2014/10/30

エボラ新規感染者数が減少しているリベリア

リベリア保健省が発表するエボラ感染者数(累積・当日新規)は整合性がなく、累積の感染者数は2014/10/21と2014/10/22の間でジャンプしている(それに見合う新規感染者数は記録されていない)。
Ebola_20141028L.PNG
(青は累積・縦軸は左、橙色棒グラフは当日の新規感染者数・縦軸は右)

ただ、この推移は何らかの現実を反映はしているようである。9月中旬あたりに新規感染者数がピークを迎え、その後減少しているが、実態としてもそうなっているようである。
For days this month, the ambulances from this Ebola treatment unit went out in search of patients, only to return with just one or two suspected cases. And many times, those people ended up testing negative for the disease.

“Where are the patients?” an aid worker wondered aloud as colleagues puzzled over the empty beds at the International Medical Corps treatment unit here in Bong County, Liberia, which opened in mid-September.

Around the country, treatment centers, laboratory workers who test for Ebola, and international and national health officials trying to track the epidemic have noticed an unexpected pattern: There are far fewer people being treated for Ebola than anticipated.

As of Sunday, fewer than half of the 649 treatment beds across the country were occupied, a surprising change in a nation where patients had long been turned away from Ebola units for lack of space.

Now, new admissions to treatment centers are dropping or flatlining, the number of samples being submitted to Ebola laboratories has fallen significantly, and the percentage of people testing positive for the disease has dropped as well.

今月は、エボラ治療ユニットから患者調査に出た救急車は、ほんの1-2名の感染が疑われる人を乗せて帰ってくるだけである。多くの場合、これらの人々はエボラ陰性である。

9月中旬にBong郡に開設されたInternational Medical Corps治療ユニットの空きベッドを見て、「患者はどこにいるのか?」と支援作業者たちは戸惑う。

リベリア全体で、治療センターやエボラ検査しているラボの作業者、感染流行を追跡する国内外の医療従事者たちは、予想外の事態に遭遇している。予想よりもずっと少ない人々が治療を受けている。

2014/10/26時点で、リベリア全体で治療用649ベッドのうち感染者がいるのは半数以下となっていて、空きベッドがなく感染者が入口で諦めざるをえなかった状況から様変わりしている。

今や、治療センターへの収容者数は減少あるいは横ばいであり、エボラ検査ラボに送られる血液サンプル数は有意に減少している。そして、検査対象がエボラ陽性である率も減少している。

[SHERI FINK: "In Liberia, a Good or Very Bad Sign: Empty Hospital Beds" (2014/10/28) on NYTimes]
WHOも感染者数の増大がおさまりつつあると認識している。
Dr. Bruce Aylward, the organization’s assistant director general, in a dial-in news conference from its Geneva offices, said that there had been a drop in the number of burials in Liberia and no increases in laboratory-confirmed cases.

While Dr. Aylward cautioned that it was premature to draw conclusions, and that Ebola cases could rise in Liberia again, he appeared to be optimistic that the global effort to combat the outbreak was making headway.

“Do we feel confident that the response is now getting an upper hand on the virus?” he told reporters. “Yes, we are seeing slowing rate of new cases, very definitely” in Liberia.

ジュネーブからの電話記者会見で、WHO副総裁のDr Bruce Aylwardは、リベリアでの埋葬数が減少しており、ラボで感染が確認される症例数も増加していないと述べている。彼は、結論を出すには早すぎ、リベリアで感染者数が再び増加に転じる可能性もあると指摘しつつも、アウトブレイクに対する世界の戦いは前進していると楽観的述べた。

記者からの「対策は感染拡大を量ができていると感じているか」との問いに、「そうだ、新規感染者数は明確に減少している」と答えている。

[RICK GLADSTONE: "Ebola May be Slowing in Liberia, W.H.O. Says (2014/10/29) on NYTimes]
しかし、その理由は国境なき医師団にもわかっていない。
“The numbers are decreasing, but we don’t know why,” said Malin Lager, a spokeswoman at a Doctors Without Borders treatment center just outside Monrovia, the capital. Its vast campus of white tents, which has a capacity for 253 patients, had only 90 on Sunday.

“It’s too early to celebrate,” Ms. Lager said.

[SHERI FINK: "In Liberia, a Good or Very Bad Sign: Empty Hospital Beds" (2014/10/28) on NYTimes]
これまでも指摘されてきたように、リベリア政府及び、国境なき医師団などの国外からの支援団体が把握する感染者数は、過少評価されている可能性がある。

一つには、治療センターや接触者追跡拠点の多くが首都Monroviaにあり、携帯電話もないため、数時間彼方の辺境の状況把握が困難であることが指摘されている。

また、政府や援助団体によるエボラ調査に非協力的な地域もあるとはいえ、事態は好転している。
“People ran away,” the Rev. G. Victor Padmore, a member of an Ebola task force here, reported after visiting a community where there had been a case. Days later, in another district, he visited a family that had recently lost a 3-year-old child.

“They don’t want to accept the child died of Ebola,” he said. “I made them understand.”

Some rural health workers say the outreach efforts have made residents more willing to report cases and seek treatment.

“It’s not as it was in August or September,” said Kollie Singbeh, an Ebola case investigator for Margibi County.

エボラタスクフォースのG. Victor Padmore師は「人々は逃げてしまう」という。彼が訪れた地域では、家族が3歳の子供を亡くしていた。「家族は、子供がエボラで死んだとは認めたがらない。私は彼らに理解させた」

田舎の医療従事者たちの中には、住民たちが感染者の報告しようとし、治療を求めるようになってきたと言う者もいる。Margibi郡でエボラ症例調査にあたるKollie Singbehは「8月や9月とは状況が違ってきている。」

[RICK GLADSTONE: "Ebola May be Slowing in Liberia, W.H.O. Says (2014/10/29) on NYTimes]
一方で、住民が森の中に逃げ去ったようで、まったくコンタクトできない場所もある。
Elvis Ogweno, a Kenyan nurse who heads the International Medical Corps ambulance team, said that several Ebola-affected communities he had visited still reacted with fear.

“They just took off to the forest,” he said. “You keep on shouting, ‘Is someone there? Is someone there?' ”

He sometimes drives five hours to reach communities, returning again and again until the resistance dissipates, often once someone is very ill. “After three days you go back and the patient is critical,” he said. “Now they want to come immediately.”

[RICK GLADSTONE: "Ebola May be Slowing in Liberia, W.H.O. Says (2014/10/29) on NYTimes]
政府や援助団体の手の及ばないところで、今もエボラ感染が進行している可能性はあり、現時点で、アウトブレイクが終息方向に向かっていると言うのは時期尚早のもよう。
posted by Kumicit at 2014/10/30 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/10/28

マリのエボラの疑いのある7歳の少年は検査陰性だが重病(10/25)、ニューヨークでギニアから帰国直後の5歳の少年がエボラ検査陰性(10/27)

マリ 2014/10/25



母親が死亡し、ギニアから隣国マリの親族に引き取られた2歳の少女がエボラ感染していることが判明したマリでは、2014/10/26のCBSNewの報道などによれば、完全には実行不可能ではあるものの、マリ政府は接触者の特定を続けている。ギニアとの国境線は事実上封鎖不可能(陸続きの長い国境線で、天然の障害もない)であり、特に閉鎖せず、スクリーニングのみが実施されている。

2歳の少女は2014/10/25に死亡したが、同日にエボラ感染の疑いがある7歳の少年が病院に収容され、マリ国内は大騒ぎ。しかし、マリ保健省によれば、エボラ検査は陰性だった(ただし、重病状態であり、そのまま入院)。
EBOLA AU MALI : Un nouveau cas suspect testé négatif ce samedi

マリのエボラ: 新たなエボラの疑いのある人物の2014/10/25の検査結果は陰性

Au lendemain du décès du premier cas positif de la maladie à virus Ebola, un nouveau cas suspect a été testé au laboratoire ce samedi 25 octobre 2014 à Bamako. Ce samedi 25 octobre, le Mali a enregistré son premier cas suspect après un premier décès causé le vendredi 24 octobre par l’épidémie au virus Ebola dans la ville de Kayes.

Ce samedi dans la journée, les services de santé ont été alertés par les populations au sujet d’un garçon de 7 ans dans le quartier de Badalabougou. L’enfant, selon des informations, était dans un état inquiétant, présentant des signes suspicieux lorsque les services de santé sont venus à son secours.


エボラによる最初の陽性症例の死亡に続き、新たなエボラの疑いのある症例が、2014/10/25にBamakoのラボで検査された。2014/10/24にKayesでエボラ感染が起こり、2014/10/25にマリ初のエボラ感染者の死亡が記録された。2014/10/25に、保健当局はBadalabougou近隣の7歳の少年について、人々から通報を受けた。報告によれば、保健当局が救急に到着したとき、少年の健康状態が悪く、疑わしい症状を呈していた。


Evacué pour un prélèvement sanguin et une prise en charge diligente, le garçon de 7 ans aurait d’abord fait l’objet d’un diagnostic poussé incluant plusieurs tests dont celui au virus Ebola. Quelques heures plus tard, c’est ce fut un soulagement total à Bamako et dans le reste du pays : le jeune garçon ne souffre pas d’Ebola mais plutôt d’un paludisme grave pour lequel il est présentement pris en charge à l’hôpital Gabriel Touré. Un résultat qui met fin à une demi-journée de rumeurs qui faisaient croire à un deuxième cas avéré de la maladie à virus Ebola au Mali.

7歳の少年から血液サンプルが採取され、エボラウイスルを含む複数の検査が実施された。Bamako及びマリ全体が安心すべきことに、少年はエボラに感染していなかったが、重病であり、 Gabriel Touré病院に収容された。この検査結果により、マリの2人目のエボラ感染者が出たという噂は終わった。

....

[EBOLA AU MALI : Un nouveau cas suspect testé négatif ce samedi (2014/10/27) on Sante.Gov.Ml]
この他、今のところ、マリでは2次感染者は見つかっていない。


ニューヨーク 2014/10/27



まずは、2014/10/27のエボラ感染が疑われる5歳の少年について。
NEW YORK (CBSNewYork) – Doctors at Bellevue Hospital are awaiting test results on a 5-year-old boy showing symptoms of possible Ebola.

An ambulance crew in full hazmat gear brought the boy to Bellevue late Sunday night out of an abundance of caution. The New York City Health Department said he had been in West Africa in the past 21 days.

“The child was showing some signs of an illness,” Mayor Bill de Blasio told reporters, including WCBS 880’s Rich Lamb and 1010 WINS’ Juliet Papa. “Not clear what the illness was. We did the cautious thing and brought the child in under the full protocol.”

The boy had been visiting family in Guinea for about a month and flew back to the U.S. on Saturday, CBS 2’s Ilana Gold reported.

ニューヨーク市Bellevue病院の医師たちは、エボラの可能性のある症状を呈している5歳の少年の検査結果を待っている。

救急車のクルーは完全防護装備で、少年をBellevue病院に2014/10/26夜に搬送した。ニューヨーク市保健局は、この少年が過去21日以内に西アフリカにいたと述べた。

Bill de Blasio市長は、WCBS880のRich Lambや1010WINSのJuliet papaなどの記者たちに対して、「この子供は病気の兆候をいくつか呈している。病気が何であるかは不明である。念のため、完全防護で搬送した」と述べた。

少年はギニアにいる家族を1か月間訪れ、2014/10/25に米国に帰国したと、CBS2のIlana Goldが報告した。

[Health Department: Child Being Tested For Ebola At Bellevue Hospital (2014/10/27) on CBSNews]
その後、NY Timesなどの報道によれば、検査結果はエボラ陰性だった。

一方、ギニアでエボラ感染者の治療にあたった後に帰国してエボラ発症したDr. Craig Spencer(33)はBellevue Hospitalでエボラ回復者の血清投与などの治療を受けている。このSpencer医師のフィアンセについて、エボラ検査が行われたが、結果は陰性。ただし、モニタリング対象となり、21日間の自宅待機に。
New York City Ebola patient Dr. Craig Spencer's fiancée, Morgan Dixon, was released from Bellevue Hospital and returned home to their Harlem apartment Saturday night.

Officials say Dixon tested negative for Ebola.

Dixon will be quarantined in her apartment for 21 days, meaning that she cannot leave nor receive visitors. The Health Department says someone from their agency will be stationed...

[NYC Ebola patient’s fiancée returns home from hospital (2014/10/25) on BrooklynNew12]


posted by Kumicit at 2014/10/28 04:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/10/25

ナイジェリアのエボラアウトブレイクの"犯人"たち

ナイジェリアのエボラアウトブレイクは2014/10/20に終了した。このアウトブレイクの始まりは、エボラを発症していながら、2014/07/20にリベリアからナイジェリアに向かったリベリア系米国人のLagos到着だった。これがPort Harcourtへ広まったのは、エボラに感染して隔離されたナイジェリアの外交官が、隔離病室から逃亡したことによる。

ナイジェリアにエボラアウトブレイクを起こしたリベリア系米国人Patrick Sawyer



Patrick Sawyer (40)はリベリアから米国に帰化し、妻Deconteeと3人の娘(5歳, 4歳, 1歳)とミネソタ州Conn Rapidsに住んでいた[CNN]。

2014/04: Patrick Sawyerは、世界的な製鉄鉱山企業ArcelorMittalのLiberia法人の公衆衛生管理者として、リベリアにあるArcelorMittalのBuchananサイトに単身赴任[SteelFirst]。

2014/07/08: Patrick Sawyerが看病していた[CNN]、エボラに感染した妹Princess Christina Nyennetue (27)が死亡[AllAfrica/Vanguard]。

2014/07/09: Patrick Sawyerは、ArcelorMittal Liberiaに対して、家族がエボラで死亡したと申告。ArcelorMittal Liberiaはリベリア保健省に届け出し、Patrick Sawyerに対して、28日間の出勤停止を命じた[SteelFirst]。

2014/07/20: Patrick Sawyerは、ナイジェリアのCalabarで開催されるECOWAS(西アフリカ諸国経済共同体)の会議に参加するとして、リベリア財務副大臣Sebastian Muahの許可を受けて出国[AllAfrica/PremiumTimes]。財務省は、保健省がSawyerをモニタリング対象にしていたことを知らなかった。リベリアのMonroviaのJames Spriggs Payne空港のCCTV記録で、彼は既に重病状態だった[NewDawrn]。彼はそのまま、ASKY航空でトーゴの Lomé経由で、ナイジェリアのLagosのMurtala Muhammed国際空港に到着[DailyBeast]。彼は機内で吐き、空港で倒れ、ObalendeにあるFirst Consultant Hospitalに搬送された[AllAfrica/PremumTimes]。

病院でPatrick Sawyerは自分はマラリアだと主張した。マラリアは人から人へは感染しないので、病院側は感染症対策をとらず、医師及び看護師の9名が感染し、その後4名が死亡。病院に搬送した担当者も死亡した[WHO]。

このときPatrick Sawyerは自分はリベリアの外交官だと自称し、リベリア当局からも彼を退院させるよう病院側に圧力がかかった[AllAfrica/PremumTimes]が、Dr Stella Ameyo Adadevohが阻止。

しかし、実際のPatick Sawyerの渡航目的は、未亡人Decontee Sawyerによれば、エボラ治療を受けられる施設を探すことだった[PremiumTimes]。

2014/07/24; Patrick Sawyer死亡[WHO]。

2014/08/04: Patrick Sawyerの治療にあたった医師1名が死亡[Reuters]。

2014/08/19: Patrick Sawyerの治療を監督し、退院を阻止したDr Stella Ameyo Adadevohがエボラで死亡[Guardian]。


ナイジェリアPort Harcourtでエボラ感染を起こしたOlubukun KoyeとIyke Enemuo



2014/08/01: Patrick Sawyerと接触し、エボラ検査結果陽性で隔離されたナイジェリアのECOWAS外交官であるOlubukun Koyeは、Lagosの隔離病室から逃亡した。その前に、Koyeは同僚LillianにPort Harcourtの医師Iyke Enemuoとコンタクトのアポイントを取らせていた。そして、Enemuoの開業するSam Steel Clinicに近いMandate Hotelにチェックインした[ThisDayAlive]。

その後、Olubukun KoyeはLagosに戻り、エボラ検査陰性となる。Olubukun KoyeはPort Harcourtに行ったことを当局や病院に申告しなかった[ThisDayAlive]。

2014/08/07: ナイジェリア政府はエボラ非常事態を宣言[WHO]。

2014/08/16: Iyke Enemuo医師はGreen Heart Hospitalに入院[WHO]。Iyke Enemuo医師はエボラ感染者の治療にあたったことを告げなかったが、病院の医師が何か隠していることに気づいた[ThisDayAlive]。

2014/08/22: Iyke Enemuo医師死亡[WHO]。

2014/08/27: Iyke Enemuo医師がエボラに感染していたことを、Lagos University Teaching Hospitalが確認[WHO]。

2014/09/08: ナイジェリア医師/歯科医師会は、ホテルでエボラ感染者の治療にあたり、その後死亡したIyke Enumuo医師について、論外な行動だと批難する声明を出した[AllAfrica]。

2014/10/20: WHOはナイジェリアのエボラアウトブレイクの終結を宣言[WHO]。このアウトブレイクで、Patrick Sawyer以外に、19名が感染し、うち7名が死亡した。


そして...



ナイジェリアへのエボラ感染拡大は、よりよい治療を求めてリベリアを脱出しようとしたリベリア系米国人と、その行為を事実上支援したリベリア財務省により起きたものである。ナイジェリア政府が、リベリア政府からの要請に応じてPatrick Sawyerを退院させていれば、彼はそのまま、米国ミネソタ州へと移動していた可能性もある。そして、Lagosの病院や空港及びECOWAS関係者にとどまっていたエボラ感染は、独自治療を求めたナイジェリア外交官Olubukun Koyeにより、Port Harcourtに広まった。

いずれも、自分がエボラ感染者であることを知りながら、使える人間関係を使って、エボラ感染防止措置を破って感染を広めている。司法警察力で、このような行為を阻止する必要があるが、それとともに、国外逃亡の動機たる治療施設の不十分さについて、対策する必要がある。

ギニアと隣国セネガル・マリ・コートジボワール・ギニアビサウの国境線封鎖は事実上不可能であり、治療を求めて、ギニア・シエラレオネ・リベリアから感染者があふれだすのを止められないからだ。

posted by Kumicit at 2014/10/25 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/10/24

母親が死亡し、ギニアから隣国マリの親族に引き取られた2歳の少女がエボラ感染していることが判明

ギニアで母親が死亡し、隣国マリの親族に引き取られた2歳の少女がエボラ感染していることが確認された。
Mali's Health Minister Ousmane Kone told state television that the patient in the western town of Kayes was a two-year-old girl who had recently arrived from neighboring Guinea, where the outbreak began.

"The condition of the girl, according to our services, is improving thanks to her rapid treatment," the minister told state television.

A health ministry official, who asked not to be identified, said the girl's mother died in Guinea a few weeks ago and the baby was brought by relatives to the Malian capital Bamako, where she stayed for 10 days in the Bagadadji neighborhood before heading to Kayes.

A ministry statement said the girl, who came from the Guinean town of Kissidougou, was admitted at the Fousseyni Daou hospital in Kayes on Wednesday night, where she was promptly tested for Ebola.

People who came into contact with the patient in Kayes have been identified and placed under watch, the minister said, but he appealed to any person who believed they may have had contact with the girl to step forward.

マリ保健相Ousmane Koneが政府テレビで「Kayes西部の町の感染者は2歳の少女で、アウトブレイクの始まったギニアから最近、マリに来た。我が保健省によれば、迅速な対処により、少女の容態は改善している。」

匿名を条件に語った保健省当局者によれば「感染した少女の母親は数週間前に死亡し、少女は親族により、マリの首都Bamakoに連れてこられ、Bagadadji付近に10日間滞在してから、Kayesに向かった。」

保健省の声明によれば「ギニアの町Kissidougouから来た少女は、2014/10/22夜に、KayesのFousseyni Daou病院に収容され、エボラ検査が行われた」

Ousmane Kone保健相によれば「Kayesで感染者と接触した人々は特定され、モニタリング対象となっている。ただし、少女と接触した可能性のある人は名乗り出るように」と述べた。

[ADAMA DIARRA AND TIEMOKO DIALLO: "Mali becomes sixth West African nation hit by Ebola" (2014/10/23) by Reuters]
マリの首都Bamakoはギニアとの、Kayesはセネガルとの国境に近くにある。現時点では、これ以上の情報はなく、いつの時点で少女が発症したかなどは不明。

マリはギニアからエボラ感染が及んでくることを当然のことながら、想定していたようで、マリ保健省のページを見ると、エボラ関連のリリースが並んでいる(ギニアやコンゴ民主共和国と同じくフランス語)。ただし、マリは社会的政治的危機があったようで、WHOによれば、資金不足など医療体制にも影響が及んでいるもよう。

なお、さきほど保健省サイトにも、エボラ感染報告のリリースが掲載された。
[Communiqué du Ministère de la Santé et de l'Hygiène Publique (2014/10/23)]

Dans le cadre de la prévention contre l’introduction et la propagation de la maladie à virus Ebola sur le territoire national, le Gouvernement du Mali informe l’opinion nationale et internationale qu’un cas suspect, une fillette de 2 ans venue de Kissidougou, en République de Guinée, s’est présenté à l’Hôpital Fousseyni Daou de Kayes, le mercredi 22 octobre 2014.

Dépêchés à Kayes, les services spécialisés de santé ont procédé à un prélèvement sanguin sur le sujet. Après analyse, l’examen de l’échantillon s’est avéré positif, ce jeudi 23 octobre 2014.

Par ce résultat d’analyse en laboratoire, le Mali connait à ce jour son premier cas importé de maladie à virus Ebola.

L’enfant malade et les personnes qui ont eu un contact avec elle à Kayes ont été immédiatement identifiés et pris en charge selon les normes requises en la matière.

Le ministère de la Santé et de l’Hygiène Publique a pris toutes les dispositions nécessaires pour éviter la propagation du virus. Il rassure les populations sur les mesures prises et en appelle au calme et à la sérénité.

Il convient de préciser qu’à ce jour, grâce à une diligente prise en charge, l’état de santé du sujet infecté s’améliore considérablement. ...

我が国のエボラ感染防止の一環として、マリ政府は国内及び国外に対して、エボラ感染が疑われる2歳の少女が、ギニア共和国Kissidougouから、Fousseyni Daou Kayes病院に2014/10/22に来たことを発表する。

専門医療チームが血液検査を実施した。2014/10/23の検査の結果は陽性であった。このラボの検査結果は、マリで初めてのエボラ感染症例である。この病気の子供及び、Kayesで接触した人々はただちに特定され、所定の措置がとられている。

保健省は感染防止のため必要なあらゆる措置をとっている。国民は冷静さを保つように。

現時点では、献身的看護により、少女の容態は改善している。...

posted by Kumicit at 2014/10/24 08:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/10/23

シエラレオネ東部の町で、エボラ検査のための血液サンプル採取をめぐり暴動、2名が死亡(2014/10/21)

AFPの2014/10/22の報道によれば、2014/10/21に、シエラレオネ東部の町で、医療チームがエボラ検査のために死体から血液サンプルを採取しようとするのを阻止しようとした暴徒たちと、保安要員が衝突し、暴動になった。
A machete-wielding mob clashed with security personnel in the eastern town of Koidu and then went on a rampage on Tuesday, after preventing a medical team from taking the blood from the 90-year-old mother of a youth leader, doctors from the local government hospital said.

The woman, who had been suspected to be infected with Ebola, had died and was thought to have high blood pressure.

「マチェットを振り回す暴徒たちが、若者たちのリーダーの母親である90歳の女性から、医療チームが血液サンプルを採取するのを阻止しようとして、保安要員と衝突し、暴動となった」とKoiduの病院の医師たちがAFPに語った。
...
Tuesday's unrest erupted when a crowd holding machetes and shovels stopped one team in the diamond mining town of Koidu from testing the elderly woman.

When the health workers called in security guards for protection, the violence grew into a riot, resulting in the two deaths and 10 people being wounded, the doctors the Koidu Government Hospital said.

2014/10/21に、ダイアモンドタウンであるKoiduの医療チームが、老女を検査しようとするのを、マチェットとシャベルで武装した群集が阻止しようとして、不安が噴出した。

医療チームが安全確保のために保安要員を呼ぶと、暴力は暴動に発展し、2名が死亡し、10名が負傷したと、Koidu地方自治体病院の医師たちが述べた。

"Two bodies are now at the mortuary. I cannot say whether they have bullet wounds or what caused their deaths as the corpses have not yet been examined," said one of the doctors who asked not to be identified.

He said a number of people including security personnel had been brought in with non life-threatening wounds.

匿名を条件に語った医師によれば「2名が埋葬されたが、死体は検死されておらず、銃創があったか、死因が何かはわからない。保安要員を含む数名が、生命に別条のない負傷で病院に運び込まれた」

"Ebola contact tracers visited the house of a prominent youth leader to take a blood sample of his ailing 90-year-old mother but were barred by a gang of youths" who angrily disputed that the woman had the disease, a witness said.

In the ensuing rampage, several buildings including the community-run Eastern Radio station were attacked.

目撃者によれば「エボラ接触者追跡チームが、有名な若者のリーダの家を訪れて、病気だった90歳の母親の血液サンプルを採取しようとしたが、母親はエボラではないと怒った若者たちの集団に阻止された」

暴動で、地元Eastern Radio局を含む、いくつかの建物が襲撃された。

[2 die in Sierra Leone riot sparked by Ebola tests (2014/10/22) by AFP]
この暴動が起きたことは、Reutersも現地Koiduの警察の責任者David Koromaに確認している。
David Koroma, the police unit commander in Koidu, said rioting began when a former youth leader refused health authorities permission to take her 90-year old grandmother for an Ebola test.

[UPDATE 1-Curfew in Sierra Leone town after rioting, shooting over Ebola case (2014/10/21) by Reuters]

この事態に対して、警察は1日間の外出禁止令を出した。
A day-long curfew was imposed by police as gangs of youths roamed the streets shouting "No more Ebola!"

The son of the elderly woman, a youth leader named Adamu Eze, commands wide support in the town. Police were looking for him but he was said to have gone into hiding.

通りを若者たちの集団が「ノーモア エボラ」と叫んで歩き回り、現地の警察は一日間の外出禁止令を出した。老女の息子で、若者たちのリーダーであるAdamu Ezeは町で支持を求めている。警察は彼を探しているが、どこかに潜伏しているもよう。

Local police chief David Koroma told AFP that calm had returned to Koidu on Wednesday but that the area remained tense.

He added that officers were watching the situation and that "people should go about their normal business without fear".

地元警察署長のDavid KoromaがAFPに「Koiduの町は2014/10/22には平穏を取り戻したが、緊張感は漂っている。計算は事態の推移を見守っており、市民は恐れずに日常生活を送るべきだ」と語った。

[2 die in Sierra Leone riot sparked by Ebola tests (2014/10/22) by AFP]
この暴動により、地域の保健当局のDr Manso Dumbuyaによれば、病院は閉鎖に追い込まれた。
Dr Manso Dumbuya, the district medical officer, said he had been forced to abandon the hospital because of the rioting. The diamond-rich district of Kono, which includes the town of Koidu, does not have an Ebola treatment centre and cases are taken to neighbouring Kenema or Kailahun.

Koiduの町を含む、ダイアモンドが豊かなKono地方にはエボラ治療センターはなく、感染者は近隣のKenemaあるいはKailahunに搬送される。

[UPDATE 1-Curfew in Sierra Leone town after rioting, shooting over Ebola case (2014/10/21) by Reuters]


posted by Kumicit at 2014/10/23 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。