2009/07/15

John G Westのキリスト教と進化論は両立しない Extra

先月(2009/06)、インテリジェントデザイン運動の本山たるDiscovery Instituteの副センタ長であるDr. John G Westによる、有神論的進化論批判を読んだ。この批判シリーズはDiscovery Instituteの新たなサイトFaith+Religionに2009年5月1日付で掲載されたもので、福音主義キリスト教徒が創造論から有神論的進化論へと流出することを予防することを意図したものである。このため、進化論をほぼ正しく提示した上で、ひたすら「キリスト教と進化論は両立しない」を連呼する形になっている。逆にいえば、「進化論が正しければ、キリスト教はカス」というものである。



同様の記事をDr. John G WestはDiscovery InstituteのFaith+Religionに書いている。

==>By: John G. West: "Is Darwinian Evolution Compatible with Religion?" (2009/05/01) on Faith+Religion

その記事の中で、有神論的進化論のポジションをとるFrancis Collinsを次のように批判する:
While Collins’ view is logically compatible with the idea that God actively guides the development of His creation, it is still in tension with the traditional Biblical understanding of God. Both the Old and New Testaments teach that human beings can recognize God’s handiwork in nature through their own observations rather than special divine revelation. “The heavens declare the glory of God; And the firmament shows His handiwork,” proclaimed the psalmist.26 The apostle Paul likewise argued that “since the creation of the world His invisible attributes are clearly seen, being understood by the things that are made....”27 The idea that God’s action in the world is in principle undetectable by us seems hard to reconcile with the traditional Judeo-Christian view that God’s design in nature is clearly evident to all human beings through the use of their reason.

Francis Collinsの見方が論理的に、神が能動的に創造の発展を導くという考え方と矛盾しない。しかし、神についての聖書の理解とは緊張関係にある。旧約聖書も新約聖書もともに人間が、神からの啓示ではなく、自らの観察によって、神の所作を認識可能だと教えている。「天は神の栄光を物語り/大空は御手の業を示す。(詩篇19章2節)」 使徒パウロは同様に「世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。... (ローマの信徒への手紙 1章20節)」と主張した。自然界における神の活動が我々には検出不可能だという考え方は、「自然界にある神のデザインが、理性によって人間たちに明らかになる」という伝統的なユダヤ・キリスト教の考え方と調停することは困難だと思われる。
「伝統的なユダヤ・キリスト教の考え方」と調停できないかどうかは別として、少なくとも福音主義キリスト教のポジションと、「検出不可能な神の活動」というポジションを調停することは不可能だろう。その点でJohn G Westの指摘は間違ってはいない。

さらに、そのような立場は進化論とも相容れないと主張する:
There is an equally serious difficulty for the idea of undetectable design from standpoint of evolutionists: Darwinism proclaims that evolution is blind and unguided. Postulating that evolution is guided but undetectable essentially guts this claim. Furthermore, if evolution truly is guided, it is hard to see how one can maintain that such guidance is in principle undetectable and will remain so forever. If evolution is guided, how do we know that it cannot be detected some day? It is unsurprising, then, that committed Darwinists who espouse religious beliefs are loathe to adopt this position.

検出不可能なデザインという考え方は、進化論者の立場でも同様に重要な難点がある。ダーウィニズムは進化が盲目で導きなき過程だと主張する。この主張は「進化が導かれているが、その導きが検出不可能だ」と仮定している。さらに、もし進化が本当に導かれているなら、その導きが原理的に検出不可能で、永遠にそのままだという主張をどうやって維持できるだろうか。進化が導かれているなら、それが検出不可能だと、どうやって知りうるのだろうか。宗教信仰を支持するダーウィニストが、このポジションを嫌うのは驚くにたらない。
一応は、「量子力学レベルの乱数に介入する神」は検出不可能かつ、都合の良い方向への誘導が可能なので、うまく介入すれば、検出されずに済むかもしれない。また「どこへ進むかわからない進化を、検出不可能な手段で、意図した方向に導いた」とすれば、科学的には「たまたま、その経路を通った」ようにしか見えないだろう。

とはいえ、そんな変な神様の存在を容認する人は多くない。著名な研究者としては他にはDr. Kenneth Millerくらいだろう。その点では、Dr. John G Westの主張は正しい。

そして、Dr. John G Westは次のように結論する:
There is, however, another way to try to resolve the tension between Darwinism and religion. Darwinian evolution, strictly speaking, begins after the first life has developed, and so I agree with Larry Arnhart that it does not necessarily refute the claim that there may some kind of “first cause” to the universe that stands outside of “nature.” But this “first cause” allowable by Darwinism seems incompatible with the God of the Bible. It cannot be a God who actively supervises or directs the development of life. The most it could do is to set up the interplay between chance and necessity, and then watch to see what the interplay produces. Such an absentee God is hard to reconcile with any traditional Judeo-Christian conception of a God who actively directs and cares for His creation. In the end, the effort to reconcile Darwinism with traditional Judeo-Christian theism remains unpersuasive.

しかし、他にもダーウィニズムと宗教の緊張関係を解決する方法がある。ダーウィン進化は厳密にいえば、最初の生命の登場以後のことであり、「自然界の外側に宇宙の第一原因のようなものがあるという主張を否定する必要がない」というLarry Arnhartの主張に同意する。しかし、ダーウィニズムが許容する第一原因は、聖書の神とは相容れないと思われる。そのような第一原因では、生命の発展を能動的に監督し、指示するような神は存在し得ない。出来ることと言えば、偶然と必然の相互作用を準備することだけであり、後は相互作用が生み出すものを見ているだけである。そのような不在の神は、創造を能動的に指示し面倒を見るという伝統的ユダヤ・キリスト教の神とは調停できない。結局は、ダーウィニズムと伝統的ユダヤ・キリスト教を調停しようという努力は説得力がないままである。
「自然法則の制定者にして実装者・初期値の決定者」という限りなく理神論に近い神と、自然界に介入する福音主義キリスト教の神の調停が不可能だという主張はおそらく正しい。

ただ、「自然界に介入する神」はエネルギー保存則を破ることになる。超越的な神なら、それは"あり"なのだが、インテリジェントデザイン運動は今のところ、積極的にエネルギー保存則が破られていることがあるとは主張していない。むしろ、エネルギー保存則が成り立った状態で、デザインを持ち込む方法を探したりする(答えは見つかってないけどね)。

==>デザイン持ち込みの方法 (2006/06/13)

それはさておき、結局のところDr. John G Westは「進化論が正しければ、伝統的ユダヤ・キリスト教の神は存在し得ない」と言っている。それは、有神論的進化論批判シリーズの主張「進化論が正しければ、キリスト教はカス」と一貫している。

タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/07/15 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/07/06

West of Eden ?

米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationが科学と信仰の調停を目指すプロジェクトを始めている。その責任者の記事がWashington Postに掲載された。
[Peter M. J. Hess, Ph.D.: "West of Eden"]
John West recently asked, "Is evolution compatible with God?" West, a senior fellow at the creationist Discovery Institute, concluded that religious belief and scientific inquiry are mutually exclusive. He is wrong.

Discovery Instituteの創造論者であるJohn G Westは最近「進化論は神と矛盾しないか?」と問い、宗教信仰と科学の探求は排他的であると結論した。しかし、彼は間違っている。
...

Evolution can certainly be compatible with religious faith. Because the evidence for evolution is so overwhelming, we must consider it to be a truth about the natural world--the world which we as people of faith believe was created by God, and the world made understandable by the reason and natural senses given to us by God. Denying science is a profoundly unsound theological position. Science and faith are but two ways of searching for the same truths.

進化論は確かに宗教信仰と矛盾しない。進化論の証拠は圧倒的なので、神よって創造され、神によって我々に与えられた理性と自然感によって理解可能に創造されていると、宗教信仰者が信じている自然界の真実として、進化論を考えなければらない。科学を否定することは、非常に不安定な神学上のポジションである。科学と信仰は同じ真実を探求する2つの方法である。

(Peter M. J. Hess, Ph.D., is a Roman Catholic theologian, Faith Project Director with the National Center for Science Education and co-author of "Catholicism and Science"
執筆者Dr. Peter M.J. Hessはローマカトリックの神学者であり、National Center for Science EducationのFaith Projectの責任者であり、"カトリックと科学"の共著者である)
この立場は、「われわれの著者たちは、天体の形状について真理であることを知っていたが、これらの人々を通して語りたもう神の霊は、救いに何ら益ないことを人々に語ろうとは望まれなかったのだと。」という遅くとも紀元400年頃にはキリスト教に存在していた考え方の延長ではある。

==>創世記を字義通り解釈することは... (2006/04/28)

しかし、この流れはDr. Peter M.J. Hessの信仰するローマカトリックの立場であっても、福音主義キリスト教やSeventh Day Adventistの立場ではない。これらは教義として地球も宇宙も6000歳だと考えている。

それを変えろと言うのは、福音主義キリスト教やSeventh Day Adventistから、別な宗教であるローマカトリックやメインラインバプテストなどに改宗しろと言うに等しい。


タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/07/06 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/07/03

Discovey Instituteによる世論調査の選択肢

Discovery Institute公式ブログに「In Darwin Anniversary Year, New Zogby Poll Reveals Majority Support for Intelligent Design (ダーウィン生誕200年に、Zogby 世論調査で過半数がインテリジェントデザイン支持であることが明らかになった)」という記事がポストされた。

なにやら中立機関による世論調査みたいなタイトルだが...
The poll results come from one of four questions commissioned by Discovery Institute for a national Zogby telephone survey conducted earlier in 2009.

2009年初のZogby全米電話世論調査のDiscovery Institute依頼分の4問のひとつの結果である。

[Anika Smith: In Darwin Anniversary Year, New Zogby Poll Reveals Majority Support for Intelligent Design (2009/06/30) on Discovery Institute公式ブログ]
依頼品だった。

で、選択肢はというと...
7. Now, I am going to read you two statements about the development of life. Please tell me which statement comes closest to your own point of view—Statement A or Statement B?
生命の発展について2つの文を読みます。どちらが近いですか?

Statement A: The development of life came about through an unguided process of random mutations and natural selection.
ランダムな突然変異と自然選択の導かれない過程によって生命は発展した。

Statement B: The development of life was guided by intelligent design.
生命の発展はインテリジェントデザインに導かれた。


Statement A 33%
Statement B 52
Neither 7
Other/Not sure 8

[In Darwin Anniversary Year, Zogby Poll Reveals Majority Support for Intelligent Design, Doubts about Darwinism (2009/06/30) on Discovery Institute]
40〜50%が"若い地球の創造論"を信じている米国で、「創造論」を選択肢に入れなかければ、「インテリジェントデザイン」に行くしかないだろう。

タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2009/07/03 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/05/30

宗教を前面に押し立て始めたDiscovery Institute

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteがまた新しいインテリジェントデザインWebサイトをつくった。題して"Faith and Evolution"(信仰と進化論)。
Is evolution compatible with faith?
進化論は信仰と両立するか?

Can you believe in God and evolution at the same time? Does evolution devalue human life? What is evolution, anyway? This website is designed to help you explore these and many other questions at the intersection between faith, science, and culture. Here you will find articles, debates, video and audio, discussion questions, and many other free resources...

あなたは、同時に神と進化論を信じることができますか? 進化論は人間の生命の価値を下げますか? とにかく進化論とは何ですか? このウェブサイトは、あなたが信仰と科学と文化の交差点で、このような疑問やその他の疑問を調べるのを助けるようになっています。ここには、あなたは記事・議論・動画・音声・質問と多くの無料のリソースがあります。...

[Faith and
Evolution
]
これについて、NewScientistが早速突っ込みを入れた:
The Discovery Institute -- the Seattle-based headquarters of the intelligent design movement -- has just launched a new website, Faith and Evolution, which asks, can one be a Christian and accept evolution? The answer, as far as the Discovery Institute is concerned, is a resounding: No.

Seattleを本拠地とするインテリジェントデザインの本部であるDiscovery Instituteは、新たなWebサイトを始めた。キリスト教徒であることと進化論を受け入れることは両立するかを問う"信仰と進化論"というサイトである。もちろん、Discovery Instituteに限り、その答えはノーだ。

...

I think it's interesting that the Discovery Institute -- which has long argued that intelligent design qualifies as science -- seems to have given up the game and acknowledged that their concerns are religious after all. It's equally interesting that the catalyst doesn't seem to be someone like Richard Dawkins pushing atheism, but Francis Collins pushing Christianity. Perhaps the Discovery folks realise that Dawkins's followers are never going to be swayed by intelligent design; Collins, however, might very well cut into their target audience of scientifically-curious evangelicals.

私が面白いと思うのは、長きにわたってインテリジェントデザインを科学だと言ってきたDiscovery Instituteが、それを諦めて、宗教であることを認めたように見えることだ。このきっかけは、Richard Dawkinsのような無神論を押している者ではなく、キリスト教を押しているFrancis Collinsのようであることも面白い。おそらく、Discovery Instituteの連中は、Dawkinsの支持者が決してインテリジェントデザインに動かされることがないとわかったのだろう。そして、、Collinsは、Discovery Instiuteがターゲットとする科学的好奇心のある福音主義キリスト教徒たちに食い込んできそうだと考えたからだろう。

The Discovery Institute has now made it crystal clear that they have no interest in reconciling science and religion ^^ instead, they want their brand of religion to replace science. Which makes it all the more concerning when their new website includes resources and curricula for high-school biology classes, and promotes the pseudoscientific documentary film "Expelled" as part of their campaign to introduce non-scientific alternatives to evolution under the banner of "academic freedom".

Discovery Instituteはあまりにも明白に、科学と宗教を調停する気がなく、科学を宗教で置き換えようとしていることを、あらわにした。そのことは、このサイトを見れば問題であることが分かる。このサイトには、高校の生物の授業のための教材とカリキュラムをがあり、学問の自由の名のもとに進化論に対する非科学的代替理論を導入する運動の一部として、疑似科学ドキュメンタリー"Expelled"を宣伝している。
...


[Amanda
Gefter: "Christians battle each other over evolution"
(2009/05/28)
on NewScientist]
もともと、インテリジェントデザイン運動はダーウィニズムの打倒を目指す政治運動なので、科学を偽装するのではなく、宗教で科学を置き換えてもいい。

この動きからすると、サウスカロライナ州上院に登場した反進化論州法案にも、Discovery Instituteは関わっている可能性もでてくる:
[SB873]

(3) a proper respect for the First Amendment compels the State to pursue a course of neutrality toward religion, favoring neither one religion over other religions, nor religion over non-religion or the inverse;

(4) that atheism is a school of thought that takes a position on religion and the existence and importance of a Supreme Being;

(5) that the United State Supreme Court recognizes atheism as equivalent to a religion for the purposes of the First Amendment; and

(6) that teaching atheism or any of its principals, including, but not limited to, the denial of the existence of a Supreme Being, as a philosophical system of beliefs or in a manner that affirmatively opposes or shows hostility to religion, thus exhibiting a preference for those who believe in no religion over those who hold religious beliefs, violates the First Amendment.

(3) 憲法修正第1条の遵守することは、政府に対して、いずれかの宗教の選好したり、宗教の非宗教に対する優位あるいはその逆などをしない、宗教に対する授業の中立性を義務付けであり、

(4) 無神論は宗教および神の存在と重要性に対する一つの立場であり、

(5) 連邦最高裁は憲法修正第1条の目的において、無視論をひとつの宗教と等価だと認め、

(6) 神の存在の否定を含む、無神論あるいはその原則は、信条の哲学システムであり、あるいは宗教に反対あるいは敵意を示すものであり、従って、それは宗教を信仰する者よりも無宗教を信じる者たちを選好するものであり、憲法修正第1条に反する。
この反進化論州法案は、宗教を振りかざす形になっている。もはや、"科学"として進化論に対してインテリジェントデザインや創造論を対置する意志はまったく見られない。
タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/05/30 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/05/02

インテリジェントデザインの広まりに関心がないDiscovery Institute

あちこちで、"インテリジェントデザイン"が広まっているようだ:
  • Aveda Sets Groundbreaking Standard in Sustainability for Beauty Industry (2009/04/28)
    "As the first beauty company to achieve Cradle to Cradle endorsement, Aveda is recognized as a leader in intelligent design," said Aveda President, Dominique Conseil. "Designing and manufacturing products can be environmentally responsible when environmental goals are factored into the concept at the very beginning. At Aveda, we believe that authentic beauty cares for the environment which we inherited from elders, and will leave to generations that follow."
    なにやらエコな話らしい...

  • About Real Intent's Intelligent Design Verification Software (2009/04/28)
    Real Intent's software products : include Ascent(TM), automatic verification software; Conquest, static, formal Assertion-Based Verification (ABV) software; Meridian CDC(TM) and Meridian FPGA(TM) for Clock Domain Crossing (CDC) verification; and PureTime(TM), the most accurate verifier for Synopsys Design Constraint (SDC) timing exceptions, such as false and multi-cycle paths.
    こっちはソフトウェア開発用商品。

  • Rod Lotter: "Intelligent design: Art or Ad?" (2009/04/23)
    Floor plans of the Western Gallery were sent to Vanderbyl, who then chose how and where to place his prints. A member of Vanderbyl’s team came to Western’s art gallery and set up the exhibit.

    "Western Gallery"のフロアプランがVanderbylに送られ、彼は配置および展示方法を選択した。Vanderbylのチームのメンバーは"Western Gallery"に来て、展示品を設置した。
    Vanderbyl01_online.jpg


  • Emma Mohney: "Intelligent Design(s): A Night of Fashionable Sin" (2009/04/24)
    Last Thursday night, student designers and models dared their audience to “rethink all definitions of sin and fashion” during “A Night of Fashionable Sin,” the annual Wesleyan fashion show.
    先週木曜夜、学生なデザイナーとモデルたちが観客たちの前に年次Wesleyan fashion showである"A Night of Fashionable Sin"で、sinとfashionの定義の再考を求めて登場した。
    IntelligentDesign.bmp



そういえば、2年前にこんなのを取り上げた:

Adoption SF Campaign


インテリジェントデザイン

私たちは、家族を始める前に、すべてのオプションを考えました。
私たちは、ひとりで育っていた子供たちのことを考えました。
私たちは、いっしょに、ちょっと違った家族になれるとわかっていました。
あなたが家族を計画するとき、子供たちを養子にすることを考えてください
他にもこんなのもある。

でも、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteは、このようなインテリジェントデザインの広まりにまったく関心を持っていない。

わずかに、Cesium 137: "Intelligent Designを、Dr.William Dembskiと仲間たちのブログUncommon Descentscordovaが取り上げたのみ:
Intelligent Design by Cesium-137
(thanks to Joe Manzari for alerting me to this development.)

[scordova: "Intelligent Design becoming part of pop culture" (2006/05/03) on Uncommon Descent]
コメントは盛り上がらず、以後、インテリジェントデザインの広まりをエントリにした例は見られない。
タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2009/05/02 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。