2014/02/05

Seventh-Day Adventistの教義の定める厳格な食餌ルールに従おうとして、生後5か月の息子をくる病で死なせた夫婦

Telegraphの報道によれば、ジンバブエ生まれの夫婦が、Seventh-Day Adventistの教義の定める厳格な食餌ルールに従おうとして、生後5か月の息子をくる病で死なせた。
Nkosiyapha Kunene, 36, and his wife Virginia, 32, were told at the Old Bailey on Monday that they could face jail after admitting the manslaughter of their son Ndingeko.

Acute rickets, from which Ndingeko died on June 14, 2012, sees the bones soften because of a deficiency of vitamin D, phosphorus or calcium. The case comes after health professionals raised concerns that the Victorian disease is returning to Britain as a result of poor diets and children not being exposed to sufficient sunshine.

It is believed Ndingeko’s parents belong to the Seventh-day Adventist Church, whose members follow a lacto-ovo vegetarian diet – one that allows milk and eggs, but not animal flesh.

Richard Whittam QC, prosecuting, described five-month-old Ndingeko’s death from rickets as “tragic”.

Ndingeko’s parents were born in Zimbabwe, although Mrs Kunene is now a British citizen. They were arrested soon after his death and later charged with manslaughter and cruelty to a child between Jan 1, 2012 and June 15, 2012. The pair both deny cruelty, but have admitted manslaughter.

月曜日に、Nkosiyapha Kunene(36)と妻のVirginia(32)は息子Ndingekoの故殺を認めた後、ロンドン中央刑事裁判所から実刑の可能性があることを告げられた。

2012年6月24日にNdingekoが死亡した原因である急性くる病は、ビタミンDとリンとカルシウムの欠乏により、骨格が弱くなる病気である。貧しい食生活と日光不足の結果、ビクトリア朝時代の病気が英国にもどってくると医療専門家が懸念を表明した後に、この事件が起きた。

Ndingekoの両親はSeventh-Day Adventist Churchの所属していると考えらている。この宗教の信者は、牛乳と卵は良いが、肉食はみとめられないというlacto-ovo菜食主義に従っている、

訴追にあたっているRichard Whittam QC(Queen's Counsel=勅撰弁護士)は、生後5か月のNdingekoのくる病による死を「悲劇的」と評した。

Ndingekoの両親はジンバブエで生まれたが、Virginia Kuneneは英国の市民権を取得している。夫婦は息子の死後、逮捕され、故殺と2012年1月1日〜6月15日の間の虐待で訴追された。夫婦はともに虐待を否認したが、故殺は認めた。

[Nicola Fifield:"Baby dies of rickets from vegetarian mother" (2014/01/27) on Telegraph]
ひとたび医学の力で撃滅したはずの病気が、宗教の力で復活した。

なお、このLacto-ovo菜食主義を教義としているのは、Seventh-Day Adventists以外に、20世紀に中国で生まれた一貫道(I-Kuan Tao, Yiguandao)がある。
posted by Kumicit at 2014/02/05 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/02

メモ「我々は人の行為に意図を見出す傾向があり、スローモーションを見ることで、その判断を強化する」

Matthew HutsonのSlate掲載記事によれば、Northwestern UniversityのKellogg School of ManagementのZach Burnsは、意図的か否かの判断にスローモーションを見るのは適切ではないと考えている。これは、(1)我々には、スローモーションを見ることで、予め持っている判断(意図的か否か)を強化する傾向があり、(2)我々はデフォルトで、人の行為に意図があると見ていることによる。
Slowed down, the acts were judged as more intentional, forceful, blameworthy, and deserving of punishment than they were at normal speed. When viewed at regular speed, there’s some question about whether Harrison smashed Massaquoi in the head on purpose; when the video gets slowed down, it seems as if the Steelers defender is preparing himself to deliver a crushing blow. Indeed, another of Burns’ experiments, using footage of a man on a bicycle who hits a target with a foam sword, found that when we watch something in slow motion, we perceive an increase in the amount of time the person−whether a football player or a cyclist with a sword−had to prepare for the act.

Maybe in all these cases the act really was intentional, and slow motion merely helped viewers see the truth by picking up on subtle behavioral cues. After all, Harrison has stated that he aims to hurt other players, and Massaquoi was the second Cleveland player he knocked out with a concussion in the second quarter of a single game.

スローモーションにすると、通常再生映像よりも、行為がより意図的で、強制的で、非難に値する、懲罰に値するように見える。通常再生で見ると、HarrisonがMassaquoiの頭を叩いたのが意図的か疑問が残る。スローモーションにするとSteelersのデフェンダーが、叩きに行こうとしているように見える。実際、自転車に乗った男がターゲットをウレタンの剣で叩く動画を使ったBurnsの別の実験でも見つかっているが、フットボール選手であれ、ウレタンの件を持った自転車に乗った男であれ、スローモーションで見ると、その人物を見る時間が長いほど、行為を準備しているように見える。

おそらく、これらの例では実際に意図的だったのであり、スローモーションで見ることで、見る者に、微妙な行動の手掛かりを与えて、真実を見出しやすくしたのだろう。結局のところ、Harrisonは他の選手を傷つけようとしていたと述べており、Massaquoiはひとつの試合の第2クォーターで、叩かれて脳震盪になったClevelandの二人目の選手となっていた。

In additional experiments, Burns found that slow motion does not in fact reveal the truth. It also doesn’t always lead you to believe that a person’s behavior was premeditated. Rather, it amplifies your incoming assumptions: If you think an act was intentional, seeing it in slow motion increases the apparent intentionality, and if you think it wasn’t intentional, slow motion decreases apparent intentionality. Burns does believe, though, that if you’re on the fence−and the point of instant replay is to scrutinize calls that are too close to discern in real time−slow motion will push you to see intentionality. Previous research has shown that we already see intentionality in people’s behaviors by default. Evelyn Rosset, for instance, found that our instinct is to judge sentences such as “She kicked her dog” as describing acts done with purpose.

追加実験では、Burnsはスローモーションによって真実が明らかにならないことを見出した。スローモーションは常に、人の行為が計画的だったという思いに導くものではない。むしろ事前に持っている仮定を強化する。行為が意図的だと思っていれば、スローモーションで、より意図的に見える。意図的でないと思っていれば、スローモーションによって、より意図的ではないように見える。しかし、Burnsは、「フェンスにいて、リアルタイムに近すぎるコールの精査するインスタントリプレイのポイントにいる場合、スローモーションを見ることで意図的だと判断しやすくなる」と考えている。これまでの研究で、我々はデフォルトで、人の行為に意図性があると見ていることがわかっている。たとえば、Evelyn Rossetは、我々の本能は、目的を持って行われ行動として「彼女は犬を蹴った」といった文を判断することを発見している。

[Matthew Hutson:"Instant Replay, Instant Bias -- How slow-motion reviews mislead us about what happens in a football game" (2014/01/31) on Slate]

posted by Kumicit at 2014/02/02 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/01/28

韓国非常時国民行動要領

韓国の2013年版非常時国民行動要領に核攻撃について3ページ記述があった。
Page1.PNG
Page2.PNG
Page3.PNG
[非常時国民行動要領 (2013)]
1976年作成の英国のProtect and Surviveとあまり変わらないノリである。一般国民向け核攻撃避難施設は存在しないので、できることはこんなところのようだ。
posted by Kumicit at 2014/01/28 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/01/26

あらためて陰謀論は連鎖する

陰謀論支持者は自らを懐疑論者と位置づけていたとしても、実際にはそうではない。選択的に疑う対象を選んでいるだけだという。
How can so many people, in the name of skepticism, promote so many absurdities? The answer is that people who suspect conspiracies aren’t really skeptics. Like the rest of us, they’re selective doubters. They favor a worldview, which they uncritically defend. But their worldview isn’t about God, values, freedom, or equality. It’s about the omnipotence of elites.

かくも多くの人々が、懐疑論の名のもとに、不条理を宣伝するのか? 答えは、陰謀を疑う者たちは本当は懐疑論者でないことにある。我々同様に、彼らは選択的に疑っている。彼らは、ある種の世界観を好んであり、彼らはその世界観を無批判に擁護する。しかし、その世界観は神や価値や自由や平等についてではない。全能のエリートたちについての世界観だ。

[William Saletan: "Conspiracy Theorists Aren’t Really Skeptics" (2013/11/19) on Slate]
ひとつの陰謀論を信じる者は、他の陰謀論も信じる傾向がある。これは多くの調査で示されている。
Many studies and surveys have documented this pattern. Several months ago, Public Policy Polling asked 1,200 registered U.S. voters about various popular theories. Fifty-one percent said a larger conspiracy was behind President Kennedy’s assassination; only 25 percent said Lee Harvey Oswald acted alone. Compared with respondents who said Oswald acted alone, those who believed in a larger conspiracy were more likely to embrace other conspiracy theories tested in the poll. They were twice as likely to say that a UFO had crashed in Roswell, N.M., in 1947 (32 to 16 percent) and that the CIA had deliberately spread crack cocaine in U.S. cities (22 to 9 percent). Conversely, compared with respondents who didn’t believe in the Roswell incident, those who did were far more likely to say that a conspiracy had killed JFK (74 to 41 percent), that the CIA had distributed crack (27 to 10 percent), that the government “knowingly allowed” the 9/11 attacks (23 to 7 percent), and that the government adds fluoride to our water for sinister reasons (23 to 2 percent).

多くの研究や調査がこのパターンを記録している。数か月前、Public Policy `Pollingは米国有権者1200名に、良く知られた陰謀論について調査した。51%がケネディ大統領の暗殺には巨大な陰謀が背後にあると回答した。25%がLee Harvey Oswaldの単独犯行と回答した。Oswald単独犯行と回答した人々と比べて、巨大な陰謀を信じる人々は、調査で質問した他の陰謀論も支持する傾向があった。1947年のRoswellのUFO墜落(32% vs 16%)や、CIAが米国の都市にクラックコカインを撒いているについて(22% vs 9%)、2倍がイエスと回答している。逆に、Roswell墜落事故を信じない回答者たちと比べると、ケネディが暗殺された(74% vs 41%)や、CIAが米国の都市にクラックコカインを撒いている(27% vs 10%)や、9.11の攻撃を知りながら見逃した(23% vs 7%)や、政府が不吉な理由で水道にフッ素を添加している(23% vs 2%)にイエスと回答する比率は明かに高かった。

[William Saletan: "Conspiracy Theorists Aren’t Really Skeptics" (2013/11/19) on Slate]
これまでも繰り返し示されてきたことだが、陰謀論信条は連鎖しており、自らを懐疑論者だと思っていたとしても、実際にそのようには行動できていない。
posted by Kumicit at 2014/01/26 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/01/22

モーゼは紅海を割り、ノアの洪水は起き、神は6日間で世界を創造したと信じている米国人

「ノアの洪水」が本当に起きたと信じている米国人がどれくらいいるかを調べた世論調査がないか、さがしてみたところ、ABCによる世論調査が2004年に行われていた。それによると、「Red Sea: モーゼは紅海を割った」「Creation: 神は6日間で世界を創造した」「Noah's Flood: ノアの洪水は起きた」を文字通り信じているかについて...
Red Sea Creation Noah's Flood
All 64 61 60
Catholics 50 51 44
Protestants 79 75 73
Evangelical Protestants 91 87 87
Non-evangelical Prote
stants
59 55 50
No religion 32 24 29

[ABC NEWS PRIMETIME POLL: BIBLE STORIES ? 2/10/04]
キリスト教徒は宗派によらず、紅海・創造・洪水を半数以上が信じている。特に福音主義キリスト教徒はほぼ90%が、紅海・創造・洪水すべて事実だと信じているという。ただし、支持政党別の数字があれば、さらに面白そうなだが、そのような数字は調べられていない。

また、同じ世論調査で調べられた「現代のユダヤ人がイエスの死に責任があるか」については、さすがにYESは少数だった。
Are Jews today responsible for the death of Jesus?
Yes No
All 8 80
Catholics 6 82
Protestants 11 78
Evangelical Protestants 12 77
Non-evangelical Protestants 12 83
No religion 3 83 <
/td>
それでも、数パーセントがそう信じているようだ。
posted by Kumicit at 2014/01/22 04:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする