics in 1921, Alleyne Ireland declared that current conditions had rendered America's original form of government, established by the Constitution and the Declaration of Independence, "utterly unsuitable." America's Founders believed that "governments derive their just powers from the consent of the governed," and they set up arrangements "designed with a view to making abuse of power difficult." But in an age when government must increasingly provide a wide range of social services, society could no longer afford to rely on government by non-experts. Ireland stated that it was "imperative...that the omnipresent activity of government should be guided by the light of scientific knowledge and conducted through the instrumentality of a scientific method."[6]

このメッセージの中心的意味合いは、きわめて反平等主義であり、反民主主義的であった。1921年の第2回優生国際会議(Second International Congress of Eugenics)の前の演説で、Alleyne Irelandは現在の状況は、憲法と独立宣言によって確立された米国の政府の原形を「まったく不適切なもの」にしたと断言した。米国の建国者たちは「統治される者たちの同意によって、政府は正当な権力を得る」ものだと考え、「権力の濫用を困難にする目的」で制度を設計した。しかし、政府が幅広い社会福祉事業を提供しなければならない時代にあっては、素人による政府に頼る余裕を持てなくなった。Alleyne Irelandは「政府の遍在する活動は、科学的知識によって導かれ、科学的方法によって実行すべきだというのが肝要である」と述べた。[6]

[6]"Eugenics in Politics," The New York Times, October 9, 1921, p. 93.
Dr. John G Westは優生国際会議の前のAlleyne Irelandの演説を引用して、"科学的唯物論"は米国の議会制民主主義に敵対するものだと主張する。

このAlleyne Irelandの主張は引用部分だけを見れば、そのように受け取れる。しかし、その前後をみると、違った内容を述べている:

"In the most impressive passage of the declaration the sole aim of government is declare to be the securing to the people of certain individual right -- to life, liberty and the pursuit of happiness -- and, since rights are chiefly imperiled by the uncontrolled exercise of power, the cardinl principle of popular government, is stated to be that governments derive their just powers from the consent of the governed."

In our Constitution everything was designed with a view to making abuse of power difficult, and it is not easy for our Government, in time of peace, to encroach on the rights of the individual.

「人々の固有の権利すなわち生命と自由と幸福追求を守ることが政府の唯一の目的であるというのが独立宣言で最も印象的な一節であり、権力の制御されざる行使によって権利は脅かされるので、人民の政府の中心的原則は、統治される者たちの同意によって、政府は正当な権力を得るというものであった。」

合衆国憲法は、権力の濫用を困難にする目的で設計されており、合衆国政府は平時では個人の権利を侵害することは容易ではない。

"But reflect," continued Mr. Ireland, "how utterly unsuitable the whole arrangement is when the object is, not to prevent Government action against the right of citizens but to facilitate Government action in serving the needs of citizens.

"What between the pressure upon government from without to undertake everything which used formerly to be considered as lying wholly outside the proper scope of official interference, and the pressure set up within government to enlarge its functions and to engross its authority, it has come to this, that government is now the judge, the jury, the witness and the executioner, not only in respect of such of their actions as are affected with a public quality, but even in respect to their personal tastes, habits and opinions.

「これに対して、市民の権利を守るために政府の行動を制約するのではなく、市民の必要を満たすための政府の行動を容易にするためには、まったく不適当である。

「政府の外部にある、政府の干渉について適切なスコープの範囲外に置かれるものだと、かつては考えられてきたすべてのものを引き受けさせようとする圧力と、政府の内部にある、機能を強化し、権力を独占しようとする圧力との間にあるもの。それにより、公共概念に影響を受けるものとしての行動に関しても、政府は、彼らの趣味と習慣と意見に関しても、裁判官であり、陪審員であり、目撃者であり、執行者となる。

"It is this pervasion of the whole extent of our daily life by the agents of Government -- by those who make law, by those who administrator law, by those who punish its infraction, by this vast army of legislators, commissioners, judges, magistrates, policemen , secret service agents, inspectors and investigators -- it is this which make it imperative, if we are not to be governed to our total destruction, that the omnipresent activity of government should be guided by the light of scientific knowledge and conducted through the instrumentality of a scientific method."

「それは、立法者、法の執行者、違反の処罰者、議員、行政官・裁判官・治安判事・警察官・シークレットサービス・捜査官たちの大軍、政府機関による我々の日常生活の全体への浸透である。我々が統治されて完全な破壊に至らないためには、政府の遍在する活動は、科学的知識によって導かれ、科学的方法によって実行すべきだというのが肝要である」

[Eugenics in Politics (1921/10/09)]
古ぽい英語は一文が長いが、それは気にしない。で、Alleyne Irelandの主張は、夜警国家から福祉国家へと転換しゆく政府を前提としている。かつての市民の自由を守るために政府を制約することをのみを考えていた法制度が、市民のために行動する政府を有効に機能させるわけではないと言っている。特に問題な主張でもなんでもない。

例によって、Dr. John G WestはQuote Miningをやったようだ。これは次のパラグラフの印象操作のための準備。別に内容があるわけではないので、無視して次へ。

で、ここからが、Dr. John G Westの主張になる:
The claim that society should place its faith in scientific experts rather than ordinary citizens or elected officials was a common refrain in public policy debates influenced by scientific materialism. To be sure, few were as blunt as Ireland in directly attacking the Constitution or demanding that scientists govern ordinary citizens. Yet in controversy after controversy, the underlying message was unmistakable. Whether the issue was education or welfare or crime, members of the public were urged to place their trust in the findings of scientific experts rather than in their own core beliefs or the views of political and religious leaders. Science dictated the replacement of punishment with treatment in the criminal justice system, the enactment of forced sterilization in the welfare system, and the substitution of supposedly "value-free" information from sex researchers for traditional moral teachings about family life in public schools. In each of these areas, the claim was made at least implicitly that scientific expertise should trump other sources of knowledge, including ethics, philosophy, tradition, religion, and common sense.

普通の市民や選挙で選ばれた政治家よりも科学的専門家に社会は信を置くべきだという主張は、科学的唯物論に影響された公共政策論争で広く繰り返されてきた。確かに、Alleyne Irelandのように憲法を直接攻撃したり、科学者が普通の市民を統治することを要求するような率直な者はほとんどいない。しかし、繰り返される論争の背後にあるメッセージは間違えようがない。教育の問題であろうが、福祉の問題であろうが、犯罪の問題であろうが、市民は、自らの中心的な信条や政治的指導者や宗教的指導者の見方よりも、科学の専門家の研究結果に信を置くように言われた。科学は刑事司法制度の懲罰を更生に置き換え、福祉制度における強制断種を行い、公立学校における家庭生活についての伝統的道徳教育を性研究者による"価値観にとらわれない"と思われる情報も置き換えた。これらすべての分野で、科学的知識が、他の倫理や哲学や伝統や宗教やコモンセンスに勝たなければならないと、暗に主張された。
少なくともリベラルと科学が同一視されているようだ。で、続けて..
Of course, there is much that can be said in favor of the authority of scientific expertise in modern life. In an increasingly complex and technologically driven world, the need for scientific input on public policy would seem obvious. Since many policy questions today arise in such science-based fields as medicine, transportation, and ecology, why should politicians and voters not simply defer to the authority of scientific experts in these areas?

もちろん、現代生活で科学的な専門知識の権威にしたがうべきことが多くある。複雑化し、テクノロジーによって牽引される世界では、公共政策に科学知識が必要なことは明らかなようだ。医療や輸送やエコロジーなど科学を基礎とする分野に多くの政策課題があるので、政治家や有権者は、これらの分野では科学的専門家の権威に単に従ってはいけないのか?

Although this line of reasoning exhibits a surface persuasiveness, it ignores the natural limits of scientific expertise. Scientific knowledge may be necessary for good public policy in certain areas, but it is not sufficient. Political problems are preeminently moral problems, and scientists are ill equipped to function as moralists. C. S. Lewis warned about this drawback of technocracy in the 1950s. "I dread specialists in power, because they are specialists speaking outside their special subjects," Lewis wrote. "Let scientists tell us about sciences. But government involves questions about the good for man, and justice, and what things are worth having at what price; and on these a scientific training gives a man's opinion no added value."[7]

この推論は表面的には説得力を持っているが、これは科学的専門知識の自然な限界を無視している。科学的知識は特定分野では良き公共政策のために必要かもしれないが、それだけでは十分ではない。政治課題は非常に道徳的な問題であり、科学者がモラリストとして機能するには能力が不十分である。CS Lewisはテクノクラシーの欠点について1950年代に警告した。「私は権力を持つ専門家を恐れる。彼らは専門分野の外側について語るスペシャリストだからだ。科学者には科学を語らせよう。しかし、政府は人間と正義と、どの物がどれくらい価値を持つのが良いのかについては政府の仕事だ。これらについては科学的訓練は人間の意見に何の付加価値も与えない。[7]

[7]C. S. Lewis, "Is Progress Possible? Willing Slaves of the Welfare State," in God in the Dock: Essays on Theology and Ethics (Grand Rapids: Eerdmans, 1970), p. 315.
このC. S. Lewisの引用は文脈通りである。Dr. John G Westの主張も、特に何の問題もない。

Dr. John G Westは、これを具体的に語る:
For example, wildlife biologists may be able to provide policymakers with information about which species are in danger of extinction. Perhaps they can also predict some of the costs of a species' extinction to biodiversity. But they have no more authority than anyone else in determining whether a particular endangered species is more valuable than the jobs that may be lost trying to save that species from extinction. Politics is largely about ranking and reconciling competing goods; but the ranking of goods involves questions of justice and morality, and as Lewis pointed out, "a scientific training gives a man's opinion no added value" on such questions.

たとえば、野生生物学者は、政策担当者に絶滅の危険にある種についての情報を提供できる場合がある。おそらく、彼らは生物多様性に対する種の絶滅のコストを予測できるだろう。しかし、彼らには、特定種と、それを絶滅から救うことによって失われる仕事のどちらが大事かを判断する権限は他の誰以上にない。政治とは主として、競合する商品にランク付けて調停することである。しかし、商品のランク付けには正義と道徳の問題が含まれている。これらの問題について「科学的訓練は人間の意見に何の付加価値も与えない」とCS Lewisが指摘するように。
さらりと語っているが、これこそが論点というべきもの。

政治の役割についてはDr. John G Westの記述はまったくもって正しい。そして、種の絶滅(あるいは地球温暖化やオゾン層破壊)の影響について予測することが科学者の仕事だというのも正しい。さらにランク付けに客観的基準ではなく、正義や道徳という"価値観"が入り込むという指摘も正しい。

たとえば、DDTによる未来に及ぶ環境と人間への影響と、DDT禁止でマラリアによって死ぬことになる人々の生命を天秤にかける場合、天秤にかけるべきリスク量の計測までは科学者の仕事。しかし、天秤にかけるのは政治家の仕事であり、その責任も政治家が負う。

この科学と政治の境界線は何ら問題のある主張ではないが、実際にはDr. John G Westは優生やロボトミーを持ち出して、もう一歩、政治側を強める主張をする。
Technocracy poses a further difficulty: The limits of human reason assure that experts can be wrong, sometimes egregiously. If the history of scientific materialism in politics shows anything, it is that scientific experts can be as fallible as anyone else. They are capable of being blinded by their own prejudices and going beyond the evidence in order to promote the policies they favor. Alfred Kinsey's empirical claims about the sexual behavior of the general American public were junk science, given his deeply flawed sample population; yet that did not stop him from boldly making his claims and vigorously defending them as sound science.

テクノクラシーには更なる問題がある。人間の理性に限界があるために、ときには専門家がひどく誤ることがある。政治における科学的唯物論の歴史が何かを示すとしたら、それは科学の専門家たちは、他と人々と同様に間違うことがあることだ。彼らは自らの偏見によって盲目になり、彼らが選好する政策を推進するために証拠を超えてしまう。一般的な米国人の性行動についてのAlfred Kinseyの経験的な主張はjunk Scienceであり、彼のサンプル集団はひどく誤ったものだったが、彼はそれでも大胆な主張を行い、正しい科学として自らを擁護した。

The errors of the scientific community in the early 20th century were profound. For decades, eugenics--the effort to breed better human beings by applying the principles of Darwinian biology to reproduction--was embraced as legitimate by America's leading scientists and scientific organizations such as the AAAS. Critics of eugenics, meanwhile, were roundly stigmatized as anti-science and religious zealots. Yet the critics of eugenics were the ones who turned out to be right, not the scientific elites.

20世紀前半の科学界の誤りは深かった。ダーウィン生物学の原則を繁殖に適用して優れた人間を育成しようというどくようである優生学は、正統なものとして、米国の指A導的な科学者たちや、AAASのような科学者団体によって受け入れられた。優生学の批判者は反科学と宗教的狂信者の汚名を着せられた。しかし、優生学の批判者たちが正しく、科学のエリートがそうでなかったことが明らかになった。

Similarly, the lobotomy was uncritically embraced for years by the medical community as a miracle cure, and the scientist who pioneered the operation in human beings won a Nobel Prize for his efforts. Only after tens of thousands of individuals had been lobotomized did healthy skepticism prevail.

同様に、ロボトミーは奇跡療法として医学界によって長い間無批判に受け入れられた。そして、人間に対する手術を創始した科学者は、その成果によりノーベル賞を受賞した。何万人もの人々人がロボトミー手術をされた後になって、好ましい懐疑論が勝利した。
Dr. John G Westの記述は"だいたいあってる"。

ただし、優生をめぐる戦いが、科学対宗教ではなかったけどね。たとえば、プロテスタントやユダヤ教の聖職者たちが優生支持になだれこんでいた:
==>Christine Rosen: "Preaching eugenics: religious leaders and the American eugenics movement"

神に導かれた結婚や、神に選ばれし者という考えと、優生が結びつくのは容易だったようだ。科学者があてにならなかったとき、聖職者たちもあてにならなかったりする。

それはさておき、Dr. John G Westの「科学者たちが間違うこともある」という指摘はまったく正しい。そして、これに続けて、Dr. John G Westは、やっと本当に言いたいことを言う:
The point is that public policy claims made by scientists ought to be scrutinized by policymakers and citizens in the same way that public policy claims made by other interested parties are scrutinized. Any suggestion that policymakers should simply rubber-stamp the advice of the current majority of scientists is profoundly subversive of the fundamental principles of representative democracy. As equal citizens before the law, scientists have every right to inform policymakers of the scientific implications of their actions, but they have no special right to demand that policymakers listen to them alone.

ポイントは、科学者による公共政策に対する主張は、他の利害関係者によるものとと同様に、政策担当者と市民によって詳細に調査されるべきだということだ。政策担当者が、単に科学者の現在の大多数のアドバイスに対して、よく考えもせずに賛成しなければならないという提案は、いかなるものでも、議会制民主主義の基本的な原理を、非常に破壊する。法律の前の平等の市民として、科学者には政策担当者に彼らの行動の科学的な意味を知らせるあらゆる権利がある。しかし、彼らには政策担当者が単独で彼らの話を聞くよう要求する特別な権利はない。

Unfortunately, there seems to be a growing chorus urging that public policy be dictated by the majority of scientific experts without input from anyone else. Today, this bold assertion is made not just with regard to evolution, but concerning a host of other controversial issues such as sex education, euthanasia, embryonic stem-cell research, cloning, and global warming. On these matters, any dissent from the orthodoxy of the "experts" allegedly represents a "war on science."[8]

残念ながら、他の入力なしに、科学の専門家の大多数によって公共政策が支配されるべきだという声はひたすら大きくなっている。今日、このような大胆な断定は、進化論ばかりでなく、性教育や安楽死や胚幹細胞研究やクローンや地球温暖化などの多数の論争で行われる。これらの問題について、専門家の正説に対するどんな異議も、伝えられるところでは「科学との戦い」を意味する。[8]

[8]See, for example, Chris Mooney, The Republican War on Science (New York: Basic Books, 2005).
ここで、民主的に進化論を否定したいという主張がなされている。ついでに、福音主義キリスト教にからむ性教育や安楽死や幹細胞やクローンや温暖化なども並べたてられている。

Dr. John G Westはつまるところ、「根拠はないけど、科学界のコンセンサスに反して、創造論を理科の授業で科学として教えることを、政治家としての全権限と全責任において決断する」と政治家が言えない現状が問題だと言っているようだ。
タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2009/12/29 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/12/28

John G Westの"Dehumanized in the Name of Science" (1/7)

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのインテリジェントデザイン部門であるCenter for Science and Cultureの副センター長であり、シニアフェローである社会学者Dr. John G. Westは、"Darwin Day in America: How Our Politics and Culture Have Been Dehumanized in the Name of Science"[2007/11/06]で、Religious Rightの科学に対する見方を述べている。それは、「民主的に科学理論を葬り去ること」を含む、反科学と呼ぶべきものである。

そのハードカバー450ページの長大な著作を、Dr. John G. Westは自らダイジェストして、保守系シンクタンクHeritage FoundationのLectureとして発表している。

==>John G West: "The Abolition of Man? How Politics and Culture Have Been Dehumanized in the Name of Science" (2008/02/07) on Heritage Foundation(Heritage Lecture #1058) (Copy on Discovery Institute)

そのイントロダクション部分は...
"An age of science is necessarily an age of materialism," wrote Hugh Elliot early in the last century. "Ours is a scientific age, and it may be said with truth that we are all materialists now."[1]

「科学の時代は必然的に唯物論の時代である。我々の時代は科学の時代である。我々は皆、唯物論者だという真理とともに、そう言えるかもしれない。」[1]と前世紀初頭に、Hugh Elliotは述べた。

One does not have to look far to discover the continued accuracy of Elliot's assessment. Scientific materialism--the claim that everything in the universe can be fully explained by science as the products of unintelligent matter and energy--has become the operating assumption for much of American politics and culture. We are repeatedly told today that our behaviors, our emotions, even our moral and religious longings are reducible to some combination of physical processes interacting with our environment.

Elliotの評したことが今も正しいことを見出すのに、それほど遠くを見る必要はない。宇宙のすべてはアンインテリジェントな物質とエネルギーの産物として科学によって完全に説明可能だという科学的唯物論は、米国の政治と文化の運用上の仮定となった。我々は今日、我々の行動と感情と、さらには倫理や宗教的熱望すらもが、我々の環境と相互作用する物理過程の組み合わせに帰着するものだと、繰り返し告げられている。

In 1943, British writer C. S. Lewis wrote prophetically about the dangers of scientific materialism in a small, penetrating volume titled The Abolition of Man. There Lewis warned that "if man chooses to treat himself as raw material, raw material he will be: not raw material to be manipulated, as he fondly imagined, by himself, but by mere appetite...in the person of his dehumanized Conditioners."[2]

1943年に英国の作家C.S. Lewisは、科学的唯物論の危険性について予言的に、"The Abolition of Man"という表題の短いが鋭い文章を著した。そこでLewisは「人が自身を未加工の物質だとして扱うこを選択したら、ありのままの未加工の物質として。自らがイメージするとおりに、操作されるべき未加工の物質としてではなく、単なる貪欲によって。人間性を奪われた状態で。」[2]と警告した。

My book Darwin Day in America explores the impact on American politics and culture of the materialistic abuse of science Lewis warned about so many years ago. Contrary to its title, the book is not just about Darwin. It is about how modern science--a very good thing--has been misappropriated by scientific elitists who want to offer a materialistic explanation of every part of human culture.

私の本"Darwin Day in America"は、何十年も前にLewisが警告した、科学の唯物論的濫用が米国政治及び文化にどのように影響したかを探求したものである。表題に反して、この本はダーウィンだけに関したものではない。とてもよいものである近代科学がいかに、人間の文化をあらゆる面について唯物論的説明を提示することを求める、科学のエリートたちによって悪用されたかを示すものである。

Darwin comes into the story because his theory of unguided evolution based on natural selection and random variations offered a seemingly convincing explanation for how materialism could actually work. That is why someone like Richard Dawkins praises Darwin for making "it possible to be an intellectually fulfilled atheist."[3] But Darwinism is only one part of the larger problem, and scientific materialism reaches far beyond Darwin.

ダーウィンはこの物語に入って来る。それは、自然選択とランダムな変化に基づく、神の導きのなき進化という、ダーウィンの理論論が、いかにして唯物論が働くかについての納得できる説明を提示しているように見えるからだ。だからこそ、Richard Dawkinsのような人々は「知的に無神論者になることを可能にした」[3]としてダーウィンを賞賛する。しかし、ダーウィニズムは巨大な問題の一部に過ぎず、科学的唯物論はダーウィンを超えて彼方への手を伸ばしている。

The effort to apply scientific materialism to American public policy began in earnest more than a century ago with high hopes. Around the turn of the 20th century, defenders of scientific materialism began issuing increasingly lofty claims about how the understanding of the material world offered by science could be enlisted to solve all the problems of human society. The same scientific advances that produced inventions like the steam engine and medical breakthroughs like the germ theory of disease were also supposed to supply the basis for eliminating a host of social ills ranging from poverty and crime to unproductive workers.

科学的唯物論を米国の公共政策に適用しようという努力は、高い望みを以て本格的に始まったのは一世紀以上前のことである。20世紀への変わり目に、科学的唯物論の擁護者たちは、科学によって提示される物質世界の理解が、人間社会の問題をすべて解決することに力になるかを、ますます高慢に主張をするようになった。蒸気機関の発明の実現や病気の細菌説のような医学の発展をもたらした同じ科学的発展が、貧困や犯罪から非生産的労働者まで広く社会的病気の原因を排除できる基礎を与えるのだと。

Writing in the journal Science in 1903, J. McKeen Cattell, president of the American Society of Naturalists, argued that previous scientific achievements in helping man subjugate the natural world were just a foretaste of the future power science would bestow on man to control human nature:

1903年のScience誌への寄稿で、American Society of Naturalists理事長のJ. McKeen Cattellは、人間が自然界を征服するのを助けた過去の科学の業績が、人間性を制御する力を人間に授ける未来の科学力の予兆にすぎなかったと論じた。

The nineteenth century witnessed an extraordinary increase in our knowledge of the material world and in our power to make it subservient to our ends; the twentieth century will probably witness a corresponding increase in our knowledge of human nature and in our power to use it for our welfare.[4]

19世紀は、物質世界についての我々の知識と、それを従える我々の力の驚異的増大の時代だった。20世紀はおそらく、人間性についての我々の知識と、それを我々の福祉のために使う力の増大の時代となるだろう。[4]


Charles Eliot, president of the American Association for the Advancement of Science (AAAS), similarly predicted in 1915 that "biological science" would open the door "to the prevention as well as cure of [the]... bodily defects" that caused such antisocial behaviors as murder, robbery, forgery, and prostitution. "These are all biological problems; and the progress of biological inquiry during the past fifty years is sufficient to afford the means of solving on a large scale these fundamental social problems."[5]

American Association for the Advancement of Science (AAAS)の理事長だったCharles Eliotは、1915年に「生物科学が、殺人や強盗や偽造や売春のような反社会的行動を引き起こす肉体的欠陥の予防と治療の扉を開くだろう」と予測した。「これらは生物学的問題である。過去50年の生物学の発展は、これらの基礎的な社会問題を大規模に解決する手段を持てるようにした。」[5]

Such comments embodied perfectly the optimistic vision offered by scientific materialism at the dawn of the last century. During an era when science seemed to be uncovering the material basis of all human problems, it was widely believed that science with a capital "S" could lead to the transformation of society, bringing about greater human freedom, dignity, and happiness in the process. In short, scientific materialism was supposed to be a great engine of human progress in politics and culture.

そのようなコメントは、完全に、前世紀の夜明けに科学的唯物主義が提示する楽観的な展望を表していた。科学が人間についての全問題の物質的基礎を明らかにするように見えた時代には、大文字の"S"で描かれる科学が、人間の自由と幸福の拡大をもたらす社会の変革を導くものだと広く信じられていた。要するに、科学的唯物論は政治と文化における人間の発展の偉大なる駆動力だと見られていた。

It was not. Human nature was not reformed; crime did not disappear; and scientific materialism did not usher in a new age of liberty, equality, and fraternity. Instead, the excesses of scientific materialism have continued to influence American public policy in at least five important ways.

しかし、それは間違いだった。人間性は変わらなかった。犯罪はなくならなかった。科学的唯物論は自由と平等と友愛の新時代の到来を告げなかった。その代りに、科学的唯物論の過剰は、米国の公共政策に次の5つの重要な点で影響を及ぼし続けた。


[1]Hugh Elliot, Modern Science and Materialism, 2nd impression (London: Longmans, Green, and Co., 1927), p. 138.
[2] C. S. Lewis, The Abolition of Man (New York: Macmillan Publishing, 1947), p. 84.
[3]Richard Dawkins, The Blind Watchmaker: Why the Evidence of Evolution Reveals a Universe Without Design (New York: W. W. Norton and Co., 1996), p. 6.
[4]J. McKeen Cattell, "Homo Scientificus Americanus," Science, April 10, 1903, p. 569.
[5]Charles W. Eliot, "The Fruits, Prospects and Lessons of Recent Biological Science," Science, December 31, 1915, p. 926.

[John G West: "The Abolition of Man? How Politics and Culture Have Been Dehumanized in the Name of Science" (2008/02/07) on Heritage Foundation(Heritage Lecture #1058) (Copy on Discovery Institute)]
Dr. John G Westが挙げる5点とは:

  • テクノクラシー (Technocracy)
  • ユートピア的理想主義 (Utomianism)
  • 人間性喪失 (Dehumanization)
  • 相対主義 (Relativism)
  • 息苦しい言論の自由 (Stifling Free Speech)
である。

これらはもちろん、通常の意味ではなく、宗教保守定義の意味で使われる。「テクノクラシー」は「進化論や地球温暖化などの科学理論を民主的に葬り去れない」現在の社会制度を指す。また、「ユートピア的理想主義」と「人間性喪失」は優生や福祉政策を指している。そして、「相対主義」とは、「倫理の起源を自然選択の結果として説明すること」を意味しているようだ。最後の「息苦しい言論の自由」は、科学というゲームをプレイするためにルールを無視したいのに無視できないことを意味しているようだ。

この後、順にDr. John G Westの主張を見ていくことにする。


タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2009/12/28 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/11

トルコに手を伸ばすDiscovery InstituteとInstitute for Creation Research

トルコの創造論支持の高まりの中で、米国の創造論団体"Institute for Creation Research"と、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteもトルコへ手を伸ばしている:
But Turkey, which is officially secular, appears to be joining its Muslim neighbors on evolution. A recent survey, quoted in a 2008 article in the American journal Science, found that fewer than 25 percent of Turks accepted evolution as an explanation of how modern life came to be -- by far the lowest percentage of any developed nation. In a year in which conferences worldwide are celebrating the 200th anniversary of Darwin's birth and his contribution to science, the battle against Darwinian thinking in Turkey has become something of a rout, even among aspiring science teachers.

公式には世俗国家であるトルコは、進化論について周辺のイスラム諸国に同調しているようだ。Science誌が引用した最近の調査では、トルコ人の25%以下が進化論を現代の生物の起源の説明として受け入れた。これは先進国のどの国よりも低い数字である。世界がダーウィンの生誕200年と科学への貢献を祝っているが、トルコでのダーウィンの考え方に対する戦いは、より野心的な理科教師をも総崩れにした。

To many Turkish scientists and educators, this is a worrisome development. The founder of modern Turkey, Mustafa Kemal Ataturk, was an advocate of science, education and, some say, even evolution. Turkish science has been especially strong in the Muslim world. If Turks close their minds to evolutionary thinking, advocates say, it won't be long before religion and politics shut off other scientific pursuits.

トルコの多くの科学者と教育者にとって、これは大きな問題である。近代トルコの父たるMustafa Kemal Atatukは、科学と教育、進化論の支持者でもあったという。イスラム世界でトルコの科学は特に強力だった。ひとたび進化論思考に対して心を閉ざすなら、宗教と政治は、他の科学の探求も停止させるだろうと、科学の支持者たちは言う。

To John Morris, president of the Institute for Creation Research in Dallas, however, the news could hardly be more encouraging.

"Why I'm so interested in seeing creationism succeed in Turkey is that evolution is an evil concept that has done such damage to society," said Morris, a Christian who has led several searches for Noah's Ark in eastern Turkey. Members of his group have addressed Turkish conferences numerous times.

米国DallasのInstitute for Creation Research所長のJohn Morrisにとっては、しかし、このニュースは喜ばしいことではない。「トルコにおける創造論の成功を興味を持って見ている理由は、進化論が、そのような被害を社会に与える邪悪な概念だからだ」と東部トルコでノアの箱舟探索を数回率いたキリスト教徒であるJohn Morrisは言う。Morrisのグループはトルコのコンファレンスで何度も講演した。

The Discovery Institute of Seattle, which researches and promotes intelligent design as an alternative to creationism and evolution, also sent speakers to Turkey after being invited by the Istanbul municipal government in 2007. President Bruce Chapman said the institute helped bring Turkish evolution critic Mustafa Akyol to a 2005 Kansas school board hearing on teaching critiques of evolution.

創造論と進化論に対抗理論としてインテリジェントデザインを推進する、シアトルのDiscovery Insituteは、2007年にイスタンブール地方政府から招待を受けて、講演者をトルコに送った。Bruce Chapman所長は、トルコの進化論批判者Mustafa Akyolをカンザス学校教育委員会の進化論批判を教えることについての公聴会に呼ぶことをInstituteが支援したと述べた。

[Marc Kaufman: "In Turkey, fertile ground for creationism" (2009/11/08) on Washington Post
via Why Evolution is True]
欧州の極右が反イスラムであるのに対して、米国の宗教右翼はイスラムとも手を組むようだ。

Dr. John D. MorrisのInstitute for Creation Researchは、つまるところ創造論関連出版業であり、市場の拡大は望むところかもしれない。しかし、Discovery Instituteはトルコからどういう利益を得ようとしているのだろうか?あるいはDiscovery Instituteへの資金提供をしてい人々の意にかなっているのだろうか?

posted by Kumicit at 2009/11/11 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/10/01

Discovery InstituteのWesley J. Smithについてつらつらと...

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteには、科学哲学担当Dr. Stephen Meyerと社会学担当Dr. John G. West率いるインテリジェントデザイン部門(Center for Science and Culture)以外に、幾つかの部門がある。ただし、インテリジェントデザインと比べれば無に等しい。

そのひとつに、事実上Wesley J SmithひとりのプロジェクトBioethicsがある。形式的には、ダーウィニズム破壊を文鮮明に誓った結婚専門家Dr. Jonathan Wellsと、インテリジェントデザイン部門のDr. John G. Westも関わっていることになっているが、それらしいドキュメントを書いた形跡はない。活動実態は宗教右翼系雑誌First ThingにあるWesley J SmithのブログSecondhand smokeと、月1回程度のWesley J Smithの新聞などへの寄稿程度。

さて、このBioethicsだが、すなおにキリスト教の主張を前面に押し出したものとなっている。

  • 安楽死と自殺幇助反対
  • 幹細胞研究反対(ニュージャージー州での住民投票で研究資金が拒否されたのに、ニューヨーク州が研究資金支出を決定したことに文句をいうエントリ)
  • 動物実験推進
    So once again the choice is clear: Use able bodied people, animals, or don’t try to develop the technology. The choice is that simple and that stark.

    選択は明白だ。健康体の人間か、健康体の動物か、テクノロジーを開発しないか。選択はとても簡単かつ厳しい。
主張の根幹は自らも宣言するように"Human Exceptionalism"である。その結果、動物実験推進をのぞいて、自然科学および医学の研究に関して、基本的に敵対的。

そして、Wesley J Smithは、自らが奉じる"Human Exceptionalism"の敵として、環境保護主義者を挙げている。
[Wesley J. Smith: "Collapse Go Hand-in-Hand" (2009/08/18) on First Things -- Secondhand Smoke]

In his first counterpoint, George Monbiot makes an important point about such advocacy:

最初の回答で、George Monbiotはそのような主張について重要な指摘をする:
I detect in your writings, and in the conversations we have had, an attraction towards -- almost a yearning for -- this apocalypse, a sense that you see it as a cleansing fire that will rid the world of a diseased society.

私があなたの著作、そして、この対話に見出すのは、病んだ社会を世界から取り除く浄化の炎という意味での破局に心惹かれている、というより切望している点です。
Exactly. Radical environmentalism has become a new earth religion, yearning for Eden, and seeing humanity as the impediment. Reject human exceptionalism, and pretty soon, you find yourself in one form of nihilism or another -- including, in some cases, the hope for an apocalyptic collapse such as a pandemic or other catastrophe that will punish us and restore the world to its pre human glory.

まさしく、その通り。ラジカルな環境保護主義はエデンを希求する新たな地球教となった。その地球教では人類は障害物なのである。"Human exeptionalism"を否定すれば、ある種のニヒリズムに容易に陥る。そして、場合によっては、我々を懲罰し、世界に人類以前の栄光を回復する、パンデミックなどの破滅的崩壊を求めるようになる。

Kingsnorth so much as admits the truth of Monbiot’s observation by never denying it. Indeed, he writes:

KingsnorthはMonbiotの観察を否定しないことで、それが正しいことを認めている、実際Kingsnorthは次のように書いている:
Civilisations live and die by their founding myths. Our myths tell us that humanity is separate from something called “nature”, which is a “resource” for our use. They tell us there are no limits to human abilities, and that technology, science and our ineffable wisdom can fix everything. Above all, they tell us that we are in control…

文明はその建国の神話とともに生まれ、そして死んでゆく。我々の神話は我々に人類が「自然」と呼ばれるものとは別物だと告げている。そして、自然は我々が使う資源だと。神話は我々に人間の能力の限界はなく、テクノロジーと科学と我々の言語を絶した知性は、いかなる問題も解決できると告げている。...

I think our task is to negotiate the coming descent as best we can, while creating new myths that put humanity in its proper place. Recently I co-founded a new initiative, the Dark Mountain Project, which aims to help do that. It won’t save the world, but it might help us think about how to live through a hard century. You’d be welcome to join us.

私は我々の責務が、人間をあるべき処に収めるための新たな神話を創り、来るべき凋落を可能な限り乗り越えることだと思う。最近、私はまさにこれを助けるために、"Dark Mountain Project"というイニシアチブを創設した。このイニシアチブは世界を救わないが、厳しい世紀を生き延びる方法を考えることの助けとなるだろう。もちろん、あなたを歓迎する、
How disappointed do y’all think Kingsnorth will be when the apocalypse doesn’t come? Very, I suspect. (If we collapse, it won’t be global warming, it will be nuclear war.) In any event, I don’t know anything about the Dark Mountain Project. But I intend to find out.

破滅の日が来なければ、Kingsnorthは落胆するだろうか。おそらくそうだと思う。我々の崩壊するとしたら、それは地球温暖化ではなく、核戦争によるだろう。なんにせよ、私はDark Mountain Projectを知らない。しかし、私は知ろうとしている。
Wesley J. Smithにとって、環境保護主義者は「エデンを希求し、人類は障害物だという新たな地球教徒」である。

確かにWesley J. Smithの引用部分からは環境保護主義者Kingnorthはそのように見える。

ただし、インテリジェントデザイン支持者はQuote Miningをするのが一般的なので、Wesley J. Smithが引用からドロップした部分も見ておくと..
This craving for control underpins your approach. If we can just persaude the polit

コントロールしたいという熱望が、あなたのアプローチを支えている。もし我々が政治家にAとBとCを速やかに実行させることができたなら、我々は救われるだろう。しかし、気候変動が我々に示していることは、我々は生物圏も、それを破壊している機械も、コントロールできていないということだ。このことを受け入れるのは非常に大きな試練だ。
これがあっても、意味は変わらない。

また、Kingsnorthは次のように、確かに"human exceptionalism"について言及している:
Take a civilisation built on the myth of human exceptionalism and a deeply embedded cultural attitude to "nature"; add a blind belief in technological and material progress; then fuel the whole thing with a power source that is discovered to be disastrously destructive only after we have used it to inflate our numbers and appetites beyond the point of no return. What do you get? We are starting to find out.

"human exceptionalism"の神話と、「自然界」に対する深く埋め込まれた文化的態度
の上に文明を築いてみよう、そして、技術および物質的発展に盲目の信頼を置く。我々の人口と食欲を"point of no return"を超えて膨らませるために使い、そのあとには破壊的な状態になるエネルギー源とともにすべてに点火する。どうなるだろうか?我々それを目の当たりにしようとしている。

[Is there any point in fighting to stave off industrial apocalypse? (2009/08/17) on Guardian]
Kingsnorthは文明の崩壊を不可避と見ていて、それに備えて「人間をあるべき処に収めるための新たな神話を創る」ことが責務だと述べている。

どうも、Wesley J. Smithの「環境保護主義者はエデンを希求し、人類は障害物だという新たな地球教徒」だという主張は、一部の環境保護主義者たちについては、正しそうだ。

と同時に、Wesley J. Smithは温暖化否定論というDiscovery Instituteのポジション[ie Bruce Chapman]を、対地球教徒という形で主張していることも。

そして、環境保護主義あるいは地球温暖化対策を地球教部分を攻撃するのはWesley J. Smithひとりではない。政治評論家Michael Baroneはほぼ同様の考え方を示している:
[Michael Barone "On Guns and Climate, the Elites Are Out of Touch" (2009/05/11) on Real Politics]

I think there's something else at work here. For liberal elites, belief in gun control and global warming has taken on the character of religious faith. We have sinned (by hoarding guns or driving SUVs); we must atone (by turning in our guns or recycling); we must repent (by supporting gun control or cap and trade schemes). You may notice that the "we" in question is usually the great mass of ordinary American citizens.

これには何か別のものが働いていると考えている。リベラルエリートにとって、銃規制や地球温暖化に対する信条は宗教信仰の特徴を持っている。我々は罪を犯した(銃を保持しているとか、SUVを運転しているとか)ので、我々は贖罪(銃を警察に渡すとか、リサイクルするとか)しなければならず、後悔(銃規制やキャップ&トレードを支持して)しなければならないと。そして、問われている"我々"は、大量の普通の米国市民を指していることに気づくだろう。

The liberal elite is less interested in giving up its luxuries (Al Gore purchases carbon offsets to compensate for his huge mansion and private jet travel) than in changing the lifestyle of the masses, who selfishly insist on living in suburbs and keeping guns for recreation or protection. Ordinary Americans are seen not as responsible fellow citizens building stable communities but as greedy masses, who must be disciplined to live according to the elite's religious dogmas.

リベラルエリートは自分自身の贅沢をあきらめる(Al Goreはカーボンオフセットを買って、大邸宅やプライベートジェットでの旅行を補償する)よりも、自分本位の都市近郊に住み、リクレーションや護身のための銃を持つ多くの人々のライフスタイルを変える方に関心がある。普通の米国人は、安定したコミュニティを建設する信頼できる仲間な市民ではなく、貪欲な多数者とみなされる。そして、そのような人々はエリートの宗教教義によって生き方を規制されなければならないのだと。
福音主義キリスト教と温暖化否定論・環境保護反対のつながりは明らかであり[google: denial "global warming" evangelical]、温暖化否定論・環境保護反対の主張するだけでは、「宗教対科学」の構図になってしまう。それを「宗教対宗教」という構図で提示したがっているという面が、これらの主張にはある。


もっとも、自然科学の研究を妨害する反科学の要素を持つ環境保護主義者たちが問題なことは確かだけどね。


タグ:DI
posted by Kumicit at 2009/10/01 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/09/29

ID理論は反進化論である...とLuskinは言っている

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのスタッフで、修士課程まで地球科学で、その後は法律に転じたCasey Luskinの「The College Student's Back to School Guide to Intelligent Design」を見る2回目。

2回目は、Casey Luskinが、インテリジェントデザイン用語「進化」を説明する部分を読んでみる:
Objection #2: Intelligent Design Rejects All of Evolutionary Biology
インテリジェントデザインは進化生物学のすべてを否定する。

The Short Rebuttal: Intellgent design does not reject all of evolutionary biology. ID “does not challenge the idea of ‘evolution’ defined as either change over time or common ancestry, but it does dispute Darwin's idea that the cause of biological change is wholly blind and undirected.”18

インテリジェントデザインは進化生物学のすべてを否定するわけではない。インテリジェントデザインは時間を経ての変化や共通祖先として定義される"進化"の考え方を変えないが、生物学的変化がすべて盲目かつ方向性がないというダーウィンの考えを否定する。

The Long Rebuttal: The debate over evolution can be confusing because equivocation has crept into the discussion. Some people use “evolution” to refer to something as simple as small changes in the sizes of bird beaks. Others use the same word to mean something much more far‐reaching. Used one way, the term “evolution” isn’t controversial at all; used another way, it’s hotly debated. Used equivocally, “evolution” is too precise to be useful in a scientific discussion. Darwin’s theory is not a single idea. Instead, it is made up of everal related ideas, each supported by specific arguments:

進化についての論争は、同じ用語の意味の違いが議論にあって混乱しやすい。ある人々は"進化"を鳥のくちばしのような小さな変化と同じような単純なものだとする。他の人々は同じ用語を、はるかに大きな変化に使う。ひとつの用法では、"進化"はまったく論争対象とならない。別の用法では熱い議論になる。
"Short Rebuttal"で書かれているのは、インテリジェントデザイン用語「進化」は明瞭に定められていないが、少なくとも生物学用語「進化」ではない。

また、インテリジェントデザイン用語「ダーウィンの進化」は「盲目かつ方向性がない変化」を意味する。これは生物学用語「進化」とは異なる定義であることに注意。生物学用語「進化」では突然変異はランダムだが、自然選択はランダムではない。これに対して、インテリジェントデザイン用語「ダーウィンの進化」は自然選択を含めてランダムという定義である。

そして...
Evolution #1: First, evolution can mean that the life forms we see today are different than the life forms that existed in the distant past. Evolution as “change over time” can also refer to minor changes in features of individual species — changes which take place over a short amount of time. Even skeptics of Darwin’s theory agree that this type of “change over time” takes place.

第1に進化は、今日われわれが見る生物形態が、はるかな過去の生物形態とは異なることを意味できる。「時を経ての変化」としての進化は、少しの時間での変化である、個々の種のマイナーな変化について指してもよい。ダーウィン理論を懐疑する者も、このタイプの「時間を経ての変化」が起きたことは認めている。
インテリジェント用語「第1の進化」は「時を経ての変化」および「小進化」を指すようだ。そして...
Evolution #2: Some scientists associate the word “evolution” with the idea that all the organisms we see today are descended from a single common ancestor somewhere in the distant past. The claim became known as the Theory of Universal Common Descent. This theory paints a picture of the history of life on earth as a great branching tree.

一部の(some)科学者は「進化」に、今日我々が見る生物が、はるかなる過去の唯一の共通祖先の子孫であるという考えを伴わせる。この主張は全生物の共通祖先理論として知られる。この理論は地球上の生命の歴史を大きな分岐した樹として描く。
"some"とか言ってるのがイジマシイが、インテリジェントデザイン用語「第2の進化」は生物学用語「共通祖先」のことらしい。さらに...
Evolution #3: Finally, some people use the term “evolution” to refer to a cause or mechanism of change, the biological process which Darwin thought was responsible for this branching pattern. Darwin argued that natural selection had the power to produce fundamentally new forms of life. Together, the ideas of Universal Common Descent and natural selection form the core of Darwinian evolutionary theory. “Neo‐Darwinian” evolution combines our knowledge of DNA and genetics to claim that mutations in DNA provide the variation upon which natural selection acts.

最後に、ある人々は「進化」という用語を、ダーウィンが分岐パターンの原因と考えた、変化のメカニズムあるいは原因を指して使う。ダーウィンは、自然選択が生命の新しい形態を創るパワーだと論じた。全生物の共通祖先という考え方と、自然選択は、ダーウィンの進化理論の中核をなす。ネオダーウィン進化は、我々のDNAと遺伝の知識を組み合わせて、DNAの突然変異が、自然選択が働く変異を創ると主張する。
ここでも"some people"がイジマシイが、生物学用語「進化」がインテリジェントデザイン用語「第3の進化」のようだ。
Intelligent design does not conflict with evolution if by “evolution” one simply means “change over time,” or even that living things are related by common ancestry (Evolution #1 or Evolution #2). However, the dominant theory of evolution today is neo‐Darwinism (Evolution #3), which contends that evolution is driven by natural selection acting on random mutations, an unpredictable and purposeless process that “has no discernable direction or goal, including survival of a species.”19 It is this specific claim made by neo‐Darwinism that intelligent design directly challenges.

インテリジェントデザインは、「進化」が「時を経ての変化」あるいは「生物が共通祖先と関係している」という意味(第1の進化あるいは第2の進化)を意味するなら、「進化」と矛盾しない。しかし、今日の進化理論の主流たるネオダーウィニズム(第3の進化)は、ランダムな突然変異に自然選択が働くことによって進化が起きて、予想がつかず、目的もない過程で、種の存続を含む方向性やゴールがないという考えである。これがネオダーウィニズムの主張であって、インテリジェントデザインがチャレンジしているものである。
結局のところは、生物学用語「進化」と敵対しているとの宣言である。

ちなみに、これだけの主張だとインテリジェントデザインは、歴史の必然を唱えるMarxistたちの中にいる反進化論者と同盟できる。
タグ:id理論 DI
posted by Kumicit at 2009/09/29 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/09/28

ID理論家の習性についてのID理論

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteのスタッフで、修士課程まで地球科学で、その後は法律に転じたCasey Luskinがこんなものをサイトに掲載した。

==>The College Student's Back to School Guide to Intelligent Design

記述内容は著者名をみなくてもCasey Luskinが書いたとわかるくらいに、Casey Luskinな文章である。ちょっと長いめだが、中味を見ていくことにする。

まずは、インテリジェントデザイン運動にあって、Casey Luskinだけが書いている特徴的な内容から。これはインテリジェントデザインが「観察・仮説・実験・結論」という科学の形式に則っているという「形式的」主張で、Casey Luskinが大学時代から書いている内容[ie >a href="http://www.ideacenter.org/contentmgr/showdetails.php/id/1154">IDEA FAQ]である:

Objection #1: Intelligent Design Is Not Science



The Short Rebuttal: Intelligent design is science because it uses the scientific method to make its claims. Specifically, it detects design by using empirical data to test its positive predictions. ID is based upon empirical data and uses well‐accepted scientific methods of the historical sciences in order to detect in nature the types of complexity which we understand, from present‐day observations, are derived from intelligent causes. One can disagree with ID, but one cannot characterize it fairly as a “faith‐based” argument.

インテリジェントデザインは、その主張を科学的方法を使って作っているので、科学えだる。特に、ポジティブな予想の検証に経験的データを使って、デザインを検出している。インテリジェントデザインは経験的データに基づき、これをうまく使っている。現在の観測から我々がインテリジェントな原因であると理解するタイプの複雑さを自然界に検出するために、歴史的科学の認められた科学的方法を使っている。インテリジェントデザインに不同意であったとしても、インテリジェントデザインを公正に「信仰に基づく論」だとは特徴づけられない。

The Long Rebuttal: Intelligent design uses the scientific method to make its claims. The scientific method is commonly described as a four‐step process involving observations, hypothesis, experiments, and conclusion.

インテリジェントデザインは科学的方法を使って主張を作る。科学的方法は一般には、観察と仮説と実験と結論という4つの段階として記述される。
Luskinの話の展開が妙なのは、「インテリジェントデザインは科学の方法論を使っている」というネタを、「インテリジェントデザインは宗教ではなく科学である」の答えに持ってきたことによる。

まあ、それはさておき、その後のLuskin定番の「仮説・検証・観察・結論」へと進もう。
1. Observations: ID begins with the observation that intelligent agents produce specified complexity (also called complex and specified information, or “CSI”). ID theorist Stephen C. Meyer observes that, “Our experience‐based knowledge of information‐flow confirms that systems with large amounts of specified complexity (especially codes and languages) invariably originate from an intelligent source from a mind or personal agent.”14

観察: インテリジェントデザインはインテリジェントエージェントが指定された複雑な情報(あるいは複雑で指定された情報あるいはCSI)を作るという観察から始める。インテリジェントデザイン理論家Stephen C. Meyerは「我々の情報の流れの経験的知識は、大量の指定された複雑な情報、特にコードと言語は、常に心や個人的エージェントのインテリジェントなソースから始まる」と観察している。[14]

[14] Stephen C. Meyer, “The origin of biological information and the higher taxonomic categories,” Proceedings of the Biological Society of Washington, Vol. 117(2):213-239 (2004).
Index to Creationist Claims, edited by Mark Isaakでは、大枠としては、以下が対応する項目:


ここでは、おそらく重要なインチキは:
あたり。もちろん、このへんも:

そして、実はこれが論の本体で、記述自体は正しい:
2. Hypothesis: ID theorists hypothesize that if a natural object was designed, it will contain high levels of CSI.

仮説: 自然物がデザインされていたら、高度な水準のCSIが含まれているはずだという仮説をつくる。
定義不明なCSIではあるが、それを許容すれば、この記述は間違いではない。人間による遺伝子操作生物にはスペシャルな機能が組み込まれているわけで、まさにこの仮説の記述の例である。

問題は、この仮説が"証明"されても、「高度な水準のCSIが含まれていれば、その自然物はデザイされた」という逆命題の正しさとは何の関係もないこと。

そこで、補助仮説「定義されざるCSIは、還元不可能な複雑さである」+「還元不可能な複雑さは進化では生まれない」をさりげなく追加する:
3. Experiment: Scientists then perform experimental tests upon natural objects to determine if they contain CSI. One easily testable form of CSI is irreducible complexity (IC), which exists in systems composed of “several interacting parts that contribute to the basic function, and where the removal of any one of the parts causes the system to effectively cease functioning.”15 IC can be experimentally tested by reverse‐engineering biological structures to see if they require all of their parts to function.

実験: 科学者は自然物に対して実験して、それがCSIを含んでいるか決定する。容易に検証可能なCSIは還元不可能な複雑さ(IC)である。これは複数の部品から構成されるシステムで、それらは相互作用して基本的な機能を実現していて、ひとつでも部品を取り去ると有効な機能を失うというものである[15]。還元不可能な複雑さ(IC)は生物学的構造をリバースエンジニアリングして、全部品が機能に必要か確かめることで経験的に検証できる。

4. Conclusion: Irreducibly complex systems would be unlikely to evolve through a Darwinian process because there exists no evolutionary pathway wherein they could remain functional during each small evolutionary step.16 IC is a reliable indicator of design because “[i]n all irreducibly complex systems in which the cause of the system is known by experience or observation, intelligent design or engineering played a role the origin of the system.”17 When ID researchers find IC in biology, they conclude that such structures were designed.

結論: 還元不可能に複雑なシステムはダーウィンの過程では進化しそうにない。というのは、各進化ステップを通して機能を残す進化経路が存在しないからだ[16]。還元不可能な複雑さはデザインの信頼できる指標である。というのは、経験また観測によって、システムの起源がわかっている、あらゆる還元不可能に複雑なシステムは、システムの起源にインテリジェントデザインあるいはエンジニアが役割を演じていからだ[17]。インテリジェントデザイン研究者が、生物に還元不可能な複雑さを見つけたら、彼らはそのような構造はデザインされたと結論する。

[15] Michael J. Behe, Molecular Machines: Experimental Support for the Design Inference, in Intelligent Design Creationism, in Intelligent Design Creationism and Its Critics: Philosophical, Theological, and Scientific Perspectives, pg. 247 (Robert T. Pennock ed., MIT Press 2001).
[16] As Darwin wrote in Origin of Species, “If it could be demonstrated that any complex organ existed which could not possibly have been formed by numerous, successive, slight modifications, my theory would absolutely break down.”)
[17] Scott A. Minnich & Stephen C. Meyer, Genetic Analysis of Coordinate Flagellar and Type III Regulatory Circuits in Pathogenic Bacteria, in Proceedings of the Second International Conference on Design & Nature, Rhodes Greece, pg. 8, at http://www.discovery.org/scripts/viewDB/filesDB-download.php?id=389
仮説「還元不可能な複雑さは進化では生まれない」が正しければ、この結論は正しくなるかというと、そうではない。「還元不可能な複雑さはデザイン以外では生まれない」が正しくないと、「見つかった還元不可能な複雑さは進化以外の何かによって生じた」より前へは進めない。

ところで、「還元不可能に複雑なシステム」は進化経路としては"前適応"に相当するネタ。有名な「還元不可能に複雑なシステム」は当然、研究ネタになっていて、おおよそ始末がついているもよう:このため、3.と4.は既に過去の遺物化している。

とはいえ、よく読むとLuskinの記述は、ある意味正しいかもしれない。なぜなら、「還元不可能な複雑さはデザインの証拠」ではなく、「インテリジェントデザイン研究者が、生物に還元不可能な複雑さを見つけたら、彼らはそのような構造はデザインされたと結論する。」と書いてあるから。

つまり、インテリジェントデザイン"理論"がインテリジェントデザイン理論家の習性に対する論であるなら、Luskinの仮説・予測・観察・結論はまったく正しい。

ところで、Luskinの文章には、さらに続きがある:
ID is an historical science, meaning it employs the principle of uniformitarianism, which holds that the “present is the key to the past.” ID thus begins with present‐day observations of the products of human or animal intelligence and notes the types of information that result. ID theorists then examine the historical record to determine if those same informational properties exist in nature and therefore warrant explanation by design. Design proponents thus use standard uniformitarian reasoning to apply an empirically‐derived cause‐and‐effect relationship between intelligence and certain types of informational patterns to the historical scientific record in order to account for the origin of various natural phenomena.

インテリジェントデザインは歴史的科学である。これは「現在は過去のキーとなる」という斉一説の原則を採用している。したがって、インテリジェントデザインは現在の人間や動物のインテリジェンスの産物の観察から始め、そこから生じる情報のパターンに注意する。インテリジェントデザイン理論家は、歴史記録を調べて、自然界に同様な情報特性をもつものが存在し、したがってデザインの説明を保証するかを決める。デザイン支持者は、したがって、標準的な斉一説の推論をつあって、、インテリジェンスとある種の情報パターンの間に、経験から導かれる原因と結果の関係を、さまざまな自然現象の起源を説明するために歴史的科学的記録に適用する。

ID is not a “faith‐based” argument. It is an empirically‐based argument that seeks to detect in nature the types of complexity which we know derive from intelligent causes. One can disagree with the conclusions of ID, but one cannot reasonably claim that it is an argument based upon religion, faith, or divine revelation.

インテリジェントデザインは、信仰に基づく論ではない。これは経験に基づく論であって、我々がインテリジェントな原因によるものだと知っているタイプの複雑さを自然界に検出しようとするものである。インテリジェントデザインに不同意であったとしても、インテリジェントデザインを合理的に「宗教や信仰や神の啓示に基づく論」だとは特徴づけられない。
タイトルは「Objection #1: Intelligent Design Is Not Science (「インテリジェントデザインは科学ではない」への反論)」だったが、いつのまにか「インテリジェントデザインは宗教だ」への反論になっている。まあ、それはどうでもいいことだが。


posted by Kumicit at 2009/09/28 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/09/18

今年のインテリジェントデザイン宣伝映画では...

今年も、Discovery Instituteはインテリジェントデザイン宣伝映画をつくった:
[PZ Myers: "Shame on the Sam Noble Museum of Natural History" (2009/09/15) on Pharyngula]

The Discovery Institute is up to their usual shenanigans — they're pushing another propaganda movie (say, whatever happened to their research program?), Darwin's Dilemma. It's complete nonsense.

Discovery Instituteはいつものペテンで、宣伝映画Darwin's Dilemmaをプッシュしている(やつらの研究プログラムに何があったにせよ)。これは全くのナンセンスだ。
This documentary will examine what many consider to be the most powerful refutation of Darwinian evolution--the Cambrian fossil record. ...

このドキュメンタリーは、ダーウィン進化論に対する最もパワフルな反証だと多くが考えるカンブリア化石記録について調べる。...
前回のインテリジェントデザイン宣伝映画ExpelledのネタはGodwin's Lawに該当する"Darwin-to-Hitler"だったが、今度のネタは創造論者の主張:カンブリア爆発()らしい。

PZ Myers準教授によれば、Expelledと同じく、Discovery Instituteは何らかの形で著名な科学者2名に対して、使用目的を偽装したインタビューを行ったもよう:
In the department of NO-FRICKIN'-BIG-SURPRISE, the movie has two big name scientists in it, Simon Conway Morris and James Valentine…and their interviews were obtained under false pretenses. Of course. I wonder if there isn't some universal law behind this, that every creationist movie is obligated to lie to some scientist somewhere to get their words on tape?

"ちっとも思いがけない"部門では、この映画に、著名な研究者Simon Conway MorrisとJames Valentineの使用目的を偽ったインタビューがある。もちろん「あらゆる創造論者映画は幾人かの科学者にウソをついてインタビューをテープに収める義務がある」という法則が背後にあるような気がしている。

これについて、あちこち調べたBrian Switekによれば...
Also, last week the Disco Institute podcast "ID the Future" featured an interview with the producer of the film, Lad Allen. At about the 8:36 mark the host asks Allen about the interviews with not only DI cronies but also Conway Morris and Valentine. Here's what Allen had to say;

また、先週、Discovery Instituteのポッドキャスト"ID the Future" が、映画のプロデューサーLad Allenのインタビューをフィーチャーした。8:36あたりでインタビューのホストがAllenに、DIの仲間たちの他に、Conway MorrisとValentineに対するインタビューについて質問した。これがそれ対する回答だ....
....

As stated above, Conway Morris does not recall any such interview taking place. The producer knows a little bit about what Conway Morris has done, but I wouldn't be surprised if the "interview" ends up being reused material from another source. For all the time Allen spends on Conway Morris almost nothing is actually said about the supposed interview.

以上のように、Conway Morrisについてのインタビューをしたという記載がない。プロデューサーはConway Morrisの業績について少し知っているが、このConway Morrisのインタビューがまったく別の素材の再利用だったとしても、私は驚かない。AllenはConway Morrisについて、インタビューについてほとんど何も言っていない。

[Brian Switek: "Have creationists tricked scientists yet again?" (2009/09/15) on Laelaps]
もしかすると、インタビューそのものを行っていないかも...

なお、目的を偽るというインタビュー手法は、"若い地球の創造論"ミニストリCreation Ministries Internationalも使っている。

==>Creation Ministries InternationalによるExpelledっぽいドキュメンタリー (2009/06/30)
タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2009/09/18 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/08/24

論拠行方不明のCasey Luskinの「情報を吹き込むインテリジェントエージェント」

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteのCasey Luskinは2004年にこんなことを、事実上消滅したインテリジェントデザイン"学術誌"に書いていた:
[Casey Luskin: "Human Origins and Intelligent Design -- Review and Analysis", ISCID Archive, August 2004]

Abstract: Intelligent agents can rapidly infuse large amounts of genetic information into the biosphere, reflected in the fossil record as the abrupt appearance of novel fossil forms without similar precursors.

インテリジェントエージェントは大量の遺伝情報を生物圏に急速に吹きこめる。これを受けて、類似の祖先のない新規な化石形態が突如出現したことが化石記録にある。
...
As Meyer et al. note:
Intelligent design provides a sufficient causal explanation for the origin of large amounts of information, since we have considerable experience of intelligent agents generating informational configurations of matter.[4]

インテリジェントデザインは大量の情報の起源について十分な因果関係の説明ができる。というのは我々は、インテリジェントエージェントが情報量のある物質の構成を生成するという少なからぬ経験を持っているからだ。


[4] Meyer S. C., Ross, M., Nelson, P., Chien, P., "The Cambrian Explosion: Biology's Big Bang," in Darwinism, Design, and Public Education, edited [強調追加]
さて、Casey Luskinが論拠としたインテリジェントデザイン運動の指導者であるDr. Stephen Meyerは何を根拠に言っているか見てみると...
[Stephen C. Meyer, P. A. Nelson, and Paul Chien: "The Cambrian Explosion: Biology’s Big Bang", 2001]

As Meyer argued in a previous essay about the origin of life, intelligent design does provide a sufficient causal explanation for the origin of large amounts of information, since we have considerable experience of intelligent agents generating informational configurations of matter. To quote information theorist Henry Quastler, the “creation of new information is habitually associated with conscious activity.”[95]

Meyerが前のエッセイで生命の起源について論じたように、インテリジェントデザインは大量の情報の起源について十分な因果関係の説明ができる。というのは我々は、インテリジェントエージェントが情報量のある物質の構成を生成するという少なからぬ経験を持っているからだ。情報理論家Henry Quastlerを引用しておくと「新しい情報の創造にはいつも意識活動が伴っている」

[95] Henry Quastler: "The Emergence of Biological Organization" (1964, p.16).
[強調追加]
Dr. Stephen Meyerの論拠はHenry Quastlerらしい。ということで、Henry Quastler:"The Emergence of Biological Organization"を見てみると...

The `accidental choice remembered' is a common mode of originating information. Since creation of information is habitually associated with conscious activity, it will be worthwhile to discuss this mode of creating information in terms of human activity. A humble way of originating information furnishes an exact analog to the presumed situation in the case of the nucleic acid system: this is the instance of information emerging by the choosing of a number combination to unlock a safe. It does not matter how the combination was originally selected wisely, by culling it from a table of random numbers, or unwisely, by using a guessable sequence such as birth date or telephone number. What matters is that before the combination is set into the lock, every number sequence is exactly as good as every other one (namely, no good!), and after it has been set, one sequence is useful and all others are useless. Thus the choice of a sequence and the subsequent implementation of the choice by setting the lock have created information.

"偶然の選択の記憶"が情報生成の普通のモードである。新しい情報の創造には、いつも意識活動が伴っているので、このモードの情報生成を、人間の活動の言葉で論じておく価値がある。情報を始める謙遜な方法は、核酸系について想定される状況の正確なアナロジーを提示する。これは金庫のカギをあけるための数字の組み合わせの選択よって生成される情報の例である。この数字の組み合わせは賢明に乱数表から選択しようが、愚かにも誕生日や電話番号のように推測可能な組み合わせにしようが、それは重要ではない。それが何であれ、番号の組み合わせがカギに設定されるまでは、どんな数字の組み合わせも、まったく他の組み合わせと等しく良い(すなわち、よくない)。そして、カギに番号の組み合わせが設定されれば、ひとつの組み合わせだけが有効で、それ以外は役に立たなくなる。このように数字の組み合わせの選択と、選んだ組み合わせをカギにせっていすることで、情報が生成される。

(Quastler H., "The Emergence of Biological Organization," Yale University Press: New Haven CT, 1964, pp.16-17. Emphasis original)

[quoted by Stephen E. Jones]
「新しい情報の創造には、いつも意識活動が伴っている」は「偶然の選択の記憶」のわかりやすい説明の例として日常生活品を使うといっているだけである。

ということで、「インテリジェントエージェントは大量の遺伝情報を生物圏に急速に吹きこめる」というCasey Luskinの主張の論拠は存在しない。
タグ:id理論 Luskin DI
posted by Kumicit at 2009/08/24 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/08/18

IDEA Center(wikipedia)

IDEA Center FAQの再配置に手をつけ始めた。
==>IDEA Center FAQ: "インテリジェントデザインとは何か?"

で、そういえば、IDEA Centerそのものについて書いたことがなかったようなので、とりあえずwikipediaの和訳を加えた。

==>Who's Who: IDEA Center

Intelligent Design and Evolution Awareness Center



The Intelligent Design and Evolution Awareness Center(インテリジェントデザインと教育意識センター)は、もともとUniversity of California, San Diego (UCSD)でインテリジェントデザインを宣伝するために学生クラブとして組織されたキリスト教[1]非営利法人である。約25のアクティブな支部が、米国・ケニア・カナダ・ウクライナ・フィリピンに存在する。35のアクティブな支部が組織され、いくつかは現在は休止している。存在していると主張される米国の32支部のうち6支部は高校にある[2]。2008年12月に生物学者Allen MacNeillは、全米センターおよび各支部のウェブページの分析に基づいて、この組織が瀕死の状態[3]であると記述した。

History



IDEAは、インテリジェントデザイン運動の父たるPhillip E. Johnson によるUCSDでの講演の後に、Steve RennerとEddie ColanterとCasey Luskinによって1999年に組織された[4]。その到達点は次のように書かれている:
"the leadership of IDEA desires to educate people about "Intelligent Design Theory."[4]
IDEAの指導部はインテリジェントデザインについて人々を啓蒙することを望んでいる。


IDEA Center



IDEA CenterはUCSD IDEAクラブが成長したもので、UCSD IDEAクラブのメンバーであり、創立者であるSteve RennerとEddie ColanterとCasey Luskinによって、IDEAクラブを高校を含む他のキャンパスへの拡大する努力[4]のひとつとして、2001年夏に組織された。

その到達点は次のように書かれている:
our primary focus of outreach is to help students found chapters of "IDEA Clubs" at high schools and universities where they can promote intelligent design theory to their fellow students.
我々の第一の目標は、学生・生徒たちがインテリジェントデザイン理論を同級生たちに広めることができる高校および大学のIDEAクラブ支部を見つけるのを支援することである。

IDEA Centerは役員会とアドバイザリー委員会によって運営されている。アドバイザリー委員会はインテリジェントデザイン運動の指導者たちWilliam A. DembskiとMichael BeheとPhillip E. JohnsonとJay RichardsとMark Hartwigによって構成され、役員会にガイダンスとサポートを提供する。IDEA Center役員会は3人の共同創立者うち2人の家族から役員を出すという普通ではない形で構成されている。Eddie ColanterとBrit ColanterおよびSteve RennerとLynette Rennerである。さらに、Ryan HuxleyとStephen Huxleyも役員である。アドバイザリー委員会のメンバーの多くはインテリジェントデザイン運動の推進力となっているDiscovery Instituteのフェローもしくは何らかの形で関係している人々である。IDEA Center創設以来、Discovery InstituteがIDEA Centerの最大の支援者となっている。IDEA Centerの共同設立者Casey Luskinはロースクール卒業後に、Discovery Instituteのスタッフになり、Discovery InstituteのブログEvolutionNews.org[5]で執筆している。

Activities



2004年には、Selman v. Cobb County School District裁判における、進化論を軽んじる注意書きの使用に対する科学界および教育界の拒絶に対抗して、IDEA Centerはプリントアウトに適した複数のファイルフォーマットで"Darwinist Disclaimer"を自サイトに掲載した[6]。

IDEA Centerは創立以来の大半の期間において、IDEAクラブの新規設立者および既存クラブの運営者である、いわゆる"club leaders"(クラブリーダー)をキリスト教徒に限定してきた。その理由は「the IDEA Center Leadership believes, for religious reasons unrelated to intelligent design theory, that the identity of the designer is the God of the Bible (IDEA Center指導部はインテリジェントデザイン理論とは無関係な宗教的理由により、デザイナーは聖書の神だと信じている)」からである。2006年1月にこの条件はドロップして、代りに「we consider it reasonable to conclude that the designer may be identified as the God of the Bible(デザイナーは聖書の神であると結論することは合理的だと考える)[6]」というIDEA Centerのミッションステートメントに合意することがクラブリーダーの要件となった。2007年6月にミッションステートメントは削除され、代りに「The IDEA Center Mission Statement is Currently Under Construction pending Board Approval after some recent changes to IDEA Center policies. The mission statement will be re-posted when finalized(IDEA Centerのポリシーに対する直近の変更後の役員会の承認待ちのため、IDEA Centerミッションステートメントは作成中)[7]」というメッセージになった。2008年3月に、ミッションステートメントには「we consider it reasonable to conclude that the designer may be identified as the God of the Bible(ザイナーは聖書の神であると結論することは合理的だと考える)[9]」と「IDEA Center Leadership believes that the identity of the designer is the God of the Bible(IDEA Center指導部はデザイナーは聖書の神だと信じている)[10]」が含められた。

2008年5月時点では、プレス/メディアコンタクトに、唯一のコンタクト先としてSan Diego State Universityの電子メールアドレスが書かれている。この電子メールアドレスは公立学校であるSDSUの従業員のものであり。SDSUにはIDEA Centerの支部は存在しない[10]。


References



  1. Intelligent Design Gains Momentum, Raises Eyebrows on Campuses at the Internet Archive
  2. Club Locatins
  3. The "Intelligent Design" Movement on College and University Campuses is Dead, Allen MacNeill
  4. About the IDEA Club A Club History, Explanation, and Philosophy
  5. Casey Luskin, Staff - Discovery Institute
  6. Mock Darwinist Disclaimers for Textbooks, IDEA Center.
  7. IDEA clubs: now with extra sneakiness and ignorance! PZ Myers. The Panda's Thumb, January 8, 2006.
  8. IDEA Center Mission Statement
  9. Religious and Scientific Affiliations
  10. Our Beliefs
  11. Contact


External links

なお、Casey Luskinが大学のIDEA Clubに書いた記述が残っている。それによると、もともと創造論者だったようだ:
[IDEA Club FAQ]

Fear not the creationists!!!: Hi there, thanks for coming to our FAQ page. IDEA exists on the UCSD campus to serve those at our school interested in having meaningful, critical, friendly, and informed discussion over issues related to creation and evolution among people of many viewpoints. Those from "both sides" of the creation-evolution issue at our club are dedicated to truth, friendship, and self-criticism above all things. As creationists, we have nothing to hide... If any of this appeals to you, we hope you would come to the club! Please read on as this FAQ tries to explain more about the club:

創造論者を恐れないで!! やあ、どうも、我々のFAQページへ来てくれて有難う。多くの視点の人々の間で創造と進化に関した問題について意味のある、そして批判的で、フレンドリーで、情報に基づいた議論をすることに興味がある我々の学校の学生に貢献するために、IDEAはUCSDキャンパスにあります。我々のクラブの創造論・進化論問題の「両側」からの人々は、何ものにもまして真実と友好と自己批判につとめます。創造論者として、我々は何も隠していません... もし、この訴えが心に響くいたなら、クラブに参加してくれることを望みます。クラブについてもっと説明したこのFAQを読んでください:

...
Copyright © IDEA 2001. All Rights Reserved. Web Page Created and Maintained by Casey Luskin and Reid Hankins.
"Give thanks to the LORD, for he is good; his love endures forever." (Psalm 118:1)


関連エントリ


タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/08/18 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/07/24

まだまだ続く"Jeffersonはインテリジェントデザイン支持者"をめぐって

インテリジェントデザイン運動の本山たるDiscovery InstituteのStephen C. Meyerセンタ長が、Jeffersonはインテリジェントデザイン支持者という「過去の偉人が創造論者だったので、創造論は正しい」な投稿記事を書いた。

これについて既に2回触れているが...

それよりも、面白い対抗記事を見つけた。
In a final note, if you still want to quote Jefferson, how about this one?
最後に、それでもJeffersonを引用したいなら、こんなのはどうかな?

“Shake off all the fears of servile prejudices, under which weak minds are servilely crouched. Fix reason firmly in her seat, and call on her tribunal for every fact, every opinion. Question with boldness even the existence of a God; because, if there be one, he must more approve of the homage of reason than that of blindfolded fear.”

弱き心が盲従的に卑屈になってしまう、卑屈な偏見の恐怖を払いのけよう。理性をしっかりとその座にすえて、すべての事実について理性の判断を求めよう。神の存在をも大胆に問いかけよう。もし神が存在するなら、盲目の恐怖ではなく、理性の敬意をよりよきものと思うはずだ。

- Thomas Jefferson (Letter to Peter Carr, Aug. 10, 1787)

[Jacqueline Lavache: "Thomas Jefferson is not evidence for intelligent design" (2009/07/22) on Examiner]
これはインテリジェントデザイン支持者が嫌いそうな記述。
タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2009/07/24 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/07/16

インテリジェントデザイン支持者の主張「Jeffersonはインテリジェントデザイン支持者」

インテリジェントデザイン運動の本山たるDiscovery InstituteのStephen C. Meyerセンタ長が、Jeffersonはインテリジェントデザイン支持者という投稿記事を書いた。

その内容は副センタ長のDr. John G Westが昨年書いた記事と特に違いがない。いわゆる、「過去の偉人が創造論者だったので、創造論は正しい」である。、

だから何?な話だが、New Scientistが対抗記事を出している:
Meyer sees supports for this claim in an 1823 letter Jefferson wrote to the second US president John Adams: "It is impossible, I say, for the human mind not to believe that there is, in all this, design, cause and effect, up to an ultimate cause, a fabricator of all things from matter and motion."

Fair enough. Though he may not have been a Christian in the strictest sense, Jefferson was deeply spiritual, and he invoked a creator in arguing for universal human rights -- "life, liberty, and the pursuit of happiness."

But Jefferson was also a dogged supporter of the separation of church and state. Meyer brushes this aspect of his biography aside: "By invoking Jefferson's principle of separation, many critics of intelligent design assume that this visionary Founding Father would agree with them."

Public schools didn't exist in their current form in America during Jefferson's time, but Meyer never pauses to consider whether Jefferson would have supported the teaching of ID -- a religious philosophy -- in government-funded schools. He wouldn't have.

Stephen Meyerは、この主張を指示するものとして、Jeffersonが1823年に、第2代米国大統領John Adamsに書いた手紙を見る:「第一原因にさかのぼるデザイン・原因・効果、すなわち物質から運動まであらゆるものの製造者の存在を信じないなどということは不可能だと思う。

それは、けっこう。Jeffersonは厳密な意味ではキリスト教徒ではなかったかもしれないが、かなりスピリチュアルであり、生存・自由・幸福の追求という基本的人権を指示する論で創造主を引き合いに出している。

しかし、Jeffersonは政教分離の頑なな支持者でもあった。Stephen MeyerはJeffersonの伝記のこの一面を払いのける:「Jeffersonの政教分離原則をあげて、インテリジェントデザインの多くの批判者は建国の父が自分たちを指示していると仮定する」

Jeffersonの時代には米国には現在の形式の公立学校は存在しなかったが、Stehpen MeyerはJeffersonが政府資金による学校でインテリジェントデザインという宗教哲学を教えることを支持したかどうかを考えようとしない。

おそらく、Jeffersonはそれを支持しないだろう。

[Ewen Callaway: "Jefferson would not have supported intelligent design" (2009/07/15) on New Scientist]



タグ:id理論 DI
posted by Kumicit at 2009/07/16 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする