2009/08/09

科学というゲームをプレイするなら

元家庭医で元空軍航空専門医であり、ブログScience-Based Medicineを書いているHarriet A. Hall, MDがSkeptical Inquirer magazineに、インテリジェントデザインやホメオパシーを念頭において、科学というゲームをプレイするなら従うべきルール・やってはいけないことを書いた:
If you want to play the science game, here’s what you do:
科学というゲームをプレイするなら、やるべきこと:

  1. Submit your hypothesis to proper testing. Testimonials, intuitions, personal experience, and “other ways of knowing” don’t count.
    仮説を適切に検証する。証言・直観・個人的経験・"別方式の知り方"は除外。

  2. See if you can falsify the hypothesis.
    仮説が反証可能か確認する。

  3. Try to rule out alternative explanations and confounding factors.
    別な説明方法や同一に見える要素がないか確認する。

  4. Report your findings in journal articles submitted to peer review.
    発見したことを査読付論文に投稿して報告する。

  5. Allow the scientific community to critique the published evidence and engage in dialogue and debate.
    発表した証拠への科学界による批判を受け入れ、対話と議論に加わる。

  6. Withhold judgment until your results can be replicated elsewhere.
    結果が再現されるまで判断を留保する。

  7. Respect the consensus of the majority of the scientific community as to whether your hypothesis is probably true or false (always allowing for revision based on further evidence).
    仮説が正しいか間違っているかによらず、科学界のマジョリティのコンセンサスをリスペクトする。

  8. Be willing to follow the evidence and admit you are wrong if that’s what the evidence says.
    証拠に従い、証拠が言うなら自分が間違っていることを認める。
インテリジェントデザインは直観に、ホメオパシーは個人的経験ベースで、最初からヒットする。反証可能性については、原理的に反証不可能な主張でなければ、とりあえずOKかも。

そして、やっていはいけないことは:
If you want to play the science game, here are some of the things you don’t do:
科学というゲームをプレイするなら、やってはいけないこと:
  1. Accuse the entire scientific community of being wrong (unless you have compelling evidence, in which case you should argue for it in the scientific journals and at professional meetings, not in the media).
    科学界全体が間違っていると批難する。(証拠にしたがってそうせざるをえないなら、メディアではなく科学学術誌や専門学会で議論すべき)

  2. Design poor-quality experiments that are almost guaranteed to show your hypothesis is true whether it really is or not. Use science to show that your treatment works, not to ask if it works.
    実際に仮説が正しいか否かにかかわらず、自分の仮説が正しいと保証するような出来の悪い実験をデザインする。

  3. Keep using arguments that have been thoroughly discredited. (The intelligent design folks are still claiming the eye could not have evolved because it is irreducibly complex; homeopaths are still claiming homeopathy cured more patients than conventional medicine during nineteenth-century epidemics).
    既に否定された論を使い続けること。(インテリジェントデザイン支持者たちは今でも眼が還元不可能に複雑なので進化不可能だと主張し続けている。ホメオパスたちは19世紀の伝染病のときに通常医療よりも多くの患者をホメオパシーが治療したと主張し続けている。)

  4. Write books for the general public to promote your thesis—as if public opinion could influence science!
    世論によって科学を変えられるかのよう、自説を宣伝する一般向けの本を書く。

  5. Form an activist organization to promote your beliefs.
    自分の信条を宣伝するために活動団体を組織する。

  6. Step outside the scientific paradigm and appeal to intuition and belief.
    科学的パラダイムを逸脱し、直観と信条に訴えかける。

  7. Mention the persecution of Galileo and compare yourself to him.
    ガリレオの迫害に言及し、自分をガリレオに比する。

  8. Invent a conspiracy theory (Big Pharma is suppressing the truth!).
    陰謀論をつくる。(巨大製薬企業が真理を抑圧するとか)

  9. Claim to be a lone genius who knows more than all scientists put together.
    全科学者を集めたよりも、自分が最もよく知っていると主張する。

  10. Offer a treatment to the public after only the most preliminary studies have been conducted.
    初期段階の研究をしただけで、一般向けに治療を提供する。

  11. Set up a Web site to sell products that are not backed by good evidence.
    証拠に支持されない商品を売るためのウェブサイトを開設する。

  12. Refuse to admit when your hypothesis is proven wrong.
    自分の仮説が間違っていると証明されても認めない。

[Harriet Hall: "Playing by the Rules" (2009/05-06) on Skeptical Inquirer magazine]

posted by Kumicit at 2009/08/09 13:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/06/04

DIのFaith+Evolutionを批判するPanda's ThumbのRichard B. Hoppe

インテリジェントデザイン運動の本山たるDiscovery InstituteがまたひとつWebサイトをつくった。これについて、Panda's ThumbのRichard B. Hoppeも批判エントリをポストしている:
The Disco 'Tute has announced the opening of a new site, Faith+Religion, which purports to discuss the relationship between evolution and religion. A brief survey of the site shows that it has two objectives. First, of course, is the traditional ID goal of denigrating evolutionary theory. Right up on the home page we see a review of Collins' The Language of God by Moonie Jonathan Wells that says

進化論と宗教の関係を論じるのだと言うFaith+ReligionというサイトをDiscovery Instituteが立ち上げた。一通りサイトをながめてみると、目的が2つあることがわかる。第一はもちろん、伝統的なインテリジェントデザイン運動の目的である、進化論に対する中傷である。ホームページにはCollinsの"The Language of God"について、統一教会信者Jonathan Wellsによるレビューがあり、こう言っている:
Collins's defense of Darwinian theory turns out to be largely an argument from ignorance that must retreat as we learn more about the genome-in effect, a Darwin of the gaps.

Collinsのダーウィン理論の擁護は、有効なゲノムについて学んだように、捨てなければならない無知からの論たる隙間のダーウィンのひとつに帰着する。
やあ、Jonathanくん。チミはヒトゲノムプロジェクトの前リーダーよりも、新たなゲノム知識の科学的意味を知ってるんだね。

Faith+Evolution also purports to present resources on various topics. But just four sites are linked as specifically resources on evolution. First is Evolution News and Views, the Disco 'Tute's propaganda outlet. A resource on evolution? They have to be kidding! Right? Bueller?

Faith+Evolutionは、さまざまな話題に関する教材を提示していると言っている。でも、4つのサイトが進化論について特にリンクされている。ひとつめは、Discovery Instituteのプロパンガンダブログ"Evolution News and Views"だ。これが進化論教材だってかい?冗談だろ。それとも本気か?

Then there is About Darwin, which has not been updated since February 2008 as I write this. There is The Evolving Times, which currently features an article by Cornelius Hunter, Disco 'Tute fellow and anti-evolutionist, about “Darwin's predictions.” The last “evolution” resource listed is merely a direct link to that same Hunter article.

そして、"About Darwin"がある。これは2008年2月以降、アップデートされていない。それから、Discovery Instituteのフェローで反進化論者であるCornelius Hunterの"Darwin's predictions"をフィーチャーした"The Evolving Times"だ。そして、最後の"進化論教材"は、Cornelius Hunterの記事への直リンクだ。

As far as Faith+Evolution's “evolution resources” are concerned, Berkeley's Understanding Evolution site doesn't exist, nor do any of the other excellent resources on evolution on the web exist. It's apparent that the core strategy in that section is to keep readers even more ignorant of evolution than are the Disco 'Tute luminaries.

Faith+Evolutionの進化論教材のリンクを見る限り、BerkeleyのUnderstanding Evolutionが見当たらない。その他、優れた進化論教材へのリンクもない。このセクションの戦略は、読者にDiscovery Instituteのメンバーよりも、進化論についてアフォでいてほしいということのようだ。

The press release for the new site quotes John West as saying

新サイトについてのプレスリリースがJohn West [Discovery Instituteのインテリジェントデザイン部門次長]の言葉を伝えている:
FaithandEvolution.Org is for anyone who wants to dig deeper into the scientific, social, and spiritual issues raised by Darwin's theory, but who is tired of the limited options they are currently being offered by the media.

FaithandEvolution.Orgは、ダーウィンの理論によって起こった特定・社会的・スピリチュアル問題について深く知りたいが、現状のメディアが提供する限られたオプションに飽きている人々向けのサイトである。

[New Website on Faith and Evolution Explores if the Two are Friends or Foes? (2009/05/26) on Uncommon Descent]
With the four sites offered as “resources” about evolution West doesn't have to worry about anyone learning anything about the actual science. Which, of course, is his goal.

進化論教材として挙げられた4つのサイトについて、John G Westは、そんなもので実際の科学について何も学べないことにを気にしていない。もちろん、それが彼の狙いだからだ。

Paging around the site, it seems to have two main targets: standard materialistic (evil atheistic) science, and (more saliently) several varieties of theological compatibilists – theistic evolution and evolutionary creationism. As Dembski famously wrote

サイトのページを見ていくと、2つの標的があることがわかる。ひとつは標準的唯物論(悪魔的無神論)な科学であり、もうひとつは、より主要な標的として、科学と宗教を両立だとする立場である有神論的進化論および進化論的創造論である。[インテリジェントデザイン理論家・神学・数学]がいつも言うように...
Design theorists are no friends of theistic evolution.

デザイン理論家は有神論的進化論の友ではない。

[William A. Dembski: "What every theologian should know about creation, evolution and design" (2007/11/01) on Origins]
The Disco 'Tute's new site sure makes that clear. Since Collins is an evangelical Christian, as are prominent evolutionary creationists like Denis Lamoreaux and Steve Matheson, it looks to me like the Disco 'Tute is pulling itself further and further into a fundamentalist Christian corner, joining the ICR and AIG. John West handles most of the theological questions about theistic evolution and evolutionary creationism, and really really doesn't like them. That all by itself could almost turn me into one, had I any inclination to believe in Thor .. erm … Zeus … um … Vishnu … er … the FSM.

Discovery Instituteは自らをどんどん、根本主義キリスト教へと追いやり、[若い地球の創造論ミニストリである]ICR[Institute for Creation Research]やAIG[Answers in Genesis]へと合流しようとしている。John G Westは有神論的進化論と進化論的創造論の神学的問題の大半を扱っていて、本当にこれらを嫌っている。これらすべてを見ると、私はトールではなく、ゼウスではなく、ヴィシュヌではなく、フラインスグパゲッティモンスターを信じそうになるね。

Cheryl Shepherd-Adams has a nice take-down of Faith+Evolution:

Cheryl Shepherd-AdamsはFaith+Evolutionに素晴らしい一撃を加えている:
Despite their best efforts, though, the overwhelming evidence at the DI's new site shows that this whole issue isn't a matter of science v. religion; it's all about how “best” to interpret Scripture.

Discovery Instituteの限りをつくした努力にもかかわらず、新サイトに圧倒的証拠は、このサイトが科学対宗教の問題を扱ったものではなく、聖書を最もよく解釈する方法についてのものだということを示している。

[Cheryl Shepherd-Adams: "It's Not Pining, It's Passed On" (2009/05/28) on stand up for REAL science]
I commend it to your attention. Cheryl also notes the paucity of “science resources” on the site.

さらに、Cherylは、サイトの科学的教材の不足にも注意を向ける。

The IDist agenda is at base theological, not scientific. Why else would it be supported by Christian Reconstructionist < href="http://www.salon.com/src/pass/sitepass/spon/sitepass_website.html">Howard Ahmanson? The pseudoscience they blather about is a cover for an essentially theological dispute. Faith+Science makes that crystal clear. And in contrast to science, there is no generally accepted methodology for resolving theological disputes except schism and (in the extreme case) religious warfare. As I've said before in other venues, if the ID creationists win the culture war, the very next day blood will flow in the aisles and under the pews.

インテリジェントデザイン支持者のアジェンダは科学ではなく、神学にある。それ以外にキリスト教再建主義者のHoward Ahmansonが支持する理由があるだろうか。彼らが話す疑似科学は、基本的には神学論争の偽装である。Faith+Scienceはそれを非常に明瞭に示している。科学と違って、神学論争を解決する一般的方法は、分派行動と極端な方法としての宗教戦争以外にない。別に機会に既に述べたように、インテリジェントデザイン創造論者が文化戦争に勝利すれば、そのまさに翌日には、流血を見るだろう。

[Richard B. Hoppe: "But it's not about religion …" (2009/05/28) on Panda's Thumb]
実際、Faith+Religionのコンテンツは強く宗教を全面に打ち出している。

科学に擬態することを放棄した内容については、この後、見ていくことにする。まずは、社会学者John G Westによる有神論的進化論について記事から、5回シリーズで見ていくことにする。

タグ:id理論
posted by Kumicit at 2009/06/04 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/05/27

こっそりとMISAKIとSHOWで吹き替えてみた

昨日紹介したMichael ShermerのGenesis Revisited:

==>忘却からの帰還: Michael Shermerの創世記Ver2
==>Genesis Revisited

さっそく、こっそりとMISAKIとSHOWで吹き替えてみた。


SHOWに神の科白をしゃべらせるために、昨日の訳と少し違えてある。また、BGMと英語のしゃべりを分離できそうにないので、BGMを新たに貼り直したので、BGMの尺があわなくなっている。また、英語のしゃべりが早口なので、それにあわせて、MISAKIも早口にしてみた。
posted by Kumicit at 2009/05/27 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/05/26

Michael Shermerの創世記Ver2

創造論ネタがわかってないと楽しめないが、Michael Shermerの創造論パロディを紹介する:
"To convey the logical absurdity of trying to squeeze the round peg of science into the square hole of religion, I penned the following scientific revision of the Genesis creation story. It is not intended as a sacrilege of the poetic beauty of Genesis; rather, it is a mere extension of what the creationists have already done to Genesis in their insistence that it be read not as mythic saga but as scientific prose. If Genesis were written in the language of modern science, it would read something like this." - Michael Shermer

科学の丸い釘を宗教の四角い穴の中に押し込もうとする論理的不合理がよくわかるように、私は創世記の創造物語の科学的な改訂版を書いた。これは創世記の詩的な美しさの冒涜を意図したものではない。そうではなくて、これは創造論者たちが創世記を神話ではなく科学的文章として解釈すべきという主張のもとに、創世記に対して行ったことの単なる延長にすぎない。現代科学の言葉で創世記が書かれたなら、こんなものになるだろ。


[Genesis Revisited -- A Scientific Creation Story -- By Michael Shermer ]

In the beginning -- specifically on October 23, 4004 B.C., at noon -- out of quantum foam fluctuation God created the Big Bang, followed by cosmological inflation and an expanding universe. And darkness was upon the face of the deep, so He commanded hydrogen atoms (which He created from Quarks) to fuse and become helium atoms and in the process release energy in the form of light. And the light maker he called the sun, and the process He called fusion. And He saw the light was good because now He could see what he was doing, so he created Earth. And the evening and the morning were the first day.

始めに、特定日である紀元前4004年10月23日の正午に、量子の泡の変動から神はビッグバンを創造し、その後にインフレーション宇宙と宇宙の膨張が起きた。闇が深淵の面にあった。神はクォークから創造した水素原子に融合してヘリウム原子になって、その過程で光の形でエネルギーを放出せよと命じた。神は光メーカーを太陽と呼び、その過程を核融合と呼んだ。神は自分がやっていることが見えるようになったので、光を見て、良しとした。そして、神は地球を創造した。夕べがあり、朝があった。第一の日である。

And God said, Let there be lots of fusion light makers in the sky. Some of these fusion makers He grouped into collections He called galaxies, and these appeared to be millions and even billions of light years from Earth, which would mean that they were created before the first creation in 4004 B.C. This was confusing, so God created tired light, and the creation story was preserved. And created He many wondrous splendors such as Red Giants, White Dwarfs, Quasars, Pulsars, Supernova, Worm Holes, and even Black Holes out of which nothing can escape. But since God cannot be constrained by nothing, He created Hawking radiation through which information can escape from Black Holes. This made God even more tired than tired light, and the evening and the morning were the second day.

空に多くの核融合光メーカーあれと神は言った。神は、これらの核融合光メーカーをグルーピングして銀河系とよぶ集団を創った。これらは地球から幾百万光年さらには幾十億光年の彼方に見えるので、紀元前4004年の最初の創造以前に、これらの核融合光メーカーが創造されたことを意味する。これでは混乱するので、神は古びた光線を創造して、創造の物語を維持した。そして神は赤色巨星や白書矮星やクェーサーやパルサーや超新星やワームホールや、情報が脱出できないブラックホールなどの見事なものを創造した。神はなにものにも制約されないので、ブラックホールから情報を脱出させるHawking放射を創造した。これで、神は古びた光線よりも疲れた。夕べがあり、朝があった。第二の日である。

And God said, Let the waters under the heavens be gathered together unto one place, and let the continents drift apart by plate tectonics. He decreed sea floor spreading would create zones of emergence, and He caused subduction zones to build mountains and cause earthquakes. In weak points in the crust God created volcanic islands, where the next day He would place organisms that were similar to but different from their relatives on the continents, so that still later created creatures called humans would mistake them for evolved descendants created by adaptive radiation. And the evening and the morning were the third day.

そして神は言った「天の下の水は一つ所に集まれ。大陸はプレートテクトニクスによって移動せよ。」 神は海洋底が拡大する湧き出し場所を定め、山脈を造り、地震を起こすための沈み込みゾーンを創った。地殻の弱い場所に神は火山島を創った。そこには、翌日に神が大陸いる生物とよく似ているが違う生物を配置し、さらに後に創造される人間が、適応拡散によって進化した子孫だと誤解するようにした。夕べがあり、朝があった。第三の日である。

And God saw that the land was barren, so He created animals bearing their own kind, declaring Thou shalt not evolve into new species, and thy equilibrium shall not be punctuated. And God placed into the rocks, fossils that appeared older than 4004 B.C. that were similar to but different from living creatures. And the sequence resembled descent with modification. And the evening and morning were the fourth day.

そして、神は土地が不毛であるのを見て、種類ごとに動物を創造し、新しい種に進化せず、平衡状態は決して終わらないようにした。神は岩石の中に、紀元前4004年よりも古く見えて、現存の生物と似ているが異なる生物の化石を配置した。そして、化石には"変化を伴う系統"(進化)のような時系列を持たせた。夕べがあり、朝があった。第四の日である。

And God said, Let the waters bring forth abundantly the moving creatures that hath life, the fishes. And God created great whales whose skeletal structure and physiology were homologous with the land mammals he would create later that day. God then brought forth abundantly all creatures, great and small, declaring that microevolution was permitted, but not macroevolution. And God said, “Natura non facit saltum” -- Nature shall not make leaps. And the evening and morning were the fifth day.

そして神は言った「生き物すなわち魚類が水の中に群がれ。」神は骨格構造と生理が後で創造する地上の哺乳類と相同なクジラを創造した。神はあらゆる生物を創造し、それらに小進化を許したが、大進化を禁じた。そして神は言った「Natura non facit saltum (自然は飛躍してはならない)」夕べがあり、朝があった。第五の日である。

And God created the pongidids and hominids with 98 percent genetic similarity, naming two of them Adam and Eve. In the book in which God explained how He did all this, in one chapter He said he created Adam and Eve together out of the dust at the same time, but in another chapter He said He created Adam first, then later created Eve out of one of Adam’s ribs. This caused confusion in the valley of the shadow of doubt, so God created theologians to sort it out.

そして神は、98%の遺伝子が類似した類人猿とヒトを創造した。そして二人のヒトをAdamとEveと名付けた。これをどうやったかを神が説明した本の中で、ある章ではAdamとEveを同時に塵から創造したと書き、別章では先にAdamを創造して、Adamの肋骨の1本からEveを創造したと書いた。これは疑惑の影の谷で混乱するので、神は整理するために神学者を創造した。

And in the ground placed He in abundance teeth, jaws, skulls, and pelvises of transitional fossils from pre-Adamite creatures. One chosen as his special creation He named Lucy, who could walk upright like a human but had a small brain like an ape. And God realized this too was confusing, so he created paleoanthropologists to figure it out.

そして神は地上に、人間以前の生物からの中間形態の歯や顎や頭や骨盤を大量に置いた。神の特殊創造物のひとつとして選ばれた、人間のように直立歩行するが、類人猿のような小さな脳を持つものにLucyと名付けた。そして、神はこれが混乱させると気づいて、これを理解するために古人類学者を創造した。

Just as He was finishing up the loose ends of the creation God realized that Adam’s immediate descendants would not understand inflationary cosmology, global general relativity, quantum mechanics, astrophysics, biochemistry, paleontology, and evolutionary biology, so he created creation myths. But there were so many creation stories throughout the world God realized this too was confusing, so created He anthropologists and mythologists.

神が創造の未解決の問題を仕上げていたとき、Adamとその近い子孫たちがインフレ宇宙論、一般相対性理論、量子力学、天体物理学、生化学、古生物学、進化生物学を理解できないとわかったので、神は創造の神話を創った。しかし、あまりも多くの創造の神話が世界中にあったので、神はこれは混乱させると気づいて、人類学者と神話学者を創造した。

By now the valley of the shadow of doubt was overrunneth with skepticism, so God became angry, so angry that God lost His temper and cursed the first humans, telling them to go forth and multiply themselves (but not in those words). But the humans took God literally and now there are six billion of them. And the evening and morning were the sixth day.

今では疑惑の影の谷は懐疑論とともにはびこった。神は怒り、怒りすぎて、最初の人間たちを呪って、彼らに自分で計算しろと言った。しかし、人間たちは神の言葉[産めよ増やせよ]を文字通り受け取って、今では60億人になった。夕べがあり、朝があった。第六の日である。

By now God was tired, so He proclaimed, “Thank me its Friday,” and He made the weekend. It was a good idea.

ここまでで神は疲れて「金曜日だ」と言った。神は週末を造った。それは良い考えだった。
需要があれば、MISAKIかSHOWで吹き替え版を作ってみようかな...
posted by Kumicit at 2009/05/26 00:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/05/22

子供の癌の化学療法の拒否についてのネット世論調査

ネット世論調査は調査側の都合のよい結果を得る以外に有意味ではないというPZ Myers準教授がまたひとつ、アフォな世論調査を見つけた。今回は、昨日のネタである子供の癌の化学療法を拒否して、子供を連れて行方不明になった母親について、統一教会の新聞Washington Timesによるもの:


Of course, it's not that far off kilter for a cult newspaper, but still…we can do better.

Should parents be allowed to refuse cancer treatments for their children?
両親が子供の癌治療を拒否することを許されるべきか?

Response Percent
Yes 39%
No 47%
Undecided 10%
Other 2%
[PZ Myers: "The Mooney Times has a poll for you" (2009/05/21) on Pharyngula]
さっそく、PZ Myers準教授のネット世論調査クラッシャーの効果発動...
[Should parents be allowed to refuse cancer treatments for their children?]

Thanks for your vote.

Response Percent Votes
Yes 8% 1395 votes
No 88% 14437 votes
Undecided 1% 325 votes
Other 0% 128 votes
16285 total votes
一方、PZ Myers準教授の攻撃を逃れたMSNBCはこんな状況:
[Should parents be allowed to refuse cancer treatments for their sick children? on MSNBC on Newsvine]

Yes. 41,780 votes 55%
No. 34,216 votes 45%
もちろん、ネット世論調査なので、信頼性はない。が、もし、これがマジな数字だとしたら...

タグ:poll Quackery
posted by Kumicit at 2009/05/22 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。