2012/01/19

「科学者はジャーナリズムをわかっていない」on The Guardian

ジャーナリストによる科学報道に対する代表的な批判に対して、Ananyo Bhattacharyaが「科学者の言うとおりにしたら、ほとんど誰も記事を読まなくなるのだ」と対抗する記事を書いた
The standard structure of news stories doesn't work for science
標準的なニュース記事の構成は、科学についてはうまくいかない


There's been some shrewd criticism of the "inverted pyramid" model of writing news but there's a reason we stick to it doggedly. It works. Some readers come to news sites wanting a quick hit. Others want to know more about each story. The 'inverted pyramid' – essentially presenting the new results at the top then filling in the background – can satisfy both camps if it is done well. Those who suggest otherwise should look at their blogposts and work out how far down the page most of their readers get. They may be surprised.

ニュース記事執筆の"逆ピラミッドのモデルについて、かの鋭い批判がなされているが、我々は断固としてそれに固執する理由がある。これはうまくいっく。ある読者たちは一通りのことを迅速に知るために、ニュースサイトにやってくる。また別の読者たちは個々のストーリーを知るためにやってくる。逆ピラミッド、すなわち、最初に本質的な新結果を提示し、背景を書いていくという形が、うまくやれば、両方の人々の要望を満たすことになる。逆順にすべきだと言う人は、自分のブログ記事を見て、大半の読者がどこまでたどりつくか見てみればいい。驚くことだろう。


The internet doesn't have word limits. Why do you?
インターネットは文字数制限がない。


"On the web, real estate is endless and cheap" so why on earth do the press keep producing 300-700 word news stories and paring down scientists' quotes to a sentence or just a few choice words? There are two main reasons. The first is respect for the readership. Editors want readers to return to their site and read their content. We don't want to bore them. Every sentence in a story, every word, is weighed and if it is found wanting, it is cut. The second reason is resources. A news story needs to be commissioned, written, edited and subbed. This takes time. If you double the length of every news story you publish, you effectively halve the number of stories you can cover – or worse, you halve the amount of time spent getting the story right in the first place.

「ウェブ上では、データ量に限りはなく、かつ安い」のに、報道機関は300〜700語の記事を書いて、科学者の一文か数語の発言を引用するだけなのか。それには大きくは2つの理由がある。ひとつは読者への配慮だ。編集者は読者に何度でもサイトを訪れて、コンテンツを読んでもらいたがっている。我々は読者をうんざりさせたくない。記事のすべての文、すべての単語は計量され、不足ならカットされる。2つのめの理由はリソースだ。記事は依頼され、執筆され、編集され、整理される。これには時間がかかる。発行する記事の量が2倍になれば、読者が読める記事の数が半減してしまう。あるいはもっと悪くて、まずもって記事に辿り着くまでに多くの時間が必要になる。

Your headline is hyperbolic
見出しが誇張されている


The purpose of a headline is not to tell the story. That's the purpose of the story. The purpose of the headline is to pique the interest of readers without lying. So the next time a multi-squillion pound experiment reports evidence of neutrinos going faster than the speed of light, don't expect the headlines to say "Astonishing but esoteric particle physics finding likely to be flawed though no one can see how yet".

見出しの目的は記事の内容を語ることではない。それは記事自体の目的だ。見出しの目的は、嘘をつかずに読者の興味を惹くことだ。次に巨大な実験装置で超高速ニュートリノの証拠が報道されるときにも、「驚くべきだが、難解な素粒子物理の発見は、誰もがまだどうなっているかわかっていないが、おそらく誤りだと見られる」という見出しを期待しないでほしい、


Change my colourful quote at once!
発言そのままに書くな


No. Quotes serve many functions in a news story but one important reason they're there is to inject some humanity into the piece. Most scientists are human and, thankfully, don't speak in the arid tone that characterises an academic paper. They get excited and say things like "If we do not have causality, we are buggered" and "I don't like to sound hyperbolic, but I think the word 'seismic' is likely to apply to this paper". That's nothing to be ashamed of. It is no secret that reporters go fishing for a good quote. That's nothing to be ashamed of either.

ニュース記事における引用には奥の機能があるが、その重要な一つは、記事に人間味を加えることである。ほとんどの科学者は人間であり、ありがたいことに学術論文を特徴づける無味乾燥な言葉では話さない。彼らは興奮していて「これに因果関係がないなら驚くよ」とか「誇張はしたくないが、この論文には驚天動地というのが似合いの言葉だ」といった感じで話す。別にこれを恥じることはない。そして記者も相応しい引用をすべく話を聞きに行っているのは秘密でもなんでもない。こちらも恥じることはない。


Why did you emphasise the 'tabloid' implications of my work?
どうして、私の研究のタブロイドな応用を強調するのか?


There's a fundamental misapprehension among many in the scientific community that the principal job of science journalists is to communicate the results of their work to the general public. It's not. A journalist might emphasise one part of the research and ignore other parts altogether in an effort to contextualise the story for their readers. That does not, of course, justify spinning the story out of all recognition so that it fundamentally misrepresents the work.

「科学ジャーナリストの仕事は、科学者の成果を一般人に伝えるものだ」という根本的な誤解が科学界に広くある。そうではないのだ。ジャーナリストは、読者のためにストーリーを作り上げる過程で、研究のある部分だけを強調し、他を無視することがあるかもしれない。もちろん、そのことは、研究成果を根本的に間違って伝えるように誘導することを正当化するものではない。


The story didn't contain this or that 'essential' caveat
記事には重要な注意事項が書かれていない


Was the caveat really essential to someone's understanding of the story? Are you sure? In my experience, it's rare that it is. Research papers contain all the caveats that are essential for a complete understanding of the science. They are also seldom read. Even by scientists.

その注意事項は誰かが記事を理解するために、本当に不可欠なことだろうか。私の経験では、そんなことはほとんどない。研究論文には、科学を完全に理解するために不可欠な注意事項がすべて書かれている。しかし、それがすべて読まれることはまずない。科学者たちによってさえも。


You can't cover my work. I forbid it
ジャーナリストにはこの研究はわからないから、記事にするな


A scientist presents their work at a conference or deposits it in a pre-print archive but then insists that reporters should not cover it. The edict is often issued as a result of fears that coverage of the work would jeopardise subsequent publication: some journals (including Nature) have a strict embargo policy that forbids reporting of a piece of research before a specified time. Embargoes do pose a problem for journalists interested in producing timely coverage of science – even though on closer inspection the fears often prove to be unfounded.

But it's worth stating that while no one can force a scientist to talk to a reporter about their work, no one can force a journalist not to report something that is in the public domain – even if they are reporting your work and you have refused to speak to them.


科学者は研究成果を学会で発表し、プレプリントアーカイブに置くが、ジャーナリストには報道するなと言う。これは多くの場合、出版を危うくするという懸念から出ており、Natureなど一部の学術誌は指定期間内の研究論文の報道を厳格に禁じている。タイムリーに科学記事を書こうとするジャーナリストにとって、このようなルールは問題になる。しかし、よく調べても、そのような懸念に根拠はない。

しかし、誰にも科学者に対して記者に自分の研究を語らせる権利はないが、ジャーナリストに対してパブリックドメインなものの報道を禁じる権利もない。たとえ、ジャーナリストが自分の研究成果を報道していて、自分がジャーナリストに語るのを拒否していたとしても。


How could you quote that person who disagrees with me? He's wrong!
私の研究成果を認めない者の発言を何故、引用するのか。彼は間違っている


I hate the straw-manning engendered by the "he says, she says" mode of journalism. But the findings of science are often hotly contested and often wrong. In many cases, journalists uncover flaws in the research while calling independent sources to pull their story together. At Nature, a significant number of news stories are dropped after enquiries because they turn out to be weaker than the abstract or the press release suggested. For the stories that get through, the journalistic process may expose more problems or disagreements that were not caught when the paper was peer-reviewed. If the criticisms seem valid and are not easily rebutted, then journalists have a duty to represent them.

「彼が言った。彼女が言った」という方式のジャ−ナリズムによって生じる藁人形を私は嫌っている。しかし、科学の発見は多くの場合、論争を呼び、しばしば間違っている。多くの場合、ジャーナリストは、元ネタとは独立のソースを並べることで、研究の誤りを見つける。Natureでは、非常に多くのニュース記事が問い合わせ後に破棄される。というのは、Abstractやプレスリリースから読み取れるよりも、実際は"弱い"ことが明らかになったからだ。記事を書く過程で、ジャーナリズムのプロセスにおいて、論文査読のときに見つからなかった多くの問題や意見の相違が明らかになる可能性がある。研究成果に対する批判が有効で、簡単に反駁できない場合は、ジャーナリストにはそれらを提示する義務がある。

The story contained an error or errors
記事には誤りがある


It is worth remembering that while a paper represents months or years of work to the scientist concerned, the reporter or editor responsible is likely to have dealt with a dozen or more similar gems in the same week. One scientist's heinous press bungle looks like a difference of opinion to another. Nonetheless, if there's a genuine factual error in a news story it should be corrected and a note posted with it to acknowledge the error. Journalism is fast-paced and even with the best fact-checking practices, there's room for errors to creep in. Everyone makes mistakes from time to time …

論文は当該の科学者が数か月あるいは数年かけた結果だが、記者や編集者は同じ週のうちに数十個以上の同様のネタに対処していることを知っておく必要がある。ひとりの科学者にとっての、報道のひどい不手際も、他からは意見の相違にしか見えない。しかしながら、ニュース記事の真の事実誤認があれば、それは修正され、誤りがあったことを明記されなければならない。ジャーナリズムは速度優先であり、最良のファクトチェックを実践しても、誤りが入り込む余地がある。誰もが日々、誤りを犯す。

[Ananyo Bhattacharya: "Nine ways scientists demonstrate they don't understand journalism" (2012/01/17) on The Guardian]
読者に読まれるように書くことで、結果として科学研究の報道にありがちなことを起こしていて、それを避けようとすると誰も読まなくなるという。

ただ、大量に流れてくるeurekalertScienceDailyのRSSあるいは、一般向け科学雑誌NewScientistLiveScienceのTweetから読む記事を選択する際には、結局のところキャッチィな見出しに頼らざるを得ないというのも現実。

posted by Kumicit at 2012/01/19 04:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/06/05

科学研究の報道にありがちなこと

研究の報道ではよくあること:
phd051809s.gif
キミの研究結論: 条件EのもとでDを仮定すると所与のCのとき、AとBは相関している(相関係数=0.56)。
大学の広報科学者たちがAとBの関係のある可能性を発見した(特定条件のもとで)
ニュース配信会社AはBを起こすと科学者たちは言う
ネット科学者たちは我々をまた殺そうとしている
ケーブルニュース常にAはBを起こす。これはオバマ政権のどのような意味をもたらすのか
ローカルニュースA:すぐそばにいる殺人因子。あなたが知らないAとは、Aで死ぬことがあること。
キミのおばあちゃんAから身を守るために、これをかぶってるの。

[The Science News Cycle (2009/05/18) on PHD comics]


これについてLindsay Pattersonは次の例を挙げている(via Sheril_)。論文では...
[A. Ross Otto and Bradley C. Love: "You don’t want to know what you’re missing: When information about forgone rewards impedes dynamic decision making", Judgment and Decision Making, vol. 5, no. 1 February 2010, pp. 1-10]
何を取り損ねたのか知りたがらない。取り損ねた報奨についての知ることで、動的判断が妨げられる

When people learn to make decisions from experience, a reasonable intuition is that additional relevant information should improve their performance. In contrast, we find that additional information about foregone rewards (i.e., what could have gained at each point by making a different choice) severely hinders participants’ ability to repeatedly make choices that maximize long-term gains. We conclude that foregone reward information accentuates the local superiority of short-term options (e.g., consumption) and consequently biases choice away from productive long-term options (e.g., exercise). These conclusions are consistent with a standard reinforcement-learning mechanism that processes information about experienced and forgone rewards. ....

人々が経験から判断することを学ぶと、合理的直観として、追加情報は判断のパフォーマンスを向上させると考えられる。しかし、我々は、取り損ねた報奨(各時点で異なる判断をしていれば入手できたもの)についての追加情報は、被験者の長期的な利得を最大化する選択を繰り返し行うという能力を大きく損ねることを発見した。我々は「取り損ねた報奨についての情報が、短期的オプション(たとえば消費)を強調し、生産的な長期的オプション(たとえば運動)を選択しないバイアスをかける」と結論した。これらの結論は「実現した報奨と取り損ねた報奨についての情報を処理する標準的な強化学習メカニズム」と整合している。....


これは大学の広報で次のように書かれ、そのままScienceDailyやEurekalertにも掲載された:
Armed With Information, People Make Poor Choices, Study Finds
人々は情報を多く持つほど、愚かな選択をすると、研究が明らかにした。


AUSTIN, Texas − When faced with a choice that could yield either short-term satisfaction or longer-term benefits, people with complete information about the options generally go for the quick reward, according to new research from University of Texas at Austin psychologists. ....

"You'd think that with more information about your options, a person would make a better decision. Our study suggests the opposite," says Associate Professor Bradley Love, who conducted the research with graduate student Ross Otto. ....

短期的満足と長期的利得の選択に直面した時、選択肢について完全な情報を持っていると、人々は短期的報奨を選択すると、University of Texas at Austinの心理学者が明らかにした。

「選択肢について情報が多くあれば、人はより良い選択をすると思うかもしれない。我々の研究はそうではないことを示した」と、大学院生Ross Ottoとともに研究を行ったBradley Love準教授は言う。

[University of Texas: News (2010/03/31)]
プレスリリースの見出しは誤解を誘っている。
I think the finding has been largely misunderstood as “getting more information causes people to make poor decisions”, thanks to the press release. ....

プレスリリースのせいで、人々は研究結果を「情報を得るほど愚かな決断をするようになる」と誤解すると思う。


It’s no surprise that the public interpreted the research that way. The headline was “Armed with information, People Make Poor Decisions, Study Finds.” Lesson #1: Most people don’t read beyond the headline.

そのように人々が解釈することは驚くことではない。見出しは「人々は情報を多く持つほど、愚かな選択をすると、研究が明らかにした」なのだから。教訓は「人々は見出ししか読まない」

[Lindsay Patterson (2011/06/03)]
まさに、ありがちなこと。



posted by Kumicit at 2011/06/05 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/21

米国方面も5月21日土曜日...

2011年5月21日にラプチャーが起きると予言したHarold CampingのFamilyRadioは、来週も仕事をするようだ。
But not even all of his own employees are convinced that the world is ending on Saturday. In fact, many still plan on showing up at work on Monday.

"I don't believe in any of this stuff that's going on, and I plan on being here next week," a receptionist at their Oakland headquarters told CNNMoney.

A program producer in Illinois told us, "We're going to continue doing what we're doing."

Harold Campingの従業員も世界が土曜日(5/21)に終わるとは納得していない。事実、多くが月曜日も仕事を予定している。「これらのものを私は全然指示てない。来週もここに来ます」とOakland本社受け付けはCNNMoneyに語った。イリノイ州の番組製作者は「我々は今と同じく仕事を続ける」と我々に語った。

[Annalyn Censky: "May 21 End of the World: Harold Camping's $72M business" (2011/05/19) on CNN Money]
そして、銭集めが進んでいて...
According to their most recent IRS filings, Family Radio is almost entirely funded by donations, and brought in $18 million in contributions in 2009 alone.

According to those financial documents, accountants put the total worth of Family Radio (referred to as Family Stations on its official forms) at $72 million.

With those kind of financials -- and controversial beliefs -- it's no wonder skeptics have accused the group of running a scam.

直近のIRSファイルによれば、Family Radioは全額寄付で賄われていて、2009年だけで1800万ドルの寄付を集めている。これらの財務書類から、会計士はFamily Radioが合計で7200万ドルを集めたと算出した。このような財務状況と、論争な信条から、この団体は詐欺を行っていると批難する懐疑論者がでてくるのも当然である。

[Annalyn Censky: "May 21 End of the World: Harold Camping's $72M business" (2011/05/19) on CNN Money]


でもって、米国も2011年5月21日に入り、メディアはお笑いモードに入ってきている。
Followers of Baptist preacher William Miller believed it would all be over on Oct. 22, 1844. Oct. 23 of that year marked the start of what historians would dub the Great Disappointment.

On Feb. 14, 1835, Mormon Church founder Joseph Smith announced that Jesus Christ would return to earth within 56 years, or before Feb. 15, 1891.

The Watchtower Society, more commonly known as the Jehovah’s Witnesses, has prophesied the end would come at least six times since 1914.

And today, the end is to come again.

バプテスト説教師William Millerの信者たちは世界が1844年10月22日に終わると信じていた。その年の10月23日は歴史学者たちの言うところの"Great Disappointment"(大がっかり)の始まりとなった。

1835年2月13日に、モルモン教会の創立者Joseph Smithはイエスキリストが56年以内、すなわち1892年2月15日までに再臨すると述べた。

エホバの証人として知られる"ものみの塔"は、1914年以降6回、世界の終りを予言した。、

そしてまた今日も、終わりがやってくる。

[The end of the world is near - again (2011/05/21) on TImesLeader]
ついでだが、記事最初の大がっかりは、その後にSeventh Day Adventistとして成長している。


この他にも、メディアは記事を出し始めている。

もちろんFamily RadioHarold Campingなどのキーワードはお祭り中...
posted by Kumicit at 2011/05/21 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/13

予言が破綻することでカルトが信念を強化するか検証する機会

Leon Festingerは、1954年12月21日に世界が滅ぶと信じたカルトを観察し、予言の破綻によって、カルトが信念をむしろ強化することを見出した。
How would people so emotionally invested in a belief system react, now that it had been soundly refuted? At first, the group struggled for an explanation. But then rationalization set in. A new message arrived, announcing that they'd all been spared at the last minute. Festinger summarized the extraterrestrials' new pronouncement: "The little group, sitting all night long, had spread so much light that God had saved the world from destruction." Their willingness to believe in the prophecy had saved Earth from the prophecy!

感情的に深く信じていたものが、完膚なきまでに論破されたとき、人々はどう反応するのか?まず、カルトは説明を求めて努力した。しかし、その後、合理化が起きた。新たなメッセージが到着し、最後の瞬間に彼らが予言を免れたことを知らされた。Festingerは地球外生命の新たな宣告を次ように要約した。「小さな集団が、一晩座って、あまりにも光を放っていたので、神が世界を破壊から救ったのだ」 予言を信じたいという意欲が予言から地球を救ったのだと。
[Chris Mooney: "The Science of Why We Don't Believe Science" (2011/04/18) on Mother Jones, ]
Jamie L. Vernonによれば、同様の例を我々はまもなく観察できるらしい。
Yesterday, it was brought to my attention by Sam Harris that a group of Christian activists have predicted that the world will end on May 21, 2011. This is a ripe opportunity for those of us who are interested in the psychology of denial to collect data.

昨日、私はSam Harrisの記事で、とあるキリスト教の活動家グループが世界は2011年5月21日終わると予言していることを知った。これは集まったデータを否定する心理に興味がある人々には良い機会だ。
...
judgement-day.jpg

The group is a non-denominational Christian organization. They have erected billboards, handed out pamphlets and paid for ads on subway trains that claim “Judgment Day is coming.” Their leader is a not-so-youthful 89 year old radio host Harold Camping, who has a long history of doomsaying. In fact, Camping has once before been forced to face disconfirmation when his prediction that the end of days would come in 1994 (accompanied by a book of the same name) was proven false. In true cognitive dissonance form, Camping conveniently realized that he had overlooked the Book of Jeremiah. After recalculating, he concluded that May 21, 2011 was the actual date for the rapture.

このグループは特定宗派に属さないキリスト教団体である。彼らは看板を立て、パンフレットを配り、地下鉄に広告を出して、審判の日は近いと言っている。彼らの指導者は若くはない89歳のラジオホストHarold Campingである。彼は長きにわたって世界の滅びを語ってきた。事実、Harold Campingは1994年に世界がほろぶと予言して、はずれに直面した。正しい認知不協和の形で、Harold Campingはエレミヤ書を見落としていたことに気づいた。再計算して、2011年5月21日がラプチャーの日だと結論した。
...

Festinger’s theory predicts that, despite the warnings ahead of time, once the world is shown to still exist on May 22, we should expect Camping and his group to express increased fervor for their beliefs, likely accompanied by a new prediction.

Festingerの理論は、予言されたのに、2011年5月22日になっても世界が存在していたら、Harold Campingと彼のグループは新たな予言とともに自らの信条を強めると予測する。

[Jamie L. Vernon: "Cognitive Dissonance & the May 21st Apocalypse" (2011/05/12) on The Intersection]


ちなみに、そのキリスト教団体は次のような根拠で2011年5月21日を世界が滅ぶ日だと考えている。
ペトロの手紙二 / 3章 8節
愛する人たち、このことだけは忘れないでほしい。主のもとでは、一日は千年のようで、千年は一日のようです。

創世記 / 7章 4節
七日の後、わたしは四十日四十夜地上に雨を降らせ、わたしが造ったすべての生き物を地の面からぬぐい去ることにした。」

In 2 Peter 3:8, which is quoted above, Holy God reminds us that one day is as 1,000 years. Therefore, with the correct understanding that the seven days referred to in Genesis 7:4 can be understood as 7,000 years, we learn that when God told Noah there were seven days to escape worldwide destruction, He was also telling the world there would be exactly 7,000 years (one day is as 1,000 years) to escape the wrath of God that would come when He destroys the world on Judgment Day. Because Holy Infinite God is all-knowing, He knows the end from the beginning. He knew how sinful the world would become.

Seven thousand years after 4990 B.C. (the year of the Flood) is the year 2011 A.D. (our calendar).


4990 + 2011 – 1 = 7,000

Amazingly, May 21, 2011 is the 17th day of the 2nd month of the Biblical calendar of our day. Remember, the flood waters also began on the 17th day of the 2nd month, in the year 4990 B.C.

ペトロの手紙二3章8節には引用したように、聖なる神は我々に一日は千年だと思い起こさせている。したがって、創世記7章4節にある7日の正しい理解は7000年である。神がノアに世界の破壊から逃れるのに7日と告げたとき、神はまた、審判の日に神が世界を破壊するとき、神の懲罰から逃れるまでに正確に7000年あると告げているのである。聖なる無限の神は全知なので、神は終わりを始まりの時から知っている。神は罪深き世界がどうなるか知っている。

ノアの洪水のときである紀元前4990年から7000年後は、我々の暦で西暦2011年である。

4990 + 2011 -1 = 7000

驚くべきことに、我々の暦の2011年5月21日は、聖書の暦の第2の月の17の日にあたる。ノアの洪水は紀元前4990年の第2の月の17の日に始まったのだ。

[JudementDay on FamilyRadio]
かなり無理な論理だが、それは些細なこと。検証すべきは、Harold Campingが新たな予言を出して、信者たちが信念を強化するか否か。
posted by Kumicit at 2011/05/13 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/06

認識するときから、ねじ曲がっているらしい

Chris Mooneyの「我々が科学を信じない理由についての科学」(1)(2)(3)(4)で、"動機づけられた推論(Motivated Reasoning)"を取り上げたChris Mooneyが、それに関して、Prof Dan Kahanによる"動機づけられた認識(Motivated Cognition)"を取り上げている。
To begin, motivated cognition refers to the unconscious tendency of individuals to fit their processing of information to conclusions that suit some end or goal. Consider a classic example. In the 1950s, psychologists asked experimental subjects, students from two Ivy League colleges, to watch a film that featured a set of controversial officiating calls made during a football game between teams from their respective schools. The students from each school were more likely to see the referees’ calls as correct when it favored their school than when it favored their rival. The researchers concluded that the emotional stake the students had in affirming their loyalty to their respective institutions shaped what they saw on the tape.

"動機づけられた認識"とは、ある終結点あるいは到達点に合致した結論に情報処理をフィットさせようとする個人の無意識の傾向のことを指す。古典的な例を挙げよう。1950年代に、心理学者たちはIvy Leagueの大学の学生たちから募集した被験者たちに、彼らが在学する大学が行ったフットボールの試合で審判が問題になった場面の動画を見せた。各大学の学生は自分の大学に有利な判定を、対戦相手に有利な判定よりも、判定が正しいとみる傾向があった。研究者たちは、学生たちが自分が在学する大学への忠誠心を持つという感情的関係によって、動画に何を見たかが形作られると結論した。

[Dan Kahan: What is motivated reasoning how does it work - Dan Kahan Answers (2011/05/05) on Chris Mooney's Intersection]
推論を始める前に、認識の段階で既に我々は、ねじ曲がっていることが心理学研究で示されているという。

ただ、それは我々が愚かであるが故の結果ではない。
To be sure, motivated cognition can make us stupid, but it is not a consequence of stupidity. Social psychologists and behavioral economists distinguish between two forms of reasoning: “System 1,” which is rapid, intuitive, emotional, and prone to bias, and “System 2,” which is more deliberate, more reflective, more dispassionate, and (it is said) more accurate. A long line of research in social psychology, however, shows that “motivated cognition” spans the divide−that is, that needs and goals can unconsciously steer not only rapid “gut” reactions, but also even more systematic forms of analysis that are thought to be examples of “System 2.” ...

"動機づけられた認識"によって我々はアフォになることはあるが、"動機づけられた認識"は我々の愚かさの帰結ではない。社会心理学者や行動経済学者は次の2つの推論を区別している。システム1は、迅速で直感的で感情的でバイアスのかかったものであり、システム2は、より慎重で、より思索的で、より先入観のない、より正確な推論である。社会心理学長きにわたる研究で、しかし、"動機づけられた認識"が、より広範囲に働いていることが示されてきた。すなわち、必要性と到達点が無意識に迅速な感情的な反応を制御するだけでなく、システム2の例と考えられるよりシステマティックな分析にも影響している。
"動機づけられた認識"は、より慎重な思考へも影響しているという。

人間は、どうにもこうにも考えを変えることがないらしい。

しかし、一方で、一気に考えを変えてしまうことがあることも心理学研究で明らかになってきている。

==>トンデモは連鎖するのは"自然"な成り行きかも (2009/05/19)

もっとも、トンデモ側に考えを変えて、トンデモ連鎖を続ける場合もあるけどね。




関連エントリ






posted by Kumicit at 2011/05/06 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/02

Chris Mooneyの「我々が科学を信じない理由についての科学」(4/4)

前回の続き....

[Chris Mooney: "The Science of Why We Don't Believe Science" (2011/04/18) on Mother Jones]

我々が科学を信じない理由についての科学 (4/4)

"Yale Project onClimate Change Communication"の長であるAnthony Leiserowitzによれば、Climategateは世論に大きな影響を与えた。Climategateは気候変動についての人々の懸念を低下させ、科学者に対する信頼を大きく損なった。しかし、今になって我々が予測できることであるが、この懸念と信頼を低下させたのは米国人の特定集団に集中していた。共和党支持者・保守・個人主義の価値観を持つ人々である。リベラルや平等主義の価値観を持つ人々は気候科学や科学者への信頼を対して低下させていない。「Climategateはいわばロールシャッハテストようなもので、異なる集団が曖昧な事実を異なる方法で解釈した」とLeiserowitzは言う。

では、左翼が主たる科学否定の事例研究はあるだろうか? イエスだ。子供へのワクチン接種が自閉症の流行を引き起こしたというものだ。これの最も有名な支持者は、環境保護主義者(Robert F. Kennedy Jr.)とハリウッドのセレブたち(特にJenny McCarthyとJim Carrey)だった。Huffington Postは否定論者に宣伝の場を提供した。"The Panic Virus"の著者Seth Mhookinによれば、ワクチン否定論者に遭遇したければ、Whole Foodsに行けばいいと指摘している。

ワクチン否定論は、反論に従わない信念システムとしての特徴をすべて持っている。過去10年以上、子供のワクチンが自閉症を引き起こすという主張は複数の疫学研究と、自閉症の犯人とされたワクチンの添加物(水銀ベースの防腐剤チメロサール)が除去されて以降も、自閉症の発生率が増大しているという事実から、否定されてきた

しかし、真のビリーバーたちは彼らの見方を否定する新たな研究を批判して抵抗し、主唱者であるAndrew Wakefieldを擁護し続けた。現在のワクチン恐怖症の基となった彼のLancet 1998年の論文が撤回され、医師資格を失ってもなお。しかし、これに驚く理由があるだろうか? ワクチン否定論者たちはウェブサイト"Age of Autism"のような自分たちのメディアを持ち、ワクチン否定論に見方を疑問視するような新たな発展があればいつでも批判と対抗議論を浴びせかけている。

ここで疑問がわき起こる。情報処理におけるバイアスに左翼と右翼で有意味な違いがあるだろうか?それとも、我々は同じように影響を受けやすいのだろうか?

明かな違いが幾つかある。気候や関連する環境問題や反進化論や再生医療科学へのキリスト教右翼の攻撃や、幹細胞やバイオメディカル問題などを見れば、今日の科学否定が政治的右翼側に顕著に見られる。さらに言えば、ワクチン否定論の立場をとる民主党議員は事実上存在しないが、気候科学否定の見方は共和党議員にのみ見られる。

一部の研究者たちは左翼と右翼には、新たな情報に対する反応する心理学的な違いがあり、保守は厳格で権威主義的であり、リベラルは曖昧さに寛容である。New York Universityの心理学者John Jostは、さらに保守は「システム正当化」だと論じる。彼らは現状を守る「動機づけられた推論」を行うのだと。

しかし、これは論争となる領域だ。固有の政治的違いを心理分析しようとすると、対抗議論が登場する。独善かつ過激な教唆主義者たちはどうなのか? 歴史上、党派がどう違っていたのか? 結局のところ、イデオロギーによる科学否定の最も標準的な事例は、ソビエト連邦による遺伝学の否定である。反メンデル主義の科学者でありスターリンの手先であったトロフィム・ルイセンコに同意しなかった研修者たちは処分され、遺伝学はブルジョアの化学だとして公式に禁じられた。

結論:我々が現在わかっていることは、ある種の状況では誰もが盲目になるという事実だ。そして疑問が出てくる:人間の自然な性質自体に対抗するのに何ができるのか?

予め持っている信念の力が、新たな情報への反応を歪めてしまうことを考えれば、明らかになことがひとつある:誰かに新たな証拠を受けれさせたければ、防御的・感情的反応を引き起こさないコンテキストで、その証拠を提示することだ。

YaleのKahanの研究成果もあり、この理論は勢いを増している。ある研究では、Kahanの共同研究者たちは、気候科学の基礎を2つの違った見出しのフェイクな新聞記事として被験者に提示した。ひとつは「科学委員会は地球温暖化対策としてに対する汚染防止を推奨した」もうひとつは「科学委員会は地球温暖化対策として原子力発電所を推奨した」。これを、異なる価値観の人々に提示して、反応を見た。まさしく後者の見出しでは、階層主義な個人主義者は、人間起源の地球温暖化の事実をより受け入れた。Kahanは「この効果は、科学が産業支持の世界観にアピールする形で書かれたことによるもの」と推測した。

この論理にしたがえば、次の結論にたどりつく。保守は、ビジネスや宗教の指導者から、環境保護主義者や科学者が論じるような価値観とは別の価値観のコンテキストで話を聞けば、より気候科学を支持するようになる。そうすることが、Kahanの言うところの「事実についての文化戦争」におけるデタントのシグナルとなる。言い換えるなら、逆説的だが、相手を納得させるためには事実を優先してはならない。事実が戦う機会が得られるように、価値観を優先すべきだ。





posted by Kumicit at 2011/05/02 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chris Mooneyの「我々が科学を信じない理由についての科学」(3/4)

前回の続き...

[Chris Mooney: "The Science of Why We Don't Believe Science" (2011/04/18) on Mother Jones]

我々が科学を信じない理由についての科学 (3/4)

別の研究では、説得に抵抗するときに、人々の心の中をかけぬけるものについて何等かの示唆を与えている。Northwestern Universityの社会学者Monica Prasadと共同研究者たちは、サダムとアルカイダが秘密裏に協調しているという主張を信じていると思われる共和党支持率の高い郡の共和党支持者たちの考えを変えられるかを実験した。

判明したことは、ブッシュに投票した人々の心は、ブッシュ自身の言葉を以ってしても変えられなかった。もともとイラクとアルカイダが関係しているという主張を信じていた人々49名のうち、考えを変えたのは1人だけだった。考えを訂正することに抵抗する方法は様々で、対抗議論を主張してみたり、ただ単に考えを変えなかったりした。

インタビュアー 9.11調査委員会はサダムと9.11に関係を見出せませんでした。これはブッシュ大統領が述べたことです。これらについて意見はありますか?

被験者 賭けてもいいが、調査委員会は証明したとは言っていません。意見を変えなくていいでしょう。彼らが何と言おうとも、私はそれが正しいと感じます。

同様の回答は既に、現政権が直面している、対立が生じている問題において記録されている。たとえば「グラウンドゼロのモスク」だ。オハイオ州の政治的俗説バスターサイトであるFactCheck.orgは、「イスラムカルチャーセンターとモスクを後援するイマムであるFeisal Abdul Raufがテロリスト同調者である」という主張に対する詳細な反論を被験者に提示した。しかし、その噂を知っていて、信じていた者たちのうち、1/3以下しか考えを変えなかった。

これは、Nyhanと共同研究者たちが、オバマ大統領がイスラム教徒だという詭弁をテストしたときに発見した面白いパターンを説明することの助けになるかもしれない。非白人の調査者が実験を実施した場合、被験者たちはオバマ大統領の宗教についての考えを改め、誤った見方を訂正した。しかし、白人の調査者だけで実施すると、特に共和党支持な被験者たちは、以前よりも強くオバマ大統領イスラム教徒説を信じるようになった。被験者たちは社会的望ましさ(social desirability")を使って、誰が聞いているかに合わせて、自分の信条(あるいは主張する信条)を作っていた。

我々はメディアにもリードされる。多くの証拠や解決可能な事実問題について、人々の意見が2つに割れている場合、それはバイアスのかかった推論によるものかもしれないが、もとから与えられた情報が歪められていたからかもしれず、その2つが複雑に絡み合っているからかもしれない。たとえば、グラウンドゼロのモスクの問題では、フォローアップ調査で、Fox Newsを視聴している被験者は、そうでない被験者よりも、Raufの噂や関連する3つの噂を信じていることが多かった。

ということで、人々は自分が信じていることを確認するような情報に引き寄せられる。そして、そのような情報を提供してくれる情報ソースを選択する。それは昔からそうだったのではないか? たぶんそうだろう。しかし我々は情報をFacebookの友人リンクや、ニュアンスやコンテキストを欠いたツイートや、ナローキャストや、比較的少数の同じ考えを持つ聴取者を持っているイデオロギー的メディアを介して得ているために、問題が深刻化している。MichganのArthur Luipiaは「人間の基本的なサバイバルスキルが、現在の情報時代に適応できていない」と言う。

どのように、そして何故、動機づけられた推論が選好され事実が追いやられるのか見たいなら、最も適切な例は気候変動だ。結局のところ、片手に高度にテクニカルな情報、もう一方に非常に強い信念がある問題だ。ある人物が、地球温暖化の科学を受け入れるか否かを予測する重要な要素は、共和党支持か民主党支持かである。科学が明確になっても、この2つの集団の見方の乖離は大きくなっている。

したがって、教育によって共和党支持者の見方がびくともしないことは、驚くに値しない。その逆だ。2008年のPewの世論調査では、大学教育を受けた共和党支持者の19%が、人間の活動により地球が温暖化していることに同意した。一方、大学教育を受けていない共和党支持者では31%が同意した。言い換えるなら、この問題に関しては、高等教育と科学の否定は相関している。これに対して民主党支持者および支持政党なしでは、高等教育と科学の受け入れが強く相関している。

他の研究でも同様の効果が示されている。地球温暖化問題についてベストに理解していると考えている共和党支持者は、最も地球温暖化に懸念を持たない。共和党支持者および科学を信頼しない度合い高い人々は、問題について学んでも、懸念は大きくならない。何が起きているのだろうか? Stony BrookのCharles TaberとMilton Lodgeによれば、動機づけられた推論の狡猾な面は、政治的にソフィスティケートされた人々は、問題について知らない人々よりも、よりバイアスがかかる傾向があること。「ある政策、たとえば妊娠中絶が嫌いで、ソフィスティケートされていない人々は、ただ拒否するだけである。しかし、ソフィスティケートされた人々は、一歩進んで対抗議論を作り始める」とLodgeは言う。これらの人々は、我々同様に、感情的に動き、バイアスがかかっている。しかし、彼らは何故に自分が正しいかを説明する、より多くのよりよい理由を作りだせるので、考えを変えにくい。

選択的引用されたClimategateのメールが、迅速かつ容易に事件の証拠として否定論者たちが利用した理由がそこにあるかもしれない。チェリーピッキングは、まさしく、自分たちの見方を強化するために「動機づけられた推論」が行う行動である。そして、Climategateについてどう考えていようとも、メールは自分たちのイデオロギーを押し付けるための新たな情報の宝庫だった。





posted by Kumicit at 2011/05/02 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/05/01

Chris Mooneyの「我々が科学を信じない理由についての科学」(2/4)

前回の続き....
[Chris Mooney: "The Science of Why We Don't Believe Science" (2011/04/18) on Mother Jones]

我々が科学を信じない理由についての科学 (2/4)

17世紀の科学的方法の理論家であるFrancis Baconが心の偶像と呼んだ、主観的な過失を排除しようとする試みから、近代科学は生まれた。個々の研究者たちが自分自身の理論を溺愛したとしても、最終的には最善の考えが優先されることが保証されるように査読や組織的懐疑がデザインされている。

しかし、科学が到達した結論に対する、我々個々人の反応はこれとは別問題である。皮肉なことに、研究者が残された不確実性の原因を開示しようとすることが、科学的証拠は選択的な読み取りや誤解を受けやすくなる一因なる。イデオロギー信奉者や党派心の強い人々に、彼らの信念に関連した科学的データを与えることは、「動機づけられた推論」に彼らを解き放つようなものである。

人々が予め持っている信念を正当化するように科学的あるいは技術的証拠に反応することが、多くの心理学研究で示されている。1979年の古典的な研究で、死刑賛成者および死刑反対者に、2つのフェイクな科学的研究結果を提示した。死刑が凶悪犯罪、特に殺人を抑止するという主張を支持する研究と、否定する研究である。さらに、被験者たちに、フェイクな研究についての方法論的な批判詳細を提示した。科学的意味で、いずれの研究も相手に勝っていない。それでもなお、被験者たちは、自分が支持しない結論の研究を強く批判し、イデオロギー的に合った結論を出している研究を「説得力があるもの」と描写した。

それ以来、同様の結果が、差別是正措置や銃規制やゲイのステレオタイプの正確さなどについての「証拠」への反応で示されてきた。たとえ、被験者たちが直接的に、バイアスなく公平に証拠に対処するように指導されていても、多くの場合、被験者たちは失敗する。

人々は予め持っている見方を支持するように科学的証拠を歪めたり、選択的に読んだりするだけではない。Yale Law SchoolのDan Kahan教授と共同研究者たちによる研究によれば、倫理や社会のあるべき管理方法についての、人々の深く根差した見方によって、人々が誰を正統な科学的専門家と考え、論争となっている問題についての「科学的コンセンサス」がどこにあると考えるかが、予測できる。

Kahanの研究では、被験者は個人主義か共同社会主義者、階層主義者か平等主義者という文化的価値観に基づいて分類された。(非常に単純化するなら、階層主義な個人主義者は保守的共和党支持者で、平等主義な協働社会主義者はリベラルな民主党支持者と考えられる。)ある研究では、各グループの被験者たちは、近しい友人が、気候変動・核廃棄物隔離・個人情報保護法のリスクを判断するのを助けるように頼まれた。「友人はあなたに、問題についての本を読むつもりだが、どの著者が知識があって、信頼できる専門家なのか意見を聞きたいと言ってきた」と。そして被験者にはフェイクな専門家について「National Academy of Science会員で関連分野で有名大学で博士学位を取得し、現在は別の学部にいる」といったレジメが提示される。そして、被験者には、そのフェイクな専門家による本の引用が提示される。それには問題となっているリスクが高い、あるいは低い、確立されている、あるいは憶測的であると描写されている。その結果は荒涼たるものだった。科学者の立場が「地球温暖化は本当で人類起源のものだ」というものであるとき、階層主義な個人主義者で、その科学者が信頼できる知識ある専門家だと回答したのは23%にすぎなかった。しかし、平等主義な共同社会主義者では同じ科学者を、信頼できる知識ある専門家だと回答したのは88%だった。同様の結果が、「地下に安全に核廃棄物を隔離できるか」や「銃所有が犯罪抑止になるか」でも見られた。(平等主義と共同社会主義、階層主義と個人主義が常にリンクしているわけではない。別の研究では、階層主義者と共同社会主義者が精神障害者に治療を強制する法律に賛成し、個人主義者と平等主義者が反対した。)

言い換えるなら、人々は、自分たちの深く根差す見方に反する結論の故に、科学的ソースの妥当性を否定する。そして、各シナリオに内在する相対リスクを否定する。階層主義な個人主義者は、自分たちが称揚するもの(商業・工業・家族を守るための銃を所有する権利)が、社会に対して害を及ぼす結果になることを受け入れがたいことがわかった。一方、平等主義な共同社会主義者は、自由市場は有害で、家父長的な家庭は子供をダメにし、人々は銃を扱えないと考える傾向にある。いずれにせよ、被験者たちは心の中では「非科学」ではない。被験者にとってそうであってほしいと思うものが「科学」なのだ。

そして、「人々を説得する方法は証拠と論である」というスタンダードな考えは弱められる。事実、真っ向勝負で説得しようとすると、ときどきバックファイア効果を引き起こす。そうなると、人々は事実に直面して考えを変えないどころか、誤った見方をより強固にする。

たとえば、2003年の米国のイラク侵攻の直前にSaddam Husseinが大量破壊兵器を隠し持っていたかどうかの問題を考えよう。政治科学者Brendan NyhanとJason Reiflerが被験者に、そのことが最初は示唆され(ブッシュ大統領の2004年の発言からの引用)たが、あとでこれが否定された(侵攻前のイラクに大量破壊兵器問題がの証拠が見つからなかったというブッシュ大統領のイラク調査グループ報告)ことが書かれたフェイクな新聞記事を提示した。このとき保守的な人々は、この主張を信じる傾向が強かった。(研究者たちは、「ブッシュ大統領が実際には幹細胞研究を禁止していないことが提示された時のリベラルの反応も調査している。リベラルも特に説得に従いやすいわけではなかった。ただし、バックファイアー効果は見られなかった。)






posted by Kumicit at 2011/05/01 04:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/04/30

Chris Mooneyの「我々が科学を信じない理由についての科学」(1/4)

Chris Mooneyの「The Science of Why We Don't Believe Science (我々が科学を信じない理由についての科学)」がとってもいい。ただ、ちょっと長いので、4回くらいに分けて訳していきたい。

[Chris Mooney: "The Science of Why We Don't Believe Science" (2011/04/18) on Mother Jones]

我々が科学を信じない理由についての科学 (1/4)


「信念の人の考えを変えるのは困難だ。彼に意見が合わないと言ったら、彼はそっぽを向くだろう。彼に事実や数字を見せれば、そのソースを疑問視するだろう。論理に訴えれば、彼は論点を理解しないだろう」 そう、Stanford Universityの有名な心理学者Leon Festingerは書いた。これは、米国人の一部が、我々の知っている地球温暖化や人類が原因であることなどを否定する、気候変動否定論について言っていると思うかもしれない。しかし、これは、それよりずっと昔の1950年代のことで、Festingerは心理学の有名なケーススタディについて書いている。

Festingerと共同研究者たちはシカゴの小さなカルト"Seekers"に潜入した。Seekersはイエス・キリストの霊体を含む複数のエイリアンと交信していると信じていた。このカルトは、ダイアネティクス愛好者であり、星間メッセージを自動筆記で書いているDorothy Martinに率いられていた。

彼女を通して、エイリアンたちは地球が壊滅する正確な日付 1954年12月21日を伝えていた。Martinの信者の一部は、大陸が分裂し米国の大半が新たな海に飲み込まれるとき、空飛ぶ円盤に救出してもらうことを期待して、仕事を辞めて、資産を売り払った。信者たちは、宇宙船内では危険だということで、ブラジャーやズボンのファスナーなどの金属を取り外した。

Festingerと研究チームは予言がはずれるときをカルトとともに迎えた。まず、"boys upstairs"(エイリアンはそう呼ばれた)は姿を現さず、Seekerたちを救出しなかった。そして、12月21日が何事もなく到来した。Festingerはまさにそのときを待っていた。感情的に深く信じていたものが、完膚なきまでに論破されたとき、人々はどう反応するのか?

まず、カルトは説明を求めて努力した。しかし、その後、合理化が起きた。新たなメッセージが到着し、最後の瞬間に彼らが予言を免れたことを知らされた。Festingerは地球外生命の新たな宣告を次ように要約した。「小さな集団が、一晩座って、あまりにも光を放っていたので、神が世界を破壊から救ったのだ」 予言を信じたいという意欲が予言から地球を救ったのだと。

その日から、かつては報道機関に対してシャイで、布教活動に無関心だったSeekerたちは方向転換し始めた。「緊急性を感じることは極めて大きい」とFestingerは書いている。彼らが信じていたことがすべて破綻したことで、彼らは自らの信念を強めていった。

否定論の年代記において、Seekerたちほど極端な例は多くない。彼らは職を失い、報道機関は彼らを嘲笑し、多感な若者たちが彼らに近づかないようにする活動もあった。しかし、Martinの宇宙カルトは人間の自己幻惑スペクトルの極端にいるが、そのまわりに多くが存在している。Festingerの研究以降、心理学と神経科学で多くの発見がなされ、我々が予め持っている信念が、新事実よりも、はるかに強力に、我々の考えをゆがめ、最も冷静かつ論理的な結論すらゆがめることが示されてきた。この、いわゆる「動機づけられた推論」を行う傾向の存在は、証拠があまりにも明確でありながら、極端に偏った意見を持つ集団が存在する理由を説明するのに役立つ。たとえば、気候変動やワクチンや"death panels"や大統領の出生地や宗教など。期待している人々は、事実の周りに飛び回っている事実に納得しているようである。

「動機づけられた推論」の理論は現代神経科学の重要な洞察の上に成り立っている。推論は感情日見ている(研究者たちはこれを「影響」と呼んでいる)。人々や物事や考えについての正負の感情が不可分に起きてくるのは、我々の意識的思考よりも、はるかに速く、脳波デバイスで検出可能なミリ秒単位であり、我々が意識をするよりも早い。それは驚くべきことではない。我々は環境中の刺激に対して迅速に反応することを進化は求めている。それは、University of Michiganの政治科学者Arthur Lupiaが説明する「基本的な人間の生存スキル(basic human survival skill)」である。我々は脅かしてくる情報を遠ざけ、親しみを感じる情報を近づける。我々は「戦うか逃げるのかの反応(fight-or-flight reflexes)」を捕食者に対してだけではなく、データそのものに対しても適用する。

我々は感情によって駆動されるだけではない。もちろん、意図的に推論を行う。しかし、推論はあとからやってきて、ゆっくり対応し、感情のないところで推論は行われない。むしろ、迅速に起こった感情は、大きく気になっている事柄について特にバイアスのかかった思考の方向性をセットする。

たとえば、創造主を信じている人が、深く挑戦するような科学的発見、我々の進化的起源を確認するような新たな人類の発見を聞いたとしよう。Stony Brook Universityの政治科学者Charles Taberが次に起きることを説明する。「新発見に対する無意識のネガティブな反応が起きて、そして、記憶のタイプをガイドして、意識上で関連性が形成される。「以前の信念と合致する考えを取り出しす。その考えが、自分が聞いたことについての議論と反論の構築を誘導する」とTaberは言う。

言い換えるなら、我々が自分が推論していると思っているが、実際には合理化しているのかもしれない。あるいはUniversity of Virginiaの心理学者Jonathan Haidtは次のようなアナロジーを提唱している。「我々は自分は科学者だと考えているが、実際には弁護士であるのだ」 我々の「推論」は、予め定めれた到達点、すなわち我々が勝利する「ケース」に至る手段であり、バイアスを通した推量である。それらには「確証バイアス」があって、自分の信念を強化する証拠や論に重きを置き、「反証バイアス」があって、自分と相性の悪い見方や論をデバンクあるいは論破しようと不釣り合いなまでにエネルギーを使う。

専門用語が多く出てきたが、我々はこれらのメカニズムを対人関係で知っている。たとえば、自分の配偶者が浮気をしていたとか、自分の子供がいじめっこであるとかを信じたくないとしよう。それを感情的に受け入れがたいなら、誰が見ても明らかな事実をそうではないと説明するために、相当な努力をすることになる。しかし、それは我々が世界を正確に認識しようという動機を持つことがないことを意味するわけではない。我々はそうする。あるいは、我々は決して心を変えることがないわけではない。我々は心を変える。これは、正確さ以外に重要な到達点、たとえば自分のセンスを確認し守ろうとすることなどがある。そして、事実が我々の信念を変えろと告げていても、我々はしばしば、それに強く抵抗する。


Obama大統領の出生地問題については、Colbert Report 2011/04/27を参照のこと。





posted by Kumicit at 2011/04/30 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/03/22

ジャーナリストは一次情報へのリンクを

TelegraphからDaily Mailまで新聞(サイト)の捻じ曲げたり、間違ったりした報道に関して、一次情報にリンクをはっていないのが問題とBen Goldacreが指摘している。
Why don’t journalists link to primary sources? Whether it’s a press release, an academic journal article, a formal report, or perhaps (if everyone’s feeling brave) the full transcript of an interview, the primary source contains more information for interested readers, it shows your working, and it allows people to check whether what you wrote was true. Perhaps linking to primary sources would just be too embarrassing.

何故、ジャーナリストは一次情報にリンクしないんだい? プレスリリースであれ、学術誌計算論文であれ、正式報告書であれ、インタビューの全口述記録であれ、一次情報は興味ある読者が求める情報お多く含んでいる。それでキミの仕事がわかるし、キミの書いたものが正しいか確認できる。たぶん一次情報へリンクの問題は、ウザすぎることだけ。
...

It’s also an interesting difference between different forms of media: most bloggers have no institutional credibility, and so they must build it, by linking transparently, and allowing you to easily double check their work.

But more than anything, because linking sources is such an easy thing to do, and the motivations for avoiding links are so dubious, I’ve detected myself using a new rule of thumb: if you don’t link to primary sources, I just don’t trust you.

メディアの形態によって面白い違いがある。ほとんどのプロガは組織としての信用を持っていないので、リンクして、簡単に記述内容のチェックができるようにすることで、信用を作らなければならない。

しかし、何よりも、ソースへのリンクは簡単なことなので、それを避ける動機はかなり疑わしい。これからは「一次情報にリンクしていないなら、そんなものは信用しない」というルールで行動しよう。

[Ben Goldacre: "Why don’t journalists link to primary sources?" (2011/03/19) on bad science]
具体例はBen Goldacreのエントリ参照。

日本でも、ZakuZakuの記事が、日本発のNY Times記事にリンクを貼ることなく言及して、ストーリーの捏造をしたことが指摘されている。

リンクのない日本語記事をチェックしようとすると、海外情報の場合、カタカナになっている個人名・組織機関名・地名・用語などのアルファベット表記を推定しなければならない。これだと事実上、海外情報のクロスチェックを拒否しているに等しい。
posted by Kumicit at 2011/03/22 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/01/15

科学の方法を教えても解決しないかも

人々がニセ科学を信じる理由として、Michael Shermerが10年ほど前に、こんなことを書いている。
Smart people believe weird things because they are skilled at defending beliefs they arrived at for non-smart reasons.

Rarely do any of us sit down before a table of facts, weigh them pro and con, and choose the most logical and rational explanation, regardless of what we previously believed. Most of us, most of the time, come to our beliefs for a variety of reasons having little to do with empirical evidence and logical reasoning. Rather, such variables as genetic predisposition, parental predilection, sibling influence, peer pressure, educational experience and life impressions all shape the personality preferences that, in conjunction with numerous social and cultural influences, lead us to our beliefs. We then sort through the body of data and select those that most confirm what we already believe, and ignore or rationalize away those that do not. [This phenomenon, called the confirmation bias]

賢い人々は、賢くない理由で自分たちが到達し信条を擁護することに長けているので、変なものを信じる。

我々が、事実を前に腰を落ち着けて、賛否両論を秤にかけ、最も論理的かつ合理的な説明を、自分がこれまで信じてきたもに関わらず選択するということは、ほとんどない。我々の大半は、ほとんどの場合、様々理由で到達した信条は、経験的証拠や論理的推論によって影響されることはない。むしろ。、遺伝的要因・親の好み・兄弟姉妹の影響・仲間からの圧力・教育経験・生活の印象などのによって個人の好みが形成され、多くの社会的および文化的影響と相まって、我々の信条をつくりあげる。そして、我々はデータ全体を並べなおして、既に信じていることを最も核にできるデータを選択し、そうでないデータを無視するか、合理化する。[この現象を確認バイアスと呼ばれる]

[Michael Shermer: "Smart People Believe Weird Things" (2002/09) ]
特に強い理由や合理性もなく信条を作り上げていて、それに反するデータがあっても無視・合理化する傾向を持つという人間の特性によるものだとMichael Shermerは言う。

これは、数日前に取り上げたように、それほど関心のない分野についても同様で、ひとたびニセ科学を信じたら、その印象を消すのは容易ではない。

で、Michael Shermerは対策として、科学知識だけでなく科学の方法を教えることを挙げる。
The key here is teaching how science works, not just what science has discovered. We recently published an article in Skeptic (Vol. 9, No. 3) revealing the results of a study that found no correlation between science knowledge (facts about the world) and paranormal beliefs. The authors, W. Richard Walker, Steven J. Hoekstra and Rodney J. Vogl, concluded: “Students that scored well on these [science knowledge] tests were no more or less skeptical of pseudoscientific claims than students that scored very poorly. Apparently, the students were not able to apply their scientific knowledge to evaluate these pseudoscientific claims. We suggest that this inability stems in part from the way that science is traditionally presented to students: Students are taught what to think but not how to think.”

ここでのキーは科学が発見したことだけでなく、科学の方法も教えることである。我々は最近(2002年)、Skeptic Magazine(Vol.9 No.3)の記事で、科学的知識(世界に関する事実)と超自然を信じることに相関がないことを示した研究結果を報告した。著者であるW. Richard WalkerとSteven J. HoekstraとRodney J. Voglは「科学知識のテストのスコアが高かった学生は、超自然な主張について懐疑度は、スコアが低かった学生と変わりなかった」と結論した。学生たちは科学的知識を、これらの超自然な主張の評価に適用できていないようである。その理由のひとつとして、「学生たちに科学を提示する伝統的な方法、すなわち、どう考えるかではなく、何を考えるかを教える」ことを挙げている。

[Michael Shermer: "Smart People Believe Weird Things" (2002/09) ]
しかし、科学の方法を教えても、効果は期待できないかもしれないという研究がある。

==>Matthew Johnson & Massimo Pigliucci: "Is knowledge of science associated with higher skepticism of pseudoscientific claims?", The American Biology Teacher 66(8):536-548. 2004 doi: 10.1662/0002-7685(2004)066[0536:IKOSAW]2.0.CO;2

これは2004年に発表されたUniversity of TennesseeのMatthew JohnsonとMassimo Pigiucciの研究結果で、University of Tennesseeの学生を対象として調査を行ったものである。
We presented our survey to four classes, two second-year biology and two second-year philosophy classes. Our original experimental design assumed that philosophy majors would attend the philosophy classes, but due to class scheduling conflicts at the time of the survey, the only philosophy classes we had access to were in fact ethics classes attended by business majors. Overall, there were 170 respondents. [University of Tennessee - Knoxville]

我々は、2年の生物学および2年の哲学の授業について行った調査結果を報告する。元々の我々の実験デザインでは、哲学専攻の学生は哲学の授業に出席すると仮定していたが、調査時点では授業スケジュールが重なっていて、我々が調査できた哲学の授業は実際には、経営専攻の学生が出席する倫理学の授業だった。全体で170名の回答があった。
...
Table 5. Pairwise Spearman's rank correlation coefficients relating overall scores of students in pseudoscience, science facts and science concepts categories. Significance levels of the statistical tests are in parentheses. Similar results were obtained using either Kendall's rank or Pearson parametric correlation coefficients.

表5: 疑似科学を信じる・科学の知識・科学の方法についての学生たちのスコアの、スピアマンの順位相関係数。()内は有意水準。ケンドールの順位相関およびピアソンのパラメトリック相関でも結果は同様。

疑似科学を信じる   科学の知識
科学の知識 -0.18 -
(0.0228)
科学の方法 -0.06 +0.27
(0.4383) (0.0007)

[Matthew Johnson & Massimo Pigliucci: "Is knowledge of science associated with higher skepticism of pseudoscientific claims?", The American Biology Teacher 66(8):536-548. 2004 doi: 10.1662/0002-7685(2004)066[0536:IKOSAW]2.0.CO;2]
科学の知識も科学の方法も、効いてそうにない結果となっている。確定的なことは言えるようなものではないが、科学の知識や方法を教える他に、別の手が必要なようである(もっとも、そんなものが存在するのかわからないが)。



ちなみに、この調査に用いられたアンケートは...


1. 以下のうち、どれが地球の全エネルギーあるいはほぼ全エネルギーの主要な源か?
(A) 植物
(B) 動物
(C) 石炭
(D) 石油
(E) 太陽


2. 以下のうち、どれが正しいか?
(A) エネルギーはひとつの形態から別の形態に転換できる
(B) エネルギーはひとつの形態から別の形態に転換できない
(C) 運動している物体が、その動きによって持っているエネルギーは、正しくはポテンシャルエネルギーとして知られている
(D) 物体がその位置によって持っているエネルギーは運動エネルギーと言われる。
(E) 核分裂エネルギーが2005年のエネルギー源第1位であること、大半の科学者は容易に同意する。


3. 傷の近くの皮膚に磁石をあてることで、傷が癒える
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


4. 科学は。いずれ変わるかもしれない、一時的な結論しか出せない
(T) 正しい
(F) 間違っている


5. 科学は「科学的方法」と呼ばれる研究実行のひとつ一定の方法を持っている
(T) 正しい
(F) 間違っている


6. フォトン(光子)は...
(A) 粒子である
(B) 波である
(C) エネルギーの単位である
(D) 状況により、粒子であり、波である
(E) 光を説明するために使われる理論的存在


7. 政府は異星人がエリア51のような場所に来ている証拠を隠している
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


8. 科学理論は説明であって事実ではない
(T) 正しい
(F) 間違っている


9. 人間は心を使って、未来を見たり、他人の思考を読んだりできる。
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


10. 占星術により、人の性格や未来を知ることができる
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


11. 旋毛虫の重い感染により、人は旋毛虫症という病気になることがある。このような状況を記述する最も適切な言葉はどれか?
(A) 寄生
(B) 共生
(C) コマーシャリズム
(D) 慈善
(E) 良性


12. 有機化合物と無機化合物の主たる違いは以下のどれか?
(A) 有機化合物は生きている化合物であり、無機化合物は生きていない化合物である
(B) 有機化合物よりも、無機化合物の方が多くの種類がある
(C) 無機化合物は有機化合物からのみ、合成可能である
(D) 有機化合物は無機化合物からのみ、合成可能である
(E) 有機化合物は炭素を含む


13. 周期表のPbはどれか?
(A) 鉄
(B) リン
(C) 鉛
(D) プルトニウム
(E) カリウム


14. ビッグフットと呼ばれる類人猿のような哺乳類が、アメリカ大陸の森林を歩き回っている
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


15. 科学は事実に関するものであって、人間や、事実の解釈に関するものではない
(T) 正しい
(F) 間違っている


16. 科学的であるためには、実験を行う必要がある
(T) 正しい
(F) 間違っている


17. ネッシーとも呼ばれる恐竜がスコットランドの湖に生息している
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


18. チェーンメールを送ると、幸運になれる
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


19. ひとつの実験で理論が正しいと証明できる
(T) 正しい
(F) 間違っている


20. 新しいチョークを計測するのに適した単位はどれか?
(A) メートル
(B) リットル
(C) キログラム
(D) デシメートル
(E) キロメートル


21. リトマス試験紙をHClに浸けると、どうなるか?
(A) リトマス試験紙の色は変化しない
(B) リトマス試験紙が溶ける
(C) リトマス試験紙が青色になる
(D) リトマス試験紙が赤色になる
(E) 炭酸から酸素が発生する


22. 科学は部分的には、信条・仮定・観測不可能なものに基づいている
(T) 正しい
(F) 間違っている


23. ネコやイヌのような動物は幽霊の存在を感知できる
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


24. 以下のうち、遺伝障害はどれか?
(A) ダウン症候群
(B) 梅毒
(C) マラリア
(D) 白血病
(E) 肺気腫


25. 科学法則は徹底的に確認された理論である
(T) 正しい
(F) 間違っている


26. 受け入れられた理論とは、十分な証拠によって確認され、反証しようという試みに耐えている仮説である
(T) 正しい
(F) 間違っている


27. ヴードゥーの呪いは本当にあって、人を殺したことが知られている
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


28. 科学者は直接観測されたことがない理論的存在が存在することを受け入れている
(T) 正しい
(F) 間違っている


29. 鏡が壊れると、長い年月にわたって不幸が訪れる
(1) まったく信じない
(2) それが正しいか疑っている
(3) 正しいか間違っているか、わからない
(4) 正しいと信じている
(5) 正しいと強く信じている。


30. 地球が最も太陽に近づくのはいつか?(北半球の季節のなかで)
(A) 夏
(B) 秋
(C) 冬
(D) 春
(E) 春と夏





1. E 科学の知識
2. A 科学の知識
3. - 疑似科学
4. T 科学の方法
5. F 科学の方法
6. E 科学の知識
7. - 疑似科学
8. T 科学の方法
9. - 疑似科学
10. - 疑似科学
11. A 科学の知識
12. E 科学の知識
13. C 科学の知識
14. - 疑似科学
15. F 科学の方法
16. F 科学の方法
17. - 疑似科学
18. - 疑似科学
19. F 科学の方法
20. D 科学の知識
21. D 科学の知識
22. T 科学の方法
23. - 疑似科学
24. A 科学の知識
25. F 科学の方法
26. T 科学の方法
27. - 疑似科学
28. T 科学の方法
29. - 疑似科学
30. C 科学の知識

[Matthew Johnson & Massimo Pigliucci: "Is knowledge of science associated with higher skepticism of pseudoscientific claims?", The American Biology Teacher 66(8):536-548. 2004 doi: 10.1662/0002-7685(2004)066[0536:IKOSAW]2.0.CO;2]

posted by Kumicit at 2011/01/15 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/01/06

否定論者と戦うときに Again

4年前のWashington Postの記事がとても面白いので取り上げてみる。
cdc.jpg

The federal Centers for Disease Control and Prevention recently issued a flier to combat myths about the flu vaccine. It recited various commonly held views and labeled them either "true" or "false." Among those identified as false were statements such as "The side effects are worse than the flu" and "Only older people need flu vaccine."

When University of Michigan social psychologist Norbert Schwarz had volunteers read the CDC flier, however, he found that within 30 minutes, older people misremembered 28 percent of the false statements as true. Three days later, they remembered 40 percent of the myths as factual.

Younger people did better at first, but three days later they made as many errors as older people did after 30 minutes. Most troubling was that people of all ages now felt that the source of their false beliefs was the respected CDC.

米国疾病予防管理センター(CDC)は最近(2007年)、インフルエンザワクチンに関する俗説に対抗するビラを作成した。これは多くの広まった見方を提示して、「正しい」「誤り」に分類していた。「誤り」には「副作用はインフルエンザよりも悪い」と「老人のみ予防接種が必要」があった。

University of Michiganの社会心理学者Norbert Schwarzは被験者にこのCDCのビラを読ませたが、30分後には、高年齢の人々は「誤り」のうち28%を「正しい」と記憶していた。3日後には、40%の俗説を事実だと記憶していた。

若い人々は最初は高年齢の人々よりうまくやったが、3日後には高年齢の人々の30分後の結果と同程度になった。もっとも問題なのは、年齢によらず、[正しいと間違って記憶していた]誤った考えの情報源がCDCだと感じてたことだ。

[Shankar Vedantam: "Flu vaccine Facts mythes--Persistence of Myths Could Alter Public Policy Approach" (2007/09/04) on Washington Post]
要するに...
  • 与えられた情報:「CDCは言っている『副作用はインフルエンザよりも悪い』は『誤りだ』と」
  • 記憶に残った事:「CDCは言っている『副作用はインフルエンザよりも悪い』と」

という傾向があることを確認したNorbert Schwarzの研究から記事は始まる。

そして..
The research is painting a broad new understanding of how the mind works. Contrary to the conventional notion that people absorb information in a deliberate manner, the studies show that the brain uses subconscious "rules of thumb" that can bias it into thinking that false information is true. Clever manipulators can take advantage of this tendency.

The experiments also highlight the difference between asking people whether they still believe a falsehood immediately after giving them the correct information, and asking them a few days later. Long-term memories matter most in public health campaigns or political ones, and they are the most susceptible to the bias of thinking that well-recalled false information is true.

The experiments do not show that denials are completely useless; if that were true, everyone would believe the myths. But the mind's bias does affect many people, especially those who want to believe the myth for their own reasons, or those who are only peripherally interested and are less likely to invest the time and effort needed to firmly grasp the facts.


このNorbert Schwarzの研究は心の働きについての新たな理解を示して見せている。「人々は意図的に情報を吸収するのだ」という従来の考えと違って、この研究は「脳は、誤った情報を正しいと考えるようにバイアスをかける意識下のルールを使っている」ことを示している。賢い情報操作に、この傾向を利用できる。

実験では、「誤った考えを今も信じているか」と正しい情報を与えた直後に被験者に質問した結果と、それから数日後に質問した結果の違いを見ている。公衆衛生キャンペーンや政治キャンペーンでは長期記憶が問題となる。それらは、よく覚えている誤った情報を正しいと考えるバイアスに影響されやすい。

実験では、誤った情報を否定することが全く役に立たないことを示したわけではない。もしそうなら、誰もが俗説を信じるだろう。しかし、心のバイアスは多くの人々、特に「俗説を信じたい理由を持っている」人々や、「ちょっとした興味しかなくて、事実を確実に把握するために必要な時間と努力を使いたくない」人々には、影響を及ぼしている。
人間の脳の働き、「先に情報をばらまいた方が勝つ」という状況を作りだしているらしい。

そして、さらに「誤った情報を否定する」という懐疑論者の行動自体が、「誤った信念を強化する」可能性さえし提起される。
The research also highlights the disturbing reality that once an idea has been implanted in people's minds, it can be difficult to dislodge. Denials inherently require repeating the bad information, which may be one reason they can paradoxically reinforce it.

この研究はまた、「人々の心にひとたび植えつけられた考えを除去するのは困難である」という困った現実も明らかにしている。「俗説を否定する情報を流すには必然的に、その対象である誤った情報を流す必要があり」そのことが、「俗説を否定する情報を流すことで、結果として人々の誤りを強化することになる」理由でもある。
記憶に留まるのが、依然聞いたことがある部分だけという悲しいことになるようだ。

こうなるのは、繰り返し入ってくる情報は正しい情報だと判断してしまう意識下のルールがあるためだという。
a new experiment by Kimberlee Weaver at Virginia Polytechnic Institute and others shows that hearing the same thing over and over again from one source can have the same effect as hearing that thing from many different people -- the brain gets tricked into thinking it has heard a piece of information from multiple, independent sources, even when it has not. Weaver's study was published this year in the Journal of Personality and Social Psychology.

The experiments by Weaver, Schwarz and others illustrate another basic property of the mind -- it is not good at remembering when and where a person first learned something. People are not good at keeping track of which information came from credible sources and which came from less trustworthy ones, or even remembering that some information came from the same untrustworthy source over and over again. Even if a person recognizes which sources are credible and which are not, repeated assertions and denials can have the effect of making the information more accessible in memory and thereby making it feel true, said Schwarz.

Virginia Polytechnic InstituteのKimberlee Weaverたちの新たな実験で、「同じ情報源から繰り返し同じことを聞かされる」のと「多くの人々から同じことを聞かされる」のと同じ効果をもたらすことを示した。すなわち、実際にはそうではないのに、複数の独立した情報源から情報を得たと脳が考えてしまう。Weaverの研究は今年(2007年)、Journal of Personality and Social Psychologyに掲載された。

Weaverたちの実験は、心の別な基本特性も示している。それは、人間は最初にどこで情報を得たかを覚えるのが不得意だということである。そして、人々はどの情報が信頼できる情報源から来たのか、どの情報が疑わしい情報源から繰り返し来たのか覚えるのが不得意だ。「たとえ、どの情報源が信頼できて、どの情報源が疑わしいか知っていても、繰り返される主張と否定によって、情報が脳内記憶に触れやすくなり、より正しいと感じやすくなる」と共著者のSchwartzは言う。
さらに「***という主張があるが、それは誤りだ」と聞かされても、時間がたつと「***という主張がある」だけが残ってしまうという研究もある。
Experiments by Ruth Mayo, a cognitive social psychologist at Hebrew University in Jerusalem, also found that for a substantial chunk of people, the "negation tag" of a denial falls off with time. Mayo's findings were published in the Journal of Experimental Social Psychology in 2004.

"If someone says, 'I did not harass her,' I associate the idea of harassment with this person," said Mayo, explaining why people who are accused of something but are later proved innocent find their reputations remain tarnished. "Even if he is innocent, this is what is activated when I hear this person's name again. ....

Mayo found that rather than deny a false claim, it is better to make a completely new assertion that makes no reference to the original myth. Rather than say, as Sen. Mary Landrieu (D-La.) recently did during a marathon congressional debate, that "Saddam Hussein did not attack the United States; Osama bin Laden did," Mayo said it would be better to say something like, "Osama bin Laden was the only person responsible for the Sept. 11 attacks" -- and not mention Hussein at all.

エルサレムのHebew Universityの認知社会心理学者Ruth Mayoの実験でも「多く人々が、否定情報の『否定タグ』が時間とともに欠落させてしまうこと」が示された。Mayoの発見は2004年に Journal of Experimental Social Psychologyに掲載された。

ひとたび嫌疑を受けた後で無罪になった人物に悪い評判が残る理由を説明として「誰かがもし『私は彼女にハラスメントしていない』と言ったら、わたしはこの人物とハラスメントを関係づける。彼がたとえ無罪でも、この人物の名前を聞くと、この関連を思い出す」とMayoは言う。

Mayoは「誤った主張を否定するより、もとの誤った主張に触れずに、まったく別の新しい主張をした方が良い」ことを発見した。近頃、連邦上院議員Mary Landrieu(民主党)は長時間の連邦議会の議論において「サダムフセインが米国を攻撃したのではない。やったのはオサマ・ビン・ラディン」だと述べたが、フセインに言及せずに「オサマ・ビン・ラディンのみが9..11の攻撃の元凶である」と述べたほうが良いとMayoは言う。
つまり、こうなる:
  • 与えられた情報:「サダム・フセインは米国を攻撃していない。オサマ・ビン・ラディンが攻撃した」
  • 記憶に残った事:「サダム・フセインは米国を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・攻撃した」


  • 与えられた情報:「オサマ・ビン・ラディンが9.11の攻撃の元凶である」
  • 記憶に残った事:「オサマ・ビン・ラディンが9.11の攻撃の元凶である」


このような別な形での情報提示が不可能で、「誤った主張を否定する」か「沈黙する」かの2択になる場合も多い。その場合...
So is silence the best way to deal with myths? Unfortunately, the answer to that question also seems to be no.

Another recent study found that when accusations or assertions are met with silence, they are more likely to feel true, said Peter Kim, an organizational psychologist at the University of Southern California. He published his study in the Journal of Applied Psychology.

それでは俗説に沈黙するのが最善の方法か? 残念ながら、それに対する答えはノーだろう。

「別の最近の研究で、告発あるいは主張に対して、誰もが沈黙した場合、その告発あるいは主張は正しいを受け取られる可能性が高まることが明らかになった」と、University of Southern Californiaの組織心理学者Peter Kimは言う。彼はその研究をJournal of Applied Psychologyに掲載した。
対抗議論を出さないのもまずいらしい。

で、これらから言えることは、「ビリーバーを説得するのは非常に困難なので、ビリーバー対策は諦めて、ビリーバーになる前の人々に情報を先に注入することで、ビリーバーになるのを防ぐ」というのが、現実的に狙える限界線だということだろう。

posted by Kumicit at 2011/01/06 01:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/06/15

否定論者と戦うときに

Pascal Diethelm and Martin McKeeは否定論者の行動の特徴をまとめている。ちょっと長いので、Debora MacKenzieによる概要版を列挙する。ただし最初の5個がオリジナルで、6個目MacKenzieの追加項目:.

  1. Allege that there's a conspiracy. Claim that scientific consensus has arisen through collusion rather than the accumulation of evidence.
    陰謀があると主張する。科学的コンセンサスは証拠の集積ではなく談合によってできたと主張する。

  2. Use fake experts to support your story. "Denial always starts with a cadre of pseudo-experts with some credentials that create a facade of credibility," says Seth Kalichman of the University of Connecticut.
    自分たちの主張を支持するフェイクな専門家を使う。「否定論は、信頼性を仮装する何らかの資格を持つ疑似専門家要員から始まる」とUniversity of ConnecticutのSeth Kalichmanは言う。

  3. Cherry-pick the evidence: trumpet whatever appears to support your case and ignore or rubbish the rest. Carry on trotting out supportive evidence even after it has been discredited.
    証拠のつまみ食い。自分の主張を支持すると思われる証拠を吹聴し、そうでない証拠を無視するか、捨てる。たとえ信頼性を失った証拠でも自分を支持する証拠を担ぎ続ける。

  4. Create impossible standards for your opponents. Claim that the existing evidence is not good enough and demand more. If your opponent comes up with evidence you have demanded, move the goalposts.
    敵対者に対して、不可能な基準を創る。既存の証拠は不十分で、もっと必要だと主張する。もし敵対者が、要求した証拠を持ってきたら、それでは不十分で、もっと必要だと主張する。

  5. Use logical fallacies. Hitler opposed smoking, so anti-smoking measures are Nazi. Deliberately misrepresent the scientific consensus and then knock down your straw man.
    詭弁を使う。ヒトラーは喫煙に反対したので、禁煙対策はナチだ。意図的に科学的コンセンサスを偽って提示し、その藁人形を打ち倒す。

  6. Manufacture doubt. Falsely portray scientists as so divided that basing policy on their advice would be premature. Insist "both sides" must be heard and cry censorship when "dissenting" arguments or experts are rejected.
    疑いを創りだす。科学者たちの意見は割れているという偽りの描写を行い、科学者たちの助言の基づく政策は時期尚早だと主張する。「両側」の意見を聴く必要があると主張し、「非主流」の論や専門家が否定されると、検閲だと叫ぶ。
これらは目新しいものではなく、従来から観察されてきたことのまとめ。

Pascal Diethelm and Martin McKeeはこのような否定論者に対して、

Denialists are driven by a range of motivations. For some it is greed, lured by the corporate largesse of the oil and tobacco industries. For others it is ideology or faith, causing them to reject anything incompatible with their fundamental beliefs. Finally there is eccentricity and idiosyncrasy, sometimes encouraged by the celebrity status conferred on the maverick by the media.

否定論者たちは様々な動機を持っている。ある者たちは石油産業やタバコ会社の気前の良さに釣られる。またある者たちはイデオロギーと信仰を動機とし、自分たちの根本的な信仰に反するものは何でも否定する。そして最後は、エキセントリックあるいは特異性。時にはメディアで一匹狼と持ち上げられた有名人の立場。

Whatever the motivation, it is important to recognize denialism when confronted with it. The normal academic response to an opposing argument is to engage with it, testing the strengths and weaknesses of the differing views, in the expectations that the truth will emerge through a process of debate. However, this requires that both parties obey certain ground rules, such as a willingness to look at the evidence as a whole, to reject deliberate distortions and to accept principles of logic. A meaningful discourse is impossible when one party rejects these rules. Yet it would be wrong to prevent the denialists having a voice. Instead, we argue, it is necessary to shift the debate from the subject under consideration, instead exposing to public scrutiny the tactics they employ and identifying them publicly for what they are. An understanding of the five tactics listed above provides a useful framework for doing so.

動機が何であれ、重要なことは直面しているものが否定論だと認識することだ。通常の学術的な反応は、論争の過程で真実が明らかになるとの期待のもとに、敵対する論との論争を行い、異なる見方について強いところと弱いところを検証する。しかし、これが成立するには論争の両側が基本的なルールに従う必要がある。たとえば、証拠全体を見て、意図的歪曲を拒否し、論理の原則を受け入れるなど。当事者の一方がこれらのルールを拒否すれば、有意義な議論は不可能になる。しかし、それでも否定論者たちを声を抑圧することは間違っている。そうではなくて、問題としているテーマの論争から、否定論者たちの戦術を人々の目に示し、否定論者たちが何者であるかを明らかにすることにシフトすべきである。これを行うのに、上記の5つの戦術リストが役に立つだろう。

[Pascal Diethelm and Martin McKee: "Denialism: what is it and how should scientists respond?", The European Journal of Public Health 2009 19(1):2-4; doi:10.1093/eurpub/ckn139 ]
否定論者たちのと戦闘では、否定論者たちとの論争ではなく、否定論者たちの戦術と何者であるかを人々に知らしめる行動が必要だという。

これは他の人々も指摘するところであり、たとえばDr. Stephen J Gouldから直接論争を避けるように助言されたDr. Richard Dawkinsは以後、本やメディアなどの手段で戦闘を続行している。

また、HIV否定論では、無視したことが、被害の拡大を招いたとTara C Smithは指摘する
posted by Kumicit at 2010/06/15 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/05/30

否定論者との論争

Richard Dawkinsは、テレビ討論のような形での創造論者とのディベートを拒否するようになった理由を次の様に述べている:
Some time in the 1980s when I was on a visit to the United States, a television station wanted to stage a debate between me and a prominent creationist called, I think, Duane P Gish. I telephoned Stephen Gould for advice. He was friendly and decisive: "Don't do it." The point is not, he said, whether or not you would 'win' the debate. Winning is not what the creationists realistically aspire to. For them, it is sufficient that the debate happens at all. They need the publicity. We don't. To the gullible public which is their natural constituency, it is enough that their man is seen sharing a platform with a real scientist. "There must be something in creationism, or Dr So-and-So would not have agreed to debate it on equal terms." Inevitably, when you turn down the invitation you will be accused of cowardice, or of inability to defend your own beliefs. But that is better than supplying the creationists with what they crave: the oxygen of respectability in the world of real science. I have followed his advice ever since

1980年代のあるとき、私は、Duane P Gishだったと思うが、有名な創造論者とテレビ討論するために、米国のテレビ局に向かうところだった。私はStephen Gouldにアドバイスを求めて電話した。彼はフレンドリーかつ断固として「ディベートしてはいけない」と言った。問題はディベートに勝つか負けるかではない。創造論者たちは現実的に求めているのは勝利ではない。彼らにとってはディベートしただけで十分なのだ。彼らは評判を必要としているが、我々には必要ない。騙されやすい一般人にとっては、創造論者たちが本物の科学者と同じ舞台に立っているというだけで十分なのだ。「創造論にも見るべきものがある」あるいは「誰々博士は公平な条件での討論に合意しなかった」と。もちろん、ディベートの招待を断れば、臆病あるいは、自分が信じているものを擁護できないのだと謗られる。しかし、それでも創造論者が切望しているもの、すなわち本物の科学の世界で払われる敬意を与えるよりはましだ。それ以来、私は彼のアドバイスに従っている。

[Richard Dawkins:"Why I Won't Debate Creationists" (2006/05/14)]
創造論者、そしてインテリジェントデザイン運動家たちは、「Teach the Controvesy(論争の存在を教えろ)」という名目で、公立学校の理科教育へ侵入しようとした。だからこそ、公開討論という手段を拒否すべきだというStephen Gouldの考えは正しい。そして、Richard Dawkinsは本や進化論を扱うテレビ番組やネットなど別なる手段で戦闘を継続する。

同様の考え方はBrian Dunningなども共有するところ:
When you advertise a debate, maybe 1,000 people will attend. And let's say you do a smashing job and manage to convince that entire handful of convincable attendees that science is real. Great, you won over five people. But what you're forgetting is that for those 1,000 attendees, there are 5,000 people out there who heard about the debate (they saw the ads or flyers or whatever) who did not attend. What you unintentionally communicated to those 5,000 people is that your scientific discipline is academically comparable to the pseudoscientific version, and that both are equally valid. The fact that the debate exists at all struck a blow to the public's perception of the credibility of science that far outweighs any progress you may have made in the room.

キミがディベートを広報すれば、1000人くらいが参加するかもしれない。そして、キミは見事に敵を倒して、わずかな本当に学ぼうとしている参加者全員に科学が正しいと納得させたとしよう。すばらしい、キミは5人を獲得した。しかし、キミが忘れているのは1000人の参加者たち、そして参加していないが広報やフライヤーか何かを見てディベートのことを聞いた5000人だ。キミが意図せずして、この5000人に伝えたことは、キミの科学分野がニセ科学バージョンと学術的に比肩するものであり、両者は等しく有効だということだ。ディベートでキミがどれだけのことを成し遂げようとも、ディベートが行われたという事実が科学の信憑性に対する人々の認識に対する打撃となる。

[Brian Dunning: "Should Science Debate Pseudoscience?" (2009/08/18) on Skeptoid, ]
しかし、進化否定論たる創造論やインテリジェントデザインとの戦いと異なり、HIV否定論の様相は違っている。

2010年5月18日からNewScientistが掲載している、否定論問題についてシリーズ「Special report: Living in denial」に登場した、HIV否定論と戦うMichael Fitzpatrickは次のように述べる:
THE epithet "denier" is increasingly used to bash anyone who dares to question orthodoxy. Among other things, deniers are accused of subordinating science to ideology. In his book Denialism: How irrational thinking hinders scientific progress, harms the planet, and threatens our lives, for example, Michael Specter argues that denialists "replace the rigorous and open-minded scepticism of science with the inflexible certainty of ideological commitment".

How ironic. The concept of denialism is itself inflexible, ideological and intrinsically anti-scientific. It is used to close down legitimate debate by insinuating moral deficiency in those expressing dissident views, or by drawing a parallel between popular pseudoscience movements and the racist extremists who dispute the Nazi genocide of Jews.

As philosopher Edward Skidelsky of the University of Exeter, UK, has argued, crying denialism is a form of ad hominem argument: "the aim is not so much to refute your opponent as to discredit his motives". The expanding deployment of the concept, he argues, threatens to reverse one of the great achievements of the Enlightenment - "the liberation of historical and scientific inquiry from dogma".

「否定論者」という呼び名は、正統性に疑問を呈する者たちを叩くために、ますます使われるようになっている。いろいろあるなかでも否定論者は、科学をイデオロギーに従がわせる者だと批判される。Michael Shermerは自著「ダーウィニズム: 非合理的な考えが科学の発展を妨げ、地球に害を与え、多くの人々の命を脅かす」で、彼は否定論者が「厳格で開放的な科学の懐疑論と、柔軟性のない確定的なイデオロギーで置き換える」と論じている。

なんとアイロニーなこと。「否定論」の概念自体が柔軟性のない、イデオロギー的で、反科学である。非主流な見方を提示する者たちの倫理的欠陥を仄めかしたり、よくある疑似科学運動とナチスによるユダヤ人の虐殺に異議を唱える人種差別主義過激派を同じものとすることで、正当な議論を終わらせることに使われる。

英国University of Exeterの哲学者Edward Skidelskyは、相手を否定論だと主張することは「敵に対して反論するよりも、敵の動機の信用を落とすことを目指す」人身攻撃の一形態だと論じる。さらに彼は、これが嵩じれば、「教義に対する歴史的・科学的探究の解放」という啓蒙主義の偉大な成果のひとつを、逆に脅かすものだと論じている。

[Michael Fitzpatrick: Living in denial: Questioning science isn't blasphemy (2010/05/22) on NewScientist]
創造論との戦いでは、「創造論」はダーティワードとして当然のごとく使われている。それに対して、Michael Fitzpatrickは「HIV否定論」という用語を使うべきでないと言う。それは....
Don't get me wrong: the popular appeal of pseudoscience is undoubtedly a problem. But name-calling is neither a legitimate nor an effective response.

Take, for example, two areas in which I have had some involvement: the controversies arising from Peter Duesberg's claim that HIV does not cause AIDS, and the links between vaccines and autism alleged by the former academic gastroenterologist Andrew Wakefield.

Both Duesberg and Wakefield were reputable scientists whose persistence with hypotheses they were unable to substantiate took them beyond the limits of serious science. Though they failed to persuade their scientific peers, both readily attracted supporters, including disaffected scientists, credulous journalists, charlatans, quacks and assorted conspiracy theorists and opportunist politicians.

In both cases, scientists were dilatory in responding, dismissing the movements as cranks and often appearing to believe that if they were ignored they would quietly disappear. It took five years before mainstream AIDS scientists produced a comprehensive rebuttal of Duesberg. Though child health authorities were alert to the threat of the anti-vaccine campaign, researchers were slow to respond, allowing it to gather momentum.

誤解しないでほしい。疑似科学の人気は間違いなく問題である。しかし、否定論者と呼ぶことは正当なことでも、有効な対処でもない。

たとえば、私は何らかの形で関わった2つの例がある。ひとつはHIVはAIDSを起こさないというPeter Duesbergの主張であり、もうひとつは胃腸科研究医であるAndrew Wakfieldが主張したワクチンと自閉症の関係である。

DuesbergとWakefieldはいずれも評価の高い科学者であり、立証できない仮説を持つ続けたことで、真摯な科学の限界を超えてしまった。彼らは同業の科学者を納得させられなかったが、いずれも、不満を抱く科学者や騙されやすいジャーナリストや詐欺師やニセ医師や陰謀論者やご都合主義の政治家など、多くの支持者を容易に集めることができた。

いずれに対しても、科学者たちの対処は遅れがちだった。科学者たちはそのような運動を変なやつらだと思うだけで忘れてしまい、無視していれば、いずれは静かに消え去ると考えていた。主流のAIDS科学者たちが、Duesbergに対して包括的な反論を行うまでに5年が経過していた。子供の医療の専門家たちは反ワクチン運動の危険性に警告を発していたが、研究者たちは緩慢にしか反応せず、結果としては反ワクチン運動を勢いづけた。

[Michael Fitzpatrick: Living in denial: Questioning science isn't blasphemy (2010/05/22) on NewScientist]
創造論との戦いでは、積極的に戦う人々が多くいる。これに対して、HIV否定論については、そうではないという現実があるのは確かだ。

この点について、疫学の研究者で、創造論とも闘うTara C, Smith助教授が、あまりニセ科学に触れていないと思われる医学系の専門家向けに、ニセ科学「HIV否定論(AIDS再評価)」の現状や"やり口"について述べている。その上で...
Because these denialist assertions are made in books and on the Internet rather than in the scientific literature, many scientists are either unaware of the existence of organized denial groups, or believe they can safely ignore them as the discredited fringe. And indeed, most of the HIV deniers' arguments were answered long ago by scientists. However, many members of the general public do not have the scientific background to critique the assertions put forth by these groups, and not only accept them but continue to propagate them. A recent editorial in Nature Medicine [32] stresses the need to counteract AIDS misinformation spread by the deniers.

これらのHIV否定論者の主張は、科学論文ではなく、本やインターネットで行われる。従って、多くの科学者たちは、そのような組織されたHIV否定論グループの存在を知らなかったり、知っていても、そのようなグループは信用できない狂信者として無視できると考えている。実際、HIV否定論者の論の大半は、はるか昔に科学者たちが回答したものだ。しかし、多くの普通の人々は、このようなグループが提示する主張を批判する科学的素養を持っていない。"Nature Medicine"誌の最近の社説は、HIV否定論者が広めているAIDSについての誤報を打ち消すことが必要だと強調している[32]。

[Smith TC, Novella SP (2007) HIV Denial in the Internet Era. PLoS Med 4(8): e256 doi:10.1371/journal.pmed.0040256 (2007/08/21) (訳1, 訳2, 訳3)]
自分の専門分野にニセ科学が生息しているのに気がついたら、各個撃破を繰り返すしかない。ひとたび撃墜しても、同じネタが蘇ってくるかもしれない。そのたびに反論を繰り返すことも必要だと説く。

Michael Fitzpatrickはだからこそ、論争が必要だと主張する。
Social psychologist Seth Kalichman of the University of Connecticut in Storrs mounts a typical defence of this stance in his book Denying Aids: Conspiracy theories, pseudoscience, and human tragedy. According to Kalichman, denialists often "cross the line between what could arguably be protected free speech". He justifies suppression of debate on the feeble grounds that this would only legitimise the deniers and that scientists' time would be better spent on research.

Such attempts to combat pseudoscience by branding it a secular form of blasphemy are illiberal and intolerant. They are also ineffective, tending not only to reinforce cynicism about science but also to promote a distrust for scientific and medical authority that provides a rallying point for pseudoscience.

As Skidelsky says, "the extension of the 'denier' tag to group after group is a development that should alarm all liberal-minded people". What we need is more debate, not less.

University of Connecticut in Storrsの社会心理学者Seth Kalichmanはこのスタンスについての典型的な擁護を自著「AIDS否定:陰謀論と疑似科学と人間の悲劇」で挙げている。Kalichmanによれば、否定論者たちはしばしば「間違いなく保護されるべき言論の自由の境界線を越える。」 彼は論争が否定論者たちを正統化してしまうでだけであり、科学者の時間は研究に費やすほうが良いのだという根拠薄弱な理由で、論争を抑圧することを正統化した。


神への冒涜の世俗バージョンとしてのブランディングによる疑似科学との戦いは、非リベラルで非寛容である。そのような方法には効果がなく、科学へのシニカルな見方を強化し、科学と医学の専門家に対する不信を高め、疑似科学へ集結点を作ってしまう。

Skidelskyが言うように「否定論タグを次々と別のグループに貼り続けると、リベラルな信条を持つ人々に警戒感を与える。」我々にはより一層の論争が必要である。

Bibliography
1.The Tyranny of Denial by Edward Skidelsky, Prospect, January 2010

Michael Fitzpatrick is a London doctor and author of Defeating Autism: A damaging delusion (Routledge, 2009)

[Michael Fitzpatrick: Living in denial: Questioning science isn't blasphemy (2010/05/22) on NewScientist]
「否定論」というカテゴリに入れる以上の対抗措置をしていないというのは問題だというのは正しいだろう。

「リベラルな信条を持つ人々に警戒感を与える」という問題は創造論/インテリジェントデザインおよび温暖化否定論で指摘する者はみあたらない。これは、創造論/インテリジェントデザインおよび温暖化否定論が主として福音主義キリスト教と連鎖しているのに対して、HIV否定論がキリスト教全般とともに、反大企業とも連鎖していることによるものかもしれない。
posted by Kumicit at 2010/05/30 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/05/29

否定論と懐疑論と

2010年5月18日からNewScientistが掲載している、否定論問題についてシリーズ「Special report: Living in denial」で、Michael Shermerが「懐疑論者」と「否定論者」の線引きを提示している。
WHAT is the difference between a sceptic and a denier? When I call myself a sceptic, I mean that I take a scientific approach to the evaluation of claims. A climate sceptic, for example, examines specific claims one by one, carefully considers the evidence for each, and is willing to follow the facts wherever they lead.

A climate denier has a position staked out in advance, and sorts through the data employing "confirmation bias" - the tendency to look for and find confirmatory evidence for pre-existing beliefs and ignore or dismiss the rest.

Scepticism is integral to the scientific process, because most claims turn out to be false. Weeding out the few kernels of wheat from the large pile of chaff requires extensive observation, careful experimentation and cautious inference. Science is scepticism and good scientists are sceptical.

Denial is different. It is the automatic gainsaying of a claim regardless of the evidence for it - sometimes even in the teeth of evidence. Denialism is typically driven by ideology or religious belief, where the commitment to the belief takes precedence over the evidence. Belief comes first, reasons for belief follow, and those reasons are winnowed to ensure that the belief survives intact.

Denial is today most often associated with climate science, but it is also encountered elsewhere. For example, there are those who do not believe that HIV causes AIDS. Others say that the Holocaust did not happen, or reject the overwhelming evidence for evolution. All merit the moniker "denier", because no matter how much evidence is laid out before them they continue to deny the claim.

懐疑論と否定論の違いは何だろうか?私が主張の評価に科学的なアプローチをとるという意味で、私は自らを懐疑論者と称している。たとえば、気候変動懐疑論者は、特定の主張をひとつづつ慎重にそれぞれ証拠を検討し、事実が導くところに従がおうとする。

気候変動否定論者は事前にポジションをとっていて、確証バイアスによるデータ選択をしている。すなわち、予め持っている信念を指示する証拠をさげして、見つけ、それを否定する証拠を無視するか否定する。

懐疑論は科学の過程において必要なものである。というのうは、大半の主張は誤りだと判明するからだ。もみ殻の大きな山から少しの小麦を見つけるには、広範な観察と、注意深い実験と、慎重な推理が必要である。科学は懐疑論であり、良き科学者は懐疑的である。

否定論は違う。証拠の如何に関わらず、自動的に論争を行う。ときには、証拠が手元にあっても。否定論は典型的にはイデオロギーと信仰に導かれており、信仰へのコミットメントは証拠に優先する。信仰が最初で、信仰の理由が続き、その理由によって、信念がそのまま存続すよるように保証する。

否定論が今日に最も関連づいているのが気候科学であるが、他にもあらゆる場所に見られる。たとえば、HIVがAIDSを起こすことを信じない人々がいる、ホロコーストは起きていないという人々や、進化の圧倒的証拠を拒否する人々がいる。これらはすべて、否定論者に値する。というのうは、目の前にどれだけ証拠を詰まれても、否定し続けるからだ。
[Michael Shermer: "Living in denial: When a sceptic isn't a sceptic" (2010/05/18) on NewScientist]
科学は「仮説・予測・実験/観測・検証・仮説修正ループ」という方法であるので、定義上は懐疑論と否定論の線引きは(グレーゾーンがあるとしても)可能に見える。

したがって、仮説・主張単体では切れ分けられないこともある:
Though the distinction between scepticism and denial is clear enough in principle, keeping them apart in the real world can be tricky. It has, for example, become fashionable in some circles for anyone who dares to challenge the climate science "consensus" to be tarred as a denier and heaved into a vat of feathers. Do you believe in global warming? Answer with anything but an unequivocal yes and you risk being written off as a climate denier, in the same bag as Holocaust and evolution naysayers.

Yet casting questions like these as a matter of belief is nonsensical. Either the Earth is getting warmer or it is not, regardless of how many believe it is or is not. When I say "I believe in evolution" or "I believe in the big bang", this is something different from when I say, "I believe in a flat tax" or "I believe in liberal democracy".

Either evolution and the big bang happened or they did not; both matters can, in principle, be solved with more data and better theory. But the right form of taxation or government cannot be answered with more data and better theory. They are ideological positions that are established by subjective debate. Liberals committed to one vision of society will marshal evidence to support their political beliefs, while conservatives buttress their own world view. Both sides are sceptical of each other's position, both deny information that contradicts their own views, and in most cases disputes are resolved not through experiment and hypothesis testing but through democratic election.

What sometimes happens is that people confuse these two types of questions - scientific and ideological. Sometimes the confusion is deliberate. Denial is one outcome. Thus, one practical way to distinguish between a sceptic and a denier is the extent to which they are willing to update their positions in response to new information. Sceptics change their minds. Deniers just keep on denying.

懐疑論と否定論の区別は原理的には十分に明確だが、現実には識別はあやしいこともある。たとえば、気候科学のコンセンサスにチャレンジするような人々のサークルで名を馳せれば、否定論者の汚名を着せられる。地球温暖化を信じるか?という質問に対して、明確なイエス以外を答えれば、気候変動否定論者とされ、ホロコースト否定論者や反進化論者の仲間扱いされるかもしれない。

しかし、信念の問題として、これらのような質問をするのは意味がない。地球が温暖化しようがしまいが、それはどれくらい多くの人々が信じているかどうかとは関係がない。「進化論を信じる」とか「ビッグバンを信じる」ということは、「私はフラットな税率を信じる」とか「リベラルデモクラシーを信じる」ということとは違う。

進化論の問題もビッグバンの問題も、原則は、さらなるデータとより良い理論によって解決されるべきものである。税制や政府の正しい形は、より多くのデータやより良い理論によって解決する問題ではない。それらは主観的な議論によって確立されたイデオロギーな立場である。社会についてのひとつの見方をとるリベラルは。自分たちの政治信条を支持する証拠を集める。保守派は自分たち自身の世界観を支持する。両者ともに相手の立場に懐疑的で、両者とも自分たち自身の見方に反する情報を否定し、多くの場合、紛争は仮説検証と実験によってではなく、民主的選挙によってなされる。

時には人は科学の問題とイデオロギーの問題を混同する。その混同が意図的な場合もある。否定論はそのひとつの結果である。したがって、懐疑論者と否定論者を識別するための実用な方法のひとつは、新たな情報に対応して、どこまで立場を変えるかである。懐疑論者は考えを変えるが、否定論者は否定し続ける。

[Michael Shermer: "Living in denial: When a sceptic isn't a sceptic" (2010/05/18) on NewScientist]
昨日とりあげた世論調査にも出ているが、地球温暖化や進化論についての見方は、宗教や政党支持と絡んでおり、「人は科学の問題とイデオロギーの問題を混同」しやすい。そして「 否定論者は否定し続ける。」そして、おそらく否定論者自身は自らを懐疑論者だと考えていて、それを覆すことはできないだろう。
posted by Kumicit at 2010/05/29 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/26

ダブスタ神義論

Daniel C DennetのWashington Post - On Faithの不定期連載で、こんなのが...
Q: Many have criticized Pat Robertson's suggestion that the catastrophic earthquake in Haiti was the work of the devil or a form of divine punishment. But if one believes God is good and intervenes in the world, why does God allow innocents to suffer? What is the best scriptural text or explanation of that problem you've ever read?

ハイチ大地震は悪魔の仕業か、神による懲罰だというPat Robertsonを多くの人が批判しています。しかし、もし神が良きものであり、世界に介入しているなら、神はなぜ罪なき人が苦しみのを見て見ぬふりをしているのでしょうか?聖書の記述や説明で、もっとも良く説明しているものは何でしょうか?

One of the striking differences between modern, "organized" religion and tribal or folk religions--religions without seminaries and theologians and official books--is that in tribal religions they have no double standard! They thank their gods for the good stuff that happens and blame them for the bad. The idea that God is a worthy recipient of our gratitude for the blessings of life but should not be held accountable for the disasters is a transparently disingenuous innovation of the theologians. And of course it doesn't work all that well. The Problem of Evil, capital letters and all, is the central enigma confronting theists. There is no solution. Isn't that obvious? All the holy texts and interpretations that contrive ways of getting around the problem read like the fine print in a fraudulent contract--and for the same reason: they are desperate attempts to conceal the implications of the double standard they have invented.

組織化された宗教と、神学校や神学者や公式聖典のない部族あるいは民族宗教の決定的違いは何かって言うと、部族宗教にはダブスタがないことだね。部族宗教では、良いことがあれば神様に感謝するし、悪いことがあれば神様に文句を言う。神様は生命を祝福したことに対しての賛美を受けるけど、災厄について責任を問われないってのは、神学者の見え透いた不誠実な発明だね。もちろん、そんなもん、うまくいくわけがないよね。神学の「悪の問題」は有神論者の直面する最大の謎さ。答えなんかないよ。当然だろ。詐欺な契約書に、ちっこい字で書くみたいに、聖典も解釈もみんな悪の問題を避けているね。でさ、自分で発明したダブスタの意味するところを隠そうと、やっきになるのさ。

[DANIEL C. DENNETT: "Problem of evil and religion's double standard" (2010/01/19) on Washington Post - On Faith]
キリスト教系の宗教だと、人間も神が創造しているので、「災厄が起きたら人間のせい」という論理は、そのまま神様に跳ね返るだけ。なので「悪の問題」あるいは神義論は永遠の課題となり、「詐欺な契約書に、ちっこい字で書く」ような長々しく話になっている。

それまで会ったこともなかった神様と人間が、たまたま道でであった契約を結んで、こうなったというなら「神による懲罰」もありかもしれないけどね。
posted by Kumicit at 2010/01/26 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/10/26

懐疑主義とは何か by Brian Dunning

たまたま、Dr. Tara C Smithのエントリで、とてもよい懐疑論の定義をしているBrian Dunningを知った:

Brian Dunning: "What Is Skepticism?"
懐疑主義とは何か



To quote Dr. Shermer: Skepticism is not a position; it's a process.
マイクル・シャーマーの言葉でいえば、「懐疑主義は立場ではなく、過程だ。」

懐疑論者や批判的思考者は物事を信じない人々だという誤解が広まっている。実際、懐疑的という言葉の普通の使われ方は、この誤解が広まっていることを示している。「彼はスプレッドシートの数字に懐疑的だった」は、彼はその数字を疑っているという意味だ。したがって、懐疑的であるには、物事に否定的で、それらを疑ったり、信じなかったりすることだ、と。

懐疑主義という言葉の真の意味は、疑うことや信じないことや否定的になることとは無関係だ。懐疑主義は有効性を判断するために論理を適用し、批判的思考を行う過程である。支持する結論を見出す過程であって、あらかじめ持っている結論を正当化することではない。

したがって「懐疑論者は幽霊を信じない」と言うのは正しくない。一部の人々はそうしているが。多くの懐疑論者は信仰心篤く、導き出される論理過程に満足している。懐疑論者は、自らの生活の違った面に対して、自分自身のやり方で、批判的思考を適用する。大なり小なり、誰もが懐疑論者だ。

懐疑主義は非常に強力でポジティブな影響を世界に与える、あるいは与えるべきだ。懐疑主義は広く批難されていることを単にデバンクする(偽りを暴く)ことではない。懐疑主義は、役に立たない迷信から人類と世界に有益だと証拠づけられた計画と考え方に、注意・影響・資金用途を振り向けることに関するものである。

科学的方法は懐疑主義の中心だ。科学的方法は、有効な検証から望ましく導かれた証拠を必要とする。逸話的経験や個人的証言は一般的に、科学的証拠の条件に合わないので、信頼できる懐疑論者からは受け入れられないことが多い。このことが、懐疑論者が否定的で人々を信じないと悪口を言われる理由となっている。しかし、懐疑論者は単に科学的方法に従っているだけなのだ。

驚異的な主張には、特にその主張が、ありそうにないことや、物理法則に反している場合は、驚異的な証拠が必要だ。懐疑主義は真理を探究するための不可欠で意味のある構成要素である。
そのBrian Dunningがニセ科学者とディベートすべきでない理由を今年8月のエントリで書いている:
[Brian Dunning: "Should Science Debate Pseudoscience?" (2009/08/18) on Skeptoid]

There's another unfortunate reality about debates, and that's the dirty little not-so-secret that everyone who attends a debate has typically already made up their mind, and has been invited to attend by one side or the other. They are huge proponents of their side, and neither debater has much hope of changing the minds of anyone in the room. Most debates probably have a handful of attendees who are open to actually learning something, but they are an extreme minority. If you've ever attended a debate of any kind, you know what I'm talking about.

そして、もうひとつディベートについての不幸な現実は、不快で些細で、秘密でも何でもないことだが、ディベート参加者たちは典型的には既に立場を固めていて、どちらかの側として招かれていることだ。彼らは自分側の強大な支持者であって、ディベーターたちは誰の考えも変えられると思っていない。大半のディベートではわずかの参加者は本当に何かを学ぼうとしているが、それは極少数派だ。ディベートか何かに参加したことがあれば、言っていることが分かるはずだ。

When you advertise a debate, maybe 1,000 people will attend. And let's say you do a smashing job and manage to convince that entire handful of convincable attendees that science is real. Great, you won over five people. But what you're forgetting is that for those 1,000 attendees, there are 5,000 people out there who heard about the debate (they saw the ads or flyers or whatever) who did not attend. What you unintentionally communicated to those 5,000 people is that your scientific discipline is academically comparable to the pseudoscientific version, and that both are equally valid. The fact that the debate exists at all struck a blow to the public's perception of the credibility of science that far outweighs any progress you may have made in the room.

キミがディベートを広報すれば、1000人くらいが参加するかもしれない。そして、キミは見事に敵を倒して、わずかな本当に学ぼうとしている参加者全員に科学が正しいと納得させたとしよう。すばらしい、キミは5人を獲得した。しかし、キミが忘れているのは1000人の参加者たち、そして参加していないが広報やフライヤーか何かを見てディベートのことを聞いた5000人だ。キミが意図せずして、この5000人に伝えたことは、キミの科学分野がニセ科学バージョンと学術的に比肩するものであり、両者は等しく有効だということだ。ディベートでキミがどれだけのことを成し遂げようとも、ディベートが行われたという事実が科学の信憑性に対する人々の認識に対する打撃となる。

[Brian Dunning: "Should Science Debate Pseudoscience?" (2009/08/18) on Skeptoid]
そして、そもそもディベートに完全勝利できるということすら、ありえない。
It has been argued that scientists have a huge advantage in debates because we have the facts on our side. Well, so we do, but that's not an advantage at all. Rather, it's a limitation. The audience members who are not scientists can rarely discriminate between facts and pseudofacts. The pseudoscientist has an unlimited supply of sources and claims and validations. He can say whatever he wants. If compelling rhetoric would benefit from any given argument, he can always make that argument. Pseudosciences have typically been designed around compelling rhetorical arguments. The facts of science, on the other hand, rarely happen to coincide with the best possible logic argument. Having the facts on your side is not an advantage, it's a limitation; and it's a limitation that's very dangerous to the cause of science should you throw it onto the debate floor.

事実は科学者の側にあるので、科学者は圧倒的に有利だと言われてきた。確かに、事実は科学者の側にあるが、それは何のアドバンテージにもならない。むしろ、制約になってしまう。科学者でない聴衆たちは、事実とニセ事実の区別をつけられことは、まずない。ニセ科学者たちはソースと主張と確認を無限に供給する。ニセ科学者は言いたいことを何でも言える。どんな論からでも、有無を言わさないレトリックが使えるなら、何だって言える。ニセ科学は有無を言わさないレトリックな議論としてデザインされているのが普通だ。

一方、科学の事実が、可能な最高の論理的議論と偶然に一致することはほとんどない。自分の側に事実があることはアドバンテージではなく、制約である。ディベートの場に科学の論理を投じるには、その制約はあまりにも危険だ。

[Brian Dunning: "Should Science Debate Pseudoscience?" (2009/08/18) on Skeptoid]
ディベートに勝利することに特化した創造論者Duane Tolbert Gish[1921-]はBrian Dunningの説明するニセ科学側の典型例。さすがに88歳なので、もう現役ではないけれど、創造科学を理科の授業で教えることに対して違憲判決が確定する頃までは強力に活躍していたようだ。

インテリジェントデザイン運動では、創始者Phillip Johnsonが脳卒中の後遺症で議論や講演ができなくなったため、主としてDr. Stephen Meyerがこの役割を担っている(Dr. William Dembskiは真摯な味方を誤爆したり、SETIとのアナロジーを勢いで投げ捨てだりするなど、現場で自爆の危険性があるため、ディベート要員になっていないもよう)。

で、そのような戦闘要員とディベートして勝利しても、ニセ科学に通常科学と対等の立場を与えるだけという、Brian Dunningの主張はおそらく正しい。

これは、今は亡き、Stephen Jay Gouldの主張でもあり、何かと意見を戦わせていたRichard Dawkinsも同意していた。そのことについて、Richard Dawkinsは2006年にあらためて記述している:

==>Richard Dawkins: "Why I Won't Debate Creationists" (2006/05/15) on RichardDawkins.net

posted by Kumicit at 2009/10/26 00:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/10/18

キロスティーブTシャツ

米国の進化論教育を守るNatioanl Center for Science Educationが、冗談プロジェクト"Project Steve Steve"の1000名達成記念のTシャツを出した
Kilosteve t-shirts now available (2009/10/15)

At last, the latest iteration of NCSE's pioneering experimental steveometry apparatus — the Project Steve t-shirt — is available for order! The names of the first 1099 signatories to Project Steve are printed in white on a quality cotton/poly black t-shirt, along with the slogan, "Over 1000 scientists named Steve agree. Teach Evolution!" For Steves, Stephanies, and anyone who supports the teaching of evolution and likes t-shirts. Sizes run from medium to extra-extra-large; the cost is $14, plus 9.75% sales tax for California orders, plus shipping. Visit the NCSE store to order.

遂に、NCSEのパイオニア実験的steve計量の最新装置 Project Steve Tシャツ発売。Project Steveの1099番目までの署名者の名前がコットン/ポリの黒地のTシャルに白字でスローガンとともにプリント。"名前がSteveな科学者1000名以上が賛成。進化論を教えよう。" SteveたちとStephanieたちと、進化論教育を支持する人と、Tシャツ好きに。サイズはMからXXLまで。価格は$14で、カリフォルニア州からの注文だと消費税9.75%プラス。注文はNCSEショップで。...

steve-front.jpg


"Project Steve"とは...
[Project Steve (2008/10/17)]

NCSE's "Project Steve" is a tongue-in-cheek parody of a long-standing creationist tradition of amassing lists of "scientists who doubt evolution" or "scientists who dissent from Darwinism."

Creationists draw up these lists to try to convince the public that evolution is somehow being rejected by scientists, that it is a "theory in crisis." Not everyone realizes that this claim is unfounded. NCSE has been asked numerous times to compile a list of thousands of scientists affirming the validity of the theory of evolution. Although we easily could have done so, we have resisted. We did not wish to mislead the public into thinking that scientific issues are decided by who has the longer list of scientists!

Project Steve pokes fun at this practice and, because "Steves" are only about 1% of scientists, it also makes the point that tens of thousands of scientists support evolution. And it honors the late Stephen Jay Gould, evolutionary biologist, NCSE supporter, and friend.

We'd like to think that after Project Steve, we'll have seen the last of bogus "scientists doubting evolution" lists, but it's probably too much to ask. We hope that when such lists are proposed, reporters and other citizens will ask, "How many Steves are on your list!?"

NCSEの"Project Steve"は長年にわたる創造論者の伝統である「進化を疑う科学者」とか「ダーウィニズムに異議を唱える科学者」リストを、おちょくったパロディである。

創造論者たちは進化論が科学者から否定されていて、危機に立つ理論だと人々に信じさせようとして、このようなリストを作る。この主張に根拠がないことを誰もが理解できるわけではない。NCSEは進化理論の有効性を主張する幾千の科学者リストを編集するように求められてきた。それは簡単にできることだが、そうはしなかった。科学的問題が科学者のリストの長さによって決まるという誤解を人々に与えたくなかったからだ。

そこで"Project Steve"はおちょくることにした。"Steve"は科学者のほんの1%を占めるにすぎず、これは何万の科学者が進化理論を支持していることを示す。そして、NCSEの支持者であり、友人であり、進化生物学者である、今は亡きStephen Jay Gouldに敬意を表するものでもある。...
ということで、Panda's Thumbのマスコットキャラも"Professor Steve Steve":
stevesteve.jpg
なお、Project SteveはTシャツ発売前に1100名に到達している。
posted by Kumicit at 2009/10/18 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/09/27

落とし穴に落ちないために on バークレー進化論教育のページ

バークレーの先生のための進化論理解(Understanding Evolution for Teachers) 落とし穴に落ちない方法(How to Avoid Potential Pitfalls) を訳出した。

このコンテンツは一見、進化論理解の要点を書いているように見えるかもしれないが、これらは明らかに創造論との戦いのポイントである。

なお、翻訳本体は忘却からの帰還 ATWIKIにおいた。
[How to Avoid Potential Pitfalls (落とし穴に落ちない方法)]

Ever wonder if your students left class confused?

生徒たちが授業で混乱したままになったことはありませんか?

It could be that this has happened in the past and it might happen in the future. Sometimes confusion can be a good thing, if it leads to the students working further to find solutions or to think ideas through for themselves. But if confusion leads to a persistent wrong impression, or to a major misconception, you may just have done more damage than good.

そんなことはこれまでに起きたかもしれないし、これからも起きるかも知れません。混乱しても、生徒たちが進んで、自分で考えて答えを見出すなら、ときには良い結果をもたらします。しかし、混乱して間違った印象を持ってしまったり、大きな誤解をしてしまったら、悪い結果をもたらします。

What we want to share here are a few areas in which we teachers sometimes cause confusion. This confusion may be imparted quite unintentionally, but nonetheless we are still responsible. Thus, the title of this section is How to Avoid Potential Pitfalls.

ここで取り扱うのは、先生たちがときとして生徒たちを混乱させてしまう項目です。混乱はまったく意図せずして起きてしまうかもしれませんが、いずれにせよ私たちに責任があるのです。なので、このセクションのタイトルは「落とし穴に落ちないために」なのです。



posted by Kumicit at 2009/09/27 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/09/05

PZ Myers準教授の攻撃に対する防御方法を実装した創造論者の世論調査

意味を成さない世論調査であるネット世論調査を見つけて破壊するPZ Myers準教授が、今回は"敗北"した:
This is how to design an online poll to stymie the Pharyngulistas: make sure it makes no sense and limits the options to only unpalatable choices. Go ahead and try and figure this one out…although it does say it is for creationists, and it is for Christians only.

これがPharyngula読者からオンライン世論調査を守る方法だ。意味をなさなくて、どれも選べない。さっそく見てみよう。これは創造論者用であり、キリスト教徒限定だ。

Why Creationist is your favorite?
何故、創造論者は、あなたのお好みは?
15% (3) Kent Hovind
5% (1) Ken Ham
36% (7) Both (両方)
42% (8) Neither... someone else (どっちでもなくて、他の誰か)


"Why creationist," indeed.(何故創造論者)

[PZ Myers: "Working towards the perfect pointless poll" (2009/09/03) on Pharyngula]

これは強敵だ。どれも選べないし、しかも、意味がない。
WhyCreationist.jpg
[Why Creationist]

タグ:創造論
posted by Kumicit at 2009/09/05 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする