2008/07/17

反進化論州法についてDiscovery Instituteを批判する保守系コラムニストJohn Derbyshire

保守系雑誌National Review OnlineのコラムニストJohn Derbyshireルイジアナ反進化論州法Act473について、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Institute批判する記事を書いた。

生物学系研究者たちや理科教育を守る立場とは、かなり違った視点で一撃を加えているので、とても面白い:
[John Derbyshire: "Patsy Jindal" (2008/07/09) on National Review Online]


What do I have to say about Louisiana Governor Jindal signing the Louisiana Science Education Act? Very little more than I said here back on June 20.

ルイジアナ州Jindal知事が署名したルイジアナ理科教育州法について、私が言うべきことはあるだろうか? 6月20日に言ったこと以上に言うべきことはほとんどない。
 
Whether or not the law as signed is unconstitutional per se, I do not know. I do know, though — as the creationist Discovery Institute that helped promote the Act also surely knows — that the Act will encourage Louisiana local school boards to unconstitutional behavior. That's what it's meant to do.

署名された州法が違憲かどうかは私はわからない。しかし、私は確かにわかっている。そして、この州法を後押しした創造論者のDiscovery Instituteの確かに解っている。この州法はルイジアナ学区教育委員会の違憲な行動を推進するものだということを。それが意味すること。

Some local school board will take the Act as a permit to bring religious instruction into their science classes. That will irk some parents. Those parents will sue. There will be a noisy and expensive federal lawsuit, possibly followed by further noisy and expensive appeals. The school board will inevitably lose. The property owners of that school district will take the financial hit.

いくつかの学区教育委員会は、この州法を宗教的内容を理科の授業に持ち込むことを容認するものだと受け取るだろう。それは一部の両親たちを悩ませることになるだろう。これらの両親たちは裁判を起こすだろう。そして、騒がしくも金のかかる連邦裁判が行われ、おそらく、さらなる騒々しく金のかかる控訴が起きるだろう。そして、学区委員会は必然的に敗北するだろう。学区はその金を負担することになる。

Where will the Discovery Institute be when these legal expenses come due? Just where they were in the Dover case — nowhere! What, you were thinking that those bold warriors for truth at the Discovery Institute will help to fund the defense in these no-hope lawsuits? Ha ha ha ha ha!

これらの法的費用が発生したら、Discovery Instituteはどういう位置づけになるだろうか? Dover裁判では、無関係だった。Discovery Instituteの真理のための戦士たちは、望みなき戦いの資金援助をするだろうか?わはは...

Helping to defend creationist school boards in federal courts is not the Discovery Institute's game. Their game is to (a) make money from those spurious "textbooks" they put out, and (b) keep creationism in the news so that they don't run out of lecture gigs and wealthy funders. So far as those legal bills are concerned, Discovery Institute policy is: Let the dumb rubes fund their own stupid lawsuits.

連邦裁判所で創造論者の学区教育委員会の弁護を支援することはDiscovery Instituteがプレイしているゲームではない。彼らのゲームは(a) 彼らの出版する疑似教科書の販売で金を稼ぎ、(b) 創造論がニュースから消えないようにして、講演の依頼や裕福な支援者をつなぎとめることだ。このような州法案に関するDiscovery Instituteの方針は、「アフォな田舎者どもにアフォな裁判費用を負担させろ」である。

Or, as the Discovery Institute's John West put it in an interview with a New Orleans news service:

あるいは、Discovery InstituteのJohn Westが、New Orleans news serviceのインタビューで述べたように...
"This bill is not a license to propagandize against something they don't like in science," West said. "Someone who uses materials to inject religion into the classroom is not only violating the Constitution, they are violating the bill."

John Westは「この州法は、彼らが科学において好まない何かに反したプロパガンダを許容するものではない。宗教を授業に持ち込むために教材を使った者は、違憲であるだけでなく、この州法違反である」と述べた。
See, the Discovery Instutute does not want any Louisiana school boards bringing religious instruction into science lessons. Heaven forbid! They would never encourage that. Absolutely not! Why, that would be wrong.

見ろよ! Discovery Instituteは、ルイジアナ州の学区教育委員会が宗教を理科の授業に持ち込ませることを求めていない。Discovery Instituteはそれをまったく推奨していない。全然だ! 何故なら、それは間違っているからだろう。

All they do is encourage state legislators to pass, and clueless governors to sign, laws that tempt local boards to unconstitutional behavior. The sucker school boards are then on their own, stuck with spending their taxpayers' dollars on the defense of hopeless lawsuits. But, you know, the Discovery Institute had absolutely nothing to do with it. Nothing! Not a thing! All they did was offer some mild support to a perfectly harmless bill. Heck, they didn't even lobby the Governor. From that same news story:

Discovery Instituteがやることは、学区教育委員会を違憲な行動に誘う州法を、州議会が通過させ、おバカな州知事が署名するのをさせるのを奨めることだ。だまされやすい学区教育委員会は自らのゲームをプレイし、望みなき裁判の弁護費用に税金をつぎ込む。しかし、それについて、Discovery Instituteは何の関係もないのだ。まったくだ。一切ない。Discovery Instituteがやることは、まったく無害な州法案を穏やかに支援することを提案するだけだ。けっ。Discovery Instituteは州知事に対してロビー活動すらしない。同じインタビュー記事によれば...
At the Discovery Institute, a Seattle-based think tank that promotes intelligent design and backed the new education act, senior fellow John West said he and his colleagues did not directly lobby Jindal.

インテリジェントデザインを宣伝し、新たな教育州法を支援している、Seattleを本拠地とするシンクタンクであるDiscovery InstituteのJohn Westは、「私とその同僚は直接Jindalにロビー活動をしていない」と述べた。
The creationists have pulled off their little stunt once again, and Bobby Jindal has been their patsy. I know there is a pro-Jindal factor among my colleagues here on The Corner, and I'm not stepping on toes for the fun of it. I must say, though, I can't see voting into national office a guy who is duped as easily as this into acting against his voters' interests. I'd prefer that my President or Vice President not be such an easy mark for a gang of sleazy confidence tricksters.

創造論者はまたも、小さなスタントをうまくやった。そして、Bobby Jindalは創造論者たちのカモだった。この新聞のコーナーの同僚にJindal支持がいることはわかっている。面白がって支持者の足を踏んでいるわけでもない。しかし、こんな有権者の関心に反する行動と同様に、簡単にだまされるような人物が、選挙で連邦政府要人に選出されるとは思えない。我らが大統領と副大統領が、ギャングや、けちな詐欺師に、手玉にとられるような人々であってほしくない。
「いかなる組織も、その第一目的は自らの存続であり、そのための金集めだ」という経験則からすれば、Discovery Instituteは、まさにこの記事が蹴りを入れたような存在かも。
posted by Kumicit at 2008/07/17 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/19

"Teach The Controversy"

創造科学が19887年のEdwards v. Aguillard裁判最高裁判決で、宗教であることが確定し、公立学校の理科の授業へ進入できなくなった。その後、様々な言い換えが行われた。

  • インテリジェントデザイン理論
  • Teach the Controversy(論争も教えろ)
  • 既存科学理論の強みと弱みを教えろ
  • Academic Freedom on Evolution (進化論に対する学問の自由)[最近流行の州法案]

この中の"Teach the Controversy"についてのTシャツが販売されている。9種類あるが、Kumicitが気に入ったのはこれ:
Classical Periodic Table
Because we know that the real periodic table of elements only numbers five
periodic.gif
[Teach The Controversy
via Pharyngula]


posted by Kumicit at 2008/06/19 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/16

Barbara Forrest教授によるルイジアナ州反進化論州法案分析

ルイジアナ州の反進化論州法案SB733州上院を通過し、州下院を修正通過し、州上院での調整待ちになっている。2008年6月23日の会期最終日まで、まだ一週間あり、成立の可能性がある。

これに関して、Barbara Forrest教授による「SB733 - ルイジアナ州理科教育州法案の分析」(2008/06/05 updated)の導入部分を紹介する:
Analysis of SB 733, “LA Science Education Act”
June 5, 2008 (Updated from May 19, 2008, Version)
AUTHOR: Barbara Forrest, Professor of Philosophy, Southeastern Louisiana University

Historical Context and Present Connections


The Louisiana Family Forum suggested the bill [SB 561], [Sen. Ben] Nevers said. “They believe that scientific data related to creationism should be discussed when dealing with Darwin's theory. This would allow the discussion of scientific facts,” Nevers said. “I feel the students should know there are weaknesses and strengths in both scientific arguments.” -- Hammond Daily Star, April 6, 2008, http://www.hammondstar.com/articles/2008/04/08/top_stories/9327.txt [emphasis added]

Ben Nevers州上院議員は"The Louisiana Family Forum"が州法案SB561のきっかけになったと述べた。「彼らは、ダーウィンの理論を扱うときは、創造論に関した科学的データを論じるべきだと考えている。これは科学的事実を論じることを可能にする。私は生徒たちが両方の理論に弱みと強みがあることを知るべきだと感じている」とNevers州上院議員は述べた。[Bill allows teaching creationism as science (2008/04/08) on HammondStar.Com][強調追加]


SB 733, the “LA Science Education Act,” is a stealth creationism bill. Sen. Ben Nevers introduced it on behalf of the LA Family Forum (LFF), the LA affiliate of the Religious Right organization Focus on the Family. The LFF actively promotes creationism on its website (see LFF’s “Origins Science Textbook Addendum” at http://www.lafamilyforum.org/site100-01/1001014/docs/origin~1.pdf). SB 733 is the direct descendant of Sen. Nevers’s earlier SB 561, the “LA Academic Freedom Act,” of which Rep. Frank Hoffman’s HB 1168 is the House twin. All three bills were written with the same intent: to get intelligent design (ID) creationism into Louisiana public school science classes. Having passed in the Senate by a vote of 35-0 on April 17, 2008, SB 733 was advanced by the House Education Committee on May 21 with no dissenting votes and presently awaits a vote by the full House of Representatives.

SB733「ルイジアナ理科教育州法案」はステルス創造論州法案である。Ben Nevers州上院議員は家族にフォーカスした宗教右翼団体とルイジアナで提携するLA Family Forum (LFF)に代わって、この州法案を提案した。LFFは自サイトで創造論を推進している[Origins Science Textbook Addendum]。SB733は、Frank Hoffman州下院議員のHB1158と対をなすBen Nevers州上院議員のSB561「ルイジアナ学問の自由州法案」の直接の後継州法案である。これら3つの州法案は、ルイジアナ州の公立学校の理科の授業にインテリジェントデザイン創造論を持ち込む意図を持っている。州上院を35対0で2008年4月17日に通過したSB722は州下院教育委員会を5月21日に反対票なしに通過し、州下院本会議待ちになっている。[訳注:2008年6月11日に修正つきで通過。州上院で修正対応待ち]

On April 17, SB 561 was amended, renumbered as SB 733, and renamed the “LA Science Education Act” in the Senate Education Committee, where it was stripped of specific references to evolution and other subjects and of the creationist code language referring to “the scientific strengths and weaknesses of existing scientific theories.” Prior to bringing SB 733 to a Senate floor vote on April 28, however, Sen. Nevers reinserted specific references to “evolution, the origins of life, global warming, and human cloning.” He also added a loophole that allows not only the targeting of other academic subjects (e.g., geology, astronomy) but also the insertion of ID creationism into science classes (see p. 4 below). SB 733 is part of the strategy being executed by a national, out-of-state creationist think thank, the Discovery Institute’s Center for Science and Culture in Seattle, WA, to get ID creationism taught in public school science classes.

2008年4月17日にSB561は、州上院教育委員会で修正され、SB733にリナンバーされ、「ルイジアナ理科教育州法案」に改称された。ここで、進化と、創造論者用語「既存理論の科学的強みと弱み」が削除された。しかし、4月28日のSB733の州上院本会議での議決の前に、Nevers州上院議員は「進化論・生命の起源・地球温暖化やヒトクローン」という記述を再挿入した。さらに彼は地質学や天文学など他の学術分野をもターゲットにするだけでなく、理科の授業にインテリジェントデザイン創造論を挿入を可能とする抜け道を加えた。SB733は、公立学校の理科の授業でインテリジェントデザイン創造論を教えようとする、ワシントン州シアトルにある全米創造論シンクタンクDiscovery InstituteのCenter for Science and Cultureの一環である。

The Discovery Institute (DI) is coordinating the introduction of academic freedom bills around the country. Bills similar to SB 733 have been introduced in six states so far in 2008: Florida, Alabama, Missouri, Michigan, Louisiana, and South Carolina. The FL, AL, and MO bills died without passage. All of the bills contain language from DI’s code-named “Model Academic Freedom Statute on Evolution,” which is not about teaching evolution, but about teaching ID. These bills are written in code language in order to avoid overt use of the terms “creationism” and “intelligent design,” which is the most recent form of creationism. The ID movement emerged after Louisiana’s 1981 “Balanced Treatment for Creation-Science and Evolution-Science in Public School Instruction Act” was declared unconstitutional by the U.S. Supreme Court in Edwards v. Aguillard (1987). After Edwards, creationists could no longer openly call themselves “creationists,” nor could they write policy proposals using “creationism” or “creation science.” So they adopted the term “intelligent design” in an attempt to skirt the Edwards ruling, as they have tried to skirt a total of ten federal court rulings against teaching creationism. The most recent was Kitzmiller et al. v. Dover Area School District (2005) in the Middle District of Pennsylvania, in which I served as an expert witness for the plaintiffs. Since that ruling, DI can no longer advance “intelligent design” proposals, so they must resort to using code language.

Discovery Instituteは全米で学問の自由州法案提案をコーディネートしている。2008年にはSB733とよく似た州法案がフロリダ・アラバマ・ミズーリ・ミシガン・ルイジアナ・サウスカロライナの6州で提案された。フロリダ・アラバマ・ミズーリ州では通過することなく廃案になった[訳注: ルイジアナ以外はすべて廃案]。これらはすべて、進化論教育ではなく、インテリジェントデザイン教育についてのDiscovery Instituteの「進化論に対する学問の自由モデル法案」の記述を含んでいる。これらは、創造論および創造論の最新形態であるインテリジェントデザインをあからさまに使うのを避けるために、特殊用語で記述されている。インテリジェントデザイン運動は、1981年の「公立学校における創造科学・進化科学の均等扱い州法」が19887年のEdwards v. Aguillard裁判最高裁判決によって違憲とされた後に出現した。この裁判後、創造論者たちは自らを公然と創造論者と称することも、創造論あるいは創造科学という用語で政策を記述することもできなくなった。それで彼らは、Edwards v. Aguillard判決を回避するために、インテリジェントデザインという用語を採用し、創造論教育を禁じる10の連邦法廷判決を回避しようとした。最新の判決は2005年のペンシルバニア州Middle DistrictのKitzmiller et al. v. Dover Area School District裁判である。この判決以後、Discovery Instituteは「インテリジェントデザインの提案」を推進できなくなったので、何らかの特殊用語が必要になった。

Having been badly discredited in the Kitzmiller case, the Discovery Institute, like earlier creationists, has sanitized their terminology in an attempt to avoid legal challenges by pretending that the legislation merely supports “critical thinking” and “academic freedom.” This is the only strategy they have left after Kitzmiller. Tellingly, however, the 1981 LA Balanced Treatment Act was also enacted “for the purposes of protecting academic freedom” (see copy of statute in Aguillard et al. v. Edwards et al. 1985, United States Court of Appeals, Fifth Circuit, http://bulk.resource.org/courts.gov/c/F2/765/765.F2d.1251.85-3030.html). Both the Fifth Circuit Court of Appeals and the U.S. Supreme Court rejected the state’s “academic freedom” defense (see Edwards v. Aguillard 1987, http://supct.law.cornell.edu/supct/html/historics/USSC_CR_0482_0578_ZO.html).

Kitzmiller判決で大きく評判を落としたため、Discoery Instituteは以前の創造論者と同様に、州法が「クリティカルシンキング」や「学問の自由」を支持するだけに見せかけて、法的問題を回避しようとして、彼らの用語を消し去った。これはKitzmiller判決以後に、彼らが取れる唯一の戦略だった。しかし、明白に、1981年の「公立学校における創造科学・進化科学の均等扱い州法」は「学問の自由を守ることを目的とする」ものだった(Aguillard et al. v. Edwards et al. 1985, United States Court of Appeals, Fifth Circuitのコピー参照)。Fifth Circuit Court of Appealsも連邦最高裁も州の「学問の自由」保護を認めなかったEdwards v. Aguillard 1987参照)。

All versions of the current LA legislation -- SB 561, HB 1168, and SB 733 -- can thus be directly traced to earlier legislation whose proponents tried to use “academic freedom” as a ruse to get creationism into public schools. The legislation currently proposed in LA is part of DI’s strategy, and they are using their supporters in various states to carry it out. In LA, the execution of this strategy began in November 2006 when Darrell White of the LFF, Rep. Frank Hoffman, who was then Asst. Supt. of the Ouachita Parish school system, and West Monroe High School biology teacher Danny Pennington persuaded the Ouachita Parish School Board to adopt a “Science Curriculum Policy,” formally entitled “RESOLUTION ON TEACHER ACADEMIC FREEDOM TO TEACH SCIENTIFIC EVIDENCE REGARDING CONTROVERSIAL SCIENTIFIC SUBJECTS” (see the policy at http://www.opsb.net/downloads-file-166.html). The policy is based on a template, “Proposed Science Policy Resolution,” written by Darrell White and posted on his creationist website (see http://www.judgewhite.com/docs/proposedresolution.pdf). The original language of SB 561 and HB 1168 is based directly on this template as well, as also is an upcoming academic freedom resolution that BESE member Dale Bayard plans to introduce before BESE in June (see p. 3 below).

現在のルイジアナの州法案のすべてのバージョンであるSB561,HB1168, SB733は、公立学校に創造論を持ち込む策略として、「学問の自由」を使っていた先祖な州法に系譜を直接的にたどることができる。ルイジアナで現在提案されている州法案はDiscovery Instituteの戦略の一環であり、彼らはあちこちの州で支持者を使って、提案をしようとしている。ルイジアナにおける戦略の実施は2006年11月の、
LFFのDarrell Whiteと、Ouachita Parish学区の教育次長だった州下院議員Frank HoffmanとWest Monroe High Schoolの生物教師Danny PenningtonがOuachita Parish学区教育委員会に「理科カリキュラムポリシー」正式名称「論争対象の科学分野について科学的証拠を教える学問の自由についての決議」を採択させいようとしたことに始まる(ポリシー参照)。そのポリシーはDarrell Whiteが執筆して、自らの創造論サイトにポストしたテンプレート"Proposed Science Policy Resolution"を基にしたものである(Proposed Science Policy Resolution参照)。SB561とHB1168の提案時の記述はテンプレートに基づくもであり、BESEのメンバーであるDale Bayardが6月のBESE(初等中等教育委員会)の前に提案しようと計画した、今度の学問の自由決議も同様である。

DI is collaborating with the LFF to promote “academic freedom” legislation in LA. When Ouachita Parish adopted its creationist policy, Americans United for Separation of Church and State noted the development of DI’s strategy as it relates to the OP decision. Statements by Casey Luskin, DI Program Officer for Public Policy and Legal Affairs (an attorney who appears never to have actually practiced law since graduating from law school and going directly to work for DI) clearly reflect the language used in the Louisiana bills.

Discovery Instituteはルイジアナ州でLFFと協調して「学問の自由」州法案を推進した。Ouachita Parish学区がその創造論ポリシーを採択したとき、Americans United for Separation of Church and State(政教分離のための全米連盟)は、Discovery Instituteの戦略の進展がOuachita Parish学区での決定と関連していると記述した。Discovery Instituteの公共政策および法務担当のCasey Luskin(法律学校卒業後すぐにDiscovery Instituteに就職したため法律実務経験のない弁護士)による声明は、ルイジアナ州法案で使われた記述を明白に反映している。

Attempting to portray evolution as a controversy alongside human cloning and insisting that teachers portray both sides is the latest strategy from advocates of “intelligent design” (ID). Stung by recent courtroom and electoral defeats, ID backers are regrouping and looking for new ways to get their ideas into America’s classrooms.

進化論をヒトクローンと並べて論争対象と描写しようとし、教師の両サイドを提示させいようと意図することは、インテリジェントデザイン支持者の最新の戦略である。最近の判決と選挙での敗北によて動けなくなったインテリジェントデザイン支持者は、再結集し、自らの考えを米国の授業に持ち込む新たな方法を模索している。

Following the Ouachita board’s approval of the policy, the Discovery Institute, a leading ID group, issued a press release praising the board.

Ouachita Parish学区のポリシー採択に続いて、インテリジェントデザインの指導的グループであるDiscovery Instituteは学区教育委員会の決定を称賛するプレスリリースを出した。

“We’re very happy to see them take a stand protecting the academic freedom of teachers to answer student questions and discuss scientific issues in the classroom,” said Casey Luskin, an attorney with the organization. “Teachers are the real winners in this case because they now have clear protection to help their students analyze all aspects of controversial scientific issues without worrying whether or not they will be fired or censored by their school district.” . . .

「授業で科学的問題について生徒の質問に回答し、議論する教師の学問の自由を保護する立場に、学区教育委員会がたったことを我々は喜ばしく思う。学区教育委員会によって解雇されたり検閲されたりする心配なく、生徒たちが論争対象の科学的問題についてあらゆる見方を分析することを手助けできるようになるので、本件での真の勝者は教師たちである。」とDiscovery Instituteの弁護士であるCasey Luskinは述べた。

. . . In November [2006], John G. West, associate director of the Discovery Institute’s Center for Science and Culture, told Baptist Press that the group has drafted a “model academic freedom bill” it is promoting in the state legislatures. [emphasis added]

2006年11月に、Discovery InstituteのCenter for Science and Cultureの次長であるJohn G. WestはBaptist Pressに対して、州議会で推進している"学問の自由モデル州法案"をDiscovery Instituteが執筆したと語っている。[強調追加]

West said the bill “protects the rights of teachers and students to discuss scientific criticisms of evolution” and added that it has been pushed most recently in Alabama and Oklahoma. (“Louisiana School District Approves Policy Critiquing Evolution,” Church & State, January 1, 2007,
http://www.thefreelibrary.com/_/print/PrintArticle.aspx?id=157588439 )

Westは州法が「教師と生徒が進化論についての科学的批判を論じる権利を保護する」ものであり、最近はアラバマ州とオクラホマ州でもっとも推進していると付け加えた。Louisiana School District Approves Policy Critiquing Evolution (2007/01/01) on Church & State)

DI is watching the LA legislation closely. Most recently, on May 13, 2008, Baptist Press reported DI’s optimism that the LA bill would pass and refers to DI’s strategy of avoiding overt references to “intelligent design”:

Discovery Instituteはルイジアナ州法案を間近で見ている。最近だと、2008年5月3日にBaptist Pressは、ルイジアナ州法案が可決されるというDiscovery Instituteの楽観的見方を報道し、インテリジェントデザインへの言及を回避するDiscovery Instituteの戦略に触れている。
Legislatures in three states -- Louisiana, Michigan, and Missouri -- are considering academic freedom bills that would give teachers greater protection and freedom in teaching the strengths and weaknesses of Darwinian evolution. Passage of any of the bills would be a first for any state, according to officials at the Discovery Institute, a Seattle-based think tank that supports the bills. Similar bills in Alabama and Florida died this month, although the ones in the other states, particularly Louisiana, seem to stand a better chance. . . . [emphasis added] The bills do not mention Intelligent Design, a theory promoted by the Discovery Institute. . . .

ルイジアナ・ミシガン・ミズーリの3州の州議会では、ダーウィン進化論の強みと弱みと教えることの保護と自由を大いに教師に与える学問の自由州法案が検討されている。州法案の記述はどの州も最初は、州法案を支持するシアトルを本拠地とするシンクタンクDiscovery Instituteの担当者によるものである。同様の州法案が今月アラバマ州とフロリダ州で廃案になったが、他の州、特にルイジアナ州では可能性が高そうである。 . . .[強調追加] この州法案はDiscovery Instituteが推進する理論であるインテリジェントデザインに言及していない。

In fact, Luskin said, the language of the bills in Louisiana, Michigan and Missouri does not allow for ID to be taught. Nevertheless, he said, the bills would be a significant step forward (see Michael Foust, “Bills Would Give Teachers Freedom Teaching Evolution,” Baptist Press, May 13, 2008, http://www.sbcbaptistpress.org/BPnews.asp?ID=28041). [emphasis added] [BF: Luskin’s statement that the LA bill would not permit teaching ID is disingenuous. At a press conference in Florida, he admitted that the FL legislation would permit the teaching of ID because he considers ID to be “scientific information” that the FL bill would have permitted teachers to present in their criticism of evolution. See Marc Caputo, “Intelligent Design Could Slip into Science Class,” Miami Herald, March 13, 2008, at http://www.miamiherald.com/458/story/454417.html.]

事実、Luskinは、「ルイジアナ・ミシガン・ミズーリの州法案の記述はインテリジェントデザインを教えることを許容していない。しかしながら、大きな前進である」と述べた (Michael Foust: "Bills Would Give Teachers Freedom Teaching Evolution" (2008/05/13) on Baptist Press参照)[強調追加] 。[BF: Luskinによるルイジアナ州法案ではインテリジェントデザインを教えることは許容されていないという声明は不正直である。フロリダ州の記者会見で、「フロリダ州議会はインテリジェントデザインを教えることを許容した。というのは進化論の批判においてフロリダ州法案が教師に許容した科学的情報にいんていジェントデザインが該当すると考えられるからだ。」とLuskinは述べている。Marc Caputo: "Intelligent Design Could Slip into Science Class" 2008/03/13) on Miami Herald参照)

DI is collaborating with the LFF to promote SB 733. The evidence of their working relationship dates back at least five years. Among the recent evidence is Darrell White’s May 16, 2008, op-ed on the website of Access Research Network (ARN), a DI auxiliary (see Forrest and Gross, Creationism’s Trojan Horse, 2007). White refers specifically to both the Ouachita policy and to SB 733:

Discovery InstituteはLFFと協調して、SB733を推進している。彼らが協調行動をとっている証拠は、少なくとも5年前に遡れる。細菌の証拠は、Discovery Instituteの補助機関であるAccess Research NetworkのWebサイト[Forrest and Gross, Creationism’s Trojan Horse, 2007参照]に2008年5月16日に掲載されたDarrell Whiteの署名記事である。Darrel Whiteは特にOuachita Parish学区とSB733に言及している。
In 2006, Ouachita Parish School Board unanimously adopted a science curriculum policy that . . . is a worthy example. Having reviewed all BESE-approved science textbooks, I can verify that the goal of teaching students to distinguish between observational and historical science is poorly done with the current slate of textbooks. [BF: This is a specious creationist distinction that is not made by mainstream scientists.] And, as a concerned parent and grandparent, I commend Senator Nevers for his Louisiana Science Education Act legislation. Our children and their teachers deserve enactment of SB 733. (See Darrell White, “Why We Should Support Academic Freedom Bills for the Science Classroom,” Access Research Network, May 16, 2008, at http://www.arn.org/blogs/index.php/2/2008/05/16/why_we_should_support_academic_freedom_b )

2006年にOuachita Parish学区教育委員会が記名投票で理科カリキュラムポリシーを採択したことは価値ある事例である。BESE(初等中等教育委員会)が承認した理科の教科書をすべてレビューした結果、州の現在の教科書では観察的科学と歴史的科学の区別を生徒たちに教えるには不十分であることがわかった。[これはまったく創造論者による区別であって、主流科学者によるものではない。] そして、これを問題にする両親および祖父母として、私はNevers州上院議員にルイジアナ州理科教育州法案を委ねた。我々の子供たちとその先生たちはSB733の成立を受けるにふさわしい(arrell White:"Why We Should Support Academic Freedom Bills for the Science Classroom" (2008/05/16) on Access Research Network参照)。

DI also posted White’s May 20, 2008, letter to the Baton Rouge Advocate on their website (http://www.discovery.org/a/5471). However, the most tangible evidence of DI’s working through the LFF to target Louisiana is the presence at the May 21 House Education Committee hearing of Casey Luskin and Dr. Caroline Crocker, the creationist executive director of the IDEA (Intelligent Design and Evolution Awareness) Center. Dr. Crocker spoke in favor of SB 733.

また、Discovery InstituteはDarrel WhiteがBaton Rouge Advocateにあてた2008年5月20日付の手紙を自サイトに掲載している。しかし、LFFを通してルイジアナをターゲットにしているDiscovery Instituteの行動の最も重要な証拠は、Casey LuskinとIDEA(Intelligent Design and Evolution Awareness) Centerの創造論者な代表Dr. Caroline Crockerが州下院教育委員会の公聴会への登場である。Dr CrockerはSB733を支持側として発言した。

SB 733 is Discovery Institute’s attempt to use Louisiana in its plan to get ID into public school science classes, and the LA Family Forum is helping them.

SB733はルイジアナ州を使って、公立学校の授業にインテリジェントデザインを挿入しようというDiscovery Instituteの試みであり、LA Family Forumはこれを支援している。

posted by Kumicit at 2008/06/16 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/06

創造論者Tiktaalikはかく語りき...

毎度おなじみMark Isaakの創造論者の主張に「小進化と大進化は別物」シリーズがある。

  • CB902. 小進化と大進化は別である。
  • CB902.1. 大きな変化に対する障害がある。
  • CB902.2. 小さな変化は、大きな変化を意味しない。

==>忘却からの帰還: 創造論者の主張「小進化と大進化は別物シリーズ」 (2007/11/26)

創造論者は進化可能な範囲を「種類(kind)」と呼び、その内側を小進化とみなす。これをジョークにしたCecticから...

cectic144.png

Tikky: ボクが移行形態だって話は、みんなホラさ。

-----: なんでさ、Tikky?

Tikky: ボクを見てみろよ! エラと鱗があって、水中で生息していて、あきらかにボクは魚の種類(kind)で、ぱっと見は両生類のような特徴を持つように、小進化しただけなのさ。

-----: でも、自重を支える肢は?四足で肺は?首が回るよ?肋骨は?

Tikky: 言いなおそう。あきらかにボクは両生類の種類(kind)で、ぱっと見は魚類のような特徴を持つように、小進化しただけなのさ。

[cectic: "Tiktaalik Speaks Out" ]

posted by Kumicit at 2008/06/06 00:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/06/02

ニセ科学報道の作り方

識者のコメントなんて、まあこんなものかも...というCecticから...

cectic_155.png

レポーター:テレパシーはありえませんか?

科学者: えっと、テレパシーが働くという既知のメカニズムは知られていません。そして、ちゃんと制御された実験では常に...

レポーター:ありえませんか?

科学者: 科学はそのように実行されるものではありません。ただ...

レポーター:ありうるというわけですね?

科学者: .....

レポーター: ヨウム[African Grey Parrot]は6歳児程度の知能を持つだけでなく、超能力を持つらしいことも科学的に確認されました。

[cectic: "Confirmed by Science" ]

posted by Kumicit at 2008/06/02 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする