2014/10/01

我々がいかに金持ちを嫌っているか

「見えない芸術」は、カナダCBCのポッドキャストで作成された皮肉ネタで現実のものではない。
This is NOT a real thing. As Snopes points out, it’s a satire piece created by “This Is That” a podcast produced by CBC. The satire was lost on many people as it was shared unscrupulously on social media. In fact, Lana Newstrom doesn’t even exist.

CBCca_invisibleart.jpeg
orgCBCca-visibleart.jpg

[DoubtfulNews (2014/09/30)]
オリジナルは2010年6月に撮影された素材写真だった。

我々がこの手のジョークに引っかかるのは別に奇異なことではない。しかし、期せずして、我々がいかに金持ちを嫌っていて、笑いものにしたがっているかを示したと、Jonathan Jonesは指摘する。
So, given that if anything Lana Newstrom’s art is a bit staid and behind the times, it is not so strange that people were fooled by the hoax. On the other hand, what they took from it is revealing. It shows how much we hate the rich.
...
If only it were. I want to see those rich art snobs suffer, too. But not only is this story a hoax – it also appears to be untrue that collectors will pay a fortune for the non-existent. For when Christie’s tried to auction Creed’s Work No 127: The Lights Going On and Off for £70,000 earlier this year it did not sell.

[Jonathan Jones:"Invisible art: the gallery hoax that shows how much we hate the rich" (2014/09/30) on the Guardian]
そして、現実には「非存在」な現代芸術に大金を支払う者がいないという。


posted by Kumicit at 2014/10/01 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/06/20

「自由の女神を強制送還」

UPIのOdd Newsブログが「ポーの法則」ネタ「自由の女神を強制送還せよ」を拾ったようだ。
Ishita Srivastava, producer of the video, says she was surprised how successful the satire was at making people "almost believe" the Deport the Statue campaign. It's a fine example of Poe's Law, which holds that on the Internet, it can be impossible to tell the difference between sincere extremism and a parody of extremism.

Even so, most people on Twitter get the joke, with one user joking, "Ship her back to France before she has an anchor baby."

Srivastava produced the video for human rights organization Breakthrough, which aims to "break through" the immigration debate with humor.

動画の制作者Ishita Srivastavaは、風刺動画が人々に自由の女神強制送還運動の実在を「おおよそ信じさせた」ことに驚いていると言う。これは「ネット上で、真剣な過激主義と、過激主義のパロディを識別できない」というポーの法則の例だろう。

とはいえ、Twitter上のほとんどの人々はジョークと受けとり、さらに「在留許可のための子供を産む前にフランスに送還しよう」とジョークを飛ばしている者もいる。

Srivastavaは、ユーモアで移民問題のブレイクスルーを狙う人権団体Brreakthroughのために動画を作成した。

[KRISTEN BUTLER: "Deport the Statue of Liberty?" (2013/06/19) on UPI/Blog]
で、その動画とBreakthroughのページの記述は...

自由の女神: ぼんじゅ〜る
移民審査官: スペイン語を話しますか?
(自由の女神が在留許可申請書類を差し出す)
移民審査官: 英語を話しますか?
自由の女神: もちろんです。さきほどアローと言いました。
移民審査官: 名前は?
自由の女神: Liberty
移民審査官: フルネームは?
自由の女神: Statue of Liberty
移民審査官: 米国に最初に入国したのは何年ですか?
自由の女神: 86年。1886年。
移民審査官: 正確な年月日は?入国カードはないですか?
自由の女神: ないです。
移民審査官: いつ、どうやって米国に入国したかを示す、身分証明などはないですか?
自由の女神: 船で梱包されてきました。到着時に書類はいただいてません。
移民審査官: 証明書類なし。
移民審査官: 仕事は?雇用証明などはありますか?
(自由の女神が紙袋からグッズを出す)
自由の女神: 一世紀以上、新たな米国人を歓迎し、奮い立たせてきました。私は米国の自由の象徴です。
移民審査官: 米国に家族はいますか?
自由の女神: この国が家族です。船で米国に着いた人々が家族です。・・・
移民審査官: 米国に親族なし。
移民審査官: 学歴は?
自由の女神: 私の分野で120年の経験があります。私の同僚たちは・・・
移民審査官: 学位は?
自由の女神: ありません。
移民審査官: 教育を受けた米国彫像から仕事を奪っていないことを証明できますか?
自由の女神: ・・・
(移民審査官は在留許可申請に却下を押す)
ナレーション: 米国文化を守ろう。自由の女神を強制送還しよう。


[deport the statue of liberty? crazy, right? (自由の女神を強制送還?狂ってる?)]

そうでしょう。
しかし、本当に気が狂っているものをご存知でしょうか?

何年も米国で暮らし、働き、米国を我が家と呼んできた幾百万の人間を強制送還しています。
これは、近年の米国の移民政策によって起きています。
今日、これを変える機会と力を我々は手にしています。
とはいえ、「米国を本拠地とする企業の日本拠点に派遣されてくるIT部門の人々や、本社との契約で派遣されてくるコンサルたちの多くが、インド人である」現実を見るにつけ、「原住民を踏み潰して成立した移民国家」の国民の一部が「これ以上の移民に反対」の声を上げるのもまた自然の流れ。 保守とリベラルの対立点のひとつとして、揉め続けていくのだろうが。
posted by Kumicit at 2013/06/20 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/05/23

"Genzai Bakudan" つづき

1945年8月12日の"genzai bakudan"記事は、怪しい歴史ネタだが、David Snell自身が記事末尾に書いているように、人を惹きつけるものがある。
On the hand, he said, Allied Intelligence must have know of the atomic project at Konan, because of the perfect timing of the Hiroshimo bombing only six days before the long-scheduled Japanese naval test.

Perhaps here is the answer to moralists who question the decision of the United States to drop an atomic bomb.

[Wakabayashi大尉は]「一方、連合国情報部は興南の原爆プロジェクトについて知っていたはずだ。というのは、長期計画だった日本海軍の核実験のわずか6日前に広島に原爆を投下したからだ。」と述べた。

おそらく、ここに、米国による原爆投下の決断を疑問視するモラリストたちへの回答があるだろう。

[1946 Atlanta Constitution Atom Bomb Articles (1946/10/02)]
翌日にAPが否定記事を配信する。
GenzaiBakudan19461003AP.png

原爆を開発し、終戦三日前に実験に成功した日本の科学者たちが、モスクワでソ連の捕虜となっているとAtlanta Constitutionが自社記事で木曜日(1946/10/02)に述べた。

元Atlanta Constitutionの記者で、ソウルで活動している第24犯罪捜査部隊の軍務から最近、帰国した、その記事の執筆者David Snellは、ソ連人たちが「原爆のノウハウ」を手に入れようとして科学者たちに圧力をかけたと述べた。

Snellはこの話を、朝鮮興南にあった日本の原爆開発拠点の防諜部隊長と称する日本人将校から聞いた。この将校は、ソ連軍侵攻の数時間前に、機械と秘密文書と部分的に完成していた原爆を破壊したと述べたと、Snellは書いている。

「全くの嘘だ」という烙印

東京では米国陸軍情報将校が木曜日に、米日の科学者たちとともに、Snellの証言を嘲った。

「まったくの嘘だ」と日本の最も注目される核物理学者Dr. Yoshino Nishinaはコメントした。

「まずありえない」と東京の米国陸軍情報将校は素っ気なくコメントした。

日本の軍事専門家であるDr. Nishinaは「常に嘘をついており、根拠なくものを言っている。そのような実験は朝鮮では行われていない。ただし、興南には化学肥料工場があった」と付け加えた。

マンハッタン計画を率いたLeslie Groves少将は「話が本当なら、彼は非常に興味を惹かれたことだろう」との見方を示した。しかし、サンフランシスコではPatterson陸軍長官は日本の原爆の爆発報道は真実ではないことを保証した。彼は終戦三日前に日本が原爆実験を行ったという報道を否定した。

"Genzai Bakudan"と呼ばれた

しかし、米軍が日本に入った時、実験室で使われていた原子分離装置であるサイクロトロンを発見して、破壊したことが思い出される。

Snellは、日本の原爆開発スタッフのひとりが、6月にソ連人たちのもとから脱出し、米国情報機関の尋問を受けた件に関係していた。さらに彼自身が、偽名"Tsetusuo Wakabayashi"大尉という情報提供者から得た情報を、ソウルの米国陸軍情報部に提供したと述べた。

しかし、米国陸軍省は「日本の原爆についての得た情報は、ほぼすべてSnellによるものだったと」と真偽を留保した。

[Assoviated Press 1946/10/3]
そして、"Genzai Bakudan"は消え去った。

しかし、1985年にRobert K. Wilcox: "Japan's Secret War"で再び、世に知られるようになったようである。
Wilcox1985.jpg

日本では、時事通信が1999年に原爆記念ネタとして、"Genzai Bakudan"を取り上げている。
http://news.yahoo.co.jp/headlines/nnp/990806/loc_news/10450000_nnpnws018.html
1999年8月6日(金) 10時45分

「旧日本軍が終戦直前、原爆実験?」 朝鮮半島東岸沖合 GHQに極秘情報(西日本新聞)


 【ワシントン5日時事】旧日本軍が第二次世界大戦の終戦直前、現在は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)領となっている朝鮮半島東岸の興南沖合で原爆実験を実施したとの情報を米軍がつかみ、戦後日本を占領統治した連合国軍総司令部(GHQ)などが秘密裏に調査していたことが、米国立公文書館で時事通信が入手した米軍機密文書(約三百ページ)で分かった。一九四七年の米軍防ちょう機関の報告は「原爆に似た爆発があった」と伝えているが、真相は解明できなかったもようだ。

 また、これらの文書から、米軍は興南にあった化学コンビナートで日本海軍が秘密裏に核開発を進めていたとみて、朝鮮戦争(五〇―五三年)に乗じて疑惑施設を徹底的に爆撃していたことも明らかになった。

 米軍犯罪調査部隊のデービッド・スネル氏は、旧日本軍が四五年八月十二日未明、興南沖三十数キロの海上で原爆実験を行い、巨大なきのこ雲が上がったとの情報を、ソウルで元日本軍情報将校から入手。退役後の四六年、米ジョージア州アトランタの新聞に公表したが、一笑に付されていた。

 しかし、在朝鮮米軍司令部防ちょう部隊が四七年一月十六日付で作成した報告は、調査結果として、「日本軍は朝鮮北部東海岸沖に浮かべた小さな船で爆破を伴う実験を行い、原爆に似た爆発が起きた。関与した科学者らの名も(スネル報告は)正確だ」と指摘、科学者は旧ソ連軍によってソ連に抑留されたと伝えた。興南は八月十二日、進攻ソ連軍に占領された。

 興南での日本軍の核開発説について、四五年のGHQ文書は(1)日本軍復員者によると、興南の化学工場で原子力関係の実験が行われていた(2)日本海軍は興南の化学工場の秘密部門で、「NZ計画」と呼ばれる水素化合物によるジェット燃料実験を実施していた(3)ソ連による興南占領後、秘密施設がソ連軍に接収され、日ソ両国科学者の共同研究が行われている―などの情報を挙げて、徹底調査を命じた。

 興南には戦前、日本窒素肥料(チッソの前身)の大型化学工場があり、海軍と共同で重水などを生産していた。

 一方、朝鮮戦争中の米軍文書(五〇年十二月二十九日付)によれば、米軍は興南の化学工場施設に空爆を加え、施設の九五パーセントを破壊したという。

[西日本新聞1999年8月6日]
copy, (2012/09/25) on 中日新聞]
やはり、気にしていたらしい。

英語圏でも、その後、核や第2次世界大戦を扱った本に時折、登場し、2005年にMilitary ChannelがJapan's Atomic Bombでとりあげに至る。


フィクションでも扱われたり...
TenMenTenSunslg.jpg
Two men ten suns(2012)


一方、韓国ではMBSが「1945/08/12 Genzai Bakudan実験成功」ネタを事実のように伝える番組を流している。米国とは違った意味で、韓国には、このようなネタの需要があるようだ。
‘이제는 말할 수 있다’
<끝나지 않은 비밀 프로젝트, 일본의 원폭개발>

"今だから言える"
<終わっていない秘密のプロジェクト 日本の原爆開発>(2005/06/12)

◆ 1945년 흥남 앞바다에서 원폭 실험이 있었다?

1947년 연합군사령부 정보 보고서는 놀라운 내용이 들어있다. 1945년 8월 12일 흥남 앞바다에서 섬광과 버섯구름을 동반한 폭발이 있었으며 천 야드 정도 되는 직경의 불덩이가 하늘로 솟았다는 것이다. 섬광과 버섯구름은 바로 원폭실험의 가장 유력한 징표이고 다른 무기는 버섯구름이 불가능했기 때문에 이 보고서는 상당한 논란을 증폭시켜왔다.

8월 12일은 바로 히로시마, 나가사키에 원폭을 맞은 직후여서, 일본이 흥남의 원폭실험 때문에 항복을 늦추고 있었다는 의혹을 낳았다.

또한 일본은 원폭개발에 성공했다면 인간어뢰, 풍선폭탄, 잠수함 등에 원폭을 탑재해 가미가제식으로 미국을 공격하려는 계획을 세웠다. 첫 목표는 하와이였고, 최종 목표는 미국 본토였다.

1945年興南沖で原爆実験があった?

1947年連合軍司令部の情報レポートには、驚くべき内容が含まれていた。1945年8月12日興南沖で、閃光とキノコ雲を伴った爆発があり、1000ヤード程度の直径の火球が空に舞い上がった。閃光とキノコ雲は、まさに原爆実験の最も有力な兆候であり、他の兵器ではキノコ雲が生じえないので、このレポートには、かなりの論議を増幅させてきた。

8月12日は、広島と長崎に原爆攻撃を受けた直後なので、日本が興南の原爆実験のために降伏を遅らせていたという疑惑を生んだ。

また、日本は原爆開発に成功したら、人間魚雷、風船爆弾、潜水艦などに原爆を搭載し、神風式でアメリカを攻撃する計画を立てていた。最初の目標はハワイであり、最終的な目標は、米国本土であった。

[MBS: 끝나지 않은 비밀 프로젝트, 일본의 원폭개발]
もちろん、韓国内にも、ありえないネタという報道もある。
Many modern researchers find fault with Wakabayashi's claims including Walter E. Grunden who compared the American plant at Oak Ridge, Tennessee (93 square miles with 82,000 personnel all dedicated to the production of U-235) to Hamheung, a mere 15 square miles, which at its peak probably had about 45,000 personnel, many of them ``Korean laborers, conscripted students, convicts, and prisoners of war,'' who were primarily involved in ``manufacturing synthetic fuel, explosives, and industrial chemicals.'' Grunden also claims that there were only five buildings in Hamheung that the United States was unsure of their purpose.

多くの現代研究家たちが、Wakabayashiの主張に誤りを見出している。Walter E. Grunden は、テネシー州Oak Ridgeの米国のプラント(93平方マイル、ウラン235製造を専門とする要員82000人)とHamheungを比較しており、それによれば、わずか15平方マイルで、最大要員45000人で、その多くは「朝鮮人労働者、学徒動員、囚人、捕虜」であり、主として「合成燃料や爆薬や工業化学製品の製造」に従事していた。Grundenは、米国が用途を特定できなかったHamheungの建屋はわずか5つだったと主張している。
...
Gruden asserted that stories such as this, once they have become historical myths are almost impossible to dispel and suggested that the allegations of Japan's testing of the bomb in Hamheung was, as Snell had concluded, ``…the answer to moralists who question the decision of the United States to drop an atomic bomb.''

Grudenは、このようなストーリーがひとたび歴史的神話になると、消すことはほぼ不可能だと主張した。そして、Hamheungでの日本の原爆実験があったという嫌疑は、Snellが結論したように「米国による原爆投下の決断を疑問視するモラリストたちへの回答」だと示唆した。

[Robert Neff:"Japan Tested Atomic Bomb in NK Before End of WWII?" (2009/12/04) on Korean Times]
それでも、ググってみると、それなり韓国では、1945年8月12日明け方に興南沖で原爆実験が成功したと信じている人がいるようだ。


posted by Kumicit at 2013/05/23 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/04/01

1945年8月12日の"genzai bakudan"

1946年10月2日に、いかにもそれっぽいが、根拠が伝聞1個という怪しい記事が、Atlanta Constitutionに掲載された。
[David Snell: "Japan Developed Atom Bomb; Russia Grabbed Scientists" (1946/10/02) on the Atlanta Constitution]
日本は原爆を開発していた。ロシアが科学者たちを捕縛した。

Actual Test Was Success (原爆実験は成功した)

終戦3日前に、日本は原爆を開発し、実験に成功した。

ソ連陸軍先遣隊が朝鮮に突入する数時間前に、日本は朝鮮にあった原爆プロジェクト拠点で、未完成の原爆と機密文書と原爆プロジェクトを破棄した。

原爆を開発した日本の科学者たちはソ連の捕虜として、モスクワにいる。彼らは、原爆のノウハウを求める捕縛者たちから拷問を受けた。

朝鮮地域はソ連軍の厳格な支配下にある。ソ連軍は、この地域への米国人の訪問を禁じている。戦後、一度、米国のB-29スーパーフォートレスが朝鮮へ飛行中に、Hammung空港近くで、ソ連軍のYak戦闘機4機に撃墜された。

この情報を私は、日本敗戦前に興南プロジェクト(Konan Project)の防諜の任にあったという日本軍将校から得た。彼は日本の原爆プロジェクトの名称と日付と事実と図面を私に手渡した。これを私はソウルの米国陸軍情報部に送った。米国陸軍省はこの情報の大半を保持している。私に情報を提供した人物を保護、及び陸軍からの要請により、彼を偽名、Tsetusuo Wakabayashi大尉と呼ぶことにする。

この情報は、米国の核兵器独占は長くは続かないだろうというスターリンの最近の演説に光を投げかけるかもしれない。おそらく、Henry A. Wallaceのとった立場を説明することになるかもしれない。また、おそらく、連合国が裕仁を傀儡君主として存続させることに同意するという、我々の提示した降伏条件の受入に日本が急に躊躇したという、これまで説明がつかなかった事態の説明になるかもしれない。そして、おそらく、我が軍のB-29を1945年8月29日に興南(Hungnam)地域でソ連が撃墜した事件にも、新たな光を投げかけることになるかもしれない。

この情報を得たのは、私が朝鮮で活動していた第24刑事捜査部(Criminal Investigation Department)の一員だったときだった。私はWakabayashi大尉に、捜査員あるいは陸軍軍人としてだけではなく、報道記者としてインタビューすることができた。彼は自分が話したことが公表されることを知らされ、十分に理解していた。

彼は引揚者として日本に向かう途上で、ソウルに滞在していた。インタビューは朝鮮の首都を見下ろす丘の上の神社だった場所で行った。この神社は故郷へ還る日本人のためのホテルに転用されていた。

日本に対する戦勝後、朝鮮半島北部の沿岸都市興南近くの広大な山岳地帯で、終戦間際の数か月に動いていた、巨大で謎に包まれた工業プロジェクトの存在についての情報の断片が、米国軍情報部の手に流れ着いた。

この興南での活動についての最も完全な証言が米国の耳に届いたのは、この話題について日本が沈黙して以後、初のことではないかと思われる。

興南近くの山の洞窟で、男たちが昼夜なく働き、日本の原爆の名称である"genzai bakudan"の最終組み立てを行った。それは日本時間1945年8月10日で、広島で原爆の閃光が放たれてから、わずか4日後、日本の降伏の5日前のことだった。

その北では、ソ連の大軍が満洲へと雪崩れ込んでいた。

その日の深夜過ぎに、洞窟の入り口から日本のトラック輸送隊が移動し、用心深い歩哨たちの側を通過した。トラックは渓谷を進み、寝静まった農村を通過した。8月で、棚田の泥の中の蛙が夜中も鳴いていた。まだ涼しい夜明け前に、日本の科学者たちと技術者たちは、興南で"genzai bakudan"を船に搭載した。

日本海の入り江近くの沖合で、より必死な準備が進められた。その日の昼と夜を通して、老朽船やガラクタや漁船が停泊地の中へと移動した。

8月12日の夜明け前、停泊地の船をぬって、エンジン音を立てて、ロボットが発信し、入り江で座礁した。乗客は"genzai bakudan"である。そして、時計が時を刻んだ。

20マイル彼方に観測者たちがいた。休みなく働き、その仕事がまったく手遅れであることを知っていた男たちにとって、その待ち時間は困難で、奇妙なものだった。

OBSERVORS BLINDED BY FLASH (閃光で眼が眩む観測者たち)

日本がある方向の東の空が明るくなった。太陽が水平線から顔を出した瞬間、停泊地は閃光に照らされ、溶接用の遮光面をつけた観測者たちの眼が眩んだ。火球は直径推定1000ヤードの大きさになった。極彩色の上記の雲が上空へを湧き上がり、成層圏にキノコ雲を形成した。

爆発直下の船は、水と上記の混合物に包まれて、見えなくなった。停泊地で、船やガラクタが激しく燃え上がった。大気が少し澄みはじめると、観測者たちは幾つかの船が消滅したことを確認できた。

その瞬間の"genzai bakudan"は、東から昇る太陽の輝きに匹敵していた。広島と長崎を破壊したのと同じく恐るべき原爆の実験に日本は成功した。

時間はあまり残されていなかった。戦争はクライマックスへとなだれこんでいた。米軍の日本上陸に対抗して投下するために神風に原爆を搭載する前に、ソ連軍先遣隊が興南へと到達するだろう。

それは難しい決断だった。しかし、決断は為された。

観測者たちは急いで水上を興南へと戻った。ソ連軍先遣隊が数時間先に迫っており、神々の黄昏の最後のシーンが始まった。科学者たちと技術者たちは機械を壊し、組み立て途中の"genzai bakudan"を破壊した。

ソ連軍列が興南に到達する前に、洞窟はダイナマイトで封鎖された。しかし、ソ連軍はあまりに早く到達し、科学者たちは逃げ切れなかった。

これが、Wakabayashi大尉が私に語った話である。

日本が原爆製造の努力を始めたのは1938年、ドイツと日本の科学者が会って、原子の中に秘められたエネルギーの軍事利用についての論じたときからだった。このとき、技術情報は好感されず、理論だけが論じられた。

1940年に、東京の理化学研究所の仁科研究室で、世界でも最大級のサイクロトロンが建設された。(米軍が東京で発見したサイクロトロンは破壊された。)

THOUGHT ATOMIC BOMB RISKY (原爆はリスキーだと考えた)

戦争初期に科学者たちは原子理論の研究を続けていたが、米国が日本との戦争を始めるまで、科学者たちは日本政府に対して、本格的な原子力プロジェクトに関心を持たせることはできなかった。従来、日本政府はそのような冒険は、あまりにリスキーで高くつくと考えていた。真珠湾に続く数年、日本の軍国主義者は核兵器を使うことなく、米国を屈服させられると考えていた。

機動部隊と侵攻軍先鋒による戦線が日本本土に近づくと、日本海軍は水陸両用作戦に対する防衛手段として原子爆弾の製造に着手した。原爆は神風攻撃により連合軍艦船に対して投下されることになっていた。

Wakabayashi大尉は原爆による完全破壊領域を1平方マイルと推定していた。

プロジェクトは名古屋で始まったが、B-29による日本本土の工業都市への攻撃が始まると、朝鮮への移動をよぎなくされた。

「私はB-29こそが日本を打倒したと考えている。B-29により、朝鮮へプロジェクトを移動せざるを得なくなった。これにより3か月を浪費した。B-29の爆撃がなければ、3か月早く"genzai bakudan"を完成できた」とWakabayashi大尉は述べた。

朝鮮でのプロジェクトには約4万人の日本人作業者が配属された。うち約25000人が訓練された技術者及び科学者だった。プラントの組織は、作業者たちの行動範囲を自分の部署に限っていた。プラントの聖域は洞窟深くに合った。ここでは400名の専門家が働いていた。


KEPT IN DARK ON EACH OTHER'S WORK (互いに秘密になっていた)

1人の科学者がプロジェクト全体の総責任者だった。他の6人は、著名な日本の科学者で、原爆製造の6つの工程を受け持ってた。これらの6人は、他の5人の仕事の内容について知らされていなかった。(これらの科学者の名前は米軍の検閲に該当する。)

ソ連は7人のキーマンを含む、最も訓練された捕虜の大半を確保した。7人のうち1人が1946年6月に脱出し、朝鮮半島の米軍占領地域に逃げ込んだ。米軍情報部はこの男を尋問した。Wakabayashi大尉はこの男とソウルで話した。その科学者はソ連人から拷問を受けたと証言した。彼は7人全員が拷問を受けたと証言した。

「ソ連人たちは燃える破片を科学者たちの指先に突っ込んだ。鼻腔に水を注いだ。我が日本の科学者たちは、機密をソ連人に漏らす前に死んでしまうだろう」と彼は述べた。

Wakabayashi大尉はソ連人が、興南地区を精力的に調査していると述べた。

戦争賠償委員会のEdwin Pauleyが朝鮮半島北部を調査したとき、特定の地域しか見ることを許されず、それも厳格なソ連軍の監督のもとだった。

1945年8月29日、米軍のB-29が、連合国捕虜収容所に投下する食糧と医療品の貨物を搭載して、興南地区に向かっていた。近くのHammung空港から飛び立った4機のソ連軍Yak戦闘機がB-29を取り囲み、Hammungに着陸するように信号を出した。

PILOT REFUSES; REDS FIRE (パイロットは拒否し、ソ連軍機は攻撃した)

パイロットである、ケンタッキー州AshlandのJose H. Queen中尉は空港が小さいことを理由に拒否し、「ソ連軍と事を構えたとき」にSaipon基地へと帰還しようと回頭した。海外から10マイル沖合で、Yak戦闘機は攻撃を開始し、B-29を撃墜した。12人の乗員に怪我はなかった。ソ連軍機一機が通信士Douglas Arthurを機銃掃射したが、はずした。

ソ連人が後にQueen中尉に、「ドイツ軍がときどき米軍のマークをつけていたので、日本軍もそうするのかと思い、米軍のマークが見えたが、確信が持てなかったのだ」と告げた。

Wakabayashi大尉は「日本の防諜部隊は少なくとも、広島原爆投下の1年前には、米国東部山脈に巨大で謎めいたプロジェクトがあることに気づいていた(おそらく、テネシー州Oak Ridgeのマンハッタンプロジェクト)。そこで原爆が製造されていると考えていたが、確信は持てなかった。」と述べた。

「一方、連合国情報部は興南の原爆プロジェクトについて知っていたはずだ。というのは、長期計画だった日本海軍の核実験のわずか6日前に広島に原爆を投下したからだ。」と述べた。

おそらく、ここに、米国による原爆投下の決断を疑問視するモラリストたちへの回答があるだろう。

日本人の事務所で、通訳と私は香り立つ緑茶をすすり、Wakabayashi大尉は、偉大な、そしておそらく世界を揺るがす話を繰り広げた。彼の眼は黒縁眼鏡の奥で誇りを持って輝いていた。インタビューが終ると、彼は我々をドアへと案内し、深々とお辞儀をした。

原爆投下の倫理的問題と、ソ連による核武装(実験成功は1949年)への恐怖がただよう米国1946年の記事である。執筆したのはDavid Snellという軍人で記者という人物で、特に与太記事の評判があるわけではないらしい。
[1946 Atlanta Constitution Atom Bomb Articles]
記者: David Snell

日本の原爆実験成功を伝える記事の執筆者であるDavid Snellは、1945年に米国陸軍に入隊したとき、Atlanta Constitutionの報道記者だった。

ルイジアナ州Minden生まれのSnellは、米国陸軍入隊の直前に、MariettaにあるAtlanta Constitutionの報道局に配属された。陸軍入隊中に、Snellは米国内での訓練中も、朝鮮占領軍として赴任中も、多くの記事をAtlanta Constitutionに掲載した。朝鮮からの記事のひとつが、「米国司教協議会を代表して、布教活動再開のために教会の状況を視察して、中国・日本・朝鮮を歴訪した」AtlantaqのArthur J. Moore司教のインタビューだった。

朝鮮で、Snellは、米国に対する犯罪を調査する第24刑事捜査部(24th Criminal Investigation Detachment)に配属された。原爆の記事は、彼の正式任務ではなく、その一部でもなかった。

Atlanta Constitution在職中は、SnellはMariettaに住んでいた。彼の妻はアーカンソー州Augustaの旧姓Julia Williamsで、Marietta在住中に1人息子のBarryが生まれている。
そして、これについて、当時の米軍は一蹴:
[News to Me Groves says of Japanese Atom Bomb. Washington, Oct. 2 (UP).]
Groves少将は日本の原爆について初耳だと述べた

日本が降伏3日前に原爆実験を実行したという記事について知らされた水曜夜に、原爆マンハッタンプロジェクトの責任者であるLeslie Groves少将は「その話が真実なら、とても興味があったと思う。私にはまったく初耳だ」と述べた。

米国陸軍省当局は、刑事捜査部の任を終えて最近帰国した著者が情報を朝鮮ソウルの米国陸軍情報部の渡したというAtlanta Constitutionの記事について、コメントを辞退した。

Massachusetts Institute of Technology学長のDr. Carl T. Comptonは昨年、連邦上院委員会で「日本は原爆を開発しようとしたが、2つの理由で失敗した。ひとつは日本の物理学者たちが誤った結論に到達していたこと。もう一つはB-29の爆撃で、実験が行われていた施設が破壊されたことだ」と証言していた。

米軍が日本降伏後に日本に進駐したとき、サイクロトロン(実験室で使われたatomic splitting device)を発見して、破壊した。

原爆開発に関係した多くの軍専門家たちは、米英加のチームを除いて、原爆開発競争で最も進んでいたのはドイツだと主張している。

帝国の軍事的崩壊前に、ドイツの科学者の研究がかなり進展していたことが知られている。実際、ドイツを逃れた非ナチスの科学者が、ニューメキシコでの最初の原爆製造に到達した研究に、貴重な知識を寄与していることが記録されている。
この話は、その後、特に相手にされることなく、40年近くの時が流れる。そして、1985年にRobert K. Wilcoxの本"Japan's Secret War: Japan's Race Against Time to Build Its Own Atomic Bomb"で、新たな証拠と主張されるものとともに、とりあげられる。しかし、これも否定されて忘れ去られた。

さらに、20年後の2005年にMilitary ChannelがJapan's Atomic Bombでとりあげるが、このときに至るも、核実験成功の根拠は、David Snellのインタビュー記事のみ。


posted by Kumicit at 2013/04/01 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/10/30

70億人とSoylent Green

世界人口70億到達ということで、Soylent Green[1973]と絡めた記事が見られる。もちろん、現実的に安定的な食糧供給源としては成り立たないという意味で。
Soylent-Green-Breakfast-Cereal.jpg

で、さらっと見ておくと、Soylent Greenの原料のカロリーは4000kcal/kg程度。世界の平均重量を70kgとして、全量使えるとすると、一人か、1日分(2000Kcal)×140のSoylent Greenを生産できることになる。

他に食糧供給源がなく、新生児がないとすれば、人口は日々、前日の 140/141 へと減少する。半減するのに50日しかかからない。

一応、人口に端数が出るが、それを計算しても、数名レベルになるまで結果は変わらない。
SoylentEq.png

逆に人口の自然減分だけをSoylent Greenに転換すると、必要量の1%にも満たない。Soylent Greenのようなネタは、"恒常的な食糧不足"の象徴表現として古来より使われるが、実際には成り立たない。
posted by Kumicit at 2011/10/30 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/12/20

グラウンドゼロでクリスマス

冷戦が終結に向かっていた1986年時点でも、米国人たちは核戦争の危機を最も強く感じていた。
TABLE I Fraction of Respondents Saying in 1986 that the Chance of World War Within Ten Years is 50 Percent or Greater, by Country
(10年以内に世界大戦が起きる可能性が50%以上だと回答した国別比率)

United States 49 Italy 22
South Africa (blacks) 49 Spain 22
Ecuador 45 Norway 21
Chile 43 Austria 20
Colombia 42 Great Britain 20
Australia 38 South Korea 19
Uruguay 38 Denmark 18
Brazil 34 Greece 18
Canada 34 Luxembourg 18
South Africa (whites) 33 Switzerland 18
India 30 West Germany 18
Argentina 30 Finland 17
Philippines 27 Hongkong 17
Ireland 25 Japan 15
Portugal 25 Sweden 15
Belgium 24 Turkey 15
France 24 Netherlands 14

Source: The Gallup Poll, released January 11, 1987.

[Joel Slemrod: "Fear of nuclear war and intercountry differences in the rate of saving, Economic Inquiry, Volume 28, Issue 4, pages 647–657, October 1990 ,copy]
"Weird Al" YankovicChristmas at Ground Zeroはそんな1986年にリリースされた。曲調は普通にクリスマスソングだが、Atomic Ageの映像を継ぎ合わせたWeird Al Yankovic自身によるPVが示すように、Fallout3/NewVegasな歌である。

このPVのYoutubeのコメント欄にはこんなのがあった...
If ANYONE should be offended by this, it's the Japanese.
NickSchmegal 5 months ago 81
ので、日本語字幕をつけてみた。

posted by Kumicit at 2010/12/20 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/12/06

[joke]有料テレビで第3次世界大戦を見よう♪

カリフォルニア州パサデナを活動場所とするアマチュアCrown City Fourによる、1960年のコミックソングWatch World War Three (On Pay TV)に字幕をつけてみた。これは、ケーブルテレビの急増と、ベトナム戦争をリビングルームに持ち込むテレビ局という1960年代の米国の事情を、その当時にネタにした歌である。「金のためなら何だってやるテレビ局」と「核戦争の恐怖」の組み合わせがブラックな面白さを感じさせてくれる。

posted by Kumicit at 2010/12/06 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/10/17

[joke]Computer Tan (2009年2月)

ブドウ農園からのワイン直販サイト1 Jour 1 vin .comへの誘導動画だったUSB wineを以前、紹介した。

これは割と地味だったが、今日、ご紹介する商品"Computer Tan"は地下鉄の駅のスクリーンなど、オフラインでも展開された。

2009年2月3〜9日に仕掛けられ、その後にHoaxであることが公表された。
['Computer tan' website scores hit (2009/02/28) on BBC]

A website ironically claiming to offer users an all-year tan through their computer screens has received more than one million hits in two months.

PC画面を通して年中日焼けできるサービスの提供を皮肉にも主張するサイトが2か月でミリオンヒットに到達した。

The website Computertan.com was set up by Nottingham-based skin cancer charity Skcin to help raise awareness of the dangers of sun beds.

The site says users can download software which enables their screens to produce ultraviolet rays.
What they get is warning about the dangers of UV radiation.

Skin cancer is the most common form of the disease in young adults.

このサイトComputerTan.Comはノッチンガムにある皮膚癌慈善団体Skcinが日焼けベッドの危険性を周知するために立ち上げた。このサイトはユーザに紫外線をディスプレイで生成できるソフトウェアをダウンロードできるという。しかし、実際には紫外線の危険性の警告を受け取ることになる。皮膚癌は若い成人の病気のもっともよくあるものだ。

A spokesperson from Skcin said: "This is an astonishing response and has undoubtedly helped raise awareness of the dangers of skin cancer in this country."

Skcinのスポークスマンは「これは驚くべき反響であり、間違いなく英国に皮膚癌の危険性を周知することができた。」と述べた。...
ロンドン地下の11の駅の75のスクリーンにも表示され、この宣伝ははブロガーたちも参加した[Brand Republic]。

USB wineが見るからに「絶対にありえない」ものであるに対して、このComputer Tanは、それらしく作られており、仕掛けも大がかりであったため、そのままフリートライアルに引き込まれた人々が続出した。
posted by Kumicit at 2010/10/17 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/09/12

[joke]USB Wine

2007年頃の作られた"USB wine"に字幕つけてみた。フランス語はわからないので、フランス語版動画に、英語字幕版の字幕を日本語訳して貼り付けた。


この動画が貼り付けられている元サイト" usbwine.com "は...
usbwine_mensup.png
実際には、mensup.fr サイトにある。

さらに、リンク先へジャンプすると、1jour1vin.comに飛ぶ。
usbwine_1jour1vin.png
ここは、「お好みのワインを、直接、ワインヤードから購入する」という"ワインのプライベートセール"サイト。

ということでUSB wineはこの1jour1vinの広告のようである。
posted by Kumicit at 2010/09/12 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/05/27

[ウソニュース] Onion News Network: 地球温暖化とともに聖書ハルマゲドンを教えるべき

[ウソニュース] Onion News Network: 地球温暖化とともに聖書ハルマゲドンを教えるべき

地球温暖化とハルマゲドンを世界の終わりについての正当な理論として両方教えることができる学区が....


[Christian Groups: Biblical Armageddon Must Be Taught Alongside Global Warming (2010/05/25)]

あいかわらず一発ネタに気合いの入っているThe Onion Newsである。
posted by Kumicit at 2010/05/27 07:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/08/13

[Fake]Stephen Hawkingは英国ではチャンスがない

Ed Braytonが投資雑誌記事に、笑えるネタを見つけた:
From the Investor's Business Daily:

People such as scientist Stephen Hawking wouldn't have a chance in the U.K., where the National Health Service would say the life of this brilliant man, because of his physical handicaps, is essentially worthless.

科学者ステーヴン・ホーキングのような人々は英国ではチャンスがない。そこでは国民健康保険はこの才能のある男の人生が、身体障害のため、基本的に役に立たないと言う。


There's just one tiny little problem with this: Stephen Hawking was born and raised in the UK and has lived there all his life. He teaches at Cambridge. That's in the UK.

ちょっとした問題が1個ある。ステーヴン・ホーキングは英国生まれで、英国育ちで、生涯にわたって英国に住んでいる。彼はCambridgeで教鞭をとっている。Cambridgeは英国にある。

[Ed Brayton: "Dumbass Quote of the Day" (2009/08/11) on Dispatches from Culture War}
投資雑誌記事なんてそんなものさ...

なお、この記述は既に、IBDおよび転載先のFinance Yahooからは消えている:
[How House Bill Runs Over Grandma By INVESTOR'S BUSINESS DAILY | Posted Friday, July 31, 2009 4:20 PM PT ]

Editor's Note: This version corrects the original editorial which implied that physicist Stephen Hawking, a professor at the University of Cambridge, did not live in the UK.

編集者備考:University of Cambridge教授である物理学者ステーヴン・ホーキングが英国に住んでいないことを意味していたオリジナル記事を修正した。
現時点でネット上に残っていたのはFinance Yahooに転載されたもののGoogle Cacheのみ:
Rationing: In the recesses of the House health care "reform" bill is a provision for end-of-life counseling for seniors. Don't worry, granny, they're from the government and they're here to help.

At a town hall meeting at AARP headquarters in Washington, D.C., President Obama was asked by a woman from North Carolina if it was true "that everyone that's Medicare age will be visited and told they have to decide how they wish to die."

At first, the president joked that not enough government workers existed to ask the elderly how they wanted to die. The idea, he said, was to encourage the use of living wills and that critics were misrepresenting the intent of the "end of life" counseling provided for in the House bill. He did not say, "No, they wouldn't be contacted."

This administration, pledging to cut medical costs and for which "cost-effectiveness" is a new mantra, knows that a quarter of Medicare spending is made in a patient's final year of life. Certainly the British were aware when they nationalized their medical system.

The controlling of medical costs in countries such as Britain through rationing, and the health consequences thereof are legendary. The stories of people dying on a waiting list or being denied altogether read like a horror movie script.

The U.K.'s National Institute for Health and Clinical Excellence (NICE) basically figures out who deserves treatment by using a cost-utility analysis based on the "quality adjusted life year."

One year in perfect health gets you one point. Deductions are taken for blindness, for being in a wheelchair and so on.

The more points you have, the more your life is considered worth saving, and the likelier you are to get care.

People such as scientist Stephen Hawking wouldn't have a chance in the U.K., where the National Health Service would say the life of this brilliant man, because of his physical handicaps, is essentially worthless.

The British are praised for spending half as much per capita on medical care. How they do it is another matter. The NICE people say that Britain cannot afford to spend $20,000 to extend a life by six months. So if care will cost $1 more, you get to curl up in a corner and die.

In March, NICE ruled against the use of two drugs, Lapatinib and Sutent, that prolong the life of those with certain forms of breast and stomach cancer.

The British have succeeded in putting a price tag on human life, as we are about to.

Can't happen here, you say? "One troubling provision of the House bill," writes Betsy McCaughey in the New York Post, "compels seniors to submit to a counseling session every five years (and more often if they become sick or go into a nursing home) about alternatives for end-of-life care (House bill, Pages 425-430)."

One of the Obama administration's top medical care advisers is Oxford- and Harvard-educated bioethicist Ezekiel Emanuel. Yes, he's the brother of White House Chief of Staff Rahm Emanuel and has the ear of his brother and the president.

"Calls for changing physician training and culture are perennial and usually ignored," he wrote last June in the Journal of the American Medical Association. "However, the progression in end-of-life care mentality from 'do everything' to more palliative care shows that change in physician norms and practices is possible."

Emanuel sees a problem in the Hippocratic Oath doctors take to first do no harm, compelling them "as an imperative to do everything for the patient regardless of cost or effect on others," thereby avoiding the inevitable move toward "socially sustainable, cost-effective care."

During the June 24 ABC infomercial on health care broadcast from the White House, Obama confessed that if "it's my family member, if it's my wife, if it's my children, if it's my grandmother, I always want them to get the very best care."

Not, apparently, if it's your grandmother.

[(Google Cache) Ibd: "How House Bill Runs Over Grandma" 'Finance Yahoo (2009/07/31 1851EDT)]


posted by Kumicit at 2009/08/13 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/07/27

[Joke]"Remain Indoors"

BBCのコメディThat Mitchell and Webb Lookから、"The Quiz Broadcast"の3連発。

ネタは、"イベント"から2年ほど経過した推定2013年3月〜11月の、英国非常時放送局が放映したクイズ番組。くすんだ色のスタジオ・不安定な電力・そして繰り返し、"Remain Indoors"(屋内にとどまれ)というアナウンスや字幕が流される。どうも、この頃、人々は外へ出たがっていたようだ。
続きを読む
posted by Kumicit at 2009/07/27 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/07/23

[Joke]マンハッタン空港財団

ニューヨークのセントラルパークに空港を建設するという"The Manhattan Airport Foundation"のサイトがある。
TMAFtitle.png

TMAF.png

[The Manhattan Airport Foundation]
NewsやFAQなど、コンテンツもちゃんと作られていて、いかにもそれらしい。

しかし、Hoax Museumによれば、これはhoaxサイトである:
[The Manhattan Airport Foundation (2009/07/21) on Hoax Museum]

The Manhattan Airport Foundation is a hoax site purporting to promote the conversion of New York's Central Park into an airport.

マンハッタン空港財団はニューヨークのセントラルパークを空港に転換することを推進する称するhoaxサイトである。

Clues that the site is a hoax: a) it's registered anonymously; and b) the foundation lists its address as "233 Broadway, 58th Floor, New York, New York." 233 Broadway is the Woolworth Building, which only has 57 floors.

これがhoaxである手がかりは a) 匿名であること b) 財団の住所は "233 Broadway 58 Floor"だが、ここはWoolworth Building で57階建てである。


確認しておくと、The Manhattan Airport Foundationの所在地は:
TMAFcontact.png
と書かれていて、ここはwikipedia:Woolworth Buildingによれば、57階建である:
[Woolworth Building]

Location: 233 Broadway, New York, NY, USA
Floor count: 57
WoolworthBuilding_wiki.jpg


また、"manhattanairport.org"ドメインは2009年4月29日に登録され、2009年6月29日に修正されている。このあたりでサイトが出現したと思われる
[WHOIS information for manhattanairport.org]

Domain ID:D156025166-LROR
Domain Name:MANHATTANAIRPORT.ORG
Created On:29-Apr-2009 20:57:25 UTC
Last Updated On:29-Jun-2009 03:53:36 UTC
Expiration Date:29-Apr-2010 20:57:25 UTC
Sponsoring Registrar:GoDaddy.com, Inc. (R91-LROR)
Status:CLIENT DELETE PROHIBITED
Status:CLIENT RENEW PROHIBITED
Status:CLIENT TRANSFER PROHIBITED
Status:CLIENT UPDATE PROHIBITED
Registrant ID:CR2320586
Registrant Name:Registration Private
Registrant Organization:Domains by Proxy, Inc.
Registrant Street1:DomainsByProxy.com
Registrant Street2:15111 N. Hayden Rd., Ste 160, PMB 353
Registrant Street3:
Registrant City:Scottsdale
Registrant State/Province:Arizona
Registrant Postal Code:85260
Registrant Country:US
Registrant Phone:+1.4806242599
Registrant Phone Ext.:
Registrant FAX:+1.4806242598
Registrant FAX Ext.:
Registrant Email:MANHATTANAIRPORT.ORG@domainsbyproxy.com

...
名義人はドメイン登録業者と思われるDomains BY PROXYであり、"MANHATTANAIRPORT.ORG"の実態はwhoisからは、わからない。

posted by Kumicit at 2009/07/23 05:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/02/06

It's TanTastic!!



ComputerTan.png

Times Onlineの報道によれば、これは皮膚癌についての認識を高めるための慈善団体によるキャンペーンである:
Over 30,000 people fall for ComputerTan hoax
3万人以上がComputerTan hoaxに引っ掛かった。

New technology that promised workers a tan from their computers is really a skin cancer charity awareness campaign

PCを使って日焼けができるニューテクノロジーは、実は皮膚癌慈善団体の広報キャンペーンだった。

A new technology that harnesses the rays of a computer screen to give office workers a tan while they type was today revealed as a charity hoax, after 30,000 people visited the ComputerTan website in 24 hours to register their interest.

日々使っているPCのディスプレイの光線を使って日焼けするニューテクノロジーが、慈善団体のHoaxであることが明らかにされた。それまでの24時間に、ComputerTanサイトを訪れた3万人が登録した。

ComputerTan is in fact a ruse by the UK skin cancer charity Skcin to raise awareness of skin cancer in the UK. Users who registered for a PC tanning session through the fake ComputerTan website expected to be bathed in heated rays, but were in fact confronted by an alarming collection of facts about skin cancer, and illustrations and photographs of the disease.

ComputerTanは、実際には英国における皮膚癌への認識を竹眼るために、英国の皮膚癌慈善団体Skcinによる計略であった。偽のComputerTanウェブサイトで、PCで日焼けするセッションを受けるために登録したユーザは、日焼けする光線を浴びられると思ったら、皮膚癌の具体例と病気の図と写真のコレクションに直面することになった。

The aim of the campaign, which was masterminded by the advertising agency McCann Erickson, is to make British people more aware of the damage that tanning and sunbathing may be doing to their bodies.

広告代理店McCann Ericksonが首謀者とされるキャンペーンの目的は、英国人に日焼けや日光浴によって体に受けるかもしれない被害について知ってもらうことである。

Richard Clifford, the co-founder of Skcin, said the campaign was a humorous way to raise awareness of a very serious issue. “More people die of skin cancer in the UK every year than in Australia,” he said. “It is the most common form of cancer in young adults (15-34) and is largely preventable. The lack of regulation concerning the use of sunbeds is an extremely serious issue… and this campaign highlights the fact that it is high time for a change in the law.”
慈善団体Skcinの共同設立者であるRichard Cliffordは「このキャンペーンは深刻な問題への認識を高めるためのユーモラスな方法である。英国では豪州よりも多くの人々が皮膚癌で亡くなっている。若年層(15〜34歳)における癌の最も一般的な形態であり、その多くは予防可能である。日焼けベッドの使用についての規制がないことは、非常に重大な問題であり、このキャンペーンは法律を変えるべきときであることに注目したものである。」と述べた。

Skcin is a UK-based charity founded by the family and friends of Karen Clifford, who died of skin cancer in 2005. It offers help and advice on skincare and tanning via its website.

Skcinは英国を本拠地として、2005年に皮膚癌で亡くなったKaren Cliffordの家族と友人体によって設立された慈善団体である。皮膚のケアと日焼けについて支援と助言を行っている。

[Over 30,000 people fall for ComputerTan hoax (2009/02/05) on Times Online
via Museum of Hoax]

posted by Kumicit at 2009/02/06 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/01/10

Survival Under Atomic Attack (1951)

1951年の米国政府による「Survival Under Atomic Attack (1951) U.S. Office of Civil Defense」という短編をたまたま見つけた。ツッコミどころ満載というか、すべてがツッコミどころ。



映画版よりも1年前に出たテキストバージョンはこう始まっている:
SURVIVAL UNDER ATOMIC ATTACK -- THE OFFICIAL U.S. GOVERNMENT BOOKLET (1950)]

Executive Office of the President
National Security Resources Board
Civil Defense Office
NSRB Doc. 130

You can survive



You can live through an atom bomb raid and you won't have to have a Geiger counter, protective clothing, or special training in order to do it.

キミは核攻撃を生き抜ける。ガイガーカウンターも、防護服も、特別な訓練も必要ない。

The secrets of survival are:
その秘密は:
KNOW THE BOMB'S TRUE DANGERS. KNOW THE STEPS YOU CAN TAKE TO ESCAPE THEM.
爆弾の真の危険性を知ること。この危険からのがれるためにできることを知ること。


To begin with, you must realize that atom splitting is just another way of causing an explosion. While an atom bomb holds more death and destruction than man has ever before wrapped in a single package, its total power is definitely limited. Not even hydrogen bombs could blow the earth apart or kill us all by mysterious radiation. Because the power of all bombs is limited, your chances of living through an atomic attack are much better than you may have thought. In the city of Hiroshima, slightly over half the people who were a mile from the atomic explosion are still alive. At Nagasaki, almost 70 percent of the people a mile from the bomb lived to tell their experiences. Today thousands of survivors of these two atomic attacks live in new houses built right where their old ones once stood. The war may have changed their way of life, but they are not riddled with cancer. Their children are normal. Those who were temporarily unable to have children because of the radiation now are having children again.

まず始めに、核分裂は爆発を起こすための別の方法にすぎないことを知ってほしい。シングルパッケージでは"atom bomb"は史上最大の死と破壊をもたらすが、その総合力は決定的に限定的である。"hydrogen bomb"であろうとも、地球を吹きとばしたり、ミステリアスな放射能で我々を死滅させるわけではない。爆弾の力は限定的であるため、思ったよりも、核攻撃を生き抜く可能性は大きい。Hiroshimaの街では、核爆発から1マイルの距離にいた人々の半数以上が今も生きている。Nagasakiでは爆弾から1マイルの距離にいた70%近くが生きて、経験を語っている。今日では、これら2つの核攻撃を生き延びた人々が、新しい家を昔住んでいた場所に建てている。戦争は彼らの生き方を変えたかもしれないが、ガンを患ってはいない。子供たちは正常である。放射能のために一時的に子供が持てなかった人々も子供を持てている。

....

posted by Kumicit at 2009/01/10 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/01/01

[FAKE] The Orion Conspiracy

正月ということで、くだらないネタをひとつ:

「超古代文明は存在した」+「異星人は存在しないが、存在しているかのように思い込ませる陰謀が進行中」という動画を見つけた(英語版と仏語版)。





内容は、とある研究グループのメンバーが、とある政府の首相・国防相・将軍にブリーフィングを行っているという形式の20分。たんたんとショボイねたを語り続けるというもの:

  • 第2次世界大戦直前に、ナチスはアフガニスタン探検でVIMANAと呼ばれる飛行物体を発見
  • 1927年のロシア・中国探検で5万年前の砂漠の地層の堆積物に核爆発の跡を発見
  • かつて4つの月があり、それらの月は崩壊して地球に落下し、これが4回にわたる生物の絶滅を招いた
  • 身長3〜4メートルの巨人たちが文明をつくっていた
  • 月が崩壊して、海面上昇・核の冬・重力の増大により巨人たちは滅亡
  • 1.2万年前に600以上のピラミッドを建設した古代文明(沖縄とキューバは海底)
  • 第2次大戦後にナチの技術は米国とロシアの手に渡った
  • そのひとつがフィラデルフィア実験における駆逐艦のテレポート
  • CIAのケネス・アーノルドはUFOが存在すると思わせる陰謀を開始
  • 1948年に米国は古代のUFOをロシアで発見。ロズウェルはそのカバーストーリーでフィクション
  • 1971年に月に文明の遺跡を発見したが、レタッチで写真から削除された
  • 1965年6月にアルゼンチンの南方の海底に飛行物体を発見。ロシアの妨害をはねのけてエドワード空軍基地に回収。10年後にMHDによる反重力機関を開発し、エドワード空軍基地で初飛行
  • 1982年に始まったB2爆撃機は、通常のB2と、プラズマ発生器とMHDジェネレータを持つマッハ10で飛行する極秘B2があった。
  • HARRPは電離層観測施設と称しているが目的は気象操作である
  • 1996年に南極の融けた氷の中から2.4万年前と推定される飛行物体発見
  • The Orion Conspiracy
    米国とロシアで製造されたUFOを使って、異星人による地球攻撃を演出
    平和になった世界で軍を強化し続けるために、地球外の敵が必要

ただし、世の中によくあるUFOストーリーの中では、「異星人が存在するかのように人々に思い込ませる陰謀」というあまり見かけないタイプ。

そして、ショボいねたにもかかわらず、禿の研究者が語り続け、禿の首相と禿の国防相と禿の将軍がたんたんと聞いているという映像が、それらしさを醸し出す。

ゆっくり明瞭にしゃべっているので、英語版でも十分に楽しめると思う。

Seb Janiak: The Orion Conspiracy
TheOrionConspiracy.jpg

THE ORION CONSPIRACY. FOREWORD :

More than fifty years of disinformation and manipulation in the shadow of the media have divided and impoverished public opinion, so as to control it all the better.

This film is neither a work of fiction, nor a documentary.
Forget the words "esoteric" or "fantastic", here we're speaking about REALITY...

posted by Kumicit at 2009/01/01 12:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする