2008/12/24

インテリジェントデザインを大学に広められなかったIDEA

Cornell Universityで生物学を教えるCornell Universityによれば、インテリジェントデザインを大学に広めるIDEA CenterによるIDEA Club活動が事実上、死滅している。

==>The "Intelligent Design" Movement on College and University Campuses is Dead (2008/12/22) on Evolution List by Allen MacNeill

IDEA CenterIDEA Club一覧のページに40のIDEA Clubが紹介されているのだが、Allen MacNeillが調べたところ、Clubのサイトが実際に存在するところが、ほとんどなく、あっても更新されることがなくなっていた。

Kumicitも確認してみたところ、

  • 実在 .......................................... 6個
  • IDEA Center内に専用ページがあるが表題のみ .... 7個
  • IDEA Center内のClubトップページへのリンク .... 5個
  • IDEA Centerのプレスリリースへのリンク ........ 14個
  • ページが存在しない ........................... 8個
という状態だった。個別に見ると....

  1. University of California at Bekeley [大学内のブログ]
    2005年9月(2), 10月(4), 2006年2月(2), 3月(5), 4月(1)の合計14エントリ。イベント案内や出版物案内のみ。
  2. University of Texas at Dallas [大学内のページ][最終更新2005/06/14]
    表紙含めて13ページ。イベント情報なし。
  3. University of Victoria, Victoria, Canada [大学内のページ]
    表紙含めて8ページ。イベント案内は空白。
  4. California State University of Sacramento [IDEA Center内]
    表紙含めて2ページ。イベント案内は予定なし。
  5. Armstrong Atlantic State University [Blogspotのブログ]
    エントリが2個だけあるブログ(2006/01/09, 2005/12/08)。
  6. Baraboo, Wisconsin [geocitiesのwebページ]
    表紙とクラブ紹介とリソースリストの3ページのみ。

  7. Pulaski Academy [IDEA Center内 表題のみ]
  8. California State University of Sacramento [IDEA Center内 表題のみ]
  9. Vanderbilt University [IDEA Center内 表題のみ]
  10. Long Beach City College [IDEA Center内 表題のみ]
  11. Southern Lehigh High School [IDEA Center内 表題のみ]
  12. University of San Francisco [IDEA Center内 表題のみ]
  13. IDEA Chapter Madison, SD [IDEA Center内 表題のみ]

  14. Scripps Ranch High School [IDEA Center内 クラブトップページへのリンク]
  15. University of Missouri, Columbia [IDEA Center内 クラブトップページへのリンク]
  16. Stanford [IDEA Center内 クラブトップページへのリンク]
  17. Boise State University [IDEA Center内 クラブトップページへのリンク]
  18. Ole' Miss (University of Mississippi) [IDEA Center内 クラブトップページへのリンク]

  19. Hillsdale College [press release 2003/09/20]
  20. Braeside High School, Nairobi, Kenya [press release 2003/9/15 , Kenya]
  21. Franciscan University of Steubenville [press release 2004/03/12]
  22. Midwestern State University, Texas [press release 2004/04/13]
  23. University of the Philippines, Tacloban College [press release 2004/07/11]
  24. University of Virginia [press release 2004/08/14]
  25. South Mecklenburg High School [press release 2004/08/14]
  26. Fork Union Military Academy [press release 2004/08/14]
  27. Wake Forest University, North Carolina [press release 2006/04/06]
  28. University of Illinois at Urbana-Champaign [press release 2006/04/06]
  29. James Madison University [press release 2006/04/06]
  30. George Mason University [press release 2006/04/06]
  31. Western Baptist College, Oregon [press release 2006/04/06]
  32. Westminster College, Missouri [press release 2005/03/03]

  33. Cornell University [データベースエラー]
  34. University of California at San Diego [ページ存在せず]
  35. Myers Park High School [サイト存在せず]
  36. University of Oklahoma [サイト存在せず]
  37. Poway High School [IDEA Center内 ページ存在せず]
  38. Tri-Cities IDEA Club [IDEA Center内 ページ存在せず]
  39. Seattle Central Community College [IDEA Center内 ページ存在せず]
  40. University of Nebraska, Lincoln [Geocity ページ存在せず]

この状況では、インテリジェントデザインを大学に広める活動は終わっているようだ。


タグ:id理論
posted by Kumicit at 2008/12/24 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/12/09

Dmanisiの化石は中間化石ではないと言うLuskinとAnswers in Genesis

Jim Foleyが、「グルジア共和国Dmanisiで発見された、ホモハビリスとホモエレクトスの中間的な特徴を持つ化石:について、"若い地球の創造論"ミニストリAnswers in Genesisが現代の人間の変異の範囲内と主張し、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteのCasey Luskinが類人猿そのものだと主張していたことを発見した:
Recently, I blogged about the newly discovered skeletal bones of the Dmanisi hominids (Lordkipanidze et al. 2007, Gibbons 2007, Lieberman 2007), and the Discovery Institute’s response to them. (In a nutshell, Casey Luskin of the DI attempted to argue that the Dmanisi hominids were apes, an argument that is untenable for any number of reasons).

最近、私は新たに発見されたDmaisiホミニドの化石骨格[Lordkipanidze et al 2007, Gibbons 2007, Lieberman 2007]についてブログ記事を書き、Discovery Instituteの反応を取り上げた。Discovery InstituteのCasey Luskinは、Dmanisiホミニドが類人猿であると論じようとした。その論は多くの理由により支持できない。

I know of only one other creationist discussion of the Dmanisi skeletons, in an article by Answers in Genesis (AIG) (scroll down to the 2nd item). It is fascinating to observe that AIG has decided that the Dmanisi hominids are humans, in contrast to Luskin’s opinion that they were probably apes. If either side is right, the other must be hopelessly incompetent (not excluding, of course, the possibility that both are incompetent).

私はDmanisi骨格化石について論じた他の創造論者をひとりしか知らない。それはAnswers in Genesisの記事である。おそらく類人猿であろうというLuskinの意見とは反対に、Answers in GenesisはDmanisiホミニドを人間だと判断したことは、興味をそそられる。

...
Gibbons, A. (2007): A new body of evidence fleshes out Homo erectus. Science, 317:1664.
Lieberman D.E. (2007): Homing in on early Homo. Nature 449:291-292.
Lordkipanidze, D., Jashashvili, T., Vekua, A., Ponce de Leon, M. S., Zollikofer, C. P., Rightmire, G. P. et al. (2007): Postcranial evidence from early Homo from Dmanisi, Georgia. Nature, 449:305-310.
Lubenow M.L.: Bones of contention (2nd edition): a creationist assessment of human fossils, Grand Rapids,MI:Baker Books, 2004.

[Jim Foley: "Dmanisi and Answers in Genesis" (2008/12/02) on Panda's Thumb]
まずはインテリジェントデザインのCasey Luskinから:
Yet these leg and foot bones in many respects resemble modern apes as much as they resemble modern humans. I cannot be faulted for being skeptical of the claim that these species were necessarily evolving towards modern humans.

それでも、これらの脚と足の骨格の多くの特徴は、現代の人間に似ているとともに、現代の類人猿に似ている。これらの種が必然的に現代の人間への進化過程だという主張に懐疑的になることに文句のつけようがない。

...

According to the Figure 3 in the Nature report, the femoral length is like that of a human or a gorilla (Fig. 3b). … Figure 3 also reports the length of an arm bone, as the humeral length resembles that of a human or perhaps a chimp (Fig. 3b).

Nature誌掲載記事のFigure 3によれば、大腿の長さは人間もしくはゴリラのようである。Figure3はまた、腕の骨格の長さが人間かおそらくチンパンジーと似ていることを示している。

...

In short, these are interesting new finds: Above the waist, they appear to be extremely ape-like. Below the waist, they seem to resemble modern apes as well as resembling modern humans. Yet this species post-dates the human-ape split and is being touted as a species that was evolving into a modern human, not a modern ape. What's going on here?

まとめると、これらは面白い発見である。ウェストから上は非常に類人猿的である。ウェストから下は現代の類人猿にも似ているとともに、現代の人間にも似ている。しかし、この種は人間と類人猿の分岐後の年代に存在していたものであり、そして現代の人間への進化していく過程の種だという。何が起きているのか。


[Casey Luskin: "Human Origins Update: Harvard Scientist and New York Times Reporter Get the "Plug Evolution Memo"...Sort of (2007/09/22) on Discovery Institute公式ブログ]
なんとなく、Dmanisiホミニドを類人猿への過程と言いたいが、断言もできずというところ。

一方、Answers in Genesisによれば、「Dmanisiの化石は小さなホモエレクトスにすぎず、ホモエレクトスは現代の人間の変異の範囲内」である:
2. National Geographic News: "Odd Fossil Skeletons Show Both Apelike and Human Traits"

A team reporting this week in the journal Nature announces the discovery of the remains of four individuals found at the site of a medieval castle at Dmanisi in the former Soviet republic of Georgia. Dated at 1.77 million years old (by a yet unnamed method) and ascribed to Homo erectus, scientists claim that the fossils “fill crucial gaps in the story of our evolution.”


今週のNature誌に発表した研究チームによれば旧ソ連のグルジア共和国のDmanisiにある中世の城の発掘現場で4体の人間の残骸を発見した。測定方法の記載はないが、177万年前のホモエレクトスのものとさ、科学者は「我々の進化の重要な隙間を埋めるもの」だと主張した。

...

Thus, the fossils, which the study authors see as filling a crucial gap in evolutionary understanding (and bridging the gap between ape-like ancestor and human), seem to show nearly every sign of being simply diminutive members of H. erectus, who walked as we do and who had, as Lordkipanidze stated, “modern human features.” As we note in Is there really evidence that man descended from the apes?, H. erectus was

従って、研究者たちが進化史理解の重要な隙間(そして、類人猿のような祖先と人間の隙間)を埋めるものだと見た化石のあらゆる特徴は、我々のように歩き、Lordkinpanidzeが言うように現代の人間の特徴を持つ、単なる小さなホモエレクトスだと示している。我々は「人類は類人猿の子孫であるという将校が本当にあるのか」で書いたように、ホモエレクトスは
smaller than the average human today, with an appropriately smaller head (and brain size). However, the brain size is within the range of people today and studies of the middle ear have shown that Homo erectus was just like us. Remains have been found in the same strata and in close proximity to ordinary Homo sapiens, suggesting that they lived together.

今日の人間の平均よりも小さく、それに相応した小さな頭と脳を持つ。しかし、脳の大きさは今日の人間の範囲におさまっており、中耳の研究はホモエレクトスは我々と同様だと示している。原始的から通常のホモサピエンスが見つかる地層からホモエレクトスの残骸が見つかっている。これはホモサピエンスとホモエレクトスが同時に生存していたことを示している。

Indeed, H. erectus reminds us of H. floresiensis, the “hobbits” discovered in Indonesia ; plus a forthcoming AiG article on this week’s hobbit update regarding its wrist who were also fully human despite their small stature (despite recent yarn-spinning about the wrist bones). Finds like these, along with the Bible’s talk of giants, remind us that human variation has likely decreased in many ways over time -- although the range of human body sizes today is still considerable.

実際のところ、ホモエレクトスは、インドネシアで見つかったホモフロレシエンシスすなわちホビットを思わせる。そして、AiG今週号のホビットについて最新記事で、ホビットは身長が低いが、その手首からみて、完全に人間である。今日の人間の身体の大きさの範囲がどれくらいかは議論の余地があるが、このような発見は、聖書における巨人の話とともに、人間の変異の範囲が時代とともに小さくなってきたことを示すものである。
[News to Note, September 22, 2007 on Answers in Genesis]
Casey LuskinとAnswers in Genesisは、Dmanisiの化石が中間化石でないという点では一致しているが、それが類人猿なのか現生人類なのかは真逆になってしまった。

化石人類と、類人猿か現生人類のどちらかにカテゴライズして、進化の証拠ではないという創造論者たちだが、Dmanisiの化石は判別つけがたかったようだ。その意味で中間化石とよぶべきかな。

posted by Kumicit at 2008/12/09 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/12/02

Michael Egnorの「自己同一性」

Michael EgnorがDiscovery Institute公式ブログで、非物質的なものでないと説明できないものとして6つ例を挙げている。そのひとつが同一性の持続:
Persistence of Self-Identity (自己同一性の持続)

We are the same person throughout our lives, despite a continual turn-over of matter in our brains. The matter that constitutes your brain today is different matter, for the most part, than the matter that constituted your brain ten years ago. Furthermore, your brain matter is organized differently now than it was ten years ago. Yet your sense of identity, which is a fundamental characteristic of minds, is continuous over time. You are you, despite profound changes in brain matter and organization. What property then is the “same” that accounts for you being the same? It’s not matter and it’s not organization of matter. Hume thought that the sense of personal continuity was the result of a continuous string of memories, but his theory begs the question. Who is it that has the string of memories? Continuity of self is a prerequisite for a string of memories, so it can’t be the result of a string of memories. Persistence of self-identity through time can’t be explained materialistically; the most reasonable explanation is that there is an immaterial component of the mind that is continuous over time.

我々の脳内物質は連続的に入れ替わり続けているが、我々は生涯を通じてい同一人物である。今日、あなたの脳を構成している物質の大半は、10年前にあなたの脳を構成していた物質とは違っているだろう。さらに、あなたの脳物質は10年前とは違った構成になっているだろう。それでも、心の基本的な特質である同一性の感覚は時を経ても連続している。脳の物質と構成が違っていても、あなたはあなたである。それでは、いかなる特性が同じであることによって、あなたが同じたらしめているのか? それは物質ではなく、物質の構成でもない。Humeは個人の連続性の感覚は一連の記憶の連続性の結果だと考えたが、彼の理論は問題を回避している。一連の記憶を持つのは誰かという問題を。自己の連続性は一連の記憶の前提条件であって、一連の記憶の結果ではない。時間を通しての自己同一性の連続性は唯物論的には説明できない。もっとも合理的な説明は、心の非物質的な要素が時間を問うして連続的であるというものである。

[Michael Egnor : "The Mind and Materialist Superstition" (2008/11/26) on Discovery Institute公式ブログ]
「一連の記憶を持つのは誰かという問題を」と言って、魂を召喚したいMichael Egnorだが、そんなもの召喚しても話は終わらない。

参照可能な記憶が「魂」ではなく「脳」にある限り、「一連の記憶の連続性」さえあれば、「一人の人間に対して一個の魂が連続的に存在している」必要性は全くない。

==>忘却からの帰還: 「魂」をもてあそぶ (2007/10/02)

たとえば、

  • 「一連の記憶の連続性」に従って「魂」も時間を歩まなくてもよい。「一連の記憶の連続性」があるので、逆順でも、ランダムでも構わない。24歳時点を1秒なぞって、次は72歳時点を5秒なぞって、その次に12歳時点を1秒なぞっても、魂から見えるのは常に「一連の記憶の連続性」だけ。
  • 一個の魂が一人の人間にアタッチされていなくてもよい。ミリ秒単位で魂が交替し続けてもよい。一兆個の魂が一人の人間に同時にアタッチされていてもよい。
  • 魂の寿命が1秒でもよい。次々に生成された魂が人間にアタッチされていけば、「一連の記憶の連続性」があるので、自己同一性の持続はあるように見える
「一連の記憶を持つのは誰かという問題を」持ち出しても、「魂」の連続性が必要になるわけではない。

「人間の誕生時点で、創造されて人間にアタッチされ、人間の死亡時にデタッチされる」という「魂」という暗黙の前提を持ち出さない限り、「魂の連続性」は特に必要性はない。そして、「魂の連続性」が必要ないなら、そもそも「魂」を持ち出す意味がない。(もちろん、「魂」が存在していてもかまわないけどね)

つまり、「魂」の仕様について、キリスト教的な限定をかけないと、Michael Egnorの論は何も言ったことにならない。
タグ:id理論
posted by Kumicit at 2008/12/02 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/31

すなおに宗教と言えばいいのに

2008年4月にインテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteを率いるBruce Chapman所長は進化論と神が並び立たないと記している:
Scholars seeking a compromise that brings religion directly into the scientific discussion have offered the comforting possibility that God did the creating, but did it through Darwinian evolution. Guidance of an unguided process is the idea. But this vague proposition contradicts what almost all leading Darwinist scientists, including Dawkins, emphatically contend. In Darwin's universe, natural selection is blind, mutations are undirected and humanity is an unintended outcome. If the evolutionary process is guided, then it no longer is Darwinian. And if the evolutionary process is unguided, it allows no room for God. Logically, not even God can guide an unguided process.

科学的議論に直接宗教を持ち込む妥協を求める学者たちは、神は創造したが、ダーウィンの進化を通して創造したのだという慰めの可能性を提示した。導かれないプロセスの導きはひとつの考え方である。しかし、この漠然とした提案は、Dawkinsを含む、ほとんどすべての主要なダーウィニスト科学者たちが断固として主張するものと矛盾する。ダーウィンの世界では、自然選択は盲目であり、突然変異は誰の導きも受けず、人類は予想外の結果である。進化の過程が導かれたものであればら、それはもはやダーウィンの進化ではない。そして、進化の過程が導かれたものでないなら、神の余地はない。論理的に、神は導かれない過程を導くことはできない。

[Bruce Chapman: "An Intelligent Discussion about Life" (2008/04/17) on The Seattle Times]
基本的に、この立場は変わっておらず、11年前の統一教会信者Jonathan Wellsの記述はなにも違っていない:
Darwin's Denial of Design is a Serious Problem for Christians and Other Theists

If we are undesigned by-products of a purposeless process, then the biblical doctrine that we are created in the image of God is false. Yet it is a central doctrine of Christianity (and of other theistic religions such as Islam and Judaism) that God created human beings by design.

我々がデザインされておらず、無目的な過程の産物であるなら、我々が神の似姿で創造されたという聖書の教義は誤りである。神が人間をデザインして創造したというのは、キリスト教とユダヤ教とイスラム教の中心的教義である。

Many people have been given the impression that the chronology of Genesis is the root of the conflict between Christianity and Darwinism. Surprisingly, however, biblical chronology played almost no role in the initial opposition to Darwin's theory, because most Christians in the nineteenth century accepted geological evidence for the age of the earth. Nor was chronology an issue at the 1925 Scopes trial, because creationist William Jennings Bryan accepted the old-earth view. Historically and theologically speaking, the basic conflict between Christianity and Darwinism is not chronology, but design.

多くの人々は創世記の年代がキリスト教とダーウィニズムの対立の根源だという印象を持っている。しかし、驚くべきことに聖書の記述する年代は、ダーウィンの理論についての初期の対立では何の役割も担っていない。というのは19世紀のキリスト教徒の大半は地球の年齢の地質学的証拠を受け入れていたからだ。1925年のScope裁判っでも年代は問題になっていない。というのは創造論者William Jennings Bryanは古い地球の見方を受け入れていたからだ。歴史的および神学的に言って、キリスト教とダーウィニズムの対立の基本は年代ではなくデザインだった。

Some theists try to avoid problems by accepting everything that Darwinists tell us except their denial of design. But Darwinism assumes that naturalism has a complete explanation, at least in principle, for all of objective reality; so theists who accept Darwinism are left with a purely subjective religion, and design becomes a figment of our imagination.

一部の有神論者はデザイン否定以外のダーウィニズムすべてを受け入れて問題を回避しようとした。しかし、ダーウィニズムは少なくとも原理的にすべての客観的事実について、自然主義が完全な説明を与えると仮定している。従って、ダーウィニズムを受け入れる有神論者は純粋に主観的な宗教にとどまり、デザインは我々のイマジネーションの産物となる。

Despite the good intentions of those who attempt to reconcile Darwinian evolution and theistic religion, a serious conflict remains between the two. Theists who accommodate themselves to Darwinian evolution generally find themselves patronized and marginalized. But do theists have to accept Darwinian evolution?

ダーウィンの進化論と有神論宗教を調停しようとする人々の意図は良いのだが、これら二者には深刻な対立が残される。一般にダーウィン進化論に合わせる有神論者は、恩着せがましくされて、置き去りにされることに気づく。しかし、有神論者はダーウィンの進化論を受け入れなければならないのだろうか?

[Jonathan Wells: "Evolution and intelligent design" (1997/06/01) on Discovery Institute]
神は導くものであるなら、「ランダムな突然変異と自然選択」による進化とは相容れないという。それは論理的には正しい。そして、神を守る立場に立つのが、インテリジェントデザインなら、それは「科学を敵として戦う宗教」である。

ならば、すなおに宗教と言えばいいのに...
タグ:id理論
posted by Kumicit at 2008/10/31 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/10/17

進化論は聖書の一言一句すべてと矛盾するというインテリジェントデザインの父

インテリジェントデザインの父たるPhillip Johnsonが、インテリジェントデザインの内輪向けに書いた記事にこんなのがある:
To talk of a purposeful or guided evolution is not to talk about evolution at all. That is "slow creation." When you understand it that way, you realize that the Darwinian theory of evolution contradicts not just the book of Genesis, but every word in the Bible from beginning to end. It contradicts the idea that we are here because a Creator brought about our existence for a purpose. That is the first thing I realized, and it carries tremendous meaning.

意図的もしくは導かれた進化を語ることは、進化を語るのとはまったく違う。それは緩慢な創造である。そのように理解するなら、ダーウィンの進化論が創世記と相反しているだけでなく、聖書の初めから終わりまで一言一句と相反していることがわかるだろう。創造主は我々を目的を以って存在せしめたのであるから、進化論は我々がここにいるという考えと相反している。これが、まず私が理解したころであり、これはすざまじい意味をもたらす。

[Phillip Johnson: "How The Evolution Debate Can Be Won" (2004) on William Paley Institute for Intelligent Design]
聖書と進化論は並び立たないという明確な主張である。逆に言えば「進化論が正しければ、創世記が間違っているばかりか、聖書の一言一句間違っている」という主張であり、ここまで言うと、あとは戦いあるのみ:
In summary, we have to educate our young people; we have to give them the armor they need. We have to think about how we're going on the offensive rather than staying on the defensive. And above all, we have to come out to the culture with the view that we are the ones who really stand for freedom of thought. You see, we don't have to fear freedom of thought because good thinking done in the right way will eventually lead back to the Church, to the truth-the truth that sets people free, even if it goes through a couple of detours on the way. And so we're the ones that stand for good science, objective reasoning, assumptions on the table, a high level of education, and freedom of conscience to think as we are capable of thinking. That's what America stands for, and that's something we stand for, and that's something the Christian Church and the Christian Gospel stand for-the truth that makes you free. Let's recapture that, while we're recapturing America.

まとめると、我々は若者たちを教育しなければならない。我々は彼らに必要な盾を与えねばならない。我々は、いかに守るかではなく、いかに攻勢にうってでるかを考えなければならない。そして、とりわけ、我々こそが思想の自由を体現するものだという見方とともに、我々を表現しなければならない。我々は思想の自由を恐れることはない。というのは、いくらか回り道をすることになったとしても、正しい方法でなされた良き考えは結局は教会、すなわち真理へと導かれるものであるからだ。考える力を持つ者として考えるために、
我々は良き科学と客観的推論と机上の仮定と高水準の教育と信教の自由の側に立つものである。それこそがアメリカが体現するものであり、我々が体現するものであり、キリスト教会とキリスト教の福音が体現するもの、すなわち我々を自由にする真理である。我々はそれを取り戻し、アメリカを奪還しよう。

[Phillip Johnson: "How The Evolution Debate Can Be Won" (2004) on William Paley Institute for Intelligent Design]
「我々は良き科学の側に立つもの」と高らかに宣言している。

この「良き科学」が何を指すのかは、Phillip Johnsonが科学をいかなるものと考えているかを見ればわかってくる:
The book is forthrightly based on the assumption that the Bible is the inerrant word of God, but I find no fault with any assumption that is candidly stated and honestly defended, however controversial it may be. I only wish that the rulers of science would state their precommitment to naturalism openly and defend it forthrightly, instead of hiding naturalism in the definition of “science” and then presenting as observed or experimentally tested fact conclusions that are actually derived from naturalistic philosophy.

この本は、聖書が神の無謬の言葉だという仮定に率直に基づいてる。しかし、たとえそれが論争の的であるとしても、この本で率直に述べられ、正直に擁護されている仮定に、私は誤りを見出せない。私は科学の統治者たちが、科学の定義に自然主義を隠し、観察あるいは実験的に検証された結論として、実際には自然主義哲学から導かれたものを提示するのではなく、率直に自然主義を擁護してほしいと願う。

[Phillip E. Johnson: "Grand Canyon Mystery Tour" (2004/05) in "Touchstone Leading Edge Archives" on ARN]
普通の用語では、自然主義とは科学の原則たる方法論的自然主義(自然現象の説明に超自然を召還しない)と形而上学的自然主義(超自然は存在しないという哲学)を指す。Phillip Johnson用語では、これらは区別されない。というより、方法論的自然主義を認めず、それを形而上学的自然主義(=無神論)の偽装とみなす。

従って、「現在の科学」は形而上学的自然主義(=無神論)に基づくものであり、有神論の基づけば、別な「良き科学」ができあがる...ということになる。

その「良き科学」がインテリジェントデザインなのだと言えれば、良かったのだろうけど、実際はそうではない。Phillip Johnsonは、インテリジェントデザインに教える内容がないと発言している:
I also don’t think that there is really a theory of intelligent design at the present time to propose as a comparable alternative to the Darwinian theory, which is, whatever errors it might contain, a fully worked out scheme. There is no intelligent design theory that’s comparable. Working out a positive theory is the job of the scientific people that we have affiliated with the movement. Some of them are quite convinced that it’s doable, but that’s for them to prove…No product is ready for competition in the educational world.

私も現時点で、間違いを含んでいるにせよ、完全に働く記述であるダーウィン理論に比肩するような代替理論に、インテリジェントデザイン理論がなっているとは考えていない。比肩しうるようなインテリジェントデザイン理論は存在しない。肯定的理論を導くことは、私が運動で支援している科学系人材の仕事である。彼らの中には、それが可能だと完全に確信している者もいる。しかし、それを証明するのは彼らである。教育界で競合するために、いかなる生産物も準備できていない。

[Michelangelo D’Agostino: "In the matter of Berkeley v. Berkeley "]
「アメリカを奪還しよう」と威勢の良い宣言をするけど、実態はこんなもの。

でも、これは「私が運動で支援している科学系人材」のせいというわけでもない。そもそものインテリジェントデザインの要求仕様が悪いからなのだが。
タグ:id理論
posted by Kumicit at 2008/10/17 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする