2013/06/28

保守Wikiの「相ま」


保守WikiConservapediaは「相ま」な主張を掲げている。その動機はこんなものである。
The theory of relativity is a mathematical system that allows no exceptions. It is heavily promoted by liberals who like its encouragement of relativism and its tendency to mislead people in how they view the world. The falsehood of Relativity is also useful to liberals in pulling impressionable students away from the truth of the Bible.

相対性理論は例外を認めない数学システムである。相対主義を奨励する点を好み、人々の世界観を誤導する傾向にあるリベラルが強力に宣伝している。相対性理論のウソは感受性の高い学生たちを、聖書の真理から遠ざける点で、リベラルにとって使えるものである。

[Counterexamples to Relativity on Conservapedia]
保守な「相ま」なので、普通の「相ま」に混じって、聖書も「相ま」の根拠に挙げられている。
The action-at-a-distance by Jesus, described in John 4:46-54, Matthew 15:28, and Matthew 27:51.

ヨハネによる福音書4章46-54節、マタイによる福音書15章27節と27章51節に書かれた、イエスの遠隔作用。

[Counterexamples to Relativity on Conservapedia]
これは光速を超えて、「同時刻」を意味するらしい。
ヨハネによる福音書 / 4章 46-54節

イエスは、再びガリラヤのカナに行かれた。そこは、前にイエスが水をぶどう酒に変えられた所である。さて、カファルナウムに王の役人がいて、その息子が病気であった。
この人は、イエスがユダヤからガリラヤに来られたと聞き、イエスのもとに行き、カファルナウムまで下って来て息子をいやしてくださるように頼んだ。息子が死にかかっていたからである。
イエスは役人に、「あなたがたは、しるしや不思議な業を見なければ、決して信じない」と言われた。
役人は、「主よ、子供が死なないうちに、おいでください」と言った。
イエスは言われた。「帰りなさい。あなたの息子は生きる。」その人は、イエスの言われた言葉を信じて帰って行った。
ところが、下って行く途中、僕たちが迎えに来て、その子が生きていることを告げた。
そこで、息子の病気が良くなった時刻を尋ねると、僕たちは、「きのうの午後一時に熱が下がりました」と言った。
それは、イエスが「あなたの息子は生きる」と言われたのと同じ時刻であることを、この父親は知った。そして、彼もその家族もこぞって信じた。
これは、イエスがユダヤからガリラヤに来てなされた、二回目のしるしである。

マタイによる福音書 / 15章 28節

そこで、イエスはお答えになった。「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」そのとき、娘の病気はいやされた。

マタイによる福音書 / 27章 50-52節

しかし、イエスは再び大声で叫び、息を引き取られた。そのとき、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂け、地震が起こり、岩が裂け、墓が開いて、眠りについていた多くの聖なる者たちの体が生き返った。
光速が有限であることを気にするような距離でもなければ、タイミングでもないが、保守Wiki的には、そう見えるらしい。

この他...
In Genesis 1:6-8, we are told that one of God's first creations was a firmament in the heavens. This likely refers to the creation of the luminiferous aether.

創世記1章6-8節には、神の最初の被造物の一つが天であると書かれている。これは、光を伝搬するエーテルのことを指している。

[Counterexamples to Relativity on Conservapedia]
というののある。
創世記 / 1章 6-8節

神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ。」
神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。
神は大空を天と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第二の日である
かなり無理な読み方である。

この「相ま」に限らず、大半の記事のアフォさから、保守Wikiはポーの法則<_/a>の代表的な例となっている。

2013/06/01

韓国の創造論団体のイベント

韓国ChristianTodayに、2013年5月24-25日に韓国の創造論団体KACRによる「学術大会」についての記事が載っていた。
[김은혜: "창조과학 국제학술대회, 한동대서 24-25일 개최" (創造科学の国際学術大会、韓東大て24〜25日に開催) (2013/05/23) on ChristianToday]

한국창조과학회가 주관하는 ‘2013년 창조과학 국제학술대회’(이하 국제학술대회)가 24일 오후 7시 전야제를 시작으로 이틀간 한동대(총장 김영길)에서 개최된다.

韓国創造科学会(KACR)が主催する「2013年創造科学の国際学術大会」(以下国際学術大会)が5月24日午後7時前夜祭を皮切りに二日間韓東大(総長キム・ヨンギル)で開催される。

24일 전야제 기조 강연은 ‘과학과 신앙’, ‘창조과학과 일본선교’ 등을 주제로 진행되며, 강연자로 손봉호 고신대 석좌교수와 일본창조과학회의 창시자인 호리꼬시 목사가 초빙됐다.

24日の前夜祭の基調講演は、「科学と信仰」「創造科学日本宣教」などをテーマに行われ、講演者としてソンボンホ高神大教授とクリエーションリサーチジャパンの創始者である堀越牧師が招聘された。

전야제 다음날 오전 9시부터 시작될 본 행사는 한국창조과학회의 설립자이자 초대 회장인 김영길 총장이 ‘한국창조과학회의 과거, 현재, 그리고 미래’에 대해 강연한다. 또한 독일 창조과학회에서 오랫동안 활동해 온 홀짭펠(Wilhelm Holzapfe) 한동대 석좌교수가 ‘창조과학자로서 학문과 신앙의 통합과 창조과학이 차세대 고등교육에 미치는 영향’을 주제로 강연을 펼친다.

前夜祭翌日の午前9時から始まるこのイベントで、韓国創造科学会の創設者であり初代会長であるキム・ヨンギル総長は「韓国創造科学会の過去、現在、そして未来」について講演する。また、ドイツの創造科学会で長い間活動してきたホールチャプペル(Wilhelm Holzapfe)韓東大客員教授は「創造者としての学問と信仰の統合と創造科学の次世代高​​等教育への影響」をテーマに講演を行う。

이후 오후 1시부터 시작될 세션 구분 강의는 △명강사 명강의 △창조과학과 생명윤리 △교과서와 진화론 △창조과학과 신학 △홍수와 지질학 △차세대 창조과학자 발표 등 총 6가지 세션으로 구성돼, 교내 여러 강의실에서 동시 진행될 예정이다. 그리고 일반인들을 대상으로 한 ‘명강사 명강의’ 세션에서는 창조과학 사역자들 가운데 가장 인기가 있는 강의들이 제공된다.

その後、午後1時から開始、セッションは△名講師名講義△創造科学の生命倫理△教科書と進化論△創造科学の神学△洪水地質学△次世代創造科学者発表会の計6つのセッションで構成され、学内の複数の教室で同時進行の予定である。そして、一般の人を対象にした「名講師名講義」セッションでは、創造科学講師の中で最も人気のある講義が提供される。

특히 이번 국제학술대회에는 어린이를 위한 세션이 마련돼 눈길을 끈다. 길소희 대구지부 간사가 지난 10년간 창조과학체험교실을 운영해 온 노하우(know how)를 살려, 흥미로운 어린이 창조과학 체험교실을 열 예정이다. 체험교실은 ‘노아의 대홍수’, ‘우주가 저절로 생겼을까?’라는 주제들을 다루게 된다.

特に、今回の国際学術大会では、子供たちのためのセッションが用意されていることが人目を引く。ギルソヒ大邱支部長は、過去10年間にわたり、創造科学体験教室を運営してきたノウハウ(know how)を活かし、子供たちに魅力的な創造科学体験教室を開く予定だ。体験教室は「ノアの大洪水」「宇宙が自然に見えるの?」というテーマを扱う。

국제학술대회의 준비위원장을 맡은 서병선 교수는 “이번 창조과학국제학술대회는 11년 만에 포항에서 열리는 학술대회”라며 “특별히 다양한 분야에서 국내외의 전문가들을 모시고 여는 대회인 만큼 많은 분들이 오셔서 창조과학의 오묘한 세계를 마음껏 누려보시고 창조주 하나님을 찬양하는 귀한 체험의 장이 되길 간절히 바란다”고 초청의 말을 전했다.

国際学術大会の準備委員長を務めたソビョンソン教授は「今回の創造科学の国際学術大会は、11年ぶりに浦項で開かれる学術大会」であり、 「特に様々な分野で、国内外の専門家を招請して開く大会であるだけに、多くの方々が参加され、創造科学の幽玄な世界を存分に享受し、見ることで、創造主たる神を賛美する貴重な体験の場にしてほしい」と招待の言葉を伝えた。

한편 한국창조과학회는 석사 이상의 학위 소지자가 1,000명이 넘는 학술단체다. 한국창조과학회는 1981년 창설 이래 연 1회씩 창조과학학술대회를 열어왔다. 이를 통해 창조론을 과학적으로 밝히며 창조과학을 전파하고 있다.

一方、韓国創造科学会は、修士以上の学位所持者が1,000人以上の学術団体だ。韓国創造科学会は1981年の創立以来、年1回創造科学学術大会を開いてきた。これにより、創造論を科学的に明らかにして創造科学を広めている。
韓東大(한동대)は1995年に開校したプロテスタント系大学である。上記記事によれば、学長はこの「学術大会」の主宰団体であるKACRの創立者。米国には創造論を教える私立大学があるが、似たようなものののようである。

で、主催団体のウェブサイトには「学術大会」のときの写真を掲載したページがある。子供たちを対象とするポスターセッションの様子などが写っている。どうも、米国と同じく、子供のころから創造論を注入する動きが韓国にあるようだ。
タグ:創造論
posted by Kumicit at 2013/06/01 04:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/05/12

エネルギー保存則の根拠に聖書の記述を挙げる、若い地球の創造論

若い地球の創造論では、エネルギー保存則は聖書に書いてあることになっている。
Actually, the laws of conservation only make sense if we accept the Bible. Why is it that no new mass or energy can come into existence? It is because God has made all things (John 1:3) and ended His work of creation by the seventh day (Genesis 2:2). Why is it that mass and energy do not simply cease to exist? This is because God sustains the universe by His Word (Hebrews 1:3) and by Him all things consist (Colossians 1:17).

In a sense, the law of conservation of mass and energy is merely a “scientific” summary of Genesis 2:2, John 1:3, Hebrews 1:3 and Colossians 1:17. Without the Bible, there is no basis for the law of conservation of mass and energy!

実際、保存則は聖書を受け入れて初めて意味を持つ。質量やエネルギーが新たに出現しないのは何故か?それは紙が万物を創造し[ヨハネによる福音書 1:3]、7日目に仕事を終わらせたからである[創世記 2:2]。何故、物質やエネルギーは消えてしまわないのか。神は言葉で宇宙を維持しているからである[ヘブライ人への手紙 1:3]。

[Jaspn Lisle "Biblical Faith is Not “Blind”−It’s Supported by Good Science" (2006/04/07) on AnswersInGensis]
相当する記述は...
創世記 2章2節    
第七の日に、神は御自分の仕事を完成され、第七の日に、神は御自分の仕事を離れ、安息なさった。

ヨハネによる福音書 1章3節    
万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。

ヘブライ人への手紙 1章3節    
御子は、神の栄光の反映であり、神の本質の完全な現れであって、万物を御自分の力ある言葉によって支えておられますが、人々の罪を清められた後、天の高い所におられる大いなる方の右の座にお着きになりました。

コロサイの信徒への手紙 1章17節    
御子はすべてのものよりも先におられ、すべてのものは御子によって支えられています。
で、これは創造行為の終了を意味し、したがって、それ以降の神の超自然な介入はないことになる。

このため、ノアの洪水の水源は神ではなく、既存の水。色々、無理やりなネタが繰り出されている。

これとともに、「天地万物は完成された。第七の日に、神は御自分の仕事を完成され、第七の日に、神は御自分の仕事を離れ、安息なさった。」(創世記 2章1-2節)は別の意味も持っている。それは、創造行為の終了である。すなわち、人類に替わる、新たな生命体を神が創造しないことの保証である。
タグ:Creaionism
posted by Kumicit at 2013/05/12 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/05/03

創造論者の主張から、オオシモフリエダシャクの関連

Mark IsaakのIndex to Creationist Claims(創造論者の主張)から、オオシモフリエダシャク関連:


この部分は、統一教会信者でもあるインテリジェントデザイン支持者Dr. Jonathan Wellsの反進化論本第1弾"Icon of Evolution"対応で書かれている。

いわゆる蛾の工業暗化は、実際には、オオシモフリエダシャクの移動・鳥による捕食・工業地帯の地理的配置・大気汚染規制と地衣類の回復などが絡んだ現象である。しかし、高校までの教科書では、そのような立ち入った記述はなく、人々の記憶に残っているのは、保護色と自然選択の単純な例だろう。その「常識」的な記憶と、実際の乖離をDr. Jonathan Wellは巧く突いて、反進化論ネタを作り上げている。これに対応したMark Isaakの記述は、本来の科学ネタが多いために、かなり長々しいものになっている。


なお、教科書的な記述そのものは単純で、容易に理解できるように思えるが、米国ではそれほど理解されているわけではない。Andrew Shtulmanの調査では、このオオシモフリエダシャクのネタを半数が理解していないことが示されている。

==>設問回答


posted by Kumicit at 2013/05/03 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/03/09

再チャレンジにむけて「論文」募集する韓国教科書進化改正推進会議

韓国の創造論団体"創造科学会"が設立した教科書進化改正推進会議が先月から明日まで「オオシモフリエダシャクは大進化の証拠ではない」というテーマで「論文」募集中。結局失敗に終わった教科書への介入に再チャレンジするようだ。
7일 기독교계에 따르면 교진추는 다음 달 10일까지 ‘후추나방은 대진화를 위한 자연선택의 증거가 아니다’라는 주제의 논문을 공모한다. 흰색에서 검은색으로 색깔이 변해 온 후추나방은 ‘다윈의 나방’으로 불리며 생물종이 환경에 적합한 방향으로 진화한다는 다윈 진화론의 핵심인 ‘자연선택설’의 대표적 사례다. 교진추는 후추나방의 색 변화가 진화가 아니라는 논거를 수집한 뒤 이 내용의 교과서 삭제를 청원할 방침이다. 교진추는 논문 대상에 100만원, 금상 50만원 등 상금까지 제시하고 있다. 교진추는 2011년 말부터 ‘시조새’ ‘말의 진화’ ‘화학선택설’ 등의 내용을 교과서에서 삭제해야 한다고 교육과학기술부에 청원하고 있지만 뚜렷한 성과를 거두지 못했다. 현행 고교 과학교과서 편찬에 참여한 이덕환 서강대 화학과 교수는 “후추나방은 학술적으로 진화의 증거로 공인받은 엄연한 사실”이라며 “논란을 일으켜 창조론의 입지를 확보하려는 꼼수”라고 지적했다.

2月7日のキリスト教界によると、教科書進化改正推進会議は3月10日まで、 "オオシモフリエダシャクは自然選択による大進化の証拠ではない"というテーマの論文を公募する。白から黒へと色が変わってきたオオシモフリエダシャクは"ダーウィンの蛾"と呼ばれ、生物種の環境に適した方向に進化するというダーウィンの進化論の核心である "自然選択説"の代表的な事例だ。教科書進化改正推進会議は、オオシモフリエダシャクの色の変化が進化ではない論拠を収集した後、この内容について教科書からの削除を請願する方針だ。教科書進化改正推進会議は論文対象に100万ウォン、金賞50万ウォンなど賞金を提示している。教科書進化改正推進会議は、2011年末から"始祖鳥""言葉の進化" "化学選択説"などの内容を教科書から削除する必要があると教育科学技術部に請願したが、明らかな成果をおさめることができなかった。現行の高校理科教科書の編纂に参加したイドクファン西江大化学科教授は"オオシモフリエダシャクは、学術的に進化の証拠として公認された厳然たる事実"であり、"論議を起こして創造論の立場を確保しようとする見せ掛けの形"だと指摘した。

교진추를 설립한 창조과학회 역시 활동을 강화하고 있다. 장순흥 대통령직 인수위원회 교육과학 분과 인수위원이 주도적으로 만든 창조과학회는 온누리교회 등 유력 교회들과 ‘창조과학 선교단’을 구성, 다양한 프로그램을 진행하고 있다. ‘창조과학스쿨’은 5주 과정에 3만원가량을 받고 ‘성경 속 과학이야기’ ‘노아 홍수의 역사’ ‘끝나지 않은 진화론 교과서 개정’ 등을 가르친다. 초등학생이 주 타깃이다. 방학 중에는 ‘공룡탐사’를 주제로 초등학생들을 모집한 뒤 ‘공룡도 사람과 같이 살았다고요?’라는 주제의 캠프를 열기도 했다. 생물학계의 한 관계자는 “어린이들을 상대로 한 위험한 과학교육”이라며 “가치관의 혼란을 불러일으킬 수 있다”고 우려했다.

教科書進化改正推進会議を設立した創造科学会も活動を強化している。大統領職引継ぎ委員会の教育科学分科委員だったジャンスンフンが主導的に作った創造科学会は、オンヌリ教会など有力教会と"創造科学宣教団"を構成し、様々なプログラムを進めている。 "創造科学スクール"は、5週間のコースで約3万ウォンで "聖書の中の科学の話""ノアの洪水の歴史""終わらない進化教科書改訂"などを教える。小学生が主なターゲットだ。夏休み中には "恐竜探査"をテーマに小学生を募集した後、"恐竜と人が同時に生きていたのか?"というテーマのキャンプを開いた。生物学界の関係者は "子供たちを相手にした危険な理科教育"と"価値観の混乱を招くことがある"と憂慮した。

[박건형, 윤샘이나: "교진추, 진화론 삭제 논문 공모…美, 4개州서 창조론 교육법안 준비 -- 한・미 끊이지 않는 진화론 vs 창조론 논쟁" (教科書進化改正推進会議, 進化削除論文公募, 米国4州で創造論教育法案準備 -- 韓米絶えない進化vs創造論の議論) (2013/02/08) on seoul.co.kr]
ネタ的には、一見シンプルな気がするかもしれないが、かなり深いネタ。統一教会信者Jonathan Wellsが、オオシモフリエダシャクだけで反進化論ネタをかなりの量つくっている(Mark Isaak: "Creationist Claims" (創造論者の主張)の10項目分)。元ネタを英韓翻訳すれば、賞をとれるかもしれない。
posted by Kumicit at 2013/03/09 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。