2014/03/03

ワクチン接種キャンペーンは逆効果となりうる

誤情報をデバンクするのは、なかなかむつかしい。よほど注意してないと、誤情報をデバンクするための努力が、意図せずして、正そうとした誤情報を逆に強化してしまうことがある。そうしない方法を模索する試みを以前取り上げた。

==>バックファイアー効果

ワクチン接種を推進しようとする公衆衛生機関の想定宣伝が無効果、場合によってバックファイアー効果を持つ事を示す研究がUniversity of Exeterの政治科学者Dr Jason Reiflerたちによって行われた。
Dr Jason Reifler, a political scientist at the University of Exeter−in collaboration with colleagues from Dartmouth College, Georgia State University, and the University of Michigan−tested four types of messages designed to promote MMR vaccination with a nationally representative sample of parents in the US. Their study is forthcoming in the April 2014 issue of the journal Pediatrics. It will be published online March 3.

In the trial, parents were randomly assigned to one of five conditions. These conditions represent four potential strategies available to public health agencies to promote vaccination, as well as a control group for comparison. They were given one of the following:

University of Exeterの政治科学者Dr Jason Reiflerは、Dartmouth CollegeとGeorgia State UniversityとUniversity of Michiganの共同研究者たちとともに、MMRワクチンを推進するようにデザインされた4種類のメッセージを、米国全土から抽出した親たちに対してテストした。研究結果は、2014年3月3日に発行されるPediatrics誌の2014年4月号に掲載される。

実験で、親たちはランダムに5つの条件のうち1つに割り当てられた。これらの条件は、公衆衛生機関がワクチンを宣伝するために取りうる4つの戦略に対応しており、もうひとつが対照群である。彼らは以下のうち、一つのメッセージを提示された。
  • Information adapted from (but not attributed to) the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) explaining the lack of evidence that the MMR vaccine causes autism
  • Written information about the dangers of the diseases
  • Images of children who have diseases prevented by the MMR vaccine
  • A dramatic narrative about an infant who almost died of measles from a CDC fact sheet
  • A control condition in which respondents read material unrelated to health

  • 米国CDCと明記されていないが、米国CDCによる、MMRワクチンと自閉症の関連には証拠がないという説明
  • 病気の危険性について書かれた情報
  • MMRワクチンによって病気を予防された子供たちの画像イメージ
  • CDCファクトシートに掲載された、麻疹で死にかけた幼児のドラマティックな記述
  • 健康と無関係な文書を読んだ対照群


Parents' beliefs and attitudes about vaccines were surveyed before and after receiving the material. The trial showed that none of the messages increased parents’ intent to vaccinate, and some of them backfired.

Dr Jason Reifler, a political scientist at the University of Exeter, explained the response to the trial. He said: “Providing parents with information debunking the supposed link between the MMR vaccine and autism did reduce the misperception that vaccines cause autism. While this result seems encouraging, there is also significant cause for alarm. The debunking information led some parents--those who are most sceptical about vaccines−to report that they were less likely to vaccinate a future child compared to equally sceptical parents in the control condition”.

Dr Reifler added: “Our results show some of the challenges faced in promoting public health. The intervention that was effective in correcting the misperception also reduced intent to vaccinate among some parents. Some interventions increased misperceptions. Waiting for a deadly measles outbreak−like in Wales last year−to convince parents to vaccinate is too costly. Knowing how systems like the NHS can effectively promote immunisation is a crucial component of public health.”

ワクチンについての親たちの信条と態度を、文書を受け取る前後で調べた。実験は、どのメッセージも親たちのワクチンについての意図を変えなかった。幾つかは逆効果だった。

University of Exeterの政治科学者Dr Jason Reiflerはこの結果を次のように説明した。「MMRワクチンと自閉症の関係をデバンクする情報を与えられた親たちの、ワクチンが自閉症を起こすという誤解が少なくなった。この結果は勇気づけられるもののようにみえるが、非常に警告的でもある。デバンク情報を受け取った、ワクチンについて最も懐疑的な親たちは、将来子供たちにワクチンを接種させる率が、対照群の同様に懐疑的な親たちより少なくなった。」

「我々の結果は、公衆衛生の宣伝が幾つかの課題に直面していることを示している。誤解をなくすことに効果のある介入が、ワクチンを接種させる意図を減少させている。介入によっては、誤解を増大させている。親たちを納得させるために、昨年のWalesのような麻疹の死を招くアウトブレイクを待つのはコストがあまりに高すぎる。NHSのような機関が効果的なワクチン接種の宣伝方法を知ることが、公衆衛生の重要な要素である。」

[MMR vaccination campaign messages can 'backfire', research shows (2014/03/03) on Univ. Exeter ]
普通に思いつくよな宣伝は、ワクチン接種率の向上に効きそうにないという結果である。

このことは、同じくDr Jason Reiflerたちの陰謀論についての研究でも、同様であることが示されている
posted by Kumicit at 2014/03/03 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/17

Survive-All #2 Comparison

Survive-All社の核シェルターのとてもアメリカンなラジオCMから、2本目"Comparison"に字幕をつけてみた。


1本目の"Maximum Protection"はこちら:


音源はこっちから:
Maximum Protection (General)
Comparison
Value
Equipment
DYS
Maximum Protection (Steel and Concrete)
DYS (short)
Maximum Protection (Steel and Concrete) (short)
Maximum Protection (General) (short)

[Survive-All Fallout Shelter Radio Ads (2008/03/28) on DinosaurGardens]



当時のセールスキットについては...

==>The Survive-All Shelter Sales kit(1961) (2010/09/05) on Conelrad Adjacent
posted by Kumicit at 2014/02/17 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/15

2014年2月14-15日の停電の推移

東京電力停電履歴情報を2014年2月14日-15日について県別に停電戸数を集計してみた。100戸未満は100戸として集計したので精度はその程度である。突き抜けている群馬県で、2014年02月15日02:08頃の数分間である。
KantoSnow2b.png
千葉方面は雪ではなく、風によるものと思われる。また、山梨県の停電戸数は4000だが、2月14日夜の停電以降、動きがなく、24時間以上経過しても回復していない。
[東電履歴情報のアップデート2014/02/16 10:00時点に合わせて修正。特に栃木県の2/15夜の復旧履歴の2/16深夜追加分]

比較のために先週(2014年2月8〜9日)の推移を示す。
KantoSnow1b.png
先週よりも、今週の被害の方が大きい。先週は北茨城市及び日立が送電系の被害により6時間にわたり大規模に停電した。今週は栃木県が同じく送電系の被害により、大規模停電した。
posted by Kumicit at 2014/02/15 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/11

2014年2月8-9日の停電と雪の推移

東京電力停電履歴情報を2014年2月8日-9日について県別に停電戸数を集計してみた。100戸未満は100戸として集計したので精度はその程度である。突き抜けている神奈川県の値は、2014年02月8日19:16-19:24の8分間の鎌倉・横須賀方面を中心にした約18万戸の停電を含む、合計約239000戸。
KantoSnow.png
静岡から神奈川及び東京、千葉そして茨城へと停電地域が移動しているのが見える。なお、茨城県の停電が大規模かつ長引いたのは局所的な配電系ではなく、送電系のトラブルによるものと思われる。

関東の降水量の推移をAMEDAS地図表示で見てみると、雪の移動が見える。停電地域はこれを追いかける形になっている。

posted by Kumicit at 2014/02/11 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/10

韓国のラドン濃度は世界2位という報道

昨秋(2013/10)、韓国の住宅のラドン濃度が世界2位という報道が韓国であった。
According to Rep. Jang Ha-na of the main opposition Democratic Party, the average annual concentrations of radon gas was 124.9 becquerels per cubic meter (Bq/m3) in 7,885 randomly selected homes around the country, the second highest after the Czech Republic's 140 Bq/m3.

Under the 2010 World Health Organization (WHO) guidelines for air quality, the Czech Republic topped the list of countries with the highest levels of radon concentrations, followed by Finland (120 Bq/m3), Luxembourg (115 Bq/m3) and Sweden (108 Bq/m3). The comparable figures for other Asian countries were 16 Bq/m3 for Japan and 44 Bq/m3 for China.

The finding is based on a comparison of data compiled by the National Institute of Environmental Research with the levels of 29 countries surveyed under the 2010 WHO air quality guidelines, the lawmaker said.

野党民主党のJang Ha-na議員によれば、韓国全体からランダムに選んだ住宅の年間平均ラドン濃度は124.9Bq/m3であり、チェコ共和国の140Bq/m3に次ぐ、世界2位の高さだった。

2010年のWHOの大気汚染ガイドラインでは、チェコ共和国が屋内ラドン濃度の世界1位で、フィンランド(120Bq/m3)、ルクセンブルク(115Bq/m3)、スウェーデン(108Bq/m3)が続いていた。他のアジア諸国では、日本が16Bq/m3で、中国が44Bq/m3だった。

2010年のWHOの大気汚染ガイドラインに基づく29か国の調査と国立環境研究所のまとめたデータに基づいていると、Jang Ha-na議員は述べている。
...
South Korea's primary schools, where children spend many hours a day, were measured to have an annual average radon concentration of 98.4 Bq/m3.

子供たちが長時間を過ごす小学校の計測結果の年間平均は98.4Bq/m3だった。

[S. Korea's radon level in homes world's second-highest (2013/10/14) on Yonhapnews]
年間21000人がラドン関連肺癌で死亡している米国と同程度の濃度だとしても、韓国では年間4000人程度が死亡している可能性がある。


関連エントリ


posted by Kumicit at 2014/02/10 05:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする