2011/03/26

宗教活動に熱心だと太る確率が高くなる

聖書によれば「神を信じる勤勉なリベラルは太る」ことになっているが、実際は「神を信じるコンサバは太る傾向があるかも」という話をした。

==>聖書によると、神を信じるリベラルは太る (2010/10/09)

さきごろ、Northwestern Universityの学生が、若い成人の頃の宗教活動と中年になってからの肥満の関連について、長期間追跡調査による縦断研究の結果を発表した。それによれば、週1回以上の宗教活動を若い成人の頃にしていた人は、中年になったときに肥満(BMI≧30)になる確率が、1回未満の人より50%高い。
“We don’t know why frequent religious participation is associated with development of obesity, but the upshot is these findings highlight a group that could benefit from targeted efforts at obesity prevention,” said Matthew Feinstein, the study’s lead investigator and a fourth-year student at Northwestern University Feinberg School of Medicine. ”It’s possible that getting together once a week and associating good works and happiness with eating unhealthy foods could lead to the development of habits that are associated with greater body weight and obesity.”

研究の中心メンバーであるNorthwestern University医学部4年のMatthew Feinsteinは「我々は何故、頻繁な宗教活動参加と肥満が関連しているのかわからないが、効率的な肥満防止の努力として、どういう人々を相手にすべきかは示されている。毎週集まって、いっしょに良い仕事をして、不健康な食事を楽しむことで、肥満になる習慣を身につけているのかもしれない。」と言う。

Previous Northwestern Medicine research established a correlation between religious involvement and obesity in middle-age and older adults at a single point in time. By tracking participants’ weight gain over time, the new study makes it clear that normal weight younger adults with high religious involvement became obese, rather than obese adults becoming more religious.

The research is being presented at the American Heart Association’s Nutrition, Physical Activity and Metabolism/Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention Scientific Sessions 2011 in Atlanta, Georgia.

The study, which tracked 2,433 men and women for 18 years, found normal weight young adults ages 20 to 32 years with a high frequency of religious participation were 50 percent more likely to be obese by middle age after adjusting for differences in age, race, sex, education, income and baseline body mass index. High frequency of religious participation was defined as attending a religious function at least once a week.

これまでのNorthwestern University医学部の研究で、宗教活動参加と中高年の肥満について関連はわかっていた。本研究では、時間を経ての体重増加についての追跡調査により、正常な体重の宗教的な若い成人が、中高年になって肥満になりやすいことを明確化した。

この研究はジョージア州アトランタで開催される米国心臓学会の栄養・身体活動・メタボリズム・循環器系疫学・予防についての科学会2011で発表される。

この研究は2433名の男女を18年間追跡したもので、標準的な体重の20〜32歳の若い成人で、宗教活動に高頻度に参加していた人々は、年齢・人種・生物・教育・収入・ベースライン健康状態等の調整後の値で、中年になったときに、宗教活動が高頻度でない人々よりも、肥満になる確率が50%高いことを明らかにした。高頻度の定義は週1回以上の宗教活動への参加である。

[Marla Paul: "Religious Young Adults Become Obese By Middle Age -- Researchers say cause may be unhealthy food at religious activities" (2011/03/23) on Northwestern Univ]
ただし、あくまでも、これは肥満と宗教活動の関係であり、健康状態と宗教活動の関係ではない。
The authors caution that their findings should only be taken to mean people with frequent religious involvement are more likely to become obese, and not that they have worse overall health status than those who are non-religious. In fact, previous studies have shown religious people tend to live longer than those who aren’t religious in part because they tend to smoke less.

著者たちは、自分たちの研究結果は、頻繁に宗教活動する人々が平均的に肥満になると言っているだけであって、非宗教的な人々より不健康になると言っているわけではないと、強調する。事実、これまでの研究で、宗教的な人々の方が、長生きする傾向があり、その理由の一つがタバコを吸う量が少ないということがわかっている。

[Marla Paul: "Religious Young Adults Become Obese By Middle Age -- Researchers say cause may be unhealthy food at religious activities" (2011/03/23) on Northwestern Univ]
これについて、Woodlawnにある2万人の会員を持つApostolic Church of GodのケータリングマネージャであるCourtney Parkerがこんなことを言っている。
Parker suspects there may be a historical connection between over-eating and going to church. In years gone by, so many things were taboo − but not eating, Parker said.

Years ago, “church services ran long,” Parker said. “So the first thing you do is go eat, and then you go to sleep.”

Parker said Apostolic has made a point in recent years of serving healthy food at church events. So you’re more likely to see baked fish or chicken, rather than pizza, on the menu.

Coutney Parkerは、肥満と教会へ出かけることに歴史的な関係があるのではないかと考えている。長年、多くのタブーがあったが、食べることになかったと。

「昔は教会の礼拝は時間が長かったので、まず食べて、そして眠るということになっていた。最近では、教会はイベントで提供する食事を健康的なものにしている。ピザではなく、ベクドフィッシュやベクドチキンなど」

[STEFANO ESPOSITO: "Religion and obesity: Study links church and being fat" (2011/03/25) on Chicago Sun-Times]
教会活動への参加は、ある意味で飲み会参加であり、なので太りやすいとの指摘である。逆に言えば、そこでの提供するメニューを入れ替えれば、ちょっとは効果があるのかもとの意見。

posted by Kumicit at 2011/03/26 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/04/22

Science For All American -- Chap. 3 HISTORICAL PERSPECTIVES [3-38..40]

Science For All American -- Chapter 3: THE NATURE OF TECHNOLOGYの残りも、とりあえず訳してしまった。

[3-38]


  • What are alternative ways to accomplish the same ends? What advantages and disadvantages are there to the alternatives? What trade-offs would be necessary between positive and negative side effects of each?

    同じ目的を達成するために他の選択肢は何か? その選択肢の長所と短所は? ポジティブな副作用とネガティブな副作用の間にどんなトレードオフが必然的にあるか?

  • Who are the main beneficiaries? Who will receive few or no benefits? Who will suffer as a result of the proposed new technology? How long will the benefits last? Will the technology have other applications? Whom will they benefit?

    誰がそれから恩恵を得るのか? 恩恵をほとんど得られないか、まったく得られないのは誰か? 提案された新技術の結果、誰が苦しむことになるのか?

  • What will the proposed new technology cost to build and operate? How does that compare to the cost of alternatives? Will people other than the beneficiaries have to bear the costs? Who should underwrite the development costs of a proposed new technology? How will the costs change over time? What will the social costs be?

    提案された新技術は、構築と運用にどのようなコストがかかるか? 他の選択肢のコストは同程度か? 恩恵を受ける人々以外の人々コストを負担することになるか? 提案された新技術の開発コストをだれが承諾しなければならないか? コストは時間とともにどう変わっていくのか? 社会的コストには何があるか?

  • What risks are associated with the proposed new technology? What risks are associated with not using it? Who will be in greatest danger? What risk will the technology present to other species of life and to the environment? In the worst possible case, what trouble could it cause? Who would be held responsible? How could the trouble be undone or limited?

    提案された新技術に関して、どんなリスクがあるか? それを使わないことによるリスクは何か? 誰が最も危険なのは誰か? 新技術は人間以外の生物にどのようなリスクをもたらすのか? 考えられる最悪の場合、どのような問題が起きうるのか? 誰の責任だとみなされるか? その問題の解決もしくは問題の拡大の限定は、どうすればできるか?

  • What people, materials, tools, knowledge, and know-how will be needed to build, install, and operate the proposed new technology? Are they available? If not, how will they be obtained, and from where? What energy sources will be needed for construction or manufacture, and also for operation? What resources will be needed to maintain, update, and repair the new technology?

    どんな人々や材料や道具や知識やノウハウが、提案された新技術の構築・インストール・運用に必要となるか? それらは利用可能か? 利用可能でないなら、それをどうやって、どこから調達するのか? 建設・組立や運用にどのようなエネルギー源が必要か? 新技術の保守・更新・修理にどんなリソースが必要か?

  • What will be done to dispose safely of the new technology's waste materials? As it becomes obsolete or worn out, how will it be replaced? And finally, what will become of the material of which it was made and the people whose jobs depended on it?

    新技術による廃棄物を問題なく処分するにはどうしたらよいか? 新技術が時代遅れになったり、使用に耐えなくなったりしたら、どうやって更新すればいいか? その新技術に使われていた材料や、その新技術を職にしていた人々はどうなるのか?


[3-39]

Individual citizens may seldom be in a position to ask or demand answers for these questions on a public level, but their knowledge of the relevance and importance of answers increases the attention given to the questions by private enterprise, interest groups, and public officials. Furthermore, individuals may ask the same questions with regard to their own use of technology—for instance, their own use of efficient household appliances, of substances that contribute to pollution, of foods and fabrics. The cumulative effect of individual decisions can have as great an impact on the large-scale use of technology as pressure on public decisions can.

ひとりひとりの市民は、これらの問いに公的レベルで答えを求める立場になることは、まずないだろう。しかし、関連性と答えの重要性を市民が知っていれば、民間企業や関心のある団体や公務員が、その問題に注意を払うことになるだろう。さらに、個々人もまた、自分自身で、その新技術を使うことに関して、同じ質問をするかもしれない。たとえば、効率的家電や、環境汚染につながる物質や、食品や衣料など、彼ら自身による使用。個々人の決定の累積効果は、技術の大規模な使用へ、公的決定の圧力と同程度のインパクトを与える。

[3-40]

Not all such questions can be answered readily. Most technological decisions have to be made on the basis of incomplete information, and political factors are likely to have as much influence as technical ones, and sometimes more. But scientists, mathematicians, and engineers have a special role in looking as far ahead and as far afield as is practical to estimate benefits, side effects, and risks. They can also assist by designing adequate detection devices and monitoring techniques, and by setting up procedures for the collection and statistical analysis of relevant data.

それらの問いのすべてが、すぐに答えられるというわけではない。大半の技術的決定は、不完全な情報に基づいて行うしかない。そして、政治的要因は、技術的要因と同じくらいに、ときとしてそれ以上の影響を与える。しかし、科学者と数学者と技術者には、実用上、恩恵と副作用とリスクを評価できるように、将来を見通し、分野を超えて見渡すという、特別な役割がある、彼らはまた、適切な検出機器とモニタリング技術を設計し、関連データの収集と統計分析の方法を準備することで、これに貢献できる。

posted by Kumicit at 2008/04/22 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/04/20

Science For All American -- Chap. 10 HISTORICAL PERSPECTIVES [42..48]

Science For All American -- Chapter 10: HISTORICAL PERSPECTIVES

亀藤さんが進められていないようなので、とりあえず残り部分を訳しておきます。

[10-42]

EXPLAINING THE DIVERSITY OF LIFE

生命の多様性を説明する

The intellectual revolution initiated by Darwin sparked great debates. At issue scientifically was how to explain the great diversity of living organisms and of previous organisms evident in the fossil record. The earth was known to be populated with many thousands of different kinds of organisms, and there was abundant evidence that there had once existed many kinds that had become extinct. How did they all get here? Prior to Darwin's time, the prevailing view was that species did not change, that since the beginning of time all known species had been exactly as they were in the present. Perhaps, on rare occasions, an entire species might disappear owing to some catastrophe or by losing out to other species in the competition for food; but no new species could appear.

ダーウィンによって始められた知的革命は、大きな議論を巻き起こした。科学的に問題となったのは、現世生物および化石に残された過去の生物のものすごい多様性をいかに説明することだった。地球には幾千の異なる生物が生きていることが知られていた。そして、絶滅したと思われる多くの種類が存在したという大量の証拠があった。彼らはどのようにして存在するようになったのか。ダーウィン以前の時代の普通の見方は、種は変わらないというもの、すべての既知の種は時間が始まったときから、現在に至るまで全く同じであるというものだった。おそらく、まれには、破滅的災害によって全ての種が絶滅したか、食糧をめぐる戦いに敗れた種が絶滅したかもしれない。しかし、新しい種は出現し得ないのだと。

[10-43]

Nevertheless, in the early nineteenth century, the idea of evolution of species was starting to appear. One line of thought was that organisms would change slightly during their lifetimes in response to environmental conditions, and that those changes could be passed on to their offspring. (One view, for example, was that by stretching to reach leaves high on trees, giraffes—over successive generations—had developed long necks.) Darwin offered a very different mechanism of evolution. He theorized that inherited variations among individuals within a species made some of them more likely than others to survive and have offspring, and that their offspring would inherit those advantages. (Giraffes who had inherited longer necks, therefore, would be more likely to survive and have offspring.) Over successive generations, advantageous characteristics would crowd out others, under some circumstances, and thereby give rise to new species.

しかし、19世紀初頭には、種の進化についての考えが出現していた。ひとつの考え方は、環境条件によって生物は生きている間に少しずつ変化し、その変化は子孫への引き継がれるというもの。(たとえば、高い樹木の葉を食べようとして伸ばしたキリンの首が、子孫に引き継がれて、長い首を発展させた。)ダーウィンは進化について、これとはまったく異なる考え方を提唱した。ダーウィンは種内における子孫へ継承される形質の違いが、他の個体よりも生存しやすく、子孫を残しやすくすることを理論化した。(長い首を継承したキリンは、したがって、より生存しやすく、子孫を残しやすかった。) 世代を重ねて、有利な形質は、ある環境のもとでは、他を圧倒し、それよって新しい種を出現させる。


[10-44]

Darwin presented his theory, together with a great amount of supporting evidence collected over many years, in a book entitled Origin of Species, published in the mid-nineteenth century. Its dramatic effect on biology can be traced to several factors: The argument Darwin presented was sweeping, yet clear and understandable; his line of argument was supported at every point with a wealth of biological and fossil evidence; his comparison of natural selection to the "artificial selection" used in animal breeding was persuasive; and the argument provided a unifying framework for guiding future research.

ダーウィンは彼の理論を提示するにあたり、長年にわたって集めてきた、理論を支持する膨大な証拠を、19世紀に出版された種の起源という本の中で提示した。生物学に対する劇的な影響は幾つかの事実からたどれる。ダーウィンが提示した論は従来の考えを一掃するものだったが、明白で理解可能だった。彼の論理の筋は、あらゆる点で生物学的および化石の証拠で支持された。自然選択と、動物の繁殖に使われる人為選択の対比には説得力があった。提示した論は、将来の研究を導く統一的フレームワークを与えた。

[10-45]

The scientists who opposed the Darwinian model did so because they disputed some of the mechanisms he proposed for natural selection, or because they believed that it was not predictive in the way Newtonian science was. By the beginning of the twentieth century, however, most biologists had accepted the basic premise that species gradually change, even though the mechanism for biological inheritance was still not altogether understood. Today the debate is no longer about whether evolution occurs but about the details of the mechanisms by which it takes place.

ダーウィンのモデルに反対した科学者たちが、そうしたのは、自然選択についてダーウィンが提唱したメカニズムの一部をろんぱできたからか、ニュートン科学のような予測がたてられないと考えたからである。しかし、20世紀初頭までには、大半の生物学者は、生物学的遺伝メカニズムがまだ全体として理解されていなかったが、種は漸進変化するという基本的な考え方を受け入れた。今日では、進化が起きたことについての論争はない。しかし、進化を起こすメカニズムの詳細について論争が続いている。

[10-46]

In the general public, there are some people who altogether reject the concept of evolution—not on scientific grounds but on the basis of what they take to be its unacceptable implications: that human beings and other species have common ancestors and are therefore related; that humans and other organisms might have resulted from a process that lacks direction and purpose; and that human beings, like the lower animals, are engaged in a struggle for survival and reproduction. And for some people, the concept of evolution violates the biblical account of the special (and separate) creation of humans and all other species.

一般大衆の中には、科学的理由ではなく、受け入れがたい言外の意味があると思えるものを理由に、進化の考え方を全体として拒絶する人々がいる。それは、ヒトと動物が共通祖先を持っていて、従って、血縁関係があること。そして、ヒトと他の生物が方向性と目的のない過程の結果として出現したこと。さらに、ヒトは下等な動物たちのように、生存競争および繁殖競争に参加していること。そして、さらに一部の人々にとって、進化の考え方は、ヒトと他のすべての種の特殊創造という聖書の説明を冒涜するものである。

[10-47]

At the beginning of the twentieth century, the work of Austrian experimenter Gregor Mendel on inherited characteristics was rediscovered after having passed unnoticed for many years. It held that the traits an organism inherits do not result from a blending of the fluids of the parents but from the transmission of discrete particles—now called genes—from each parent. If organisms have a large number of such particles and some process of random sorting occurs during reproduction, then the variation of individuals within a species—essential for Darwinian evolution—would follow naturally.

20世紀初頭に、遺伝形質についてのオーストリアの実験者ぐれゴール・メンデルの、長年気付かれることのなかった成果が再発見された。それは、生物の形質の遺伝が、両親の流体の混合によってなされるのではなく、現在は遺伝子と呼ばれている、離散的な粒子を両親から受け継ぐことでされるという考えであった。もし生物がそのような粒子を多数もっていれば、そして繁殖の際に、何らかのランダムな並べ替えが起きるなら、ダーウィン進化に不可欠な、種内の個体間の差異が自然と生じることになる。

[10-48]

Within a quarter of a century of the rediscovery of Mendel's work, discoveries with the microscope showed that genes are organized in strands that split and recombine in ways that furnish each egg or sperm cell with a different combination of genes. By the middle of the twentieth century, genes had been found to be part of DNA molecules, which control the manufacture of the essential materials out of which organisms are made. Study of the chemistry of DNA has brought a dramatic chemical support for biological evolution: The genetic code found in DNA is the same for almost all species of organisms, from bacteria to humans.

メンデルの研究の再発見から四半世紀以内になされた、顕微鏡での発見は、遺伝子が繊維から構成されており、2つに分割され、卵子と精子からの異なる遺伝子の組み合わせが再掲都合されることを示した。20世紀半ばまでには、遺伝子は、DNA分子の一部として見つかった。それは生物を構成する重要な素材の製造を制御していた。DNAの化学的研究は化学から生物学的進化への劇的な支持を与えた。DNAに見つかる遺伝子コードは、細菌からヒトまで、ほとんどの首都種で同じだったのだ。


posted by Kumicit at 2008/04/20 11:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/03/21

Science For All American -- Chap. 15 [15-1 .. 13]

Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 15: NEXT STEPSの残り[15-1 .. 13]です。

以下訳文...
posted by Kumicit at 2008/03/21 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/03/20

Science For All American -- Chap. 15 [15-14 .. 17]

Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 15: NEXT STEPSを後ろから行きます。今日は[15-14 .. 17]

以下訳文...
posted by Kumicit at 2008/03/20 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/03/17

Science For All American -- Chap. 15 [15-18 .. 21]

Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 15: NEXT STEPSを後ろから行きます。今日は[15-18 .. 21]

以下訳文...
posted by Kumicit at 2008/03/17 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/03/16

Science For All American -- Chap. 15 [15-22 .. 23]

Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 15: NEXT STEPSを後ろから行きます。今日は[15-22 .. 23]

この章はあまり読む必要はないかも...

以下訳文...
posted by Kumicit at 2008/03/16 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/03/12

Science For All American -- Chap. 15 [15-24 .. 30]

Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 15: NEXT STEPSを後ろから行きます。今日は[15-24 .. 30]

校正履歴

  • 2008/03/25: [15-30] 最後の一文を黒影さん指摘で追記 「必要とされていることは、共通の目標に向けての国を挙げての取り組み、決断、協力である。我々は、"すべてのアメリカ人のための科学"がそれらのゴールを明確にすると信じている。」
以下訳文...
posted by Kumicit at 2008/03/12 00:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/03/08

Science For All American -- Chap. 8 -- Health Technology

[8-1 .. 23]と[8-24 .. 34]と[8-35 ..48 ]に続いて、[Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 8: THE DESIGNED WORLD ... 8-49 .. 59]

とりあえず、気力が尽きる前に、Chap.8の最後の部分まで到達。ついでに、MISAKIさんに読み上げてもらって、タイポと変な表現をちょっと修正した。



以下訳文...
posted by Kumicit at 2008/03/08 02:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/03/07

Science For All American -- Chap. 8 -- Communication and Information Processing

Science For All American -- Chap. 8 -- Communication and Information Processing

[8-1 .. 23]および[8-24 .. 34]に続いて、[Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 8: THE DESIGNED WORLD ... 8-35〜8-48]

ここは、通信および情報処理についての記述で、さすがに古色蒼然たる記載内容も見られる。しかし、大筋は現在でも有効。特に、シミュレーション(数値実験)については、科学を知る上で、必ず知っておくべき項目である。




以下 訳文 ...
posted by Kumicit at 2008/03/07 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/03/04

Science For All American -- Chap. 8 -- Energy sources and use

[8-1 .. 23]に続いて、[Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 8: THE DESIGNED WORLD ... 8-24〜8-34]


以下 訳文 ...
posted by Kumicit at 2008/03/04 05:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/03/02

Science For All American -- Chap. 8 -- Agriculture, Materials and Manufacturing

黒影さんの呼びかけ...

==>幻影随想:Science For All American勝手に翻訳プロジェクト、協力者募集のお願い (2008/03/01)

にちょっと応えてみる。

"Science fo All Americans"の15章のうち、特に読むべきはChap 1: The Nature of ScienceChap 11: Common Themesだ思うので、実害のなさそうなChap 8: The Designed Worldの前1/3くらいを訳してみた。

[Science For All Americans翻訳プロジェクト --Chapter 8: THE DESIGNED WORLD ... 8-1〜8-23]



校正履歴

  • 2008/03/13: [8-2] Commented by 黒影さん at 2008年03月13日 01:12を反映

    「我々が、どのようにテクノロジーの働き、我々が生きている社会・文化・経済システム・生態系をどのように理解しているかに、大きく依存している。」
    -->
    「我々が、テクノロジーの働きや、我々が生きている社会・文化・経済システム・生態系をどのように理解しているかに、大きく依存している。」



以下 訳文 ...
posted by Kumicit at 2008/03/02 14:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | Public Documents | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする