2012/06/26

「聖書は真の科学と矛盾しないので、進化論は真の科学ではない」というキリスト教学校用教科書

米国ではキリスト教系学校では教える内容について、制約がない。そこで、こんな教科書があったりする。
William Pinkston, et. al.:Life Science Teacher's Edition (2nd ed.)
LifeScienceChristianSchoolsTopSmall.png


LifeScienceChristianSchoolsP21part.png

神の言葉と真の科学は矛盾することはない。これは、よく見てみないと、真実ではないように聞こえるかもしれない。真の科学は物理世界についての人間の正確な観察である。聖書は、世界を創造した神からの、無謬のメッセージである。人間の観察が正確であれば、それは神が聖書で明らかにしたことと矛盾しない。

観察に基づかなず、それを科学と呼ぶ、言説を作ることから、問題が起きる。これらの言説は人間が真実だと考えるか、真実だと思いたいものであることが多い。そのような言説は、神と言葉と矛盾するかもしれない。科学は人間が観測可能なものに限られるので、人間が真実だと考え、真実だと感じ、真実だと望むものは科学ではない。

たとえば、多くの人々は微小な単純な生命が、大きな複雑な生物に進化したと信じたがる。誰も、そのようなものを観察したことがない。観察されていないのだから、生物進化は真の科学の一部とはならない。真の科学(物理世界についての人間の正確な観察)に基づくと、進化が起きたことを我々は科学的に証明できない。しかし、聖書は我々に神が直接すべてと創造したと告げている(ヨハネによる福音書1章3節)。聖書は進化論と矛盾する。聖書は真の科学と矛盾しないので、進化論は真の科学ではない。
「聖書は真の科学と矛盾しないので、進化論は真の科学ではない」という、反進化論州法案に書けないようなことも載っている教科書。これで生徒に教えることができる。
タグ:創造論
posted by Kumicit at 2012/06/26 07:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/06/16

韓国KAISTの創造科学館

韓国KAISTに創造科学館ができたのは2002年のこと。もとは1993年に万博会場近郊に開館したもの:
[카이스트가 '과학명소' 아닌 '기독명소'라고? (KAISTが"科学の観光名所"ではなく "キリストの観光名所"だと?) (2008/07/22) on Gangeun]

이른바 창조과학이 대학 구내로 들어와 있다. 그것도 한국 고등과학연구와 교육의 산실인 카이스트 구내로. 한국창조과학회가 1993년 엑스포 전시장 근교에 80평 규모로 마련했던 창조과학전시관이 2002년 5월에 현재의 카이스트로 이전한 것이다. 그리고 “많은 사람들이 찾는 기독명소가 됐다.”(국민일보, 2006.05.12)

いわゆる創造科学が大学構内に入っている。それも韓国の高等科学研究と教育の場であるKAIST構内に。韓国創造科学会が1993年に万博会場近郊に80坪の規模で開催した創造科学館が2002年5月現在のKAISTに移転したのだ。そして「多くの人々が求めるキリストの観光名所になった。」(国民日報、2006.05.12)

KAISTcreation.jpg
それから、この創造科学館を撤去しようという動きが起きて...
[서울랜드 내 창조과학 전시관 개관 --2월 29일까지 겨울방학 특별전 … 창조론적 세계관 구축과 복음 전파 기대 (大田創造科学館閉鎖の危機 -- KAISTスペース利用に非難相次ぐ ) (2009/07/17)]

상황이 이렇게 악화된 데는 근 2년 사이 진보언론을 중심으로 일어난 창조과학에 대한 공세가 근본원인으로 꼽힌다. 발단은 지난해 7월 인터넷 매체인 프레시안에 한신대 종교문화학과 김아무개 교수가 ‘창조과학전시관이 국립교육기관인 카이스트 구내에 존재한다는 것은 위헌적 소지가 있다‘는 내용의 글을 올린 것에서 비롯됐다.

이 글은 불교신문 등을 통해 확산 보도되며 불교계의 강력한 반발을 일으키는 계기가 됐고, 동시에 한겨레신문 등 진보언론들이 각종 보도를 통해 창조과학에 대한 ‘사이비 과학’ 논쟁을 제기하며 공세를 가했다.

그 여파로 대전 창조과학회는 대전시교육청의 위탁을 받아 진행해오던 교원직무연수 사업을 2010년 1월을 끝으로 중단하게 된데 이어, 카이스트 안에서 운영해왔던 사무실에서도 사실상 밀려나며 활동이 크게 위축되어왔다.

이런 속에서도 창조과학전시관만은 카이스트 내 동아리인 렉스(창조론연구회)를 통해 계속 카이스트 내에서 유지해왔지만, 이마저도 일부 학생들의 불만제기로 계속 유지하기 어려운 상황이 된 것이다.

状況がこのよう悪化したのは、ここ2年間に進歩言論を中心に起きた、創造科学への攻勢が根本的な原因として挙げられる。発端は、昨年7月のインターネットメディアであるプレシアン(http://www.pressian.com/)に、韓神大学宗教文化学科のキムアムゲ教授が 「創造科学館が国立教育機関であるKAIT構内に存在するということは違憲的な素地がある」という内容の文を書いたことから始まった。

この記事は、仏教新聞などを介して拡散報道され、仏教界の強い反発を契機ともなり、同時にハンギョレ新聞などの進歩言論などが各種の報道で、創造科学の"疑似科学"の問題を提起し、攻勢をかけた。

その余波で大田の創造科学会は、大田市教育庁の委託を受けて進められてきた教員の職務研修事業を2010年1月最後に中断することにしたのに続き、KAIST構内え運営してきたオフィスでも、事実上追い出されて活動が大きく縮小されてきた。

このような中でも、創造科学館だけではKAIST内サークルのレックス(創造論研究会)を使用して、継続してKAISTで維持してきたが、これも一部の学生たちの苦情を維持することは困難な状況になったのだ。

KAISTcreationS.jpg
そして...
[창조론자 30년 노력, 이명박정부 들어 ‘결실 ’(創造論者の30年の努力は、李明博政権になって結実した (2012/06/13) on sisainlive.com]

이후 창조과학전시관은 대전순복음교회로 확장 이전했다.
その後、創造科学館は、大田(テジョン)純福音教会に拡張移転した。

[hanscooking (2010/06/17) ]

KoreaDCreation1.jpg
KoreaDCreation2.jpg


なお、この常設施設以外に、一時的な展示会もあるもよう。たとえば、2007/12/22〜2008/2/29の期間にソウルランドで開催されている:
KoreaSeoulCreation1.jpg
[FuureKorea]

KoreaSeoulCreation2.jpg
[igoodnews]

タグ:創造論
posted by Kumicit at 2012/06/16 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/06/15

明白に創造論者な主張な韓国教科書進化論改訂推進会議による請願

韓国の教科書進化論改訂推進会議による「始祖鳥と馬の進化系列の削除」請願には、「創造論者が使ってはいけない論」にもある「始祖鳥は捏造だ」があった。
청원을 한 교과서진화론개정추진회(교진추)는 청원에서 7종의 고교 과학교과서들 중 일부가 ‘시조새는 파충류로부터 조류로 이행하는 중간종’이라고 단정적으로 표현해 최신 학계의 흐름을 반영하지 않고 있어 삭제해야 한다고 밝혔다. 교진추는 “화석기록에 시조새를 포함해 어떤 중간종도 발견되지 않았고, 스티븐 제이 굴드 등 저명한 학자들이 이에 동의하고 있다”고 주장했다. 만약 삭제가 어렵다면 “1984년에 열린 국제시조새학술회의가 시조새를 ‘멸종한 조류’로 공식 선언한 사실, 시조새 화석에 대한 조작논란이 계속되고 있다는 사실” 등을 함께 소개해야 한다고 교진추는 덧붙였다.

請願をした教科書進化論改訂推進会議は、請願書で7種の高校の理科教科書の一部が"始祖鳥は爬虫類から鳥類へと移行する中間種"と断定的に表現して、最新の学界の流れを反映しておらず削除しなければならないと述べていた。教科書進化論改訂推進会議は「化石記録の始祖を含めいくつかの中間種が発見されず、スティーブン・ジェイ・グールドなどの著名な学者たちがこれに同意している」と主張した。もし削除できない場合は、 「1984年に開かれた国際始祖鳥会議が始祖鳥を"絶滅した鳥"と公式宣言したが、実際には、始祖鳥化石の偽造議論が続いているという事実」などを一緒に紹介すべきだと教科書進化論改訂推進会議は付け加えた。

[교과서에서 ‘시조새’ 뺀다고? “한국 실망이야”(教科書から"始祖鳥"を削除? "韓国がっかりだ") (2012/06/14) on ハンギョレ]
さらに、「唯物論に立脚した無神論的自然主義であるネオダーウィニズムに基づいたもの」という普通に創造論・インテリジェントデザイン運動の表現も入っていた。
교진추는 올 3월 청원에서는 “일부 교과서가 싣고 있는, 말의 몸집이 커지고 발가락이 감소하는 방향으로 진화했다는 설명과 화석계열 그림은 미국 교과서에서도 삭제되고 국립자연사박물관에서도 철거됐다”며 “말의 점진적 진화계열은 유물론에 입각한 무신론 적 자연주의인 신다윈주의에 근거한 것으로 학생들의 가치관 형성에 부정적 영향을 줄 것으로 우려된다”고 주장했다. 교진추는 또 “굴드 등 학자들이 말의 점진 진화는 학술적으로 불가능하며 상상의 산물이라고 비판했다”고 덧붙였다.

教科書進化論改訂推進会議による今年の3月の請願では、「一部の教科書が載せている、馬の体が大きくなって足の指が減少する方向に進化したという説明と化石系の図は、米国の教科書からも削除され、国立自然史博物館でも撤去された」とし、「馬の段階的進化過程は唯物論に立脚した無神論的自然主義であるネオダーウィニズムに基づいたものであり、生徒たちの価値観形成に悪影響を与えることが懸念される」と主張した。教科書進化論改訂推進会議はまた、「グールドなど学者たちが馬の進化は、学術的に不可能であり想像の産物だと批判した」と付け加えた。

[교과서에서 ‘시조새’ 뺀다고? “한국 실망이야”(教科書から"始祖鳥"を削除? "韓国がっかりだ") (2012/06/14) on ハンギョレ]
かなり、明白に創造論者な主張になっているものだが、韓国政府教育科学技術部は教科書出版社へそのまま渡したようだ。


関連エントリ




posted by Kumicit at 2012/06/15 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/06/08

"South Korea surrenders to creationist demands"に関して...

韓国の創造論団体KACRは、米国の創造論団体Institute for Creation ScienceのHenry M. MorrisとDuane Gishの訪問をきっかけに設立され、成長してきた。Ron Numbersによれば...
In Asia the Koreans have emerged as the creationist powerhouse, propagating the message at home and abroad. Since its founding in the winter of 1980-1981 the Korea Association of Creation Research, warmly supported by many Christians in the country, has flourished. Early on, members wrote a creationist textbook, The Natural Sciences (1990), and began teaching creation science, starting in the evangelical Christian Myong Ji University. During a single year, 1992, the energetic association conducted 1,500 seminars in Seoul alone. Within fifteen years of its founding the association had spawned sixteen branches in Korea, recruited several hundred members with doctorates of one kind or another, and published dozens of creationist books and a bimonthly magazine, Creation, with a circulation of 4,000. By 2000 the membership stood at 1365, giving Korea claim to being the creationist capital of the world, in density if not in influence.

In 2000, the Korea Association of Creation Science made history by dispatching the first creation-science missionary Kwang Ho Jun (1958-2005) formerly with the U.S. National Institute of Health to Muslim Indonesia, where the association had been sending lecturers for some time. Since the 1980s the group had also been proselytizing among Koreans on the West Coast of North America, where the association established several branches chapters In 1997 Paul Seung-Hun Young (b. 1955), a physicist and historian of science who served as a vice president of the association, left Korea for British Columbia, Canada, to set up the Creationist Vancouver Institute for Evangelical Worldview, under the auspices of a group of Christian scholars in Korea.

アジアでは韓国人が国内外にメッセージを広める創造論大国として浮上している。1980〜1981年の冬に設立された韓国創造論研究協会(Korea Association of Creation Research: KACR)は韓国の多くのキリスト教徒たちに暖かく支持され、栄えてきた。早い段階でKACRの会員は創造論教科書(The Natural Science, 1990)を執筆し、福音主義キリスト教のMyong Ji Universityを手始めに創造科学を教え始めた。1992年には、境界は活発に、1年間だけで、ソウルだけで1500回のセミナーを開催した。設立15年で、韓国内に16の支部をつくり、何らかの博士学位を持つ数百名を会員にし、数十冊の創造論本を出版し、Creationという隔月刊誌を4000部発行している。2000年までに会員数は1365名となり、影響力はなくとも、人口密度では世界の創造論の首都となった。

2000年には、韓国創造論研究協会(KACR)は、ある程度の期間、講師を派遣していたMuslim Indonesiaに、米国国立衛生研究所とともに公式に、創造科学宣教師Kwang Ho Jun (1958-2005)を派遣して、一時代を築いた。1980年代以降、協会は北米西海岸の韓国人たちに布教し、複数の支部を設立した。1997年には、協会副会長を務めたことのある物理学者であり科学史学者であるPaul Seung-Hun Young(1950-)が、韓国のキリスト教学者たちのグループの後援を受けて、Creationist Vancouver Institute for Evangelical Worldview設立のために、韓国を離れ、カナダのブリティッシュコロンビアへ移った。

[ Ronald L. Numbers: "The Creationists: From Scientific Creationism to Intelligent Design", pp.418-419, 2006 ]
このKACRの関連団体である教科書進化論改訂推進会議の要求にしたがい、韓国の教科書から進化論の例が消える件について報じたNatureの記事について、ハンギョレ新聞は社説で、今回の教科書修正は問題ではないが、教科書進化論改訂推進会議が、さらに前進すること問題だと論評している。
하지만 진화의 증거로서 시조새나 말은 1970년대부터 이미 학계에서 적잖은 논란이 벌어졌던 터였다. ‘확인된 사실만 가르친다’는 학교 입장에서는 일찍이 조정했어야 할 부분이었다. 생물학계의 태만을 나무랄 일이지, 창조론의 승리 운운하는 건 터무니없다. 그러나 교진추 쪽은 이번 기회에 인류의 진화, 섭식에 따른 핀치새 부리의 변화, 후추나방의 변색 배경 등 진화의 근거들에 대해 일제 공세를 펼 계획이라고 한다. 진화론을 정설로 규정한 교과과정 자체를 바꾸려는 것이다.

しかし、進化の証拠として始祖鳥や馬は、1970年代から既に学界で少なくない議論が起きていたはずだ。「確認された事実だけを教える」という学校の立場から、これは既に修正すべき部分だった。生物学系の怠慢を問題にするとしても、創造論の勝利を云々するなどとんでもない。しかし、教科書進化論改訂推進会議は、この機会に人類の進化、摂食によるフィンチの嘴の変化、オオシモフリエダシャクの工業暗化などの進化の証拠に対して、一斉攻撃を展開する計画だという。進化論を定説として規定した教科課程自体を変更するものだ。

과학적 근거에 대한 시비를 나무랄 순 없다. 그러나 신화를 과학이라고 주장하고, 믿음을 증거라고 들이대선 안 된다. 종교가 정치와 결합해 얻은 권력으로 과학까지 지배하려 해선 더더욱 안 된다. 이는 줄기세포 조작으로 늪에 빠진 우리 과학을 더 깊은 수렁에 처박는 일이다.

科学的根拠の是非を論じることは問題ではない。しかし神話を科学だと主張して、信仰を証拠と突きつけてはならない。宗教が政治と結合して得た権力で科学まで支配しようとすることは、さらにあってはならない。これは幹細胞操作で泥沼に落ちた我々の科学をさらに深みに陥れることになる。

[사설: 과학까지 넘보려는 기독교 창조론(社説:科学まで見下げようとするキリスト教創造論) (2012/06/07) on ハンギョレ]
このような報道よりも、韓国ではむしろ、米国のネット上で韓国が笑いものになったことを気にした報道が目に付く。たとえば...
우리나라 과학 교과서에서 진화론이 삭제된 것에 대해 미국 네티즌들의 조롱이 이어지고 있다.

我が国の科学の教科書では進化論が削除されることについて、米国のネチズンらの嘲弄が続いている。

5일(현지시간) 미 소셜네트워크 뉴스 포럼 '레딧 세계뉴스'에 올라온 '한국이 창조론자 요구에 굴복했다: 출판사들이 고등학교 교과서에 진화 표본을 없애기 시작했다(South Korea surrenders to creationist demands: Publishers set to remove examples of evolution from high-school textbooks)'라는 제목의 기사가 댓글 1800개를 돌파하며 인기뉴스 1위에 올랐다. 댓글은 대부분 비아냥대는 내용이다.

6月5日(現地時間) 米ソーシャル・ネットワーク・ニュースフォーラムredditの世界のニュースに、「韓国が創造論者の要求に屈した:出版社が高校の教科書に進化の例をなくすことになった(South Korea surrenders to creationist demands:Publishers set to remove examples of evolution from high-school textbooks)」というタイトルの記事がコメント1800個を突破し、人気ニュース1位に上がった。コメントは大部分は皮肉る内容だ。

KoreaReddit.png

[韓교과서 진화론 삭제에 美네티즌 '조롱' 이어져(韓国の教科書から進化論が削除されることが、米国ネチズンの嘲弄につながった) (2012/06/06 on FN news]
このコメント("The dinosaurs were killed off by fan death.")は、韓国では扇風機をつけたまま寝ると死ぬという都市伝説が広まっていることをネタにしたものである。それがRedditで盛り上がったことが、それなりに気になってるようだ。

ということで、韓国の理科教科書そのものが改訂が進んでおらず、結果として創造論者の指摘に従う形で、古いネタが削除されることになったが、それがNatureの記事で英語圏に広まり、韓国は笑いものになったということらしい。ただ、韓国における創造論勢力はRon Numbersによれば強いようで、いずれは進化論削除へと向かう可能性もある。



posted by Kumicit at 2012/06/08 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012/05/01

創造論者の主張の訳「ノアの洪水&箱舟搭載」関連

Index to Creationist Claimsの訳を追加した。タイポがあったら、おいおい修正するつもり。

今回は、ノアの箱舟の搭載能力などと、ノアの洪水の「地質学」関連。このあたりは、スタートレックなどと同様に、「ノアの洪水」というSFをそれらしく成り立たせるためのSF考証・科学考証みたいなもの。

posted by Kumicit at 2012/05/01 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする