忘却からの帰還

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

英国政府主任科学顧問Sir John Beddingtonの想定する最悪ケース
(Kumicit at 03/18 06:37)
[1/6ページ]
駐日英国大使館が3月15日の英国政府主任科学顧問Sir John Beddingtonの福島第一原発についてのコメントおよび質疑応答を掲載した。その中で、Sir John Beddingtonは合理的に考えられる最悪ケースを以下のように説明している。[Situation at Fukushima nuclear plant (2011/03/16) on 駐日英国大使館]

Let me now talk about what would be a reasonable worst case scenario. If the Japanese fail to keep the reactors cool and fail to keep the pressure in the containment vessels at an appropriate level, you can get this, you know, the dramatic word “meltdown". But what does that actually mean? What a meltdown involves is the basic reactor core melts, and as it melts, nuclear material will fall through to the floor of the container. There it will react with concrete and other materials … that is likely… remember this is the reasonable worst case, we don't think anything worse is going to happen.

合理的に考えられる最悪ケースのシナリオがどんなものか、お話させてください。もし日本が原子炉の温度を維持できず、格納容器内の圧力を適正レベルに保てなければ。ご存知のドラマティックな単語「メルトダウン」に至ります。しかし、それは実際にはどういうものでしょうか? メルトダウンは炉心が溶融することであり、溶融するにしたがって、核物質が建屋の床に落ちるものです。おそらく、コンクリートなどの物質と反応します。ただし、これが合理的に考えられる最悪ケースです。これ以上に悪いことが起きるとは考えていません。

In this reasonable worst case you get an explosion. You get some radioactive material going up to about 500 metres up into the air. Now, that's really serious, but it's serious again for the local area. It's not serious for els
[6]次ページへ>>

コメント(0)
トラックバック(0)

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

このブログのトップ
Seesaaブログ